スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【2011スペイン旅行記】やっぱりバレンシアが好き! 2011月5月8日 

バレンシアへ



5月8日、朝8時40分発のAVEでマドリッドのPuerta de Atocha駅からバレンシアへ行きました。

バレンシアのAVEの駅、ホアキン・ソロージャ駅はこんな感じ。
思ったより小さかったですが、明るくてとてもきれいでした。
IMG_3709.jpg

私たちをこの駅で待っていてくれたのはドイツ人の熱烈なバレンシアニスタのElke。

この日は日曜日でふつうなら練習はありません。
でも次の水曜日のエスパニョール戦のためにこの日曜日は練習があったのです。
と、なれば行かないわけにはいきません。

Elkeはいろいろ詳しくて、日曜日にはパテルナまでのバスもないから一緒にタクシーで行こうと言ってくれ、私たちを駅で待っていてくれたのです。

駅に到着して、コインロッカーに荷物を預け、いざパテルナに出発です!


今年のパテルナは。。。

IMG_3640.jpg

去年は風が強くてとにかく寒かったパテルナ。
今年は。。。例年の暑さが戻ってました。
油断したわけじゃないのです。ちゃんと日焼け止めもつけていきましたし、途中で塗り直しもしましたから。
でもしっかり、今年もパテルナ焼けしてました。
時計の跡がくっきり。。。

そうそう、今年もう一つ昨年とは違うところがありました。
また新たなゲートができていたんです。
いままではあのクーマンが作ったゲート(上の写真に見えるやつ)までは入ってそこの手前で選手を待つことができました。
しかし今度はそこにも入れないようにされてしまったので、パテルナの門の外で待たなければなりませんでした。

ちょっとこのゲートはいただけない。。。
(娘がとった写真なのでちょっと斜めになってしまってますが、銀色のゲートがあるのがわかるでしょうか。これが新しいゲートです)

IMG_3644.jpg


この日は前日の試合に出た選手たちはグラウンドには出てきませんでした。
つまりダビが練習する姿をみることはできなかったのです。。。残念。

でも、練習が終わると意外にあっさりとダビが出てきてくれました。
この日は記者会見だったんですが、その記者会見もさっさと済ませて?ソルダードの次、2番目に出てきてくれた時にはちょっと拍子抜け。
だって、毎年なかなか出てこなくて、「もう帰っちゃったのかなぁ」とやきもきして待つのが恒例だったから。

IMG_3660.jpg

たくさんのファンにサインをねだられていたダビでしたが、彼の車のなかで何かの音がピーピーなっていて、それが気になっていた様子。
それでもちゃんと写真も撮ってくれましたけど。

スーペルによると契約延長の話が始まったよう。
クラブはダビの年俸を下げたいと思っているようですね。
ダビはできたらバレンシアで引退したいと思っているようですが、他のクラブからオファーもあるようです。
どうするのかな。



ほとんどの選手が車の中からでもサインをしてくれたり、写真を一緒にとってくれたりしていましたが、中には車から降りてファンサービスしてくれる選手も何人かいました。

セサル、アドゥリス、チョリ、ティノ・コスタなどなど。。。
さらにこの人も!
今回一番人気があったのは彼だったかな。

IMG_3678.jpg

今回一番意外だったのはこの人、トパルさん。
ちょっとはにかんだ感じ(実際にはサングラスでよくは分からないですが)が新鮮でしたね~
トパル


そして。。。ダビが出てきてから待つこと一時間近く。
やっと出てきました、ビセンテ!
その時、車をとめてくれたビセンテに向かって誰かが叫んだんです。
「Baja!(降りて!)」って。
そしたら本当に車から降りてくれたじゃないですか!

あまり笑顔はなかったけれど、それでもうれしかった!
一緒にとった写真は宝物でございます!

IMG_3690.jpg

こちらも意外だったのがチョリ。
アルゼンチン人のファンの子供達にとても優しく接していましたね。

チョリ

と、言うわけで今年はあっさり終わり?
いえいえ、ウナイさんにお礼を言う、という大きな目的があったので、待ってましたよ、この後も。
2時まで待ったのですが、ウナイさんは出てきませんでした。。。

朝早かったせいでもう眠くてクタクタの娘がぶーぶー文句を言い始め、仕方なく私たちはバレンシアに戻ることにしました。
ウナイさんにお礼がいえなかったのはとても残念ですが、彼は来年もバレンシアにいます。
もし来年機会があったらその時にでもちゃんと言いたいと思います。


そしてバレンシアに戻った私たち。
あまりにおなかがすいていたので、AVEの駅で昼食をとってしまいました。
これはちょっと残念でしたねぇ。
もっとちゃんとしたところで食べられたら良かったのですが。。。
そしてElkeとまた来年会おう!と約束して別れ、ホテルに向かいました。
今回のホテルはAyre Hotel Astoria Palace。Ayre Hotel Astoria Palece

以前にも2回ほど泊まったことがありますが、いつ行ってもとても気持ちよく過ごせるホテルです。
今回は部屋の内装がリニューアルされていて、モダンな感じになっていました。
でもレセプションやドアマンの方の笑顔は変わらず。
さっと対応してくれるところとか、マドリッドのホテルより親しみが感じられるのです。
マドリッドからバレンシアに来て、このホテルで過ごせてとてもホッとできました。
また絶対きたいな、と思うホテルです。

朝食のオレンジジュースもおいしかった!
そうそう、スペインのホテルの朝食ではあまりおいしいコーヒーに出会うことがなかったのですが、
ここはNespressoがあってとてもおいしいエスプレッソが飲めましたよ!


IMG_3715.jpg


今回はバレンシアにたった一日しかいられなかったため、Tastemには行かれず、Albertoさんとも再会できませんでした。

でも今回この一日で、やっぱり私はマドリッドよりバレンシアの方が好きだなとあらためて思いました。
バレンシアの空と空気と街。
同じスペインでもマドリッドとは全然違うのです。

AVEの駅から出て見上げた空の青さ。
やっぱりこれですよ~私の中のスペインは!

これはミゲレテの塔からとった写真です。IMG_3719.jpg

IMG_3724.jpg

おまけ

more...

スポンサーサイト

【2011スペイン旅行記】マドリッド散策1 2011月5月4日 

今回の旅はマドリッドが中心。
意外かもしれませんが、私はこの街が大好きです。
グランビア、プエルタ・デル・ソル、マジョール広場あたりのごちゃごちゃしたところも、サラマンカの落ち着いた雰囲気も。
今回は初日にいままでなかなか行かれなかったサン・フランシスコ・エル・グランデ教会や、アルムデーナ大聖堂、ゴヤのパンテオンなどにも行ってみました。


マドリッド到着



5月3日の夜に日本を出発。
飛行機大好きな娘は大興奮!
朝方のパリでも元気いっぱい「おなかすいた~」を連発してました!

マドリッドに到着したのは10時20分ごろ。
さすが首都マドリッドの空港です。
バレンシアに比べて広い。。。

空港についてまず私がやったことはiphoneの海外パケットし放題の設定。
(詳しくはこちらから海外パケットし放題
今までは海外でも無料のwifiのある環境じゃないとiphoneは使わなかったのですが、今回はどこでも使えます!
一日1500円ぐらいしちゃいますけど、やっぱり便利でしたよ。
集めた情報全部を印刷して持ち歩くのは重いので、evernoteに放り込んでおいたアドレスやら、情報やらを見たり、google地図で現在地を確認したり。
役に立ちました。

それに、設定を終了すると、自分のiphoneに「VodafoneES」とキャリア名が表示されました!
これだけで「おお、ここはスペインだ~」って感じするでしょう???


初めての空港でしたが荷物の受け取りも、メトロへの乗り換えも順調。
途中インフォメーションでマドリッドのメトロ一日乗り放題のチケット(6ユーロ)と、翌日から3日間有効のゾーンTのトラベルパス(23.2ユーロ)を購入しました。
これでトレドでもアビラでもアランフェスでもこのチケット一枚で行かれます!
ちゃんと地図もついていて(字が小さくてちょっと見にくかったですけど)とても便利。
詳しくはこちらから(マドリッドの地下鉄


今回のホテルは

7229667.jpg
ホテル近く、アロンソ・マルティネス駅のあたりです。

今回私たちの宿泊先ホテルはこちら。
Gran Versalles Hotel
こちらのホテル、地下鉄のアロンソ・マルティネスという駅から徒歩一分!
しかもこんな便利なロケーションにもかかわらずとても静か。

さらに!
ホテルには12時前に到着したにもかかわらずチェックインもできてしまって、あっという間にホテルの部屋へついてしまいました。

レセプショニスタの方は落ち着いたおじ様。
「スペイン語が良いですか?英語が良いですか?」
と聞いてくださり、私が「スペイン語で」というと少しゆっくり目に丁寧に説明してくださいました。


このホテル、無料のWiFiが使いたい放題です。
これもまた便利でしたね。
いままではバレンシアでもマドリッドでも一日有効というログイン名とパスワードをもらってWiFiを使うという形だったんですが、ここは一回ログインしたら、ホテルにいる限りはずっと使えました。


いざ、街へ出発!

荷物をといて、いてもいられず街へ出発!

あまりに気持ちの良い天気だったので地下鉄には乗らず、チュエカ地区からグランビアを抜け、ソル広場まで歩きました。
娘にとっては7年ぶりのマドリッド。
しかし彼女にとっては街並みを楽しむことよりも空腹を満たすことのことに興味があったようで「おなかすいた~」を連発。

2時になるのをまってMuseo del jamonの2階のレストランに入りました。
今回の初食事(もちろん初ビール)はなぜかスパゲティとチキンのロースト。
チキンのローストはおいしかったですが、スパゲティは。。。
娘はガスパチョと舌平目のような魚のフライ。
こっちの方がおいしかったですね。

しかしなぜ「Museo del jamon」に入って舌平目?ですよねぇ。。。


IMG_3409.jpg

その後ソル広場からマジョール広場を抜け、トレド通りをずっと歩いて、サン・フランシスコ・エル・グランデ教会へ。

ここにはゴヤの絵があるのですが。。。なんと昼休み~!
くやしぃ~!!!
外側だけでもなかなか素敵な建物なんですけどね、うーん。。。

この教会の向かい側にはこんなpaseoがありました。

IMG_3411.jpg


2004年のロイヤルウェディング

IMG_3413.jpg

次はゆっくり北に上って「アルムデーナ大聖堂」へ。
ここは2004年にスペインのフェリペ皇太子とレティシア妃の結婚式が行われたところです。

ちょうど私たちが出発する前、4月29日にイギリスのロイヤルウェディングが行われましたが。
ケイト・ミドルトンさんは一般人ということで話題になってましたが、レティシアもそうですよね。
彼女はRTVEで記者をやっていたんでした。

ここは写真撮影OK.ちょっと暗いですが一枚。

IMG_3417.jpg

IMG_3415.jpg

王宮へ

IMG_3418.jpg

正確に言うと「王宮広場へ」です。
中には入らなかったのです。

しかし青い空が本当にきれいでした。
やっぱりスペインの空は青いなぁ。。。

IMG_3419_20110521105107.jpg

ゴヤのパンテオン?

地図で見ると、王宮広場からゴヤのパンテオンは比較的近いように見えますが、歩くと結構あるのですよ。
普段全然運動していない私はそろそろ足がつらくなってきました。
でも今回はどうしてもあそこまで行ってみたい!

地図を見てみると近くをマンサナレス川が流れています。
これってビセンテ・カルデロンのところを流れているあの川?

と川沿いに歩いてみることにしたのは良いのですが。。。
ずっと止まっている車を狙う車上荒らしみたいな人がいたり、昼間でも結構怖かったです。
公園があっても遊具はあるのに子供の姿はなし。

自然と小走りで走り抜け、あっという間にゴヤのパンテオンまで行きました。
やっぱり普通にフロリダ通りをいった方がよいですね。

ゴヤのパンテオン、なんと写真を撮っていないのです!
なのでネットから。
Panteón de Goya

11262100.jpg

とっても小さい聖堂が二つ並んでいました。
一つがゴヤのパンテオン。もう一つは礼拝用の聖堂なのだそうです。
ここには6月13日の未婚女性や縫い子の守護聖人であるサン・アントニオのお祭りの日、恋人のいない女性が待ち針を持ってやってきて、その待ち針をお清めの水に沈めて「早く良い人が見つかりますように」とお祈りをします。
16世紀から続くお祭り、と「地球の歩き方」には書いてあります。
まだ娘にはちょっと早いですがあと10年したら、、、待ち針持参で6月に来なくちゃいけないかもしれませんね。

私たちと一緒にいたのはご夫婦連れのお二人だけ。
中はとても静かで、涼しくて、ゆっくりとゴヤの書いたフレスコ画の天井を眺められました。


この後、さすがに疲れた私たちでしたが、プリンシペ・ピオからメトロでソルへでて、たくさんお買い物をして、ホテルに戻りました。
食べ物&ワインも買い込んでこの日はホテルでお休み。
明日のトレド行に備えました!

【2011スペイン旅行記】最初で最後のマハダオンダ 2011年5月6日 

写真の整理が追いつかないのでやっぱりサッカー関連から(笑)
(今回は娘が写真を撮ってくれたのでたくさんの選手と一緒に写真をとりました。
 なのでちょっとお見苦しいですがモザイク入れてます。)

やっぱりキケに会いたくて



アトレティコの練習場はマドリッドの郊外、マハダオンダというところにあります。
スペインに行く前に調べたところによるとマドリッドからはメトロのモンクロア駅のバスターミナルから561、561A、561B、651のバスで行かれる、といろいろなところに書いてありました。
この前日にトレドへもバスで行っていたのであまりスペインでバスを使ったことがなかった私も変に自信がついていて、モンクロアの駅でも迷うことなくバスターミナルに到着できました。

念のため651のバスの運転手さんに「アトレティコの練習場に行きたいのだけど、このバスは行きますか?」と聞くと「わからない」という答え。
ありえないですよねぇ。
これがレアル・マドリーなら即答だったんだろうなぁなんて思いながらバスに乗ってました。

結局私はバスの運転手さんが「たぶんこのあたり」というところで降りて、バス停にいたおじいちゃんに聞いて無事に練習場に到着できました。
かなり運が良かったのかもしれませんね。

私は多分もう2度と行くことはないと思います。
でももしかして今後「アトレティコの練習場にいきたーい!」っていう方が私のブログを見てくださった時のたえに詳しく書いておきますね。

降りるのはマハダオンダの中心から少し過ぎたところ。
右手にFREMAP Centro de Prevencion y Rehabilitacionという病院が見えてきます。
その交差点を過ぎてすぐのバス停で降りると、その左手に練習場があります。
ポスエロ・デ・アラゴン自動車道とプリンシペ・デ・アストゥリア通りの交差点のあたりです。
googleの地図でこの病院を目印に検索してみてください!
こんな図が現れると思います。

マハダオンダ


地味なクラブだぁ

しかし目立たないのです。
大きなエンブレムが掲げてあるわけでもなく、厳重な警備が敷かれているわけでもなく。
どことなーくのんびり。
バレンシア以上にゆるゆるでした。



この日は試合前日で、練習が非公開ということもあり、ファンがほとんどいなかったということもあるのかもしれません。
せいぜい15人ぐらいだったでしょうかねぇ。


私たち母娘は練習が非公開ということを見越していたので、到着したころにちょうど練習が終わり選手がロッカールームに引き上げていくところでした。
なんて良いタイミング!

でも、最初は何がなんだかわからず、どこかに消えていく選手たちをみて
「まさかこれからビデオ見て研究?」
なんて不安になりましたが、すぐに選手が出てきてくれたのでホッとしました。

最初見えたのはこんな感じでした。

IMG_3467.jpg


Muy Simpatico!

最初の選手たちが出てくるまでは待つこと20分ぐらいだったでしょうか。
真っ先に登場したのは…ドミンゲス!

いやぁ私はこの一瞬まで「キケさんに会えればいいかな。」「アグエロには感謝の言葉を伝えたいな」
ぐらいにしか考えていなかったのですが、彼の笑顔を見た途端にダメでした。
本当にやさし~い笑顔でした。
プレーは結構ハードなところもあるんですけどね(笑)

ドミンゲス


そして次に来たのが~なんとキケ!
彼は試合前日の記者会見が終わってから、着替える前に待っているファンのところに来てくれたのです!
とてもにこやかで、穏やかな態度は相変わらず。
ファンも争って彼にサインを求めたり、写真を撮ったり。
私もしっかり写真を一緒に獲ってきました~
私の気のせいかもしれませんが、私がキケの近くに行ったとき、キケが「あれ?」というように振り返ってくれたんですよね~
もしかして「どこかで会ったことある?」って感じだったのかしら~
なんてかなり勝手な解釈をしてました。
(娘に「ありえない。。。」と言われましたが母は負けません)


Quique_20110520232228.jpg

次はレジェス。
こちらはファンがすごかった。
キケが来る前はブーイングさえされていたレジェスですが、今やクンに次ぐ人気者。

IMG_3486.jpg

そしてそのすぐ後に出てきたのが、コケ!
これまた素朴。
なんとなくシルバを思わせるような雰囲気でした。
あまり派手な感じじゃなくて、落ち着いていて。
とっても丁寧にサインをしてくれました。

IMG_3492.jpg



クン登場!


IMG_3496.jpg

クンの東日本大震災の被災者に対する支援にお礼言いたい!と思ってました。
言葉も考えていました。
そしてちゃんと言いました。
でもクンはなぜか隣のお友達が気になってしまって私の言葉が聞こえなかったみたい。。。
残念でした。。。
私のスペイン語が悪かったのでしょうね。

クンが車で去った時点で、キケさん、コケ、ドミンゲス、クンにあえたからもういいかな~帰ろうかな~と思っていたんですが、次々と選手が出てくるのですよ。

どうする~?帰る?とか迷っているうちにどんどん出てくる選手たち。
結局私たちは「フォルランが出てくるまで待とう」ということにしました。
しかしこの決断は良かったのか悪かったのか。。。

私はおかげでもう一人、ちょっと会いたいなぁと思っていたフェリペ・ルイスに会えました。
彼も本当に丁寧にサインしてくれました。

IMG_3543_2.jpg

なぜ、ウィファルシ?

ドミンゲス、コケ、デ・ヘア、マリオ、フェリペ。

彼らが出てきたとき私は娘に
「カッコいいでしょう?どう?」
と問いかけるました。
すると
「ありえない。。。」
という返事。

しかし、娘がときめいてしまったんです!
この人に。。。

IMG_3559.jpg

彼の写真だけやたらと多いのです。
さらにフェリペやファンフランはぶれているのにウィファルシは全くぶれてない!

ウィファルシ、なぜかあの巨体なのに車はミニなんですよねぇ。。。
そんなところもかわいいのだそうです。

ああ、いったいどういうこと?!
複雑な心境です。


Con Fran y Emilio

さらにフォルランを待ち続ける私たち。
しかしフォルランは登場せず。

そこに現れてくれたのが第2監督のフラン・エスクリバーとGKコーチのエミリオ・アルバレス!
私はエミリオがだーいすき!
(もちろんフランも好きですけどね)

で、二人に
「一緒に写真をとってくれる?」と言ったら
「もちろんだよ!」
と私を囲むようにして写真を撮ってくれました。
しかも私の肩にエミリオとフランの手が!!!
キケのチームとしてバレンシア、ベンフィカそしてアトレティコと一緒だったエミリオ。
ヘタフェのころから一緒のフラン。
キケのことをずっと見ている私は、二人のこともずっと見ているのです。
感慨深いものがありました。
本当はこれからもずっと3人一緒でいてほしかったけど、来シーズンからフランは別の道を行きます。
エミリオはキケと一緒にいてくれると良いのですけど。。。

IMG_3567.jpg


え?

もう残っている選手はごくわずか。
フォルランまだかなぁ~
と思っていると、キケさんが着替えて出てきたではないですか!?
でも、そのまま建物内に消えて行ってしまいました。なにかインタビュとかだったのでしょうか。。。

さらにこの後、ゴディン、アントニオ・ロペス、ジエゴ・コスタが出てきたとき、警備員さんが
「中に入っていいよ~」
と駐車場内に入れてくれたのです。
え?何?と思ったら「これで最後だよ。もう残っている選手はいないよ」
というじゃないですか!
つまり。。。フォルランにはどうも逃げられたようで。。。

まぁいろいろ複雑な時期だったからかもしれませんが。
残念無念。
結局フォルランを待つことで、ほぼ選手全員に会うことになってしまった私たち。


駐車場を出てバス停に向かう途中、フランの運転する車とすれ違うと。。。
なんとフランがにっこり笑って手を挙げてくれたのです!

これでフォルランに会えなかった悔しさは吹っ飛びました。
フラン、ありがとう~!!!


しかし。。。この時娘の空腹は限界に。
そして「ママ~トイレ行きたい!」
余韻に浸る暇もなく、あわててマドリッド行のバスに乗り込んだのでした。


あ~あ。やっぱりこういうところには一人で来るべきだわねぇ。。。

余談:
アトレティコではサングラスをしている選手がほとんどいなかったのです。
バレンシアは多いのですよね。
やっぱり日差しが違うのでしょうか。
でもファンとしてはちゃんと目を見て話ができるので、サングラスはない方が良いですねぇ。
かなりドキドキしちゃいますけど。



おまけ

more...

05/11のツイートまとめ 

Setsuko6

昨日帰国しました! 今回は疲れたなぁ~と思ったら成田にダーリンが迎えに来てくれていた。これは娘が一緒だからか。。。
05-11 00:47

帰ってきました 

昨日、10日の夜に帰国しました。

今回はパテルナには一日だけしか行かれませんでした。
(また詳しく書きますね!)
月曜日に行こうと思っていたのですが、練習が18時から。
なのでオフィシャルショップにいってみました。

そこでなんと!
あのダビの本を見つけたのです!!!

もちろん速攻で買いました。
バレンシアに住んでいる友達にずっと頼んでいたのですが、彼女が見にいったときはなかったのだそうです。
本当にラッキーでした!



しかし今回、バレンシアの試合を見に行かない、という決断をしましたが、その試合でダビが先発。
しかもゴールにつながる素晴らしいパスをだしたりしていたんですよね。

私が見たアトレティコの試合は惨敗。
来シーズンのチャンピオンズリーグ出場の可能性がなくなったばかりか、なんとASのCRONICAで「Vaya dia」にキケが選ばれてしまいました。
そんなひどい試合だったのですが、それでもビセンテ・カルデロンの雰囲気は最高でした。
試合が厳しい状況になってもチームを最後まで応援するファン。
後半の最後にキケのカンティコが聞こえてきたときには涙が出ました。
もちろん私も一緒に歌いましたよ!

いろいろあった旅ですが、娘と二人、よく食べ、よく歩き、よく話をしました。
サッカー的には練習を何度も見に行けなかったり、最後まで選手たちをまてなかったりと不満も残りましたが、
いつもの一人旅では得られないものをたくさん得た気がします。

今度はぜひ家族3人で?
いえ、来年はやっぱり一人で行きます。。。

ダビ、お願いだから契約延長してください。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。