スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう、サンティ!:リーガ第38節アトレティコ戦【CRONICA】 

394fb70a672f4ae981ee14a7664fc66b_extras_albumes_0.jpg

3-1

Una brillante despedida


El Largueroのサンティのインタビュ

Elmundoの特集:懐かしいサンティの写真があります。
「Adiós al mejor portero del Valencia CF」
サンティのお別れの言葉(一郎さんのスポナビ記事です)
バレンシアのカニサレス「いつか終わらせないといけない」


サンティ、すこしだけうらやましい。
アイマールもアジャラも、そしてもしかしたらダビも、メスタージャでファンにお別れがいえなかったんだから。

サンティ本人も言っている様に、もしクーマンだったらこんな感動的な終わりはありえなかった。
本当によかった。


私はラジオを聴きつつ、MARCAとASの文字放送で試合を追っていました。

後半、アレクシスがミスタと衝突して交代せざるを得なくなったとき、
今日はもう選手がいないことに気付きました。

マルチェナ、バラハ、モレッティ、カネイラ、ミゲル…それにダビ。
ピボーテやDFとして使える選手がことごとくいなかった。
アレクシスと交代で入ったのはバネガ。
「いったいどんな布陣で守っているの?」と不安で仕方がありませんでした。

そのとき、MARCAにこんな文章が。。。
「アルビオルがカニサレスの守るゴールに飛んでくるボールをすべて防いでいる」


この試合はマルチェナもバラハもいなかったのでチョリがカピタンでした。
ブラサレットをつけて、サンティの最後の試合に臨んだチョリが必死の形相でボールを跳ね返しているのが目に浮かびました。

サンティ、ダビがつけたブラサレットをチョリがつけて、サンティの最後の試合を戦っている。
なんだかそんなことに感動してしまいました。
チョリが「4」番をつけて
「いままでお世話になった分、今日は自分が守ります」
って感じかな、なんて勝手に想像して。

080518-cani4.jpg


今朝は台風が来ていることをいいことに少し出社を遅らせて、昨夜の放送の録画を見ました。
サンティの声がよく聞こえましたね。
(ただし、あまり気分のよくないWOWOWの実況と解説も聞く羽目になってしまいましたが。。。)

今日もパラドンを連発。
まだまだ引退なんて考えるべきじゃない!とあらためて思いました。
来シーズン、きっとまたどこかのスタジアムで赤いタオルを持って登場するサンティの姿が見れるでしょう。
今から楽しみです。


これぞ、ビージャゴール!

080518-cronica03.jpg

これが最後なんて絶対いやだ!
ビージャの2つ目のゴールを見たときそう思いました。
あまりの美しさに思わず鳥肌が立ちましたね。

最近こういうビージャゴールが少なかったんだよなぁ。

確かに最初の反転してのシュートもすごかったです。
あれだってなかなか他の選手にできることじゃない。

でも私は2つ目のゴールの方が好きだなぁ。

あのロンバンのパス!
完璧でしたものね。
あんなパスが出せるならもっと使ってあげたい!


最後に

切羽詰った状況で急に監督をやることになったにもかかわらず
冷静な判断で降格という危機を乗り切ってくれたボロに感謝します。

来シーズンはまたチームの「世話役」に戻ることになるらしいですが、
チームをこれだけ理解しているすばらしい世話役がいることをバレンシアは誇ってよいのではないでしょうか。

1211141225222_enviofotografos_20080518_205148.jpg





== Ficha Tecnica ==

Valencia
GK:Cañizares,
DF:Lombán, Albiol, Helguera, Alexis (Banega, m.50),
MF:Maduro (Sunny, m.46), Edu, Joaquín, Silva (Arizmendi, m.60), Mata
FW:Villa

Atlético
GK:Abbiati
DF:Seitaridis, Zé Castro, Eller, Valera
MF:Miguel de las Cuevas, Cléber Santana, Raúl García (Joshua, m.75), Simao (Agüero, m.46),
FW:Forlán y Mista (Luis García, m.,64).


Goles
  1-0, m.11: Seitaridis en propia meta.
  2-0, m.40: Villa.
  3-0, m.55. Villa
  3-1, m.74: Agüero

Árbitro
  Clos Gómez (colegio aragonés)

tarjeta
 Atlético de Madrid a Eller

espectadores
 15000人
 
Estadio
 El Campo de Mestalla


アレッシィは大丈夫
試合中、ミスタと衝突して途中交代したアレクシスですが、たいしたことはなくすみました。
鎖骨をうったらしいです。
シーズン最後の試合で怪我で交代なんてなんだかすごくアレクシスらしいわ。
来シーズンはしっかりがんばってね!
アルビオルと二人でがっちり守って代表DFも奪ってしまえ!
(すっかりアレクシスファンになっているなぁ、私)



スポンサーサイト

Ultimo Partido para Santi, David, ...:リーガ第38節アトレティコ戦【PREVIA】 

今シーズン最後の試合



今日のアトレティコ戦で最悪のシーズンがようやく終わります。
この試合がラストゲーム。

シーズンが開幕したときまさか最後まで残留を争うシーズンになるとは予想もしなかった。
サンティやダビのラストシーズンになるなんて考えもしなかった。

この試合でサンティはバレンシアを去ります。
たぶん観客席で見ているだろう、ダビにとってもこれが最後の試合です。
(明日、契約解除の話し合いがあるそうです)
もしかしたらビージャやシルバも?
ああ、何人の選手が残ってくれるんでしょうね。

今シーズンラストの試合だから楽しみたいのに、そんな風に考えながら見ているといろいろなことを思い出して辛くなってしまいそうです。


もう何度も言っていますけど私にとって昨シーズンのアトレティコ戦は最高の試合でした。
キケファンとしてもダビファンとしても。

ダビ自身もこの試合をとても誇りに感じたと言っていました。
ゴールを決めた選手の名前が連呼されることはあっても、敵の攻撃の目を摘む強烈なタックルをお見舞いした選手の名前が連呼されることなんて滅多にあるものではないですものね。
後半、マニシェにガツンといったとき、観客席から聞こえてきた「アルベールダ」の声に本当に感動しました。
最高の時、でしたね。

73193625.jpg




ペーニャは何をするのか?

バレンシア公式ファンクラブがソレール氏を痛烈に批判

少し前の一郎さんのスポナビ記事です。
これにも
「最終節(18日)のアトレティコ・マドリー戦に向け「試合観戦の放棄」「キックオフから5分、10分程度遅れての入場」「試合中の応援の中止」を提案しており、最終節のメスタージャ・スタジアムは不穏な空気が流れることになりそうだ。」
とあります。

ペーニャがそれぞれでかんがえているのか、ある程度まとまった動きをするのかよくわかりませんがとにかくなにかしそうです。

しかしやることが中途半端ですよね。
大して効果もない、こんないい加減なことばかりやっていても選手たちのストレスになるばかり。
他のお客さんにも良い迷惑です。


なぜバレンシアはもっとソレールを批判しないでしょうか?
バルサのファンはライカールトよりラポルタ会長を糾弾しているじゃないですか?
バルサは会長選挙で会長を選ぶことができるからでしょうか?
バレンシアは自分たちでは会長を選ぶことができない。
お金と権力を持っている人間がやってきて会長になる、そういう図式に逆らえないからでしょうか。
なんだか情けないです。

あ~また愚痴になってしまった。

とにかく、サンティやダビの最後の試合。
あまり変な試合にしないで欲しいです!


試合は

現地時間18時、日本時間では月曜日の1時です。
今節は降格のかかっているチームの試合は18時一斉始まり。
バレンシアはそれと一緒ですね。(一応もう数字上も降格はありえないけど)

招集メンバは
GK:カニサレス、モラ
DF:エルゲラ、ミゲル、アルビオル、アレクシス、ロンバン
MF:サニー、マドゥロ、バラハ、エドゥ、バネガ、ホアキン、マタ
FW:アリスメンディ、シルバ、アングロ、モリエンテス、ビージャ


モレッティ、間に合いませんでした(涙)。
このままどこかに行っちゃうなんてなしだからね!
(彼にもイタリアのチームから話があるようです)

マルチェナはずっとコンディションが悪かったんですよね。
カピタンとしても大変だったと思います。
ちょっと早めにお休みです。

ビセンテはやっぱり無理でした。

ダビは…サスペンションです。
きっと彼は静かにメスタージャを後にすることでしょう。

次の練習は21日水曜日、10時半から。
そのときもうサンティとダビの姿はないのでしょうね。

80832743.jpg

これで終わりじゃないよね?:リーガ第37節レバンテ×バレンシア【CRONICA】 

1210546941492_enviofotografos_20080511_231347.jpg

1-5

まだわからない!


試合は勝った。
久しぶりのゴールラッシュだった。
でも私の心は全然晴れない。
だって…もうダビがバレンシアのユニを着てプレーするのを見れないかもしれないから。

でも…
ダビもビージャもまだいなくなるって決まったわけじゃない…よね?


5枚目のイエローカード

後半が始まって10分くらいだった。
ラジオから「アルベルダ」という声が聞こえてきたので何かと思ったら
主審のメフトさんがダビにイエローを出したらしい。
MARCAの文字放送で確認すると…本当だった。

ああ、これでダビのバレンシアでの人生が終わる。
この試合が最後になってしまう…
メフトの出したこのカードがダビのメスタージャとのお別れを不可能にしてしまった…
ああ、もう泣きたい…


これが今シーズンの5枚目。たった5枚目のカードです。
いつものシーズンの3分の1くらい。
そりゃそうだ。今シーズンは半分を無駄にしてしまったんだから。

もしかしたらバレンシアは協会にカード取り消しを求めるかもしれない。
そして受理されるかもしれない。
そしたら来週の日曜日、ダビは再びメスタージャに立てるかもしれない。

それに…
ソレールが株を売り、体制が一新されればダビはバレンシアに残るかもしれない。
今の体制ではバレンシアに残る気はない、と言い切っているダビだけど
もし会長が新しくなり、体制が一新され、野心的なプロジェクトが立ち上がり、
新しい招聘された監督が「君が必要だ」と言ってくれたら…
そしたらきっと残ってくれる。

そんなわずかな可能性を信じている私。


バレンシアに行く前には
「もうユーロに行くことだけを考えて、来シーズンはこんなクラブからさっさと出て行けばよい」

と思っていたのに、実際にダビを見ていたら切ないくらいダビに吹っ切れないものを感じてしまった。
ダビの表情や態度を見ていると、彼は心底バレンシアがすきなのがよくわかった。
心の中では彼はバレンシアに残りたいという気持ちを持っている。
でも今の体制の下では彼は戦力として考えられていないし、また同じことが繰り返される。
そんな状況はもう我慢ができない。
だから出て行く…


ダビが先週、LasProvinciasのインタビュで語った言葉。
「妻のため、家族のため、そして僕を支えてくた人たちのため、僕が苦しむのを見ていた人たちのために僕はピッチに立つ。
 彼らはそれを見るに値する人たちだ。」

そういっていたダビ。

次のアトレティコ戦。
もし本当にダビがメスタージャに戻れなかったら…
あれがAdiosになってしまう。
私が見送ったあのダビが最後のダビになってしまう。

バレンシアの一時代を築いた偉大なカピタンを送りだすのにたった3分。
そんなことがあってはいけない。


Fiesta de Villa!!!

1210546878363_enviofotografos_20080511_232455.jpg

久しぶりの一試合3ゴール。
それにマタのゴールもアングロのゴールもビージャのアシスト。
ビージャ祭りといわれる訳だ。

来シーズンはプレミアのチームかレアルにいくだろうといわれているビージャ。
でもこの試合でもわかるように今のバレンシアにとってビージャの力は本当に大きい。
彼を失ったらどんな戦い方になるんだろうか。

彼自身たぶんプレミアに挑戦したいのだと思う。
その気持ちは充分わかる。
彼が望むなら快く送り出してあげたい。そう思う。
ビージャならどこにいっても絶対大丈夫だと思う。

でも。。。
バルセロナ戦の大敗のあとの練習で、マタに一生懸命話しかけて、肩をたたいていたビージャ。
その後も二人一組になって行う練習はずっと一緒にやっていた。
若いマタにとっては6-0の敗退はとてもこたえるものだったと思う。
たとえ監督に「捨てろ」といわれた試合でも。
それを少しでも忘れさせようとしていたのかな。
そんな配慮もできるからビージャが好きなんだけど、そんな姿を見てしまうとやっぱり行かないで欲しいと思ってしまう。


私の大好きな二人のダビ

ビージャとアルベルダ。
私の大好きだったキケのバレンシアを支えてきた二人。
今シーズンのバレンシアダービーはその二人の存在の大きさをあらためて感じさせる試合になりました。
そのダービーもしばらくは見ることが出来そうもないのが悲しい。





== Ficha Tecnica ==

Levante
GK:Manolo Reina
DF: Descarga (78' Manolo), Armando, Robusté, Rubiales
MF:Juanma (62 P. León '), Serrano, Javi Fuego, Courtois
FW:Riga (83' Saúl ), Geijo

Valencia
GK:Hildebrand,
DF:Miguel, Albiol, Helguera, Alexis,;
MF:Albelda (76' Banega), Baraja, Mata (76' Marchena), Arizmendi,
FW:Villa (70' Zigic)

ゴール
 バレンシアのゴールはすべてアストリア地方出身の選手が決めました
  0-1 (13'): David Villa.
  0-2 (29'): David Villa.
  1-2 (31'): Serrano.
  1-3 (34'): Mata.
  1-4 (65'): Angulo.
  1-5 (66'): Villa.

審判
おお、メフトさんもアストリアだった!
  Mejuto González, C. Asturiano

カード
  tarjeta amarilla:
  Levante:Descarga y Armando.
  Valencia :Albelda,


アングロさん、おめでとう!

もうすぐ生まれてくるはじめてのお子様にいい贈り物が出来ましたね。
1210545210433_lev11-5-25nav.jpg


お帰り、サンティ、アングロ… 

5f01625daca04fcd37c1e1c77d08fc08_extras_albumes_0.jpg


うーん、アングロさん、よい笑顔。

ビージャはペナルティを決めた後、ベンチにいたアングロのところに飛んでいってゴールを祝福。
ダビやビセンテも一緒に喜んだようです。


試合は3-0。
完勝でしたね。
キケが言っていたけど、「このチーム、本当に追い込まれないとだめなんだ」

3人のうち、サンティは先発、アングロは途中出場でした。

でもダビは出ませんでした。
ベンチには入れたんですけどね。

点差を考えたら出てもおかしくないかなと思えるのですが、途中でバラハをエドゥに変えてしまったのでここでマルチェナをダビには変えられなかったかなとも思います。

でもなんだかこのままダビだけは出ないでシーズンを終わってしまうのではない?
なんて心配になってしまいますが。

チームは勝ったし、サンティとアングロの復帰はうれしいけれど、
やっぱり私にとってはまだ喜びは半分というところです。

81b7d1e5e9433c0c76c44d422f51215b_extras_albumes_0.jpg

ダビ、サンティ、アングロ招集入り!:リーガ第34節バレンシア×オサスナ【PREVIA】 

3人とも招集メンバ入り!!!



entren25A0308_David.jpg

(ビセンテ、うれしそう。ダビから離れないものね)

いきなりです。

ティモ、アリスメンディ、マドゥロがメディコのリストに入っていたのでもしかしたら…とは思っていましたが3人ともメンバ入りです。

サンティはモラの怪我もあるのでいきなり先発かもしれません。
あのサンティの大きな声がまた聞ける?
(それはピンチということだからあまりよくないのかな)


システムはたぶん4-4-2か4-2-3-1.
昨日試したメンバーは

DFがミゲル、アルビオル、アレクシス、カネイラ。
ピボーテはバラハとマルチェナ。
右のホアキンと
FWのビージャは決まり。

左にビセンテかマタか。
トップ下はシルバかバネガか。

そのあたりはちょっと迷っているみたいですが。
私はトップ下にシルバ、左にビセンテにしてほしいなぁ。



GK:カニサレス、グアイタ
DF:カネイラ、ミゲル、マルチェナ、アルビオル、エルゲラ、アレクシス
MF:アルベルダ、バラハ、ホアキン、エドゥ、ビセンテ、マタ、バネガ
FW:アングロ、ジキッチ、シルバ、ビージャ



オサスナ戦

昨シーズンのオサスナ戦はとてもいやな思い出が…
そう、ダビが膝を怪我して約2ヶ月離脱したのがオサスナ戦でした。

でも明日のオサスナ戦はもしかしたら忘れられない試合になるかもしれない。
1分でもいい、彼らがメスタージャのピッチの上に再び立てたなら、それだけで満足…

もちろん勝利は必須。
でも、勝てなくたっていいくらいの気持ちです。

ダビはモチベーションがだいぶ落ちているようなので、再びメスタージャのピッチにたつことで、モチベーションを取り戻してほしい。
できたらメスタージャのお客さん、「アルベルダコール」なんてしてくれないかしら。

きっと今シーズン終了後に彼は去ってしまう。
だからシーズン最後までの数試合、彼に、いえ彼ら3人に今までの御礼をこめて彼らの名前を叫んでほしい。

もちろん、彼らが戻ったからと言って必ず勝利できるわけではないけれど、練習の雰囲気さえあれだけ良くなっているのだから、試合中の選手たちの気持ちも違ってくるのではないかしら。

ファンもこの試合を「Final」と位置づけて、チームを応援しようとしている。

そこに彼ら3人が戻ってきたら。。。
昨シーズンの「メスタージャに強いバレンシア」が戻ってくるかも知れませんよね。



月曜深夜に放送あり

今節のオサスナ戦は明日4月27日日曜日現地時間17時、日本時間深夜0時からの開催です。

たぶん皆様もうご存知だと思いますが、オサスナ戦は下位、しかも降格争い中のチーム同士の試合にもかかわらずWOWOWの放送があります。

国王杯優勝、なのに降格争い、クーマン解任とごたごた続きのバレンシアには
優勝争いとは別の意味で興味深いから放送枠に入れたのだと思います。

でもバレンシアファンにとっては本当に生きるか死ぬかの大事な試合。
たとえ月曜深夜枠といえどとてもうれしいですよね。
今回はWOWOWに感謝。

あとは勝つだけです!


昨日の練習風景

2008-05-03_IMG_2008-04-26_00_32_47_fcofotografos_20080425_181210.jpg


entren25A0408_Alexis.jpg


entren25A0408_Silva.jpg


entren25A0408_Vicente.jpg


この二人一組、なかなかいいでしょ。
笑顔がたくさん見られる練習風景にもどりました。
招集メンバ発表も試合前日になりました。
元に戻ったものがたくさんある。

ボロ、次はクーマンがパテルナに作った「塀」を撤去しちゃいませんか?
そしてすべてを忘れてしまいましょう。

ネガティブなものから学ぶには少し時間が必要。
今は気持ちを切り替えて残りの5試合を来シーズンにつなげるための試合と思って戦ってください。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。