スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Japón logra la Copa de Asia!!! 

Japon_derrota_Australia_logra_cuarta.jpg


日本代表、アジアカップ優勝おめでとう~!

MARCAの記事
記事の中で「Tanadari Lee」となっている。。。マルカ~
ASの記事

日本代表のアジアカップ優勝に興奮してます。
ハラハラドキドキ。緊張が続く試合に、のどはカラカラ。
でもとにかく勝ててよかった~
あのドイツワールドカップの雪辱を果たした気がします。

怪我で離脱してしまった選手たちもうれしいでしょうね。
とにかく良かった~!


しかしケーヒルもキーウェルも年とったなぁ。
キーウェルは若い時よりよくなったような。目じりのしわのせいかも(笑)


1296322752_0.jpg


スポンサーサイト

お知らせ:サンティからのGracias 

2年前の12月。バレンシアファンが思い出すのも辛い出来事がありました。
クーマンがサンティ、ダビ、アングロを戦力外通告したあの出来事です。

とても納得なんてできなかった私たちはクラブへの抗議の署名と、3人への応援メッセージをまとめて彼らに渡しました。


あのとき、署名に協力してくださった方々。
彼らへの応援メッセージを書いてくださった方々。


今日発売のフットボリスタにサンティから皆さんへの感謝の言葉が載っています。
(もちろん、記事は小澤一郎さんの「Fuera de Fuego」)


是非読んでください。





過去記事移行中(4) 

久しぶりに過去記事移行を行いました。

2005年のスペイン旅行記事を移行終了。

マドリー×セルタをベルナベウで、サラゴサ×バレンシアをラ・ロマレダで観戦しました。
このときのセルタにはシルバがいました。
バレンシアはキケが監督になったシーズンで、まだビージャがレギュラーじゃなかったときです。

懐かしいです。


ビージャがこんなでしたよ。

img_844465_11718377_1.jpg

バレンシアで豚インフルエンザ!!! 

一難去ってまた一難



皆様にご心配いただいた私の尾骨の痛みはほぼ完治。
さぁ、これで飛行機の長旅もOKだぁ~。。。となったとたんにとんでもないことが。
そうです。「豚インフルエンザ」


日本のニュースをみていると
「スペインでも二人患者を確認」
としか出ていません。

実は。。。そのうちの一人はバレンシアで確認されているんです!!!

1240911361_0.jpg

スペインの新聞elmundoによると
「保健省バレンシアで二人目の豚インフルエンザの患者を確認」

患者は24歳の若い男性で、バレンシアの「el Hospital la Fe de Valencia」に入院中。
(この病院、メスタージャの近くにあるんですよね)
上の写真はその病院の様子です。
幸いにもこの患者さんの状態は良くなっていて、もう少しで退院許可も出るだろうとのこと。

保健省大臣トリニダッド・ヒメネスが発表した声明ではスペインの豚インフルエンザは落ち着いるらしいです。
さらにスペイン全土では32人が疑わしい状況にありますが、すべてのケースが重症ではなく、安定しているそうなのですが。。。

やっぱりちょっと不安ですよねぇ。
私はばっちり予防接種をうけてはいますが、この豚インフルエンザには効き目はないのでしょう?

こうなったらマスク、うがい薬のイソジン、消毒用スプレーなど万全の準備をしていくか。

しかし今回のバレンシア行き、なんでこういろいろな事が起こるのかしら。
私自身の怪我、ダビの怪我、そして豚インフルエンザ。
でもやっぱり見たいです。
ダビが出場するメスタージャでのレアル戦がみたい!!!


メキシコで多くの方が亡くなっておられ、こんな勝手なことを思ってはいけないとわかってはいるのです。
ごめんなさい。



アレクシス、インタビュ:2009/2/4 Levante 

二人同時はないよ~



2009-02-11_IMG_2009-02-04_00_01_04__enviofotografos_20090203_.jpg

ASにはダビ、Levanteにはアレッシィ。
両方訳したいけど。。。今日は両方は無理。

最初に見つけたのがアレッシィだったのでこちらを先に。

それに。。。今彼の復帰がとても待ち遠しいですからね。
アレッシィ自身は
「オレは救世主じゃないぜ」
と言っていますが。



12月9日からバレンシアのディフェンスは多くのゴールを決められている。
その日、アレクシスは恥骨炎の手術をしていた。
彼はそのときまdバレンシアのDFで一番良い状態だった。
バレンシアは彼がいたときには失点は13.
いなくなってからは37.
これは偶然か?



- 君がいないのがさびしいよ。いつごろ戻れそうなの?
「僕はとっても良い状態だよ。
 だから予定を少し早めているんだ。
 考えられなかったことをここ数日やっているよ。
 彼らはすごい!って言っている。
 内転筋のリハビリも、恥骨炎のリハビリもとてもうまくいっている。
 もしこのままうまくいけば、多分月曜日にはグループ練習の一部を一緒にできそうなんだ。」

- その期日は?メディコによると3月の中旬くらいらしいね?
「なんだよ、そりゃ大げさだよ!ちょっと早すぎる!
 僕は今月の中旬すぎからチーム練習に加われればいいと思っている。」


- 君が怪我をしてからディフェンスは穴だらけだ。アレクシスは必要不可欠なんじゃない?
「そんなことないよ!!!
 誰も僕がいないのことに気付いていないと思うよ。
 試合に出ても出なくても僕はいつもチームを助けたいと思っている。
 ディフェンスの問題はディフェンスの選手だけの問題じゃなく11人全員の、チームの問題なんだよ。
 チームは前からプレッシャをかけなくちゃいけない。
 それがうまくいけばチームはしっかり守れるだろうし、すべてうまく行くだろう。」

- 私は君がいなくなってから失点が多くなったと思っている。一部のファンは君がいつ戻ってくるのかをずっと質問しているよ
「僕はなにも立て直せないよ。僕は救世主じゃない。
 僕は一人の選手にすぎないし、そんなにすべてを変えられないよ。
 僕が出来ることはやるよ。
 でも僕が試合にでたからってそれで全くゴールを決められないってことにはならないよ。」

- プレッシャーを感じている?
「プレッシャーを感じるよりモチベーションが高まっているね。
 僕はチームを助けたくて仕方ないんだよ。
 ファンが選手を信頼するのはとてもよいことだよね。」

- 観客席からみてチームはどうだい?
「うん。ちょっとスペースがあるね。
 CBはかなり大変そうだよ。だって1対1で相手と対置しているから。
 状況は難しいし複雑だね。
 もう少しディフェンスを閉めて、できるだけお互いに助け合うときだよ。」

- マドゥロは君の代わりを務めているね。彼に何か助言はした?
「いいや、それは必要ないよ。
 僕は彼はとてもうまくやっていると思っているよ。
 ディフェンスだけを批判したり、うるさく言ったりするべきじゃない。
 チームは11人でプレーしているんだ。
 勝利も11人で勝ち取っているのだし、敗戦の責任も11人にあるんだ。」

- おそらくあっという間だろう。君が復帰したとき、君はレギュラーに戻るのに苦労はしないだろうね。
「ありがとう。でもそんなことはないよ。
 僕の仲間はうまくやっていくだろう。
 試合に出るには戦わなくちゃならないだろう。
 誰であろうと100%で仕事をし、練習しなくちゃいけない。
 監督は誰をチームに戻すか考えるために、どの選手が100%なのかを良く見ているんだ。
 君が言うほど簡単なことじゃないよ。
 いい状態でいるために一生懸命練習して、チームに戻るのを夢見ているよ。
 でもそのためにはまずは回復しなくちゃいけないね。
 わかっているよ」




ウナイもアレッシィの復帰は待ち遠しいでしょう。
いやぁ~ここまでアレッシィが期待されちゃっているのはうれしいなぁ。
2年続けての長期欠席ですが彼は確実にバレンシアになくてはならない選手になりつつあるんですね。
怪我をしっかり治して、早く戻ってきてね~!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。