Archives

 2007-08 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メスタージャより 

ガビラン、、、怪我って



あああああ、なんで?!
なぜビセンテが怪我しているこの時期にガビランまで怪我するの?!

メディカルの情報と、キケの記者会見によると練習中に太ももに鋭い痛みがあったよう。
左足のふともも裏の肉離れでしょうか。
15日くらいかかるらしいです。
代表週間があってよかった。。。
早く治して戻って来て!!!


でも日曜日の試合はどうしよう。。。
ビージャもホアキンもいない。
ビセンテもジキッチもまだだめ。

アングロさんは右サイドでしょう。
モーロとシルバの2トップでしょう。
左サイドは。。。

いました!今シーズンはもう一人左サイドで使える選手がいるんです!
そう、レルアカンテラからやって来た、

マタ!


こういうチャンスもものに出来るといいな。
結構期待しているんですよ、この子に。
運をもっていそうな気がする。
是非とも、キケに使ってほしいな。

Amunt!!! Mata!!!




デル・オルノ、レンタル決定


一年の期限付きレンタル移籍。買い取りオプション付きです。
さらにバレンシア戦には出場できないという条項が入っています。

活躍してもどってくるのかな?
私は彼が考え方を変えない限り、どんなに力があってもビッグクラブでは辛いと思っています。
今シーズン、ビルバオでもう一度頭を良く冷やして考えてみてほしい。
だってビルバオでも熾烈なポジション争いがまっていまんです。
ポジションを約束されている選手なんてどこのクラブにもいないんですよね。




スポンサーサイト

間違いだらけのスペイン代表発表! 

ユーロはあきらめたのか?
今日、9月8日(アイスランド戦)と12日(ラトビア戦)に行われるユーロの予選の招集メンバが発表されました。

アラゴネスおじいさま、まだ間違いに気がつかないようです。
またまた、アルビオルなしです。
「いいかげんにしてよ!この○○オヤジ!」

いったいこの前のギリシャ戦のどこを見ていたんでしょう。
あのDFじゃ、不安と思わないのが不思議だ。
すべて最悪だったピッチのせいとでも言うのでしょうか。

プジョールはまだいないんですよ?
マルチェナ&ファニートですか?

きっとアルベルダとかチャビとかは「これじゃ、だめだな」ってわかってますよ。
あ、カシージャスも。


一応。。。招集メンバ。
全く変化なし。あ、カプデビラが復帰していますけど。。。



  バレンシア:アングロ、アルベルダ、ホアキン、マルチェナ、シルバ、ビージャ

 アトレティコ:パブロ、ペルニア
  アーセナル:セスク
  バルセロナ:イニエスタ、チャビ
エスパニョール:ルイス・ガルシア
  リバプール:シャビ・アロンソ、フェルナンド・トーレス、レイナ
 R・マドリー:カシージャス、セルヒオ・ラモス
 ビジャレアル:アンヘル、カプデビラ



CLグループリーグ組み合わせ決定! 

相手に不足なし!
今シーズンのCLグループリーグの組み分け抽選会がありました。
バレンシアの相手は

チェルシー (プレミア)
シャルケ  (ブンデス)
ローゼンボリ(ノルウェー)


どこが来てもキツそうでした。だからもう文句も何もない。
ちょっとシャルケが気になりますが、きっとあっちもそう思っているでしょう。


腕が鳴る!
きっと今頃キケは
「嫌な相手ばかりだな」
と思いながらも
「よーし、やってやろう!」
と腕が鳴っているにちがいありません。

今シーズンもまた私たちにたくさんの夢をみさせてくれるでしょう。
だからサッカーファンはやめらない!と思うような。。。

「なんとしてもグループリーグ突破だけは果たしてほしい」
と思うのですが。
でもね、もう贅沢言いません。
怪我人を出さないように、無理をしないように。
そして最後まで彼等の彼等自身の力を出し切れれば。
そうあってくれたら。
それが一番ですものね。


その他の組み合わせは。。。
こんな感じです。
レアルも、バルサもそれなりにキツいです。

グループA
リバプール  
ポルト
マルセイユ
ベシクタシュ


グループB
チェルシー
バレンシア
シャルケ04
ローゼンボリ


グループC
レアル・マドリー
プレーメン
ラツィオ
オリンピアコス


グループD
ミラン
ベンフィカ
セルティック
シャフタール・ドネツク


グループE
バルセロナ
オリンピック・リヨン
シュツットガルト
レンジャース


グループF
マンチェスター・ユナイテッド
ASローマ
スポルティング・リスボン
ディナモ・キエフ


グループG
インテル
PSVアイントホーフェン
CSKAモスクワ
フェネルバフチェ


グループH
アーセナル
セビージャとAEKアテネの勝者
ステアウア・ブカレスト
スラビア・プラハ

CL予備戦3回戦セカンドレグ エルフスボリ戦【CRONICA】 

elfs-vcf29ag2007a.jpg


1-2


プエルタに捧ぐ



細かい事は今日はいっさいなし!

私は選手達を誇りに思います。
本当に良く頑張った。

リーガ開幕戦のショック、プエルタの死、慣れない人工芝、激しく降る雨。
バレンシアにこれでもか!と悪条件が重なる中、本当に彼等はよく戦いました。


プレーする事さえ難しい精神状態だったと思うのにバレンシアの選手になってまだ間もない
エルゲラやヒルデブラント、サニー、アリスメンディ、それに最後ちょっとだけアレクシスもしっかり戦ってくれました。


とにかく勝利する事が大事だったんですもの。

それはCL本戦にいくという、名誉のためではなく、
クラブにたくさんのお金が入ってくる事からでもなく、
日曜日の敗戦を払拭するためでもなく、
ローテーションを成功させるためでもなく
まして人工芝への苦手意識を克服するためでもありません。

プエルタに捧げるために勝たなくてはいけなかったんですから。

2つのゴールと難しい状況での勝利。
天国のプエルタは褒めてくれるかな。

いや、彼の事、
「たった2ゴールだけかよ!セビージャなら5点はとってるぞ!」
って言いそうだ。

でも私はプエルタの死後、公式戦で最初に勝利を捧げたのがバレンシアで、
ゴールを捧げたのがエルゲラとビージャであることがちょっとだけうれしかった。

だってバレンシアはスペイン人主体のチームで、今のスペイン代表を支えるチーム。
プエルタに赤いユニフォームをもっと来てほしかった仲間たちがたくさんいるチーム。
そしてエルゲラはその代表を長く支えて来た選手。
勝利を決めるゴールを奪ったビージャは今の代表を支える選手。
だから。


ビージャの言葉


2007-09-06_POR_2007-08-30_01_24_01_1_ejemplar4808.jpg

「ここに来てから、僕らはアントニオ プエルタが亡くなったニュースを聞いたんだ。
 こんな事があった後、集中するのは難しいよ。
 僕は勝利とここで決めたゴールを彼に捧げるよ。
 とても残念な事に僕らはすばらしいサッカー選手であり、すばらしい人間である彼を失ってしまった。
 僕らはこの勝利とゴールとともに彼の家族に励ましのメッセージを送りたい。」






== Ficha Tecnica ==

Elfsborg
GK:Wiland
DF:Mobaeck (Floren, m.18), Bjork, Augustsson, J. Karlsson (Andersson, m.74)
MF:exandersson, Ilola (M.Svensson, m.63), Anders Svensson, Avdic
FW:Keene y Berglund

Valencia
GK:ヒルデブラント
DF:カネイラ、アルビオル、エルゲラ、モレッティ(min84 アレクシス)
MF:マルチェナ、サニー、ホアキン、ガビラン
FW:シルバ(min61 ビージャ)、モリエンテス(min55 アリスメンディ)


ゴール
  0-1:min4 エルゲラ
  1-1:min30 Alexandersson
  1-2:min91 ビージャ

審判
  Yuri Vaskakov (Rusia).

カード
  Elfsborg :M. Svensson y Berglund
  バレンシア:エルゲラ

観客数
  15000人

スタジアム
  el Boras Arena


この試合の前にプエルタの死へ哀悼の意を表し、黙祷が捧げられました。
両チームの選手とも腕に喪章をつけての悲しい試合となりました。


Descanse en paz, Antonio... 


絶対戻ってくると思っていた。
絶対またcamiseta rojaを着たプエルタを見れると思っていた。

だってそうでしょ?
セビージャは幾つの試合に勝ってきた?
幾つのタイトルを獲った?

この試合に負けるはずはない!
そう思っていたから。

セビジスタとして力尽きるまで戦ったアントニオ。

チャンピオンズリーグの舞台に立つことをあきらめたくなかったよね。
リーガタイトルをとることをあきらめたくなかったよね。

でもなにより、生まれてくる子供を抱くことをあきらめたくなかったよね。
最後まで戦い続けた彼に今はゆっくりと休んでとしかいえない。


神は時々私たち人間に信じられない仕打ちをする。


06.jpg



メスタージャより 

簡単にニュースを。

3日おきの試合
バラハの言葉、
「3日おきに試合をしているんだから、ビジャレアル戦のことなど思いだしている時間はない。」
過密日程、どうにかしないと。
 
ビージャ&ホアキン
ビジャレアル戦のレッドカードで2試合出場停止の可能性あり。
今シーズンはサスペンションがキツい。
もう2度としないこと

デル・オルノ、ビルバオ復帰間近
レンタルでの移籍がきまりそう。

彼がレンタルされるとマヌエル・エルナンデス加入で26名となった選手が25名になるので
マタをレンタル移籍させずにすむ。(プリメーラ登録選手は1チーム25名)
マタはヘタフェへのレンタルが濃厚といわれていたが、ヘタフェはアトレティコからブラウリオを獲得。
サラゴサからのレンタルのオファはバレンシア側が難色を示している。(リーガタイトル、CL圏内を争うライバルだから)
どうしてもデル・オルノをビルバオにレンタルさせたいバレンシアはデル・オルノの年俸の一部を払うらしい。。。


カニサレス、怪我
CL前の練習でビージャとぶつかり足首のねん挫。
当初よりローテーションを採用するつもりだったので試合には影響なし。
先発はヒルデブラント。


ローテーション
ビジャレアル戦とは大きくメンバーが変わる予定
エルゲラ、カネイラがDFラインにはいり
カネイラ、アルビオル、エルゲラ、モレッティになる予定。
アレクシス途中出場もありそう。期待。

その他、中盤にはサニーが入る可能性も。
FWはビージャ&シルバの2トップ。
シルバは今や欠かせない選手。
でも、無理しないでね、シルバ。


マヌエル・フェルナンデス

「自分はアルベルダよりバラハのタイプ。レギュラーになるためにここに来た」
とかなり強気な発言。
ダイナミックなプレーは期待大。バラハとレギュラーを争うことになりそう。
またフィジカル面も出来上がっているのですぐにでも使える。
エドゥは?

とにかく、元気でいてくれたらそれでいい

CL予備戦エルフスボリ戦セカンドレグ【PREVIA】 

申し訳ありません、放送予定間違えていました。

生放送ありです!!!!
JSPORTSの方で検索しちゃいました。
試合放送予定
8月29日(水) 27:40     Ch180 
その他再放送の予定
ゲスト:金子達仁 実況:倉敷保雄



プエルタのために
彼の死後、リーガのクラブとして最初に試合をしなければならないのがバレンシアだなんてバレンシアファンとしてはとても複雑な心境。

サッカーどころじゃないだろう選手たち。
対戦相手として戦い、代表でともに戦ったプエルタがもういないという事実を彼らが消化しきれてるわけはない。

U-21で一緒だったアルビオル、ガビラン、シルバ、アレクシス。
おなじアンダルシア出身のホアキン。

彼等の気持ちは察するにあまりある。

しかし道は続き、戦いは続く。
彼らに今できることがあるとすれば、それはこの戦いをプエルタのためにプレーすること。
彼の名にかけて戦い、彼にささげるゴールを決めること。
彼に勝利をささげること。

きっとバレンシアの選手達は今とても結束している。
この悲しみを乗り越えるには一歩ずつ歩んで行くしかない。
Amunt Valencia!!!


招集メンバ:
アルベルダがいません。
GK:カニサレス、ヒルデブラント、モラ
DF:ミゲル、カネイラ、マルチェナ、アルビオル、アレクシス、エルゲラ、モレッティ
MF:アングロ、サニー、バラハ、ガビラン、ホアキン
FW:アリスメンディ、シルバ、モリエンテス、ビージャ



Hasta siempre 

プエルタが、、、亡くなってしまった。
22歳。。。あまりにも若すぎる

ご冥福をお祈り致します。

追記:
UEFAは今日のAEKアテネ×セビージャのCL予備戦を来週に延期。
リーガは今節のオサスナ戦を別の日にちに振りかえる事を決定。
今週金曜日に予定されているミランとのヨーロッパスーパーカップがどうなるかは現在未定。




コメントくださった方々、
ごめんなさい、今日はコメントバックできません。
CLのPREVIAも明日にします。


アニモ、プエルタ!!!!!!!!!! 

アニモ、プエルタ!!
一郎さんがバレンシアサッカーライフでブエルタの様子を伝えてくださっております。
私がMARCAを訳すより早くて確実ですのでそちらをご覧ください。



良くなったと思っていたのに。。。依然危険状態だそうです。 2007/8/28 0:33
Animo! Antonio!!!



今、MARCAを見たら少し良くなったみたいです。
よかった。。。



心から彼の無事を祈ります。
戻って来て!プエルタ!

リーガ第1節ビジャレアル戦【CRONICA】 

2007-09-03_IMG_2007-08-27_00.00.00__LV002DE001.EPS.jpg

0-3


びり?



たった1節終わっただけだけど、びりです。
しかもデポルティーボ、レバンテと同じ。
あ~あ。
本当に最悪からのスタートだわ。

退場者二人、その他イエロー2枚。
これより悪いゲームはもう今シーズンないでしょうね?キケ!

様子を見るようなゲームの入り方はなぜ?


優勝を狙うチームが迎えたホームでの開幕戦。
なのになんでもっと戦わないの??
キケは何を考えてこんな試合をやっているの?
プレッシャかけて高い位置でボールを奪ってってサッカーをやるんじゃなかったの?

「ダビ、もっとガツガツ行ってよ!」
何度私がテレビに向かって叫んだか!

私が心配なのは選手のコンディションが良くなさそうだったこと。
昨シーズンのおわりころと変わらない感じ。
これってフィジカルコーチの調整ミスじゃないのかしら。

CL予備戦ファーストレグがトップコンディションだったのかしら。
代表選手たちは疲れが残っていたのかしら。



ビージャの退場


76334625.jpg

でも一点取られた後、少しずつ可能性を感じるようなプレーが見えてきて
これは後半いけるな。と思った矢先。。。

まさかビージャがあんなことをするとは思わなかった。
完璧なシュミレーション。
あれは、確かに足はちょっとかかっているけど倒れ方が大げさすぎる。

試合が終わった直後は
「あのカードによって試合が壊れた。あのカードは出すべきじゃなかった」
と思ったけれど、もしかしたらあのカードをだされていなかったら今シーズンが壊れていたかもしれない。

頭の良いビージャのこと。
ここで厳重な注意をうけるだけでも自分を戒めることはできただろう。
でもあまりに苦すぎるホーム開幕戦での退場によって2度とあんなバカなことはやらないんじゃないか。
そうなればそれはビージャにとっては良いこと。
よく覚えておいて欲しい。この悔しさを。
キケも言っている。「正直にならなくてはならない」って。



一か八か


070826-QUIQUE.jpg

まさか開幕戦からエースのビージャが前半のうちに退場するなんてことは彼のゲームプランには全くなかったにちがいない。
キケはビージャ退場で試合は存在しなくなったといっているけどそれでも
後半、チームにメッセージをこめて3バックと言う大博打に出た。

「メスタージャでの開幕戦、ファンの前で負けるのか!おまえ達!」
「ビージャがいないと勝てないのか!」
「1点差でも2点差でも負けは負け。ならやるだけやってこい!」
そんなメッセージを私は感じたのだけど。


私はキケのこういう采配が好き。
一昨シーズンは時々みせてくれたけど、昨シーズンは覚えている限り皆無だった。
昨シーズンのキケならモリエンテスとアングロの交代だけだったと思う。
今回はミゲルをさげてガビランをいれ、前線の人数を保とうとした。

たしかにうまくいかなかった。
後半最初こそその意図を汲んだ選手たちに勢いは見られたもののやっぱり3バックはきつかった。

でも今シーズン、キケはこれだけ勝負するんだというメッセージは選手にもファンである私達にも伝わったと思う。

まぁキケに批判的な人は「全く何もできなかった」とか「攻撃を組み立てられない」という一言で片付けてしまうんだろうけれど。


大事なのは終わり


キケは試合後の記者会見でこう言っています。
「我々がボールを支配する事は難しかった。
 しかし試合は退場者がでたところで存在しなくなった。
 なぜ先制点をきめられたのか、なぜ選手が退場したのかを自問しなければならない。
 そしてそれは解決しなければならない。
 残りの問題は我々が改善できなかった事だ。変えるために何もする事が出来なかった。」

「我々はCLの予備戦より劣った試合をした。
 あの試合で我々は希望を持った。
 しかし謙虚に、現実的にならなくてはならない。
 そして自分たちをもっとうまくコントロールしなければならない。」

「これは始まりだ。大切なのはどうおわるかということだ。
 とはいっても全員がうまくスタートがきれることを望んでいた。
 この結果は我々にとって最初から厳しいものだ」


キケの言うとおり、これははじまり。大切なのはどう終わるか。
最初に笑うより最後に笑った方がいいことを私達はすでに知っている。
私は最後に笑いたい。



最後にひとこと


退場を喰らった二人&マルチェナ。
あなた達より若いシルバやアルビオルはあれだけひたむきにプレーをしている。
あなた達より年上のモーロも必死にボールを追いかけている。
なぜ、あなた達にできないの?
ファールをもらうことやPKを得ることを考える前に正当な手段で戦うことを考えて欲しい。
そんなことをしなくては勝てないような準備しかしていないわけじゃないでしょ?
そんなことで勝負しなくても勝てる力をもった選手なんだから。
あまりファンを悲しませないでください。

キケ、次の試合、マルチェナもはずしてください。
エルゲラにプロの仕事を見せてもらいましょう。





== Ficha Tecnica ==
Valencia
GK:カニサレス
DF:ミゲル(min46 ガビラン)、アルビオル、マルチェナ、モレッティ
MF:アルベルダ(サニー)、バラハ、ホアキン、シルバ
FW:ビージャ、アングロ(モリエンテス)

ビジャレアル
GK:Viera
DF:Capdevila, Cygan, Venta, Fuentes
MF:Josico, Pires (Cani, min. 68), Cazorla, Senna
FW:Tomasson (Mati Fern?ndez, min.54),Rossi (Nihat, min. 76).


ゴール
  0-1:min16 Tomasson
  0-2:min57 Rossi
  0-3:min74 Cazorla

審判
   Perez Lasa (Colegio vasco)

カード
  レッドカード
    バレンシア:ビージャ(イエロー2枚による)
          ホアキン(審判への暴言による)
  イエローカード
    バレンシア:マルチェナ、アルビオル
   ビジャレアル:ロッシ

観客数
  43000人

スタジアム
  Camp de Mestalla,

最悪からのスタート 

これ以上悪い試合はできません。
「なぜ先制点をとられてしまったのか。なぜ退場者をだしてしまったのか。
 それを考えて解決しなければならない。」

キケのコメントが冷静でこちらが恥ずかしい。
やっぱり試合が終わってすぐに感情にまかせて感想を書くのはやめた方がいいですね。

審判に言いたい事は山ほどあると思うけれど、
あそこで我慢できなかったビージャに対してキケは反省を促しているんですよね。
またキケはビージャのこともケアをして行く事になるんでしょう。
昨シーズンも最初の頃、ビージャは結構カードが多かったんですよね。
ゴールがきまらなくてイライラしたビージャはその時と同じ。
またキケ診療室前には行列ができそうだ。。。

最後、アルビオルまでラフなプレーをしてしまいカードをもらっていた。
チーム全体で反省すべき試合ですね。






たぶん今日の試合が今シーズン最悪の試合となるでしょう。
次の試合での勝利を願いましょう。


詳しくはまた改めて書きますが、率直な感想をひとこと。

しかし開幕試合から審判が主役になるとは思わなかった。
ロペス・ラサ。
彼は試合を壊しにきたのか?
開幕戦でホーム不利の笛を吹きまくってどういうことだ?


ビージャはあきらかにダイブだと思う。
昨シーズンからの悪いイメージを払拭するためにあそこはこらえてほしかった。

でも、あそこでイエローだして退場させる意味があるのか?!
ビージャを呼んでしっかりと注意すればよかったんじゃないか?
「次やったら退場だぞ!」と言えばいいんじゃないのか?
あれで試合はこわれてしまった。


ホアキンは何をした?
一人少ない状況で一発レッドを出す意味があるかのか?


ロペス・ラサ。
あなたの立ち位置のまずいこと。
バレンシアの攻撃の邪魔ばかりしている。
この人前もバレンシア戦を壊した事があるような気がする。
その名前に覚えがある。



最後にキケ!
後半なぜベンチから出てこない?
なぜ選手達をピッチサイドから鼓舞しない?
それが一番さびしかったよ。
後半キケが送ったメッセージは裏目に出てしまったけど、やろうとしている事はわかったし、
私たちに伝わって来た。
だから2点目を入れられたあと、出て来てほしかった。。。




マヌエル・フェルナンデス獲得決定 

ベンフィカの21歳

バレンシアがポルトガルのベンフィカから21歳のMF、
Manuel Henriques Tavares Fernandes を獲得しました。

日曜日の真夜中2時まで交渉が持たれ、その結果決まったそうです。
移籍金は1500万ユーロ。

ベンフィカ、ポーツマスをへて昨シーズンはエバートンのレンタルされて活躍したようですね。
エバートンが獲得を熱望していたようですし。

でもひと言いいですか?
21歳。。。それなら、ハビ・ガルシア獲れよ!

もう一つの心配事 

セビージャのプエルタが...
一郎さんのスポナビ記事
セビージャのプエルタ。
昨シーズン、スペイン代表にも招集された将来有望なサイドアタッカー。
その彼に一体何があったんだろうか。

試合の前半になんでもないところで突然卒倒。
一度は意識がもどったものの再びロッカールームで倒れたため病院に搬送したところ、
病院に着いた時は心肺停止状態に。
人工呼吸と心肺蘇生を行ってなんとか最悪の事態は免れたもののいまだ深刻な状態。

とにかくしばらく見守りたいです。
Animo, Antonio!!!




一郎さんのブログから。
26日朝、医師団が会見を行い「人工呼吸器を付けており、いぜん不安定な容態」と発表した。(スペイン時間26日14時45分更新)

だそうです。
がんばれ、プエルタ!!!



リーガみせてくれ~~~~~! 

残念!
徹夜しちゃったんですよ。
U-17のフランス戦をちらちら見ていたせいもありますが、
3時からのマドリーダービー、楽しみにしていましたから。

だって開幕戦がいきなりマドリーダービーなんて私がリーガ見始めて初めてのことです。
しかもこれまた初めての
「トーレスがいない」
「アトレティコが勝てるかも?という確立が80%くらいある」
マドリーダービーですからね。
見逃すわけにはいかなかったんですよね。

なのに。。。


理解不能



やってくれました、スペインメディア。
試合の配信がどうなっているかちゃんと配信先に説明していなかったのか?
WOWOWの説明によれば、これは日本だけではなく全世界的な問題であるそう。

配信元が変わるタイミングであった今年、その受け渡しがスムーズにいっていないらしいことは現地の一般紙などにも載っていましたが、いくら何でも開幕戦までにははっきりさせるだろうと思っていたのであまり真剣に内容まで読んでいなかったんです。
だから詳細はわかりません。

通常でも試合の正確な日時(土曜開催か日曜開催か、何時にキックオフか)はその週の火曜日くらいにならないとはっきりしないスペインなんですがいくらなんでもリーグの開幕戦の試合日程が4日前に変わるなんて普通じゃなかったんですよね。
私が甘かったです。

でもとても私たち日本人、いえきっとイギリス人にもドイツ人にもオランダ人にもフランス人にも考えられないことですよ。


バレンシア戦は。。。


見たい!絶対見たい!
まちにまった開幕戦ですよ!

昨シーズンのリーガが終ってから3ヶ月。
どんなに寂しかったか。
やっと彼等の姿が見られるんですよ。(CL予備戦のことは置いといて)

我家はネットで見る状態にはしていないんですよね。
私が使っているPCがMACだという事もあって。
だからWOWOWさんにすべてがかかっているんです。

たぶんWOWOW自体がパニックに落ち入ってしまったとおもうのです。
だって6時からの特番を見た時はなにも言っていませんでしたから。

もしかしたらどうにもならない事なのかもしれませんが現地との交渉も含めて今後のWOWOWの対応に期待しましょう。


一刻も早い解決を!


スペイン側にもどうにかしてほしいです。
でもスペイン現地の新聞にはそんなことがあったとは書かれておりません。

こりゃ政府介入ですよ!サパテロさん!
どうにかしてくれないと世界各地で暴動がおこっちゃいますよ!
リーガみせろ!って。

国際問題に発展!なんてことになりかねない!
大丈夫か?スペイン!

リーガ第1節ビジャレアル戦【PREVIA1】 

絶対勝ちたい!



2007-09-01_POR_2007-08-25_00_41_16_1_ejemplar4803.jpg

明日、8月26日現地時間21時、日本時間27日(月)早朝4時からメスタージャで行われるビジャレアル戦。

勝ちたい!とにかく勝ちたい!意地でも勝ちたい!何があっても勝ちたい!

それは開幕戦だからでもバレンシア州ダービーだからでもない。
昨シーズン、優勝の夢を断ち切られた相手だからです!

口惜しかったあの敗戦を思いだすと今でもキリキリします。
だから絶対勝ちたいんです!


先制ゴールはビージャ!


世間は騒いでおります。
ビージャがプリメーラだけではなくセグンダの時も含めて開幕戦でゴールを決めた事がないって。
開幕戦無得点のジンクスを破りたいビージャ
私はこんなジンクスはあまり気にしていません。
最近のビージャはなんだかツキにも見放されたような感じ、そっちの方が気になるんです。
本人もちょっと気にしているかなっていう感じがするし。

流れのなかから1ゴール、決まれば流れが変わるような気がするんですけどね。

だから、、、そんな思いも込めて開幕戦の先制ゴールをビージャにきめさせたい!
ジンクスをやぶってほしい!

そしてシーズンが終る時久しぶりにスペイン人のピチチ誕生!となってほしい。
そうなったらきっと。。。バレンシア、優勝ですよね。


心配なビセンテ


やっぱりビセンテは外れました。一郎さんのスポナビ記事
彼の気持ちの落ち込みが心配。
だってずっとここに焦点を合わせてプレシーズン、頑張って来ていたから。
またまたキケ診療室の開設かしら。しっかりとサポートお願いします。

無理かもしれないけど、、、パコ(昨シーズンまでのフィジカルコーチ)の意見が聞きたいなぁ。
彼は怪我がちなアイマールを支えましたからね。
(昨シーズン、怪我した時にアイマールはパコに相談したらしいです)

ビセンテは一郎さんの記事にもあるように「スペイン代表」の命運も左右する選手。
クラブ間の垣根など取り払ってメディカル、フィジカルの力を貸してほしい、今はもうそんな気持ちです。

それでは招集メンバです



GK:カニサレス、ヒルデブラント
DF:ミゲル、カネイラ、マルチェナ、アルビオル、アレクシス、エルゲラ、モレッティ
MF:アルベルダ、アングロ、サニー、バラハ、ガビラン、ホアキン
FW:シルバ、モリエンテス、ビージャ


デル・オルノ、マタ、モラ、アリスメンディ、ビセンテ、エドゥ、ジキッチ
が外れました。

でも、けが人がいないとこれだけのメンバーが招集メンバからも外れちゃうんですね。
豪華ですねぇ。。。
とにかく怪我だけはしないでください、選手の皆様!

信じております 

キケとバラハの口論



2007-08-30_IMG_2007-08-23_00.30.02__JV037DE001.EPS.jpg

地元紙ではあまり大きく取り上げられてはいないのですが、少しだけ記事になっていて、
それはどちらかというとデル・オルノの件にこじつけたものが多かったんです。
キケはやっぱりデル・オルノを戦力として考えていないようで、それを昨日の記者会見で思わずぽろっと言ってしまったと書いてありました。
「バラハがたくさんの時間プレーしているのは代わりの選手がいないからだ。
 でもその質問はモレッティにもいえる事だ。」
と、モレッティのバックアッパーとしてもデル・オルノを考えていない事がバレてしまったんですね。

バラハとの口論が波紋を呼ぶ


一郎さんのスポナビ記事を読んでちょっと複雑な思いでした。
バラハが言ったことはチームのことを考えてだろうし、きっとキケのためにもなるでしょう。
その内容が端から見ていて正当な事なのかどうかはわかりません。
ただ、ナランハ杯で負けてからキケがかなりナーバスになっていた事は確かです。
あの試合の選手達の姿が昨シーズン格下相手に取りこぼした試合をキケに思い出させたから
じゃないかな、と私は思っているんですけどね。

私がなぜ複雑だったかというとバラハにせめて練習後に二人で話をしてほしかったと思ったから。
だってバラハはカピタンなんですから。
こんな風に公になってしまう事でバラハとの仲を疑われ、キケは余計なプレッシャを感じてしまう。
ただでさえバレンシアは余計なプレッシャが多いクラブなんだから。。。

案の定記者会見でいろいろ聞かれたんですよね。

私は今のキケが好き


2007-09-01_IMG_2007-08-25_00-1.00.00__SV039DE001_OK.EPS.jpg

フットボリスタでは「嘘をごまかせない」といわれ、
今回は一郎さんに「逆に弱さを感じさせる」と言われるキケが好きです。
まだまだ監督として経験不足なのはしかたありません。
4シーズン目ですから。プリメーラの監督になって。

私ももちろんキケに人間としてまた監督として大きくなってほしいし、
バレンシアのために尽くした男と言われるようになってほしい。
でも決してごまかすのがうまい監督になってほしくはないんです。

いままでの2年間もいろいろありました。
最初はもっともっと「本音」がぽろぽろでる監督でした。
でもその度に彼は成長して、昨シーズンの終盤は選手達ともすごく良い雰囲気になっていたと思います。
ダビやアングロの契約延長がうまくいかない時に選手を擁護し、マスコミに叩かれたホアキンをかばい、ビセンテを支え、ビージャと個人的に話し合いを続けました。
一郎さんの記事でもプレシーズンのキャンプに構想外の選手をつれていかないという判断をした事が選手達に歓迎されていると書かれています。
きっと今回のこともキケなりに消化し、チームを率いる手腕に生かしてくれると思っています。


誠実なままで


決して偉大な監督すべてが「嘘がうまい」監督さんだけじゃないと思います。
どちらかというとラファやベンゲルは正直だなぁと思ってしまう事が多いし。
一郎さんもキケにそうなってくれと言っているわけではない。

今シーズン、タイトルを獲らなければと思っているキケがナランハ杯の敗戦で
ナーバスになるのは理解できる。
そしてそんな彼が考え込んだり、選手達に多くを要求するだろう事も想像できる。

でも選手たちに監督がナーバスになっていることを感じとらせるようじゃダメなんでしょう。
バラハが言いたい事はそんな事なんじゃないのかな。
「もっとどーんと構えていなよ、監督!
 オレたち、プレシーズンにやる事はやったじゃないか。もっと信じてくれよ!」
カピタンとしてそんな風に思っているんじゃないかな。


今シーズンもまたいろいろあると思います。
でも、キケには彼の良い面である人柄の良さを感じさせる面を保ちつつ、
バレンシアにタイトルをもたらしてほしい。
それは決して無理な事ではないはず。
今シーズン、きっとそれを証明してくれる、と私は信じています。

またやっちゃった… 

意外と笑い上戸?



quique_20070824


キケ、記者会見の様子
よく笑うよなぁ、キケって。
昨日の記者会見でまたやってしまったらしい。
でも昨シーズンのように笑いが止まらなくなって一度退席、なんてことにはならなかったようですけどね。
昨シーズンの様子はこちらから1
昨シーズンの様子はこちらから2

この記者さん、CLの記者会見のときやそのほかの記者会見のときにも声を聞いたことがあるような…
よくご質問なさる方なのかしら。

しかしなぜ笑い出したのかは不明。
だって質問の内容はいたってまじめ。
今週末リーガが開幕するけど、強い相手だし…というような内容で決して笑いがおこるようなことは言っていないんですよね。
記者さんも
「なんで笑うの?冗談じゃなくて、まじめな話だよ?」
と言っています。


どうもこのビデオを見ていると最初から
「あれれ、またくるかな?」って
雰囲気だったので記者会見開始前に何かあったんじゃないでしょうか。


いつも眉間に深いしわを寄せて、思慮深い雰囲気を漂わせている彼がいったいなぜこんな状態に陥ってしまうのか、興味あるなぁ。
(私だけですよね、そんなんの)
一度記者会見場に紛れ込んでみてみたいものです。

でも、チームの仕上がりがいいからシーズン開始直前の記者会見で爆笑もできるんですよね。

日曜日もこんな笑いが起きる記者会見が開けるといいな。

バレンシアのヴェンゲルに 

目指せ、アーセナル!



quique_20070824

今朝ASに載ったキケのインタビュ。
そんなに長いものではないけれど、その中に私を小躍りさせるような言葉が。

「私は将来に希望を持っている。
 新しいスタジアム、世代交代の進んだチーム、タレント豊富な若手‥
 我々はアーセナルのような考え方でいたい。
 アーセナルは経済的にはチェルシーやマンU、さらにリバプールよりも劣るけれど、
 彼等は彼等の考え方を持っている。
 なんらかの勝利をえるだろうがいつもそうあるわけではない。
 それは不可能なんだ。
 我々はそのサイクルの中にいる。
 スペインでもヨーロッパでも力のあるチームに戻った。
 もし一貫性もっていれば、何年かに一度はタイトルを獲る事も出来るだろう。
 ヴェンゲルは(その去就が?)議論されない。
 彼は若い選手を起用して、やり易さを感じている。
 彼は継続性を求めている。
 なぜなら結果主義でなく長い期間のプロジェクト追求しているから。」

「私はベニテスやカペッロよりもヴェンゲルをより好ましく思っている。
 ベニテスやカペッロは結果主義に思える。」

大好きな監督が私が理想的と思っている監督を目指してくれている。
これだけでうれしい。

アーセナル自体は若手を多く使っているとはいえ、他国から安い選手を買ってきて育てている状態。
私はやっぱり今のバレンシアのような「カンテラ育ち」を大事にするほうが好きですけど。

でもヴェンゲル監督の若い選手の才能を見抜く目と、育てる手腕はすばらしいですよね。
それはキケにも十分あるような気がしています。

一昨シーズンはアルビオル。
昨シーズンはシルバ。

今シーズン彼らのように大きく羽ばたくのは誰でしょう?
ガビラン?アレクシス?それともマタ?サニー?
いきなりモントーロ?

マタやサニー、モントーロを使い続けなければいけない切羽詰った状態になるのは困りますが、彼らがキケから与えられたチャンスを活かして活躍してくれたら願ったりかなったりです。



デル・オルノのこと


気になるデル・オルノのことを話しています。
デル・オルノはいまだにチームに入っているとはいえないようだけど?
「デル・オルノはいまだにあの時に言われた事を理解できていないようだ。
 しかし9月1日から違う状態になるだろう。
 彼はまさに彼のやる気やビッグクラブでのポジション争いをする気持ちを見せるべき選手なんだ。
 彼がおっている責任はバレンシアのユニフォームを守る事なんだ。
 この紋章を守る行為を尊重できない、ということは誰に対しても我々は許せない。」

デル・オルノはバレンシアのエンブレムを尊重していないと?
「私は言わなければいけないことは既に言ったよ」


何かがあるんですね。
やっぱりキケが許せない何かが。
それはきっとバレンシアのエンブレムを背負ったことのある人じゃないとわからない事なんじゃないでしょうか。

キケは毎試合選手を送る出すのに胸のエンブレムに手を当てる監督です。
バレンシアというクラブにあふれんばかりの愛情を持っています。

デル・オルノは歴史あるビルバオの選手。
そのチームの選手である事を誇りに思って戦っていたはず。
なら、キケが言う事、理解できるのではと思うのですが。。。

WOWOWさん、大丈夫? 

いまさら変更って…
まぁ日にちが変わったわけじゃないからまだいいですが、
試合時間が4日まえに変更になるなんて日本じゃ考えられませんよね。

バレンシアの開幕戦、ビジャレアル戦が
8月26日現地時間19時キックオフから21時キックオフに変わりました。

これって何で?
テレビ放送の関係?

それともキケが「早い時間の試合は好きじゃない」って駄々こねた?

そうなんです。
昨シーズン、早い時間にキックオフする試合はメスタージャでも負けたり、引き分けたりすることが多かったんですね。
良い例が3月のラシン戦とあのシーズンも押し迫った時期のビジャレアル戦、ソシエダ戦。

どうもダメですよねぇ。

ナンバーにキケの記事が載ったときに、バレンシアは
「試合前に戦術ミーティングを2度行う」
と書いてありました。

そこから勝手に
「普段2度行う戦術ミーティングがキックオフが早いと一回しかできないからダメなんじゃないのか」
なんて推測してしまいましたが。


どっちにしろ、遅い時間になってキケはよろこんでいるだろうし、私たち日本のファンにも、それにスペインのファンにも好都合。


ただし!
こまるのはWOWOWでしょう。
日曜日の3時57分から 録画で 放送しようと思っていたバレンシア×ビジャレアル戦がいきなり生放送になってしまったわけだから。

このまま生放送で放送してくれるか、それとも…
月曜深夜枠のセビージャ戦と交換か。

せっかく生で放送できる時間にキックオフが変更になったんだからそのまま放送してくださいね、WOWOWさん!

頼みますよ!

バレンシアで勝利! 

Gran Silva



grecesp2.jpg

一郎さんのブログ記事「代表監督メッタ斬り」
(↑の写真、バレンシアの3人、パンツのひもがべろーっと出ている…
 シルバ、ビージャ、ああ、やっぱりホアキンも…ビージャの手のところに見えている)

いやぁ、すっかり寝坊して文字放送さえチェックしてません!
休み明けは辛いです。。。
なのでelmundoやASやMARCAの記事を読んで感じた事をちょっと。
詳しいCRONICAは試合の放送を見てからにしますね。

この試合の放送があるのは日本では来週の月曜日深夜1時10分から(チャンネルはBS1)
(Mikiさん、情報ありがとうございます!)
みなさん、お忘れなく!

いったいどんなピッチだったのかを見るのも楽しみかも。
けが人がでなかった上にバレンシア勢のゴールで勝ったから
こんなこと言っていられるんですけどね。


試合はバレンシアの選手5人が先発出場を果たし、
マルチェナのゴールとシルバのドブレテで3-2の勝利!
うーん、リーガ開幕に向けて気分よく帰って来れました!
バレンシアにとってはよかったですよね。

でも。。。
案の定守備がもたついたようです。
やっぱり心配だ、、、このDF。

まぁ怪我さえしなければOKな訳できっとチャビ&アルベルダはほどよいさじ加減で試合をコントロールしていたんでしょうね。

後半はそこそこだったらしいですが、またスペインのマスコミは
シャビアロンソ、セスク、イニエスタが並んだセンターはすばらしかったなんていっている。
あのねぇ。。。またダビ追い出しですか?
今度はアラゴネスおじい様が血迷わないことを祈ります。。。
ユーロ予選はこんなに簡単にはいかないですからね!

まずはそれより失点を防ぐことを考えないと。
DF陣の見直しが急務じゃないですかぁ?おじい様!


レアルがエインセを獲得だそうで。
ならミゲル・トーレスをバレンシアにください!
(いえ、くれなくてもいいです、お金払います。)
実はミゲル・トーレスは密かに昨シーズンから目をつけていたDFなんですよ。
ミゲル・トーレス

彼がきたらアルビオル、アレクシスと3人で完璧なディフェンスがつくれるのになぁ。
そのまま代表DFになれますよ!

バレンシアもファンデルファールトに2200万ユーロも使おうって言うんだから
ケチな事言わないでこの際、ミゲル・トーレス+ハビ・ガルシア、
どーんとレアルから強奪してくださいな。

しんじられないーーーーーーい! 

ムフッ



Gavilan_20070823

オフィシャルを開くと今日は。。。ガビランでした!!!


昨日はフットボリスタの記事で大満足だったのに
さらにアレクシスの記者会見があって、
倉敷アナのいうケーキにイチゴがのっかった!と思ったのに。
今日はさらにそれにろうそく立ててくれたって感じです。

だって実は今週の土曜日は私の誕生日なんですもの!
まぁろうそくは数が多すぎて立てきれないと思いますが。

いいことは続くものですねぇ。

しかしアレクシス同様、なぜガビランなのかは不明。
いつしか気になる存在になっておりました。

昨シーズンは希望に胸を膨らませて開幕を迎え、徐々にチームにフィットしてさぁこれから!っていう時に膝の靭帯断絶という重傷を負ってしまったガビラン。

今シーズンこそ彼の真価を発揮するときです!

ビセンテがいまだ筋肉のトラブルに見舞われ続けているのは残念ですが、その分、ガビランががんばってくれるでしょう。
キケには二人をうまく使って長いシーズンを乗り切ってほしいですね。

最近の試合のガビランを見ていて思うのは、もう少しモレッティとのコンビネーションが良くなるといいなということ。
後ろが見えていないというかせっかくモレッティが良い上がりをしているのに正直にクロスあげちゃったりするシーンが多い気がするので。

これも試合に出る機会が増えれば修正されていくかな。


目標はリーガチャンピオン!


Gavilan_20070823_1

日曜日の試合について
「ダービーと言う特別なモチベーションもあるけど、
 ビジャレアルとの開幕戦は勝たなくてはならない。

 僕らはシーズン序盤、対戦相手に恵まれているし、
 勝利でシーズンのスタートをきることはとても重要なことだ。」

「ビジャレアルはバレンシア戦で活躍したフォルランのような
 大事な選手を失ったけど良い補強をしている。
 カソルラのような(他チームにレンタルされていた)選手も戻ってきたし。
 競争力のあるチームだよね。きっと上位を争うだろう。」


ビセンテについて
「今日はピッチで練習していたし、ランニングもしていた。
 僕らはこの一週間ずっとできるだけ早く彼がチームに戻ってこられるといいと思っているよ。
 CL予備戦のビセンテは以前彼が見せていたような良い状態だったし、
 すばらしい試合をしたと思う。
 僕は良い状態でいるためにトレーニングをして、
 監督が僕を必要としたときにそれにこたえられるようにしたい。」
 

今シーズンの目標
「一番に思っているのはバレンシアのユニフォームを着てできるだけたくさんの試合にでること。
 昨シーズンは怪我でたくさんの試合を失ってしまった。
 今はプレーしたい気持ちでいっぱいだ。
 ヨーロッパの戦いもあるのでたくさんの試合がある。
 水曜日、日曜日、チャンピオンズ、国王杯。。。
 僕はバレンシアができるだけ上位にいるのに協力するために
 試合にでたいし、良いプレーがしたい。
 チームのなかで重要な選手であると感じたいよ」



最後の言葉がちょっと切実。
アルビオル、シルバに出遅れちゃったものね。
でもそれは怪我もあってのこと。
あの怪我でガビランはきっと精神的に強くなったはず。
それがいつか彼を支える大きな力になるでしょう。

期待していますよ、ガビラン。

怪我しないでね! 

最悪のピッチコンディション
今日スペイン代表とギリシャ代表の試合(日本時間明日3時半から)が行われるグラウンド、最悪のコンディションらしいです。
スペイン代表、ピッチ不良で前日練習中止

昨日あまりのひどさにアラゴネスおじい様は選手に練習するのを
やめさせ、ホテルのジムでのトレーニングに切り替えたくらい。

選手たちも口をそろえて
「これが代表の試合をするグラウンドか?」
「こんなひどいのは子供のころから見たことがない」
「こんなところでプレーしたら怪我するのがオチ」
などと文句を言っております。

実際、雑草は生えているし、グラウンドは堅いし、凹凸はあるしでスペイン代表関係者もかなり怒っているらしいです。

誰だって選手に怪我をしてほしくないですものね。

スペインの関係者は少しでもピッチコンディションを良くさせようと、ギリシャの関係者に
「雑草を刈り取り、ローラーをかけ、試合前に十分な水をまくこと」
を要求しました。

でもそれでどこまで回復するか。。。
きっと夏の間誰もメンテナンスしていないような地方のスタジアムなんでしょう。
なんでそんなところで代表戦をやるのかなぁ。


すごく心配です。
今回は勝負よりとにかく怪我せずに帰ってきてくれることだけを祈りましょう。
もちろんバレンシアの選手たちだけじゃなく全員無事で戻ってきてください。


この試合のカピタンは



アラゴネスおじい様に再び裏切られました。

ラウールが召集されなくなってからカピタンを務めていたカシージャスが怪我で離脱。
「じゃ、カピタンはもしかして。。。ダビ?

と思っていたのですが。

。。。チャビでした。

いいんですけどね。
でもモーロも言っていたでしょう?
ピッチの中央でその役目を果たしているのはアルベルダだって。


だからバレンシアが大好きだ 

さぁ明日はフットボリスタの日
今回はビージャ&ホアキンのインタビュです。

私はなぜか一日早く読む事ができるのですが(キオスクさん、ありがとう!)
これを読んで私の中のバレンシアニスモが再びめらめらと。。。


クラブへの愛にあふれた監督。
知性あふれるカピタン。
まったく飾り気のないエースストライカー。
成長を期して移籍して来たクラック。
輝ける将来をこのクラブに託そうとしている新たなスター。
もう一度栄冠を、とやって来たベテラン。


バレンシアってなんてステキなクラブなんでしょう。
たとえ狸会長がおバカな発言をしても、
移籍交渉がいつになっても下手でも、
お家騒動が絶えなくても、
ウルトラズが信じられないような行動をとっても
それでも私はやっぱり
バレンシアが好きですよ!


今回のビージャとホアキンのインタビュ、前回のキケとシルバのインタビュを読んで
このクラブの選手達の素朴さとクラブとしての程よいいい加減さを感じました。
これがいいんだよなぁ、バレンシアって。

ビッグクラブにならなくてもいいんじゃない?
今くらいでいいんじゃない?

本当に良いインタビュでした。
バレンシアファンとしてお礼を言いたい!

木村編集長、そして一郎さん、ありがとうございます。


あ、できたら次はダビもおねがいしますね~

リーガ開幕が迫ってきた! 

放送ありです!

いよいよ今週末に開幕するリーガ。
ダービー目白押しで放送してくれるかどうか心配だったのですが大丈夫でした。

8月26日(日曜日)深夜3時58分から放送があります。
この放送開始時間、ちょっとねぇ。。。
バルサの試合と重なっているからなんでしょうけど
本当は現地時間19時の開始なので日本時間で2時から試合をやっていて
ちょうど終わろうかという時間なんですよね。

WOWOWってチャンネルを複数もっているんだから
同時にリーガ2試合放送してもいいと思うんですけど。。。
視聴率に差がでちゃう?
いやいやバレンシアファンだって負けませんよ!

放送予定カードはこんな感じです。



8月25日(土):深夜2時55分~(生放送)  R・マドリー × A・マドリー
  26日(日):深夜1時55分~(生放送)  ラシン × バルセロナ
         深夜3時58分~(録画)   バレンシア × ビジャレアル
  27日(月):深夜1時50分~(録画)   セビージャ × ヘタフェ


      

ビジャレアルに勝てないキケ?
キケがいままでプリメーラのチームを率いた3シーズン、
ヘタフェでもバレンシアでもホームでビジャレアルに勝てないんですって!
どの試合もフォルランに痛い目にあっていたようです。
だからキケは「フォルランが欲しい!」って言っていたのかな。


でも、だからどうだっていうの!って思うのです。
今シーズンは今シーズンでまた新たな戦いが始まるんですよね。
選手も変わっているし(それはビジャレアルの方だけかも)。

それに今回は開幕戦。
負けるわけにはいかないんです!

期待してますよ!

でも今度はアトレティコ戦要注意。

きたぁーーーーーーー! 

理由は不明



ALEXISUNO21AGOSTO07.jpg


でも気になる存在。
アレクシス ルアーノ

本日の記者会見は彼。
決してguapoだとは思いません。

でもすごく雰囲気があるんですよ。
ただ、その彫り物はやめてほしいけど。

今現在とってもバレンシアっぽくないけど、必ずバレンシアの選手っぽくなるだろうと思う。
骨があるというかな。
そんなものを感じるんですよ、彼に。
アルビオルは静かな闘志を秘めている。
でもアレクシスは表にそれを出すタイプなんじゃないかな。
すごくよいコンビになりそうな気がします。


でも。。。
アルビオルやシルバが好きならよかったのになぁ。
なぜか私はガビランとアレクシス。
あ~あ。どうも心配の種がつきない方を選んじゃう癖、抜けていないなぁ(苦笑)


インタビュの内容は
「ここに来てからもいつでもプレーしたいし、レギュラーとして試合にでたいと思っているよ。
 でもできなかったね。
 プレーは出来るだろうけど、それは監督が決める事だよ。
 キケの判断を尊重しなければいけない。
 僕にとって難しいケースでも練習はとてもうまくいっている。
 落ち着かなければいけない。まだはじまったばかりだし、これから先は長いからね。」

ナランハ杯の後、キケがかなり怒った事については。。。
(日曜日のお休み取りやめはキケが選手達にお説教をするためだったようです)
「あの試合はいつも我々に希望をもって声援してくれるファンの見ている
 プレゼン試合だったからね。
 それにリーガがはじまる直前の試合だったし。
 キケが怒るのも無理はないよ」

「今シーズンのリーガは昨シーズンと同じように競争の厳しいシーズンになるだろうね。
 シーズンの最後までチャンピオンが決まらないなんてすばらしいよ。
 バレンシアが最後にチャンピオンになれるといいよね」


ごめんなさい!
本当は昨日Las Provinciasに載っていたシルバのインタを少し訳そうかと思っていたんですが、予定変更、アレクシスになっちゃいました。

シルバファンの方々、ごめんなさいねぇ~!

これじゃつまらない! 

え?これでおしまい?
070818-Presentacion-foto10_p.jpg



今シーズンのプレゼンのビデオはこれで終わりでしょうか?
07-08プレゼン

そりゃないよ、クラブの方々。

やっぱり一人ひとり選手がどんな風に呼ばれていたか知りたいじゃない!
あの朗々とした声で呼ばれる選手の名前を聞きたいじゃない!
観客の反応がどんなだったか知りたいじゃない!

一応オフィシャルに各選手登場のときにどんな風に紹介されたかはでていたけど。。。
ちょっと残念です。

一郎さんのブログ記事によるとビセンテ以降の選手はスタンディングオベーションで向かえられたらしいです。
つまりビセンテ、モーロ、カニサレス、ホアキン、シルバ、アングロ、ビージャ、バラハ、ダビですね。
ダビなんて投げキッスしていたらしい。
でもアルビオルとガビランもやっぱり拍手は多かったんですって。
それはやはりバレンシア出身だからでしょうね。


ビデオだけじゃ雰囲気でない!
あまりに悲しいので紹介文を訳してみました。
私のつたない訳ではあの雰囲気はとてもでないと思いますが。。。

まずは私の今シーズン一押し、アレクシスからスタート

エレガントで力強い。ポテンシャルを秘めている。
スペインの中でも優れたDFである事を認めさせるためにやって来た、アレクシス!


不運な一年の後、勝利への意欲に燃えてすばらしい左利きの選手が戻って来た。
バレンシア出身。
エミレーツスタジアムで今シーズンの活躍を予感させるゴラッツォを決めた、
ハイメ ガビラーーーン!


その能力、優雅さ、堅い守備。すべてが際立っている。
チームになくてはならない選手。
まるでバレンシア出身であるかのようにバレンシアの地を愛すエミリアーーーノ モレッティーーー!


ドイツ代表GK。エレガントであり、かつ堅い。
ドイツのチャンピオンはスペインで再びチャンピオンになりたいという情熱をもってやって来たティモ ヒルデブラント!


バレンシア出身。
リーダーシップがあり、勝利者になるためのすべてを持っている。
自分のクラブで成長する事を選び、確実にそれを手に入れつつある、
私たちのラァァウーーール アルビオル!!!



ここからはスタンディング オベーションで!

まずは、ビセンテから。。。
世界一の左サイド。バレンシアでチャンピオンになるために戻って来た。
誰も彼を止められない。誰も彼ほどのスピードとテクニックを持っていない。
彼ほどすばらしい選手はいない! 
ビセンテ ロドリゲーーース!!!!!


バレンシアから愛され、ここでずっと暮らすことを夢みている。
彼はゴールそのもの。ビッグイヤーをもう一度、このバレンシアとともに!
フェルルルルナンド・モリエンテス!!!


永遠の若さ。感動的なプロ精神。ヨーロッパ最高のGKの一人。
バレンシアを導く、サンティアゴ カニサレーーース!



ロッカールームの喜び。ライバルの悪夢。
彼は芸術。ボールをムレータのようにさばき、天性のフェイントを見せる。
彼のセンタリングはとどめの一突き。まさに闘牛士。
スピードにのったフェイント、我らがホアキーーーーーン!


一気に上り詰めたシーズン。彼の魔法はバレンシアで、そしてスペイン代表で輝く。
他の選手とは訳が違う。才能にあふれ、美しい。
彼のゴールは一幅の絵。ダビーーーーーシルバ!!!!


バレンシアに来て12年。トップチームに10年。
すべてのチームが欲しいと思う選手。リーダーシップ、努力、そして戦う姿勢。
彼がいれば勝利は間違いない。 
ミゲル アンヘル アングーーーロ!!!


マリオ・ケンペス以来、バレンシアにはマタドールがいなかった。
彼の血はゴール。
ヨーロッパ中が彼を熱望しようと、彼とバレンシアは永遠だ!
彼はゴール! ビジャ マラビジャ ビジャ マラビジャ‥‥!!!
(ここで観客席からは「ビジャ ビジャ ビジャ ビジャ マラビジャ!」の声が。)


オーケストラの指揮者のごとくチームを動かすカリスマ。
エレガントでクラスがあり、違いを感じさせる。
彼のその脚はすばらしいフットボールを生み出す。
ルベン バラーーーハ!!!


ピッチの中でも外でもリーダー。バレンシア出身。
バレンシアでプレーする事を夢みた小さな少年は、彼の愛情で愛するクラブをヨーロッパの頂点へと導いた。
バレンシアニスモそのもの、カリスマ、完璧な我らがダビーー アルベルダーー!


名付け親のディ・ステファーノが少年の彼に初めておくったプレゼント。
それがバレンシアのユニフォーム。
メスタージャで選手として成長し、そして今や我々の監督である
キケ サンチェス フローレス!!

いかがでした?
全然雰囲気でませんよね。。。がっくり。


いい笑顔だ!


2007-08-26_POR_2007-08-19_01_27_05_1_ejemplar4797.jpg

オフィシャルの写真でちょっと落ち込んでいたようだったので気にしていたのですが
昨日のスーペルの表紙のこの写真でちょっと安心。

え、誰かって?
もちろんビセンテ!
やっぱり一番心配なんですよね、彼が。

しかしホアキン、何時見ても明るいですねぇ。

態度の大きなアレクシスは ↓ は全然心配しておりません。
がんばってよっ!
salto19ag2007e.jpg



こんなはずじゃ。。。:親善試合ナランハ杯 パルマ戦【CRONICA】 

Naranja_Villa1

0-2


ビージャゴールが決まらない。。。



イチローさんのスポナビ記事(怒り心頭だったのね、キケ)


親善試合なので結果はどうでもいいのです。
一郎さんのブログ記事でも、他紙でもパルマがとても良かったようですしね。

でもそのパルマに何もできなかったのはショック。

試合開始直後、お祭りムードのバレンシアに対し、パルマの激しいプレッシングをかけてきました。
それに対して守備が混乱。先制点を決められてしまいました。
エルゲラやヒルデブラントが入ったことが混乱を招いたとは思えません。
パルマに対する研究不足もあったと思うんですが、だからといって点を取られるほど混乱するなんて。。。
やっぱりDF、アジャラさんのいなくなった穴は大きいのかなぁ。

その中でもアルビオルはがんばっていたようです。
追加点を阻止するようなプレーもみられたようですし。

しかしパルマのプレスはきつく、タックルも厳しかったようですね。
ガビランはそのおかげで交代を余儀なくされてしまいました。
どうも昨シーズン怪我した膝をやられたよう。
心配だなぁ。。。



お休みが。。。


Naranja_Quique

この結果をどう生かすかはキケや選手たち次第。
今日の試合はプランもなにもなかっただろうと思うので今後こんな戦い方を強いられたときにどんなサッカーを見せてくれるのかを楽しみにしましょう。

さぁキケ、どうする?

と思ったら、、、早速お休み返上で練習になってしまいました。


予定では2日間のお休みだったんですけどね。
帳消しになっちゃいました。
(月曜日はお休みです)


代表選手たちと練習ができるのは今日くらいだからかな。
6人のスペイン代表にくわえ、ミゲル&カネイラをポルトガル代表に、ヒルデブラントをドイツ代表に送り出さなければならないんですからね。

とにかく怪我しないで戻ってきてください!


あ、エドゥの回復が早まっているらしいです。
これは朗報!


メスタージャでお披露目


Naranja_Timo

新加入の選手たちも今日の試合に登場しました。
ヒルデブラントとエルゲラは先発。
マタ、サニー、アレクシスは途中から出場しました。

ジキッチは怪我。
アリスメンディは風邪なんですって。本人が一番がっかりですね。
こういうときに少しでもアピールしたかっただろうから。




== Ficha Tecnica ==
Valencia
GK:ヒルデブラント
DF:ミゲル、アルビオル、エルゲラ(アレクシス)、
   モレッティ(カネイラ)
MF:マルチェナ(サニー)、バラハ、
   アングロ(ホアキン)、ガビラン(マタ)
FW:ビージャ(シルバ)、モリエンテス

パルマ
GK:Bucci,
DF:Coly, Falcone, Rossi, Castellini
MF:Cigarini, Ferreira, Morrone, Parravicini
FW:Pisanu; Budan
Gasbarroni, Zenoni, Paponi, Tombesi, Paci, Dessena, Morfeo

ゴール
  0-1:min8 Budan
  0-2:min84 Morfeo

審判
  Rubinos Pérez

カード
  イエローカード
    バレンシア:ミゲル
      パルマ:Parravacini, Paponi y Morrone

観客数
  35000人

スタジアム
  el Campo de Mestalla

本日はナランハ杯 

遅い!
今日の試合はなんと現地時間22時30分、日本時間5時半から。
セリエAのパルマを招いての試合です。

しかし遅いですね。
バレンシアは結構暑いので遅い時間になるのはわかるのですがこれじゃ眠くなってしまいそう。
私たち日本のファンにとっては楽ですけれど。


試合はどうもこの前のCLに出なかったメンバーを多く使うことになりそうですね。
そういう選手たちにとってはこの試合もアピールするチャンス。
親善試合とはいえ真剣勝負ですね。

アレクシス、がんばれ!!!


もちろん今年も



試合前に今シーズンのメンバーのプレゼンがあります。

一人ひとり名前を呼ばれて登場するあれです。
他のチームは知らないけれど、バレンシアは毎シーズやっております。

以前これに初めて出たエドゥが
「とても感動した」
といっておりました。
今シーズン初めてこの舞台に登場する選手たち、どんな風に思うんでしょうね。


今回呼ばれる順番は

フィオーレ、モントーロ、モラ、マタ、サニー、アレクシス、
ガビラン、アリスメンディ、エドゥ、モレッティ、エルゲラ、
デル・オルノ、ミゲル、カネイラ、ヒルデブラント、アルビオル、
ジキッチ、マルチェナ、ビセンテ、モリエンテス、カニサレス、
ホアキン、シルバ、アングロ、ビージャ、バラハ、アルベルダ、
キケ&コーチ陣、そしてエスパニェータ



登場したときの拍手の多さや歓声のわき方で選手の人気度がわかります。
昨シーズンはアルベルダ、ビセンテ、ビージャが多かったかな。

さぁ今シーズンはどうでしょう。
たぶんこの3人は相変わらず多いと思いますがそれに負けないくらいの歓声がわきそうなのはシルバですよね。

うーん、早くみたい
たぶん、しばらくするとオフィシャルで見れると思います。
最近はアップが早いからすぐにも見れるかも知れませんね。
楽しみだなぁ。



昨シーズンはこんな感じ


シルバ、ガビランはこちら
06-07プレゼン1

ビセンテ、モリエンテスはこちら
06-07プレゼン2

カニサレス、ビージャ、アルベルダ、キケはこちら
06-07プレゼン3

スペイン代表ですか、これ?:親善試合ギリシャ戦 

親善試合ギリシャ戦に向けてのメンバーが発表されました
8月22日水曜日、ギリシャのSalonicaというところでスペイン時間20時30分から親善試合があります。

なんでこんな時期に?と思いますが9月に入るとユーロの予選が再開されます。
それに備えての練習なんでしょうね。
ってことは。。。メンバー見ると、、、不安がいっぱいって事です。
このCB、ドイツの悪夢が再現しそう。。。
パブロ?ファニート?
それでどうなったんだっけ?


そうなんです!
またまたいないんですよ、アルビオルが!

まったくアラゴネスじいさんの頑固さにはあきれます。
一郎さんもおっしゃっております。一郎さんのブログ記事

アラゴネスおじいさまにインテル戦の録画を送ってやりたい!
まったく。。。試合中眠っていたとしか思えないわ。
ズラタン、クレスポ、クルスとワールドクラスのFWをきっちり止めたのは誰だったらわからないのかしら。
そりゃアジャラさんが隣にいたけれど、スピードで勝っていたのはアルビオルよ!


一応招集メンバです。
絶対怪我しないで戻って来てね!
しかし前の方はバレンシアに依存ですなぁ。


  バレンシア:マルチェナ、アルベルダ、アングロ、ホアキン、シルバ、ビージャ

 R・マドリー:カシージャス、セルヒオ・ラモス
 A・マドリー:ペルニア、パブロ
   ベティス:ファニート
  リバプール:レイナ、シャビ・アロンソ、フェルナンド・トーレス
  バルセロナ:チャビ、イニエスタ
  アーセナル:セスク
エスパニョール:ルイス・ガルシア

いつも思うけど、監督もキケで行きたいなあ。


いつまでもここにいたい 

私にはバレンシアニスモの血が流れている



www-4.valenciacf.es.jpg



今日のLas Provinciasに載っていた記事。
キケが昨日ラジオLas Provinciasでのインタビュにこたえた内容を記事にしたものです。

そこに、
「キケは契約の延長を望んでいて、代理人のガルシア・キロンはそのために動くだろう」
ということが書いてありました!!!



「もちろんここで続けたい。できれば長くバレンシアにいたい。
 私は幸せだ。
 もし続けられたら、ファンがチームとともにいることを最もよく証明することになるだろう。
 (ファンに喜びを与えられるってことなのかしら)
 私はバレンシアが好きだ。
 私の友人たちはバレンシアの人々であり、私の子供たちはValencianoだ。
 ここは私の街だ。
 私はビルバオにいくかもしれないし、サラゴサに行くかもしれない。
 でも、私はいつも懐かしく思うだろう。」

 
なんてうれしい言葉なんでしょ!
キケがずっとバレンシアにいたいと思ってくれているなんて!
以前からキケは
「スペインでは長く同じチームで監督を務める事は無理。
 自分はいつかバレンシアにまたもどってこれるような、
 その時に歓迎されるような終り方をしたい」
と言っていたんです。
これを読んで私は「良い結果であっても今シーズンで最後だろうな」と思っていたので本当にうれしい!


契約の話以外にも様々な話が。。。

ルイスSDとの関係


うまくいっているようですね。ほっ。

「彼の契約で一般的にいわれる正常な状態になった。
 頭を上げ、クラブのために働いている人間を見、我々すべてにとって良い状況を
 彼が与えてくれている。
 我々は順調にいっている。」
 
カルボーニとのことはいまだ記憶にあたらしいところですけれど、
キケはこの事についてはなすことを避けるようなことはしません。
ただ、論争をまきおこすようなことを言うのは避けていますけど。
キケは彼がこの戦いの勝利者であると思われたくないようです。
そして謙虚な気持ちで仕事をしています。
「私にはバレンシアニスモの血が流れている。
 私はバレンシアファンの中の一人に過ぎない。一時のものである。
 自分がより重要だとは思っていないし、より強いとも思っていない。」

そしてチームの今の状態にたいして
「私は幸せだよ。
 ホームでもアウェでも頭を上げた時に見えるのはただ敵ばかり、
 そんな以前持っていたような感じは今はないよ」

環境が整い、いい準備ができて、親善試合やCL予備戦で得た感触もいいもので、今シーズンは行ける!
と思っているんですね。
監督がこの時期にここまで思えるってすばらしい。

 
ファンデルファールトのこと


キケ、本当に欲しい?
難しいなら別にいいっておもっていない?
いままでのキケの言動から考えるとファンデルファールトは絶対キケが嫌いなタイプだと思うのだけど。

なんだか奥様やお母様までしゃしゃり出て来ているし。
ちょっとねぇ。。。

キケはこんな風に言っていますが。
「彼との契約は重要だ。
 バレンシアの将来のためにとても興味がある選手だ。
 でもまた難しいだろうね。
 彼はハンブルガーSVのキャプテンだ。
 ドイツにいってからとても成長した。ハンブルガーというチームのベースになっている選手だ。

 この交渉は彼のクラブが彼を売りたいかどうか、
 彼の代わりの選手をみつけることができるかどうかにかかっているだろう。
 でも彼の後には誰もいないようだ。
 ハンブルガーは常に買うよりも売る方のクラブだ。
 しかしファンデルファールトは別だろう。

 彼は技術的にはすばらしいものを持っている。
 左右両方使えるし、とはいっても左の方がよいが。
 ドイツでは彼はよりバラハ的だが、オランダにいた頃はよりシルバに近い選手だった」

ふーん、バラハ的なのかな。
オランダ代表だとわりと前目ですよね。

この件についてはかなり私、冷たいです。
はっきり言うと「欲しくない、いらない」と思っています。


マタとサニー、カニサレスとヒルデブラント、ジキッチ。。。


recorte-3.php.jpg


マタとサニーはレンタルに出すみたいです。
マタはヘタフェに行きそうですね。
アルビオル、ガビランと同じようにヘタフェで大きくなって戻っておいでね!
(それにしてもアンヘル会長、またいい選手とりましたね。
 UEFAカップ参戦に向けて着々と準備しているようです)


カニサレスとヒルデブラントは今のところカニサレスを使うことにしたようです。
でもヒルデブラントは今チームに馴染んでいる途中。
もう少し言葉を覚えて的確な指示が出せるようになれば間違いなく出てきます。
私は個人的にかなり期待していますからね、ティモに。

カニサレスもティモの存在があって、刺激を受けて頑張ったからこそキケに
「いいスタートを切っている」
と言われるほどになっているんでしょう。
いい競争があってチームが活性化されている。
今のバレンシアがいい状態なのはそんな競争があちこちのポジションであるからなんでしょうね。


ジキッチはバレンシアに来る前に軽いねん挫だったんですね。
それがバレンシアにきて練習に参加しちゃって悪化させてしまったらしいです。
キケはCL予備戦の前半、ビセンテのクロスに合わせる選手がいなくて、
「ああ、ジキッチがいれば。。。」
と思ったそうです。

ジキッチの加入でいままでになかったオプションが確実に一つ増えましたね。
はやくチーム練習に参加してクロスをあげる選手達の癖を学んで試合に出て来てほしいですね。


バッチリです!


2007-08-24_IMG_2007-08-17_01-29-31_dep-1.jpg

この二人の間の信頼関係はとてもいいみたいですね。
二人の表情がなかなかでしょ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。