スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅くなりましたが… 

ご報告が遅くなりました。

スペインから戻って2週間。
あっという間に時間が過ぎてしまいました。

昨日無事スペイン語のテストも終わり、ようやっとゆっくりブログが書ける状態になりました。
もうCLセカンドレグが目前ですね…

IMG_4057.jpg


今回のスペイン旅行の一番の目的は、ダビのたぶん最後になってしまうだろうメスタージャでのCLを見ること、でした。

結果からいうと、もうご存知のようにその目的は果たせませんでした。
バルベルデはダビを先発で使わないどころか、前半のうちに2点を失うという試合展開もあって途中起用さえしてくれませんでした。
本当に残念。心残りです。試合も負けてしまったし。

でも初めてメスタージャで味わったCLの雰囲気は、リーガの試合とも、ワールドカップの試合とも全く違うものでした。
メスタージャに響くあのアンセム。
テレビで聞いてもワクワクしますが生で聞くともう!試合への期待感がグーーーっと盛り上がってファンの興奮、選手達の興奮の高まりを肌で感じられます。
あれは素晴らしい演出ですねぇ。


そしてゴール。
この試合唯一のバレンシアのゴールであるラミのゴールが決まったのはアディショナルタイム。
この時のメスタージャ、90分間の鬱憤をすべて吐き出して大騒ぎでした。
私もブファンダを振り回しラミーーーーーと絶叫してました。
本当、気持ちよかった~!
勝てなかったけど、セカンドレグに希望を残したこのゴールのおかげで気持ちが軽くなってメスタージャを後にすることができました。

IMG_4110.jpg


もう一つの目的レアル×マンUの試合は期待以上でした。
スタジアムの規模、クラブへの注目度、そして対戦相手。
どれをとっても今シーズンでクラシコに次ぐ、いや今のレアルの状態から考えるとそれ以上の価値がある試合だったかも。

試合前からベルナベウに鳴り響く音量がメスタージャとは桁違い。
赤い悪魔がピッチに登場したときのブーイングも耳をつんざくほどのものでした。

わたしはもちろんマンU応援。
周りはレアルファンばかりの中、マンUを応援するのは勇気が必要でした。
でも拮抗したこれぞCLという試合で隣の若いお兄さんもおじいさんも
「1-1! Impresionante!」
「Que espectaculo!」
となかなかリードを奪えないレアルにイライラしながらも良い試合、と言ってましたね。

そう、これぞCLなのだと思います。
ホーム&アウェイで一つの試合と考えれば、この試合のマンUはアウェーゴールを奪い、1-0の勝利もしくは1-1の引き分けを狙っていたのだと思います。

その監督の指示を確実に実行できるレベルの高さ…さすがマンUでした。
個人的にはASでクラックにも選ばれたデ・ヘアの活躍と、このすごい試合に香川が先発出場していることがすごく嬉しかった。
両チームにひしめく世界的スターの中で香川がプレーしていることは見ていて日本人として誇りを感じました。

デ・ヘアは…成長しました。
ハイボールに難点があるなんて言われてましたけどそんなものすっ飛ばすぐらいの素晴らしいプレー連発。
デ・ヘアはキケがアトレティコの監督になって大抜擢した選手。
なので彼の成長も私にはとても嬉しいのです。



IMG_4018_p - コピー

そして最後の目的。
ダビに以前一緒に撮った写真にサインをもらうこと、そしてサングラスなしのダビと写真を撮ること。
この2つ、なんと無事達成できたのです!

試合前日に会った時に、まず2010年にアルベルトさんに撮ってもらった写真にサインをもらいました。
そしてその場にたまたま居合わせたボロに写真を撮ってもらいました。
ただこの時、ボロが「誰と撮るの?」と聞いたので「ダビと」と言ったのにダビはその場を外そうとしてくれていたラミを「いいよ、いいよ」と呼び入れてしまい結局3人の写真になってしまいました。
まぁこの写真は翌日の試合のヒーローラミとダビとの3人の写真、ということで記念にはなりましたが。

やっぱりダビと二人の写真がほしい私は試合当日再びチャレンジ。
今度は今シーズンのユニに「6 ALBELDA」といれたものにサインをお願いし、再び写真も一緒にとってもらいました。
こちらは二人でバッチリ! 写真をとってくれたのは一緒に出待ちしていた日本人の男性。
しかし、、、ちょっとピンぼけしているのですよ。。。
私のカメラでピンボケってほとんどないのに、この写真に限ってピンボケ。
まぁ少しぐらいぼけていた方が私の方はシワやらシミやらがわからなくてよいのですけどね…

IMG_4055_p.jpg



今回はパテルナに一回行きました。
マドリッドから帰ってきた翌日でした。
気持ちよく晴れた日で、気温もぐんぐん上がって、あっという間に20度を超え、半袖の人もいたぐらい。
私はまたまた少しだけ日焼けしてしまいました。

この日は平日でしたし、練習は非公開なので、ほとんど出待ちの人もいませんでした。
なのでダビが出てきたとき思い切って「Hola David!」と声をかけて挨拶してしまいました。
ダビもにこやかに答えてくれて最後は
「Hasta luego!」
と軽く手を振ってくれました。

この日のダビの車は赤いフェラーリ。
持っているのは知っていましたが見たのは初めて。
青いバレンシアの空に、赤いフェラーリがとても似合っていました。
ダビの笑顔もまたバレンシアの空のようにさわやかでした。


あ~やっぱりダビにバレンシアにいてほしい。
今シーズン限りでバレンシアから移籍したとしても、絶対に戻ってきてほしい。
監督でもSDでも会長でも何でもいいから!


IMG_4146.jpg

more...

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。