スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21:アイマール 

img_967148_15074782_2.jpg

img_967148_15074782_3.jpg


名前   :パブロ・セサル・アイマール(Pablo Cesar Aimar)
生年月日 :1979年11月3日
国籍   :アルゼンチン(Rio Cuarto)
身長   :170cm
体重   :63kg
利き足  ;右
ポジション:MF
背番号  :21
略歴   : Temp Equipo Partido Gol
     ――――――――――――――――――――――――――
       97-98 リーベルプレート★      15    4
       98-99 リーベルプレート       21    3
       99-00 リーベルプレート★      30   12
       00-01 リーベルプレート       16    2
       00-01 バレンシア          16    2
       01-02 バレンシア★         33    4
       02-03 バレンシア          31    8
       03-04 バレンシア★         25    4
       04-05 バレンシア          31    4
     ――――――――――――――――――――――――――
      アルゼンチン代表 37

カンテラ :リーベルプレート
タイトル :2 Aperturas、1 Clausura
      1 Supercopa americana
      2 Liga 01-02、03-04
      1 SuperCopa de Espana
      1 UEFA 03-04
      1 SuperCopa de Europa
      1 Mundial Sub-20
契約   :2008年まで
カード  :イエロー 22
      レッド   1

いわずと知れたバレンシアのクラック。
彼が攻撃のタクトを振るバレンシアのアタッカー陣は変化に富み、スピードがあり、
見るものを魅了する。
アイマールの持ち味はその縦へのスピード。
今シーズンはビージャ、ビセンテとのコンビネーションでその持ち味を遺憾なく発揮している。



今シーズンのパブロは昨シーズンまでのパブロとは別人です。
監督がキケ・サンチェス・フローレスに代わったこと。
これはパブロにとって吉と出るか凶とでるか。シーズン前は心配しました。

でもなにも心配することはありませんでした。

キケはシーズン前、パブロに長い休みを与えました。
報道陣がなかなかアルゼンチンから帰って来ないパブロについてキケに質問したとき、
「最悪だった昨シーズンから立ち直るためには必要な休みなのだ」
と毅然として答えていました。また、
「バレンシア復活にはパブロの再生が絶対必要なのだ」とも。

パブロの再生。それはフィジカルを鍛えること。
怪我をしにくい体を作ること。
8月いっぱい、フィジカルコーチがパブロのために特別メニュをつくり
徹底的にフィジカルを鍛えました。

そして、リーガ開幕。

自分を信頼してくれる監督の下でパブロは今、本当に楽しそうにプレーしています。
そのパブロに引っ張られるようにバレンシアの調子もだんだんよくなってきました。

今シーズンのパブロとバレンシア、じっくり楽しみましょう。
キケ、本当にありがとう。


パブロがアナと結婚したのはわりと最近です。その前はずっと一緒に暮らしているだけでした。
昨年の10月7日、彼に待望の第一子が生まれました。名前も写真も公表していません。
そしてまたアナは第二子を身籠っているそうです。

more...

スポンサーサイト

6:キャプテン、アルベルダ  

img_967148_14512544_0.jpg

img_967148_14512544_1.jpg


名前   :ダビ・アルベルダ・アリケス(David Albelda Aliques)
生年月日 :1977年9月1日
国籍   :スペイン(Pobla Llarga : Valencia)
身長   :181cm
体重   :77kg
利き足  ;右
ポジション:MF
背番号  :6
略歴   : Temp Equipo Partido Gol
     ――――――――――――――――――――――――――
       95-96 バレンシアB 2*B       31    4
       96-97 ビジャレアル 2*C       34    0
       97-98 バレンシア           5    0
       98-99 ビジャレアル C▽       35    2
       99-00 バレンシア          21    0
       00-01 バレンシア          21    0
       01-02 バレンシア          32    2
       02-03 バレンシア          26    0
       03-04 バレンシア          33    1
       04-05 バレンシア          28    0
     ――――――――――――――――――――――――――
      スペイン代表 29

カンテラ :バレンシア
タイトル :Liga 01-02、03-04
      SuperCopa de Espana
      UEFA 03-04
      SuperCopa de Europa
契約   :2009年まで
カード  :イエロー 72
      レッド   2

ダビ・アルベルダ。03-04シーズンよりバレンシアCFのトップチームのキャプテンを務める。
今やスペイン代表にも欠かせぬ守備的ミッドフィルダー。
一昨シーズン終了後、レアルからの「今の給料の倍払う」というオファーを断り、バレンシアに残った。




やっぱりバレンシアの選手といえばまずはこの人キャプテン、アルベルダです!

私がアルベルダを最初に知ったのは02-03シーズンでした。
このときにある雑誌でアルベルダが酷評されていたのを良く覚えています。
「才能のかけらもなく、ただボールといっしょに走り回るだけ」と書かれていました。

あれから3年。いまや誰もそんなことを言う人はいないでしょう。
アルベルダ自身もなにかの記事で
「以前は試合中すごく動いて疲れたけど、最近はポジショニングがうまくなったのか
 あまり動かなくなった」といっていました。

バレンシアが堅守を誇ってきたのはもちろんGKカニサレスに4人のDF,クーロ、アジャラ、
ペジェグリーノ(→マルチェナ)、カルボーニの働きも大きかったですが、
このアルベルダの敵の攻撃の目を摘む能力によるところも非常に大きかったです。

試合中、サイドの選手が上がったときやバラハが飛び出していったときのポジションニングなど絶妙です。
ボール奪取もうまくて見ていて惚れ惚れ。
よくまあ、3年でこれだけの選手になったものだと感心してしまいました。


アルベルダがキャプテンになったのにはあるいきさつがあります。
(ご存知の方も多いとおもいますが)

03-04シーズン前、当時のラファ・ベニテス監督はそれまでキャプテンを務めていたカニサレスに変えて
新しいキャプテンを選ぶことにしました。
その前のシーズン5位におわり、心機一転、ここは若い世代から新しいキャプテンをと、考えていたようです。
他のチームのキャプテンの選び方はよくわかりませんが、このときのラファは選手による投票で決定しようとしました。

投票が終わって、開票してみると。。。
一票を除いて残りすべて「カニサレス」。
これでは何の意味もないと、もう一度再投票させました。「カニサレス以外」という但し書きをつけて。

それで選出されたのがアルベルダでした。

このときのアルベルダはまだ26歳。
アジャラやバラハなど他にふさわしい人がいたのに、と思うかもしれません。

でもこのキャプテン=アルベルダという選出は02-03のたった1シーズンだけしかバレンシアを見ていない私でも深く納得の行くものでした。

ピボーテというポジションなのでプレー自体はそんなに派手ではありませんが
彼ほど熱いバレンシアの選手はいないと思っていました。

さらに彼はバレンシア生まれのバレンシア選手です。
2シーズンだけ経験を積むためにビジャレアルにレンタルされていたことがありますが、
正真正銘、バレンシアのカンテラ育ち、ValencianoのValencianistaです。

アルベルダはラウールのようなキャプテンではありません。
審判に噛み付く、文句も言う、カードももらう、記者会見でもほえる。
(ラファがやめたときの記者会見がすごかった)

それでも彼への信頼が揺らぐことはありません。
ドブレピボーテを組むセカンドキャプテンのバラハとも絶妙のコンビネーションです。

「動」のアルベルダに「静」のバラハ。
この二人が高く掲げたあのリーガの優勝杯とUEFAカップ。あのシーンを見せて欲しいです。


ミーハーネタ:
アルベルダ、まだ独身なんですよね。ついでにバラハもですが。
02-03シーズンのアルベルダは全然かっこよくなかったのにこの3年でプレー同様めちゃくちゃかっこよくなりました。
おしゃれだし。彼は「生」で見た方がかっこいいです。雰囲気があって最高!
車は赤のフェラーリ。でも趣味は自転車です。

7:ダビ・ビージャ 

img_967148_13555135_0.jpg

名前   :David Villa Sanchez(ダビ・ビージャ・サンチェス)
所属チーム:バレンシア
生年月日 :1981年12月3日
国籍   :スペイン(Langreo : Astuiras)
身長   :175cm
体重   :69kg
利き足  ;右
ポジション:FW
背番号  :7
略歴   :Temp Equipo Partido Gol
     ――――――――――――――――――――――――――
      99-00 スポルティング・ヒホンB   36   13
      00-01 スポルティング・ヒホンB   40   18
      01-02 スポルティング・ヒホン    39   20
      02-03 レアル・サラゴサ       38   16
      03-04 レアル・サラゴサ       35   15
     ――――――――――――――――――――――――――
      スペイン代表 2
カンテラ :スポルティング
タイトル :Copa del Ray
      Supercopa de Espana
契約   :2010年まで
カード  :イエロー 12
      レッド   0




ビージャについては意外に知らない方が多いようなのでここで改めて紹介させていただきます。

プリメーラに登場したのはなんと03-04シーズン。
スポルディング・ヒホン(2部)での活躍が認められてサラゴサに移籍。

いきなりサラゴサでレギュラーをつかみ、このシーズン17ゴールをあげる大活躍。
昨シーズンもサラゴサで15ゴールをあげた。
この数字は、スペイン人としてはトーレスの16ゴールに次ぐもの!

2年続けての活躍に、ビッグクラブから多数のオファーが届いたが
ビージャ自身がバレンシアを選択した。

そこにはビージャのしたたかな計算があった。
「サラゴサのサッカーとバレンシアのサッカーは似ているんだ。
サイドから良質のクロスが来る。僕はそれに合わせるだけだよ」

激しいFW争いも十分に勝算ありとみて、バレンシアへの移籍を決意したわけだ。

そしてそのとおり、与えられたチャンスを見事にものにして
その手でレギュラーの座をつかんだ。

彼のいいところはスペースを作る動きが自らできること。
前線で激しく動いてビセンテ、パブロとポジションチェンジを繰り返す。
相手マークをはずす動きも絶妙。
それに強い!DFをかわし、引きずってでもゴールを狙う。
常にゴールに向かった動きのできるFW。
さらにスピードもある。

まさに、バレンシア待望のFW、でした。

これからはバレンシアだけではなくきっと代表でも活躍してくれると期待してます。


ミーハーネタ:
まだ23歳なのに結婚していて子供もいます。
暇なときは他のチームの試合を見に行ってしまうほどサッカー好き。
アイドルは、キニ、ファネーレ, そしてルイス・エンリケ。
スポルティングの先輩ですものね。

more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。