スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(追記あり)Fiesta por Victoria, 100 Gole, agradecimiento:リーガ第38節バレンシア×ビルバオ【CRONICA】 

88073355_convert_20090531082631.jpg

2-0



なんとか来シーズンのEL出場権を確保しました。
試合を決めたのはビージャの2ゴール。
これでビージャはバレンシアの選手としてのゴール数を101にしました。


しかし3試合同時中継は疲れます。
勝っていること、ビージャがゴールをきめたことはわかったけど、試合の流れなどはつかむことは出来ないので、結局MARCAの文字実況を読むことになります。
耳はラジオの放送を聞きながら文字と画面と格闘するのは2時間しか寝ていない私にはきつかった。。。

1243724393633_fotospropias_20090530_220506_convert_20090531135655.jpg

(ビージャ、アルビオルもお子さんを連れて来ています。
 なぜかダビがいますね。まさかその子はダビの隠し子???
 きっとお兄様のお子さんとかなんだと思いますが)
 

先発は私の予想とは大違い。
やっぱりウナイにはビージャとモーロを使うというオプションは存在しませんでしたね。
           セサル

 ミゲル アルビオル アレクシス モレッティ

       エドゥ、   マルチェナ

     パブロ  ミチェル   ホアキン

           ビージャ


ピボーテはエドゥ、マルチェナ。やっぱりダビとマルチェナでは守備的過ぎると判断したんでしょうね。
ダビが出ないと私の気持ちはかなり萎えます。
応援する気力も半減しいます。
ああ、気持ちを引き締めて応援しないと!


ビージャゴール

1243722595_extras_albumes_0_convert_20090531080219.jpg

試合開始7分に決まったビージャのゴール。
これで99100ゴール目!
私が見に行ったレアル戦で決めるはずだったんですけどねぇ。。。
ずいぶんと時間がかかってしまいました。

このゴールはホアキンからのパスをビージャらしくポンと決めてました!
ビルバオがまだ試合に入りきれていない状態の中、バレンシアのカウンターが見事に決まりました。

ゴールを決めた後、「まだまだ~!」という感じのビージャ。
「今日のビルバオならもっとゴールを決められるぞ!」
と、私も期待しましたが。。。

これでビルバオは目が覚めたのでしょうか。
以降バレンシアはビージャ、パブロなどがチャンスを得ながらもなかなか2点目のゴールがきまりません。

結局バレンシアの2点目、ビージャの100101ゴール目が決まったのは試合終了間際。
今度はホアキンと交代ではいったビセンテ→パブロ→ビージャのゴールでした。
ビセンテが良かったなぁ~


1243722813_extras_albumes_0_convert_20090531080322.jpg


わずかな時間でしたがちゃんとモーロもクーロも出場しました。
モーロは82分ミチェルと、クーロは90分にマルチェナと変わりました。
マルチェナはカピタンのブラサレットをクーロに渡したそうです。(そのシーンは放送がなかった。。。)

試合終了後、ファンの温かい拍手に包まれるなか、たくさんの仲間と熱い抱擁をしているモーロとクーロ。モーロのお別れにシルバがいないのが寂しいなぁ。
でも二人のバレンシアの選手としての最後の試合を勝利で飾れてよかった。
本当にお疲れ様でした。
そしてありがとう。

1243724393633_fotospropias_20090530_234528.jpg
(ようやっとダビが映っている写真を見つけました。お別れしていないことはないと思ったのですが、姿がみえなかったので探してしまいました)

試合後ビージャがインタビュを受けていました。
「これがバレンシアのユニフォームを着てプレーする最後の試合?」
なんて質問に対してビージャは
「僕には契約が残っているし、最後の試合だなんて気持ちは全然ないよ!」
と応えてくれていたビージャ。

やっぱりずっといて欲しい。。。


最後に一言

バレンシアは木曜日か金曜日まで練習して今シーズンを締めくくります。

今シーズンのバレンシアはヨーロッパ圏内という目標は達成した、のでしょうか。
それともCL圏内という最低限の目標をのがした、のでしょうか。

今のバレンシアは正直に言ってCL出場にふさわしいクラブじゃないと思います。
チームだけじゃなく、クラブとしてもCLに出るのにはもっともっと変革が必要です。

最後の試合で勝ったものの、ほろ苦さが残るシーズンなのはいまだにクラブが改善しているとはいえないから。
経営面での安定は一朝一夕でできることではありません。それはわかります。
でもSDと会長の間に信頼関係がなくなって、来シーズンはSDが変わるとか言われているのには心底失望しました。

またしても同じことを繰り返そうとしているんですね、バレンシアは。
SDが変わるということはチームの補強面などに影響します。
シーズンオフを迎える今、もう来シーズンに向けての補強リストも出来上がり、一部交渉も進んでいる状態です。
そんなときにまだSDを変える?
こんなことをやっているからダメなんです。
セビージャやビジャレアルにさえ差をつけられているのはなぜか?
彼らが安定してCL圏内争いに参戦できるようにまで成長したのはなぜか?
いまだに理解できないのでしょうか。

いくら良い選手がたくさんいても、良い監督が一生懸命働いてくれても、クラブの安定がないとシーズンを通しての結果を出すことは難しい。
それはソレール時代に身にしみてわかったはずなのにまた今シーズンもそれを繰り返してしまった。
このクラブの体質が変わらない限りバレンシアの未来は決して明るくないのでないでしょうか。


ウナイ、選手たち、本当にお疲れ様でした。
7月、みんながリフレッシュした状態でキャンプに迎えることを願っています。




== Ficha Tecnica ==
Valencia
César, Miguel (Curro Torres, m.90+), Albiol, Alexis, Moretti, Marchena, Edu, Joaquín (Vicente, m.67), Míchel (Morientes, m.82), Pablo y Villa.

Athletic de Bilbao
Iraizoz, Iraola, Javi Martínez, Amorebieta, Balenziaga, Susaeta (Etxeberría, m.62), Gurpegui, Orbaiz (Muñoz, m.46), David López, Yeste (Vélez, m.46) y Llorente.

Goles
  1-0, m.7: Villa.
  2-0, m.89: Villa

Arbitro
  Velasco Carballo (colegio madrileño).
  Amonestó
    por el Valencia a Villa, Edu y Marchena y
    por el Athletic a Gurpegui, David López y Vélez.

 Expulsó
    por acumulación de amonestaciones a Balenziaga (m.77)

Incidencias
  partido disputado en el campo de Mestalla ante 25.000 Terreno de juego en buenas condiciones.



more...

スポンサーサイト

リーガ第38節バレンシア×ビルバオ【PREVIA】 

今シーズン最後の試合



今節で今シーズンのリーガが終わります。
毎年感じますが本当に寂しいです。最終戦は。

まず今日、5月30日の21時から一斉開催されるのはCL、EL圏内争いにかかわる4試合。
そして明日31日は降格圏争いの試合4試合が19時からスタートです。
今日はバレンシア、明日はヘタフェと私の心配は最後まで続きます(涙)


EL出場権死守

バレンシアは今シーズンはまだ順位も確定せず、来シーズン、EL(旧UEFAカップ)に参戦できるかどうかも未定。
最後まで張りつめた雰囲気の試合になりました。

今節の相手、ビルバオは国王杯決勝でバルサに敗れてしまいました。
でも優勝したバルサはリーグ戦も優勝したため、ビルバオは繰り上がりで来シーズンのELに参加出来ることになったんです。
順位も降格圏からは差があるのでもうあまり明確な目標はありません。
事実国王杯に負けてたら、リーグ戦でも連敗中。
ホームのラ・カテドラルでもアトレティコに負けてしまいましたし!

というわけで、今節も彼等はそれほどがむしゃらに来ることはないと思います。
なのでバレンシアは勝てると思うのですが。

バレンシアとEL圏内を争っているのはデポルティーボ。
彼等の今節の相手は3冠を達せしたバルセロナ。
いまだCL優勝の余韻から抜け切れていないバルサ相手です。
しかも場所は彼等のカーサ、リアソール。
これはデポルが勝ちますよねぇ。。。きっと

バレンシアは4位にいたのにCL圏争いの直接のライバルアトレティコと、ビジャレアルに連敗。
この敗戦で選手達のモチベーションがぐっとさがってしまっていると思います。
でも「引き分けでもいい」なんて思っちゃだめですね。
勝つことだけを考えていかないと。


ダビは出るのか

1242315686001_08_1_38_122.jpg

前々回の記者会見の時の写真です。
なんだかとてもかわいらしいので。

前節は出番なしでした。残念!
今節も無理かなぁと思っていたらバラハが怪我。招集もされませんでした。
なのでもしかしたら出場のチャンスもあるかも。
ダビとマルチェナとのコンビだと「守備的」なのでもしかしたらエドゥとマルチェナ、とかになるのかもしれません。

MARCAの予想は
          セサル

  ミゲル アルビオル マドゥロ アレクシス

     アルベルダ   マルチェナ

    パブロ   エドゥ   ビセンテ

          ビージャ


私は絶対ウナイはやってこないと思うけどあえて
          セサル

  ミゲル アルビオル アレクシス モレッティ

     アルベルダ   マルチェナ

   ホアキン          ビセンテ

      モーロ    ビージャ


最後だからこうしたい。
でもウナイじゃあり得ない。ってわかってはいますけどね。


完敗:リーガ第37節ビジャレアル×バレンシア【CRONICA1】 

87942489_convert_20090524102449.jpg

3-1


来シーズンのCL出場をかけた戦いはあっさりとビジャレアルが3-1で勝ちました。

あのDF…
いったい合宿までして何をやっていたんだか。
ダビの代わりにマルチェナを出したのに彼も全然よいところなかったように見えましたけどね。

バレンシアのDF、シーズン通して安定することはありませんでした。
今のDFではCLのレベルには到底及ばないでしょう。
今シーズンのバレンシアの力は6位ぐらいが妥当なところなのかもしれません。

c08368b922d161941d717ffee82f9757_extras_albumes_0_convert_20090524102806.jpg


この試合ウナイはまた力不足を露呈。
ペジェグリーニ監督に完敗です。

来シーズンに向けてはまずウナイが成長しないと。
アウェでここまでだらしない戦いをしてしまってはいくらメスタージャでよい試合をしても意味がなくなってしまいます。
レアル戦、バルサ戦ではなく、前節のアトレティコ戦やこのビジャレアル戦がバレンシアの現実だと考えないと。
バレンシアはアルメリアとは求められているものが違うのです。
そこを良く考えて、反省して来シーズンに向けた準備をしてください。

バレンシアのファンもこれで「ウナイはダメだ」、とか「出ていけ!」というのではなく、
これからのチームと彼との成長を見守ってあげて欲しいです。

まぁ、無理でしょう。
心無い一部のファンのために、今後練習が基本非公開、なんてことにならないと良いのですけどね。


vila-real-vcf23mayo2009aa_convert_20090524103159.jpg

これが今日の先発メンバー。

マタは5枚目のイエローカードをもらい次節出場停止。
メスタージャでの最終戦に出られません。
シルバもいない今、彼がいないということはさらにバレンシアの攻撃力がそがれるということになります。
CLという目標がなくなったけれど、次節勝たなければUEFAカップさえ出られない可能性もあります。
そこだけは死守しないといけません。





== Ficha Tecnica ==
Villareal
Diego López, Javi Venta (Ángel, m.59), Gonzalo, Godín, Capdevila, Eguren, Cani, Pires, Ibagaza (Bruno, m.25), Rossi y Llorente (Guille Franco, m.71).
Valencia
César, Miguel, Albiol, Maduro (Del Horno, m.75), Alexis, Marchena, Baraja (Edu, m.85), Joaquín (Morientes, 63), Mata, Pablo y Villa.

Goles
  1-0, m.15: Llorente.
  2-0, m.32: Llorente.
  2-1, m.42: Villa.
  3-1, m.67: Cani.

Arbitro
  Undiano Mallenco (colegio navarro).
  Amonestó
    por el Villarreal a Capdevila y Guille Franco
    por el Valencia a Baraja, Alexis, Maduro, Mata, Villa y Albiol.

Incidencias
  partido disputado en el campo del Madrigal ante 20.000 espectadores, 2.500 de ellos llegados desde Valencia. Terreno de juego en buenas condiciones

シーズンを賭けた戦い:リーガ第37節ビジャレアル×バレンシア【PREVIA】 

9試合一斉開催



いよいよ今シーズンも残すところあと2試合となってしまいました。
この時期になると他会場の結果を見て、なんてことができないように試合が一斉開催になってしまいます。
今節は9試合が今日5月23日の21時から(日本時間24日日曜日の4時から)。
レアル・マドリーとマジョルカの試合のみ両チームとももうCL圏内、降格圏内争いとは関係ないので日曜日開催です。

しかしWOWOW。
たった一時間が繰り上げられないのですかねぇ。
試合は4時始まりなのに、放送は4時55分開始とは。
私は。。。ネットで見ます。
(ヘタフェも気になるしね)


生き残るのは勝利者のみ

84237854.jpg
(前半戦の時のビージャ。)

今シーズンはいまだに熾烈なCL圏内争いが続いています。
そしてまさにそのまっただ中にいる両チームの対戦となったバレンシア州ダービー。

勝ち点も同じ59。
両方とも負けるわけにはいかないし、引き分けでも意味がありません。

前半戦のバレンシアダービーは「今シーズン最高のスペクタクルな試合」と言われました。
でも今回は内容はどうでもとにかく勝たなくちゃいけない
これは本当に激しい戦いになりそうです。
もちろん選手達の気合いは十分でしょう。

今回はシステム、戦術、選手交代までふくめウナイとペジェグリーニ監督のベンチワークも大きく試合を左右しそうです。

前節のアトレティコ戦は完璧に失敗といわれてしまったウナイ。
今回はどうでますか。
予想では4-2-3-1に戻すだろうと言われています。
(そしてドブレピボーテはバラハとマルチェナ。。。)

二人の監督の知力を尽くした戦い。
見応えありそうですねぇ。


ビルバオを応援しよう!

000_hinchas_aclaman_Athletic_campeon-1.jpg

もちろんバレンシアもビジャレアルも自分たちが勝つだけではCL圏内入りできません。
サンマメスでビルバオがアトレティコに勝つか引き分けてくれれば今節にも4位になる可能性もあります。

だから両チームのファンはサンマメスの試合を横目で気にしながら自分たちのチームを応援しなければなりません。

「ビルバオが"ファンに勝利を捧げたい"という気持ちをもっていることを期待する」
とダビも言っていましたが、私は間違いなく彼等はそんな気持ちを持っていると思います。
国王杯決勝で負けてはしまったけど、ビルバオファンは最後までメスタージャに残りチームの名前を叫び、地元に戻ったチームをまるで優勝したかのように迎え彼等を讃えました。
「決勝を争ったことの誇り」を彼等のファンは感じていたのでしょうね。
あそこまで応援されたら選手達だってそのお返しをしたいって思うものなのではないでしょうか。
昨シーズンのバレンシアは国王杯で優勝してもそれをファンの前で報告さえできませんでした。

私がニュースの映像で見たビルバオの街は本当にうらやましい光景でした。
80.000 hinchas aclaman al Athletic a lo campeón
バレンシアにもあんな謙虚で温かいファンがいた時代もあったのでしょうね。
いつの間に変わってしまったんだろうか。
(ビルバオファンについては一郎さんも携帯サイトのコラムで書いていらっしゃいます。
 是非一読を!私はそこに書かれているビルバオファンに感動しました)


誰が出ようと

予想ではダビは先発ではありません。
ドブレピボーテはマルチェナとバラハ。
でももう誰が出ようと勝ってくれればよいです。

財政的に苦しいバレンシアにとっては
「CLに出られない=移籍する選手が増える」
ということを意味します。

もしCLに出られるならシルバは残るかもしれない。
私はそれを期待しているのですけど。

だから絶対勝ってくれ~

くやし~い!!!5位転落:リーガ第36節A・マドリー×バレンシア【CRONICA】 

CRONICAなんて言える記事じゃないですが、もう今日の試合は思い出したくもない。
アグエロ自身があれはダイブと認めたとか。

選手達はもう土曜日のビジャレアル戦にむけて練習を始めています。
とにかく最後まで諦めないで頑張って!

1242580541_g_0.jpg


せっかくダビが復活したのに負けてしまいました。
1-0。
しかも怪しいPKで。

あの場面以外セサルはすばらしかった。
彼の活躍しか記憶にないぐらい。

つまりそれだけバレンシアはダメダメでした。
私にはウナイの意図が明確に伝わってきませんでした。
「WOWOWの解説の方が中盤でのボール支配率をあげるためにダビ、バラハ、エドゥを並べた」というようなことをいっていたけど、それが今のアトレティコに有効なのかどうかもわからなかった。

ハーフタイムの前には多少バレンシアの時間帯があったものの、それでもゴールの匂いはあまりしなかった。
後半になって
「アトレティコの弱点でもあるサイドバックをがんがん攻めていくほうがいいんじゃない?」
とか
「CBもパブロとドミンゲス。2トップで行って方がよかったのではない?」
ともんもんと思いながら見ていましたが、ウナイが手をうったのは後半もかなりたってから。
それもあまり効果的とは言えず。


1点が遠かった。

ああ、悔しい!
アトレティコに守りきられるなんて!
今までにはありえないことです。

これでアトレティコと勝ち点2差の5位。
アトレティコは残り2節、ビルバオとアルメリア。
明確な目標のない2チームです。
バレンシアはビジャレアルとビルバオ。
うーん。。。かなりCLが遠くなった気が。
とにかく次節ビジャレアル戦は必勝です。




== Ficha Tecnica ==

Atlético de Madrid
Leo Franco; Ujfalusi, Pablo, Domínguez, Pernía; Maxi Rodríguez (Miguel de las Cuevas, m. 86), Raúl García, Assuncao, Simao (Sinama Pongolle, m. 77); Forlán y ''Kun'' Agüero (Camacho, m. 92).

Valencia
César; Miguel, Maduro, Raúl Albiol, Alexis; Albelda; Pablo Hernández (Morientes, m. 72), Baraja (Joaquín, m. 62), Edu (Michel, m. 81), Mata; y Villa.

Gol
1-0, m. 29: Forlán, de penalti.

Árbitro
Mejuto González (C. Asturiano).
Amonestó
  a los locales Ujfalusi (m. 48), Agüero (m. 57) y Pernía (m. 80)
  a los visitantes César (m. 28), Mata (m. 42) y Edu (m. 61).

Incidencias
  partido correspondiente a la trigésima sexta jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 53.000 espectadores. Vicente del Bosque, seleccionador español, presenció el partido desde el palco.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。