スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española:Olímpica】España × Honduras 

JUEGOS OLÍMPICOS LONDRES 2012
España 0 - Honduras 1


1343585058_1.jpg

グループリーグ敗退。
まさかまさかの結末でした。
あっという間にホンジュラスに先制ゴールを決められたものの、それからスペインは攻めに攻めてました。
ハビ丸によると24回もゴールチャンスがあったのに一回も入らなかった!のだそうです。

2度のPKを見逃されたのも大きかった。
そんな審判の誤審なんて関係ないぐらいゴール決めて勝つべき、と思います。
でもあれほど明らかなPKを見逃されたのでは試合は成り立たない。

今回のオリンピック、審判の判定に疑問が多すぎます。
日本の柔道や、体操は審判の判定を覆してメダルを獲得できた。
でもサッカーの場合、試合終了の笛が吹かれてしまったらそれで終わり…なのですよね。

あのベネズエラ人の審判はいったい何を考えて笛を吹いていたのでしょうか。
MARCAは2002年の日韓ワールドカップでスペイン×韓国を裁いたあのエジプト人審判の名前をだし、
「このベネズエラ人は、あいつの親戚なんじゃないか?」
とまで言ってました。

¨¿Porque no está Ander?

1343600751_014501_1343600829_noticia_normal.jpg

私が期待した二人の選手、ムニアインとアンデル。
ムニアインは先発出場。でもアンデルはいませんでした。

正直言って先発メンバーを聞いたとき、不安になりました。
コケとイスコはまだまだチアゴ、アンデルの穴を埋めるほどの力はないのです。
それならばシステムを変えてロドリを入れたまま、コケの代わりにアンデルを入れるのが一番の打開策だろうと考えていました。
でもミージャ監督が初戦日本戦かラ変えたのはロドリ→ムニアイン、イニゴ→ポティアだけでした。

後半アンデルが入ってチームが変わったのを見て、ミージャ監督の采配ミスを痛感したのですが…

試合後のラジオのインタビューでアンデルの状態が100%ではなかったことを知りました。
彼は昨シーズン苦しめられた恥骨炎が治っていなかったのです。
アンデルは
「たとえ3分しか出場できなくても、チームを助けるためにここに居たかったんだ。
 ミージャ監督はチームにとって最高の決断をしたと思う。彼を責めるのは間違っている」
と語っていました。
チアゴが招集できなかったことで、少しでもプレーできる可能性のあるアンデルは残した、ということなのでしょうか。

彼ら二人はフル代表で言ったらチャビとイニエスタのようなもの。
フル代表では彼らの穴を埋められるカソルラやマタ、セスクがいますが、若いオリンピック代表ではチアゴとアンデルの穴を埋め切れる選手はいなかった、のですね。

最後のモロッコ戦はマンチェスターでの試合になります。
試合が行われるのはオールドトラフォード。
デ・ヘアのホームスタジアムです。

とにかく最後のこの試合、彼ららしい試合をして、頭を上げてオリンピックから去ってほしいと思います。


20120729dasnasmas_68.jpg

ホンジュラス戦の後、ドミンゲスの恥骨炎が発覚。
彼はいままでこういうことなかったんですが。
最終戦は出場しないかな。
しかしドイツに移籍したばかり。心配です。



España: De Gea; Montoya, Botía, Domínguez, Jordi Alba; Javi Martínez (Tello, min.83), Koke (Herrera, min.46), Isco (Rodrigo, min.67); Mata, Adrián y Muniain.

P7291095_1.jpg


Honduras: José Mendoza; Arnold Peralta, José Velasquez, Johnny Leveron, Maynor Figueroa; Andy Najar (Alfredo Mejía, min.57), Luis Garrido, Roger Espinoza (Orlín Peralta, min.72), Wilmer Crisanto; Mario Martínez y Jerry Bengtson (Antony Lozano, min.81).

Goles: 0-1, min.7: Bengtson.

Árbitro: Juan Soto (VEN). Mostró tarjeta amarilla a Javi Martínez, Montoya, el portero reserva Mariño, Tello, Muniain, Mata y Botía de España, y a Espinoza, Arnold Peralta, Mendoza, Garrido, Leverón y Mejía, de Honduras.

Incidencias: Más de media entrada en el St James' Park, de Newcastle. Segundo partido de la segunda jornada del Grupo D.

スポンサーサイト

【Selección Española:Olímpica】Participaron en la inagración 

Los jugadores en el desfile de la inagración



espanoles_desfile_inagural (1)

El Mundoのアルバム

こちらはデ・ヘア撮影の動画。
選手たちの様子がよくわかります。
大はしゃぎ、ですね、みんな。



サッカーのスペイン代表、しっかり開会式で行進していました。
彼らは当日ロンドンへ移動。
選手村で少しお休みして、そのあと開会式へ。
多分下の写真はその時にバスケットチームのメンバーと一緒にとったもの。
だってバスケットの選手たち、みんなサンダル履きですから。
(私はこのサンダルをみてビージャを思い出してしまいました)

twti1_1.jpg


自分たちの番が来る前からツイッターで写真をアップしていた彼ら。
とにかく楽しそう。
ミージャ監督も言ってました。
「一生に一度しか体験できないこと。日本戦のことは忘れて思い切り楽しんでほしい。」

確かに年齢制限のある男子サッカーの選手にとっては一生に一度の経験なんですよね。
オーバーエイジで選ばれるとか、指導者として参加するとかがあるかもしれませんがその確率は本当にわずか。
彼らが「開会式にどうしても出たい」と言っていた気持ちもわからないではないですね。

でもねぇ。同じグループDのほかの国の代表はみんな不参加、でしたねぇ。。。


楽しそうなツィッターの写真見ると、思わずこっちも笑顔になっちゃうんですけどね。
La Selección Olímpica de fútbol desfiló en la Ceremonia Inaugural de los Juegos

選手たちは開会式が終わった後、ニューカッスルに移動。
今日28日、ミージャ監督とアドリアンの前日会見と、試合会場となるセント・ジェームズパークでの練習が行われます。

【Selección Española:Olímpica】España × Japón 

JUEGOS OLÍMPICOS | LONDRES 2012
España 0 - Japón 1



1343315647_extras_albumes_0.jpg

ElMundoのアルバム
ElPaisのアルバム

完敗です。
日本は素晴らしかった。
スペインメディアもこの日本の勝利を「merecido(ふさわしい)」と評価しています。


しかしスペイン、ひどかったです。
特にDFのあわてぶり。
イニゴのレッドは厳しすぎるとは思いますが、ジョルディも、ドミンゲスもひどかった。
ジョルディは相変わらずの気の短さでカードをもらってしまいました。
大津のマークを外したのはモントーヤ。彼も普段の落ち着きがなかった気がします。

攻撃陣もイスコ、コケ、ロドリのSub-20組がやっぱりかみ合っていないなぁという感じ。
チアゴの欠場も強く感じました。
イスコは頑張っていたんですけど、ボールロストがやたらと多かった。
それにムニアインがいなくて攻撃に「Chispa」が足りませんでした。
何か仕掛けられる選手がいなかったんですよね。
代わりに入った、ロドリは完璧に試合から消えてましたね。

後半、アンデルとロメウが入った後の方がチームが落ち着いていたように思います。
まぁ日本のプレスも若干落ちていた、ということもあると思いますが。
アンデル、Falso nuevoができるかもしれませんねぇ。

1343314092_extras_albumes_0.jpg


それにしても…日本の事前調査はできていたんでしょうかねぇ。
何となく勝てるような気がしていた、のではないですかね。
確かに彼らの言葉には
「すべてのチームがレベルが高く、楽な試合などない。」
とか
「敬意をもって戦わなくてはいけない」
と言ってましたが。

と、この敗戦をしっかり受け止めて反省して次の日曜日のホンジュラス戦にしっかり勝利してもらわないと。
たしか南アフリカのワールドカップの時もスイスに負けた後の試合がホンジュラス戦でした。
あの時はビージャゴールで勝ちました。今度は同じアストゥリア出身のアドリアンに期待かな。

イニゴの変わりはボティアになるか、ハビ丸を下げ、ロメウをピボーテでいれるか。
どうしますかねぇ。

Las entrevistas a los jugadores

1343313105_extras_albumes_0.jpg

ASが選んだこの試合のCrackは永井。
何度となくスペインDFをそのスピードで脅かしました。
イニゴの退場も彼を止めようとしたものでしたし。

でも、スペイン側の立場でみると完璧にデ・ヘアがCrackでした。
彼がいなかったら後3点はとられていたのではないですかね。
順調に成長しているなという感じ。マンUに移籍して良かった、ということですね。
昨シーズンはプレミアの優勝を逃してしまったので今シーズンこそ、彼にリーグ戦のタイトルを獲らせてあげたい!

デ・ヘアのインタビューから。

「時々こういう打撃をこうむることがある。立ち上がらなくちゃいけない。
 2試合残っている。その2試合を決勝戦だと思って戦い、勝利しなくてはいけない。」
「ワールドカップでもスペインは最初の試合を落とした。でも優勝した。」
「とても重要な最初の試合を落としてロッカールームは打ちひしがれているよ。
 (日本が勝っていたことを認め)日本はピッチ上で素晴らしく整備されていた。
 プレスも効果的だったし、僕たちのボール回しもそれを上回ることができなかった。」


この試合、先発を外れたアンデル。
私はとっても残念でした。
後半アドリアンとの交代で彼が入って攻撃にリズムが生まれました。
やっぱりこのチームには彼が必要!と確信しました。
ミージャ監督もそうだと良いのだけど。

「彼らのゴールとイニゴの退場まで僕たちは試合をコントロールしていた。
 イニゴの退場は全く残念だ。
 今は僕たちが素晴らしいチームであることを示す時だ。
 僕はこのチームが残りの2試合に勝ちグループリーグを突破することに全く疑いを持っていない。」
「日本はとてもスピードがありタフで、どこまでも着いてきた。
 後半僕たちはボールを保持してプレーしようと試みた。そして何度も深く攻め込んだ。
 我々は落ち着かなければならない。まだこれは最初の試合だ。
 昨年のSub21ユーロでも最初の試合は負けたんだ。でもチャンピオンになった。」

先発メンバーから外れたことについて。
「水曜日にちょっとしたフィジカルの問題があったんだ。もう大丈夫だけどね。 
 監督の戦術的な決断だ。でも落ち込んでなんていないよ。チームを助けるために僕らはここにいるだ。」
「僕らは全く疑いを持っていない。自分たちの能力と力を理解している。
 自分たちを信じているし、Sub21の時も最初は負けたけどチャンピオンになったことを覚えている。」


 
彼らは今日ロンドンへ向かい開会式に出ます。
そして翌日、ホンジュラス戦の行われるニューカッスルへ移動。
練習は、、、できないのかしら。

そういえばスペイン選手団の旗手を務めるガソルのウエアが届いていないらしいです。
で、すっかりやる気をなくしているとか。
スペイン、しっかりせい!



España, 0: De Gea; Montoya, Domínguez, Íñigo Martínez, Jordi Alba; Javi Martínez, Koke (Tello, 81’); Mata, Isco (Oriol Romeu, 62’), Rodrigo; y Adrián (Ander, 55’).

P7260999_1.jpg


Japón, 1: Gonda; H. Sakai (G. Sakai, 73’), Yoshida, Suzuki, Tokunaga; Kiyotake, Ohgihara (Yamamura, 86’), Yamaguchi, Otsu (Saito, 46’); Higashi y Nagai.

Goles: 0-1 (34’) Otsu remata dentro del área un córner sin la marca suficiente de Montoya.

Árbitro: Mark Geiger, de Estados Unidos. Amonestó a Jordi Alba (40’), Saito (82’) y Domínguez (89’). Expulsó por roja directa a Íñigo Martínez (37’).

Estadio: Hampden Park (37.726 espectadores)

【Selección Española:Olimpica】España × Japón 

JUEGOS OLÍMPICOS
Empieza los Juegos Olímpicos para la Rojita



1343291856871.jpg

いよいよスペイン代表のオリンピックが始まります。

ASによるたくさんの日本のメディアがスペイン代表の練習を取材しに行っているようです。
その数は日本代表の取材より多いとか。

今朝もNHKのニュースでマタ君を紹介しておりました。
「ホアン・マタ」は先のユーロ2012ではスペイン代表の優勝に貢献した、と言ってましたが…
彼の出場時間は、えっと何分だったっけ?
マタ君の出場時間はあまりに少なすぎて、不当ともいえるものだったとは思いますけどね。


ASでは日本のことを
「タフな上に、宇佐美、東、大津、清武など評判高いタレントがそろっているチーム。
 ほぼチームの半数の選手がヨーロッパでプレーしていることはそれをよく表している。」
と紹介。
カギになる選手としては東選手の名前を挙げています。
「高いレベルの中盤の選手。宇佐美、大津とともにもっとも才能にあふれた選手である。」
 
私はあまり東選手のことを知らないので、この試合注目してみようと思います。

また試合については
「日本がかなりプレッシャーをかけてくるだろう。スペインはボールをしはしなければならない。
 我慢することを忘れてはいけない。」
とかなり日本を警戒しています。

「この試合は開幕試合である。
 とにかく勝たなければならない。勝利することが大事なのであり、負ければそれは普通の負け以上に高くつく」そう。開幕と決勝は試合の内容より結果。
とにかく勝たないと。 


Muniain no supera la lesión

P7230889_1_1.jpg

スペイン代表の方は残念なことにムニアインが間に合わず。
出られないことはないようですが、初戦から無理はさせないようです。
彼の代わりには普通に考えるとバルセロナのテージョかな、と思うのですが、昨日の練習ではロドリが試されていたそう。
2トップ、ということですかね。

またこの練習ではアンデル、ボティアがレギュラー組とみられるメンバーに入っていなかったようです。
代わりに入っていたのはコケとイニゴ・マルティネス。
これは先発を悟られないための手段かもしれませんからわかりませんけど。

ASはスペインのカギを握る選手として、マタ君を上げています。
「たった12日のお休みしかなかった」
確かにそうだけど、彼もハビ丸もユーロではほとんど試合に出ていないのでそれほどの疲労感はなかったのではと思ってますが、私は。

私のスペイン側の予想メンバーは
GK:デ・ヘア
DF:モントーヤ、ドミンゲス、イニゴ・マルティネス、ジョルディ
MF:ハビ丸、アンデル(コケ)、マタ、イスコ、テージョ[ロドリゴ)
FW:アドリアン

Los hijos de Cobi

1343171418_827949_1343171472_noticia_normal.jpg

直訳するとCobiの息子たち。
一体何のことかというと、1992年バルセロナオリンピックに生まれた3人の選手たちコケ、イスコ、ムニアインのことなのです。
Cobiというのはバルセロナオリンピックのマスコットの名前。
私も初めてバルセロナを訪ねたとき、このマスコットの絵のついたボールペンを買ってきましたっけ。

アトレティコのコケが1月、マラガ(バレンシアカンテラ育ちなのに…)のイスコが4月、ビルバオのムニアインが12月。
つまりこの3人、まだ19歳~20歳ということです。

スペインは1992年のバルセロナオリンピックで金メダルを獲りました。
20年の年月を経て、その年に生まれた選手たちがオリンピックでの戦いに挑む。。。
そして…
お話はどんな結末になるのですかねぇ。

3人はもちろん自分が生まれた年のことなんて覚えてはいません。
彼らが覚えている最初の代表の記録は、日韓ワールドカップでの韓国戦だそうです。
モーロのゴールが審判の誤審で取り消され、PK戦になり、最後、ホアキンが外してスペインが負けたあの試合。
あのゴールを守っていたのはすでにカシージャスでしたね…
あれは2002年かぁ。


Los videos de presentar a los jugadores



お休みの間に選手紹介ビデオが増えておりました。

うしろから聞こえる音はもしかして卓球?
アドリアン

ムニアインは今週発売のフットボリスタにも特集記事がありました。
ムニアイン

こちらはカピタネスでもあるマタ君。
娘が「かっこいい」と申しておりました。

【Selección Española:Olimpica】Viaja a los Juegos Olimpicos 

Con Muniain
P7210861_1.jpg

スペイン代表もようやくグラスゴーに向けて旅立ちました。
しかしその前にしっかり練習もしていたようです。

ムニアインも元気な姿を見せています。

グラスゴーにはロンドン経由で向かいます。
お揃いのポロシャツを着て…

しかし荷物多いですよね。
P7210857_1.jpg

前日の20日にはImanolというレストランが出張してきて、カジュアルな会食をしました。
ミージャ監督がみんなを招待したそうです。

ハモンとかチーズとかおいしそう~



こちらはASの動画。
Los grandes de Europa se pelean por los jugadores de "La Rojita"

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。