Archives

 2008-08 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くやしい!!!:スーペルリーガ第2節ベンフィカ×ポルト【CRONICA】 

1-1



82608778.jpg

悔しい、悔しい、悔しい!!!
とにかく悔しい。
あの退場さえなければ。


PKをとられたのはまだ仕方がないと思えます。
でも退場はダメだ。

カツラニスさん、反省してください!


試合は。。。

試合開始10分。
ロングボールを追いかけてペナルティエリアに入ったルーチョをカツラニスが倒して与えたPK。
このPKがずっと響くことになりました。

ルーチョが自らPKを決めいきなり1点のビハインドになってしまってベンフィカ。


中盤のせめぎあいでなかなかボールを奪えず、どうも停滞気味。
でもだんだんカルロス マルティンス、アイマールを中心にせめはじめ、18分にはそのアイマールに決定的チャンス!
でもやっぱりアイマールは決められませんでした。。。

フラストレーションのたまったベンフィカファンがエキサイトしてグラウンド内に乱入。
ちょっと不穏な雰囲気。。。

それでもだんだんよくなっているベンフィカの攻撃陣に同点にできる!と思ったのですが前半は0-1のまま終了。

後半開始早々なんとそのアイマールが左脚の筋肉の問題でヌーノゴメスと交代。
でも。。。
この後カルドソのゴールが決まって1-1の同点に!

勝てる!と思ったのもつかの間。。。ゴールから3分後に、またまたカツラニスがファールを犯して2枚目のイエローをもらい、退場に。
ここでイエローもらって退場くらうなんて愚行は絶対やってはいけないことだった


10人になったベンフィカ。ただでさえ手薄なDFなので、ゴールを決めたばかりのカルドソを下げ、シドネイをCBとして投入。

しかし10人になってもまだまだいける!と、思っていたのにここでレオが負傷。
アモリムに交代。

徐々に徐々に力をそがれていく感じ。
さらにその後もイェブタ、レジェスがどこかを痛める。
すでに交代枠を使い切ってしまっていたため、彼らは最後までピッチで奮闘。
GKキムのがんばりもあって試合はそのまま1-1の引き分け。


ああ、、、また勝ちきれなかった。。。

ラジオ放送の途中でリーガのエスパニョール戦の結果が流れました。
アナウンサー「エスパニョールの1-0の勝利です。えっとゴールを決めたのは。。。」
「ルイス ガルシーア!!!」
この後解説者とアナウンサーは、思わず苦笑。
私も苦笑。



キケ記者会見

20080818000007.jpg

- カツラニスが退場し、たくさんの選手がフィジカルに問題を抱えた中でこの結果はポジティブなものですか?
「私たちがやった試合は十分に重要な内容だったと思う。
 普通のコンディションであればもっとよい結果が得られたと思っている。
 しかしペナルティはわれわれに影響を与えたし、後半の退場は試合をちがったものにしてしまった。
 これら2つの状況で試合は変わり、ベンフィカが思っていた試合の終わりではなくなってしまった。
 私は勝てる!という思いを何度も持つことができたのだが。」

- ともかくよい結果ですか?
「いいや、われわれはフィジカルに問題のある選手がいることを理解しているし、選手たちは最後まで到達した。
 われわれはアクシデントによって選手を交代しなければならなかった。
 できれば試合の流れにしたがって交代を行いたかった」

あ~あ、なんか訳すのが疲れてきてしまった。

レジェスのことも過剰に期待されているような気がしますね。
アイマールもレジェスもそんなにすごい選手じゃないのに。
毎試合、一人で流れを変えられるとか、試合を決めるプレーが出来る、そういった選手ではないのですよ、彼等は。



絶対足りないDF

どう考えてもDFが足りません。
私が知っている限り、このプレシーズンで補強したDFはブラジルのシドネイだけ。
この試合もDF登録の選手は5人だけ。
そのうちカツラニスが退場、レオが怪我。
代わりを務められる選手がシドネイしかいないのに。。。

移籍市場が閉まるのは明日、9月1日。
まだ一日あります。ルイコスタ、どこかからDFを引っ張ってきてください!!!





BENFICA-FC PORTO

Liga Sagres, 2.ª jornada
Estádio da Luz, em Lisboa
Hora: 20.45
Árbitro: Jorge Sousa (Porto)

EQUIPAS OFICIAIS

BENFICA
Quim, Maxi Pereira, Luisão, Katsouranis, Léo, Yebda, Carlos Martins, Di María, Reyes, Aimar e Cardozo.

Suplentes: Moreira, Balboa, Binya, Makukula, Nuno Gomes, Ruben Amorim e Sidnei.

Treinador: Quique Flores.

FC PORTO
Helton, Sapunaru, Bruno Alves, Rolando, Fucile, Fernando, Lucho, Tomás Costa, Raul Meireles, Cristian Rodriguez e Lisandro.

Suplentes: Nuno, Candeias, Pedro Emanuel, Hulk, Guarín, Lino e Farías.

スポンサーサイト

やっぱりシルバはすばらしい!:リーガ第1節バレンシア×マジョルカ【CRONICA】 

1220135461726_enviofotografos_20080830_231312.jpg

3-0


バレンシアが開幕戦勝利 マジョルカを3-0で下し好発進=スペイン
まずは選手の皆さん、ウナイ、コーチの皆さん開幕戦の勝利おめでとう!

そしてなにより、
ダビ、おめでとう!!!!!

b3c2d776e0f519602c4fec5e1a153dca_extras_albumes_0.jpg

メスタージャで、リーガの試合を90分戦って勝利した。
ダビがカピタンのころ当たり前のようにやってきたこと。
それがこれだけうれしいなんて。。。
やっとダビが戻ってきた、と感じられたからかな。

WOWOWのアナウンサーの方は「キャプテン」と紹介していましたけど、今シーズンはカピタンではありません。
でもアルビオルのバックパス?に先頭にたって抗議する姿はまさにあのダビでした。
ブラサレット、忘れてきたんじゃないの?なんて思うくらい。


試合途中からバレンシアが先制点をとり、追加点もすぐに決められたのもあって私はベンフィカの応援に専念。
あとからゆっくり録画でダビの姿を見ました。

でも結果がわかっているからダビがカードをもらっても、アランゴに倒されて顔をしかめても、なんだかうれしくてテレビを見ながら思わず微笑んでしまいました。
決してカードはうれしくないし、倒されたら怪我の可能性もあるのに。

マタのゴールもしっかりお祝いに行っていましたね。
なんだかちょっと安心。
SuperCopaのマタゴールのときにダビの姿が見えなくてちょっと心配していたから。
最後ピッチを後にするときにはマタの頭を後ろからゴツンとやったりして。

calap31ag2008d.jpg


本当によかった。
さぁ、ダビ、次は代表復帰だ!

それと。。。くれぐれもカードのもらいすぎには注意してください。


シルバはやっぱりすごいけど

silva31ag2008.jpg
(試合前、ナランハ杯最優秀選手賞をいただきました)
今日はゴールを決めたわけじゃないんですが、シルバのプレーが光っていましたねぇ。
本当に彼を手放さずにすんでよかった。

ビージャゴールにつながったペナルティエリア付近でのプレー。
本当にすばらしかった!

シルバのすごさはもうわかっていたはずなんですけどね。
3年前彼がレンタル先のセルタで活躍して戻ってきて、CL予備戦でゴールを決めたときから。

でも、パテルナで練習を見たときも、ユーロの代表戦を見たときも、
そして今日もまた「シルバってすごい」と思いました。

もしかして。。。これがシルバの持つ魔力???

ASのCRONICAの記事もタイトルが
「La magia de Silva abre la lata y tumba al Mallorca」
(シルバの魔法がふたを開け、マジョルカをなぎ倒した!)
しかもCrackに選ばれています!

cronica31ag2008__.jpg


私がこの試合感心したのはマヌエル フェルナンデスですね。
バラハが怪我で前半早くに下がった後、かなりダイナミックなよい動きをしていましたよねぇ。
私は好きだなぁ。
強烈なミドルもあるし。

昨シーズンも彼がどれだけフィットするかが鍵と思っていたのに移籍が決まるのが遅くて、プレシーズンのチーム練習にほとんど参加できず、フィットするとかしないとかという以前にレンタルされてしまいました。
今シーズンはプレシーズンも最初から参加して、当初は戦力外?と思われていたのに、見事にウナイの信用を勝ち取って残留しただけのことはあるかな。

リーガ、UEFAカップ、国王杯と3つの大会を戦っていくのにバラハ、エドゥ、ダビ、マヌエル フェルナンデス、それにマルチェナを加えた5人がいれば心強い。
今シーズンのバレンシアの鍵を握るのは意外に彼になるかも~?


若い二人は相変わらず

otras31ag2008.jpg

危ないシーンはなかった?
いえいえ。。。アルビオルのあのバックパスはちょっとかわいそうでしたけどね。

私は見逃しませんよ、アレッシィ!!!
後半、すごーーーーーっく無防備なバックパスしたでしょ!?

レナンがあわてて拾いにいきましたよ。
まったく!

結果を知っているのにアレッシィのプレーを見るときはハラハラどきどき。
心配で仕方がないのだから。
お願いだからあんな雑なプレーはしないでください!
マルチェナからポジションを奪えるとは思っていないけど、マルチェナがピボーテをやらなければならないとき、CBを安心して任せられる選手になっていなくちゃいけないのだからね!!!

でもまぁこの試合はSuperCopaと比べればよかったかな。
ほめてあげなくちゃいけないですかね。



どこかで見た顔?

マジョルカはイバガサ、グイサ、グティエレスが抜けたのが痛いですねぇ。
まだチームの形が出来上がっていない印象でした。
でもマンサーノ監督のこと。
きっと後半戦が始まるころには違うチームになっているんじゃないかな。

試合を見ていてマジョルカにどこかでみた顔がいるな、と思ったら昨シーズンまでアトレティコにいたフラードでした。
そういえば彼、アトレティコからレンタルされているんでした。
彼にはがんばってもらって是非アトレティコに復帰して欲しい!
なぜかレアルカンテラ育ちというと応援したくなるんです。
よい選手がたくさんいるのに外から買うことばかり考えているレアルのやり方がどうしても好きになれないからかな。





Valencia:
Renan
Miguel Albiol Alexis Moretti
Pablo (62') Albelda Baraja (20') Mata
Silva (72') Villa
Guaita Helguera Angulo (62') Morientes Edu Fernandes (20') Vicente (72')


Mallorca:
Moyá
Josemi Ramis Nunes Corrales
Varela (61') Martí Jurado Arango
Trejo (74') Webó (61')
Germán Lux D. Navarro Ayoze Aduriz (61') Suárez Santana (61') Castro (74')


Goles
1-0 (34'): Villa remata de cabeza un pase de Pablo.
2-0 (37'): Mata, de cabeza.
3-0 (81'): Vicente empuja una asistencia de Angulo.
アングロさん、素晴らしいアシストでした!


Árbitro
Rubinos Pérez, Colegio Madrileño.

Amonestó a Silva (12'), Moretti (19'), Albelda (52') y Alexis (79').
(初戦からカード多すぎます)

Incidencias
Mestalla.
Alrededor de 40.000 espectadores.
Terreno de juego en perfectas condiciones.

再出発:リーガ第1節バレンシア×マジョルカ【PREVIA】 

リーガ開幕!



1219936974019_64658_1_800.jpg
とても明るい写真だなと思ったので。
二人の表情がいいですよね。


苦しんで苦しんで苦しみぬいた昨シーズン。
選手もファンも2度と思い出したくありません。

私は大好きなキケの毅然とした態度と、ダビの不屈の闘志だけが救いでした。
二人とも強かった。。。
もういいよ、って何度も思いました。
「Quique vete ya」と叫ぶメスタージャのファンたちに文句の一つも言わず、彼らの要求が自分を成長させてくれたという言葉を残して去ったキケ。
試合に出られず、代表にも選ばれず、ついにはユーロに行くことも出来なかったけど、スペイン優勝のあと「Yo soy espanol」と歌ったダビ。

本当のプロって彼らのような人のことを言うのだとあらためて思いました。
この二人に心底惚れ直したシーズンになりました。

この二人を応援し続けたい、というのが私の今の気持ち。
彼らが今やろうとしていることを私は見守りたい。

キケはポルトガルで今戦っています。
そしてダビは。。。今日から新たな戦いが始まります。


川平慈英が大好きだ!

WOWOWリーガのページ
バレンシアの開幕戦は今日の22時から(日本時間の5時から)メスタージャで。
WOWOW放送ありです。
昨シーズンの順位から考えると今シーズンバレンシアの試合なんて放送してくれないんじゃないかと思っていたんですが。。。とにかく開幕戦の放送があってよかった。。。

今日、WOWOWのリーガ開幕特集の番組があるのを知ってちょっと見てみました。
こういう番組って必ず昨シーズンを振り向くので迷ったのですが。
でも司会の川平慈英さんの発言がバレンシアファンにはなんとなく好意的に感じられて、チャンネルを変えることなくずっと見ていたら。。。
毎シーズン恒例の解説者による今シーズンのリーガ優勝チーム予想が始まりました。

ほとんど解説者がレアル、バルサを優勝にあげていました。
まぁ当然といえば当然かな。

その中で、、、司会の川平慈英さんが
「優勝はバレンシア! どん底をしっているチームは強い!」
と驚きの発言。

うれしかったですl
ありがとうございます!

そう、戦力的には優勝も可能。
でも、あまり過度の期待はやめておきましょう。。。
ウナイにプレッシャをかけるとかわいそうだから。


招集メンバ


ウナイはメスタージャでやる試合は当日に招集メンバを発表するんですね。
先ほどやっと招集メンバがオフィシャルページに乗りました。

開幕戦からいきなりショッキングな招集メンバです。

GK:レナン、グアイタ
DF:ミゲル、エルゲラ、アルビオル、アレクシス、モレッティ、デル オルノ
MF:エドゥ、バラハ、アルベルダ、フェルナンデス、マタ、ビセンテ、パブロ、ホアキン、アングロ
FW:シルバ、ビージャ、モリエンテス

ティモがいません。

戦術的な問題と言っているけど、スーペルコパの2試合でレアルに6失点したことが影響しているのでしょうか。
でもあれはティモだけのせいじゃないでしょう。
アレッシィもアルビオルも悪かったんです。
今のサッカーにおいて守備は全員でするもの。
あのユーロのスペイン代表をみればわかります。
本当にあの6失点が原因なのかな。。。

くるぶしを痛めていたシルバも招集メンバに入っていますね。
無理はさせたくないけど、今シルバがいないバレンシアは想像できないですからね。
ただこの後も代表戦があるので休みなしなんですよね。。。
心配ですねぇ。


予想先発

GKをのぞき、SuperCopaと同じ。

          レナン

ミゲル アルビオル アレッシィ モレッティ

    アルベルダ   バラハ

  ホアキン  シルバ   マタ

         ビージャ



キケも新監督としての初戦は勝ちました。
ベニテスも、ラニエリも勝ちました。
あの、クーマンでも勝ちました。

ウナイにも勝利を!


あれ~なにやってるのかなぁ。。。

バレンシア、レンタルで獲得した選手をレンタルへ

最初の大一番 :スーペルリーガ第2節 リオ アベ×ベンフィカ【PREVIA】 

クラシコです



wdiag.jpg

スペインで言ったらレアル×バルセロナなのかな。
首都にあるクラブのベンフィカと北部の町ポルトにあるポルトの対戦ですからね。

でもベンフィカは同じリスボンにあるスポルティングよりもどちらかというと庶民的なクラブらしいので、雰囲気はアトレティコに近いのかな。
確かにファンの熱さも似ているような気がしますけど。


しかし、ベンフィカとバレンシアはなにか申し合わせでもあるんでしょうか。
また両チームの試合がほぼぴったり重なっています。
ベンフィカは8月30日土曜日の20時45分(日本時間で日曜日の4時45分)から。
バレンシアは同じ土曜日の22時から(日本時間で日曜日5時)から。

片やクラシコ、片や開幕戦。
どっちも見たい。どっちも応援したい。

うーん。どうしたらよいかを考えた末。。。
今週はWOWOWで映像見ながらラップトップPCでCadenaSerのバレンシア戦を聞き、MACでベンフィカ戦を観戦します。
朝からくたくたになりそうですね。


スアソがやってきました

インテルのスアソが1年の期限付きでやってきました。
インテルに来る前はカリアリにいたんですよね。
そこではスピードを武器にゴールを量産していたという話を、昨シーズン開幕前のエミレーツカップでバレンシアがインテルと対戦したときに聞きました。

スアソってもう28歳だそうです。
ホンジュラス出身とありますが、ホンジュラスってもしかしてスペイン語かな。

これでルイス ガルシアはなし。
結構がっくりだなぁ。今度こそ!と思っていたから。
おなじエスパニョールのリエラはリバプールに決まりそう。
やっぱりお金が出せるチームと出せないチームの差ですかね。


ディマリア、レジェス招集入り!

2650908565_60502a4366_m.jpg

アトレティコ、書類を無事に送ってくれたみたいですね、よかった。
オリンピックから戻ったディマリアも移籍してきたばかりのスアソも招集されています。


GK:キム、モレイラ
DF:カツラニス、レオ、ルイゾン、マキシ ペレイラ、シドネイ
MF:イェブダ、アイマール、バルボア、ビニャ、カルロス マルティネス、ディ マリア、
   ルベン アモリム、レジェス、ウレタ
FW:カルドソ、マククラ、ヌーノ ゴメス、スアソ


むむ。。。正直な感想はDFが絶対的に足りない。。。
大体カツラニスって本職はピボーテじゃなかったでしたっけ?
ネルソンがベティスに移籍してしまったことや、昨シーズンの怪我を引きずっているダビ ルイスが入っていないですね。

しかし中盤はかなりよいメンバかな。
レジェスにディマリア、アイマール、ウレタ、アモリム、バルボア。。。いったい誰をどこに?と思うほど贅沢。キケはどうするのでしょうか。

前節2トップにしてアイマールを左に置いた後よかったようなので、多少フォーメーションを変えてくるかも、と思ったのですが。

20080818000003.jpg


やっぱりアイマールは2トップの一人。
というか2トップといっても二人が並ぶ形じゃなく、縦の関係だとは思いますけど。
右にレジェス、左にディ マリアは贅沢ですねぇ。
個人的に楽しみなのはディマリアとアイマールに他の選手がどれだけ絡めるか。
バレンシアでちょっとだけ(本当にちょっとだけでした、涙)見れたビージャ、アイマール、ビセンテの3人でやったような形。

私はこれにはルイス ガルシアが最適!と思っていたんですけどねぇ。。。
カルドソ、スアソにできるだろうか。。。



キケの記者会見

20080818000005.jpg
http://ww1.rtp.pt/desporto/index.php?headline=37&visual=17&article=165304&tema=21&Top=21
下の文字がじゃまなのですが、キケらしい服装。
ギンガムのシャツに紺のセーターかな。素敵です。
やっぱり他のスペイン人とは違う。


ビデオを聞いてびっくり。
キケ、ポルトガル語を話そうとしているみたい!
この前のインタビュのときも「今習っているから」と言っていましたけど、もうだいぶ習得したようですね。
すごいなぁ。。。

- あなたの意見を聞かせてください。今回のクラシコで有利なのは昨シーズンのチャンピオンですか?
「私の選手たちはこの一週間すばらしい練習をつんできている。私は彼らを信頼しているよ。
 だからよい答えを得られるだろうと確信している。
 私はチームがプレッシャを感じているとは思っていない。
 選手たちは大きな自信をもってリーグ戦に入った。
 そしてベンフィカはビッグクラブであり、今も成長をし続けている。
 他のビッグクラブに対抗できるすばらしい選手たちも集まってきている。
 
 この試合に本命などはない。
 ここ数年は本命は常にポルトだった。なぜなら彼らはリーガを勝ち取っていたから。
 しかし私はベンフィカはポルトに勝つ力があると思う。
 そうなる本当の可能性がある。」

- すでにスポルティングとはGuadiana杯で戦いました。今回はポルトですが、これらのチームとの対戦に対しどのような意見をおもちですか?
「スポルティングとの試合はあまり深く分析することはできない。
 あなた方はポルトとスポルティングが有利だと思っている。
 われわれが短い期間にその距離を縮めようとしている間も、彼らは今までのよい流れを保ち、監督も変わっていない。
 将来において、すばらしい選手たちとともに、その距離を縮め、同じようにプレーできるだろう。
 明日(今日)は不安定な部分は見えないだろう。」

- ベンフィカが負けた場合、5ポイントを失うことになりますが、選手たちはどう思っているのでしょうか
「Si, 選手たちはそれほど重要ではないといっている。
 多くの勝ち点を積み上げ、目標を達成することが重要なんだ。
 シーズンの最後の勝ち点がポルト戦やスポルティング戦で積み上げられたものだとは限らない。
 まだプレッシャを感じる状況だと考えるには早すぎるよ。
 プレッシャというのは常に恐れを伴うのだ。
 誰かがプレッシャに付きまとわれていると感じる、そのプレッシャとは
 私にとっては恐れに近いものであり、また選手たちへの責任を感じているということだ。
 もし試合に勝てたら、すべての人にとってすばらしいし、
 もしそうならなかったら、働き続けるだけだ。」

- 両翼はベンフィカにとって有利になりますか?
「ライバルがどうような状態なのか知ることが重要だ。
 そして自分たちのどのようなことも、どこに問題がるのか、どこで驚きを作り出すことが出来るのか、を知ることもね。
 ポルトについては研究した。
 今はわれわれは評価していて戦術やシステムについてたくさん話が出来る。
 だが重要なのはここ数年でたくさんのタイトルとったとても強いチームと対戦するということだ。 
 彼らはポジティブな流れに乗っていて、選手たちも監督も彼らがやりたいことを出来るチームだ。」
 
- ディ マリアは先発しますか? 
「ディマリアはよい練習が出来ている。
 彼は信頼を得るために監督の助けなど必要ないね。
 明日は試合に出るだろう。そしてきっと期待にこたえてくれるだろう」

- レジェスとの共存は可能ですか?
「プレーすることがとてもよい勉強になるだろう。
 彼らが新しい選手だとは気付かないようなことをしなければならないだろう。」


20080818000004.jpg



移籍の状況
スアソがやってきたことで誰か出て行くことになるのかもしれません。
マククラに興味を持っているというクラブは結構前から話に出ていますが、移籍市場が閉まるのは9月1日。(8月31日がお休みなので)
それまでまだ何かあるかもしれません。

なんだかヌーノ ゴメスにもモナコが興味、なんて話もありますが。

その他に、ネルソンがベティスに移籍することが決まったので右サイドバックの選手の補強もありかもしれません。
ポルトガル紙ではアトレティコのセイタリディスにベンフィカが興味!なんて記事もありました。
どうも彼はあまり印象がよくないのです。
バレンシア戦でビセンテにむかって言ってはいけない一言を怒鳴りましたからね。
(審判は聞き逃したようですが、放送ではしっかり聞こえました)
それにカードをもらうことが多いような気がするのですが。。。
もし私の彼に対する印象があたっているとするとあまりキケの好みの選手とは思えません。
もう一人リオ アベの若いミゲル ロペスという選手の名前もあがっていますが、キケは若い選手の特性を活かして伸ばすのが得意なので彼の方がよいかな。

UEFAカップ組み合わせ決定 

UEFAカップもおもしろい!



日本のメディアはチャンピオンズリーグだけしか興味がないかも知れませんけど。
私は今シーズンはUEFAカップが楽しみです。
ベンフィカもバレンシアもUEFAカップに参戦するからというだけじゃなくて、
ミランもいるし、セビージャ、アヤックス、エバートンもいる。
なかなかおもしろいクラブがたくさんいます。

なので今日の一回戦の組み合わせ抽選会を楽しみにしていたのですよ。

先ほどわかった組み合わせは。。。
バレンシアはポルトガルのMaritimoと。
そしてベンフィカは。。。セリエAのナポリとです。

マリティモは昨シーズンポルトガルリーグで5位のチームです。
あまり知っている選手はいませんが。。。なのに5位と言うことは結構まとまった良いチームなのかも。。。


ファーストレグは9月18日。
セカンドレグは10月2日。
両チームとセカンドレグがホームです。


すべての組み合わせはこちらから

キケだったのね。。。

バレンシアの時もくじ運悪かったですよね。。。
最初のCLはグループリーグを勝ち上がったら、待っていたのはインテル。
やっとインテルに勝ったら次はチェルシー。

2シーズン目はグループリーグでチェルシーと。

くじ運が悪いのはバレンシアというクラブかと思っていたんですが、どうもキケだったみたい。。。
なんでこれだけいろいろな国のクラブが参加しているUEFAカップでよりによってイタリアのナポリと当たらなければならないのでしょうか。

キケは先ほどの記者会見でUEFAカップの抽選結果について聞かれました。
でも今は週末の大一番、ポルト戦を控えてそれどころじゃない!って感じです。
「我々が望んでいた相手ではない。
 もっと弱いチームもあるのだから。
 でも今はそのことをあまり考えないよ。
 なぜなら我々は明日、大事な試合を控えている。」


そして意外にも自信たっぷり?に
「我々はとても強い。
 UEFAカップで勝ち残っていくチームの一つになるだろう。
 決勝に行くことも出来るだろう」

なんて言ってます。

バレンシアもベンフィカも勝ち残ってどこかで対戦、なんてことになったらどうしましょう。
今から心配しても仕方ないですけど。


CLの方は

昨日チャンピオンズリーグのグループ分け抽選会もありました。

グループA:チェルシー、ローマ、ポルドー、1907クルージュ(ルーマニア)
グループB:インテル、ブレーメン、パナシナイコス、アノルトシス・ファマグスタ(キプロス)
グループCバルセロナ、スポルディング、バーゼル、シャフタール
グループD:リバプール、PSV、マルセイユ、アトレティコ
グループE:マンU、ビジャレアル、セルティック、オールボーBK
グループF:リヨン、バイエルン、ステアウア・ブカレスト、フィオレンティーナ
グループG:アーセナル、ポルト、フェネルバフチェ、ディナモ・キエフ
グループHR・マドリー、ユベントス、ゼニト、BATEボリソフ(ベラルーシ)


見逃せません、グループD!
トーレスがリバプールに移籍するとき、いつかCLで戦えたらいいなって思っていたらいきなりです!
アトレティコがCLに出られるだけでも喜ばしいのに。

ビセンテ カルデロンのアトレティたちはどんな出迎えを用意するのでしょうね。
楽しみですねぇ。。。


久しぶりにヘタフェ 

ちょっと前になりますが、ヘタフェが今シーズンのお披露目試合をアルフォンソ ペレススタジアムで行いました。
相手はオランダのVolendam。
実力的にはスペインの2部くらいのチーム。
もちろん、3-0で勝ちました!!!

Golazo_Manu_triunfo_Geta_promete.jpg

1点目のゴールを決めたのはガビラン!
コルテスからのクロスをボレーで決めたそうです!

2点目はマヌ。
3点目はコントラ。

どれも素晴らしいゴールでファンも大満足。
最高のお披露目試合!となるはずだったのに。。。

カピタンが。。。



Belenguer_lesiono_estara_baja_mes.jpg

相手と空中戦で争ったあとの落ち方が悪かったんです(涙)
カピタン、ベレンゲルが肩を脱臼してしまいました。
なんと4週間も離脱!

開幕から一ヶ月もカピタンなしなんて。。。不安だなぁ。
昨シーズンの後半もベレンゲルが怪我でいなくなってから守備が不安定だったのです、ヘタフェは。

プレシーズンの成績は良かったけど(5勝2分け1敗)
相手は皆、あまり名前もしらないようなクラブ。
唯一の負けがギリシャのオリンピアコス。

メンバの顔ぶれがかなり変わるのは毎年のこと。
今シーズンは監督も変わり、よりカピタンの存在が重要になるのになぁ。

そういえばウスタリもオリンピックで膝の十字靭帯を断絶。
今シーズンはほぼ無理という状態です。
こちらはトーレス会長が駆け込みでGKの補強を考えているようですが。。。

大丈夫かなぁ。。。

こうなったらカスケーロやパトにがんばってもらわなくちゃ!

more...

来た人、去る人、残る人 

来た人



1219847275036_23147_1_800.jpg

バレンシアに新しいGKが来ました。
ブラジルのオリンピック代表だったGKですね。
フラジル出身と言うことでエドゥとよく一緒にいますね。

名前はレナン ブリト。
アリスメンディの移籍で手に入ったお金を流用してやっと獲得できた選手だそうです。


去る人

Ever_Banega_jugara_junto_Aguero.jpg

バネガのアトレティコへのレンタルが正式に決まりました。
彼はCLに出られるのですね。

アトレティコ、すごかったですね。
やっぱりアグエロが入るとあのチーム、違うんですかねぇ。

あと、ジキッチとマドゥロが二人でラシンに行きそうなんて話もありますね。
もちろん、レンタルです。


残る人

アルベルダ、シルバ、ビージャの3人のダビ。
彼等が3人そろって残ってくれるとは思っていなかったので本当に嬉しいですね。

お金もないことだし、移籍市場がしまるまであと数日残っているけど、もうこれでおしまいで良いのではないかな。

私は大満足です。

plan25ag2008.jpg

ビージャらしい 

正式発表されました。
プレゼンの様子はこちらから
ビジャ、バレンシアとの契約を2014年まで延長


ただもう、オフィシャルの写真見て大笑い。
だからビージャはバレンシアぐらいがちょうどいいんだよね。

たぶん、シャツは出していたんです。
このプレゼンの直前まで。
あわてて押し込んだんです。
でも。。。

誰か言ってあげれば良いのにねぇ。

とにかくよかった!
ビージャもシルバも残った。
あとはホアキンも残ってくれるとよいのだけど。


renov26ag2008b.jpg

ビージャ、残留決定!!! 

2008-09-03_IMG_2008-08-27_15-24-47_13818_1_800.jpg

Villa se queda!!!

残るそうです。
そして、もうすぐその正式な発表があるようです。

2014年までの契約延長だそうですが、
とにかく今シーズンいてくれるのです。


結局レアルのオファーはデ ラ レッドではなくハビ ガルシアが金銭にプラスされたみたいですね。
ハビ ガルシアも良い選手です。
レアルって本当にもったいないことしますね。

もやもや?:スーペルリーガ第1節 リオ アベ×ベンフィカ【CRONICA】 

1-1



オフィシャルのビデオ集はこちらから


途中までPCで観戦できたんですけど、後半つながらなくなってしまって、結局あきらめてラジオ観戦に切り替えました。
しかし何をいっているのか全然わからず。
わかったのは万国共通の
「ゴーーーーーーーーーーーーーーーーール!」
だけ。

最初、アナウンサーのこの雄叫びを聞いたとき、絶対ベンフィカだと思ったのにリオ アベのSemedoと言う選手がセットプレーから決めたゴールでした。
しかし、その2分後、ベンフィカは後半から入ったヌーノ ゴメスが同点ゴールを決めてくれました!
さすが頼りになるカピタンです!!!

その後、終了間際はベンフィカの怒濤の攻撃だったようなのですが。。。
結局アイマールも決定的なチャンスも決められず1-1の引き分けでした。
アイマール、こういうところで決められないのですよね。。。


キケの采配

苦しい試合でした。
試合開始早々の13分、やる気が空回りしたのかカルロス マルティンスとイェブダが味方同士でぶつかってしまい、マルティンスは頭を打って、前半28分に交代し、病院へ。

プレシーズン通じて一番意欲的で調子もよかったマルティンスがいなくなってしまってベンフィカの攻撃は機能しなくなって前半は良い所なし。

でも後半キケは思い切って右サイドのアモリムを下げ、ヌーノ ゴメスを入れてカルドソとの2トップに。アイマールを左サイドに、左サイドだったウレタを右サイドに持っていきました。
これが良かったのか、試合が動き始めてチャンスを作ることが出来ました。

ポルトガルのメディアは勝ち点1を取った、ということより勝ち点2を失ったという言い方をしているけど、リオ アベはプレシーズン一番成績がよかったチームで今勢いがある。
マルティンスが途中で交代、レジェスもディ マリアもいなかった。
勝利することは出来なかったけど、なんとなく私は満足しています。

キケのバレンシアでの最初のシーズンは、開幕戦のベティス戦こそ勝利したものの、その後サラゴサ(この試合を現地で観戦しました!)、デポルティーボ、バルサと3試合連続で引き分け。
前半戦の12節ぐらいまでは安定しませんでした。
今回もうまくいっていなかったチームを引き受けたんですからね。
苦労するのは当然。覚悟は出来ています。
ファンとしてそれを理解して応援し続けていきます。


記者会見

次節はもういきなりポルトとの大一番。
しかもホーム、ルスの開幕試合です。

- 開幕戦は失敗でしたか?
「両チームとも勝ちたいと思っていた。
 予期せぬゴールで苦しんだ。
 リオ アベのセットプレーの危険については指摘していたのだが。
 我々は反撃し、引き分けにした。
 この試合に勝つために十分なことをしたと思う。
 終了間際には勝利にあと一歩だった。
 我々はサイドを広く開け、ウイングを使い、何度かチャンスを作れた。
 しかしゴールを奪えなかった。」

- 本当のことを言って、結局のところ、リーグのスタートは悪いものになってしまいましたか?
「そうだね。
 我々はいくつか変えなければならない点がある。
 それは本当だ。
 もっと競争力をつけ、ただすところはただす。
 我々にはそれが出来ると思っている。
 しかしこの試合には我々の攻撃のエキスパートがいなかった。
 彼等は相手にとっては怖い存在だ。
 一方で、リオ アベは危険を生み出せるし、とてもよい戦いをするチームだ。」

- 次節の相手がポルとだということで心配はありますか?
「どの試合も挑戦であり、常に異なるものだ。
 だからルスでの試合は違うものになるだろう。
 チームが出す結果は全く異なったものになるだろうと期待している。
 しかしチームはホームのルスであろうがアウェであろうが区別しないことが重要だと認識している。
 我々が常に競争力をもって、ホームだろうがアウェだろうが関係ないことが重要なのだ。」

- 前半のカルロス マルティネスの怪我は戦術に影響がありましたか?
「カルロス マルティネスはこのチームにおいてとても重要な選手だ。
 違いを見せることができるんだ。
 しかしこのような偶発的な出来事には準備しておくべきだ。
 フェリペ バストスは良い試合をしたよ。
 しかし彼はまだ若い。学び続けるべきだね。」

- チームは2トップにして良くなったようですが?
「そうだね。2トップの方がより相手を揺さぶっていたし、相手のゴールに迫っていた。」

- この試合の結果でポルトを迎え撃つのによりプレッシャーが強くなったのでは?
「いや、プレッシャーは強くなっていない。
 リーガとは勝ち点を積み上げていくものだ。
 前半戦で良い成績をあげられればよいね。
 しかしこの結果は我々からやる気を削ぐことはない。その反対だ。
 我々により一生懸命練習し、良くなかったところを修正する活力を与えるよ」

- ベンフィカの監督としての熱意をチームに影響させようとしていましたか?
「いいや、熱意は最小限の影響しかない。
 プレーのことだけ考えていたよ。」
 



Liga – 1.ª Jornada – 24/08/08

Estádio dos Arcos, em Vila do Conde – 10.800 espectadores

RIO AVE: Paiva, Miguel Lopes, Gaspar, Bruno Mendes, Sílvio, André Vilas Boas, Livramento (André Carvalhas, 90+2m), Delson, Evandro, Tarantini (Niquinha, 82m) e Semedo (Ronaldo, 72m). Treinador: João Eusébio.

BENFICA: Quim, Maxi Pereira, Luisão, Katsouranis, Léo, Ruben Amorim (Nuno Gomes, 46m), Yebda, Carlos Martins (Felipe Bastos, 28m), Urreta (Balboa, 69m), Aimar e Cardozo. Treinador: Quique Flores.

Golos: 1-0, Semedo (55m); 1-1, Nuno Gomes (56m)

Árbitro: Carlos Xistra (Castelo Branco)

Disciplina: Cartões amarelos – Miguel Lopes (45+2m), Felipe Bastos (49m), Tarantini (68m), Luisão (78m)


Super Copa de Espana VUELTA: R・マドリー×バレンシア【CRONICA】 

1219667092_g_0.jpg


一度書いた記事がなくなってしまってもう一度書こうと思っても、何を書いたのかあまりはっきり思い出せないくらい、この2日間にバレンシアにはたくさんのことが起こっています。
ビージャにマドリーやチェルシーから巨額のオファーが届いているらしいとか、
モーロにトルコのガラタサライへの移籍話が持ち上がっているとか(バロシュを獲得したのでこの話はなくなったようです!)
ジキッチはプレミアのクラブ、バネガはアトレティコ、マドゥロはラシンにそれぞれレンタルがきまりそうとか。

ブラジル人GKが決まりました。
もうすでにメディカルチェックも終ってます。
若い選手ですからね、無理せずがんばってください。
でも、ティモ、がんばれ!

それとファン サンチェスがクラブをやめました。
彼の背後でいろいろなことが決まっていくことにクラブからの信頼を感じられなくなったようです。
これからのことはまだ決まっていなくて、しばらくは奥様とお子さんたちとバカンスをとると言っていました。
本当にお疲れさまでした。


1219618071769_enviofotografos_20080825_001918.jpg

Super Copa の敗戦には本当に失望しました。

シーズン前のスーペルコパなんて、とは今シーズンのバレンシアは言えないから。
昨シーズンの悪い流れを完璧に断ち切るために絶対タイトルが欲しかったとおもうのですよね。
クラブも、ウナイも、選手達も。

しかも相手は二人退場して、「さぁ勝ってください」って状態になって、それから3ゴールも決められて一瞬昨シーズンの悪夢が頭をよぎったのは私だけではないですよね。

私が思ったのはウナイはタイトルがかかった試合の戦い方を知らないな、ということ。
バラハが数日前の記者会見で言っていました。
「良い内容の試合をしなくてもいいのだ。」と。
私はバラハだけじゃなくバレンシアの選手達にはそれがわかっていると思います。
でもウナイにはわかっていなかった。

アウェで7万人だかの敵のファンに囲まれた状態でそりゃ、良いプレーをして勝ちたいのはわかるけど、必要なのは「タイトル」だったんですよね。
特に今の状態のバレンシアにとっては。

ウナイはビッグクラブでプレーしたこともないし、監督としてもまだ未熟。
仕方ないと思います。
ただ、この結果を今シーズンに活かすだけじゃなくてウナイの将来に活かして欲しいです。
彼はここから学ぶことを知っている監督だと思うので。



ダビは。。。



1219610039_extras_albumes_0.jpg

私は試合にダビがでているだけで嬉しいのですが。
ASでは結構良い評価でしたね。
まだまだ彼の良い時には遠く及ばないけど、徐々にらしさは出てきているように思います。

この敗戦はダビにとってもショックが大きかったと思います。
本当に失意の表情でしたから。
あの表情はバルサ戦で見た気がする。。。
ただもう彼は残ると決めたのだからプレミアのクラブやアラゴネスお爺さまのところへ行くことはないでしょう。

ダビの去就はさほど心配していません。
それよりもやっぱりビージャが心配。。。



シルバのゴールは

1219617951912_enviofotografos_20080824_231801.jpg

バレンシアのゴールを決めたのがシルバで嬉しかったですね。
きっとシルバはこの試合でゴールを決めたいと思っていたでしょうから。
マドリーのバラハス空港で起きた事故の犠牲者に捧げるために。
あの事故機は彼の故郷に向けて飛ぶはずだった飛行機なんですから。
他の選手達もちゃんとそれをわかっていたみたいですね。


それとモーロ。
私はベンフィカのヌーノ ゴメスとモーロに感心しました。
先発で使われなくても、いざと言うときに出て来てゴールを決めてくれる。
普段は温厚で物静かな選手なのに、ピッチでこれだけ頼りになる選手も少ないです。
モーロには絶対どこにも行かないで欲しい。
まだまだシルバやビージャ、マタの面倒を見てもらわないといけないのですからね。


デ ラ レッドのゴール

セルっちが押し込んだ(ダビが押し込んだ?)ゴールはさほどショックではなかったんです。
2点目は絶対とれると信じていましたから。

ただあのデ ラ レッドのゴールは。。。
「やられた。。。」と思いました。

彼の武器なんですよね、あのミドルシュートが。
昨シーズンヘタフェでも、ユーロのギリシャ戦でもきめてましたよね、あんな感じで。
Super Copaの2試合、ルーベン(デ ラ レッドのことです)は良い活躍をしました。
悔しかったけど、ルーベンのファンとしては嬉しかったです。
これでレアルに残れる!と思えたから。
それが彼の希望なので。

なのに。。。
今日のASには「ビージャ獲得のために4500万ユーロ+デ ラ レッドまたはイグアインを用意!」なんて記事が。。。
私はルーベンは欲しいけど、ビージャには残って欲しいです。
(無理を承知で言ってみました。)
どうせレアルを出されるならヘタフェに行って!



4 - Real Madrid:
Iker Casillas;
Sergio Ramos, Pepe, Heinze, Torres (Drenthe, m.64);
Diarra, Guti (De la Red, m.78), Van der Vaart;
Robben, Raúl (Higuaín, m.79) , Van Nistelrooy.

2 - Valencia:
Hildebrand;
Miguel, Albiol (Morientes, m.81) Alexis, Moretti;
Joaquín (Pablo Hernández, m.68), Albelda, Baraja, Mata (Vicente, m.60);
Silva y Villa.

Goles:
0-1, m.33: Silva de disparo ajustado al palo izquierdo.
1-1, m.50: Van Nistelrooy de penalti.
2-1, m.76: Sergio Ramos remacha a placer un remate de Diarra al larguero.
3-1, m.85: De la Red con un disparo lejano colocado.
4-1, m.88: Higuaín regatea a Hildebrand y marca a placer.
4-2, m.90: Morientes bate por bajo a Casillas.

Árbitro: Iturralde González (colegio vasco).
Mostró cartulinas amarillas
a Heinze (73) por el Real Madrid
a Moretti (49), Alexis (77) por el Valencia.
Expulsó
por roja directa en el minuto 39 a Van der Vaart
por doble amarilla a Van Nistelrooy (54 y 72).

Incidencias:
Partido de vuelta de la Supercopa de España disputado en el estadio Santiago Bernabéu ante la presencia de 60.000 espectadores.
Vicente Del Bosque, seleccionador nacional, estuvo en el palco de honor.
Se guardó un respetuoso y sentido minuto de silencio en memoria de las 154 víctimas del accidente aéreo del pasado miércoles en el aeropuerto de Barajas. Se mostró una gran pancarta en un fondo:
"Solidaridad con lo afectados por la tragedia. Descansen en paz las víctimas".


調子が悪くて。。。 

あ、私じゃないです。
このブログです。DBエラーが最近よく出るんです。

昨夜も調子が悪く、せっかく書いたSuperCopaのCRONICAが消滅しておりました。
また改めて明日、書き直します。

一瞬全部の記事が吹っ飛んでしまったかと思い、真っ青になりましたが、
昨日書いた分だけでした。
ホッとしました。
Super Copaの敗戦ショックも吹っ飛びましたね。(笑)
だって983件も記事があったんですよ。
全部吹っ飛んだら泣くに泣けないでしょう?


アルベルダに移籍話が再び持ち上がってきました。
プレミアのポーツマスです。

さらにアラゴネスお爺さまのフェネルバフチェもCL本戦出場が決まれば守備的ピボーテの補強を考えていて、ダビはその候補に挙がっているそうです。



お誕生日のプレゼントはキケからもダビからももらえませんでした(笑)

キケは開幕戦を1-1の引き分け。
でも引き分けの中にも光をみたような表情でインタビューに応じていました。
手応えを掴みつつあるのではないかしら。

逆に試合中のダビの表情が忘れられません。
「オレたちはいつの間にかマドリーとこんなに差がついてしまったのだ。。。」
という失意の表情だった。
タイトル、獲りたかったんだろうなと思います。
がっちり守ってタイトルとって、バレンシアに、ファンの前に戻りたかったんだと思います。

なのに。。。
そしてスーペルのコメントでは「出て行け!」と戦犯扱い。
ああ。。。
この敗戦は大きいな。

やっぱりベンフィカが気になる 

24367.jpg

初めてバレンシア以外のクラブの試合で緊張しています。
ベンフィカのことはまだまだ知らないことばかり。
記事もちゃんと読めていない。
現状が自分なりに掴めていないところが不安を大きくしているのかも知れません。


昨日のキケの記者会見の詳しいものが各紙に出ています。
これとレジェスの記事を詳しく読んで知ったのですが、
レジェスはアトレティコからの証明書の到着がおくれたために出場できないんですって!

アトレティコっていったい。。。
この前、シャルケとのCL予備戦の直前に今シーズンポルトから獲得したアスンソンが証明書が届いていなくて出場できないかも?って大騒ぎしたのに、自分たちはレジェスの書類をベンフィカに送っていなかったんですね。。。
まぁベンフィカ側も要求しなかったのが悪かったんですけど。
でもこんなことで現場に無理を強いるのはやめてもらいたいですね。


- 今日の夜のリオ アベ戦でのポルトガルリーグの開幕にあたり、チームは良い状態ですか? 
「ああ、私はチームは良いスタートを切ることが出来ると思っている。
 選手達はリーグで良い結果を得たいと強く思っている。
 リオ アベは難しいチームだ。
 風の強い(ファンの応援がすごいということ?)スタジアムでのプレーだが、勝利を目指す。」

- 「開始する」とは「勝利する」ことを意味しますか?
「私は選手達にベンフィカは重要なクラブであり、
 我々はその質と集中を見せるべきだと言うことを伝えたい。
 ベンフィカは野心的でなければならない。
 その一方で謙虚でなければならない。
 我々はファンに喜びを与えるために勝利したい。
 そしてその勝利をマドリーのバラハス空港での事故の犠牲者に捧げたい」

- レジェスは出場できません。準備に失敗しましたか?
「我々にはたくさんの試合がある。
 もちろん、レジェスにはそれらの試合の多くでプレーする機会があるだろう。
 彼がいないことに関しては、このようなことのために準備をしてあるよ。
 ベンフィカのようなクラブにはちゃんと代わりの選手がいるものだ」

- レジェスの代わりはウレタですか?
「うん、まぁそれは憶測だが。まぁ見てみよう。」

- ネルソンはベティスへ移籍が噂されるなかでの招集ですね。彼のことは戦力として考えていますか?
「私はネルソンをベンフィカの選手だと考えている。
 彼は素晴らしい選手であり、彼はここにいたいと思っている。
 さもなければ我々は待つしかないね。」

- もしネルソンが移籍したら、ルイ コスタに右サイドバックの獲得を要求しますか?
「ベンフィカにはこのような問題を解決できる選手がいるよ。」

- 北京オリンピックでのディ マリアの活躍についてはどう思いますか?
「素晴らしいね。
 私は彼を信頼していたよ。
 彼が持っているベンフィカの記憶は昨シーズンのものだ。
 今はすべてが変わっている。
 我々は彼を戦力としているからより強い。」

犠牲者とその家族のために



20080818000002.jpg
キケは記者会見でマドリーのバラハス空港の事故のことを聞かれたとき、明らかに声の調子が変わったそうです。
そして犠牲者とそのご家族に向けてメッセージを残しました。

「我々はとても心が痛んでいる。
 ご家族が苦しんでいるのを見るのはとても辛い。
 ベンフィカで働くスペイン人として、良いプレーをして、勝利を勝ち取りそれを彼等に捧げたい。
 我々も家族がいて、子供がいる。
 我々は悲しみで我を失った。本当に大きな悲しみだ。
 私とコーチ陣とそしてベンフィカのクラブからお悔やみを申し上げる。
 この苦しみが一日も早く和らぐこと望む。
 Un abrazo muy fuerte para todos...」


私からもあらためてお悔やみを申し上げ、
犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。



Super Copa de España VUELTA:R・マドリー×バレンシア【PREVIA】 

すでにマドリーに到着



llegada23ag2008b.jpg

相変わらず張り付いております、ビセンテ。
本当に兄弟みたい。
お顔のあざも治ったようで(あれはなんだったんだろうか)よかった。
しかし二人とも美しい脚ですな。

試合は今日、8月24日現地時間22時(日本時間5時)からマドリーのカーサ、サンチャゴ・ベルナベウで行われます。

招集メンバは
GK:ティモ、グアイタ
DF:ミゲル、アルビオル、アレクシス、エルゲラ、モレッティ
MF:アルベルダ、バラハ、エドゥ、フェルナンデス、
   マタ、ビセンテ、パブロ、ホアキン、シルバ
FW:ビージャ、モリエンテス

の18名。

アングロさんとデル オルノがいません。
ファーストレグも結局この二人はベンチ入りしませんでした。

リーガの招集枠も18名です。
となるとやっぱり数名は落ちるんですよね。
アングロさんならこういう事態も受け入れられるかもしれないけど、デル オルノは大丈夫だろうか。

さらに怪我で招集されなかったマルチェナが戻ってくるとあと一名はずさないといけません。
となると?
まぁ全くけが人がいないという状況もなかなかないわけで常にだれか外れるんでしょうけど、それをきちんと理解しているかということですね。



ASの記事

Albiol-Alexis_muro_Valencia_Bernabeu.jpg
昨日のASにアルビオルとアレクシスが仲良くならんだ↑の写真があって「何だろう」と思って読んでみたら、「この二人でニステルローイ&ラウールをとめる!」って記事でした。

昨シーズン、ベルナベウで戦ったCopa del Reyの決勝戦でこの二人はすでにコンビを組んでいますね。
そしてアレクシスのゴールが決まってバレンシアは勝ったんでした。
膝の怪我で苦しんだシーズンだったからうれしかったですよ、私も。

でもファーストレグの予想先発にアレクシスとかけなかったのは、プレシーズン、アレクシスが出ると失点が多いような気がしていたから。
まぁ守備組織は出来上がっているとはいえないかなと思っているので彼だけのせいではないのでしょうけど。

ASの記事にアレッシィのタイトルにかける意気込みが載っていました。

「僕にとっては、ニステルローイとラウールはヨーロッパいや、世界でも最高のFWだよ。
 彼らが決めているゴールの数が物語っているよね。
 彼らは長年にわたっていつだって多くのゴールを決めてきたんだ。
 一つのゴールなんて簡単さ」  
「ファーストレグは僕たちはうまくやったと思う。
 ディフェンスだけじゃなくてすべての面でね。
 ベルナベウでも同じように出来ると思っているよ」 
「いつだってタイトルをとるってことは美しいことだよ。
 さらに今回はすごく重要になるだろうね。
 なぜならシーズンのスタートには最高だからね。
 僕らはファーストレグを3-2で勝ったことを考えるべきじゃない。
 セカンドレグの90分を考えなくちゃね。」


アルビオルとアレクシスの二人ヘタフェ時代にマドリー相手にしっかりゴールを決めているのだそう。
もしかして。。。やってくれるかなぁ、アレクシス。


私はいつかこの二人が代表でもCBコンビを組んでくれると信じていますよ。
その日は今シーズン中に来るかな?
アレクシスのがんばり次第だよなぁ。。。


予想先発

今回はしっかりアレクシスを入れますよ!
これしかないでしょうね、今は。


          ティモ

ミゲル アルビオル アレクシス モレッティ

   アルベルダ    バラハ

  ホアキン  シルバ  マタ

         ビージャ


ビージャ、ゴールを決めてくれ~!!!
Amunt! Valencia!!!

more...

O primeiro Benfica de Quique:スーペルリーガ第1節 リオ アベ×ベンフィカ【PREVIA】 

まずは。。。
ディ マリア 金メダルおめでとう!!!
20080818000001.jpg

ベンフィカのディマリアが北京オリンピックで金メダルを取りました!!!
しかも1-0で勝ったその1点はディマリアのゴール。
最高の気分でしょうね。

オリンピックの前哨戦として日本に来たときも彼のゴールでアルゼンチンは勝ちましたが、そのときはたしか途中出場でした。
「あれ?レギュラーじゃないんだ」
と思っていたのですが本大会に入ってあれよあれよという間にがっちりレギュラーを勝ち取り、
しかも決勝ゴールを2度も決める大活躍。
(延長戦までもつれたオランダ戦も決勝点はディマリアのゴール。)

本当によくがんばりました!


でもこうなると心配なのは「このままベンフィカにいてくれるのか?」ということ。
とりあえず今シーズンは残留すると言ってくれましたが、「スペインでプレーするのが夢」なんてことも言っているし。
彼のプレーを見ていて思ったのはすごくスピードがあって、しかもしっかり守備もする、「キケ好みの選手だな」ということ。
できたらこのまましばらくいて欲しいのですが。。。
それはなかなか難しいかな。

でもスペインに行きたいのならキケの元でプレーするのはよいかもしれませんね。
それにアイマールやレジェスも入るし。

そのディマリアは明日にはポルトガルに戻ってくるそうです。
あ、そういえばアグエロは来週のCL予備戦に出るんでしたね。
アトレティコは彼の戻ってくるのを切望していますから。。。


どっちを見るか?



試合は明日8月24日21時15分(日本時間5時15分から)です。
ほぼ丸々バレンシアのSuper Copaとかぶってます。
なんで?
私はどうしたらいいの?

バレンシアは勝ってくれるにちがいない。。。
キケの初采配だしベンフィカを見ようか。
いやタイトルかかっているし、ダビが出るし、やっぱりバレンシアを見ようか。。。
ああああああああ。。。
なんで重なるのぉ!!!!!!!!!
もうこうなったらいっそのこと、MACでベンフィカ、ラップトップでバレンシアと同時進行しようか。。。
と、今は思っております。



初戦はアウェ

24370.jpg

新しいチームを率いての初戦。
キケは今頃緊張しているんでしょうか。
キケは記者会見で
「ベンフィカはファンの希望によってモチベーションが高まっている。
 われわれはよいシーズンにしたいという希望をもっている。
 そのためにはリーグの初戦でよい結果を得たい。
 この試合は重要であり、われわれは勝利したいと強く思っている。
 勝利をえることは夢を持ち続けるためにとても重要だからだ。」
と初戦にかける意気込みを語っています。
あまり緊張は感じませんね。
どちらかというと「早くやってみたい!」という自信を感じます。
ファンの私はドキドキなんですけどね。


開幕戦だというのにこの試合はホームのルスではなくアウェ。
バレンシアでは3シーズン、ずっとメスタージャで開幕を迎えていたのでなんとなく
「開幕戦はホームで迎えるもの」
と思っていたら今回は違いました。
(ちなみにバレンシアは来週の土曜日、メスタージャで開幕戦ですね)
ルスならファンの熱烈な応援があるんのですけどね。。。


相手のリオ アベについてはほとんど知りませんが、プレシーズンの成績が一番よかったクラブだそう。
キケも
「リオ アベはよい調整をしているチーム。」
と認めています。

それに比べてベンフィカは下から数えて4番目くらい。。。
2勝2敗2引き分けかな。
新しい監督になったんだし、選手も大幅に変わったんだから仕方ないんですけど。。。
ただ最後のインテルとの試合を見る限り、守備組織は出来上がってきていると思います。
あとは攻撃陣かな。


招集選手

しかし、なんと、レジェスが招集漏れです。
招集メンバ
GK:キム、モレイラ
DF:レオ、ルイゾン、マキシ ペレイラ、ネルソン、シドネイ
MF:バルボア、ビニャ、カルロス マルティンス、フェリペ バストス
   カツラニス、ルベン アモリム、アイマール、ウレタ、イェブダ
FW:コルドソ、マククラ、ヌーノ ゴメス

怪我をしたわけではなく、まだチームに交流して10日あまりしかたっていないので、ということらしいです。
うーん、ちょっと慎重すぎないかしら、キケ。

もちろん彼の変わりになる選手はいます。
このプレシーズンの驚きの一つ18歳のウルグアイ人ウレタ。
でもいざ、というときのために、招集してもよかったんじゃないのかなぁ。。。

レジェス、くさらないといいけどなぁ。。。

バレンシアGP 

バレンシアGP開幕!



1219420175430_fotosagencias_20080822_172315.jpg

私はあまりF1に興味はないのですが。。。
8月22日から24日までバレンシアでF1が開催されます。

私はこのレースがバレンシアの公道を走るというので以前からちょっと興味がありました。
そう、どこを走るんだ?って。
もちろん街の中心の方ではないのはわかっていましたけど。
そんな私のような人のためにelmundo.esがコース紹介をしてくれています。


コース全容はCaracteristica del circuito
さぁ、コースを楽しもう!車にのって出発です!
スケジュール、結果などはこちらから


バレンシアでF1が開催されるのは今年が初めて。
スポーツ都市を目指すバレンシアとしてはヨットのアメリカズカップとともに以前からかなり力をいれてきたビッグイベントです。
F1は街にお金を落としてくれますからね。

まぁ、そんなことはあまり考えずレースを楽しみましょう。
ただ、今回のレースは街中に作られたサーキットを走ると言うことで事故が心配です。
とにかく無事にレースが終ることを祈ります。


選手たちも。。。

2008-08-29_IMG_2008-08-22_18-56-39_71801_1_800.jpg

車が好きなサッカー選手って多いですよね。
もちろん、彼等が自分の街でF1が見られる!そんなチャンスを逃すわけがありません。

モーロ、バラハ、アルビオル、ビージャ、エルゲラ、マルチェナ、マタ、ティモ、パブロ、ウーゴ。。。
みんなで見に来ちゃいました。

アロンソ、がんばれ~

1219420175430_fotosagencias_20080822_165939_convert_20080824004808.jpg

スペインでF1、といえばフェルナンド アロンソ!
出身はビージャと同じアストリア地方。
彼はウィーンで行われたユーロの決勝戦にも来ていて、スペイン優勝が決まった直後にEl Largueroにも出ていました。
すごく感動している様子がこちらにも伝わって来るインタビュでした。
この時はまだビージャと親交はなかったようですが、ビージャはあれだけ応援してくれたアロンソに御礼と今回のレースの激励に行ったかしら。

ユーロの時応援してくれたアロンソを今度はバレンシアの選手達が応援してあげてください!

私はバスケのスペイン代表に専念しますから(笑)
(明日、宿敵アメリカと金メダルをかけて戦います!)




more...

シルバ契約延長(プレゼン) 

今日、メスタージャのVIPルームでシルバの契約延長のプレゼンがありました。

プレゼンの様子はこちらから Silva sella su renovación

今日やるか?と思ったのですが。。。

案の定、オフィシャルのシルバの写真はあまり晴れ晴れとした表情に見えないんですよね。
ちょっと疲れているような感じがします。
マドリーのバラハス空港での事故が彼にとっていかに大きな衝撃だったかがわかります。

silva22ag2008b.jpg


シルバは
「僕のために努力をしてくれたクラブに感謝します。
 この決断をくだすのはとても簡単なことでした。
 なぜなら僕はバレンシアで幸せだからです。
 これからも長くここにいたいと思います。
 皆さんが示してくれた愛情に感謝します。」
「バレンシアは常に僕にとってはファーストチョイス。
 この夏の間、いろいろ言われていましたが僕はとてもおちついていました。
 最後に両者の努力によって合意に達することが出来てよかったです。」

って感じのことを申しております。


オフィシャルにもこんなページができています。
シルバのすべて

大事にしてくださいね!
彼はバレンシアの宝物ですから!

あ。。。シルバ。
髪の毛、切った?
この前までの方がよかったなぁ。
SILVA02_20080822235227.jpg



ポルトガルから到着! 

来ました!



IMG_1935.jpg

ベンフィカの雑誌、と思ったら新聞でした。
申し込んでから一ヶ月くらいかしら。
思ったより早かったかな。

これは週間で出るんです。
つまり毎週届くんですね、ポルトガルから。
でもまだポルトガル語が追いつかなくて、四苦八苦です。

キケももちろん、載っています。
レジェスの入団発表も。
この号はエルセビオカップの直前だったのでモウリーニョも登場しています。

IMG_1938.jpg


やってます!キケ

20080818000000.jpg

一昨日の「O Jogo」にキケの仕事の話がでていたんですが、彼の仕事ぶりはどこにいっても変わりませんね。
以前、チームの練習を見たファンが「いままでと全然違う」と言っていましたけれど、
彼が変えているのは練習内容だけじゃなくチームの体質もですね。

毎日体重チェック!

まずはバレンシアでもやっていた(というか今はどこでもやっているでしょう)選手の体重管理。
毎日チェックされているそうです(私なら逃げ出したい。。。)
食事の内容も気にしています。
そのため、一日に一度は練習場かスタジアムでみんな一緒にとることになっています。
もちろんメニュは栄養士によってカロリー計算され、必要な栄養素が充分取れるもの。

またそうやって食事をともにすることはチームの一体感を生むことにもつながっています。
チームの雰囲気がよくなっているのはそんなことも影響しているのかも。

メディコとの連携

さらにメディカルスタッフとの綿密なミーティングをやっているようですね。
これはバレンシアではやっていなかったのかな。
毎日報告をコミュニケーションをとるのはもちろんのこと、
週に一度、全てのメディカルスタッフを集めてミーティングを開催しているそうです。

心拍数もチェック!

それとプレシーズンの間ずっと心拍数?を計っていたそうです。
毎日チェックすることで選手のフィジカルの調子などもわかるんですって。

ここまでやるのはなぜ?

キケがここまでやるのは怪我による選手の離脱を防ぎ、パフォーマンスを最大限に引き出すため。
バレンシアでは選手の怪我に泣きましたからね。
過去の教訓をいかしてってことでしょうか。

どんなに優秀な選手でもフィジカルの状態がよくなければモチベーションも高まらないし、よいパフォーマンスは出来ませんからね。

こんなキケの仕事ぶりはファンやOBにも認められていて、
「今シーズン、国内リーグで優勝するのはどこ?」という「Record」のアンケートでポルトの14.1%、スポルティングの27.1%を抜いてベンフィカがダントツ一位!
なんと51.7%!!!!!!

なんか私がプレッシャー感じちゃうなぁ。。。

20080816000004.jpg

悲しみの中で:親善試合デンマーク×スペイン【CRONICA】 

Dinamarca_Espana.jpg

昨日、マドリーのバラハス空港で大惨事がありました。
離陸しようとしたスパンエアーの飛行機が炎上。
乗客、乗員150名ほどの方がお亡くなりになるという大事故になってしまいました。
お亡くなりになった方の御冥福をお祈りいたします。

試合をサスペンデットにしようかとデンマーク側から申し出があったようですが、
話し合いの結果、両チームが喪章をつけ、試合開始前に数分の黙祷をすることにして試合を行うことにしました。

dina-esp20ag2008v.jpg

この飛行機はカナリア諸島のLas Palmas行きでした。
カナリア諸島といえばシルバの出身地。
デンマークとの親善試合をひかえた彼はこの事故のことをしって衝撃を受け、動揺していたそうです。
それでも、シルバは先発して前半を戦いました。

私が見た感じではいつものシルバじゃなかったような気がします。
いえ、多分チーム全体がいつもスペイン代表ではなくてリズムが作れませんでした。
もちろん、相手のデンマークのプレスがきつかったということもありますけれど。

後半、シルバとビージャがカペルとシャビ アロンソに交代してからチームはよくなりました。
結果は3-0。
シャビアロンソの2ゴール(トーレスとカペルのアシスト)、チャビのゴール(カペルのアシスト)。
デルボスケさんの選手交代が見事に当たったということでしょうか。
まだプレシーズンの選手が多いですから、カペルのような選手が後半にでてくると効果的ですね。


デルボスケさんは監督初の試合で勝利。
きっとホッとなさったことでしょう。
これからもこの気持ちのよい選手達が気持ちよくプレーできるようなチームを作っていってください。

試合の様子はこちら

勝利の理由 

だから勝てたんだ



これは昨日の練習の様子。
楽しそうですねぇ。

sele20ag20078.jpg


私は日頃、携帯サイト「超ワールドサッカー」をよく見ています。
そこに原ゆみこさんというマドリー在住の女性がコラムを書いていらっしゃいます。
(彼女はフットボリスタにも記事を書いていますね)
もちろんマドリーにお住まいということでレアルやアトレティコの情報が主なのですが、彼女は律儀にヘタフェの情報もカバーしてくれているんです!
ヘタフェのことなんて日本ではほとんど取り上げてくれませんから私にとっては本当に貴重な情報源なんです。

今日アップされていた記事はヘタフェ×ラージョの親善試合でアルビオルのお兄さんが活躍したことから、バレンシアとマドリーのSuperCopaのはなし、そしてスペイン代表のことまで盛りだくさん。

そこにこのビデオの情報が載っていました。

まずはユーロを勝ち取ったメンバーの紹介

イケル、フェルナンド、カルロス、アンドレス、ファン、アンドレス、
カルレス、ダビ、マルコス、チャビ、ダビ、セルヒオ、ラウール、
サンティ、フェルナンド、ペペ、アルバロ、ルーベン、セルヒオ、シャビ、
セスク、ジョアン、ダニ。。。

みんなファーストネームです。

それにしても音楽と映像がすごく合ってますね。



最高の雰囲気

スペイン代表のロッカールームが本当によい雰囲気だったことが伝わるビデオです。
移動中のバスの中で、セルっちがセレクトした音楽にあわせてみんなで大合唱。
この曲はJambaoというグループの曲で"Se parece mas a ti"(君にもっと似ている)というタイトルだそうです。
しかしみんなノリノリですね。
このノリのまま試合に突入していたとしたら。。。きっと最高の雰囲気でプレーをたのしめたでしょうね。
だから、勝てたんだな、きっと。




思い出のシーン

最高だったユーロを思い出して。

たとえ王者になっても 

相変わらずです!みなさん



まぁ、いきなり人間が変わるわけじゃないですからね。
でも本当にかわいらしい選手たちですねぇ。
今回招集の選手たち、平均年齢が22.5歳ですからね。

1219081194090_vill.jpg
白いシャツなんて今回はおとなしめですなぁ~ビージャ君。

代表の皆様、ラス ロサスへご到着
いきなり笑えます。
セルっち。。。しっかりやってくれてる。

カシージャスとデ ラ レッドはバレンシアのオフィシャルショップの袋を持ってます。
もしかしてバレンシアから直接来たの?
(SuperCopaの試合前、ValenciaCFからユーロ優勝メンバに記念品が渡されました。
 レアルの選手たちには新しいメスタージャのミニチュアみたいなのが渡されてました。
 そんなものもらっても。。。と思うんですけどねぇ)

バレンシア組み(シルバ、アルビオル、ビージャ、カソルラ、セナ)は一緒に登場。
2008-08-26_IMG_2008-08-18_23_35_38__MV032DE001_jpg.jpg

代表の様子を伝えるビデオはこちら。
デル ボスケ監督、初練習の様子
すでにデンマーク入り

ホアキンはどうなる? 

ブラックバーン?


ブラックバーン、ホアキンに正式オファー
ブラックバーンがホアキンを狙う!?
この記事を読んだときの私の正直な感想は。。。

似合わない。。。
なにがって?
すべてがです。

UKロックを聞くホアキン。
傘をさすホアキン。
コートを着るホアキン。。。

想像できないでしょ。

やっぱりホアキンにはフラメンコのカンテ。
ホアキンにはサングラス。
ホアキンにはサンダル。


けっしてブラックバーンが悪いんじゃないんです。
ホアキンにイングランドは似合わない、と言っているんです。

彼はアンダルシアの太陽。
どんより曇。しとしと雨は彼には似合わないのですよ。


シルバの契約延長が発表され、
ビージャが残るのもほぼ決定。(発表はSuperCopaのセカンドレグ終了後)
ビジャの代理人「バレンシア残留は100%」

だからホアキンは出していいのか?
何のために?
あのGKをとるため?
なんだか納得できない私です。


バネガはアトレティコ?

アトレティコ、バネガに興味
北京オリンピックに参加しているバネガにはアトレティコが興味をもっています。
一緒にオリンピックに行っているアグエロが「おいでよ!」と誘っているようですね。


DFのダビ ナバーロが再びマジョルカへという話もあります。
SuperCopaのファーストレグ、22人招集されていましたが、実際ベンチに入れたのは18人。
ジキッチ、アングロ、デル オルノ、それにダビ ナバーロがベンチ入りできませんでした。

そんなこともあって彼自身も昨シーズンレンタルされていたマジョルカもどりたいと思っているそうです。
今回はレンタルなのか、完全移籍なのかはわかりません。。。

オランダ代表でオリンピックに行っていたマドゥロも帰ってきますし、
バレンシアは誰が残るか本当に8月31日までわかりませんね。
それにしてもピボーテ、多いですよねぇ。。。






La Convocatoria de la Seleccón Española Amistoso ante Dinamarca 

さぁ代表戦


今日、8月18日の現地時間19時からスペイン代表の練習がはじまります。
午後1時が集合時間。
最後にやってきたのはセルっちとレイナだったそうです。。。

今回は親善試合。
20日にコペンハーゲンでデンマークと対戦します。

今回の試合は監督がアラゴネスからデル ボスケに変わってからの初試合になります。
しかも9月6日には2010年ワールドカップ予選、ボスニア戦が待っています。

とはいってもユーロ優勝のメンバが基礎になっていますからね。
そんなに心配はしていません。

メンバはもうずいぶん前に発表されたんですけど、記事にするのをすっかり忘れていました。

    ビルバオ:アモレビエタ、イラオラ
   バルセロナ:プジョール、チャビ、イニエスタ、ボージャン
     ベティス:ファニート
フェネルバフチェ:グイサ
   リバプール:レイナ、シャビ アロンソ、トーレス
レアル マドリー:カシージャス、セルっち、デ ラ レッド、
   セビージャ:カペル、フェルナンド ナバーロ
   バレンシア:アルビオル、シルバ、ビージャ
  ビジャレアル:セナ、カプデビラ、カソルラ

ユーロメンバからはずれたのはマルチェナ、セスク、アルベロア、セルヒオ ガルシア パロップ。
マルチェナとセスクは怪我です。

今回はビルバオから二人、そしてセビージャのカペルを初招集しました。
でも。。。
昨日のスーペルコパをメスタージャで観戦したデル ボスケは気になる選手ができちゃったようですよ。

それは。。。バレンシアのマタ!だそうです。
またちびちび、ですねぇ(笑)

RTVVで見る方法 

バレンシアの地元放送局RTVVで試合の放送をしていることがあります。
その視聴方法を。

テレビ放送の視聴方法
 1.RTVVへ。
  このベージはバレンシア語のページなので、もしCastellanoがよろしければ右上の
  (valencia) (castellano)という赤い文字の
  (castellano)の方をクリックしてください。
  画面がCastellano語に変わります。

 2.右側の「TELEVISIO EN DIRECTE TVVi」をクリック

 3.新しいウィンドウが開きそこで見れます。

  プログラムの確認は
    左側の「PROGRAMACION」の「DEPORTES」をクリック
  その下の方にTVViのプログラムが載っています。


ラジオの視聴方法
ラジオ9の放送が同じページから聞けます。
 1.RTVV

 2.左側の「RTVV EN DIRECTO」の「RADIO 9 EN DIRECTO」の
  「ALACANT」
  「CASTELLO」(普通のスペイン語の放送)
  「VALENCIA」(バレンシア語での放送)
  のどれかを選んでください。 
 
 みなさんおそれずにいろいろいじってみましょう。
 なにか新しい発見があったら是非教えてください。
 

ネット観戦しました 

ネット観戦の方法を。
ただし、ウイルスなどは自己責任になります。

1.http://www.myp2p.eu/で放送を探す方法
 1)上記サイトにいきます

20100102000000_20100112213930.jpg


 2)の上の部分タブの「Live Sports」をクリック。
20100102000002.jpg


 3)「Football」をクリックするとこれから見ることができるサッカーのカードの一覧が表示されます。ここで中継があるかどうかを確認。その日にならないとわからないことが多いです。
20100102000004.jpg


 4)観たいカードの右にあるテレビマークみたいな「=>」アイコンをクリックします。
20100102000005.jpg


   ・放送局、
   ・必要ソフトウェア
     基本的に「Veetle」「Sopcast」「TVants」「TVU」ぐらいである程度大丈夫です。
     インストールは上部の「Software」から個別インストールできます。
   ・回線スピードなどが表示されます。
     Bitrateが300前後、ratingが☆3つ以上が良いと思います。
     低すぎると画質が悪く、高すぎるときれいだけど止まってばかりになります。

 5)「Play」を押すと自動的にインストールしたソフトウェアが立ち上がり試合がみれます。

 注)必ず観れるわけではありません。
   Playを押してソフトが立ち上がってもどこにもつながらないこともあります。
   ウィルスの危険性は自己責任です。
  


2.justin.tvで直接見つける方法 
 1のリストの中からもJustin.tvでリストアップされている放送局に
 アクセスできることもありますが、昨日は直接探しました。
 オリンピックのアルゼンチン×オランダ戦などの放送もみれましたよ。
 
 1)下記のサイトに行ってください。  
  http://es.justin.tv/ →スペイン
  http://pt.justin.tv/ →ポルトガル

 2)そこの上の方にあるDirectorioをクリック
  放送しているTVの一覧が表示されます。

 3)左側のCategoriaで「Deportes」を選択
  ポルトガルの方だと「Sports」です。

 4)Subcategoriaで「Soccer」を選択
 5)IdiomaでEspanolを選択するとスペイン語で放送しているものがみれます。
  ただすごく少なくなりますが。

 これはMACでも可能です。
 ちなみにベンフィカの試合はhttp://pt.justin.tv/speedyyytvで観れました。

 
1の方法はFLUKEさんという方に教えていただきました。
ありがとうございました。

Nadal, El numero uno!!! 

1218977705_extras_albumes_0.jpg

バレンシアの勝利とともに嬉しいことがありました。
昨夜、大好きなナダルが北京オリンピックで金メダルを獲りました!!!
日本ではまったく放送がないので、ASのテキストを見ながら応援しておりました。

ナダルのことは最初はスペイン人だから、と思ってみていたんです。
へぇ~スペインってテニスも強いんだ、って感じで。
それが毎シーズンローランギャロやウィンブルドンで繰り広げられるフェデラーとの戦いを見るうちにすっかりナダルファンになってしまいました。

彼のサッカーは土の匂いがするんです。
それはローランギャロの赤土ではなくてスペインの土の匂い。
決して洗練されているわけじゃないけど、力強くて、荒削りで、見るものを引きつけるテニスをします。
(あ、今シーズンはその荒削りなところはだいぶなくなってうまさも出てきました)

今シーズンは全仏オープン、ウィンブルドンでフェデラーを破り優勝。
そしてオリンピックで金メダル。
最高のシーズンをすごしていますね。

今や押しも押されぬ numero unoであるナダル。
これからももっともっと私たちを興奮させる試合をしてください~!

彼はマドリディスタだからスーペルコパのファーストレグでレアルが負けたと知ったら悔しがるかな。(笑)

かっこいいナダルのビデオ
子供のころからのナダルの写真

Muchas Gracias! Unai....!!!:Super Copa de Espana IDA バレンシア×R・マドリー【CRONICA】 

e99fc5db295a490e6aadcc87beef66ff_extras_albumes_0.jpg

3-2


粉々に壊されてしまったバレンシアが、自尊心をめちゃくちゃにされたダビが一歩一歩復活への確かな道を歩んでいる。
それを見て、私も傷ついてすさんだ気持ちが少しずつ癒されていくような不思議な感じがします。
ここまで取り戻してくれたウナイに感謝です。


ダビがメスタージャで行われる公式戦に先発したのは昨年の12月のバルサ戦以来。
あれからダビは消えてしまいました。
サラゴサ戦での復活はたった3分。
もう戻って来れないと思っていました。

ビージャゴールを祝うダビの姿。
本当に久しぶり。

ブラサレットをつけたビセンテの決勝のゴールを誰よりも喜んでいるのもダビでしょう。

そしてしっかりカードをもらうダビ(笑)。


ダビのために次の日曜日に絶対SuperCopaを勝ち取って欲しいと思います。
そしてダビにカップを掲げさせてあげたい。
国王杯、、、ユーロと2度もその機会を逸してしまったんですから。

d3fd6de5dae2ecfcf5802fc7768960ad_extras_albumes_0.jpg



試合は


一郎さんのスポナビ記事:ビセンテの決勝ゴールでバレンシアが先勝=スペインスーパー杯
バレンシアのエメリ監督「満足できる結果となった」
レアルのシュスター監督「逆転することができると信じている」
スペイン・スーパーカップ、第1戦はバレンシアがレアルに勝利



ネットで観戦しました。
(このネット放送、音声がCadenaSerのラジオのものだったんです!
 画面との微妙なずれはありましたが試合を見れて、さらにいつものラジオ放送が聞けて私には最高でしたね)

前半はビージャが何度もDFラインの裏をねらうもオフサイドをとられていらいらしていました。
ちょっといやな感じ、と思ったとたんにニステルローイに決められました。
ニステルローイの決定力はすばらしいですね。
しかもこれがまぁ、、、なんと!
デ ラ レッドからのパス。
ルーベンもうれしかっただろうなぁ。
レアル復帰第1戦でアシストできて。
私はくやしいやら、うれしいやら、複雑。


前半は0-1で終了。
ビージャのいらいらがなんとなーくチームにもいやな雰囲気をもたらしていたかな。

後半、そのいやな雰囲気を吹き払ったのはレアルカンテラ育ちのマタ!
ホアキンからのクロスをシルバが見送ってマタがうまくトラップしてゴール!
あの得意そうな顔!
「へへっどうだい!」って絶対言っていたと思います。

2点目はビージャ。
左のマタからのクロスをヘディングでゴール!
珍しいヘディングで、カシージャスも反応できず。
こちらは初試合でゴールを決められてうれしい!って感じ。

3点目はビセンテ。
シルバとのワンツーでゴール!

このゴールが一番うれしかったですねぇ。
でも気になることが。。。
ゴールのあとにおなかを膨らますパフォーマンスをしていたんです。
まさか。。。パパになるの?????????


レアルの右サイドバックはサルガドが先発。
後半はそのサルガド側でチャンスを作れましたね。
その後、セルヒオが出てきたけど、ビセンテ、シルバ、ビージャが絡む左サイドはそう簡単には止められません。
それでも責めあがるチャンスを見つけてがんがんいくセルっちはやっぱり魅力的なんですけどね。

それとミゲルの動きが昨シーズンと全然違いました。
攻撃面はもちろんですが、守備への戻りも去年の数倍真面目にやってました。
やっぱり彼は”気分”が大事なんですねぇ。
この分だとまたホアキン、アングロとの右サイドが楽しみだ。



うれしかったこと

バレンシアオフィシャルのテキスト放送が復活!
うれしいです!!!
たとえWOWOWの放送があっても、CadenaSerのラジオを聴いても、ネット観戦できても私はこのテキスト放送が大好きだ!


月曜朝の勝利は格別!
さぁ、気持ちよく仕事に行こうっと!!

d75b068b50e302e87429c8e8812d7be0_extras_albumes_0.jpg





== Ficha Tecnica ==
Valencia
Hildebrand,
Miguel, Albiol, Alexis, Moretti,
Joaquín (64'), Albelda, Baraja (74'), Mata (70'),
Silva, Villa,
Guaita, Helguera, Edu, Morientes, Pablo (64'), Vicente (70'), Fernandes (74').

Real Madrid
Casillas,
Salgado (63'), Javi García, Heinze, Torres,
Diarra, De la Red, V. der Vaart, Robinho (63'),
Raúl (74'), V. Nistelrooy,
Dudek, Metzelder, Robben (63'), Guti (74'), Higuaín, Saviola, Ramos (63').

Gol
0-1 (13'): Van Nistelrooy cruza tras pase de De la Red.
1-1 (55'): Joaquín centra desde la derecha, Silva deja pasar el balón y Mata fusila.
2-1 (58'): Mata centra al área y Villa marca de cabeza.
2-2 (67'): Jugadón de Robben que finaliza Van Nistelrooy con la derecha dentro del área.
3-2 (80'): Vicente marca tras luchar un balón en el área.

Árbitro
Medina Cantalejo, Andaluz.
Amonestó a Villa (23'), Albelda (41') y Javi García (50')

Incidencias
Mestalla. 45.000 espectadores.

ダビ、インタビュ:2008/08/17 AS 

アルベルダはバレンシアのクラブ史上、最も重要な選手



MARCAの記事によるとバレンシアの副会長でスポーツ部門の責任者、フェルナンド ゴメスがアルベルダのチームへの復帰について彼の意見を公表しました。
「多分、彼はバレンシアのクラブの歴史でもっとも重要な選手だろう」
「私にとっては、このことは既に忘れ去ったこと。
 今の私の考えはアルベルダの復帰だ。」

フェルナンド ゴメスは株主総会でも「アルベルダはバレンシアがもっとも多くのタイトルをとった時のカピタンだ」と説明し、ファンにもこのことを思い出して欲しいと強く訴えています。

フェルナンドさんはダビと同じバレンシアのカンテラ出身。
だから「もしアルベルダに起こったことが自分に起こっていたら?」と考えられるのかもしれません。

こうやってクラブ側が明確に
「アルベルダは大切な選手だ」
と言ってくれればかたくなにダビにブーイングしているファンも少しずつわかってくれるんじゃないかなぁ~
フェルナンドさん、ありがとう。


インタビュは...

camino_regresar_nos_hizo_grandes.jpg

さらっとしたインタビュなんですが、
言っていることは「カピタン」としての発言です。
さすがだね、ダビ。

- レアルが到着しました、スーペルコパですね。
「我々は2年連続のチャンピオンについて話している。
 スーペルコパの優勝候補は彼等だろうが、僕らはコパを争い、
 リーガのタイトル争いを複雑にする状態にあると思っている。
 スーペルコパの試合は準備の段階で行う。
 勝っても負けてもそれが悪いシーズンになるか良いシーズンになるかを決めるのではない。」

- 今日はメスタージャが重要な要素になりますか?
「ホームで良い結果をえることは常に重要だ。
 僕はこの最初の試合で負けるとは思っていないし、我々はベルナベウに行ってマドリーで勝利をかけて戦える状態にあると思っている。」

- バレンシアが国際的な場所に戻る時がきたと思っていますか?
「Si, なぜならこの4年間僕たちは随分後退してしまったからね。
 本来クラブとチームがいるべき場所に戻らなくてはいけない。
 ここ数年お金を受け取り、クラブとしてよくなるためのスポーツ以外の援助があったがクラブはそれを活かすことができなかった。
 僕たちはマドリーやバルセロナとタイトルを争っていたバレンシアにするために最善を尽くさなければならない。

- それにはアイデンティティを取り戻すべきでは?
「我々が偉大なことを成し遂げた時のことを探し求めるべきだ。
 エメリはキケやベニテスと同じで、しっかりとそれをやっている。
 我々は昔我々がやったことに戻るべきだ。
 それは再びタイトルを勝ちとり、強いチームになることにつながる道のりだ。」

- 素晴らしいプレシーズンがおくれていますか?
「僕はこの夏、とてもよく練習したよ。
 いつも以上に良い状態だ。
 個人的なことを片付け、入念に準備した。
 なぜなら僕は数ヶ月プレーしていないからね。
 今僕は今までになく良い状態だよ。」

- 10年間あなたは代わりを探していますが、ここに今もいますね?(移籍しないでバレンシアにいるということかな?)
「僕はバレンシアを良く知り、よい成績をあげる幸運に恵まれた。
 選手がチームにずっといるということは、人々が思うより難しい。
 偉大な選手達がいて、バレンシアは良い選手達をさがしたが、僕は幸運にも成長がとまらなかったからね。」

- 昨シーズンおこった問題のあと、あなたはサッカー選手としてのアルベルダについてだけ話したいと言っていましたが
「Si, なぜなら多くの人が僕に持っているイメージが昨シーズンのものだというのは公正なことではないからだ。
 人々は僕のことを「もっともだ」と考えているが、でも裁判でのイメージをあまり良い物だとは思っていない。
 たしかに僕が彼等に不愉快なイメージをあたえたことを謝罪することができる。
 でも僕は彼等が再び僕の働きに満足してくれるようにスポーツ面で素晴らしい働きをしたい。」

- デル ボスケの代表に戻る夢をもっていますか?
「もちろん!
 しかし僕が戻ることは僕がクラブで良い働きをしたすることでもたらされる。
 100%できたら、いつの日かもどることも出来るだろう。
 僕はとげを取り除きたい。」

最後の言葉はユーロにでられなかった悔しさを払拭したいって感じでしょうか。
時間がなくていい加減なところもあります。
ごめんなさい!

Super Copa de España IDA:バレンシア×R・マドリー【PREVIA】 

さぁタイトルをとろう!



昨シーズンのリーガ優勝チームと国王杯優勝チームが戦うSuper Copa de España。
今日、8月17日現地時間22時(日本時間5時から)メスタージャで1stレグが行われます。

スーペル コパって毎シーズン、シーズン開幕前にさらっと行われてしまうのですが今シーズンはさらに盛り上がっていないような。。。
それはもちろん、オリンピックのせい。
MARCA、ASなどもトップ記事はみんなオリンピックですからね。


昨シーズンのリーガ優勝チームはマドリー。
そして国王杯優勝チームはバレンシア。
対戦カードとしては最高。

しかし今シーズン、両チームともあまり新顔はいません。
レアルはファン デル ファールトが加わっただけですし、バレンシアもパブロを買い戻しただけです。
つまり昨シーズンとほぼおなじ顔ぶれになるわけです。
レアルは監督も変わっていないので、昨シーズンから大きくかわったサッカーをやることはないでしょう。
一方バレンシアはメンバーは同じでも監督が変わりました。
これが大きいんですよね、バレンシアにとっては。
昨シーズン、国王杯をとれたのは監督のおかげではありません。
選手達が自分たちで「バレンシアらしい戦い」を選択したからこそ勝ち取れたタイトルだったのですから。

招集メンバ

Villa_recupera_tiempo_sera_bandera.jpg

バレンシアの招集メンバは先ほど発表されました。

GK:ヒルデブラント、グアイタ
DF:ミゲル、アルビオル、アレクシス、モレッティ、エルゲラ、ダビ ナバーロ、デル オルノ
MF:アルベルダ、エドゥ、バラハ、マヌエル フェルナンデス、ビセンテ、マタ、ホアキン、パブロ、シルバ
FW:アングロ、ビージャ、モーロ、ジキッチ


ビージャとビセンテ、マタが数日前から筋肉の違和感で練習をしていないようなんですが、大丈夫なのでしょうか。
シーズンの開幕を控えているのでもし何か問題があれば無理はさせないと思うのですが。



私の先発メンバーの予想は

      ヒルデブラント、

ミゲル、アルビオル、エルゲラ、モレッティ

    アルベルダ、  バラハ

  ホアキン、 シルバ、 ビセンテ

        ビージャ

もしビセンテ、マタがダメならシルバを左にして、
ビージャ&モーロの2トップかな。
ビージャがだめなら、アングロさん。

中盤はダビ、よろしくお願いしますね!
やっぱりレアルにとってもダビがいるのといないのでは「バレンシアの嫌らしさ」が違うと思うのですよね。
特にダビのことをよく知っているラウールとかグティにとっては。

本当は、、、エルゲラじゃなくアレッシィと書きたいところなんですけど、まだかけない。。。


レアルの方は
GK:カシージャス、デュデク
DF:サルガド、セルヒオ ラモス、メツェルダー、ミゲル・トーレス、エインセ、ハビ ガルシア
MF:ディアラ、デ ラ レッド、ロッペン、ファン デル ファールト、グティ
FW:ロビーニョ、イグアイン、ラウル、サビオラ、ファン ニステルローイ


デ ラ レッドにとってもレアルに復帰して初めての公式戦。
出られると良いのだけど。。。
彼はヘタフェの選手として国王杯決勝でバレンシアに負けました。
リベンジ!って思っているかもしれません。

ハビ ガルシアも招集されています。なかなか良い選手ですよ。(ピボーテとしてですけど)
レアル カンテラ育ちは良い選手が一杯いるんです。
がんばれ~。。。あ、ちがう。

Amunt Nuevo Valencia!!!
タイトルを掴め!!!




PK戦で決着:第1回エウセビオカップ インテル戦【CRONICA】 

0-0



試合はこちらから見れます。
Benfica vs Inter Milan
Benfica vs Inter Milan - Penalty kicks

ダイジェストはこちらから


まだまだです。
とはいえ、インテル相手にたとえこの時期といえども0-0で終ったことはそんなに悪くないと思います。
だいぶ良くなって来ました、ベンフィカ!

守備が格段に安定してきましたね。さすが、キケ!
DFラインと言うより守備的ピボーテのところが不安かな。(これは私の見方がきびしいかも)
前半はよかったのですが、後半マルティンスがさがった後、ほとんど中盤でボールを奪えなくてインテルにかなり攻め込まれていました。
それでもなんとか凌げたのはDFラインの必死のがんばりとGKQuimのセーブのおかげです。
昨日のQuimは本当にEstupendo!でした。


見えて来た変化

20080816000001.jpg

私は昨日のベンフィカを見て、選手達が変わってきたのが感じられました。
選手達が「このままがんばれば俺たち結構行ける?」って思っている気がします。
キケ、本当にがんばってますね。

キケ自身も試合後の記者会見で
「チームは成長している。
 今日、私たちはプレシーズンを開始したころから成長した。
 我々は強く、アグレッシブで競争力を持ったチームだ。
 よいイメージをもって、すべての面で成長し続けていく。」
と確実に手応えを感じているようでした。

また、選手達の姿勢にも彼等の意気込みが感じられました。
「A Bola」の記事から。

「本当に驚いたことはキケの仕事への取り組み方である。
 彼のサッカーへのアプローチはカマーチョと随分違うものだった。
 選手達はいまだにばらついているが、個性を見せ、戦うスピリットを持ち、献身的で、勇気を示していた。」


特にDFラインには戦う気持ちが見えました。
左サイドバックのレオなんて90分間、親善試合にもかかわらず緊張が途切れることはありませんでしたね。


やっぱりルイス ガルシアが欲しい

それに比べて攻撃面はまだ今ひとつ噛み合ない感じがありました。
まぁインテルのプレッシャがかなり早くてキツかったこともありますけど。

同じ「A Bola」の記事から。
「メカニカルで一貫性をもった組織をつくることにはまだ不安がある。
 ただ、明らかに違いを生みだせる要素がある。
 それはレジェスであり、マルティンスであり、アイマールである。
 アイマールはチームの攻撃面の中心的まとめ役として機能し始めた。」 
 

私はなんとなくキケがルイス ガルシアにこだわる気持ちがわかりましたね。
コルドソも良い選手です。
確実にゴールも決めているし。
でも、キケが求めているFWってビージャタイプなんですよね。
もっと自ら動いてスペースを作ったり、ボールを引き出せる選手。
となると、コルドソはちょっと理想とは違うんです。


モウリーニョのことば

試合後の記者会見から。
ベンフィカとキケとYabdaを褒めてくれているので載せておきます。

「両者にとって良かったと思う。
 彼等にとってはインテルに勝つのは難しい。
 なぜならインテルは守備のよいチームだからね。
 我々にとっても簡単ではなかった。
 ベンフィカはとてもオーガナイズされていて、アグレッシブで、固いチームだ。

 Yebdaはとてもよくプレッシャをかけて、中盤で敵をとめていた。
 ベンフィカにはポストに当てた決定的なチャンスがあった。
 その他にも2、3回チャンスがあった。」
「ベンフィカはポテンシャルを持っているし、良いプレーをするし、素晴らしい監督を擁している。

 スポルティングも良くなっているし、ポルトはいつもよい。
 ポルトガルリーグはおもしろくなるんじゃないかな。」


キケ記者会見

82369559.jpg
やっぱり、良いですねぇ~スーツ姿。


- プレシーズンも終りますが、今日までやってきた仕事に満足していますか?
「チームは成長している。
 私たちはプレシーズンを開始したころから成長した。
 今の我々は強く、アグレッシブで競争力を持ったチームだ。
 よいイメージをもって、すべての面で成長し続けていく。
 インテル戦の結果が決定的なのではない。」

- 今晩のチームの行動(プレー)は好ましいものでしたか?
「Si, 我々はよい試合をしたと思う。
 我々はインテルと同じように強かったし、しっかりしていた。
 しかし我々の方が若い。
 インテルは我々よりインテリジェンスを持っていて、熟成している。
 私は前半のチームの方が好きだ。
 でも試合の最後にも活発にチャンスを作り出していた。
 オフィシャルな試合が始まる前のトーナメントでもない試合なのに!」

- 今のベンフィカは望んでいたようなプレーをしていますか?
「我々はよい組織で、良いプレッシャをかけて、点を取るスタイルを持っている。
 でもある時はまだ不安定な時がある。
 我々はもっと自分たちが望むスタイルのフットボールにしていかなければならない。」

もう少しあるんですけど、今日はここまで。
ポルトガル語のちゃんとした辞書を買ったので今までよりは意味がわかりました。


しかし、キケさん、よくここまでやりました。
でも、私が見た感じでは選手個々のテクニックはバレンシアの選手とかなり差があります。
ボールを止める技術が全然ちがう。
選手個々の技術のブラッシュアップも含めてまだまだやることがありそうです。

Amunt! Quique!!!!! 


 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。