スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Valencia】Valencia × Atlético de Madrid 

El partido vuelta de semifinales de la Europa League
Valencia 0 - Atlético 1



Valencia-Atletico_Madrid_imagenes.jpg


0-1。
私が見るに、完敗でした。
アトレティコの戦い方はわかっていたはずなのになにもできなかった。
さらに悪いことにチームに明るい光を与えてくれていた、カナレスが再び右ひざの靭帯を損傷。
約6か月の離脱となってしまいました。
これでかれはロンドンオリンピックへの出場もできなくなりました。
本当に、本当に残念。




もうこの試合を振り返るつもりはありませんが、ちょっと見方を変えてEL準決勝2試合を見てみると、、、
スペインの強さはA代表だけじゃない!というのがよくわかります。

この試合の放送中、スカパーでロンドンオリンピックのことが話題になりました。
日本はスペインと同じグループ。
しかも大切な初戦でスペインと対戦します。

解説をしていた福田さんがジョルディのことを褒めてくれて、さらに「彼はロンドンオリンピックスペイン代表に選ばれるかもしれない選手」と話をしていました。
いや、福田さん、それは違う!
ジョルディはユーロに行くスペインの「La Selección absoluta」に選ばれるだろう選手なのですよ!!
(と、テレビの前で突っ込みいれてました)


スカパーのこの話を聞いたあと、EL準決勝2試合を違う目で見てみると、います!います!オリンピック代表に選ばれそうなスペイン人選手がいっぱい!

話題になったジョルディは1989年3月21日生まれ。今年で23歳。
ただしオリンピック出場の権利は2012年の1月1日に23歳になっていなければOKなので、彼も立派な候補選手です。

バレンシアからは他にも怪我をしてしまって、実質的には出場不可能になってしまいましたが、カナレス君も候補選手でした。

Valencia-Atletico_Madrid_imagenes (1)


それにようやくチームになじんできたのか、このところ起用されることが多くなったパレホもそう。
彼は1989年4月16日生まれ。

相手チームのアトレティコでは
DFのドミンゲス。彼は1989年5月16日生まれ。
彼は昨夏のU-21ユーロ優勝メンバー。さらにカピタネスの一人だった選手。
ミージャ監督にとっては欠かすことのできない選手の一人です。

さらに昨夏のU-20ワールドカップ代表選手だったコケもこのところオリンピック代表チームに呼ばれています。
彼はなんと1992年1月8日生まれ。まだ20歳です。
シメオネがアトレティコにやって来て、彼の才能にびっくりした、という逸材です。

そして、もう一人がバレンシア戦で見事なゴラッソを決めたFWのアドリアン。
私は今シーズンの活躍をみれば彼もA代表入りしてもおかしくないと思うのですけどね。
彼は昨夏のU-21ユーロ優勝の立役者。
1988年1月8日生まれですでにU-23ではないですが、このチームに彼は欠かすことができません。
なので多分オーバーエージ枠でオリンピックに行くのではないかと予想されています。

galeria46532.jpg


もう片方のビルバオ×スポルティングのほうでは。。。
こちらももしかしたらA代表に行ってしまうかもしれないムニアイン。
彼は1992年12月19日生まれ。まだ20歳ですが、昨夏もU-19でもU-20でもなくU-21でヨーロッパチャンピオンになりました。

サラゴサから今シーズン移籍してきたアンデル・エレーラも候補、というより彼も決まったようなものかな。
今やビルバオに欠かすことができない選手です。

galeria46523.jpg


サン・ホセもU-21の常連です。

そのほかにも左サイドバックのアウルテネチェ(1992年1月3日)、イトゥラスペ(1989年3月8日)、デ・マルコス(1989年4月14日)も今シーズンのビルバオの躍進で候補選手に名乗りを上げています。


ビルバオで忘れてはいけないのはハビ・マルティネス。
彼は昨夏のチームでキャプテンを務めていました。
1988年9月2日生まれなのですでにU-23ではありません。
さらに間違いなくデル・ボスケがユーロに彼を連れて行くので、オリンピック行きは難しいと思います。
でも、でも、、、彼は連れて行きたい!とミージャ監督は思っているでしょうね。
もし、ユーロでの出番があまりないようなら無理しても連れて行ってしまうかな。

この試合では相手チームのスポルティングにもスペイン人選手がいました。
髪を切ってイメージチェンジした、カペルはビルバオとのファーストレグで決勝ゴールを決めました。
彼もオーバーエージ(1988年2月16日)ですが、今シーズンの活躍をみたら、オリンピック代表に入れたくなる選手です。

他にもバルサから移籍してきたジェフレンがいますね。
彼も昨夏のU-21のメンバーでした。


と、ざっと上げただけでもこれだけの選手たちが4チームにいます。
どんな選手が選ばれても、、、日本にとっては相当手ごわいということは確かかな。

スポンサーサイト

【Valencia】El partido vuelta de semifinales de la Europa League 

Europa League
la remontada



本日4月26日、現地時間21時5分からヨーロッパリーグ準決勝アトレティコ戦が行われます。
ファーストレグ、4-2で負けているバレンシアは少なくても2-0で勝たないといけません!
勝ってください!お願いだから!

バルサ、レアルとスペイン勢の敗戦が続き、特にクレでもマドリディスタでもないけど、リーガファンとしてかなりがっくり。
ここでバレンシアが負けたら私の今シーズンはもう終わってしまいそうです。

ユーロのことを考えると、バルサ勢、レアル勢がCL決勝に出ないというのは良いことなのかもしれませんけど。



Rueda de prensa de David Albelda

david-25-4-2012.jpg


前日会見はダビ。

前回ヨーロッパの大会で決勝に進んだのは03-04のUEFAカップ。
あの時の選手で残っているのはダビだけになってしまいました。



- アトレティコを蹴落として、決勝に進めますか?
「完璧な試合しなければならないね。
 そうすれば決勝への道が通じるだろう。
 我々はどんなことをしても勝利を得ることを目指さなければならない。
 ファンは我々のそういう態度を望んでいる。
 勝ち上がるはとても大変だ。しかしそれができると我々は信じている」

- メスタージャは満員になるでしょう。ファンの声援を待っていますか?
「希望を持つのは当然のことだ。しかしファーストレグの結果は良いものとは言えない。
 しかし人々が決勝に近づける、夢を持てるとき、我々はチャンスをつかめるだろう。
 メスタージャは期待を裏切らない。この試合では我々を声援で包んでくれるだろう。」

- ファーストレグから何を変えるべきですか?
「ファーストレグでは我々は良くなかった。多くのゴールを決められてしまった。
 この流れを変えなければならない。我々は苦しんだ。彼らはすべての局面で我々に勝っていた。
 しかし今は準備万端だ。」

- 5試合出場なしでした。そのあとベティス戦で先発しましたがこの試合もまた先発するのでしょうか?
「それらの状況は乗り越えるためのものだ。監督はどんな時でもより良い状態にある選手を選ぶ。
 大切なことはこのような状況の時にもう一度立ち上がることだ。それが僕のやったことだ。
 このチームではよくあること。監督がすべての選手を使えるようにするためにやっていることだ。」


david-25-4-2012a.jpg


Lista de convocados

招集リストです。

今はまだ23人を招集しています。
この中からベンチに座れるのは18人になります。

ジエゴ・アウベス、グアイタ、クリスティアーノ
ミゲル、バラガン、ブルーノ、リカルド・コスタ、ビクトル・ルイス、ラミ、マテュー
ジョルディ、アルベルダ、マドゥーロ、ティノ・コスタ、トパル、パレホ、パブロ、フェグリ、
カナレス、ピアッティ
ジョナス、アドゥリス、ソルダード


このうち、ジエゴ・アウベス、ダビ、ティノ、ラミ、マテュー、ビクトル・ルイスがこの試合でイエローをもらうとたとえ決勝に進出しても試合にサスペンションで試合に出られません。

イエローもらわず、0点に抑えて2点以上取って勝つ。
超難しいミッション…
でもやってもらわなくちゃ。


アトレティコの招集メンバです。
クルトワ、アセンホ
ゴディン、フィリペ、ドミンゲス、ペレア、ミランダ
マリオ・スアレス、チアゴ、サルビオ、アルダ、ガビ、コケ、ファンフラン、ジエゴ
アドリアン、ファルカオ、ペドロ・マルティン




david-25-4-2012b.jpg

Sorteo de UEFA Europa League 

3 españoles



無題

今朝、ベスト8に勝ち残ったばかり、なのにもう次の抽選です。
一応勝ち残った8つのクラブをおさらい。

リーガのバレンシア、アトレティコ、ビルバオ。
ブンデスリーガのシャルケ、ハノーバー。
オランダのAZ。
ポルトガルのスポルティング。
それに、ウクライナのメタリスト。

避けたかったのは同じスペイン勢同士の対決と、長旅になるメタリスト。
で、結果はどうかというと。。。

準々決勝
 アトレティコ × ハノーバー
     AZ × バレンシア
スポルティング × メタリスト
   シャルケ × ビルバオ

ファーストレグ3月29日、セカンドレグ4月5日


準決勝
 (アトレティコ×ハノーバー)の勝者 × (AZ×バレンシア)の勝者
(スポルティング×メタリスト)の勝者 × (シャルケ×ビルバオ)の勝者

ファーストレグ4月18日、セカンドレグ4月26日



準々決勝の相手は、またオランダ勢。
そして次はアトレティコ。2シーズン前、ELの準々決勝で負けましたよねぇ…
その時のリベンジ?
私としては昨シーズンのCL決勝トーナメントで負けたシャルケに借りを返したかったところなのですが。
まぁ今のバレンシアでは意気込みだけはあっても、空回りしてしまいそうですけどね…


決勝は5月9日。ルーマニアのブカレストで行われます。


CLの方は

見事に各国に散らばったCLのベスト8。
スペイン:バルサ、マドリー
イングランド:チェルシー
イタリア:ミラン
ドイツ:バイエルン
フランス:マルセイユ
ポルトガル:ベンフィカ
キプロス:アポエル

どこがアポエルを引くのか?という点に注目してみていましたがまさかねぇ、、、マドリーとは!
そしてまたまたバルサとミランとは!
一体UEFAは何を考えているのでしょうねぇ。

一番楽しみなのはベンフィカ×チェルシーかな。


組み合わせです。

準々決勝:
マルセイユ × バイエルン
 アポエル × R・マドリー
ベンフィカ × チェルシー
  ミラン × バルサ

ファーストレグ:3月27,28日、セカンドレグ:4月3,4日


準決勝;
マルセイユ×バイエルンの勝者 × アポエル×R・マドリーの勝者
ベンフィカ×チェルシーの勝者 × ミラン×バルサの勝者

ファーストレグ:4月17,18日、セカンドレグ:4月24,25日 


【Valencia】PSV × Valencia【Lista de Convocados】 

EUROPA LEAGUE
Entra Alcacer!



週2試合がまだ続きます。
3月15日木曜日に19時からPhilips Stadion de Eindhovenで行われるヨーロッパリーグ、PSV戦に向けた招集メンバが発表されました。

ソルダードが累積と出場停止。
ということでパコが招集されています。


アウベス、グアイタ、エクトル
バラガン、ブルーノ、デアルベルト、ラミ、マテュー、ジョルディ・アルバ
アルベルダ、ティノ・コスタ、トパル、パレホ、マドゥロ、フェグリ、パブロ、ピアッティ、ベルナト
ジョナス、アルカセル、アドゥリス


パコ以外にもGKのエクトルが招集されています。
Bチームのクリスティアンが怪我なんですよね。

ファーストレグ、メスタージャで2点取られたため、4点取っていますがちょっと不安。
できればこの試合でも先取点をとって、心理的に有利に立ちたい。


日曜日のリーガの試合、前半2点を取りながら、後半2点を取られ2-2の引き分けでした。
試合後、メスタージャは例のごとく、ブーイングと白ハンカチ(実は紙だったりしますが)。
確かに今のチームは情けない。
でもこんな時にホームのファンにまでブーイングされると選手たちは悪い方へ悪い方へと考えが言ってしまう。

あの時と同じです。
決して負けているわけじゃないのに、内容が悪いってファンにそっぽを向かれたあの時と。
もう少し辛抱強くなれないものでしょうか。
こんな時だからこそチームを支えて、選手たちを鼓舞して、メスタージャを最高の雰囲気にして相手チームを威圧して、一緒に戦って勝利しよう、と思ってもらえないものでしょうか。

PSVもチーム状態が悪く、監督が交代。
元バルサのコクが監督になりました。
お互い調子の悪い同志。

PSVに監督を変えた効果がでるのか、バレンシアがアウェーで変なプレッシャーを感じないで戦えるのか。
今回はどんなにゴールをきめても安心せずに最後まで見届けますよ!

【Valencia】Valencia × PSV 

EUROPA LEAGUE
Valencia 4 - PSV 2



1331245929557_enviofotografos_20120308_223047.jpg

スペイン語の進級テストの結果がでました。
水曜日にはネットで確認できていたのですが、今日正式に進級できることがわかりました。
ちゃんと成績表、渡されるのですよ。しかも先生のコメントつき。
で、文法とか作文とか会話とかで点数が出てくるのです。宿題なんて項目もあるのです。
おかげさまで宿題の点数は20点中18点。
がんばったかいがあったというものです。

1331245929557_enviofotografos_20120308_223606.jpg

で、心置きなく見たPSV戦。
あっという間に2点を取ったことで気が緩み、うとうとしてしまってところどころ記憶が飛んでます。
さらにこの日はマンU×ビルバオが同じ時間にあってそっちも気になって…
テレビでバレンシア戦をみて、さらにPCでビルバオ戦をチェック。ラジオもつけて…という状態でした。
ラジオはもちろん2元中継。ビルバオ戦が主でしたけど。

バレンシア、試合開始直後からプレスがかかっていていい感じでスタートできました。
さらに相手の左サイドバックが17歳と若い選手で、バレンシアの右サイドで面白いようにチャンスが作れてました。
ビクトル・ルイスの頭で決めた先制ゴールも良かったですが、やっぱり2点目のソルダードのゴール!
右サイドのバラガンが深くサイドをえぐってだしたグラウンダーのクロスを点で合わせたFWらしいゴールでした。

バレンシアはその後もソルダードのPK、後半にはピアッティのうまい飛び出しできまたゴールと順調に得点をかさねたので、これですっかり安心。
パブロやパレホもよさそうだし、今日はこのまま勝てる!と勝負のついていなかったビルバオ戦にチャンネルを変えてしまったのが悪かった?

ビルバオは後半、デ・マルコス、ムニアインのゴールが決まってオールドトラフォードに集まった8千人のビルバオファンが歓喜する中、2-3で試合終了。
しかしバレンシア戦の方は…
PKをとられ、さらに試合終了間際に2点目を決められ、4点取って2点とられての大味な試合。
何とも後味悪い…

セカンドレグ、勝てばよいのです、勝てば。
でも、、、アウェーで2-0で負けたら勝ち抜けできないのですよ。

1331246389045_enviofotografos_20120308_231048.jpg

さらにバレンシアはこの日久しぶりに先発したリカルド・コスタが前半に負傷退場。
運がわるいというか、ツキがないいうか…
せっかくの出番だったのに…残念。

ラミさんも股関節に疲労がたまって痛みがあるようで、今後のDFが心配です。


1331246389045_enviofotografos_20120308_230132.jpg

ASの選ぶEl crackはピアッティ。El dandyはパレホでした。
パレホはMARCAでも褒められていましたね。
バレンシアに来て一番良い試合だったって。
バネガの怪我で回ってきたチャンス。しっかりつかまないと!
もうすぐカナレス君が戻ってきますよ…




Valencia: Alves; Barragán, Ricardo Costa (Rami, m. 24), Víctor Ruiz, Mathieu, Pablo, Albelda, Parejo, Piatti, Jonas (Bernat, m. 70) y Soldado (Aduriz, m. 75).


PSV: Isaksson; Manolev, Marcelo, Derijck, Willems (Pieters, m. 35), Hutchinson, Strootman, Labyad, Toivonen, Mertens (Wijnaldum, m. 75) y Matavz (Lens, m. 67).


Goles: 1-0, m. 11: Víctor Ruiz. 2-0, m. 12: Soldado. 3-0, m. 43: Soldado, de penalti. 4-0, m. 57: Piatti. 4-1, m. 83: Toivonen, de penalti. 4-2, m. 90: Wijnaldum.


Árbitro: Manuel Gräfe (Alemania). Mostró tarjeta amarilla a los locales Rami, Barragán y Soldado, y a los visitantes Mertens y Pieters.


Incidencias: Partido de ida de los octavos de final de la Liga Europa disputado en el estadio de Mestalla ante cerca de 30.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones.

more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。