Archives

 2010-01 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(写真追加)Liga BBVA La Jornada20 : Sevilla × Valencia【PREVIA】 

移動の様子



llegada30ene2010c.jpg

昨夜のうちにチームはすでにセビージャ入りしています。
パパになってはじめての試合。
勝利できるように頑張ってください。

デル・オルノ、マヌエル・フェルナンデス

レンタル移籍がうわさされていた二人ですが。。。

デル・オルノはデポル、マジョルカなどが話に出ていましたが、結局バジャドリへ。

そしてマヌエル・フェルナンデスはインテルのメディカルチェックで引っかかり、バレンシアへ戻ることになってしまいました。
MARCAでは昨年の4月のヒ骨骨折が完治していないと判断された、と書いてありますが、スーペルには膝の腱炎?を疑われたと書いてありますね。
これは彼にとってもクラブにとってもショックな出来事。

バレンシアのメディカル、どうなっているんだ???


仲良し二人組み

llegada30ene2010f.jpg
こちらは仲の良い二人。
やっぱり違和感がありますが。


昨日、Las ProvinciasにLuisさんによるシルバのインタビュが載っていました。
それによると、シルバはすでにピソを持っているけど、家族と一緒に暮らしているのだそうです。

長所と短所を聞かれて
「僕は働き者。(努力を惜しまないってことでしょうね)
 それはいかなる目標を達成するためにも基本になることだよ」
「短所は多分ちょっと頑固なところ。
 でもそれって時には良いこともあるよね。」

ご両親の育て方がすばらしかったのですね。。。

女性と会ったときまずはどこを見る?という質問には
「顔。それから彼女を知ろうとするかな。」
この後、ルイスさん「女性の下着で好きな色は?」なんて聞いてます。
「黒」だそうです。
まぁシルバも大人になったと言うことでしょうかね。

記事はこちらから。
«Soy un poco cabezota pero eso a veces no es un defecto»
«Me siento a gusto aquí, mi familia también y no puedo pedir más»

おまけ

more...

スポンサーサイト

(写真追加)Liga BBVA La Jornada20 : Sevilla × Valencia【CONVOCATRIA】 

後半戦スタート!



sesion29ene2010aa.jpg

となるセビージャ戦。
この試合はel estadio Ramón Sánchez Pizjuánで1月31日日曜日現地時間21時(日本時間月曜日早朝5時から)からです。

今節レアル・マドリーは鬼門リアソールでのデポルティーボ戦。
彼らはここでは勝てないのです。なんと19年も勝ったことがありません。(12敗5引き分け)
デポルにはその記録を伸ばしてもらうとして、このセビージャ戦にバレンシアが勝てばまた勝ち点2差になります!
さぁこのチャンスを活かさないと!


招集メンバ

1264859354059_ENDFD2~1

すでに招集メンバが発表されています。

Porteros: César, Moyà.
Defensas: Bruno, Miguel, Dealbert, Alexis, David Navarro.
Centrocampistas: Marchena, Albelda, Baraja, Vicente, Éver, Pablo, Domínguez, Mata.
Delanteros: Silva, Zigic y Villa.


今週、木曜日に風邪から発熱してダウンしてしまったカピタン、マルチェナですが、昨日は軽い練習をおこなったということで無事招集入りしています。


1264859354059_ENVIOF~4
アンダルシア出身の二人。でも珍しいツーショット。


そのほか、マヌエル・フェルナンデスはインテルへの買取オプションつきのレンタル移籍が決定。
(まだオフィシャルから正式な発表記事はないみたいですがウナイが会見で話していたので確かだと思います)

ホアキンはまだ筋断絶(肉離れ)のリハビリ中ですが、ぎっくり腰だったジギッチは無事復帰しています。

こちらはセビージャの招集リスト
Palop, Javi Varas, Adriano, Stankevicius, Marc Valiente, Fernando Navarro, Escudé, Zokora, Renato, Romaric, Duscher, Lolo, Jesús Navas, Luis Fabiano, Kanouté, Negredo, Capel y Perotti.


一月セビージャはけが人多発。さらにアフリカネーションズカップへの参加選手がいたため本当にきつかったのですが、ようやくその選手たちが戻ってきています。
上の招集リストにもZokoraやKanouteの名前もあります。
バレンシアファンとしては彼らにはもう少し代表のほうで勝ち残ってほしかったところかな。


Peor campo para los bajitos!

ASの記事をみて驚きました。
バレンシアのFWの選手は2005年のアイマール以来、サンチェス・ピスファンでゴールを決めたことがないのだそうです。

バレンシアの誇る「los bajitos」のビージャ、マタ、シルバ、パブロもここではパロップの前に屈してしまってます。
ビージャ、パブロはそれぞれサラゴサ、ヘタフェ時代にはゴールを決めているそうですがバレンシアではだめ。

マタは
「ここでの悪い流れを断ち切りたい。昨シーズンはゴールを決めるチャンスがあったんだ。
 僕はビッグクラブ相手のアウェでの試合でのゴールを決められると思っている。」
と言っています。


今週は水曜日にダビのお子さんが生まれました。
この試合のゴールは小さいダビ君誕生祝いにしたい、と勝手に思っている私。
選手の皆様、是非ゴールを!そして勝利を!お願いします!!!
(もしかして選手達も考えてくれていたりして?!そんなことはないかな(笑))

sesion29ene2010e_convert_20100131001721.jpg
 

twitterでfelicidades 

ダビにお祝いの言葉を伝えました!



もちろん、私が直接ではありませんよ~


いったいどういうことかというと。。。

twitterです!twitter!!!
あらためて「こんなこともできちゃうんだ」と実感しました。


私がtwitterをはじめたのはつい最近。
一郎さんのブログがきっかけでした。

ちょうどiphoneを購入したこともあり、今週に入って一気にその利用が加速。
今日も仕事帰りに電車のなかで他の人の呟きをみていると。。。

一郎さんが「今バレンシアの練習場にいる」と書いてあるじゃないですか!

これは絶好のチャンス!

「もしダビにあったら、ダビ君誕生Felicidades!!!と伝えてください!」と頼んでみました。

ご自分も「おめでとう!」と思っていたという一郎さんは快く私のお願いを聞き入れてくださり、練習後ダビに会ったとき、お祝いの言葉を伝えてくださったそうです。

ダビは満面の笑みだったということです!

その笑顔、見たかった!ですが、それは5月に行ったときにとっておきます。


一郎さん情報では練習のあとダビはケータリングの軽食を振舞ったそうです。
喜びをみんなと分かち合いたかったのでしょうかね。


twitterだからこそできたこと、ですね。
こんな醍醐味を味わってしまうと、もっともっとtwitterにはまりそうです。


そうそう、最近カニサレスもはじめてます。
そして毎日朝起きるとぶつくさつぶやいています。
興味のある方は是非彼をフォローしてみてください!


私は、今朝アトレティコ戦の後半途中からtwitterで実況してしまいました。
今度はバレンシア戦で普通じゃ考えられないようなミーハーな突っ込みいれながらやってみたいな、なんて思っています。


Copa del Rey Cuarto 2nd : Celta × Atlético  

Celta 0 - Atlético 1



1264719327.jpg

なんともうれしい写真じゃないですか!
ファーストレグの結果と、週末のヘタフェ戦の戦いぶりでこの一週間批判されっぱなしのキケでした。
ゴールを決めたあと、フォルランがベンチの方にすっとんで行ったのは見たのですが、キケさんにも抱きついてくれていたなんて!
うう、私がうれしいよ。ありがとう、フォルラン!


今日のアトレティコ、最高の試合とはいえないけど、フォルランが決めたゴールを守りきっての勝利。
アウェでのこういう試合はチームに自信を与えるでしょう。


これで準決勝進出です!
相手は今話題のカナレスのいるラシン。

監督が交代してからとても安定してリーガでも順位を上げてます。
きっとまた厳しい試合になると思いますが、今日のように強いintensidadをもってのぞめば大丈夫。
頑張れアトレティコ!


反対側ではヘタフェが準決勝進出。
こちらは次は大本命セビージャです。
厳しいけど悲願の国王杯制覇に向けてこっちも頑張ってほしいです。

もし決勝がヘタフェ×アトレティコになったら?
いやいや取らぬ狸の皮算用はやめましょう。
まずは両チームとも準決勝に向けて万全の準備を!

(追記あり)Es padre!  

スーペルの記事が追記されてました。

ダビのお子さんは27日水曜日の午後にel hospital 9 d'octubre で生まれました。

なんと4100gもあったんですって!
ビセンさんたいへんでしたね。ご苦労様です!

お子さんはやっぱり男の子。名前はダビだそうです。

母子ともに健康。
ダビもきっとうれしいでしょう。

今日の練習でみんなから祝福されるのでしょうね。



Felicidades, David!!!!!



60112957_20100127234840.jpg

今日の練習にダビがいなかった、というオフィシャルの記事を見て、もしや???と即スーペルをみてみると。。。

まさに
Albelda se ausenta por el nacimiento de su primer hijo
「アルベルダは初めての子供の誕生のためにお休み!」

待ってましたよ~
ダビがようやくパパになりました!
32歳。
ちょうとよいぐらいの年齢かな。

お子さんは26日か27日に生まれたのでしょうね。
Acuario(水瓶座)ですね。

また詳しいことがわかったら追記します!

本当におめでとう、ダビ!

Evita su pregunta! 

ちらっとRTVEを覗いていたらこんな企画が!
Pregunta a los 'chés' de la selección y consigue una camiseta

Pregunta a los 'chés' de la selección y consigue una camiseta



1264518630665.jpg


日本語だと
「Che(バレンシアの愛称)の代表選手たちに質問を送って、ユニフォームをもらおう!」
ってかんじでしょうか。

代表選手というのは
「ビージャ、シルバ、マルチェナ、マタ、パブロ」

この5人の選手に聞きたいことを書いてTVEに送ると、送った人の中から抽選でユニフォームがあたるみたいです。
もちろんユニフォームは5人のサイン入り!

送った質問はどうなるかというと。。。
来週の「Telediario」内で、記者のSilvia Barbaが選手たちに質問します。
もちろん、webでビデオも見らます。

う~ん、なにを聞いてみたいかな。
特に書いてはいませんが質問はワールドカップや代表についてのものの方が取り上げられるでしょうね。
よくある質問としては
「どの国と戦ってみたいですか?」
とか
「グループリーグで一番難しい相手は?」
とか
「優勝するための鍵は?」
かしら。

今、すでに送られている質問を見てみましたが、バレンシアに関する質問ばかりですね(笑)。
あまりこだわることはないのかな。

もし送ってみたい方がいたら、こちらのページの一番下にフォームがありますよ。
Comentarios

う~ん、何を聞こう。。。
「南アフリカで行われるワールドカップに対して不安はありませんか?」
「ワールドカップ期間、南アフリカは冬ですがそれはプレーに影響がありますか?
 暑いより寒いほうがよい?」

なんて?

いっそマルチェナに
「あなたはバレンシアではピボーテとしてプレーしていますが、代表ではどちらでプレーしたいですか?」
なんて聞いてみるか。

Los jugadores con HAITÍ 

Amigos de Zidane × Estrellas de Benfica




ロナウドとジダンがチャリティーマッチで対戦

1月25日、ベンフィカのホーム、ルススタジアムで の貧困撲滅のためのチャリティマッチが開かれました。
このチャリティーマッチは毎年行われているもので、ハイチの地震がおこってから決まったものではありません。
でも今回はハイチへの支援が大きな目的になったのです。



私は昨シーズン、キケがベンフィカの監督をしていたこともあって、今でもベンフィカを影ながら応援しています。
なので今シーズンのこのチャリティーマッチがベンフィカのホーム、ルスで行われると知ってからとてもたのしみにしていたのです。

今回はロナウドが出場できなくなったのは残念ですが、ジダン率いるオールスターズとベンフィカオールスターズのとても白熱した試合になったようです。

バレンシアからもミゲルとフェルナンデスが参加したはずですし、アトレティコからもSimaoが顔をだしました(彼は怪我をしているためプレーはできなかったのです)

ちょっとポルトガルメディアから記者会見の様子などを拾ってみました。
ピレスの記者会見の様子
これを聞いていると、ピレスのお父様はポルトガルの方なんですね。
家族はベンフィカファンだからいつかここでプレーしたいなんて言ってますよ!

ルイ・コスタ、ジダン、カカの記者会見の様子
久しぶりのルイSD。やっぱりルイSDは素敵ですねぇ~。


選手からのメッセージ

El VCF, con los damnificados de Haití
こちらはバレンシアの選手達、ホアキン、マタ、ビージャ、マルチェナ、シルバからハイチ支援への協力を訴えるメッセージです。

みんな自分の名前を名のってから話しだすのがなんだか微笑ましい。
「Soy Villa」ってみんな知っているよね。

フットボリスタ#152 

デ・ラ・レッドのこと



先日、デ・ラ・レッドがマドリーから不当な扱いを受け、引退(プロ選手としての資格を奪われる)に追い込まれそうという記事を書いてしまいました。

しかし、これは間違いでした。
MARCAの記事を信じてしまったために良くわからないままに書いてしまった私が悪いのです。
申し訳ありません。

明日発売のフットボリスタで木村編集長がきちっと説明してくださっています。
ここにことの次第を書いていくと記事全部を書くことになってしまいそうなので、気になる方はフットボリスタを読んでください。

結論から言うと、マドリーはデ・ラ・レッドを不当に扱ってはいないということです。

彼が今、とても辛い状況で精神的に追い込まれていることは事実です。
でもそれはマドリーからの扱いによるものではなく、すでに一年以上なんの明確な結果も得られないことへの焦りと苛立ちからなのです。

木村さんの記事はこのような言葉で締めくくられています。
「察し切れない苦悩の前には「頑張れ」という言葉さえ無責任に響く」

それでも私はデ・ラ・レッドに言いたいです。
頑張ってと。
あの笑顔がもう一度みたいですから。

Liga BBVA La Jornada 19 : Getafe ×Atlético  

Getafe 1 - Atlético 0



1264367847_0.jpg

キケさん、頭痛いですね。

またまたやってしまいました。アトレティコ。
というか、先週の国王杯、セルタ戦も悲惨だったんですが。

このチームいいときと悪いときの差が大きすぎるんですね。
この試合はあのレクレアティーボ戦で大逆転を成し遂げたチームと同じ選手たちがプレーしているとはとても思えませんでした。


ヘタフェがすごくよかったか、といわれるとそうでもなかったんですよね。
でも彼らはしっかり守ってました。
両サイドをケアしてレジェスやSimaoを抑えてました。
アトレティコは敵陣深くに攻め込むことがなかなかできず。
チャンスもFKや遠目からのシュートばかりでした。

ヘタフェのゴールを決めたのは元アトレティコのマヌ。
皮肉なものですねぇ。。。



この試合、アトレティコはアセンホではなくデ・ヘアがゴールマウスをまもりました。
デ・ヘアはとてもよいですね。
まだ19歳と若いですがすごく落ち着いてます。
彼も若い世代のスペイン代表の選手です。

彼の何が良いってその体格。
背が高いのはもちろんなのですが、手が長い!
ビジャレアルのディエゴ・ロペスになんとなく似た感じの体格です。
どうもプレミアのクラブが狙っているようです。



試合後の記者会見

Quique: "El próximo partido De Gea también va a ser titular"

e__archivo_photo_10_1_1_20100125_yat06f1_tif6.jpg


El Mundoの記事から。

「私はこの結果にとても落胆している。
 何も得るものがない。なぜなら両チームとも内容がなかった。
 我々は失敗の責任は、あるときは相手に無力化され、またあるときは別の理由からだ。
 我々は攻撃的な武器を持っているチームだ。
 もっとボールを持たなければならない。
 我々は内容がなく、攻撃的な面がよくなかった。
 それでは相手を苦しめることはできない。」

「守備面ではチームはよくオーガナイズされていた。
 私は攻撃面にとても失望しているのだ。
 特に我々が持っている攻撃面の選手たちだ。」
「ピッチ上には我々のベストのメンバーがいたにもかかわらず、我々はうまく結びつくことができなかった。
 これはとても難しい。」

「最悪のチームであり、我々はもう失うものはないだろう。
 我々は最近のセルタ戦とヘタフェ戦で2つのゴールを決められた。
 それは攻撃的なスローインからだ。
 もし私が私自信の責任を追及するなら、私は攻撃的なスローインの練習からしなければならないだろう。
 驚くべきことだ。
 攻撃的なスローインを守ることを目指さなければならない」


最後はちょっと皮肉。
多分、こっちがうまくいくとあっちがダメ、またそこを治すと違ったところがダメというような状態なのだと思います。
彼にしては本当に珍しい失望感をあらわにした記者会見。あきらめさえ感じてしまいました。
大丈夫かな。。。

ガビランは

後半残り10分ぐらいだったでしょうか。
マヌに代わって登場。

怪我明けとは思えないほどとっても良かったです。
ゴールチャンスもありましたが、惜しくも決められず。
マヌに負けていられませんからね。
がんばれ~ガビラン!!!
(キケを助けてほしいぐらいです。涙)


f5e7969482eb57d84ae897e8c45d244d_extras_albumes_0_convert_20100125232019.jpg



Getafe: Codina; Miguel Torres, Cata Díaz, Rafa, Mané; Casquero, Celestini; Pedro León, Albín (Parejo, m. 62), Manu (Gavilán, m. 85); y Soldado (Miku, m. 89).

Atlético de Madrid: De Gea; Valera (Ibrahima, m. 87), Perea, Domínguez, Antonio López; Reyes (Raúl García, m. 74), Jurado (Tiago, m. 46), Assuncao, Simao; Forlán y 'Kun' Agüero.

Gol: 1-0, m. 38: Manu del Moral culmina en el segundo palo un centro raso de Pedro León.

Árbitro: Álvarez Izquierdo (C. Catalán). Expulsó a Assuncao, del Atlético de Madrid, por doble amarilla (m. 50 y 67). Amonestó al local Soldado (m. 17) y a los visitantes Valera (m. 13), Domínguez (m. 47) y Tiago (m. 79).

Incidencias: partido correspondiente a la decimonovena jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Coliseum ante unos 14.000 espectadores.

Liga BBVA La Jornada19 : Tenerife × Valencia【CRONICA】 

Tenerife 0 - Valencia 0



1264357038397_EN787E~1

負けなかったので、8試合連続負けなしの記録は達成。
前半戦、勝ち点39で折り返したバレンシア。
上位2チームがハイペースで走り続けているので3位ですが、期待以上の成績だと私は思います。

でも。。。このテネリフェ戦はちょっと期待はずれだったかな。

今朝はWOWOWでバレンシア戦の放送があった時間にちょうどヘタフェ×アトレティコがあったため、そちらをネット観戦。
バレンシア戦は帰宅してからゆっくり見ました。
しかし。。。ちょっと夕食が消化不良気味になりそうな試合でした。


テネリフェ、とても良いチームですね。
あれで決定力のあるFWがいれば、昨年、一昨年のアルメリアのような存在になっているのではないでしょうか。

監督のオルトラさんはバレンシア出身でレバンテの監督さんだった方。
昨シーズンはテネリフェを見事に昇格させ、今シーズンはヘタフェの監督?なんて話もありました。
(結局昨シーズン終了間際ビクトール・ムニョス解任後にチームを率いたミチェルがそのまま監督になりましたが)
きっとこれからもっと大きなクラブを率いるようになる監督さんなのではないかと思います。
注目ですね。


1264357038397_EN90C1~1

テネリフェは13度と思ったほど暑くありませんでしたが、湿度77%。
きっと体感温度は16,7度あったのではないでしょうか。
そのせいか試合開始から選手たちの動きは鈍いようにみえました。

これを見ていて思ったのはやっぱり今の時期は、暑いよりちょっと寒いぐらいの方が選手たちには良いのかなということ。
だって動けば温かくなるんですから。


バレンシアでよかったのはセサルだけとか、セサルがチームを救ったと書かれていますが、スーパーセーブが3,4回あったような。

でも後半の後半、チャンスもありました。
パブロの惜しいシュートもあったし、シルバにもチャンスはありましたし。
エスパニョール戦のようにまったりした内容の試合でも最後に勝てればよかったのですけどね。


record24ene2010e.jpg

ダビも前半はいつもより動きが鈍かったような。
またまたカードもらってしまったし。

まぁ彼のポジションからして仕方ないし、ダビは今リーガでプレーしている選手のなかで一番イエローカードをもらっている選手なのだそうですからね。

Las Provinciasでは褒められていたそうです。
たしかにバネガがしっかり抑えられていたのか、攻撃面でも守備面でもあまりよくありませんでした。
その分ダビががんばっていたのかな。



jornada24ene2010.jpg

この試合では観客席でハイチ地震へ被災者への寄付金を集めていました。
選手たちもおそろいのTシャツをきて観客のみなさんにアピール。
彼らがきたそのTシャツも送ってあげたらどうでしょう。



CD Tenerife: Sergio Aragoneses; Marc Bertrán, Manolo Martínez, Ezequiel Luna, Pablo Sicilia; Román Martínez (Richi, min. 86), Mikel Alonso; Juanlu (Ángel, min. 80), Alfaro, Kome (Ayoze, min. 70); y Nino.

Valencia CF: César; Miguel (Dealbert, min. 76)), David Navarro, Alexis, Bruno; Albelda, Ever Banega (Marchena, min. 74); Pablo, Silva, Mata (Vicente, min. 85); y Villa.

Arbitro: David Fernández Borbalán (Comité Andaluz). Amonestó al jugador local Ezequiel Luna, y a los visitantes Albelda y Ever Banega.

Incidencias: encuentro disputado en el Heliodoro Rodríguez López ante unos 21.366 espectadores, correspondiente a la décimo novena jornada de Liga, de Primera división

more...

Liga BBVA La Jornada19 : Tenerife × Valencia 【CONVOCATRIA】 

今節はテネリフェ戦



1264173772091_EN18F6~1

前半戦最後のの試合は日曜日の17時からアウェ、テネリフェでの試合です。
テネリフェは暖かいのですね。
先週末のビジャレアル戦、メスタージャは約10度だったそうです。
そのときテネリフェはなんと22度!
まぁ寒いよりはいいのかしら。

日曜日の17時はたくさんの試合がいっせいに行われるので放送はないかな、と思っていたのですが、さすが3位ともなると扱いが違う?
生放送ではありませんが放送ありですね。
(日曜深夜2時58分~)

テネリフェは今19位ですが、前節アルメリアと1-1で引き分け、監督のオルトラさんは良い感触をつかんだようです。
甘く見ることはないと思いますが、やはり油断大敵です。


招集メンバ

1264173772091_EN50B6~1

すでに招集メンバが発表されています。
Porteros: César, Moyà.
Defensas: Bruno, Miguel, Dealbert, Alexis, David Navarro.
Centrocampistas: Marchena, Albelda, Baraja, Vicente, Éver Banega, Pablo, Silva, Fernandes.
Delanteros: Domínguez, Mata y Villa.


ホアキンは無理だとわかっていましたが、ジギッチもやっぱりだめでした。
ぎっくり腰でしたからね。
そのほか、金曜日の練習で負傷したマテュもリストに入っていません。
その代わりデアルベール、バラハ、フェルナンデスが復帰しています。


新記録を目指す

1264173772091_ENVIOF~2
ダビ、ドミンゲスに気を配っているのかも知れませんね。

バレンシアは現在アウェで7試合連続で負けていません。
第4節ヘタフェに3-1で負けて以来
 ラシン戦     0-1
 アルメリア戦   0-3
 マラガ戦     0-1
 オサスナ戦    1-3
 ビルバオ戦    1-2
 デポルティーボ戦 0-0
 シェレス戦    1-3
という成績です。
見てわかるとおり、対戦相手は中位以下のクラブが多いです。
しかしこういうクラブ相手に取りこぼさないことはとても大切なことです。
後半戦のアウェゲームは強豪相手ばかりになりそうですが、是非この流れを続けて絶対3位以内に入ってほしいです。
そうすればCLの予備戦なしですから。

そしてもし今節勝って8試合となるとそれはクラブの記録に並びます。
その記録は03-04シーズン、ベニテスさんが率いていたときと、05-06シーズン、キケが率いていたときに達成したもの。
ウナイさんとしては是非その記録に並びたいでしょう。

国王杯もなくなって日程に余裕が出きたバレンシア。
是非勝利して、前半戦を終了したいところです。

more...

Amistoso contra Japón 

日本、スペインと協定



日本協会がスペインと包括協定=サッカー
日本、スペインと協定 育成指導者養成で協力

と、いうことで今度はスペイン化だそうです。

たしか数年前はフランス人の方が監督をなさっていたし、ドイツのときはブラジル人の方が監督をなさってました。
今回は日本人である岡田さんでワールドカップを戦うことになりましたが、その前はオシムさんが監督さんでした。

もしかしたら今後スペイン人監督?なんてことも起こるかもしれません。
しかし…日本のサッカーっていったいどうなっているんだろう、なにを目指しているんだろうというのが私の正直な思いです。

まぁそれでスペイン代表が日本に来てくれたらうれしいのですけど。
それとも日本代表がスペインに行くのかしら。

どうも日程をみると8月の頭に試合があるようなのでそっちの方が確立が高いのかもしれません。

日本でスペイン代表の選手たちが見られる!のはとてもうれしいことです。
考えただけでも胸が高鳴ります。

でもクラブチームのことを考えるとこのころはチャンピオンズリーグの予備戦などがあるので、選手の負担になる長旅はしてほしくないのです。
今年はワールドカップがあって代表選手は休みが十分取れませんし。

それにどうせ来るならベストに近いメンバで来てほしいですからね。

スペインとW杯後、対戦へ サッカー日本代表
8・11にもスペインと親善試合記事

último amistoso antes del Mundial :スペイン代表 

相手は韓国!



スペイン代表のワールドカップ本大会前、最後の親善試合の相手は韓国にきまりました。
試合は6月3日にオーストリアのインスブルックで行われます。
これは昨日付けのRTEVのニュースで報じられています。
スペインサッカー協会会長のビジャールさんが韓国を訪れ、サインしたようです。

ということは同じアジア地区の日本とは試合してくれないでしょうね。

韓国戦といえば、日韓ワールドカップのときのことを思い出します。
親善試合とはいえ、スペイン代表の選手たちも、スペイン国民もはかなり熱くなりそうですね。


スペイン代表はワールドカップ前の5月~6月の間に親善試合を3試合行います。
すでに3月8日にフランス代表とestadio parisino de Saint-Denisで対戦することは決まっています。

韓国は日韓ワールドカップで負けた相手。
フランスはドイツワールドカップで負けた相手。
残りの親善試合の相手はどこになるのでしょうね。


Copa del Rey Cuartos 1st 

昨日1月20日には準々決勝の2試合、マジョルカ×ヘタフェ、デポルティーボ×セビージャの2試合が行われました。
私はいつもより1時間早く起きて、マジョルカ×ヘタフェ戦の後半から観戦しました。

他のチームが戦っているのを見ると、やっぱり悔しいですね。
なんで負けちゃったんだろうか。。。
たしかにダービーは良い試合だったけど、国王杯に残れなかったのはやっぱり大きな失敗だと思います。
一番獲得できる確率が高いタイトルだったのに!

でも今シーズンの国王杯は面白いです。
マドリー、バルサ、バレンシアの上位3クラブが負けて、残っているのはセルタ意外、リーガの4位~13位の中堅どころのクラブばかり。
4位マジョルカ、5位デポル、6位セビージャ、8位ヘタフェ、11位アトレティコ、12位オサスナ、13位ラシン。
あわよくば国王杯をとって来シーズンヨーロッパの大会に!とみんな考えていることでしょう。
だからすごく真剣で、メンバーもあまり落としてきません。
これはリーガの試合より見ごたえあるかも~!!!


Mallorca 1 - Getafe 2




マジョルカ×ヘタフェはマジョルカホームの試合。
今シーズン、ホームで負けていないマジョルカ。しかもリーガでは4位と絶好調。
ヘタフェも良いところにいますが、リーガの方は2連敗中。
今日はよくて引き分けかな、なんて思っていたらヘタフェが勝ってしまったではないですか!

しかも決勝点となった2ゴール目をきめたのはバレンシアとの契約を解除し、ヘタフェと契約をしたばかりのミク。
若い選手が多いから?(バレンシアも多いですよね)ミクがイキイキして見えました。

マラガにレンタル?なんて話もありましたがもしかしたらこのまま残ることになるのかな。
まぁ今ヘタフェはけが人が多いということもあってミクの招集となったとは思うのですが。


Deportivo 0 - Sevilla 3


こちらは朝の支度をしながらちらちら見ておりました。
実況の方の「Goooooooooooooooooooooooool!!!」の声にPCを覗いてみると、ネグレドがゴールを決めていました。


そして後半、セビージャの2点目。
ひそかに私がいい選手だなぁと思っているレナトが決めました。

そして3点目。あれは良かったなぁ~
ネグレドがデポルのディフェンス、ゼ・カストロを振り切ってエリア内深くから中に切れ込んできたナバスにパス。
ナバスが確実に決めました。
なにがよかったって、やっぱりネグレド。
久々にネグレド!って感じの動きでしたね。
ようやくセビージャにフィットしてきたのでしょうか。

まだまだ2ndレグが残っています。
勝ち抜けは決まっていないけど、ヘタフェ、セビージャ両チーム、アウェでの勝利は大きいなぁ。


明朝はアトレティコ戦

明日朝はいよいよアトレティコ×セルタ。
2010年になってあのレクレアティーボ戦以外は勝利しているアトレティコ。
でも、、、わからないですからね、アトレティコは。
招集メンバには入ったもののフォルラン、レジェスが怪我で出れそうもありません。
さらにこのところ自尊心を取り戻してくれたカピタン、アントニオ・ロペスも怪我でいません。

頼りになるのはアグエロと、ビセンテ・カルデロンの熱いファンの応援でしょうか。

Valenciacf_jp 

バレンシアCFジャパン



twitterでバレンシアCFジャパンがスタートしました。
詳しくは小澤一郎さんのブログ記事をご覧ください。

【twitter】バレンシアCFジャパン

ビージャの写真をクリックしてみて!

2010/01/21<br />ã��ã�¬ã�³ã�·ã�¢é��ç®�100ã�´ã�¼ã�«ã��決ã��ã��ã��ã... on Twitpic

メスタージャより:2010/1/20 

シルバ、マドリーに現れる???



Silva_presento_Madrid_imagen_canaria.jpg

MARCAに「来シーズン、マドリーに来てほしい選手は?」という記事がのっていて、その第2位がシルバ。
なんと66.9%のファンが彼の移籍を望んでいるのだそうです。。。
(一位はRibery)

バレンシアの練習がお休みだった月曜日、シルバが代理人、お父様とともにマドリーに出現。
いったいなんだ?と思ったら、「Gran Canaria」の観光大使としてのお仕事でした。

レストランで「Mesón Txistu」で夕食を食べたところがバッチリ写真に撮られています。
↓がその様子。

1263896860_0.jpg

しかし誰かが連絡するんでしょうか。
これだけバッチリ獲られちゃうなんてね。

Parte médico de este martes, 19 de enero 

ダビ、負傷!



entrenesiete19enero10.jpg

ビジャレアル戦で右足首を打撲。
昨日はグループ練習はせず。
ランニングのみだったそうです。
回復の様子を見るようですが多分大丈夫なのではないでしょうか。



その他の選手:
ホアキン
右脚内転筋の微小な筋断絶。
スーペルによると約2週間離脱だそうです。


ジョルディ・アルバ
胃腸炎。お家で静養。何食べたんだぁ~!

ジギッチ
どうもぎっくり腰らしい。。。「lumbalgia aguda」(鋭い腰痛)だそうですから。
数日様子を見るようです。
鍼が良いんですけどねぇ。

デル・オルノ
筋肉の拘縮のリハビリ中。

more...

Regalo especial2 

新しいマウスパッド



またまた作っていただいてしまいました。
わがままを聞いていただいてありがとうございました!

以前はダビ、ビージャ、シルバ、モーロ、アングロ、マルチェナが代表の練習着で映っているスーペルの一面をマウスパッドにしていただきました。

でもオフィスに持っていくにはちょっと恥ずかしかったんです。
だってあまりにあからさまなんだもの。
今は家のMAC用に使っています。

以前のものはこちらから。
Regalo Especial

それで今回はちょっとみただけでは誰だかわからないものにしていただきました。
それが↓

IMG_2687_convert_20100119223228.jpg


すでにオフィスで使用中。
この写真のものは表面のシールがはがれてきてしまったときのための予備に作ってくださったものです。
(お心遣いありがとうございます!でもなんだか他のところにはってしまいそうだ。。。)

これは07-08シーズンのスーペルの一面。
黒い影はキケの横顔です。

バッとみてもだれだかわからないでしょう?
それが良いのです。


え?仕事中にマウスパッド見ながらニヤニヤしているだろうって?
はい、大当たり!

どんなに嫌なことがあっても、どんなにつまらない仕事でもこのマウスパッドを見れば思わずにっこりです。
本当にありがとうございました!!!

(写真追加)メスタージャより:2010/1/19 

ビージャ100ゴール



95848298.jpg
皆様に教えていただくまで気がつきませんでした!
ごめんなさいね~ビージャ君!

日曜日のビジャレアル戦で決めた2ゴール目はビージャがバレンシアの選手になって、リーガの試合で決めた記念すべき100ゴール目でした。

1年目が25ゴール
2年目が15ゴール
3年目が18ゴール
昨年が 28ゴール
そして今シーズンが14ゴール!

ちょうど100ゴール目です。
この試合は試合数でいうと151試合目。
計算すると1試合に0.66ゴール決めている計算になるのだそうです。

これはここ最近50年のなかで最高の数字とか。
すごい選手なんですねぇ~

実際会って見ると小さくて、普通のお兄さんなんですけど。
まったくクラックって感じがしないし。

まぁ今のスペイン代表はみんなそうかな。
イニエスタもシルバもチャビもクラックって感じがないですよね。

だからWOWOWの5人のクラックに選ばれないわけですね。
クリスティアーノ、カカ、イブラヒモビッチ、メッシ、それに中村???でしたっけね

いやぁビージャ、イニエスタ、チャビ、シルバ、それにイケルをはずせるWOWOWってある意味すごい。
一応スペインはユーロで優勝したし、バルサは6冠達成したんですけどねぇ~。




ダビはやっぱりすばらしかった

derbi17ene2010i.jpg

私の思い過ごしじゃなかったようでよかったです。
まぁ自信は少しありましたけど、皆さんから「ダビが良かった」と言っていただけるととてもうれしいです。

しかも携帯サイトや明日発売のフットボリスタでも絶賛されてます。
(もちろん一郎さんが直接スタジアムで見て評価してくださいました)

私はやっぱりダビに代表に戻ってほしい。
Rojaのユニを着てほしい。
南アフリカに行ってほしい。

日曜日の試合の相手、ビジャレアルには同じポジションでユーロ優勝の立役者と言われているセナがいました。
セナは怪我がちで彼のトップフォームからは程遠いのでしょうね。
今なら、ダビの方が絶対良いと思います。

本当に本当にデル・ボスケさん、よろしくお願いします!


El gran día del deporte valenciano

スーペルとレバンテ紙がバレンシア出身のスポーツ選手たちのCronicaを発売。
そのプレゼンテーションが昨日行われ、それにジョレンテ会長、ウナイ、それにダビも参加していました。

やっぱり紫を着ていますね。
今年の流行の色ですが、ダビのは深みがあっていい色ですね。

1263858228156_EN6A75~1

1263858228156_END161~1

1263863634106_fotospropias_20100118_225703.jpg

more...

Liga BBVA La Jornada18 : Valencia × Villareal【CRONICA】 

Valencia 4 - Villarreal 1



20100102000000_20100119073921.jpg

スーペルの表紙があまりにステキだったので写真を差し替えました。
ダビのこの笑顔。兄が弟を見るような温かい視線。

David Albelda, David Villa, David Silva。
3人のダビによるいい試合でした。
時間がたって感じられるのは本当に良い試合だったのだと思います。



国王杯で悔しい敗退。
その悔しさを爆発させるような勝利でした。

そして、今節サン・マメスで負けた2位マドリーに勝ち点差3!
このまま後ろにぴったりついていって彼らのミスを待ちましょう。
そうすれば。。。

まぁバルサはなかなか転びそうもないですけどね。

再びピチチ!

1263767611590_EN3162~1
(いたずらっこのような目つきのビージャ。視線の先には誰がいる?)

最初のゴールが決まり、バレンシアが有利に立ちましたが、試合が決まったのはKikoの退場。
今、ビジャレアルのDFはけが人多発で、Bチームの彼を使わざるを得なかったそうです。
ちょっと彼にビージャは荷が重かったかな。
でもあれはエリア外だったとおもいますけど。
マジェンコさん、昨シーズンの国王杯のミスジャッジ分を返してくれたのでしょうか。

最近PKをはずすことが何度かあったビージャですが(その後必ずゴールを決めるんですけど)、このPKはバッチリ!
試合終了間際にもシルバからの「決めてください」というパスをしっかりゴールしてこれで前日2ゴールを決めていたメッシに追いつき、再びピチチです!

もしかしたらバレンシアでのラストシーズンになってしまうかもしれない、今シーズンこそビージャにピチチを獲らせたいですからね!


ダビはダビだった

1263767611590_EN3069~1

この試合、スペイン代表のデル・ボスケ監督が観戦していたそうです。
誰をチェックしにきたのでしょう。
ホアキン?カソルラ?それとも。。。マルチェナ?

誰でも良いのです。
でもこの試合でダビはとても良かったと私は思います。
前半からうまくやっているな、とおもいましたが特に後半良かったのではないでしょうか。
カプデビラからのパスをスライディングで止めたときなど、思わずテレビの前で拍手してしまいました。

今日のダビならきっとデル・ボスケさんに良い印象を残したはずです。
あとは信じて待つのみです。

1263767611590_ENA2B5~1

1263763908664_fotosagencias_20100117_222528.jpg


もうシルバのことは毎試合書いているのであえて書きません。
この試合もすごかったです。
やっぱりASで「El Crack」に選ばれていました。
「1ゴール、1アシスト。この夜の輝きは、彼にとって最高の夜の一つだったろう」
確かに。。。後半は特に良かったです。

私はどちらかと言うと、そんなシルバにすばらしいパスをしてしまったカプデビラさんに同情してしまいましたが。。。

そのすばらしかったシルバと仲良しのアレクシス。
彼にとってはあまり良い夜ではなかったかな。
まぁ致命的にならなかったので許してあげましょう。
でももう2度とやらないでね。




Valencia: César, Bruno (Miguel, m.46), David Navarro, Alexis, Mathieu, Albelda, Banega (Marchena, m.70), Joaquín (Pablo, m.79), Silva, Mata y Villa.

derbi17ene2010a.jpg


Villarreal: Diego López, Ángel, Godín, Kiko, Capdevila, Cani (Rossi, m.69), Marcos Senna (Gonzalo, m.58), Bruno, Cazorla, David Fuster (Ibagaza, m.46) y Nilmar.

Goles: 1-0, m.7: Banega. 2-0, m.28: Villa, de penalti. 3-0, m.55: Silva. 3-1, m.61: Nilmar. 4-1, m.90+: Villa.

Árbitro: Undiano Mallenco (colegio navarro). Expulsó con roja directa al villarrealense Kiko (m.27). Amonestó por el Valencia a Bruno, Silva Albelda, David Navarro y Banega y no mostró amarillas al Villarreal.

Incidencias: partido disputado en el campo de Mestalla ante 40.000 espectadores. Terreno de juego en regulares condiciones. Se guardó un minuto de silencio en memoria de los fallecidos en el terremoto de Haití.

more...

Plan semanal de entrenamientos 18 al 24 de enero 2010 

今日はお休み



国王杯がなくなってしまったので、今日、月曜日はお休み。
選手の皆様、ゆっくり休んでくださいね。

1月18日(月);お休み
  19日(火);17時~パテルナにて
  20日(水);ダブルセッション。10時半~と17時~パテルナにて
  21日(木);17時~パテルナにて非公開練習
  22日(金);10時半~パテルナにて
  23日(土);10時半~パテルナにて非公開練習
  24日(日);テネリフェ×バレンシア(17時~)

Liga BBVA La Jornada 18 : Atlético × Sporting  

Atlético de Madrid 3 - Sporting 2



試合の様子はこちらから



1263761852_0.jpg

アトレティコはスポルティングに苦しみながらも勝ちました。
これで3連勝!
まだ11位ですが勝ち点23。
バレンシアの協力もあって?ビジャレアルに並びました。
(この前セビージャに勝ってあげたものね!)


内容はまだまだです。
でもアトレティコの最大の武器、必殺高速カウンターが戻ってきました。
2点目なんてあっという間のゴールでした。

特にフォルラン。
先制ゴール、さらに2点目のアシストとこの試合最高の働きをしていました。

しかし後半、相手チームの選手との接触でフォルランが怪我。
交代せざるを得なくなってしまいました。
かなり痛そうだったので膝あたりをやってしまったかと思ったのですが、膝ではなく1-2レベルの足首の捻挫だそうです。
まだ正確な回復時期などはわかりませんが、できるだけ早く戻ってきてください!


試合は

試合はそのフォルランのゴールでアトレティコが先制。
しかしいつもはパラドンで助けてくれるアセンホが痛恨のミス。
相手にPKを与えてしまい、前半のうちに追いつかれてしまいました。

実は私が見たのはここから。
さすがに3時には起きられませんでした。だらしないですね。。。
後半開始直後はスポルティングがとても積極的でハラハラする場面もかなりありました。
しかしここで登場したのが、高速カウンター!
相手のコーナーキックだったかから、あっという間に敵陣に持ち込み、フォルランがヘディングで落としたボールをつめていたアスンソンが決めて2-1!

いやぁほんとに「鋭い」カウンターでした。見ていてスカッとしましたね。
しかし2-1で安心できないのがアトレティコ(いまやバレンシアもそうですが)。
フォルランが怪我で交代したこともあって、なんとなく嫌な雰囲気。
しかしなぜかこの当たりからアトレティコの方が押し気味に。
相手ゴールに迫りましたが3点目が決まったのもやっぱりカウンター。

アグエロが上手く裏に抜け出し、フォルランに代わって入っていたイブラヒマが3点目のゴールを決めてくれました。
彼はついこの前まではアトレティコBの選手だった彼。
プリメーラ2試合目で見事、初ゴールです!

このゴールで3-1。
これでもう一点取られても大丈夫(笑)とちょっと安心できました。



アスンソンのゴール

assuncao164_164x100.jpg

e__archivo_photo_10_1_1_20100118_YAT06F1_tif6.jpg


アトレティコの2点目を決めたのはアスンソン。
このゴールは彼にとってアトレティコでの初ゴール。

この前の国王杯レクレアティーボ戦で、相手にゴールをプレゼントしてしまうような痛いミスを犯し、さらに退場までしてしまったアスンソン。
でもキケは試合後の記者会見でアスンソンのことをかばっていました。
そしてチームはアスンソンのために勝利を目指したとも言っていました。
確かに彼はあのミスを犯すまですばらしい試合をしていたのですからね。

この2点目のゴールが決まった後、アスンソンはキケのところに飛んでいき、キケと抱擁。
キケもきっとうれしかったでしょうね。

Quique_p_20100118082440.jpg


試合の最後、90分にスポルティングに2点目を奪われたあとのビセンテ・カルデロンはついこの前までとは大違いでした。
「アトレティ、アトレティ」とチームを後押しし、勝利に導いてくれました。
なんだかじーんとしてしまいました。

キケの仕事が少しずつ実を結んできていると言うことですかね。

次はなんとヘタフェ戦。
プチマドリーダービーです。
キケがアルフォンソ・ペレスに再び戻ります。
ガビランの怪我が治ってピッチで再会できると良いのですが。




Atlético de Madrid: Asenjo; Ujfalusi, Perea, Domínguez, Antonio López; Reyes, Assuncao, Raúl García (Tiago, m. 73), Simao (Jurado, m. 54); Forlán (Ibrahima, m. 60) y 'Kun' Agüero.

Sporting de Gijón: Juan Pablo; Lora, Gregory, Botía, Canella; Camacho, Rivera; Luis Morán, Carmelo (Miguel de las Cuevas, m. 64), Diego Castro (Maldonado, m. 71); y Bilic (Barral, m. 64)

Goles:
1-0, m. 12: Forlán bate por bajo a Juan Pablo en el mano a mano.
1-1, m. 32: Diego Castro, de penalti.
2-1, m. 53: Assuncao culmina un contragolpe, tras un toque atrás de cabeza de Forlán.
3-1, m. 65: Ibrahima aprovecha un rechace de Juan Pablo.
3-2, m. 90: Luis Morán.

Árbitro: Teixeira Vitienes (C. Cántabro). Amonestó a los locales Domínguez (m. 46), Raúl García (m. 62), Ibrahima (m. 66) y Reyes (m. 68) y al visitante Bilic (m. 45).

Incidencias: partido correspondiente a la decimoctava jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 50.000 espectadores. Antes del inicio del encuentro, se guardó un minuto de silencio en memoria de las víctimas del terremoto de Haití y de Alberto Fernández, un niño aficionado del Atlético fallecido hace unos días


試合前にヒホンのプレシアード監督と熱い抱擁。

1263772164321_EFEFC6~1

more...

(招集メンバ追記)Liga BBVA La Jornada18 : Valencia × Villareal【PREVIA】 

招集メンバ発表!



ウナイさん、ようやっと決めてくれました。

Porteros: César y Moyà.
Defensas: Miguel, Bruno, Navarro, Alexis y Mathieu.
Centrocampistas: Marchena, Albelda, Joaquín, Pablo, Ever, Vicente, Mata, Silva y Domínguez.
Delanteros: Zigic y Villa.


バラハ、フェルナンデス、デアルベールがいませんね。
なんだかDF少ないなぁ。
あ、マルチェナがDFになるわけですね。

パブロが復帰しています。ホアキンも調子がよいので迷うところです。



バレンシア州ダービーに向けて

1263660223535_EN70E1~2
これは試合前日のメスタージャでの練習後。
こんな風に選手に接することができるなんて、やっぱりバレンシアっていいな、と思います。
選手たちも本当に気さくにサインや写真に応じてくれますし。
この雰囲気は新スタジアムになっても変わってほしくないですね。


今日、1月17日はビジャレアルとのバレンシアダービー。
試合は現地時間21時から。
今節最後の試合です。(なんとその前19時からアトレティコ戦なんです)

ウナイは試合当日の練習後に招集メンバを発表するようで、いまだにリストは出ていません。
昨日はシルバ、ホアキンも通常練習をしたようなので多分リストには入ると思います。


監督二人の記者会見

1263497417022_EN2CFA~1
両チームとも国王杯に負けた直後、ダービーに向けてセッティングされた両監督一緒の記者会見。

私はバルベルデさんがエスパニョールの監督をやっているころから結構好きなのです。
その前のビルバオでも良いサッカーをやっていた印象があります。
今シーズン最初はビジャレアルで苦しんでいましたが、彼のこと、きっと回復させるだろうと思っていました。
その期待通り12月ぐらいから徐々にチームは上向き始めてますよね。
さすがです。


そんな目で見てしまうからでしょうか。
この写真を見てもどうもウナイの表情が硬くて、バルベルデさんの方がリラックスしているように見えてしまいます。
しかも二人とも紫のセーターを着ていますが、どう考えてもウナイのそれはちょっとありえない色だし。

監督だけならビジャレアルの方が好みかも。。。
(すみません、ウナイさん)



ダビ記者会見

albelda2nov09a_20100117135903.jpg

この写真は使いまわし。
今回の記者会見のときのものではありません。

昨日の記者会見の様子はこちら。
Albelda es precavido

ダビは両チームのなかでもっともたくさんのバレンシアダービーを戦っています。
なんと98-99シーズンから20試合あった両チームの対戦中16試合に出場。
そのうち14試合はバレンシアの選手として、2試合はビジャレアルの選手として出ています。

バレンシア出身の選手としてこれだけ多くのダービーで戦えることは誇りでしょうね。

記者会見ではビジャレアル戦のことだけではなく、先週の国王杯のことなどにも触れ、現在のチームの状態を分析してくれました。
国王杯を忘れ、リーガを考える
「国王杯敗退に影響を受けないチームであるべきだ。
 たぶん少しだけ彼らの方がプレッシャをかかっているだろう。
 なぜなら彼らはリーガのスタートがあまりよくなかったからね。
 数年の間彼らは上位にいて、今回復しつつあるしね。
 彼らはよくなっている。でもわれわれには12ポイント差がある。
 この大きな差はチャンピオンズリーグ圏内に入るのには大きな差だ。
 しかし我々は上位の2チームに近づくために勝利を目指さなければならない。」

ビジャレアル戦の勝利は重要だが決定的ではない
「昨年は2ヶ月我々がよい仕事をしていた。しかしチャンピオンズリーグ圏内に入れなかったが。
 もし我々が勝てば15ポイント差になり、後半戦で取り返すには大変だろう。」

ダービーは特別な試合
「バレンシアはメスタージャでは常に有利だ。
 起こっていることは、ここ最近の数試合はどれも相手と対等だということだ。
 彼らは勝利するのにも苦労していない。
 ライバルたちはしっかり守り、良い仕事をしている。
 我々はビジャレアルがとても危険なチームであることを知っている。
 ダービーの試合は特別で、いつもの試合とは違う。
 どちらのチームが優れているかなどはない。どの試合も歴史になるんだ。」

ホームとアウェの試合の比較
「我々はホームで勝ち点を得ていない。
 でもそれはあまり重要じゃないと思う。
 マジョルカ戦、スポルティング戦、アトレティコ戦は勝利に値する試合だった。
 我々は他の事を話そう。
 重要なのは我々が規則正しいかどうかだ。
 35ポイントはかなり多い勝ち点だ。我々はこの道を続けていく。
 試合を重ね、ホームだとかアウェだとかを考えないことだ。」

エメリについて
「勝ちたいというモチベーションを持っているだろう。
 チャンピオンズ圏内にはいるということが目的ならば、彼は目下のところそれを果たしている。
 そこにいるためには毎日たくさんの仕事をしなければならないのだ。」


試合には全く関係ないですが、今私はダビの初めてのお子さんがいつ生まれるかそればかり気になっています。
たしか1月か2月といっていたので予定日はきっと1月後半ぐらいなのかな、とは思っているのですが。
この記者会見で、お子さんの話が出ていないということは、まだ生まれていないのですね。
う~ん、いつなんだろうか。

 

 

メスタージャより:2010/1/16 

日曜日のビジャレアル戦にむけて、昨日はビージャ、今日はダビが記者会見をしています。
それはまた別記事にしますね。

El VCF habilita una Fila Cero



ハイチで起こった大地震。
ニュースで見るたびに私も胸が痛みます。
何かしたいと思ってもなかなか手段がなくどうしようかと思っているのですが。。。

バレンシアはクラブとしてオフィシャルページを通じて寄付を呼びかけています。
これは「la Conselleria de Solidaridad y Ciudadanía」とともに企画したもので、BancajaやCaja Mediterráneoを通じて寄付ができると言うもの。

さらに日曜日のメスタージャで行われるビジャレアル戦でも50人のボランティアが募金箱を持って回るそうです。
試合を見に行った方からも多くの寄付が集まるとよいですね。



国王杯敗退の後で

1263554457464_EN4AF8~1

14日ジョレンテ会長は「Senado」(チームのベテランたち)と話をしました。
Senadoとはジョレンテ会長が作ったもので、今はマルチェナ、ビージャ、ビセンテのカピタネスとダビ、バラハ、それにセサルが加わっています。

話題はデポル戦とビジャレアル戦について。
リアソールでの敗戦を悔やむとともに、ELでの失敗は許されないことを伝えました。
クラブとしてはそこから得られる収入が必要なのですからね。

ジョレンテ会長は敗戦を払拭し、ビジャレアル戦にむけて再びチームが結束するためにその日の夜、夕食会を市内のレストラン「Tamboril」で開きました。
選手達、ウナイ、それにコーチたちも出席。
写真をみると、シルバパパも来ていたみたいです。

1263554457464_EN22B0~1


Un susto de Silva

水曜日のデポルティーボ戦で再び膝に痛みを感じていたシルバ。
昨日は通常練習をせず、物理療法士の方にケアしてもらっていたそうです。
16日のメスタージャでの練習をしてみるようです。

メスタージャでの国王杯デポルティーボ戦で復帰。
その後シェレス戦、デポル戦と続けて出場。
ちょっと復帰直後にしては負荷が大きすぎたのかもしれません。

シルバがいないとチームが違うことは国王杯の試合でよくわかったはず。
ビジャレアル戦はバレンシア州ダービーと言うこともあってクラブとしては気合いが入っているでしょうけれど、今後のことも考えるとあまり無理はして欲しくないところです。

El futuro de Rubén De la Red 

Invalidez de De la Red



1月14日の夜、私にとっては衝撃的な記事がMARCAに載りました。

ヘタフェで大活躍して、代表入りして、ユーロで優勝して、マドリーに復帰して、さぁこれからって時だったデ ラ レッドが国王杯の試合で倒れて15ヶ月。
レアル・マドリーはデ ラ レッドのLFPにおけるライセンスを無効にすることを決定しました。
つまり事実上の「引退」「退職」と言うことです。

彼が現在マドリーと結んでいる契約はEVIという機関が彼の病気を一般的なものと判断した場合、彼の年俸は1500ユーロを受け取るだけのものになってしまいます。
しかしもしデ ラ レッドが職業的な病気だとしたらば、彼はマドリーから結んでいる契約分の100%を受け取ることが出来ます。

でもお金の問題じゃないんですよね、デ ラ レッドにとっては。
彼は今も「いつかは戻りたい」という希望を持っています。
なぜならいまだに彼が倒れた原因はわかっていないし、今は何ヶ月も検査を受けていないのに、何も問題は起きていないから。


その後、15日付けの記事では「13人の心臓病専門医はデ ラ レッドにプレーする許可を与えられない」という記事がのりました。
レアル・マドリーはクラブのメディカル部門と13人の心臓病専門医(スペインとヨーロッパの権威)の意見からデ ラ レッドは心臓に問題があり、プレーする状態にないという判断を下したそうです。

彼等専門医はプレーした場合の危険性を考えると思い切ってデ ラ レッドに許可を与えることは出来ないと言うことです。
原因はよくわからないし、なんの症状もないけれど、彼に戻って良いと許可を与えて、もし何かあったら。。。と言うことなのでしょう。


私はご家族のことも考えると、現時点でプレーしてよいと判断を下すことが難しいのは理解できます。
ただクラブがなぜ今彼を引退に追い込むような事をするのかがわからないのです。
せめて現在、彼と結んでいる契約が終わるまでは待てないのでしょうか。


デ ラ レッドはこのクラブの決定を受け入れることは出来ず、彼にとっては特別なクラブであるマドリーを訴えることも考えているようです。
幸いマドリーのラウール、グティ、カシージャス、カピタネスたちはクラブが選手達にサインを求めている保険にサインすることを拒否。
全面的にデ ラ レッドを支援してくれるそうです。


セルヒオ・サンチェスは引退?

心臓の問題で苦しんでいるセビージャのセルヒオ・サンチェスは専門医の診断がはっきりと下されました。
S・サンチェス、引退が濃厚に…
少し前、彼は
「プエルタやハルケのご家族はお金を払ってでも今の僕の状況になりたいと思うだろうね。」
と言っていました。

命に関わることです。
一人の将来ある選手の姿を見られなくなるのはとても寂しいけれど、彼が元気でいることの方が大切です。

Carboni, Angloma son dos mejores laterals de la historia:【EL MILLOR ONZE DE LA HIST�RIA 】 

バレンシア史上最高の左サイドバックにはカルボーニ、右サイドバックにはアングロマが選ばれました。

今回の選出にはあまり心を揺さぶられませんね(笑)

カルボーニは選手時代は良い選手だったと思いますが、私にとってはSDとしての印象の方が強くなってしまってます。
輝かしい場なので詳しくは書きません。

右サイドバックはアングロマ。
私は彼のプレーを見たことがないのでコメントのしようがありません。

個人的には右サイドバックにキケが選ばれなかったことがとても悔しいです。
キケは2部降格も味わい、一部復帰も果たし、スペイン代表としてもプレーしていたので期待していたのですがやっぱりタイトルを取った時の選手の方が強いですよね。

これでGK、センターバック、両サイドバックが決まりました。
次は。。。どこのポジションの選手なのかしら。

Copa del Rey Octavos 2nd : Atlético de Madrid × Recreativo 【CRONICA】 

Atlético de Madrid 5 - Recreativo 1



p1263512008_g_0.jpg


試合の様子はこちらから
Copa del Rey: Atlético de Madrid 5 - 1 Recreativo

勝ちました~!!!
それも5-1!
これでラウンド突破です!

いやぁ気持ちが良い朝ですねぇ~~~~~~~~~


前半のうちにSimao,Kun,Ujfalusiのゴールで3-0にしたアトレティコは、その時点で総得点で3-3。
ようやくタイに持ち込みました。
後半、Kunのゴールで4-0となったときはこれで決まり!とおもったものの、そこはアトレティコ。
守備のほころびが現れ、レクレにゴールを決められ4-1に。
アウェゴールを奪われたアトレティコはもう一点取らないと勝ちあがれない状況になってしまいました。

しかも直後にアスンソンが2枚目のイエローカードをもらい退場に。
タダでさえ守りが不安なアトレティコが10人になってしまいました。
レクレのゴールもアスンソンが自陣深いところでボールを奪われたのが原因。
きっとASでVaya Diaにえらばれてしまうでしょうね。

キケはここでフラードに変えてラウール・ガルシアを投入。

試合も残り10分を切り、「結局勝てそうだったけどやっぱりダメだった、で終わるのか?」と思ったとき、Simaoがやってくれました~~~~~~!
直接FKを決めて5-1!

これで守りきれば勝ち上がり!
Kunに変えてバレラを入れて守りを固めたアトレティコ。
最後はもうまともに試合を見ていられないぐらいハラハラしましたが、今日はGKのデ・ヘアをはじめDF陣がしっかり守ってくれました。


しかしまぁ試合が終わったときのキケの喜びよう!
あんなキケを見たのは。。。CLチェルシー戦でシルバのゴールが決まったときと、ベンフィカでカップ戦のタイトルを獲ったとき以来?
いえ、そのとき以上でしたね。
まるで踊りだしそうでした。
そりゃうれしいですよね、0-3から5-4ですもの。


観客席も大喜び。
「アトレティ、アトレティ」の大合唱でした。
「ファンに喜びを与えたい」と言っていたキケ。
良かった、良かった。




Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Perea (Ibrahima, m. 82), Domínguez, Antonio López; Reyes, Jurado (Raúl García, m. 74), Assuncao, Simao; Forlán y ''Kun'' Agüero (Valera, m. 84).

Recreativo de Huelva: Bernardo; Córcoles, Troest, Mora, Peña; Jesús Vázquez; Aitor (Candeias, m. 84), Javi Fuego, Pablo Sánchez (Barrales, m. 67), Fornaioli; y Álvaro (Carmona, m. 52).

Goles: 1-0, m. 20: Simao, tras un centro de Forlán y el rebote en un defensa. 2-0, m. 23: Agüero culmina un pase desde la izquierda de Forlán. 3-0, m. 38: Ujfalusi, de cabeza tras un saque de esquina. 4-0, m. 61: Agüero, tras un rechace en área. 4-1, m. 70: Carmona aprovecha un fallo de Assuncao. 5-1, m. 82: Simao, de falta directa por la escuadra.

Árbitro: Delgado Ferreiro (C. Vasco). Expulsó por doble amarilla a Assuncao (m. 72). Amonestó a los visitantes Jesús Vázquez, Córcoles y Aitor.

Incidencias: partido de vuelta de los octavos de final de la Copa del Rey, disputado en el estadio Vicente Calderón ante 28.700 espectadores

more...

Copa del Rey Octavos 2nd : Deportivo × Valencia【雑記】 

今日の試合、終わった直後は「ああ、負けちゃったな」と、わりと淡々としていました。

なぜなんだろう、なんでそんなに悔しくないんだろう、と今日一日考えてしまいました。

確かに前半のバレンシアは強かったです。
0-2にして、さぁ勝ち抜けだ!と思わせてくれました。

でもどこか不安でした。
これで絶対大丈夫とは思えませんでした。追いつかれちゃうかなという気持ちがどこかにありました。

以前のバレンシアなら。。。
この試合のようなラウンド突破がかかった大事な試合で45分守りきれないなんてことは考えられなかった。

でも今のバレンシアは違うのですね。
ガチガチに守るなんて選択はしない。
2点取った、さぁ守り切って勝ち抜けだ、とはならないんですね。

デポルティーボの反撃は素晴らしかったです。
後半のデポルは前半のバレンシアと同じ、いえそれ以上に「勝ち」に来てました。
ホームの強みもありました。

でもでも、それでも以前のバレンシアなら...
もうそんなことは考えてはいけないと思うのですが、やっぱりこんな試合の後は強く思ってしまいます。


ウナイは試合後の記者会見で後半の選手達のモチベーションの低下を嘆きました。
エメリ、コパ敗退に失望

「うんざりしてしまう夜だった」って?
まさに。
今日のバレンシアにはがっかりです。

Copa del Rey Octavos 2nd : Deportivo × Valencia 

Deportivo 2 - Valencia 2



1263418761186_EN92F2~1


09-10シーズンのバレンシアの国王杯は終わりました。。。
前半、ジギッチの2ゴールで0-2となったときには「やった~!」と思ったのに。


今日のバレンシアの先発は意外なメンバでした。
MARCAのフォーメーションではこんな感じ。

          モジャ

ミゲル、ダビ・ナバーロ、マルチェナ、マテュー

     アルベルダ   フェルナンデス

  チョリ     シルバ     ビセンテ

          ジギッチ

マルチェナをDFに(なぜ?)使って、チョリとビセンテ、フェルナンデスを先発させる思い切った布陣。

ウナイとしては週末のバレンシアダービーも睨んでのことだったのでしょうが、ちょっと疑問が残りました。

前半はジギッチ先発があたって、早々に2点先取。
しかし後半、フェリペ・ルイスに2点とられて、バネガ、ホアキン、ビージャと次々に投入したものの結局追加点ならず。
2-2の引き分けに終わってしまいました。

でもさすがはロティーナさんです。
けが人が多くメンバを選ぶのにも苦労したというのに見事なremontadaでした。
バレンシアファンとしてはウナイにちょっとがっかり。
せっかく2点とったのだからせめて1-2で抑えてほしかった。


これで一つ終わってしまいました。
さびしいですねぇ。。。
まぁ、こうなったらEL,がんばってもらいましょう!



Deportivo de La Coruña: Manu; Laure, Zé Castro, Piscu, Manuel Pablo; Juca, Antonio Tomás (Lopo; min.85); Juan Rodríguez, Valerón (Iván Pérez; min.61), Filipe; y Bodipo (Adrián; min.68).

Valencia: Moyá; Miguel, Navarro, Marchena, Mathieu; Fernandes (Ever Banega; min.76), Albelda; Domínguez (Joaquín; min.58), Silva, Vicente (Villa; min.83); y Zigic.

Goles: 0-1; min.11, Zigic. 0-2; min.29, Zigic. 1-2; min.50, Filipe Luis. 2-2; min.71, Juan Rodríguez.

Arbitro: Mejuto González (Colegio Asturiano). Mostró amarilla a navarro (min.77) y Miguel (min.81), por parte del Valencia; y a Manuel Pablo (min.80) y Manu (min.90), por parte del Deportivo.

Incidencias: Encuentro correspondiente a la vuelta de la eliminatoria de octavos de final de la Copa del Rey disputado en el estadio de Riazor ante unos 13.000 espectadores


おまけ      

more...

バレンシアを離れても  

ミク契約解除→ヘタフェと契約



バレンシアのオフィシャルでミクとの契約解除が発表されました。

ミクは水曜日にはヘタフェと契約の予定。
そして6月までマラガにレンタルされるそうです。

これからの彼の活躍に期待しましょう。


MARCAによるとこのミクのヘタフェ移籍は、この夏のソルダード獲得のオペレーションに含まれるものらしいです。
つまりやっぱりビージャ移籍を睨んでということになるのでしょうねぇ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。