FC2ブログ

モーロ、最後の記者会見 

Muchisimas Gracias Moro!



fernando27mayo2009a_convert_20090528002618.jpg

先ほど、モーロの記者会見が終わり、オフィシャル、MARCAなどに記事がアップされました。

「多分、これが最後の記者会見になる」

モーロはそう思っていたのでしょうね。
オフィシャルの記事の題は
「Estoy agradecidisimo por estos tres anos en el VCF」
(バレンシアですごしたこの3年間にとても感謝している)

簡単に訳しておきますね。途中で訳せなくなるかも。
既に涙で記事がよく見えない。。。

Mr.Futbol。常に記憶に残るプロフェッショナル。素晴らしい経歴を持つFW。
歴史的なフットボリスタ。
フェルナンド モリエンテスを言い表すことができる、彼を想像させるにはこれらの修飾語をもっても足りない。
Sonseca出身のフットボリスタは27日の水曜日、バレンシアの選手としての最後になると思われる記者会見に臨んだ。
そこで彼はバレンシアに来られたことへの感謝をしめした。
記者会見が終わったあと、モーロは記者のたくさんの拍手に送られて、記者会見場を後にした


やっぱりちゃんと訳したいので明日にします。
ごめんなさい。

MARCAの記事によるとモーロは来シーズン、サラゴサにいくかも?と言うことです。
モーロにとっては復帰になりますね。
そういえばそのサラゴサでキケと一緒だったんですよね。。。

スポンサーサイト



Regalos para si misma 

ちょっと時間がたちましたが私がスペイン、いえバレンシアで自分のお土産として買ってきたものをご紹介。

Podemos



9788403099890+.jpg
スペイン国内でユーロ2008を放送したCuatroが出したユーロ本です。
日本のこの手の本だと選手や試合の様子の写真が満載なのですが、これは全然違います。
放送にまつわる部分の話が殆どで、選手達の事なんてほとんど載っていません。

なぜ私がこれを買って来たか?
それはもちろん、Quiqueの写真が載っていたから!
キケは試合の解説をしていましたからね。
この本に載っているキケは、ベンフィカの監督になることが決まった直後。
今とちがって頬に肉があって、笑顔が優しくて。。。
新しいシーズンへの希望が感じられるのです。



El Guaje Villa

849826491X.jpg探しました~
3件の本屋さんの子供の本のコーナー、絵本のコーナーを探しました。
でもなくて諦めていたところ、↑のCuatroの本と一緒にスポーツコーナーの片隅にひっそりとありました。
本当に子供向けなので私でもさらっと読めてしまいました。

ビージャが子供のころ右脚に大きなをけがしたのは知っていました。
でもその右脚の怪我のおかげで彼は左脚を使うことを覚えたんですね。
そしていつのまにか両足を区別なく使えるようになって、なんとユーロでピチチに!
なんてことが書いてある本です。




Los Numeros 1 de Cadena100

n1-de-cadena-100.jpg
私は最近、聴く音楽もスペイン語のものばかりなのです。
日本でもAmazonなどで手に入りますが、せっかく来たのだからとCDを買ってきました。
2枚組の2枚目が今はやっているLatinoの曲。
大好きなLa oreja de van goghの"Jueves"も入っています。
この曲は2004年にマドリーでおきた同時多発テロの事を歌った曲。
ずーんと胸に響きます。
Jueves - La Oreja de Van Gogh (Videoclip)



その他

バレンシアのガイド本やPaellaの本などを買ってきました。
友人のお土産に英語で書かれたスペインのガイドなども。
本当はもっとたくさん買いたかったのですが、本って重いので帰りの荷物のことを考えてこれぐらいで我慢しました。
すでにもうバレンシアグッズとFideo(パエリアの一種Fideua用のパスタ)を大量に買い込んでスーツケースはパンパンだったんですから。

本屋にいると時間を忘れてしまう私。
それはスペインでも同じでした。
内容はよくわからないのに手に取って眺めるだけで幸せな気分になれる。
本屋の魔法は万国共通なのかな。