スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱりAdios? 

img_456153_18669716_0.jpg

冬の移籍市場、もういろいろ話が出ています



やっぱりさようならしなくちゃいけない選手がいるんです。
初めはみんなそろって意欲に燃えてスタートしたのに。

候補はディ・バイオ、カネイラ、デ・ロス・サントスの3人。

ディ・バイオ 'はやっぱりインテル。
カネイラ は引く手あまた。
マンUはじめ、スペイン、イングランド、イタリア、フランス、そしてブラジルからまでオファーが
来ています。
デ・ロス・サントスは。。。不明。

そしてもう一人、今シーズン加入した レゲイロ も。。。
ベティスと契約寸前。

ディ・バイオは昨シーズンバレンシアの中では一番点をとっていたし、
スタイルとしてはバレンシアに合わない選手だとは思えないのです。
どうも悪循環に陥っちゃったみたい。
ゴールを決められないとFWはつらいですよね。

カネイラは昨シーズン、オサスナ戦の前にお嬢さんを 乳幼児突然死症候群 で亡くしました。
このときバレンシアの街、チーム、選手、みんな悲しみに沈みました。
カネイラの苦しみを共に背負うためポルトガルまでチャーター機を飛ばし、選手、スタッフ全員が
お葬式に参列しました。
涙を見せないように、みんなサングラスをしていましたね。
マルチェナは彼らしく、一人離れたところで声を上げて号泣していたらしいけど。

もし、本当に移籍しちゃうのなら、ちょっとさびしいけど、バレンシアでの様々な思い出が
これからの彼らの何らかの糧になるように祈っています。

Adios!?

スポンサーサイト

わかってくれたよね? 

img_456153_18554996_0.jpg

img_456153_18554996_1.jpg


アイマールは特別な選手だ


昨日、キケが地元のテレビ番組に出演して言った言葉です。


「パブロはミスタが先発したために後半からの出場になった。
 私達には5人のFWがいるのでね。
 彼は陥っていた不安や恐れから自分を解き放って、いい状態になった。
 彼は残りの選手とは違う特別な選手だ。
 とてもすばらしい。フィジカル面も問題はない。 そして今モチベーションも高い」


この言葉を信じることにします.
今週末のエスパニョール戦で真意がわかるでしょう。


アルベルダは。。。


キャプテンのアルベルダは地元新聞のインタビューで次のように語っていました。

パブロ・アイマールがセルタ戦でゴールを祝福しなかったことについてどう思う?
「そんなこと気がつかなかったよ。みんな気が付いていなかった。
 パブロは勝ちたいと思って戦っていたし、たくさんのことをチームにもたらした。
 パブロがそうだったように、クライファートやアングロも同じじゃないかな。」

アイマールの精神状態は今あまりいい状態じゃない?
「いや、違うと思う。
 パブロはすごく深刻に見られるんだ。パブロはいつもプレーしたいと思っているだけだよ。」


キャプテンとして感じたままに言葉にすることは出来ないかも知れません。
でも、マスコミのこういう質問の中でパブロをさりげなく守ってくれている。
さすがです。

クリスマスがやってきた! 

img_456153_18550936_0.jpg

img_456153_18550936_1.jpg

クリスマスがやってきた!


かわいいサンタさんがバレンシアのパテルナ練習場に登場しました!

この時期のヨーロッパっていいですよね!
クリスマスに向けてぐっと雰囲気がもりあがって。


バレンシアは毎年、クリスマスキャンペーンをします。


選手が登場するコマーシャルをテレビやラジオで流すんです。

去年のテレビのコマーシャルはディ・バイオでした。

昨年はTVEで一度だけ見ました。
ものすごくかっこいいコマーシャルでした。

ラジオの方はパブロ、ビセンテ、アルベルダ、カルボーニがそれぞれ
サンタさんにプレゼントのお願いをする、というものでした。

こちらはメーキングがバレンシアのWEBで公開されていて、楽しませてもらいました。

今年はどんなコマーシャルが見られるのかとっても楽しみです。

きっとビージャは登場するでしょうね。

そうそう、選手がおねだりするそのプレゼントの品はもちろん
バレンシアのオフィシャルショップにで売っているものですよ。

アイマールの悲しみ 

なぜ、パブロ・アイマールを先発させなかったのか?

「私たちのチームには28人の選手がいるんだ。5人のFWが誰でもプレーできるんだ」

このセルタ戦後のキケの言葉を聞いて、私はキケを信じられなくなりました。

あれだけチームの雰囲気を変え、選手たちを生き生き動かし、観客を魅了したプレーヤーに対する
言葉でしょうか。

後半、パブロがピッチに入ったときのビージャの顔をみたら、
DFやピボーテの選手がパブロを探す、あの視線をみたら、
こんなことはいえないと思うのです。

レアル戦まであんなにパブロを信じてきたのに。。。


ここからはバレンシアの地元新聞に載っていた記事です

アイマール、観客にとっては必要不可欠な選手、でも監督にとってはそうではない選手

パブロ・アイマールは悲しんでいる。監督によって宣告された孤独に。
彼は先週の土曜日、ビージャとファビオのゴールを祝う輪の中に入ることが出来ないほど
落ち込んでいた。
しかし、観衆は彼がアップを始めるためにピッチに現れたとき、歓呼の声で迎えた。


メスタージャのファンは誰もパブロ・アイマールがレギュラーであることに疑いを持っていない。
その反対に、彼の監督は、カディス戦では一分もプレーする時間を与えずにすまし、
先週の土曜日にはまたもベンチスタートさせ、後半ようやく投入した。

サッカー選手はこの状況、チームにあまり必要とされていないと感じること、に失望する。
アイマールは心を痛め、そのことがセルタ戦で勝利を呼び込んだ2つのゴールを祝えなくしてしまった。

しかし、結果は。
この2試合続けての勝利でバレンシアは6ポイント上乗せすることが出来た。

パブロがやったことから見て、バレンシアの監督が正しいということに衝撃を与えることはできた。
もちろん、セルタ戦でのバレンシアの復調はパブロアイマールがもたらしたのだということに
気がつかない訳はない。

セルタにプレッシャーをかけられ、窒息しそうな状態だったチームが、解き放たれ
スムーズに流れるようになったのは、アイマールが登場してからだ。

彼にスペクタクルなプレーを見せてくれた感謝をしなければならない。

ブーイングから拍手へ
アイマールがアップのためにピッチに登場したとき、観客はものすごい拍手で彼を温かく迎えた。
その同じ観客が、前半が終了したとき、あまりにふがいないバレンシアのプレーに
ブーイングを浴びせかけた。

キケがこの勝利の後に言った言葉は、アイマールへの感謝の言葉ではなく、
「私たちのチームには28人の選手がいる。5人のFWは誰もがプレーできる」
というものだった。

アイマールは見くびられ、過小評価されていると感じている。
これは絶対良くない。

さらに、彼はちょうどチームとの契約延長の話が出ているときであり、
そしてまさにワールドカップ行きがどうにか角に見えるくらいに戻ってきたところなのだ。

誰も彼の素質に、彼の持っているすべてに疑いを持つものはいない。
しかし、スペインの監督は彼を議論の余地のない選手とはしなかった。
数年の間、パブロ・アイマールをあまりに出し惜しみしている。

なぜだろうか?

キケ、これをどうみる?

パブロが変えた! 

img_456153_18267112_0.jpg

img_456153_18267112_1.jpg

2-0


後半72分、
ビージャのファインゴール!

続けて、ビセンテのFKからの
ファビオのダイビングヘッドのゴール!

いや全く、後半だけ見た人は、「強いバレンシアが戻ったね!」と思ったでしょう。

しかし、真相は。。。

意味不明の先発メンバー発表。

前半全く良いところなく、ロングパス多用が目立ち、「こりゃだめだ!」と半分あきらめました。

アップを開始したパブロに唯一の希望を残して。


そして後半。。。ミスタに替えてアイマール登場!!!

試合に出られる!それだけで ニコニコ のパブロ。

ビージャもニコニコ。

チームのみんなもニコニコ

伝染したんですかね。後半のバレンシアは前半とは全く違うチームでした。

さらにアングロが入ってビセンテが本来に左サイドに戻ってからは
例の攻撃的トライアングルが戻って来た!

そして生まれた、ビージャのゴール。

すごく彼らしいゴールでしたね。敵のDFを背負っても負けない強さ、かわすうまさ。

結局、パブロ、アングロを入れて、いつものメンバー、いつものフォーメーションに戻したら、
チームのリズムが生まれました。

DFもかなり安定してきました。

このまま、これで固めてくれればと思います。


今日の試合はリーベルプレートの同窓会みたいでしたねぇ。
パブロとアジャラ先輩がリーベル出身なのはご存知と思いますが
セルタのプラセンテとレキもリーベルです。

試合後のパブロとプラセンテの仲良しショット。
良い笑顔でしたね、二人とも。
やっぱりユニフォーム交換はプラセンテとかな。


== Ficha Tecnica==
バレンシア
 GK:カニサレス
 DF:ミゲル
    アルビオル
    アジャラ
    モレッティ
 MF:アルベルダ
    ウーゴビアナ(min62 アングロ)
    ファビオ・アウレリオ
 FW:ビージャ  (min82 クライファート)
    ミスタ   (min45 アイマール)
    ビセンテ
    
セルタ
 GK:ピント
 DF:アンヘル  (min82 コントレラス)
    セルヒオ
    レキ
    プラセンテ
 MF:オウビーニャ
    イリネイ
    ニュネス
    カノッピオ
    ホナタン  (min54 デ・リデル)
 FW:バイアーノ

ゴール
 1-0:min72 ビージャ
 2-0:min78 ファビオ・アウレリオ

審判
 フェルナンデス・ボルバラン(C.Andaluz)

カード
 イエローカード
  バレンシア:アルベルダ
  セルタ  :セルヒオ、レキ

観衆
 38000人

スタジアム
 メスタージャ

第13節セルタ戦招集メンバ&予想先発 

img_456153_18151210_0.jpg

昨日の練習は非公開でした。

招集メンバー


昨日の練習で、アジャラ先輩がディ・バイオと激突。
頭を打って、クリニックに検査に行きました。
一応招集メンバーには入っていますが、土曜日の午前中の練習で様子を見て決めるようです。

バラハ も腎臓の痛みの様子を見ている段階なのでもしかしたら出ないかもしれません。
練習は他のメンバーと同じものをこなしてはいるようですが。

そのほか、マルチェナが前節のレッドカードで出場停止です。

あと、 ルフェテ
彼はカディス戦、後半開始時に交代させられました。
この交代に納得できなかった彼は、ドレッシングルームのドアを蹴飛ばしました。
この彼の態度に対し、キケは「2試合招集しない」という罰を与えることにしました。

なのでルフェテはセルタ戦と次のエスパニョール戦は欠場です。

確かに交代させられたときに怒りをあらわにしたり、監督批判をした選手に
制裁を加えることはあるけど、2試合はないんじゃないの?キケ!

私は右サイドはアングロよりルフェテの方がすきなんだなぁ。スピードあるし。
でもパブロとはアングロの方が相性いいですよね。


バレンシア

GK:カニサレス、ブテッジェ
DF:ミゲル、カルボーニ、アルビオル、アジャラ、モレッティ、ダビ・ナバーロ、
   ファビオ・アウレリオ
MF:アルベルダ、バラハ、ウーゴ・ビアナ、ビセンテ、レゲイロ、アングロ
FW:アイマール、クライファート、ビージャ、ミスタ


予想先発は。。。


バレンシア
もう、これで固めてほしい。キケ。(マルチェナはもちろん入るけど)
実は、スペインのAS紙はアイマールではなくミスタを入れています。
この前のカディス戦、勝ったけど内容ひどかったでしょう!



             カニサレス

     ミゲル  アジャラ  モレッティ  ファビオ

         アルベルダ    バラハ

      アングロ   アイマール    ビセンテ

              ビージャ



セルタ
セルタはファン・サンチェスが招集されていますね。元バレンシアの選手です。
レキ、久しぶりですね。以前はアトレティコにいた元リーベルプレートの選手です!
やっぱりシルバがいないのがさびしいですね。


             ピント

  アンヘル・ロペス  セルヒオ レキ プラセンテ

     ボルハ・オウビニャ   イリネイ  

    ニュネス    カノッピオ    ホルヘ

            バイアーノ    


メスタージャより 

セルタ戦、生放送!



img_456153_18042359_0.jpg

インタビューに行ったから?

なんと日曜早朝、WOWOWがバレンシア×セルタ戦を生放送してくれます。

放送スケジュールは


バレンシア×セルタ
 11月26日(土) 深夜5時55分~  WOWOW/BS-5ch/191ch(Live!!!)
 11月29日(火) 深夜5時~     WOWOW/BS-5ch/191ch

バルセロナ×ラシン
 11月27日(日) 深夜5時55分~  WOWOW/BS-5ch/191ch
 11月29日(火) 午後6時~     WOWOW/BS-5ch/191ch

ソシエダ×R・マドリー
 11月27日(日) 深夜5時55分~  WOWO3/193ch
 11月28日(月) 午後6時~     WOWOW/BS-5ch/191ch

マジョルカ×ビルバオ
 11月28日(月) 深夜0時~     WOWOW/BS-5ch/191ch
 11月29日(火) 深夜1時~     WOWOW3/193ch



バレンシア、来シーズンオレンジユニフォーム復活!


img_456153_18042359_1.jpg

今シーズン、オレンジのユニフォームを廃止したバレンシアですが、
早速来シーズンには復活しそうです。
多くのバレンシアニスタはヨーロッパの舞台での成功とあのオレンジユニを結びつけて考えています。

「バレンシアといえばオレンジ!」なんですね。

私もそうですね。やっぱりバレンシアはオレンジです。

今の青いユニフォームも割と売れ行きは良いようですがやはりオレンジユニには
かなわないみたいです。

現在のセカンドユニフォームはバレンシア州旗↓をイメージした、あのユニフォーム。

見た目もド派手でちょっとですが、このユニを着てあまり勝ったことがありません。

どちらかというと嫌な思い出が多い。

昨シーズン、つまずきの元になったCLブレーメン戦で着ていたのがこのユニフォームでした。

ということで、これを 廃止 するらしいです。

来シーズンは
第1ユニフォーム:白×黒 (これは絶対かわらない組み合わせ)
第2ユニフォーム:オレンジ
第3ユニフォーム:青

となる予定。

あの、青いユニフォーム、かっこ良くて手に入れたかったのですが、
9月に行ったマドリーでは売っていませんでした。

どうも日本で買う気になれなくて、手に入れていません。

なので結局マドリーで白×黒の21番をゲット。
これ着て応援に行きたいので、今年の夏、日本に来てくれないかなぁ。



シルバはバレンシア戦欠席


img_456153_18042359_3.jpg

以前「気になる選手」でご紹介した、セルタのシルバ君。

現在バレンシアからセルタにレンタルされている選手です。

今週末のバレンシア戦で見られるかな、とおもっていたのですが、
やっぱりバレンシアはレンタルする時に「バレンシア戦には出場できない」という項目を
付加していました。

いいじゃないですかねぇ。自分のチーム相手に力を見せたって!

レンタル先でレギュラーの座をつかみつつあるシルバ。

来シーズンはバレンシア復帰濃厚です!

メスタージャより(徳永、バレンシア入り?) 

徳永ついに決めましたね!



早稲田、というかアテネオリンピック日本代表の徳永がバレンシア入りを目指して
スペインへ行きます!

早稲田の一部への昇格がきまり、ついに彼は決意したようです!

2週間くらい練習に参加して、正式契約になるようです。

それにしてもすばらしい!

Jリーグを経ずにいきなり海外って、勇気が必要ようですよね。

でも徳永は精神的にも強そうだし結構いけそうな気がします。

これからはこういう選手が増えるんでしょうね。

Animo! Tokunaga!!!

バレンシアを訪れる楽しみがひとつ増えました。

バラハ、練習中に激しい腹痛を訴える!


img_456153_17906646_0.jpg

え?またどうせ胃腸炎とかなんじゃないの?
と、思ったら使われている単語が違う。。。


「colico nefritico」'''日本語訳では'''「腎疝痛」

医学用語なので詳細がよくわからないのですが文字から察するに腎臓の痛みらしいです。


とにかく激しい痛みだったらしいです。
その場で手当をうけ、午後に検査をしました。

もう痛みはなく、今日はすでに家に戻ったみたいです。

明日、痛みがないようであれば練習はできそうということですが
この痛みは腎臓や鼠蹊部の痛みにつながることがあるらしいです。

大事なのはこれを繰り返さない事。

検査の結果がなんでもないといいのですが。。。

かわいい。。。 

僕たちはもっと上に行くための途中なんだ!



img_456153_17904221_0.jpg

ビセンテ、かわいいです。
ふー。。。ため息です。
この後ろ髪を伸ばすようになって本当にかわいい。。。

「カディス戦に勝てたのは大きいよ。でもまだチームはいい状態じゃない。
 少しずつよくなっているってところかな」

「たしかにバルセロナはリーガ優勝に一番近いかも知れないけど、まだたくさん試合は残っているし
 他にも強いチームはあるよ。マドリーも、バレンシアも、ビジャレアルもいるんだ」

「僕のフィジカルは徐々に良くなっているよ。痛みも段々少なくなっている」

img_456153_17904221_1.jpg

ラウールが負傷したことに関しては?
「ラウールはスペイン代表のシンボルだよ。キャプテンでもある。彼は重要なんだ。
 彼はきっと治るよ。」

ラニエリが「今のバレンシアは自分が率いていた頃より悪い」って言っているよね?
「そうだね。でも彼の意見は疑わしいよね。
 彼はもうここにいないわけだし、バレンシアのことを語ってはいけないと思うよ。
 僕たちはとにかく練習に集中することだよ。次のセルタ戦に備えてね。」


それにしてもかわいいでしょう?


このタレ目がたまりませんよねぇ~

メスタージャより 

WOWOW、取材に現れる



img_456153_17826466_0.jpg

WOWOWがバレンシアに取材にきました。
WOWOWってもちろん日本でリーガ放送権を独占している、由々しきテレビ局です。

キケ、ビージャ、カルボーニ、ビセンテにインタビューしました。

このビージャのいやそうな顔。
笑うとかわいいんだからもうちょっとにこっとして!

あ、でも、そうすると日本でビージャのファンが増えちゃうから、やっぱり良いわ。
そのまま、ふくれっ面していて!

それにしてもこの女性、誰?
私があなたの代わりに取材に行ってあげるわよ!
聞きたいこと山ほどあるんだから!


セルタ戦にむけて練習開始!


img_456153_17826466_1.jpg

まずはパブロの笑顔がみられて良かった。

セルタ戦は、11月26日土曜日22時からメスタージャで。
日本時間だと日曜日の朝6時からですね。

いくらバレンシアとはいえもう夜の10時は結構寒いと思うのですが。
試合終わったら12時ですよね。
やっぱりこの時間設定には納得できないわ~


サウジアラビアに出稼ぎに行きます


バレンシアは12月14日にサウジアラビアのチームと親善試合をします。
12月14日って第15節のビルバオ戦と第16節のアラベスとの間です。
CLにもUEFAカップにも出ていないのでお金が入ってこないんですね。
それで''' 出稼ぎ '''ってことになったみたいです。

これでいったいいくらもらえるんでしょうね。
クリスマス休暇前の一仕事って感じかなぁ。

何もシーズン中にやらなくても、と思いますけどね。


キケ、プリメーラ監督50試合目


img_456153_17826466_2.jpg

先日のカディス戦はキケにとって、プリメーラでの監督として迎えた50試合目でした。

今のところ成績は
昨シーズンのヘタフェで 11勝12分15敗
そして今シーズンバレンシアで5勝4分3敗

通算して16勝16分18敗
これだけの実績しかないんですね。

ビッグクラブの監督として迷うのは当然なのかもしれない。

試合後の、キケは記者会見でこういっていました。

大事なのは結果だ。勝ったことが大きい。
良い内容の試合をしても負けることもある、 でも今日のような試合でも勝つこともある。」


たしかに内容の伴わない試合で勝てたことは大きい。

でもこれではメスタージャのファンが納得しないことは誰よりキケがよく知っているはず
彼は10年間そこに立っていたのだから。

アイマールなしってなに? 

img_456153_17632543_0.jpg

img_456153_17632543_1.jpg


0-1

アイマールなしで、勝ちました


ビセンテのFKは美しかったけど、セットプレーからの得点であって
やはり流れの中から点が入れられない。

そりゃ、当たり前。パブロを使わないんだもの。

休みあけでコンディションも万全なはずなのに。理由がわかりません。

もし、戦術的なものだとしたら。。。

キケ!間違っている!!!!

パブロがいないバレンシアはチームとしてのアイデンテェティを失ってしまうのです。
ミスタじゃゲームを作れない。


試合内容は散々、あちこちの新聞で酷評。
両チームあわせてレッド2枚、イエロー数知れず。。。

マルチェナ、イエロー2枚で退場、
アジャラ、バラハ、ビセンテ、モレッティもイエローカード。

夜中の1時から張り付いてみていた文字放送は実に正直です。

バレンシア攻撃陣はまったく攻めの形ができていなかった。
前半は思わずうたた寝してしまいました。
だって、名前が出てくるのはDF陣ばかり。

後半も大差なし。

でも絶対パブロの出番があるとおもっていたのに、
マルチェナの退場でプランが変わってしまったのかもしれません。

これで、やっぱりパブロがいないとだめだと気がついてくれれば良いです。

キケ、お願い!!!

==Ficha Tecnica==

カディス
 GK:アルマンド
 DF:バレーラ  (min85 Mirossavljevic)
    パス
    デ・キンターナ
    ラウール・ロペス
 MF:スアレス  (min71 ベンハミン)
    フレウラキン
    エンリケ
    セスマ   (min82 イバン・アニア)
    パボーニ
 FW:オリ

バレンシア
 GK:カニサレス
 DF:ミゲル
    マルチェナ
    アジャラ
    モレッティ
 MF:アルベルダ
    バラハ
    ルフェテ  (min46 アングロ)
    ビセンテ
 FW:ミスタ   (min69 ナバーロ)
    ビージャ  (min82 ファビオ・アウレリオ)

ゴール
 0-1:min81 ビセンテ

審判
 モレノ・デルガド(C.Catalan)

カード
 レッドカード:
  バレンシア:マルチェナ(イエローカード2枚による退場)
  カディス :オリ(バラハに対する危険なタックルによる退場)
 イエローカード:
  バレンシア:アジャラ、モレッティ、ビセンテ、バラハ
  カディス :フエウルキン、セスマ、イバン・アニア

観衆
 19000人

スタジアム
 El Estadio Ramon de Carranza

第12節カディス戦招集メンバー&予想先発発表 

img_456153_17507979_0.jpg


アルベルダOK!!!


代表戦で負傷した左ひざに痛みが残り心配されたアルベルダもメンバー入りしました。
他の代表組みも残らず問題なしです。

今回の目玉はDFの ダビ・ナバーロ。今シーズン初めて招集メンバ入りしました。
いろいろフィジカルのトラブルがあったらしいですが、
キケの信頼を得られなかったことも確か。
この試合、途中からでも起用されたらきちっと結果だしたいですね。

あとは クライファート が落ちてます。
咽頭炎だそうです。これってのどが痛いってこと?風邪?かな。


GK:カニサレス、ブテジェ
DF:ミゲル、カルボーニ、ダビ・ナバーロ、アジャラ、
   モレッティ、マルチェナ、ファビオ・アウレリオ
MF:ルフェテ、アルベルダ、アングロ、ビセンテ、バラハ、アルビオル
FW:アイマール、ビージャ、ミスタ、ディ・バイオ


これで勝ち点3もらいましょう!


バレンシア


            カニサレス

 ミゲル    アジャラ    マルチェナ  カルボーニ(モレッティ)

      アルベルダ      バラハ

   ルフェテ     アイマール      ビセンテ

            ビージャ




カディス


           アルマンド

  バレーラ   パス    デ・キンタナ    R・ロペス

       スアレス     フエウルキン

    エンリケ             セスマ

       パボーニ      オリ




相手のカディスの監督、ビクトール・エスパラゴ は80年代後半、キケがバレンシアの選手として活躍していたときに監督をしていた人です。
そしてキケが監督就任時に一番影響を受けた監督として名前を挙げていた人物です。

私はエスパルゴがどんなチームをつくり、どんな戦略を立ててくる監督なのかまだ良くわかりません。
でもリーガ開幕戦のレアルとの戦いをみると、かなり したたか という印象。

守りをきちっと固めて無駄な失点はさせない。

最近少し調子が落ちてきていましたが、今回は2週間空いての試合なので選手のコンディションも
良いだろうと思います。

意外に手ごわいかもしれません。
でも!バレンシアが負けてはいけない相手です!

勝ち点3を勝ち取って帰りましょう!

メスタージャより 

img_456153_17407629_0.jpg

img_456153_17407629_1.jpg

img_456153_17407629_2.jpg


代表組み続々練習復帰


ビセンテ、バラハ、ビージャ、マルチェナのスペイン代表組をはじめてして、
アジャラ、ウーゴ・ビアナなども続々練習に復帰です。

やっと活気がもどってきたのかパブロもうれしそうですね。

写真は新しいオフィシャルショップのオープニングに参加したパブロと会長です。
パブロが手にしているのは子供用のバスローブと靴?
もしかしてアグスティン君用かしら。


アルベルダ、練習復帰


スペイン代表のプレーオフ第一戦、イエローカードをもらって、第2戦に出られなかったアルベルダ。
実はそのカードをもらったときに左ひざに怪我をしていました。

昨日までかなり炎症による痛みがあって心配されましたが、今日は無事に練習に復帰しました。

ただ、まだ痛みが完全に引いたわけではないので日曜日、17時(日本時間21日深夜1時)から
行われるカディス戦への出場は''' ? '''という状態です。

アルベルダがいないととっても困る~(涙)
でも、まだ先は長いし、やっぱり無理してほしくないかな。


次節は日曜日、カディス戦です!


スペイン国内は、とっくに代表戦のことは忘れ、'''クラシコ'''一色です。
今シーズンは代表週間明けで、いったいチーム状態がどうなのかわからないから余計面白いですね。

でもこの日はアンダルシアダービーもあったりします。
リーガファンにとっては寝不足覚悟の週末になりそう。

しかもバレンシアの試合は日曜日の25時(月曜日の1時)から。

WOWOWの放送は翌日の月曜日の深夜。

これは私に寝るな!ってこと???

メスタージャより 

img_456153_17195117_0.jpg

練習!練習!練習!


とにかく練習
代表週間の間、ひたすら秩序を取り戻すための練習を行っていたバレンシア。
週末は昇格組みのカディスとの対戦が待っています。

しかし、このパブロの足は見事だなぁ。
あ、隣にいるのはクーロだ!!!!!


ファビオ、マンUに移籍?


ファビオ・アウレリオとバレンシアの契約延長の話が続いていますが、
ファビオにはマンUから破格のオファーが来ているようです。
ファビオ自身はバレンシアの生活にもチームにも慣れたし、彼が大きな怪我をしている間も
バレンシアがずっと見守っていたことから、バレンシアに残りたい気持ちが強いようです。

でも、1億円の年俸が2億5千万になるとしたら?
どうも代理人が駆け引きの材料に使っているように思えますが、わかりませんね。


バレンシア、冬の移籍市場は動きなし


ダビ・ナバーロがデポルかセビージャに行く、
ディ・バイオがインテルに行く、
レゲイロがベティスに行く、
様々な憶測が飛ぶ中、バレンシアは「移籍金が伴わない移籍はなし」とのこと。
つまりお金出してくれるなら移籍OKってこと?

サッカー選手としてできること 

img_456153_16699578_2.jpg

img_456153_16699578_3.jpg

img_456153_16699578_4.jpg



「ユニセフのカードの長い歴史は、その起源を1947年までさかのぼる。
 チェコの一人の女の子、Jitka Samkova が、国際連合に一枚の絵を送った。
 それは第2次世界大戦後に彼女の国が国際連合からうけた援助に感謝してのものだった
 1949年、その絵はユニセフの最初のカードに生まれ変わった」

パブロ・アイマールの特徴である甘い声でこの言葉を聞いた。

アイマールは彼自身の誕生日をバレンシア州のユニセフの行事に強力することで祝った。

すでにアイマールはコロンビアのゲリラに苦しめられている子供たちを支援するユニセフの
コマーシャルを収録することでユニセフに協力していた。

バレンシアの21番はグラウンドの外で目立つことはほとんどないということは良く知られている。
しかし、このような協力のためにはカメラの前にすすんで立つのだ。

それはユニセフへの様々な機会における協力だけでなく、子供たちが尊厳をもって生きるための
様々なプロジェクト、たとえば彼の代表仲間であるインテルのサネッティが主催している
PUPI、への協力でも証明されている。」


パブロは今シーズン、練習中にずっとこの'''PUPI'''で作成したプルセラをしています。
アルゼンチンの国の色、水色のプルセラ(写真のものです)。
これはPUPIで'''「UNA MANO POR UNA SONRISA(ひとつの微笑みのためのひとつの手)」'''
という目的で作られたものです。


幸か不幸か、僕たちの言葉は他の人の言葉より人々から聞いてもらうことができる。
 もしそれが助けになるなら…」

これはイタリアのユニセフ大使、バレンシアの24番、エミリアーノ・モレッティの声明だ。

彼はその話を聞いたとき戦慄を感じた。
'''10枚のカードの価値である9ユーロで出来ること'''

エチオピアでは4人の孤児に一年間、学校教育を受けさせることが出来る。
スーダンでは8人の母親と新生児を破傷風から保護することが出来る。
しかしこれはユニセフがカードの売り上げで実行しているたった2つの例でしかない。」


モレッティは自身でイタリアのボローニャに子供たちのためのサッカースクールを創設しました。
そしてマルディーニやトッティとともにイタリアのユニセフ大使として活動をしています。

================================

気がついたら一生懸命スペイン語を訳していました。
言葉と訳が稚拙でわかりにくくてすみません。
でもこのバレンシアニスタ二人の活動を知っていただきたくて。
たぶん、他のチームの選手も同じような活動をしていることでしょう。

PUPIのプルセラは日本にも取り寄せ可能です。
今度チャレンジするつもりです。
ユニセフへの募金はいつでもできます。

彼らからのメッセージを受け取りたいと思います。
PUPIはこちらへ:http://www.fundacionpupi.org/
モレッティはこちらへ:http://www.emilianomoretti.it/

この笑顔です! 

スペイン代表応援週間は一時棚上げ
だってこの笑顔が登場しちゃったんですから



バレンシアはチーム状態があまりよくないときに必ずパブロを
記者会見に登場させますね。

みんな彼の笑顔とあのちょっと高くて甘い声で、すっかり安心してしまいます。

何を言っても「うん、うん、そうだね」って聞いてあげたくなります。

パブロの言葉は、慎重に、思慮深く、でもはっきりとしていました。


今のチームの状態は?:
「レアル戦の後、チームの状態はよくなかったよ。でも今はそんなに悪くないと思うよ。
 この前の試合も後半はよくなっていたしね。フィジカルの問題もない。
 段々いいプレーが出来ているしね

「僕らは安定していない(規則正しくない)ね。

 今シーズンはいいプレーが出来たときは勝っている。
 まあまあのときや悪いときは負けている。

 他の年は、いいプレーが出来た時とまあまあのプレーのときには勝って、
 悪いときにも引き分けだったんだ。」

 僕らはよく練習しているよ。すごくね。
 今はチームが精神的な安定を手に入れる途中なんだよ。」


ドレッシングルームの中はどう?:
「ドレッシングルームのこと?外からじゃ誰もわからないと思うんだけど。
 みんな、ベルナベウの勝利の後も、ビジャレアル戦の負けの後もかわないよ」


監督については?:
「この状況の責任は監督にはないよ。
 僕はリオ・クアルトのある監督に言われた。
 一週間は監督の責任だし、週末は選手の責任だって。
 責任はみんなにあるんだよ。」


パブロ・アイマールの状態はどうなの?: 
「僕の調子はいいよ。良いプレシーズンを過ごせたからね。
 練習も休んでいないよ。昨シーズンの失敗は怪我と練習ができなかったからだ。
 今年はすべてやっているし、練習も最後まで出来ているからかな。
 さらに、週中に試合がないから十分に回復できるからね。」


アルゼンチン代表については?:
「アルゼンチン代表にはたくさん選手がいるからね。
 招集されるためには もっと良くならないとね。
 もっともっといいプレーをして代表での場所を確保するよ」

第10節 Jornada 10 6/11/2005  

第10節 2005年11月6日、7日

 ビジャレアル 1×0 バレンシア  : バレンシアダービー

    セルタ 2×1 アラベス

エスパニョール 1×1 ビルバオ

    ラシン 1×1 ベティス

  R.マドリー 1×0 サラゴサ

  R.ソシエダ 1×2 オサスナ

  セビージャ 0×0 アトレティコ

   ヘタフェ 1×3 バルセロナ

   カディス 1×2 マジョルカ

    マラガ 1×1 デポルティーボ

=Clasificacion Completa=
   1  オサスナ    24
   2  バルセロナ   22 
   3  R・マドリー  21 
   4  セルタ     20
   5  ビジャレアル  19
   6  セビージャ   17
   7  デポルティーボ 17
   8  ヘタフェ    17
   9  バレンシア   16 
   10  R・ソシエダ  16
   11  アトレティコ  15 
   12  カディス    13
   13  マラガ     12
   14  マジョルカ   12
   15  ラシン     11
   16  サラゴサ    10
   17  ベティス    10
   18  エスパニョール  9
   19  アラベス     8
   20  ビルバオ     7

数々の批判を受けて 

img_456153_16245586_0.jpg

昨日からどっと落ち込んでます。

あちこちでパブロとキケに対する批判が。。。
負けたんだからしかたないですけどね。

「リケルメ、アイマールを圧倒する」
 両チームの責任を負った二人。リケルメはいつものように、攻撃をしきる。
 アイマールは、いつものように断続的に成功と失敗を繰り返す。
 両アルゼンチン人の間には大きなレベルの差があった。

「リケルメは常に攻撃の起点となり、チームを引っ張った」
 それに引きかえ、アイマールは全く消えていた。
 試合の最後に大きな拍手を受けて交代したリケルメ。反対にアイマールはチームの攻撃陣の
 窒息状態に苦しみの表情を見せていた。


キケに対して
『体力の消耗が激しいビジャレアルだが、それに追いつけないバレンシアには
 無能ぶりが目立つ。クライファート、ミスタ、ファビオ・アウレリオと豪華な面子が
 ベンチを暖めているにもかかわらず、キケ・フローレス監督の判断は鈍かった。
 彼は反撃の糸口が見えないまま、選手交代にも難色を示していたのである』


そしてついにクライファートがキケの批判をした。
「たった3分間じゃ何もできやしないよ。本当は交代選手なんていやだ。」

これはなんだか嫌な感じ。

ビージャも
「僕たちにはチャンスがたくさんあった。でもゴールを決めた者が勝つ。
 僕たちは満足していないよ。

 いつもゴールを決められちゃうんだ。
これは敵の功績というより僕らみんなの失敗なんだよ。
 すべてみんなの失敗なんだよ。僕たちはチームでプレーしているんだからね。


 この解決方法はもっと練習し続けることだね。
 でも、僕たちはこの3試合で覚えてられないくらいの得点の機会があったんだ。」


やっぱりあのセビージャ戦のエラーを罰したキケへの不満が
ドレッシングルームにあるみたい。

1シーズンのみの契約だから今年結果を出さないといけないキケ。
ちょっと焦っているのかなぁ。


でも、キャプテンのアルベルダは試合後に
悪い流れに入っちゃったね。でも心配していないよ。
すぐにもっと前へ進めると確信している。

キャプテンの言葉はやっぱり心強い。
ファンはやっぱり信じるしかないしね。


この記事を書いている間にアジャラ先輩の記者会見記事がアップされている。。。
これはゆっくり読んでまたご報告します。

ビジャレアル×バレンシア戦の結果は。。。 

img_456153_16070103_0.jpg

img_456153_16070103_1.jpg

img_456153_16070103_2.jpg


あのレアルに勝ったチームはどこに行ったの?
何をそんなに焦っているの?



なぜ?なぜ?なぜ?

チームの混乱?
お願いだから黙っていて!解説者のうるさいコメントが思考の邪魔をする。

前半、私にはビセンテが何を考えているのかわからなかった。
何を一人でやろうとしているのか。

ビージャ、パブロ、バラハ、カルボーニ。
選択肢はもっとあるんじゃないの?
確かにパブロはかなりのプレッシャーを受けていたし、
ビジャの周りにもうようよ黄色いユニフォームがいた。

でも、持ち過ぎ。

ビセンテは自分が打開しないと、という気持ちが強くなりすぎてこのパターンになることが多い。

パブロも代表落ちのショックなのか動きが悪い。
いつもの後一歩が出ない。
マルコス・センナにつきまとわれて苦労していた。

それにしてもあの解説者は何だろう。
戦犯はパブロか?
この試合で負けたらはバレンシアはどんどん崩れて行く?
キケとの信頼関係?

だれかあの解説者を黙らせて。


バレンシアは何もかわらない。こんなことでは崩れない!
崩れてたまるか!

キケの手腕が問われるのはここからだ!
必ず彼はバレンシアを立て直す。

信じてます(涙涙涙)

Amunt! Valencia!!!
Amunt! Quique!!!




先取点をとられた時、フィゲロアをオフサイドにかけられなかったのは
カルボーニが残ってしまったからだけど、
それ以外のポジショニング、ボールの奪い方、相手との駆け引きはさすがでした。



==Ficha Tecnica==
バレンシア
Entrenadore:Quique Sanchez Flores
GK:カニサレス
DF:ミゲル
   アジャラ
   マルチェナ
   カルボーニ
MF:アルベルダ  (min86 クライファート)
   バラハ
   アングロ   (min80 ミスタ)
   アイマール
   ビセンテ
FW:ビージャ

ビジャレアル
Entrenadore:Manuel Luis Pellegrini
GK:バルボサ
DF:ハビ・ベンタ
   アルアバレーナ
   ペーニャ
   キケ・アルバレス
MF:タッキナルディ
   センナ
   カソルラ
   リケルメ    (min89 アロソ)
FW:ホセ・マリ   (min35 グアイレ)
   フィゲロア   (min80 ロジェール)

ゴール
 1-0:min23 フィゲロア

審判
 Iturralde Gonzalez(C.Vasco)

カード
 イエローカード:
  バレンシア:アルベルダ

観衆
 23000人

スタジアム
 El Madrigal

第10節ビジャレアル戦招集メンバー発表&予想スタメン 

img_456153_15961007_0.jpg

img_456153_15961007_1.jpg


きたきたきたきた! ついにデルビ!!!


ダービーをスペイン語でいうとデルビとなります。

バレンシアのデルビは仲良しデルビなので、
スタジアムの外でパエリアの炊き出しなんかしちゃいます。

テレビでみたことありませんか?

直径3mくらいのパエリア鍋。あれでやるんです。

こんなのんびりしているけど、スタジアムの中は熱い!

ここ数年のビジャレアルの躍進でこのバレンシアデルビも仲良しだけではすまなくなりました。

今シーズンもここまでビジャレアルの方が成績は上。(勝ち点は同じですが)
シーズン開幕当初は苦しんでいましたが、ここに来てぐっとあがってきました。
前節アトレティコ戦も前半早い時間に10人になりながら、
終了間際にフォルランのゴールで追いつき引き分けに持ち込んだし、
CLでもセンナがものすごいミドルを突き刺して初勝利。

こりゃ、気分よくしてのデルビだなぁと思いますが
なんとフォルランがいません!
CLで怪我してしまったらしいです。

バレンシアニスタとしては思わずほくそ笑んでしまいました。
が、ウルグアイ、痛いなぁ。。。

バレンシアはミスタも、ルフェテも復帰!
ベストメンバーで望みます。


それでは、招集メンバーです



GK:カニサレス、モラ
DF:ミゲル、カルボーニ、アジャラ、モレッティ、マルチェナ、ファビオ・アウレリオ
MF;ルフェテ、アルベルダ、アングロ、ビセンテ、バラハ、アルビオル
FW:アイマール、クライファート、ビージャ、ミスタ


予想スタメンは


ビジャレアル
フォルラン怪我、ビエラも怪我、ゴンサロは前節一発レッドで出場停止です。

4-2ー2-2
バルボサ
クロムカンプ、ペーニャ、キケ・アルバレス、アルアバレーナ
タッキナルディー、ホシコ
ソリン、リケルメ
ホセ・マリ、フィゲロア



バレンシア
もういい加減このメンバーで固定。(クーロ復帰までね)

4-2-3-1
カニサレス
ミゲル、アジャラ、マルチェナ、モレッティ
アルベルダ、バラハ
ルフェテ、アイマール、ビセンテ
ビージャ



キケは前節のラシン戦でその前のセビージャ戦のエラーを罰するとして、
マルチェナとカネイラを招集メンバーからもはずしました。

この処置に関して、ミスタが批判的な意見を記者会見で言い出してちょっと不穏な雰囲気。

確かに昨シーズンヘタフェでやってうまくいったとしてもヘタフェの選手と
バレンシアの選手ではキャリアが違う。
国の代表を務めるような選手に対してそのような手法はあまり関心しません。

でも今年のバレンシアの選手たちは勝ちたい気持ちがものすごく強い。
昨シーズンのラニエリのときのようにそう簡単にはヒビは入らないと思います。

この状況をキケがどう乗り切るか、それもこの試合の見所です。

勝利、それがすべてを吹き飛ばしてくれるでしょう


Amunt!!! Valencia!!!

メスタージャより 

img_456153_15868198_0.jpg

img_456153_15868198_1.jpg


チームからのお祝い


バレンシアはパブロの26歳のお誕生日祝いにあるプレゼントを贈ることにしました。

それはバレンシアのWEBに送られたファンからのパブロへのお祝いの言葉を
一冊にまとめて渡すというもの。

今バレンシアWEBの「FORO]というところからメッセージを送ることが出来ますよ。
皆さん、チャレンジ!

バレンシアはよくこういったことをやります。
最近ではエドゥ怪我をしたときにもやりました。

昨シーズンは手術したビセンテに、その前のシーズンは長引く怪我で悩んでいたパブロに
同じようにメッセージを募りました。

わりと苦境にたった選手への応援が多かったですが、今回は純粋にお祝い
メッセージをおくれますね。


パブロとモレッティ、UNICEFイベントに参加


昨日の午後18時から、バレンシアのアストリア・ホテルで
UNICEFのクリスマスカードのプレゼンテーションがありました。

パブロとモレッティはチームのUNICEF大使
二人そろってこのイベントに参加しました。

このUNICEFのクリスマス&新年に向けてのイベントは世界的に行われています。
私たちでも参加することが出来ます。
私も毎年、カードやレターセット、クリスマスツリーの飾りなどを購入しています。
ささやかな私たちの行為で多くの子供たちが助かるのです。


アジャラのアサードは???


一昨日、バレンシアの選手たちは練習終了後、
アルゼンチン流のバーベキューアサードを楽しみました。

ペジェグリーノが在籍していたころは彼が全部準備を行っていましたが、
現在はなんと、'''アジャラ先輩'''がこの大役に挑んでいるらしいです。

アルゼンチンではこの'''アサード'''は男が取り仕切るものとされているので
アジャラ先輩も出来ないことはないと思いますが。

しかしいまだ練習中ということで、いったいどんな味になっていることやら。

お肉のおいしい国だから、失敗しても味は大丈夫かな。

でも、たとえおいしくなくても誰もアジャラに文句はいえないか。

お誕生日おめでとう!!! 

img_456153_15804135_0.jpg

今日、11月3日は、パブロの26回目のお誕生日です!!!
プレゼントは、次節ビジャレアル戦の勝利!
自分でつかむのよ!

「ダービーに勝ってペケルマンの心をつかめ!」と地元紙の記事にものってます。

26歳。いい時期ですね。
今年パブロは勝負の年。
失敗すれば移籍、でしょう。
それだけじゃなくワールドカップのメンバーにも入れなくなってしまう。

彼の表情がぐっと大人になったのはそんなことを意識しているからだと思います。

いい表情です。
このまま素敵な歳のとり方をしてほしい。

メスタージャより 

img_456153_15762160_0.jpg

img_456153_15762160_1.jpg


CL中は地味だなぁ。

来年はあの舞台に必ず復帰するぞ!

決意も新たに、

クーロ!クーロ!クーロ!


地味です。今のバレンシアのように。
でも彼はバレンシアに必要なんだと最近しみじみ感じます。

右サイドバック。ミゲルもカネイラも安定しない。
やっぱりここはクーロしかいないのよ!
と思っていた私の願いが通じてか、クーロがチーム練習に復帰!



「やっぱりチームのみんなと練習できるのは一人で練習しているよりはずっといいよ。」



クリスマス前に復帰できるかどうかはわからないけど、クーロはやる気満々です!


今シーズンの公式スーツでした


先日マドリーとの試合のために移動中のパブロの写真をのせましたが
その写真のスーツが今シーズンのバレンシアの公式スーツだそうです。

このスーツの発表会が11月2日の19時半からバレンシアのホテルで行われます。
発表会にはもちろんチームから選手が参加します。

モデルやるのかしら。
と、するとカニサレスとアルベルダかな。
なんて勝手に想像しましたが参加するのは
バラハ、モレッティ、カルボーニ、ミゲル、カネイラだそうです。
ちょっとイタリア人たちには地味かな。

ネクタイが地味目なんですね。

昨シーズンのオレンジと水色、白、黒のストライプのものがとても洗練されていて
すきだったのですが、よく見るとあれはキケには似合いませんね。
髪が白っぽい(何色だかよく覚えてもいない)ラニエリだったからよかったんでしょうね。

キケにはこっちの方が似合う。

監督で決めるわけじゃないと思うけど、これは絶対言えていると思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。