スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Felicidades, Villa! 

1345402425_0.jpg


ビージャが戻ってきました~
昨年の12月に日本で行われたクラブワールドカップで怪我をして以来、約8か月ぶりの公式戦出場になりました。

Villa reapareció marcando ocho meses después

ビージャの復活を喜んでいるのはバルサファンだけじゃない!
バレンシアファン、サラゴサファン、ヒホンファンだって喜んでいるよ、ビージャ!

いやいや、スペイン代表のMaximo goleadorの復帰を喜ばないスペイン人、スペイン代表ファンはいないかも。


でもカンプノウで大きな拍手で復帰を祝ってもらっているビージャをみて、
やっぱりビージャはどこにいっても愛される選手なんだな、とあらためて感じました。

どこでもそのクラブのために精一杯プレーする彼だからこそ、なのでしょうね。

ビージャ、本当におめでとう!
次は代表への復帰を待っていますよ!


1345452690626.jpg


ユニの下に来ていたTシャツに書いてあったのは
「Imposible sin vosotras」(君たちなしでは不可能だったよ)
という家族にあてたメッセージ。
奥様とサイダちゃん、オラジャちゃんへの感謝の言葉でした。


この日先制ゴールを決めたプジョールと(プジョールのツィッターの写真)。
ビージャにはパウ・ガソル(バスケット)やフェリシアーノ・ロペス(テニス)などサッカー界以外からも復活を喜ぶメッセージが寄せられていました。
1345414033163.jpg


スポンサーサイト

Silva se convertió en un actor 

Para promocionar Gran Canaria



david-silva_20120729091401.jpg

気持ちよさそう!

シルバが再びグラン・カナリアのプロモーションビデオに登場することになりました。
↓の動画は撮影の様子です。



今回はイギリスや他のアングロサクソン系の国向けの観光ビデオになる、と記事には書いてあります。
今やイギリスにおけるシルバの知名度はかなりのものでしょうから、きっと効果は絶大なのでは?

このビデオはグラン・カナリアの4か所で撮影されました。
マスパロマス(この前オリンピック代表がセネガルと試合をしたところですね)のビーチとモガーンのヨットハーバーの2か所は場所が明かされているのですが、残りの2か所は秘密、だそうです。

ビデオが公開されたときのお楽しみ!ということみたいです。


こちらのビデオはカナリアに戻った時のもの。



Fallece Manolo Preciado, ex entrenador del Sporting de Gijon. 

6月7日の明け方、11-12シーズンの途中までヒホンの監督だったプレシアードさんが心筋梗塞でお亡くなりになりました。
彼は今日、6月8日にビジャレアルの新しい監督としてプレゼンを行うため、バレンシアに来ていらっしゃいました。

そのニュースを昨日のお昼休みに見たばかりだったのに…
あまりのことに言葉がありません。

今は心からお悔やみ申し上げます。

Le doy mi más sentido pésame. Descanse en paz.

La entrevista a David Silva en "El Partido de las 12" 

Felicidades, David!



ダビはダビでも「David Silva」です。

日曜日の試合でプレミア優勝を果たしたマンチェスター・シティ。
私はマンU派なのでちょっと悔しかったですが、でもシルバにとっては初めてのリーグ制覇。
うれしかったでしょうね。

そのシルバが一日置いた昨日の夜、スペインのラジオ番組「El Partido de las 12」でインタビューに答えていました。
インタビューはこちらから聞くことができます。


またmp3ファイルのダウンロードも可能です。Audio

マンCにはマドリーの「シベレス」みたいな優勝を祝う特別な場所はなく、市庁舎でファンに報告したのですね。
インタビューでは
「何か話す言葉を用意していたの?」と聞かれ
「いいや、カピタネスが話をするから」と言ってました。

1-2になった時、勝てないんじゃないかって思わなかった?と聞かれ、
「僕たちのエラーで逆転された。(そうなの?)
 ゴールを決めるのに苦しんだけど、最後まで勝利を目指したよ。」

イングランドでの生活も快適だそうですが、同じマンチェスターにいるデ・ヘアとは食事したことはないそうで

この後シルバは Arguineguínに戻って、それから代表合宿に向かいます。
故郷の人たちの久しぶりのcariño。
シルバにとっては何より幸せを感じられる時なのかも。

しかし、、、カナリア諸島はすでに夏。気温も40度ぐらいあるそうです。
体調崩さないでね~!

La entrevista a David Silva en Onda Cero 

La historia de Silva



1274695420_extras_noticia_foton_7_0_20120228214441.jpg

ASにインタビューがのっていたのでちょっとpodcastを聞いてみたらこれがまぁ。。。
シルバをたっぷり楽しめます。

ゲストも登場。

まず一人目はオサスナ監督のメンディリバルさん。
なぜ彼がって?
彼はシルバが17歳のころプレーしていたエイバルの監督だったのです。
そのころバレンシアは将来有望な若手を2部のクラブや一部の下位チームにレンタルして、そこで実績を積ませていました。
シルバもその一人。シルバはこの後、セルタにもレンタル。
そのあと、バレンシアに戻ってきました。

二人目はシルバと同じ村の出身である、デポルのバレロン。
相変わらずの高い声。
シルバは
「僕はサッカー選手としてだけではなく人としてバレロンから多くのことを学んだんだ」
と言ってました。

他にもトーレスのこと、レアル移籍の話があったことなどなど。

そして「スペインに戻りたい?」という質問には
「”今は”戻りたくない」
のだそうです。

なかなか聞きごたえのあるインタビューはこちらから聞くことができます。
シルバの抑揚のあるスペイン語。
慣れると結構聞きやすいかな。

David Silva En "AL Primer Toque"










Más audios en Onda Cero


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。