スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!アングロ結婚! 

Enhorabuena!!!>


img_1492939_49444374_0.jpg

長い(?)独身生活にピリオドをうったのはアングロさん。
昨日、バレンシアのカテドラルで結婚式をあげました。
ステキな写真集はこちらから

アングロさん本当にステキ。
私は長い髪のアングロさんの方がすきだけど、やっぱり式服にはこれくらいの長さの方がいいですね。

新婦の方はまさにスペイン女性!ってイメージの方。
豊かな黒髪にキリッとした目。
ちょっと気は強そうだけど、それくらいのほうがきっとサッカー選手の妻にはいいですよね。

しかしその絡めた腕がちょっと妬けるほどいい感じです。
品があってすてき!
やっぱり美男美女はいいわ~

すばらしいシーズンの後
昨シーズンはお母様の死という辛い出来事を乗り越えての大活躍。
後半さすがに疲れが出た感じはありましたけど、
すばらしいシーズンをすごせたんじゃないでしょうか。

スペイン代表にも定着。
アラゴネス監督の貴重な戦力になっています。

クラブでも代表でも彼が彼であり続け、活躍できるのは彼のマルチな才能があるから。
右サイド、左サイドはもちろん、FWもサイドバックもこなせる。
本人はGK以外ならできる、というような事を言っていましたけど、
いえいえ、アングロさんならGKもいけちゃうんじゃないかしら。

私の昨シーズンNo1ゴールは。。。
それは間違いなくメスタージャでのデポル戦の先制点。
アングロさんがビセンテからのクロスをきめた
「母に捧げるゴール」
です。

Valencia vs Deportivo
ゴールの形、美しさだけからいったらサラゴサ戦のゴールの方が美しかった。

でもこのデポル戦はセビージャ、レアル、レクレと3連敗した後の試合で
チームは9位まで順位を下げていたし、キケは負ければ解任という状況だった。

そんな難しい試合にキケはあえてお母様を亡くされた直後のアングロさんを先発で起用し、
彼の母への思いや、チームの仲間たちのアングロへの思いにかけたんでした。

天国のお母様が力をあたえてくださったのかもしれません。
アングロさんのゴールのあと、チームは本当に3連敗していたの?って思うほど
イキイキしていました。

あの試合がなかったら。。。いえ、あのアングロさんのゴールがなかったら。。。
4位もCLベスト8もなかった気がするんです。

だから咋シーズンのNo1なんです。

img_1492939_49444374_2.jpg


今シーズンも
もし、ミゲルが移籍しちゃったら?
カネイラ復帰?
ベレッチを獲る?

いえいえ、アングロさんコンバート、なんていかが?
本気で私にそう思わせるアングロさん。

今シーズンもベテランとしてダビやバラハとチームをしっかり支えてくださいね。

ご結婚、おめでとうございます。
末永くお幸せに。。。

スポンサーサイト

今シーズンの締めくくり?:リーガ第38節R・ソシエダ戦【CRONICA】 

img_1471172_49197712_0.jpg

3-3
Resumen
De
Esta
Temporada



今シーズンにあったことがすべてつまった試合でしたねぇ。

招集メンバにも困るくらいけが人とサスペンションで選手がいない。
サブメンバはカンテラーノばかり。

試合がはじまってみればいきなり相手チームのゴールがきまる。
ダビが怪我で退場。
なんとか頑張ってゴールを決めて勝利目前の終了間際。
悪夢の同点ゴールで勝利を逃す。。。

なんだか見たようなシーンばかりじゃありませんでした?


よかったの?悪かったの?

img_1471172_49197712_1.jpg

地元紙を見るとLas ProvinciasやSuperはあまり良くなかったと書いてある。

「目的のないバレンシアは2つのダービーの敗戦の後、
 ファンの前で良い試合をしなければいけないのに出来なかった。
 ほろ苦いシーズンの終わりだった。」

と書かれているけど、Levante紙は

「いい感じが残った終わり」
と言っています。

特にメスタージャのファンの態度が良かったらしいですけどね。
最後、頑張った選手達に対し大きな拍手が送られたようです。


とにかくおつかれさまでした

img_1471172_49197712_2.jpg
この試合はバレンシアにとってキツかったと思います。
相手は勝利のみが価値のあるソシエダ。
彼等は40年ぶりの降格の危機に瀕してメスタージャに乗り込んで来たんですから。

そんななか、バレンシアの選手達、頑張ったんじゃないでしょうか。
ファンのために、、、という気持ちで。


本当に長いシーズン、ご苦労様でした

img_1471172_49197712_3.jpg

そしてたくさんの喜びをありがとう。

来シーズンは市庁舎のバルコニーで喜びを爆発させるあなた達の姿が見たい。
レアルのシベレス広場での大騒ぎを見てそう思っています。


ダビの怪我は。。

img_1471172_49197712_5.jpg

アルビオルの強烈シュートが顔面に当たったらしいです。
軽い脳しんとうだったのかな。
大事には至っていないようです。
ほっ。

でもダビもこのオフに結婚するのにあのステキなお顔がはれちゃったりしたら大変!
私はダビなら顔が腫れていようが、鼻が折れていようがOKですけどね。
あ、関係ないですね。ごめんなさい。




Valencia
GK:ビュテル
DF:コルコレス、アルビオル、モレッティ、クーロ
MF:ホルヘ・ロペス(min84 ナチョ・インサ)、アルベルダ(min60 パジャルドー)、
   バラハ、ガビラン(min73 レゲイロ)
FW:ビージャ、シルバ

R・ソシエダ
GK:Riesgo
DF:Gerardo, Ansotegi, V?ctor L?pez, L?pez Rekarte (?lvaro Novo, m.67)
MF:Estrada, Juanito (Alonso, m.67), Garitano, Savio
FW:D?az de Cerio, Kovacevic (Herrera, m.77)


GOL
 0ー1 : min2  ガリターノ
 1ー1 : min5  ビージャ
 2ー1 : min19 ビクトル・ロペス(pp)
 2ー2 : min35 ディエス・デ・セリオ
 3ー2 : min85 ヘラルド(pp)
 3ー3 : min90+モレッティ(pp)


Arbitro
  Teixeira Vitienes (colegio cantabro).
  イエローカード:
     バレンシア:ホルヘ・ロペス
    R・ソシエダ:ビクトル・ロペス

El Campo de Mestalla 


この試合でソシエダが2部に降格してしまいました
img_1471172_49197712_4.jpg

キケ、自分が2部に降格したことがあるから気持ちがわかるんだわ、きっと。
そして一部復帰を決めたのはキケのゴールだったのよね。
きっとこの中の誰かがキケと同じように意地を見せて復帰を決めるゴールを決めてくれるでしょう。

ラ・レアルの選手たち,あなた達の意地と頑張りをメスタージャのファンだけじゃなく、
私たち日本のファンも感じました。
またすぐに戻って来られる。。。そう信じて待っています。
セルタも、ナスティックも。

Ultimo Partido:リーガ第38節ソシエダ戦【PREVIA2】  

あと一時間



img_1471172_49180462_0.jpg

今シーズンの最後のゲームが始まります。
リーガは近年まれに見る熾烈な優勝争いと残留争い、
そしてUEFAカップ出場権争いで盛り上がっています。

バレンシアはもう4位確定だし、
選手は怪我とサスペンションでいないしで
モチベーションはあまり高いとはいえないかもしれない。

でも勝ちたい。
勝って、メスタージャいっぱいの拍手でシーズンを終えたい。
選手達もキケもそうおもっているにちがいない。

昨日のLas Provinciasの記事の副題がキケの気持ちを表していました。
「明日(今日)、観客席から非難されたら心が痛むだろう。
私には心がある。私は鉄じゃない。」


img_1471172_49180462_1.jpg

記事の中に記者会見で言った言葉がありました。

「私は人間だし、私の仕事を評価されたい。様々なことを正常に評価されたい。
 義務、目標と君たちが呼んでいることがあり、
 それを成し遂げ、今シーズンはおえようとしている。
 予想を上回る障害物、難しい状況。
 それにもかかわらず我々はトップチームの中に戻れた今シーズンに満足している。」
 
 
そしてビジャレアル戦後に起こった事や、先週パテルナで起こったことに心を痛めています。

「君たちは私がこの3週間の間に幸せになるための理由があったとおもうか?」
 率直に言ってNoだ。
 私は人生において今より幸せな時があった。
 もし何か足りないと私に感じさせるものがあるかといえば、そうだ。
 我々は十分難しく、厳しいシーズンをすごし、不都合を乗り越え、
 目標であるCL出場権を手に入れた。
 少なくとも他の方法で楽しめるはずだ。
 違う形の舞台が作られるような、そんなすべての人々が一緒にそれを楽めるようなものが
 望まれていない。」



こんな風にシーズンを終える事になるなんて思っていなかったんですよね。
悔しい思いがつい出てしまいました。
でも気持ちはすごくわかる。

「私は少なくともこの最後に立ち向かわなければならない。
 ここで再びシーズンの最後があるか、将来ちがうクラブでもっと楽しい最後があるか。
 これは少し悲しい終わりだ。
 昨シーズンの終わりも同じようだった。
 完璧な失敗のシーズンの後、目標を勝ち取ったのに、喜ぶ事ができなかった。
 
きっとすべては評価されるんだろう、チームがまた目標を勝ち取れないチームに戻った時に。



今日の試合、勝っても負けても、今シーズンを力強く戦ったキケのチームに
スタンディングオベーションをお願いしたい。

そして最後に叫んでほしい。
「Quique、quedate!!!」

選手がいない!:リーガ第38節R・ソシエダ戦【PREVIA1】 

勝ってほしい



img_1471172_49157711_0.jpg

ただそれだけ。

試合は17日日曜日17時(日本時間18日月曜日0時から)メスタージャで行われます。

リーガ最終節のバレンシア戦、WOWOW放送はありません。

シーズンを通してこれほど彼らを見続けたシーズンはありませんでした。
それはこのブログがあったからできたこと。

一試合一試合、彼らの姿を追ってきました。
最終節、そんな彼らの姿を見ることはできないけど、オフィシャルを見ながら応援します。

苦しかったシーズンの最後。
どんな終わりを迎えるのか。。。


最終節はつらい試合

毎シーズン最終節というのはつらいものです。
そのシーズンのチームの戦いぶりに満足できない場合は特に。

今シーズン、私はそれなりに満足しています。
あの暗黒の11月の後、CLもリーガもここまでできるとは正直思っていなかったから。

最後まで優勝争いしていてほしかったけど、CLでベスト8まで勝ち残ったチームはバルサやレアルに
くらべてフィジカルをととのえるのに一ヶ月遅かった。

セビージャが戦っていたUEFAカップとはプレッシャのかかり方がまるっきり違う。

そんな3チームとくらべたって今シーズンのバレンシア、よくやったといえるんじゃいないか、
と私は思っているから。
(あくまで私個人の思いです)

去っていく選手たち

最終節ってことはこの試合でバレンシアに別れを告げる選手もいるってこと。

そんな選手たちの姿を見られないのはとても悲しい。
でも遠い日本から彼らの今後の活躍を祈っていたい、と思います。

特にホルヘとクーロ。
ホルヘは契約が切れてしまうから確実にいなくなってしまう。
クーロはまだわからない。

ドブレテのシーズン、活躍してくれた二人への思い入れは格別のものがある。

何度も言っていますが私がメスタージャで見た試合でもこの二人は活躍していたんです。
先制点はクーロのゴールだった。
2点目はホルヘ→アイマール→バラハのゴールだった。

二人の活躍で優勝に王手をかけたメスタージャでのベティス戦だった。
もちろん、、、ホアキンは緑と白の縞のユニを身につけてメスタージャにたっていました。


そのホアキンが今はバレンシアの選手としてメスタージャにいる。
不思議な気持ちです。


怪我の連鎖はとどまるところを知らず

相変わらずけが人がとまりません。

ピボーテの怪我はチーム全体のリズムを狂わせてしまいました。

バラハ、アルベルダ、エドゥとこのポジションの主要な3人が
怪我での離脱を余儀なくされた今シーズンはDFラインにかかる負担も多かった。

さらにキケの戦術もカウンター狙いに絞る方向になってしまったため
サイドの選手に大きな負担を課した。

結局それが後半選手たちの疲労による怪我という形で再びチームに大きな影響を与えている。
そんな気がして仕方ありません。

最終節はサスペンションで出られない選手も4人!いて、チームを作るにも一苦労。
いったいどうなることやら。。。

選手がいない!

招集メンバはこんな感じ。。。
あれ?ウーゴが。。。

ウーゴったらこの大事な試合に左ひざの滑膜炎って。。。
もう。。。悔しいだろうなぁ。。。
私は彼には残ってほしい。
精神面さえどうにかなればもっともっといい選手になれると思うから。

ディフェンスは選手がいません。
ミゲル、デル・オルノが怪我。
アジャラ、マルチェナ、ダビ・ナバーロがサスペンション。

レギュラーで残っているのはアルビオルとモレッティのみ。
右にクーロが入るとしても左は。。。

すごく不安。

さらに右サイドもホアキンがサスペンション、アングロが怪我と
またまた選手がいません。
ここはホルヘに最後の勇士を見せてもらいたい。

あ!でもモーロが入っている。。。
一分でも試合に出たい。。。そんな気持ちなのかも。

GK:ビュテル、モラ
DF:クーロ、コルコレス、アルビオル、モレッティ
MF:アルベルダ、バラハ、ホルヘ・ロペス、パジャルドー、ロメロ、レゲイロ、
   ナチョ・インサ、ガビラン
FW:モーロ、アアロン、シルバ、ビージャ



== 予想先発 ==
全くわからない。。。私の個人的希望で。
ガビラン、シルバ、アルビオル。
若手三人衆そろい踏みで。

よくやった、バレンシア!:リーガ第30節セビージャ戦【CRONICA2】  

img_1471172_47723268_0.jpg


2ー0

Que
Maravilla!


私からもキスをあげたい!

ミゲルがサンティにキスしていた気持ちがよくわかります。

サンティ、本当にありがとう!

この試合を決定付けたのはビージャとカニサレス。

ビージャのゴールでリードしたと言ってもあのPKを決められていたら…
きっとセビージャが息を吹き返してとんでもないことになっていたような気がする。


ダビのいない不安

バレンシアのファンだったらスタメンにもサブにもダビの名前がないことに
不安を覚えない人はいないでしょう。

ダビがチームに与える影響の大きさをみんないやと言うほど知っている。

どうしたんだろうとそればかり気になった試合開始。

開始直後はセビージャの動きの方が良くて
「やっぱりダビがいないとダメかも~」と
悲観的になってしまいました。

キケも記者会見で
「試合開始後15分くらいはチェルシー戦を引きずっていた」
と言っていました。

それでもDFはアジャラさんを中心にしっかりまとまっていた。
アルビオルはすばらしいかったし、モレッティもセビージャの右サイドをしっかりケアしていました。
ちょっと後半疲れが見えたけど。

(ASに「アルビオルがいまだに代表のユニフォームが着ていないなんて不可解だ!」とまで
 書かれておりましたよ!)


マルチェナとウーゴ

img_1471172_47723268_1.jpg

ダビのいないことはどうしようもなくて、私の中ではこの組み合わせにやっぱり不安大。
でもマルチェナはがんばってましたよ。
まぁあのカードは余計だったけど。

ウーゴは途中、後ろ向きのプレーが多くて観客席からブーイングされていたけど、
でも最後パジャルドーと交代するときは大きな拍手でしたね。
やさしいなぁメスタージャのお客様。

ダビの様子は。。。
キケによると、2,3日でよくなるだろうということなのですが。

また膝に水がたまってしまったらしい。

マルチェナが次節出場停止。。。
心配だなぁ。

もしダビが間に合わなかったら誰がピボーテやるの?

こうなったらもうアルビオルとパジャルドーのカンテラコンビ!なんていかがでしょう。

バラハ奇跡の復活とか。ないだろうなぁ。

マルチェナ、本当に今シーズン痛いところで痛いことしてくれる。


キケの指示

モレッティがアウベスに肘うちをくらって倒れていたときに
キケがホアキンにアドバイスをしていましたよね。

あれ以降チームはコンパクトになって攻撃にリズムが出てきました。

マルチェナやウーゴがタイミングよくあがってくるようになったし。

最近キケは以前のようにピッチサイドに張り付かなくなってしまったんですよね。

なんでだろう。

以前はもう、試合中ずっと前にでてきて指示を与えていたのに。

選手達が細かいことを言わなくてももうわかるようになってきたということかしら。

今日の試合のように的確に指示を与えることさえできればOKだけど、
彼の姿が見られないのはちょっとさびしいのです。

写真に写ることも少なくなってしまうので。
もう少し出てきて欲しいなぁ。


ダブルだ、Villa!

img_1471172_47723268_2.jpg

ゴール後のビージャ。
本当にうれしかったんでしょうね。

このゴールがチームにどれだけの力を与えるかわかっていたから。
ダビのいないチームを引っ張るエースとして絶対に決めたかった。

そんなビージャの気持ちが伝わってくるような喜び方だった。

シルバをしっかと抱きしめてましたねぇ。
いいなぁ、シルバになりたい。(この前はイニエスタだったなぁ)


ビージャゴールはやっぱり最高

img_1471172_47723268_3.jpg

これを読んでくださっている皆さん、それぞれ「この選手のゴールが好き!」
っていうのがあると思うのです。

好きな選手というのとは違った意味で。

たとえば。。。

モーロのヘディング、
アジャラさんのヘディング
バラハのミドル(久しく見ていない、涙)
アングロのループシュート、
ビセンテのドリブル→鋭い角度からのゴール


などなど。。。
その選手のゴールの形、みたいなものですよね。


私の一番はやっぱりビージャゴール!


彼のゴールならどんなゴールでも好き。
インテル戦のあのFKも良かったなぁ。

でも私がビージャゴールで好きなのは実はPK!

はずさないでしょう?絶対。

それもあるんですけどビージャのPKを蹴るときの表情が大好きなんですよね。

ちらっとGKを見てボールを見て、さらにGKを見てあっさり決めちゃう。
このときの視線の移し方が。。。うーん、たまりません。


ヒーローは全員

img_1471172_47723268_4.jpg

ゴールを決めたのはビージャ。
PKをとめたのはカニサレスだけど…

シルバもアルビオルもマルチェナもモリエンテスも
みんなどこかいためて万全の状態じゃない。
それでもこの試合に出なくちゃならない。

突然試合に出ることになったウーゴ。
疲れが垣間見られたモレッティ、ミゲル。

それでも負けられない。勝たなくちゃいけない。

そんな気持ちが伝わってくるいい試合でした。

キケも選手をほめています。
よくやったよ、バレンシア!




== Ficha Tecnica ==

Valencia
GK:カニサレス
DF:ミゲル、アルビオル、アジャラ、モレッティ
MF:マルチェナ、ウーゴ・ビアナ(min83 パジャルドー)
   ホアキン(min81 ホルヘ・ロペス)、シルバ(min73 アングロ)
FW:ビージャ、モリエンテス

Sevilla
GK:コベーニョ
DF:インケル、ハビ・ナバーロ、Dragutinobic、ダビ(min73 アイトール・オシオ)
MF:ダニ・アウベス、マレスカ、レナト、アドリアーノ(min57 プエルタ)
FW:ヘスス・ナバス(min73 マルティ)、ルイス・ファビアーノ


ゴール
 1ー0 : min26 ビージャ
 2-0 : min49 ビージャ(PK)

審判
 Clos Gomez(colegio aragonez)

カード
  イエローカード
    バレンシア:マルチェナ
    セビージャ:ハビ・ナバーロ

  レッドカード
    セビージャ:インケル

観客数
  45000人

スタジアム
  Mestalla


おめでとう、未来のスター達!

img_1471172_47723268_5.jpg

(あこがれの選手達と写真をとれてよかったね!)

試合前、かわいい子供達のお祝いがありました。
バレンシアの下部組織の子供達が彼等のカテゴリーの大会であの インテル の下部組織を
破って優勝したんですって!!!

このカテゴリーは小さい方から2番目のカテゴリー。
うーん、あと10年くらい?
きっとメスタージャで活躍できるよ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。