スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Europa League : Atlético × Valencia  

Atlético 0 - Valencia 0



98332390.jpg

ジギッチのあれは確かにPKでした。
あのPKをとってもらえていれば。。。ビージャがPKを決め、0-1でバレンシアが勝ち上がるはずだった?
それはわからないですけどね。

審判の誤審にばかり目がいってしまってますが、スーペルの「バレンシア敗退は誰のせい?」という質問に対して、約21%の人が「Planteamiento táctico」(戦術プラン)に投票しています。


私はこの試合は絶対バレンシア有利だと思っていました。
だって何も迷うことはないから。
「ゴールを決めて勝つ」
それしかバレンシアに残された道はなかった。

今のバレンシアは守備に不安があっても攻撃陣には力がある。
いつものスタイルにファーストレグでよかったジギッチ、ビセンテを使うことで絶対に勝つだろうと予想していました。
2-3ぐらいのスコアで。

それが。。。私の予想は大はずれ。
強気に「2点取られても3点取れる」と前半からガンガンくるどころか、バレンシアはなれないフォーメーションで、攻撃の形がなかなか作れないじゃないですか!
前半、アトレティコを0点に抑えたのはよかったですが、後半早い時間からしかけないと勝てないなと思ってました。
なぜなら最近のアトレティコ、守備はかなり安定してきているのですから。

しかし後半、またも予想に反してせめてきたのはアトレティコの方。
立て続けにチャンスを作っていましたが、フォルランがはずすは、ポストに当てるはで結局ゴールは決まらず。
ようやっとウナイが動いたのは残り20分になってから。

つまりウナイは相手を0点に抑え、疲労のたまっているアトレティコの運動量が落ちて来た残り20分ぐらいの時にビセンテ、ジギッチとフレッシュな選手をいれてなんとか得点を奪い、そのまま逃げ切りたい、というプランだったのでしょう。

ただ彼が思ったほどアトレティコの選手達の運動量は極端にはおちなかった。
なぜならそれはきっとビセンテ・カルデロンだったから。
あのファンの後押しがあったからでしょう。

それでも!ウナイのプランは完遂するはずでした。あのPKをとってもらえれば。

ただ、、、なんだかウナイらしくない。
私はウナイも本当は最初からガンガン行きたかったのでは?と思っています。
ファーストレグのようにアグレッシブに行きたかったはずです、彼なら。
ただ、最近のアトレティコの守備力、バレンシアのDFなどを考えると。。。
さらに舞台はビセンテ・カルデロン。

そんな要因が彼を迷わせ、守備的な戦術を選ばせたのかもしれません。

ELで優勝できるとは思っていませんでしたが、アトレティコには勝てるだろうと思っていたので本当に残念。

1270762876618_fotosagencias_20100408_232642.jpg

(アスンソンに張り付かれてかなりイライラしていたシルバ。やはりキケは彼を止める手だてを打ってきました。)

でも選手達は良くやりました。
ケガ人続出の中、なれないポジションをこなしてくれたアルバやフェルナンデス。
久々に良いプレーを見せているバラハやビセンテ。
彼等にはまだCL圏内をかけた戦いが残っています。
4位と8ポイント差あるとはいえ、これから難しい相手が続きます。

もうELからさっさと頭を切り替えて、まずはマジョルカ戦に備えねば!



Enhorabuena! Quique!!!

98333993.jpg
(本当に勝ちたかったんでしょうね。こんな形相のキケは久しぶりです。)

ただもう一方の私は非常に喜んでします。
本当に、キケの仕事は素晴らしい!
それはこの試合のことを言っているのではなく、10月に彼がアトレティコの監督になってからのことです。
あのころのアトレティコ、選手がすぐに下を向いてしまって、気力を感じられない試合ばかりでした。

それが。。。苦しみながら、国王杯決勝に進み、ELもなんとか勝ち上がってきました。
まさかまさか、あのとき、こんな日が来るなんて誰も考えていなかったはず。
少しずつ着実に選手達が変わって来ています。このまま来シーズンも。。。とファンもクラブも考えてくれているようですが、キケはどうするのかな。

98332253.jpg


現地から小澤一郎さんがツイートしてくれたキケの会見の様子です。
一郎さん、ありがとうございました!とても楽しめました。また機会があったらお願いします。

A・マドリードのキケ・フローレス監督が会見場に到着。これより会見が始まります。by小澤(臨時特派員@カルデロン)
「私は審判について話しをする人間ではない」。ウナイの怒りのコメントにはノーコメント。

「我われにもフォルランの決定機やオフサイドを取られたけれどそうではなかったシーンがあった。だから審判の話しをするのは避けた方が賢明だ」

「ベンフィカはいいチームだけれど、リバプールの方がチームとして成熟している印象がある。今季CLに出場した2チームで準決勝を戦うのは素晴らしいことだと思う」

「監督に就任した時にはまさかこういう状況が来るとは思っていなかったのでは?」との質問に「選手に感謝するだけ。そしてチャンスをくれたA・マドリードにも」と格好よく閉めて会見終了。

キケの会見終了後、A・マドリードの記者たちがキケを取り巻き握手と抱擁。欧州の大会は記者も含めて一緒に戦っている感が出ていいですよね。バレンシアで彼がCL出場権を取り戻した時、「君(記者)たちにもおめでとうを言いたい」と発言したのを思い出しました。


やっぱり彼はエレガント。
Orsiさんがうらやましい。。。




Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Juanito, Domínguez, Antonio López; Reyes (Jurado, m. 46), Assunçao, Raúl García, Simao; Forlán (Camacho, m. 82) y Kun Agüero (Salvio, m. 94).

Valencia: César Sánchez; Alexis (David Navarro, m. 79), Maduro, Manuel Fernandes, Jordi Alba; Baraja, Silva; Joaquín (Zigic, m. 69), Mata (Vicente, m. 69), Pablo Hernández; y Villa.

Árbitro: Florian Meyer (Alemania). Amonestó a los locales Reyes (m. 23) y Agüero (m. 94) y a los visitantes Joaquín (m. 33), Mata (m. 40) y Silva (m. 73). Expulsó a Unai Emery, entrenador del Valencia (m. 85).

Incidencias: Partido de vuelta de los cuartos de final de la Liga Europa, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 55.000 espectadores.

more...

スポンサーサイト

Europa League : Atlético × Valencia【CONVOCATORIA】 

レジェス招集入り!



1270640884_0.jpg

まずはホーム、アトレティコ。

最後までわからなかったレジェスの状態ですが、なんと招集メンバ入りしています!
これは楽しみだ!
バレラは間に合いませんでした(涙)
PORTEROS : 1. Asenjo. 13. De Gea.
DEFENSAS : 3. Antonio López. 16. Juanito. 17. Ujfalusi. 18. Álvaro Domínguez. 21. Perea. 24. Cabrera.
CENTROCAMPISTAS : 6. Ignacio Camacho. 8. Raúl García. 9. Jurado. 12. Paulo Assunção.
14. Salvio. 19. Reyes. 20. Simão. 35. Rubén Pérez.
DELANTEROS : 7. Forlán. 10. Kun Agüero.


リーガ前節のデポルティーボ戦ではローテーションを行ったキケ。
カマーチョの活躍で疲労がたまっていたアスンソンを休ませることができました。
これは大きいですねぇ。

日曜のデポル戦はバルサほどではないものの「rojiblanco カンテラーノの夜」でした。
カマーチョ、デ・ヘア、ドミンゲス、アントニオ・ロペスが先発。途中からイブラ、モリーノが交代で入り、最後は6人のカンテラーノがピッチ上にいました。
カルデロンのファンもとても喜んでいました。


木曜日のバレンシア戦はアトレティコにとっては11年ぶりにヨーロッパの大会で準決勝に進むチャンス!
ファンもかなり盛り上がっていて今シーズン3回目の満員御礼になるに違いないと言われています。
(バルセロナ、マドリーとの試合で満員になりました)
昨日の時点で8000枚のチーケットが残るのみ。
33000枚はすでに売れています。
そのうちバレンシアに渡されたチケットは1500枚のみ。

ファーストレグはSemana Santaだったこともあってかなり多くのアトレティコファンがメスタージャに来ていました。
しかし今回のカルデロン、バレンシアにとっては完璧アウェですね。。。


ダビ招集入り!

1270644167907_ENVIOF~4

バレンシアの方も必死。

なんと!ダビが入っています。。。
本当に大丈夫なのでしょうか。とにかく無理はさせないで!ウナイさん!

その他アレクシス、ナバーロが戻ってきました。
不安はありますが、それでもファーストレグよりは良いかな。

Porteros: César y Moyà.
Defensas: Lillo, D. Navarro, Maduro, Alexis, Arturo.
Centrocampistas: Fernandes, Baraja, Albelda, Pablo, J.Alba, Michel, Joaquin, Vicente, Mata.
Delanteros: Zigic, Silva y Villa.


こっちもカンテラーノでは負けない?
パブロ、シルバ、アルバ、ナバーロは多分先発。
ダビ、リージョが加わればさらにカンテラ率は上がりますね。

1270644167907_ENVIOF~3

ビージャはこの試合がヨーロッパの大会50試合目。
サラゴサで10試合、バレンシアで39試合戦っているそうです。
彼がバレンシアの選手として戦った試合で私が一番良く覚えているのはやっぱりあのインテル戦。
彼が決めたFKの弾道は今でもくっきり思い出せるほど何度も何度も見ました。

それと07-08シーズンのシャルケ戦で決めたゴール。
ミゲルからのロングパスをうまくトラップして決めた「これぞビージャゴール!」といえるゴールでした。
まぁ彼の場合、ヘディングも出来るし、なんでも出来ちゃうんですけどね。
私が好きなのはあのゴールや、EUROスウェーデン戦終了間際の勝ち越しゴール。
いまのバレンシアではなかなか見られないゴールです(涙)。

Planes de trabajo del VCF y del Atlético de Madrid 

アトレティコ戦までのスケジュール



今日は火曜日。
あと2日ですね。ELアトレティコ戦まで。
この試合こそ、バレンシアにとって今シーズン最大の試合。
選手達が良く言う「Final」(決勝戦)という言葉が当てはまる試合でしょう。

その試合は4月8日木曜日現地時間20時5分から。

それまでのタイムスケジュールがオフィシャルに載っていました。

4月7日(水)11時 アトレティコがビセンテ・カルデロンで練習。最初の15分だけ公開。
           それに先立って10時半からキケと選手が記者会見します。

       10時半 バレンシアはパテルナで非公開練習。最初の15分のみ公開。
       17時半 マドリーにむけて出発(マドリーでの宿泊はHotel AC Monte Real)
       19時半 ウナイとマタが記者会見に臨みます。

この試合の審判団はドイツのユニット。ドイツ人審判って厳しそうだなぁ。


おまけにビージャ君を。
1270482826595_ENC7E1~1

Europa League:Valencia × Atlético【CRONICA】 

Valencia 2 - Atlético 2



02porat_convert_20100402181505.jpg
2010031201_2.jpg


この日はスペインがSemana Santaということもあり、平日にもかかわらずメスタージャは満員。
すばらしい雰囲気のなか試合はスタート!

アトレティコが二人の強力なFWの力で先制すれば、こちらはマヌエル・フェルナンデスのゴラッソで追いつく。
アトレティコがセットプレーで勝ち越せば、ビセンテ&ビージャの見事なコンビネーションで再び追いつく。

見ているほうは全く飽きることなく楽しめる試合でした。


アトレティコの戦い方はシンプル。
とにかくビージャ、シルバを封じること。
ドミンゲス、ウィファルシの二人のCBを中心に彼らを跳ね返していました。

バレンシアは守備陣に不安があるのでボールを保持して責めることで守っているような感じ。
つまり。。。両チームとも中盤での攻防ではなくゴール前でのプレーが多くなったこともはらはらする展開につながったのでしょう。


前半の最初はアトレティコがらしくなくボールを持っていましたが、徐々にバレンシアペース。
しかしビージャのゴールが決まった!と思ったらオフサイドになったりしてなかなか先制ゴールは決まらず。

アトレティコもCKやFKからのチャンスでドミンゲスやアントニオ・ロペスにチャンスがありましたが決まらず。
両チームとも決め手を欠き、0-0のまま前半終了。
勝負は後半に持ち越されました。


アグエロのすごさ
1270156320375_ENE0F5~1
(今日もエリア内で違いを見せつけたアグエロ。
 彼の粘り腰は本当にすごい!これってやっぱり子供のころからお肉を食べてそだっているせい???)


後半開始とともにアトレティコが積極的にプレッシャをかけ始めました。
アトレティコとしては0-0で終わっても良いわけなのですがやっぱり勝ちたかったのかな、キケさん。

でも先制ゴールは思わぬ形から。
キケファンとしてみれば「してやったり」のゴール。
バレンシアのセットプレーのこぼれだまを拾ってフォルラン→アグエロ→フォルランでゴールを決めてしまったのですから。

しかしバレンシアファンとしてみたら。。。
あれはない!
あんな守備はありえない!たとえアルバであっても。

直後にも再び同じようなプレーがあってヒヤッとしました。

繰り返すということはつまりなにか問題があるのです、根本的な。
ウナイのことですから、分析して次の試合に活かしてくれるとは思いますが。

しかしセカンドレグにはブルーノがいません。
またまたDFに不安が増すのです。
う~~~ん。ビセンテカルデロンで勝てばよい、といってもつまりそれは前がかりにいってゴールを奪わなければいけないということなのです。
となると、後ろの不安も増します。
これってカウンターを得意とするアトレティコにとって好都合なのでは?????


フェルナンデスのゴラッソで同点に追いついたバレンシア。
あのゴールはすばらしかった!
申し訳ないですが彼が移籍して以来、あのようなゴールを見るのはほぼ初めて?という気がします。
それぐらい彼が良いプレーをした記憶もないのです。。。


バレンシアは同点においついて一安心?してしまったのか今度はセットプレーからの失点。
しかも背の低いアントニオ・ロペスにやられました。
フリーでしたよね、なぜか。。。
前半にも彼に危うく決められそうだったのに!
オフサイドに引っ掛けようとしたのだとはおもいますが。。。

このシーンでもアグエロの上手さがでました。
解説の羽中田さんもおっしゃっていましたが、アントニオ・ロペスがオフサイドにならないようにアルバをマークして動けないようにしていたんです。

ゴールを決めたわけではないけれど2つのゴールはどちらもアグエロが絡んでします。
やっぱり今のアトレティコにとって彼は欠かすことの出来ない選手なのです。


ビセンテ登場!

viilla1ab2010.jpg
ようやっとビセンテが登場!
「自分の子供より愛情をそそいで」くれていたキケの前で良いプレーができました!

ビセンテ&ビージャのコンビで決めた同点ゴール!
キケさんの目の前であんなゴール決めないで!って言いたくなるほどきれいなゴールでした。
ビージャに抱きつくビセンテをみてもう懐かしさでいっぱいになってしまいました。

このゴールのアシスト以外もビセンテはとても良かった!
マタが少し疲れているようなのでビセンテの出番をもう少し増やしてあげてほしいな!


クラックは誰?

この試合は良いプレーがたくさんあっていったい誰がクラック、ダンディか予想が立たなかったほど。

私はクラックはビージャ、ダンディがアグエロかな、と思ったのですが。。。

ASが選んだのは
Crackがデ・ヘア!
Dandyは予想通りアグエロでした。

戦前からセサルが38歳、デ・ヘアが19歳と年齢が話題になっていましたが、とても19歳と思えないプレーでした。
後半のビージャのゴールを止めたパラドン!
本当にすばらしかった!

私は勝手にスペイン代表の次のGKはデ・ヘアと決めています。
それぐらいすばらしい。
どうもイングランドの方から熱い視線を注がれているようですが、カンテラ育ちの彼はアトレティコに残ることを明言してくれています。

試合後のインタビュで、この試合は君にとって最高の試合の一つだったのでは?と聞かれて
「多分そうだね。
 バレンシアの選手たちはとても難しいんだ。
 彼らはとてもポテンシャルが高い。
 僕らはディフェンス面でとても良かったと思う。」
と答えていました。

アトレティコは彼を絶対移籍させちゃダメ!なのですが。。。
とはいえ、アトレティコも超財政難。
なかなか苦しいところです。





Valencia: César, Bruno, Maduro, Dealbert, Jordi Alba, Pablo (Joaquín, 69), Manuel Fernandes (Zigic, m.81), Baraja, Mata (Vicente, m.76), Silva y Villa.

Atlético de Madrid: De Gea, Perea, Ujfalusi, Domínguez, Antonio López, Simao, Raúl García, Paulo Assunçao, Jurado (Camacho, m.90+), Agüero y Forlán (Salvio, m.78).

Goles: 0-1, m.59: Forlán. 1-1, m.66: Manuel Fernandes. 1-2, m.71: Antonio López. 2-2,m.82: Villa.

Árbitro: Craig Thomson (SCO). Amonestó por el Valencia a Bruno, Pablo y Mata y por el Atlético de Madrid a Raúl García y Agüero. Expulsó al segundo entrenador del Valencia, Juan Carlos Carcedo (m.44).

Incidencias: partido de ida de los cuartos de final de la Liga Europa disputado en el campo de Mestalla ante cerca de 50.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones

Europa League : Valencia × Atlético【CONVOCATORIA de Atlético】 

アトレティコ、招集メンバ発表!



やっぱりレジェス、バレラは無理でした。
セカンドレグには間に合ってくれ!

今、バレラは彼のキャリアのなかで最高の時だと思います。
それぐらい良い働きをしているのです。
彼もキケになってから成長した選手の一人です。
レアル戦の前のビルバオ戦のヒーローは「クン、フォルラン、シモン」ではなく「デ・ヘア、ドミンゲス、バレラだ」とラルゲロのアトレティコ担当の方がおっしゃっていたくらい!

彼等3人にイブラヒマを加えた4人、カンテラ育ちを多く使うところもキケさんらしい。
そうそう、今回の招集メンバに入っているルーベン・ペレス君もカンテラの選手です。

La lista de los 19 jugadores convocados es la siguiente:
PORTER 1 Asenjo. 42 Joel. 43 De Gea.
DEFENSAS 3 Antonio López. 4 Pernía. 16 Juanito. 17 Ujfalusi. 18 Álvaro Domínguez. 21 Perea. 24 Cabrera.
CENTROCAMPISTAS 6 Ignacio Camacho. 8 Raul García. 9 Jurado. 12 Paulo Assun�o. 14 Salvio. 20 Simón. 5 Rubén Pérez.
DELANTEROS 7 Forlán. 10 Kun Aguero.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。