Archives

 2005-08 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メスタージャより 

img_456153_10386801_0.jpg


今シーズンの人気投票、途中経過

毎シーズン、バレンシアのwebで行われている、選手の人気投票。
パブロは移籍以来、毎年一位。

しかし今シーズンは今のところ日ごとに一位が入れ替わる超激戦。

パブロと一位を争っているのは
日本でも人気のあるカニサレス、
そして女性に圧倒的に人気のアングロ、
の二人。

さっき見たときはカニ1位、アングロ2位、パブロ3位だったのに
今見たらカニ1位、パブロ2位、アングロ3位になっている。

ってくらいめまぐるしく順位が変わっています。

でもこれみていつも悲しいのはバラハが人気のない事。
なんでだろうなぁ。

皆さんも時間があったら投票してみてくださいね。


ルス、ナスティックにレンタル決定


右サイドバックのルス。
まだ19歳と若い彼は経験を積むため、レンタル先を探していました。
できればプリメーラのチーム、と思っていたのですが
今シーズンはセグンダのナスティックでがんばります。


キケとディ・バイオ、練習中にケンカ?


現在微妙な位置にいるディ・バイオ。
バレンシアのwebでは一応今シーズンの
プリメーラの選手として載っています。

しかしまだ移籍市場は数時間残っています。
バレンシアは良い条件であれば彼の移籍を認めるようです。

そんななか、昨日の練習中、キケとディバイオがぶつかってしまいました。


移籍するにしても「立つ鳥、跡を濁さず」です。

スポンサーサイト

しっかりして!  

スペイン代表って人気ないんだなぁ。

スペイン代表に関する記事を書いてもコメント少ないし。。。
確かにあんまりパッとしないしね。

そう、リーガは人気あるのに、リーガのチームは強いのに、
なぜスペイン代表はパッとしないのか。

みなさんお分かりと思いますが、レアルにしろ、バルサにしろ
主力はみんな他の国の選手です。

スペイン人で「クラック」と呼べるのは?
ラウールくらいかな。って思いますね。
全体的に小粒だし。

でもセンスはすごいって思う選手多いと思いませんか?
ビセンテ、シャビ・アロンソ、チャビ、ルイス・ガルシア、ホアキン。
私のお気に入りビジャ&トーレス。

みんななんでだめなの?

精神的なものかなと最近思います。
なんだかみんなゴール前で怖がっちゃう。

きれいにゴールを決めたいの?
ちがうでしょう?
勝ちたいんでしょう?

ならもっとがむしゃらにゴールねらってみれば?
コンフェデのパブロのゴール見た?
あの、貪欲さがあなたたちには足りないの。

って思うのですが。

アルゼンチンの中でもパブロは特に「勝ちたい」、いや「負けたくない」って
気持ちの強い選手だけど、スペインの前の方の選手の中にあれほどの
がむしゃらさをもった選手がいないのですよ。

いくらDFラインでプジョールが奮闘してもね。
この気持ちを持った選手を見つけること。
これがアラゴネスの課題でしょう。

DFにはいるんです、エルゲラ、サルガド、プジョール。。。
でもねぇ、どうも前の方にいない。
ワールドユースのスペインチームでもそういう選手はいなかったかも。

やっぱり当分このイライラ、うつうつは続きそう。

アラゴネスの憂鬱  

「わしは、マルチェナがバレンシアで
試合に出ていない事が心配だよ。」

と思わず記者会見でこぼしちゃったアラゴネス監督。

確かに。
バレンシアニスタの私もすごく心配。

あの毒舌、粕谷さんも認めている唯一のスペイン人DFマルチェナが
試合に出ていないなんて信じられないですもん。

スペイン代表ディフェンスラインの核はやっぱりマルチェナ。

きっと順調に成長している彼にとってはこれを乗り越えることで
さらに大きなDFになれると思います。

今回の試合は大事だけど長い目で見てください。
よろしくお願いしますねぇ。

ディ・バイオ移籍は。。。 

インテル移籍が近づいたかなぁ。って感じです。

ディ・バイオはすでにキケからプレーする時間が
昨シーズンより少なくなるだろうと告げられています。

7月の時点ではアイマールの、プレシーズンの練習への参加が遅れて、
クライファート、ビジャ、ミスタ、ディ・バイオ、アイマールの
5人で2つのポジションを争う、と思われていました。

しかし、やはりアイマールはこの中で唯一無二の存在でした。
キケの信頼も絶大。

さらにリーガでの実績という面ではディ・バイオより
残り3人の方が上。
プレシーズンでも結果の出せなかったディ・バイオは必然的に
開幕ベンチ入りメンバーから外れてしまいました。

バレンシアはこのディバイオの移籍で
右サイドの補強の元手になるお金を得ようと思って
完全移籍を希望しています。

実はインテルのバン・デル・メイデ。
彼を欲しかったのですが
彼はエバートンに移籍が決まってしまいました。

インテルとの交渉が長引いているのはその辺りの事情も
あるみたいです。

デポルティーボもディ・バイオにオファーを出したみたいですが
金額が安すぎ、バレンシアは断りました。

やはり考えられるのはインテルだけみたいです。

はやくしないと、移籍市場の猶予は後1日しかありません!

ディ・バイオのためにも、バレンシアのためにも、インテルのためにも
なんとか交渉をまとめてほしいですね。

アイマールと組みたい! 

クライファート。
「アイマールとプレーするのが好きなんだ
パブロはすごく質の高いテクニックを持っているよ。
ベティス戦のゴールをみればわかるだろ?」


ビジャ。
「FWの選手なら誰だって、パブロみたいな天才パサーとプレーしたいさ
パブロのパスと僕の動きがうまくかみ合えばいいコンビになる事、間違いないよ」

と、大人気のパブロ。


もちろんミスタも同じ。
彼とパブロはもう長い付き合い。

ミスタが19ゴールをあげた03-04シーズン、
ミスタ爆発の導火線に火をつけたのはパブロだったんだから。

開幕からまだ間もないビセンテ・カルデロンでのアトレティコ・マドリー戦。
途中から出場したミスタがパブロのパスから2ゴールをあげた。

ここからミスタは大爆発!
続くレアル戦でも先発出場して、先制ゴールを決めた。

このゴールはすごく印象的だった。

パブロのラストパスではなかったけど、
パブロは右サイドのホルヘ・ロペスにパス。

その後、ゴール前からするっと出て来て、スペースをつくり、
そこにホルヘ・ロペスからのクロスが。

ミスタがそのスペースに入り込み、見事ゴール!
試合開始5分の出来事だった。

この時、ボールを持っていないときのパブロの動きのすごさにあらためて気がついた。
もちろん、ボールを持っているときもすごいですけどね。

いざ、決戦! 

img_477637_10248909_0.jpg
9月7日、Aマドリーのカーサ、ビセンテカルデロンで行われる、
セルビア・モンテネグロとの試合に望むメンバが発表されました。

この前のウルグアイ戦のメンバーが基本ですね。

アルベルダは出場停止のため召集されてません。
やっぱり、ビセンテが鍵かなぁ。

あとは、早くリーグが開幕しているリバプール組のがんばりも注目。

右サイドはホアキンじゃなくてルイス・ガルシアで、
CFはモリエンテスでお願いします、アラゴネス監督!

このメンバーでまずは9月4日、カナダ代表との親善試合を行い、
7日の決戦に備えます。

30日よりマドリーのラス・ロサス練習場にて練習を開始します。
メンバーは以下の通り。


アントニオ・ロペス
パブロ・イバニェス
フェルナンド・トーレス(A・マドリー)
オルバイス      (ビルバオ)
プジョール
チャビ        (バルサ)
ホアキン、
ファニート      (ベティス)
デル・オルノ     (チェルシー)
デ・ラ・ペーニャ、
タムード       (エスパニョール)
ルイス・バルシア
シャビ・アロンソ
モリエンテス
ホセ・レイナ     (リバプール)
ルケ         (ニューカッスル)
カシージャス
サルガド
ラルール       (R・マドリー)
セルヒオ・ラモス   (セビージャ)
マルチェナ、
ビセンテ       (バレンシア)

アイマール、ベスト11入り! 

リーガ第1節のベスト11発表!

スペインのelmundodeportesによる今節のベスト11は

4-4-2、真ん中の4はダイアモンド型のフォーメーションでした。

パブロがダイアモンドの頂点、メディプンタで選ばれました!

アルゼンチン人選手が4人選ばれてますね。
今後もブラジルパワーに負けないでね!

  
    ロメオ       ロビーニョ
   (オサスナ)    (レアル・マドリー)


         アイマール
        (バレンシア)

   ペトロフ          デコ
 (アトレティコ)      (バルサ)


        ジョバネージャ
         (セルタ) 

 フラニョ  アジャラ   プリエト  コントラ
(オサスナ)(バレンシア)(ビルバオ)(ヘタフェ)


          ボナーノ
         (アラベス) 

やっぱり試合みたい! 

昨日の試合はWOWOWの放送がないので
TVEのニュースで試合の様子を少し見ました。

本当にパブロの調子は良さそうでした

パブロが敵を簡単にかわすプレーで観客がわいたり、
右サイド深くからセンタリングをあげてチャンスを演出したり。。。

そして最後には見事なコントロールでゴールを決めてました。

ゴール後もアルベルダ、ビセンテにめちゃくちゃにされて
それでもすごくうれしそうな顔してました。

ベティスのチャンスはアスンソンのFKが多かったですが
カニサレス、ファインセーブ連発!

カニサレスも気力充実、再度、代表入りを狙います!

アイマールの輝き 

img_456153_10119840_0-1.jpg

バレンシアはメスタージャでのリーガ初戦を見事な勝利で飾った。

この試合のバレンシアは、
アルベルダがよく動き、
バラハとアイマールが中盤でゲームを作り、
ルフェテとビセンテが両サイド深く入り込み、
まさにバレンシアの試合。

何度か訪れたピンチも堅いディフェンスと
カニサレスのファインセーブでしのぐ。

前半は途中まで、両チームが激しく争う展開。
しかしだんだんバレンシアペースに。

ハーフタイムのあと、ベティスがより攻撃的にでる。

しかし、そのベティスの野望をアイマールが阻止する。


アイマールは彼のサッカーの神髄を余すところなく見せた。

観客を見事な"cano"で魅了した後、
ファビオアウレリオのセンタリングの
リバウンドを拾い、冷静で質の高いシュートで
コントレラスを打ち破った。


この後、だんだん前半からのハイペースがたたり
疲れが見えてきたバレンシアだったが見事に勝利をおさめた。

アイマール、決勝ゴール! 

img_456153_10108368_0-1.jpg


勝った!勝った!勝った!
しかも、パブロのゴールで!!!



後半17分、パブロのゴールで勝ちました!

とりあえずのご報告です!



=Ficha Tecnica=
バレンシア

  カニサレス
  アルビオル
  アジャラ
  モレッティ
  ファビオ・アウレリオ
  ルフェテ  (->min81 マルチェナ)
  アルベルダ
  バラハ
  ビセンテ
  アイマール (->min87 ビジャ)
  ミスタ   (->min62 クライファート)


ベティス

  ドブラス  (->min33 コントレラス)
  ルイス・フェルナンデス
  ファニート
  ナノ
  オスカル・ロペス
  ホアキン
  アスンソン (->min80 シスコ)
  リベラ
  アルス   (->min67 ダニ)
  エドゥ
  オリベイラ


ゴール
  1-0 min52 アイマール



審判

  ロドリゲス・サンティアゴ(カスティジャーノーレオン所属)


カード

  イエローカード
    バレンシア:カニサレス、アルベルダ
    ベティス :ホアキン、オスカル・ロペス、オリベイラ


観衆
  48000人!

メスタージャより 

本日の試合、先発予想
バレンシアは4-2-3-1でしょう。
  カニサレス
  カネイラ
  アジャラ
  モレッティ
  ファビオ・アウレリオ
  アルベルダ
  バラハ
  ルフェテ(アングルかも)
  アイマール
  ビセンテ
  ビジャ(ミスタかも)

カルボーニがいないのが何となく寂しいメンバです。
ベンチにも入っていないのが気になります。
いつまでもいてほしいけど。

ディ・バイオ、移籍市場へ

開幕戦の召集メンバから外れたディ・バイオ。
バレンシアは彼に対するオファーを受け入れるつもりです。

候補はまずデボルティボ。
ルケがニューカッスルに移籍した後にディ・バイオを
考えているようです。

もう一つはインテル。
インテルはレンタルを希望していますが、
バレンシアは完全移籍させたいみたいです。
バレンシアの希望は13億円だそうです。

バレンシアと早稲田? 

img_456153_10021570_0.jpg

img_456153_10021570_1.jpg

日本の権威ある大学、早稲田大学と
ヨーロッパのビッグクラブであるバレンシア
が協定を結ぶ事になりました。

これにより
早稲田の選手がバレンシアのサッカースクールに入ったり、
教授陣や監督、コーチなどがバレンシアのクラブの運営や、練習方法などを
学びにくる事になるそうです。

すでに徳永、兵藤、時久がバレンシア入りして
この協定発表に同席しています。

しかもなぜかパブロもいたりします。。。

ついに明日、開幕!  

リーガがいよいよ明日開幕します!

待ちに待ったこの日。

なのに今年は開幕戦、放送ありません。
さびしいなぁ。

また朝早く起きてMACの文字放送です。
朝5時からです。

さぁ、召集メンバです!

GK:カニサレス
   モラ
DF:カネイラ、
   アジャラ、
   ファビオ、
   マルチェナ、
   モレッティ
MF:アルビオル
   ルフェテ、
   アルベルダ
   バラハ、
   ビセンテ
   アングロ
   レゲーロ
FW:アイマール
   ミスタ、
   ビジャ、
   クライファート

昨シーズン、メスタージャでのベティス戦といえば
ラニエリ解任後、初のアントニオ・ロペス采配で
パブロ、ミスタ、バラハ、ファビオが輝いて
2-1の勝利!!!

あの試合は久々に見るバレンシアらしいサッカーに
感動したのをよく覚えています。

03-04シーズン、メスタージャのベティス戦、
そこに私はいました!
あの試合はリーガ優勝に王手をかけた試合。

クーロのシーズン初ゴールと、
後半出場のパブロのアシストによるバラハのゴールで
2-0で勝利!!!

私にとってベティス戦はいい思いでばかり。

今シーズンのベティス戦もその思い出に新たなページを
付け加えてくれる事になる、と信じています。

Amunt!!! Valencia!!!

メスタージャより 

「どうやって世界一のチームになった?」

アジャラが
「過去のことは忘れなければならない
 ポジティブに考え、たちなおらないと」
「基本に戻らなくちゃ。世界一のチームに戻るためにね」
と言っています。
メスタージャでベティス戦に勝ち、良いスタートをきること、
ファンの信頼を勝ち取る事、に集中しなくちゃいけない。


エドゥ、手術成功

エドゥは膝の手術をするために水曜日にブラジルに帰国しまていました。
手術はリオ・デ・ジャネイロのクリニックで行われ、
無事成功しました。
バレンシアのメディカルチーフ、ジョンバル氏が一緒にブラジルに
行っていて、今もエドゥに付き添っています。
1~2は術後の監視が必要なため入院し、
その後サンパウロにあるエドゥの自宅に戻るということです。

リーガ開幕戦 

今週末開幕するリーガ・エスパニョール。

バレンシアの開幕戦、対ベティス戦は
27日土曜日夜10時より
メスタージャで

行われます。


予想通り、WOWOWでの放送はありません。
今後もほとんど放送はないと思われます。

WOWOWは毎節4試合しか放送しないのに
バルサ戦、レアル戦、マジョルカ戦をかならず放送します。
ってことはこの3チームとの試合はかならず放送されますが。。。
あとは期待で来ませんね。

どうして日本の放送局って、出るかわからない日本人選手の
所属チームの試合を放送するのですかねぇ。
そんな海外リーグの見方をするファンはもう少ないと思うのですが。


第一節のカードです。太字がWOWOWで放送あり。
2005年8月28、29日

   ビルバオ × R.ソシエダ

  A.マドリー × サラゴサ

    セルタ × マラガ

エスパニョール × ヘタフェ

  セビージャ × ラシン

  バレンシア × ベティス

   アラベス × バルセロナ

  マジョルカ × デポルティーボ

   オサスナ × ビジャレアル

   カディス × R.マドリー

ウーゴ・ビアナ、バレンシア入り! 

img_456153_9887027_0.jpg

ニューカッスルからウーゴ・ビアナがバレンシアに加入しました!

これはエドゥが怪我をしたため彼の代わりとして急遽レンタルを決めました。
既に24日、バレンシア入りしています。
(もちろん、飛行場までカネイラとミゲルが迎えにいきましたよ)


22歳、ポルトガル代表選手です。
イングランドではあまり成功したとは言えませんが
ポルトガルではスポルディング・リスボンで活躍していました。

まだ正式なプレゼンはありませんが
「バレンシアに来られて夢のようだ」
と言ってます。

アイマールはすばらしかった。でも。。。 

本日のインタートト決勝戦、セカンドレグの結果は0-0の引き分け。

ファーストレグを0-1で落としているバレンシアは
ヨーロッパの大会から姿を消すことになってしまいました。

スペインの各紙を見てみると、バレンシアの戦いぶりは
そんなに悪いものではなかったみたいです。

しかし、どうも勝つための、堅い守りを破るための
工夫、アイディアが足りない。

これはキケにもちょっと反省してもらわないと。
攻撃の人数を増やせばいいというものでもないでしょ。

最後、20分くらいはバラハに替えてディ・バイオを入れて
なんと3バックにしました。

3バックは右からアルビオル、アジャラ、モレッティ。
守備的ピボーテをアルベルダ一人に。
攻撃的MFを3人、ビセンテ、ファビオ、アングロ。
トップ下にアイマール。
2トップ、ビジャとディ・バイオ


私はパブロを有効に使うには二人のピボーテは必須と思います。
バラハのサポートなくしてパブロの本当の良さはでません。
バレンシアの調子がいいときは絶対この二人がそろっているときなんですよ!


しかしパブロ!

どの新聞もバレンシアのチャンスにはほとんどパブロが絡んでいて
とてもよい状態だと褒めまくってます。

AS紙には「彼の高い質はダイヤモンドのようにきらめいていた。
特に前半のルフェテへのアシストはすばらしかった」


一応、
=Fecha Tecnica=
  バレンシア

  Canizares
  Albiol
  Ayala
  Moretti
  Fabio Aurelio
  Rufete   (-> Angulo min56)
  Albelfda
  Baraja   (-> Di Vaio min70)
  Vicente
  Aimar
  Kluivert  (-> Villa min46)

ハンブルガー
  Wachter
  Demelr   (-> Reinhardt min58)
  Boulahrouz
  Van Buyten
  Atouba
  Jarolim  (-> Trochowski min84)
  Wicky
  Bedinlich (-> Mahdavikia min46)
  Van der Vaart
  Lauth
  M'Penza

ゴール
  なし!

審判
  Laurent Duhamel(FRA)

カード
  イエローカード
   バレンシア:アイマール、アルベルダ
   ハンブルガー:Boulahrouz、Lauth

観衆
  43000人!

さぁ、リーガを考えよう! 

まさか。。。0-0の引き分けなんて!

これで今シーズン、バレンシアをヨーロッパの大会で
見ることは出来なくなってしまいました。
残念です。

でも、もう嘆いていても仕方ない。
今週末からリーガも始まるのです!

さぁ!リーガに気持ちを切り替えましょう!

この試合は後半、クライファートに代わってビジャが入り
パブロ、バラハ、ルフェテ、ビセンテといい攻撃が出来ていたようです。
(あくまで文字上ですが)

このメンバーで少し固めて戦ってみたらいいのになぁと思います。

本日の試合のFecha tecnica詳細はまたのちほど。

先発メンバはこんな感じでした。
バレンシア
  カニサレス
  アルビオル
  アジャラ
  モレッティ
  ファビオ
  アルベルダ
  バラハ
  ルフェテ
  ビセンテ
  アイマール
  クライファート

  サブ:モラ、マルチェナ、ビジャ、アングロ
     マルコ・カネイラ、ミスタ、ディ・バイオ

ハンブルガー
  Stefan Wachter
  Atouba
  Daniel Van Buyten
  Wicky
  Lauth
  Jarolim
  Demil
  Boulahrouz
  Beinlich
  Van def Vaart
  Mpenza

  サブ:kirschstein、Reinhardt、Mahdavikia、Trochowski
     Rene Klingbeil、Laas、Takahara

キケ、成功を祈ってます 

ラファの一年目、ヨーロッパの舞台ではUEFAカップに参戦。

でも早々に敗退し、リーガ一本になった事から一気に優勝まで上り詰めました。

最初はあまり噛み合ず、ベテラン選手との確執も噂され、
監督更迭という話もでたと聞いています。

今シーズン就任したキケは
ここで負けたら「失敗」とみなされてしまうのでしょうか。

それともここで負けたとしてもリーガで来シーズンのCL出場権を獲得すれば
「成功」となるのでしょうか。

私はここでの敗退は「失敗」とはみなせないと思っています。

なぜなら。キケはまだヨーロッパの舞台で監督として戦った事がないからです。
あのラファも、ヨーロッパの舞台での成功まで3年かかったのです。

すべてはリーガです。リーガでの成績次第でしょう。

リーガの戦い方は自分自身の選手としての経験と
昨シーズンのヘタフェでの監督経験からわかっているはずです。

キケの契約は一年。
ラファのようにいきなり優勝できれば最高です。
でも、昨シーズンは決して見られなかった、「これぞバレンシア!」という
わくわくどきどきの試合をしてくれれば「成功」じゃないでしょうか。


鉄壁の守備、中盤でのボール支配、
素早いカウンター、切れ味のあるサイド攻撃、


そしてパブロ

それが戻れば十分です。

あ、これが戻ればきっと優勝ですね

メスタージャより 

img_456153_9815937_0.jpg

エドゥはブラジルで手術
先日、左膝十字靭帯損傷という大けがを負ってしまったエドゥ。

水曜日にブラジルに帰国し、金曜日に手術する事になりそうです。

この手術にはバレンシアのメディカルスタッフのチーフであるジョンバル医師も立ち会う予定。
さらに手術後の数日間は様子を見るためブラジルに滞在するそうです。

エドゥは最初かなり動揺していました。
それは当たり前ですよね。
移籍してやる気満々だったところにこの大けがですもの。

でも、バレンシアの選手達やコーチ、監督が彼を助け、
励ましたことで少し落ち着いたようです。

エドゥは、
「たくさんの選手が僕に電話をくれて話をした。監督ともね。
 ここは特別なチームだよ」
という言葉を残し、明日ブラジルに帰ります。

ミゲル、お披露目終了
無事メディカルチェックも終わり、晴れてバレンシアの選手として
プレゼンテーションも終了したミゲル。

「バレンシアが僕と契約するためにすごく努力してくれたことはよくわかっている。
 それと同じくらいの努力で答えるよ。」

スビラッツはミゲルに対し、
「彼はバレンシアにとって重要な選手になるだろう。
 非常にスピードがある、質の高い選手だ。
 またバレンシアで勝ちたいという気持ちも持っている。」
と賞賛している。

木曜日、UEFAカップ対戦相手決定
すべては今晩のメスタージャにかかっています。

ハワイでスペイン語?:番外編  

Hola!!! Que tal?

先週は夏休みでハワイに行ってました。

スペイン語を学習しているのに、なぜ?と思われるでしょう?

家族の希望っていうのと、金銭的問題。

やっぱりヨーロッパは高い!まして南米はもっと高い!

一番行きたいのがスペインで次がアルゼンチンですからね。
次はメキシコを考えてみます。


本題です。

ハワイで自分にびっくりしちゃいました。

まず、英語が全く聞き取れない!

聞こえてくる外国語をスペイン語として理解しようとする癖が
ついてしまったのか最初は全く英語が聞き取れなくなってました。

そして、えっ、「Si」って言ってる!!!

口から出てくるのがスペイン語!なんですよ!
「Yes」を「Si」、「three」を「tres」って言っちゃって、自分であきれちゃいました。
文章もスペイン語で言おうとしてしまい、「やばい」と思ってあわてて英語に
翻訳している状態...

英語も中途半端だし、スペイン語もまだまだだから
こんな状態に陥るんですよね。

全く自分の能力のなさに嫌気が差しましたが

物は考えよう!!!
それだけ日ごろからスペイン語にどっぷりつかっているんだ、
これはいいことなんだと

と理解するようにしました。

というか、開き直りです

以前なにかで読んだことがありますが、
語学を習っている人って、習っている言語を話すときには
性格もその言葉を話す国の人のようになっているらしいです。

私の場合、ラテンの楽天主義がすっかり身についてしまったってことかも。。。

こりゃ、これから人生楽しくなりそうだわ!

ハンブルガー戦、召集メンバ発表! 

このメンバーで
優勝、そしてUEFAカップ出場権獲得だ!

GK:カニサレス
   モラ
DF:カネイラ
   マルチェナ
   アジャラ
   ファビオ・アウレリオ
   モレッティ
MF:アルビオル
   アングロ
   ルフェテ
   アルベルダ
   バラハ
   ビセンテ
FW:アイマール
   ディ・バイオ
   ミスタ
   クライファート
   ビジャ

ううううう、カルボーニが外れている。

明日の決勝戦は現地時間22時、日本時間は水曜日の5時からです。

アイマールに賭ける 

火曜日のインタートト決勝戦の予想フォーメーションは
  4-4-2


GKは今シーズン好調のカニサレス。

ディフェンスラインはちょっと驚き。

まずはセンターバックモレッティとアジャラがコンビを組みます。
マルチェナじゃないんです。なんでだろう。

右サイドバックカネイラ
左サイドバックファビオです。

そして、バレンシアと言えば Doble pivote
ここはこの二人のキャプテンアルベルダとバラハにまかせます。

両サイドは、右にアングロ、左にビセンテです。

4-4-2の2トップ

まずはアイマール

キケはパブロがバレンシアのチームを変える大きな力を持っていると信じています。
出来れば先発で使いたいと思っています。
この前のNaranja杯でパブロ、ビセンテ、アングロの
コンビネーションが良かった事もあるみたいです。

そしてパブロの相棒は。。。クライファート

ここが違うんだなぁ。ビジャにしてほしいなぁ。

エドゥ、6ヶ月離脱。。。 

エドゥは今日午前の試合形式の練習で左膝をひねってしまいました。

痛みで練習を続けることが出来なくなってしまいました。

最初の検査では十字靭帯は大丈夫だろうと思われたようですが
Quiron Clinicaでの検査で左膝十字靭帯の損傷が発見されました。

貴重な戦力を6ヶ月失ってしまいます。。。

バラハの完全復活に期待しましょう。

それにしてもサッカー選手って膝の怪我が多いですね。

すべてのバレンシアニスタへ 

img_456153_9630327_0-1.jpg

インタートト、決勝セカンドレグを迎えるにあたって、キケからファンへのメッセージです。

========================
来週は今シーズンのシーズン前を決定する大事な週です。

それはUEFAインタートトの決勝戦のセカンドレグを戦う週だからです。

選手達は23日に最高のレベルに到達していなければなりません。

バレンシアが大きな夢、希望に到達することに対して疑いを持っている
バレンシアニスタはいないでしょう。

ハンブルガーがメスタージャでの戦いにおいて油断することはなく、
反対に堅く競争力のあるチームであるだろうと私たちは確信しています。

勝ち残るための秘密は、希望と戦う気持ちを持ってプレーすること。
観衆の応援とともにプレーすることです。

そして私たちは以前戦っていた高いレベルでの価値を示さなければなりません。

それは私たちの試合のためだけではなく、
シーズン中のすべての試合においての目標です。

すべてのバレンシアニスタの心遣いに感謝するとともに
メスタージャであなた方を待っています。
なぜならあなた方、ファンの存在が決定的なものになるからです。

Amunt Valencia!!


ビセンテからメッセージ

ミゲル、バレンシア移籍決定! 

img_456153_9625705_0.jpg

バレンシアがようやく右サイドバックの補強を行いました。

かねてから噂のポルトガル代表、ベンフィカのミゲルを獲得しました。

彼自身、ベンフィカとの契約を延長せず、バレンシアに行きたいと
言っていましたからね。

移籍金は800万ユーロ(約11億弱)で5年契約です。
そして、日曜日の夜にはもうバレンシアに到着です!

ミゲルの本名は

Luis Miguel Brito Garcia Monteiro
だそうです。ながい。。。

マルチェナはバレンシアに来る前に所属していたベンフィカで
ミゲルと一緒でした。

マルチェナは

「ミゲルは完璧な選手だよ。攻撃的で興味深い特徴を持っている。
 彼のようなランクの選手は大歓迎さ。
 ミゲルは人間的にも歓迎されるだろう。
 彼は僕にとても良くしてくれた。
 だから彼をすべてにおいて助けたい。」
 
と言ってます。

イングランドとの親善試合決定!  

アルゼンチン代表は


2005年11月12日

スイスのジュネーブで

イングランド

と親善試合を行う事を発表しました。

これだけのレベルの代表と戦うのはワールドカップ本番にむけて良い予行演習になりますね。
これにはパブロも召集されたい!

南米予選パラグアイ戦召集メンバ発表  

17日のハンガリーとの親善試合を2-1で勝ったアルゼンチン代表。

9月3日のパラグアイ戦に向けての国外召集選手を発表しました。
ほぼそのときのメンバーと同じだと思います。

メッシは召集されていますが、パブロは漏れました。

メッシには負けたくない。。。

残りのGKとアルゼンチン国内選手は後ほど発表するそうです。


Roberto Ayala (Valencia)
Fabricio Coloccini (Deportivo
Gabriel Milito (Real Zaragoza)
Juan Roman Riquelme
Juan Pablo Sorin (Villarreal)
Maximiliano Rodriguez
Luciano Galletti (Atletico de Madrid)
Lionel Messi (Barcelona)
Pablo Zabaleta (Espanyol)
Esteban Cambiasso (Internazionale)
Mario Santana (Palermo)
Hernan Crespo (Chelsea)
Gabriel Heinze (Manchester United)
Facundo Quiroga
D'Alessandro (Wolfsburgo)
Lucas Bernardi (Monaco)
Luis Gonzalez
Lisandro Lopez (Porto)
Javier Mascherano (Corinthians) もうすぐヨーロッパのチームにくるらしいです

Naranja杯結果 

img_456153_9619285_0-1.jpg


もう結果をご存知と思いますが一応ご報告。

Naranja杯はウッディネーゼの優勝で幕を閉じました。

以下簡単に。


1.バレンシア×オリンピアコス ー> 1×3


 この試合はなんと言ってもパブロとバラハが後半途中から出場できたことが大きかったです。

 オリンピアコスの明らかなペナルティをとらなかった審判はあの ピノ・サモラノ
 02-03シーズンのレアル・マドリー戦、パブロを退場させたあの審判です。

 =Ficha Tecnica=
  バレンシア

   Butelle
   Pedro Lopez
   Ayara (-> David Navarro min72)
   Moretti
   Carboni
   Albiol
   Edu (-> Baraha min62)
   Angulo
   Regueiro (-> Fabio Aurelio min74)
   Mista (-> Pablo Aimar min70)
   David Villa

  オリンピアコス

   Nikopolidis
   Kafes(Babaghida)
   Stoltidis
   Rivaldo
   Djordjevic
   Mavrogenidis
   Kostoulas
   Georgatos
   Konstadinou(Koulouheris)
   Toure
   Anatolakis(Vallas)


  ゴール

   0-1 Konstadinou(min6)
   1-1 Mista(min 68)
   1-2 Toure(min 77)
   1-3 Babaghida(min 79)

  審判 

   Pino Zamorano

  カード (親善試合だっていういのに)

   イエローカード Carboni


2.オリンピアコス×ウッディネーゼ ー> 2×4


 ウッディネーゼのセンシーニってあのセンシーニですね。すごいなぁ。カルボーニよりは若いけど。


 =Ficha Tecnica=
  オリンピアコス

   Lemmens
   Kafes
   Babaghida
   Bulut
   Vallas
   Castillo
   Schurrer
   Taralidis
   Koulouheris
   Patsatzoglou
   Toure
   (その他:Kyriakos,Pantos,Mavrogenidis,Al Gheddafi,Sforzini)

  ウッディネーゼ

   Natali
   Paoleti
   Sensini
   Vidigal
   Juarez
   Zenoni
   Iaquinta
   Di Natale
   Pazienza
   Mauri
   Pieri
   (その他:Felipe, Morosini, Candela, Muntari, Lazzari)


  ゴール

   0-1 Di Natale (min. 13)
   0-2 Di Natale (min. 21)
   1-2 Babaghinda (min. 50)
   1-3 Di Natale (min. 59),
   1-4 Ianquinta (min. 66),
   2-4 Babaghinda (min. 67)

  審判 

   Ayza Gamez


3.バレンシア×ウッディネーゼ ー> 0×1


 後半からパブロ登場。非常によい動きでビセンテ、アングロとチャンスを作ったみたいですね。
 しかもヘディングでのゴールを狙ったり積極的に動けているようです。一安心です。

 この先発メンバーだと最初は3バックだったのでしょうか。
 そのあとファビオを入れて4バックにしたのかなぁ。

 =Ficha Tecnica=
  バレンシア

   Mora
   Pedro Lopez
   Marchena
   Moretti
   Albelda
   Edu (-> Fabio Aurelio min33)
   Albiol
   Augulo
   Vicente
   Villa (-> Di Vaio min65)
   Kluivert (-> Aimar min45)

  ウッディネーゼ

   Paoletti
   Obodo
   Vidigal (-> Mauri min45)
   Iaquinta
   Di Natale
   Natali
   Tissone (-> Zenoni min58)
   Muntari
   Felipe
   Candela
   Juarez (-> Gustavo min80)

  ゴール

   0-1 Di Natale(min 78)

  審判 
  
   Iturralde Gonzalez

ブルーのボタンダウンシャツ神話  

img_606000_9066111_0.jpg
最近キケが試合に臨むときに来ているのは
ブルーのボタンダウンシャツに紺のジャケット

実はこのスタイル、モウリーニョも同じ。
彼もブルーのボタンダウンシャツを好んで着ているようですね。

よく見てみるとこのブルーのボタンダウンシャツって
男性をとても魅力的で知的に見せますね。
似合えば、ですが。

(私の上司もブルーのボタンダウンシャツ愛用者ですが。。。ね。)

たとえば、シャビ・アロンソ

私が思い描く彼のイメージは
「分厚い本を抱えてイングランドの大学の構内を
うつむき加減に歩いている学生」
まさに、ブルーのボタンダウンシャツのイメージにぴったり!


タッキナルディー

彼はどちらかというとアメリカのアイビーリーグかしら。
やっぱり似合いそう。
ちょっと着崩しているところはさすがイタリア男。


髪の短い(必須)パブロ&サビオラ

すごくすごくシャイで知的なイメージ。
でもシャビ・アロンソ&タッキナルディーは大学生に見えるけど
どうしてもパブロ&ハビは高校生って感じになっちゃいます。
これはこれで若々しくていいですけど。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。