スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄からの復活 

どうしても書いておきたかった=



72291047.jpg



とってもうれしかった事。
またまた泣きましたよ。でもうれしくて涙腺が緩むのは大歓迎。

それは‥
エルゲラの復活

前節のナスティック戦で今シーズン初ゴールを決めました!


カペッロの仕打ち
この夏にレアルの監督に就任したカペッロ監督に戦力外とされて、
監督が熱望して獲得したディアラに背番号「6」を奪われた。

スペイン代表に名を連ねたこともある彼のプライドはずたずたにされてしまいました。

そして失意の中、移籍市場がしまる8月31日ぎりぎりまで彼は移籍先を探さなければならなかった。。

ラシンに決まりかけたけど、バレンシアから話があって、
バレンシア行きのチケットまで購入して連絡を待っていた。


そのころ、バレンシアはといえば。。。

会長&カルボーニ VS アジャラの対決の真っ最中。

アジャラは「あいつらにだまされた」と記者会見でメディアにぶちまけ、
「ビジャレアルに移籍したい」と意思を表明。

キケはこの問題はもう修復不可能だと判断。
8月に行われたCL予備戦でアジャラを使う事はありませんでした。

そしてキケは自分と同じ境遇(カペッロに戦力外とされ、サラゴサに去った)のエルゲラに
目をつけ、彼の獲得を望みました。

アジャラの変わりの出来る、経験豊富なCBとして。

しかし‥


バレンシアファンとしてはうれしかったけれど‥


会長の起死回生のホームランにより、
アジャラはバレンシアで2007年夏までの契約を全うすることになりました。
さらに今後の契約延長もあり得るらしいです。


とばっちりを受けたのはエルゲラ。
バレンシア移籍がダメになり、結局行き場を失うことになってしまった。

シーズン序盤は試合に招集される事さえありませんでした。

怪我で出られないのも辛いけど、監督に認められないチームに在籍して、
日々練習だけですごさなければならなかった彼の気持ちはいったいどんなだったでしょう。

本当に地獄の日々だったろうと思うのです。

冬の移籍市場が開くのは一月。
でもそれまでこの状態でいるのはあまりに酷な状況だと思っていました。


何の心境の変化だか知らないが

そんな彼をどうしてカペッロが再び使う気になったのか、それはわかりません。

やっぱり右サイドバックのシシーニョ、サルガドの負傷によってセルっちを右サイドで使わざる
おえなくなってCBが手薄になったからでしょうか。
(私はセルっちは絶対右サイドの選手だとおもっていますが)

とにかくやっと試合に出られることになったヘタフェ戦以降、彼はずっと試合に出続けています。


そしてついに、この初ゴール!
彼のゴールを心から祝いたい。

そして、彼の心を一度でも惑わせてしまったバレンシアのファンとして謝りたい。


おめでとう、そしてごめんなさい。

でも、いつ来てくれてもいいからね!
モリエンテス、カニサレス、バラハ、アルベルダ、ビセンテ、デル・オルノ、ビージャ、ホアキン、
マルチェナ、アングロ。(忘れている選手いない?、多すぎて)

代表選手みんなでお待ちしております!

もちろん、キケもね!
72291047.jpg

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。