【Selección Española:Sub20】Resultado de la Copa Mundial de Sub20 

やっぱりちゃんと書いておかないと、と思い代表戦のことを少し。
まずはsub20のワールドカップから。

1373144422_392389_1373147804_album_grande_convert_20130806090330.jpg


sub20ワールドカップは6月21日から7月13日までトルコで開催されていました。
スペインはSub21ユーロに続いて、タイトルを狙いましたが準々決勝でウルグアイに延長の末敗れ、2011年に続きベスト8止まりでした。
残念。どうしてもこのタイトルとれませんねぇ。


グループリーグ:
グループ分けは次のようになっていました。
グループA:スペイン、フランス、アメリカ、ガーナ
グループB:キューバ、ナイジェリア、ポルトガル、韓国
グループC:コロンビア、トルコ、オーストラリア、エルサルバドル
グループD:メキシコ、パラグアイ、マリ、ギリシャ
グループE:チリ、イングランド、イラク、エジプト
グループF:ニュージーランド、ウルグアイ、クロアチア、ウズベキスタン

全部で6グループ。
決勝トーナメントには各グループの1位、2位のほか3位のうち上位4チームが勝ち上がります。
勝ち残ったのは太字の国。


スペインはアメリカに3-0、ガーナに1-0、フランスに2-1で勝ち、3連勝で首位通過。
なかなかチームの形が見えないものの、ヘセの圧倒的なスピードと堅い守備でこの世代もタイトル狙える!とマスメディアもかなり意気込んでいました。
私もスペインらしい攻撃の形がなかなかできないチームに不安は感じたものの、勝てるに違いないと思い込んでいたのですが…

1372773571_340455_1372773691_noticia_grande_convert_20130806085933.jpg


決勝トーナメント:
決勝トーナメントの組み合わせは皮肉なことにスペイン語圏の国との対戦が続きます。
1回戦ではメキシコに2-1で勝ちました。しかし勝ち越したのは終了間近。
この大会、メキシコはあまり調子が良いとは言えない状態で、グループリーグでも3位での通過。
まぁグループリーグと決勝トーナメントではおのずと戦い方も違ってくるのでしょうけれど、楽勝?と思ていただけに不安になってきました。

1372638026_702900_1372638177_noticia_grande_convert_20130806085910.jpg


案の定続くウルグアイ戦はゴールがなかなか決まらず、延長の末、0-1で敗戦。

しかし皮肉なことに、同じグループAを2位通過したフランスと3位通過のガーナは準決勝に進み、
最終的にはガーナは3位、フランスはなんと、決勝に進出。
スペインを破ったウルグアイと対戦し、4-1という大差で優勝してしまいました。

あーあ、残念。
本当に残念。
実力は紙一重なんですよね。うーん、決勝トーナメントの対戦相手がなぁ…

1372421017_303400_1372421268_noticia_grande_convert_20130806085818.jpg



2年前のsub20のチームもそうでしたが、どうもチームの色が出せないうちに終わってしまった気がします。
あのチームもベスト8で敗退でしたね。
イスコやコケ、ロドリゴなどがいたにもかかわらず、中途半端な印象のチームでした。
今回もオリベルやヘセ、デウロフェウなどのタレントはいたのですが、スペインらしいチームを作り上げるまでには至りませんでした。
その分、彼らタレントの力でなんとか、と思ったのですが、、、sub20とはいえ、そんなに甘いものではありませんでしたね。

sub20が中途半端に見えるのは本当はsub20であるはずの選手たちの多くをsub21に獲られてしまっていることも影響しているのかもしれません。
今回も、イスコ、コケ、モラタ、サラビアなどはsub20に行ける選手たちでしたから。
さらにsub20ワールドカップの後にはsub19ユーロもあって、そちらとも選手を分け合わなければならないという厳しい状況でした。
でも同じ条件のはずのフランスはsub20で優勝、sub19で準優勝していますからね。それは言い訳にしか過ぎないのでしょう。


きっとこの世代の選手たちも2年後のsub21ではたくましく成長した、違った姿を見せてくれると期待しています。

1372503236_922334_1372503366_noticia_grande_convert_20130806085844.jpg

1371769885_072081_1371770087_noticia_grande_convert_20130806085617.jpg

more...

スポンサーサイト

【Selección Española:Sub20】Comienzó la Copa Mundial de Sub20 

EEUU 1 - ESPAÑA 4



portada_espa_a_sub_20_mundial_2013.jpg

アメリカ戦のハイライト映像

今度はSub20です。
6月20日からトルコでsub20ワールドカップが始まりました。

Sub21はバルセロナのメンバーが中心でしたがこのsub20はバルセロナはデウロフェウ一人。
(下のリスト参照)
どんなサッカーをするのかなぁと思ってちょっと無理をして21日のグループリーグ初戦、アメリカ戦を前半だけ見てみました。

案の定、フル代表、sub21とは全く違ったサッカーでした。
ポゼッションもさほど高くないですし、なにしろパスがつながらないのです。
相手ボールを奪うのもあまりうまくなく、前半はどちらかというとスペイン側でのプレー時間が長かったぐらいでした。

しかし、、、このチームには決定的な武器がありました。
それはレアルマドリ―のヘセ、バルセロナのデウロフェウ、二人のスピード。
ボールを奪うとこの二人とオリベル、スソ、それに右サイドバックのマンキージョなどが手数をかけずあっという間に相手陣内にせめこんでゴールを決めてしまうのです。
前半だけでヘセの2ゴール、デウロフェウの1ゴールで3-0。
チャンスはアメリカの方が多いぐらいだったのに。。。

これもスペインなのですねぇ。
1年年代がちがっただけでこれほどサッカーが違うとは考えてもいませんでした。
(バルサのメンバーが少ないから?という気もしますが)

でも今回スペインサッカー協会はとても厳しい選択を迫られたのだと思います。
なぜならこの夏スペインの各世代代表はフル代表のコンフェデレーションズカップ、Sub21ユーロ、Sub20ワールドカップ、Sub19ユーロと4つの大会を戦わなくてはいけないから。
フル代表は別にしてもSub21、Sub20、Sub19はどの選手をどの年代にいれるか悩んだでしょうね。
悩んだ末、選手のもつ特徴を生かせるチームを各年代で作ったのではないでしょうか。


私はこのチーム、嫌いではありません。
Poco tiqui-tacaかもしれませんけど、でも美しいカウンターもとても魅力的だから。
ヘセとデウロフェウ、この二人のスピードと技術はこの年代では突出しています。
今回のSub20ワールドカップ、私は他の年代では見ることのできない、別のスペイン代表の姿をじっくり堪能したい、と思います。

でもこの二人だけじゃ優勝は無理かなぁ、、、とも思ってますけどね。
(そこはバレンシアのパコがカバーしてくれるかな)


1371844665_extras_portadilla_1_20130622225209.jpg



スペインのメンバー
sextaの写真付き選手紹介
カピタンはセビージャのカンパーニャ。とてもsub20とは思えない面構えです。

Guardametas:
1 Daniel SOTRES (Racing Santander)
13 Adrian ORTOLA (Villarreal)
21 Ruben YANEZ (Real Madrid)

Defensas
2 Javier MANQUILLO (Atlético Madrid)
3 Jose Luis GAYA(Valencia)
4 DERIK(Real Madrid)
5 Israel PUERTO(Sevilla)
12 Diego LLORENTE(Real Madrid)
20 Jonatan OTTO (Celta)

Mediocampistas
6 Jose CAMPANA(Sevilla)
8 SUSO (Liverpool)
14 Ager AKETXE (Bilbao)
15 SAUL (Atlético Madrid)
16 OLIVER (Atlético Madrid)
18 Denis SUAREZ (Manchester City)

Delanteros
7 RUBEN (Levante)
9 PACO ALCACER (Valencia)
10 JESE (Real Madrid)
11 Juan BERNAT (Valencia)
17 Gerard DEULOFEU (Barcelona)
19 JAIRO (Racing Santander)





EEUU:
Cropper; Yedlin, Stanko, Torre, Ocegueda; Trapp, Joya; Villarreal (López, 73’), Gil, García (Cuevas, 55’); y Hernández (Rodríguez, 46’)

España:
Sotres; Manquillo, Derik (Llorente, 74’), Puerto, Bernat; Saúl, Campaña (Rubén García, 69’); Deulofeu, Óliver, Jesé (Alcácer, 76’); y Suso.

Goles: 0-1 (5’) Jesé. 0-2 (42’) Deulofeu. 0-3 (44’) Jesé. 0-4 (61’) Deulofeu. 1-4 (79’) Gil.

Árbitro: Gassama, de Gambia. Amonestó a Manquillo, Puerto, Villarreal y Joya

Estadio: Ali Sami Yen, de Estambul. Unos 5.000 espectadores.

more...

【Selección Española:Sub20】Brasil × España 

Brasil 2 - España 2 (4 - 2)



121161132.jpg

一度書いた記事が消えてしまい、がっくり…

スペイン代表Sub20はブラジルにPK戦の末負けてしまいました。
ベスト8で敗退です。


私は前半だけみて、あとはずっとiphoneでチェック。
前半のスペイは韓国戦よりずっと良かった。
中盤でうまくボールを奪ってチャンスを作っていました。
しかし最後の最後でブラジルDFにとめられたり、シュートの精度がなかったりで、ゴールを決められないでいたら…あっというまにブラジルに先制されました。

後半、ロドリゴのゴールで追いついて、延長戦へ。

そして延長前半、ブラジルのゴールが決まり2-1。
しかし、私のiphoneがもう一度MARCAのminuto a minutoを表示した時には2-2になっていました。
どういうこと?とよく見てみると、ブラジルのゴールから2分後にスペインが同点に追いついているではないですか!

これはまだまだいける!と一人でにんまり。
ここまでは本当に素晴らしかったのですが…

2-2で試合は終了。
そしてPK戦。
先頭のアマト、そして4人目のアルバロ・バスケスが失敗して万事休す。

今回PKの神様はブラジルの方に微笑んでしまいました。
本当に残念。


121152491.jpg


なんだか勝手にSub20も勝てると思い込んでしまってたのですよね。
Sub21、Sub19とユーロで優勝してましたから。
でもやっぱりユーロとワールドカップは違いました。
試合数も多いし、相手もタフ。
しかも南米のコロンビアでの大会でしたからね。

とにかく彼らにはお疲れ様と言ってあげたいです。
そして早く気持ちを切り替えて、それぞれのクラブでの試合に集中してほしいです。
もう開幕は目の前(すでに開幕しているリーグもありますからね)


121152492.jpg


今年の夏、私はSub21から始まってこのSub20までスペインの若手の試合を追いかけてきました。
いやぁ、楽しかった。
若い選手たちが楽しそうにプレーするのは見ていて気持ちよかったです。
それにCuatroやRFEFが、合宿中の彼らの様子を伝えてくれたのも大きかったかな。
息子のような彼らの姿に思わずPCの前で微笑んでしまっていました。


スペインってどんどん良い若手選手が育っていますね。
今回もチアゴ、ムニアイン、モラタ、パコ、デウロフェウ、イスコ、などたくさんのタレントがいました。

しかし今回私が感じたのはDFも結構良い選手が多いということ。

Sub21のボティア、ドミンゲスの不動のCB(ボティアの方が良かったかな…)
Sub19にはラルゲロのカジェタノさんがべた褒めのイグナシ・ミケル、バルセロナのセルジ・ゴメス。
Sub20はカピタンのバルトラ、それにプリードからレギュラーを奪ったアマト。

CBだけでもこれだけのタレントがそろっています。

段々とうしろの方の選手が好きになっている私としてはこれはもうワクワクです。
サッカーを見る楽しみがまた増えた感じ。
チームにこだわることなく、彼ら若い選手の試合をみたい!なんて今は思っているぐらいなのですが。。。
そんなことしたら私は寝られないので、彼らが活躍してハイライト映像に映ってくれることを期待します。

本当に彼らの感謝。
楽しい夏でした!




Brasil: Gabriel; Danilo, Juan, Bruno Uvini y Gabriel Silva; Casemiro, Fernando; Oscar (Allan, min.98); Philippe Coutinho (Dudu, min.79), Henrique y Willian (Negueba, min.63).


España: Fernando Pacheco; Hugo Mallo, Bartra, Amat, Planas; Oriol Romeu; Canales (Dani Pacheco, min.91), Koke, Isco, Tello (Sergi Roberto, min.46); y Rodrigo (Álvaro Vázquez, min.83).


Goles: 1-0, min.35: Willian. 1-1, min.57: Rodrigo. 2-1, min.100: Dudu. 2-2, min. 102: Álvaro Vázquez.


Tanda de penaltis: Amat, paró Ricardo; Casemiro, 1-0; Sergi Roberto, 1-1; Danilo, 2-1; Bartra, 2-2; Enrique, 3-2. Álvaro Vázquez, paró Gabriel y al larguero; Dudu, 4-2.


Árbitro: Walter López (GUA). Mostró cartulina amarilla a los brasileños Willian y Henrique, y los españoles Isco y Álvaro.


Estadio: Un total de 29.318 espectadores presenciaron en el Estadio Hernán Ramírez Villegas, de Pereira, el cuarto y último partido de cuartos de final del Mundial Sub''20 de Colombia. Un fallo de sonido impidió que pudiesen sonar los himnos de ambos países antes del comienzo del choque. Los jugadores de los dos equipos se fotografiaron portando una pancarta en la que se podía leer en inglés "Mi game is the fair play (Mi juego es el juego limpio)".

more...

【Selección Española】Desde Colombia, Un mensaje de ánimo para la familia de Paco Alcácer 

コロンビアにいるSub-20。
メンバーの幾人かからツイッターを通じてパコにメッセージが送られていました。

RFEFのオフィシャルページにもスペイン代表からのメッセージが出ています。

Desde Colombia, un mensaje de ánimo para la familia de Paco Alcácer


”ワールドカップのためコロンビアにいるREFEの代表すべてのメンバーがパコと彼のご家族にお悔やみと励ましの言葉を送りたいと思っている。
カピタンのバルトラは
「僕たちは悲しい出来事に深く悲しんでいます。
 パコは我々の仲間であり、よい友達です。
 そして我々にとって並外れた選手でもあります。
 我々には彼にここにいるすべてのみんなからの抱擁を送ることしかできません。
 そして一層努力をし、できることならこのワールドカップにおいて優勝を勝ち取り、それを彼に捧げたいと思います。”



代表は明日のブラジル戦で喪章をつけてプレーすることをFIFAに申請しています。
どうかかないますように。



【Selección Española:Sub20】Australia × España 

Mundial Sub-20
Australia 1 - España 5



1312671530_extras_albumes_0.jpg

アルバロ・バスケスのハットトリック、セルジ・ロベルト、カナレス(PK)で5点。
前半だけで5点をとったスペインがオーストラリアを圧倒。
グループCを首位で突破しました。

RFEFの写真集
FIFAのビデオ


前節の試合でグループリーグ突破を決めていたスペイン代表は少し選手を入れ替えてこのオーストラリア戦に臨みました。
イスコ、コケなどがお休み。
またイエローカードの累積でオリオルが出場停止。
ということで中盤はキコ、レシオ、セルジ・ロベルトが先発。
さらにテージョ、ロドリゴの代わりに、カナレス、アルバロ・バスケスが出場しました。


gol548.jpg


相手のミスもあり、開始直後からゴールを決め続けるスペイン。
いったい何点取れのかしら、と期待してしまいましたが、オーストラリアも段々と試合に慣れてきて、スペインを自由にさせてくれなくなりました。
スペインの方ももう次の試合をにらんで、後半からはDF陣にも少しお休みを与えました。
カピタンのバルトラまで下げてしまうのだからびっくりしましたが…

1312671434_extras_albumes_0.jpg


アルバロ・バスケスはなんと18分でハットトリック達成。
これは史上もっとも短い時間で成し遂げたハットトリックだそう。
ロドリゴやカナレスに隠れていますが、彼はこれで大会4ゴールを決めてチーム内ピチチですね。


スペインの唯一の失点は、、、プリードのミスから。
相手のサイドの選手に簡単にかわされてしまいました。
彼はSub-20ではレギュラーのCBだったのですが、前節のエクアドル戦で先発からはずれてしまいました。
それがなにか影響あるのかとちょっと心配です。
彼にとってはチームはゴールラッシュでグループリーグ首位突破でもあまり気持ちの良い試合ではなかったかも。

これでベスト16に勝ち残ったスペインはこの後、スペイン代表は決勝トーナメントに進みます。
次の対戦相手は韓国です!

辟。鬘契convert_20110807165717



1 - Australia: Birighitti; Grant, Hamill, Sainsbury (Mc Gowen, min.46) Warren; Antonis, Amini; Danning, Ibini Isi (Petratos, min.46), Oar y Bulut. Seleccionador: Jan Versleijen.


5 - España: Fernando Pacheco (Alex, min.46); Hugo Mallo (Ezequiel, min.62), Bartra (Planas, min.46), Pulido, Luna; Recio; Kiko, Sergi Roberto, Canales, Dani Pacheco; y Álvaro Vázquez. Seleccionador: Julen Lopetegui.


Goles: 0-1, m.1: Sergi Roberto. 0-2, m.6: Álvaro Vázquez. 0-3, m.14: Álvaro Vázquez. 0-4, m.18: Álvaro Vázquez. 1-4, m.27: Bulut. 1-5, m.31: Canales, de penalti.


Árbitro: El brasileño Wilson Seneme mostró tarjeta amarilla a los australianos Sansbury y Mc Gowen.


Incidencias: partido correspondiente a la última jornada del Grupo C del Mundial Sub''20 en el estadio Palogrande de Manizales ante una asistencia de 14.727 espectadores.

more...