Archives

 2010-05 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Muchas Gracias! 

昨日、25万ヒットを超えました



ちょうどこのブログを初めて約5年。
昨日25万ヒットを超えていました。

読んでくださっている方々、
本当にありがとうございます。


今年パテルナに行った時や土曜日のオフ会の時に
「ブログ読んでます」
と声をかけてくださった方々がいました。
なんだか恥ずかしかったけど、とてもうれしかったです。

これからもこのような温かい声や皆様からのコメントを励みに頑張っていきたいと思います!

さぁ6月はワールドカップがあります。
私のブログは約一ヶ月(となると最高)スペイン代表応援月間にしちゃいます。

皆さんも一緒にワールドカップを多いに楽しみましょうね!!!


こんなシーンをもう一度見たい!

d1ca917ffc19eec394c7db30f5b80a21_extras_albumes_1.jpg


スポンサーサイト

Mundial 2010 :(Amistoso) España × Arabia Saudí が見られます 

サウジアラビア戦が見られます
ネットがつながらなかった、
眠くて途中でねちゃった、
もう一度見直したい、
という方のために、RTVEが試合をアップしてくれています。

こちらから見られます!

Fútbol amistoso Arabia Saudí- España

バレンシアCFジャパン、オフ会に参加してきました! 

アルベルトさんと再会!



カメラを持っていかなかったバカな私。。。悔しい。。。

5月29日銀座でのバレンシアCFジャパンのオフ会に参加してきました。
小雨が降るあいにくのお天気にもかかわらず大勢の方が集まりとても楽しい会になりました。

今回はいつもvalenciacf_jpに写真を送ってくださっているアルベルトさんが日本にいらっしゃっている機会におこなわれたので彼を囲んで、という感じの会になりました。

私にとっては約一ヶ月ぶりのアルベルトさんとの再会。
とっても楽しみにしていました。
休日出勤しなくても良いように仕事も頑張って金曜日中に終わらせました!
午前中受けていたスペイン語の授業中もうわの空.
いそいで駆けつけた私とほぼ同時に一郎さんとアルベルトさんも到着。
会うなりdos besosでご挨拶!うーん、やっぱりこれだよねぇ~!!!


多いに盛り上がりました!

会はスタンド形式&フリードリンク。これは大成功!
スムーズにファン同士が交流できていました。
私は普段バレンシアの話やキケの話ができる相手がいないので(だからこのブログをやっているのですが)ここぞとばかりに話しまくってました。

アルベルトさんはご自分が撮った選手達の写真(アルベルトさんが一緒に映っている写真!)をたくさんスペインから持参してくださり、一枚一枚「これはXXに行ったときの写真で。。。」と説明までしてくださりました。(もちろん一郎さんの訳付きでしたよ!)
参加者には彼がとった選手の写真のプレゼントまでありました!
もうこれだけで感激!!!


質問コーナー

会のメインはやっぱりファンからの質問受付コーナーだったでしょうか。
私たちからの質問に一郎さんとアルベルトさんはとても丁寧にこたえてくださいました。


シルバについて
シルバ自身が移籍したいという雰囲気。
ということもあり、85%ぐらいの確率で移籍しそう。
多分移籍先はマドリー。シルバは彼女がマドリッドで学生しているから行きたいのかも。
シルバが移籍した場合、シルバパパもご家族も一緒に行ってしまうそうです。
そうなるとシルバパパにパテルナで会うことも出来なくなってしまいますね。寂しいなぁ。

ビージャについて
ビージャは移籍したいという素振りは全くみせていなかった。
彼の移籍については2年前から覚悟できていたので地元にもあまりショックはなかったそうです。
バレンシアファンの多くはレアルよりバルセロナの方に好意的なので、それもあったようですね。

ドミンゲスについて
ドミンゲスの実力にはちょっと疑問符。
もうロシアで成功して大金を手にしているのでハングリー精神がたりないようです。
私は彼の横っ腹の贅肉?が気になります。

マルチェナ移籍?とカピタンについて
私がちょっとショックだったのはカピタンのはなし。
マルチェナもオファーがくれば移籍するだろう。
もし彼が移籍してしまった場合誰がカピタンをやるのかというと
「ダビ・ナバーロ、ビセンテ、それにセサル」
セサルは自分がカピタンになりたいと強く思っているそうです。
まぁ彼がやっても良いのですが。。。
やっぱりダビが戻ることはもうあり得ないようです。


私も質問しました

私が聞いたのはウナイさんのこと。
「ジョレンテ会長はなぜ3位なのにもかかわらずウナイの続投を渋ったのか。現地ではどうみられているか?」という事を聞きました。
私にとってはリーガ3位は良くやったと思える成績でした。
来シーズンのCLストレートインはクラブにとってもとても意味のあるものですし。

アルベルトさんからのこたえは。。。
「今シーズンはビジャレアル、アトレティコなどが自滅したので3位は当然。努力しなくてもなれた順位。
 だからジョレンテ会長も地元のファンも物足りなさを感じている」
というような内容でした。
うーん。。。たしかにそんな面はなきにしもあらず、とは思います。
でも3位は立派ではないですかねぇ。
ジョレンテ会長としてはプラス国王杯ファイナリストもしくはELファイナリストぐらいの成績が欲しかった、ということなのでしょうか。


そんなこんな、多いに盛り上がった質問コーナーの最後にアルベルトさんからひと言私たちへのお願いがありました。
それは
「ビセンテやアルベルダなど地元出身の選手に対してはとても見方が厳しい。
 だから皆さん応援してあげてください」
というものでした。
アルベルトさんにとってはビセンテ、アルベルダなどの地元出身の選手は特別な選手。
(ビセンテが来シーズンアトレティコに移籍したら、彼はアトレティコファンになるそうです)

バレンシアの人たちも彼と同じように地元の選手だからこそ誇りに思って応援しているのでは?と思っていた私には意外でした。
やっぱりメスタージャのファンは厳しいというか。。。自分たちが持っている素晴らしいものになかなか気づけない人たちなのかも。。。


あのときの話

ダビ、サンティ、アングロさんがソレールとクーマンによってクラブから戦力外にされたあの時。
私たち日本のファンは一郎さんを通じ彼等に応援メッセージを届けました。
実際に一郎さんが彼等一人一人に写真を渡すときのビデオや写真をとってくださったのがアルベルトさんでした。
そのときの御礼を言うと、アルベルトさんがこんなエピソードを話してくださいました。

今シーズンの途中で引退し、今はバレンシアで暮らすアングロと話をしたときにアングロが
「あのときいったい誰が正しかったか。
 僕らを支持してくれたASや日本のファンだよ」
と言っていたよって。。。

必死で訳したあのメッセージ。
中身の問題ではなく、日本でを支えている人がたくさんいるということが彼等の心に残っているのですね。

サンティもフットボリスタで感謝を示してくれましよね。
ダビはもしかしたらパテルナで日本のファンに丁寧に対応することで感謝を示してくれているのかも知れません。
なんて。


約2時間の楽しい時間はあっという間終了。
最後にみんなで会場をでたところで記念撮影をしました。

これからもこういう会があるとうれしいなぁ。
また是非企画をお願いします!

トークショーも盛り上がりました!

私はその後池袋ジュンク堂での後藤健生さん、foot!でおなじみの亘さん、それに一郎さんのトークイベントにも参加してきました。

こちらも多いに盛り上がりとても楽しかったです。
ワールドカップの話から日本の育成の話まで幅広くお三方のご意見をうかがうことができました。
でも1時間半があっという間!
もっともっとお話をうかがっていたかった!
それぐらいいろいろ興味深いお話でした。


最後のサイン会のときに亘さんに
「アグエロの取材にアトレティコにいかないのですか?」
とお聞きすると
「行きますよ~」
というお答え。
「じゃ、そのとき是非監督も取材してください!!!」と頼んでおきました!
Foot!のスタッフの方、EL初代チャンピオンのアトレティコ取材、よろしくお願いします~!

亘さん、テレビで見るよりとても爽やかで素敵な方でした。
目尻の皺も良い感じで、うーん、ファンになってしまいそう!
(どうも私は皺に弱いらしい、という結論が出されました。。。キケ、House、阿部寛。。。)
 

Mundial 2010 :(Amistoso) España × Arabia Saudí  

España 3 - Arabia Saudí 2



1275152424037.jpg
Resumen del partido España 3-2 Arabia Saudí
España 0-1 Arabia Saudí (Osama)
España 1-1 Arabia Saudí (Villa)
España 2-1 Arabia Saudí (Xabi Alonso)
España 2-2 Arabia Saudí (Al Numare)
España 3-2 Arabia Saudí (Llorente)


昨日5月29日、スペイン代表はキャンプ先のオーストリア、Tivoliでサウジアラビアと親善試合を行いました。
2008ユーロを制したスペイン代表にとってオーストリアはよい思い出がたくさんあります。
相手はスペインにとってはかなり格下だし、これは楽勝?とおもいきや。。。

期待は大きく裏切られました!
先制ゴールは決められるし、連携が今ひとつ。
でもまぁキャンプが始まってまだ間もないですし、今の時期で良かったかなと思います。
選手達にとっては自分たちの力を過信しすぎることへの警告になったでしょう。

2Espana_-_Arabia.jpg

スペインにとってよかったのはイニエスタの調子が完璧だということ。
それに新しい力も試すことができたこと。
かな。

後半はかなり眠かったので覚えていないところが多いのですが、前半のイニエスタは本当によかったです。
やっぱりイニエスタ&シルバがいる代表は一味もふた味も違います。
スペインが同点に追いついたビージャゴールはイニエスタのアシストから。
ビージャがDFを抜けて走り込んでくるエリア内のまさにその位置にピンポイントで送ったあのパス。
あれは芸術ですねぇ。
ビージャもヘディングでしっかり捉えてゴール隅に決めました。

「おお、追いついた!よかった」という思いととともに「来シーズンはバルサの試合であんなものをたくさん見せられちゃうわけか、、、」とちょっと感傷的にも。
いやもうどうせならシルバも連れてっちゃって前の方はバルサ、後ろはレアルでもいいじゃん、とか思ってしまったぐらいです。

ビージャはこのゴールでラウールの持つ代表記録まであと7ゴール。
できたらワールドカップ前の親善試合であと2、3ゴール決めて本戦でピチチ獲得とともに新記録達成!なんてことにならないでしょうか。
それはちょっと都合が良すぎるかな。

101266536.jpg
上の写真は先発メンバ。
ビージャがバルサに移籍した今、シルバ以外はレアルかバルサの選手なのです。
そのシルバがもしレアルに移籍してしまったらスペイン代表=レアル、バルサ混合チームってことになってしまうのですね。
一時はバレンシアの選手がたくさんいたスペイン代表もマタ、マルチェナだけになってしまうかも。
そしてマタもマルチェナもその近い将来が不透明とは。。。
悲しいし悔しい。

そのマルチェナですがこの試合では先発ではありませんでしたが後半途中61分からプジョールに変わって登場。
「代表のお守り選手」として世界記録達を達成しました。
なんと、彼が出場した50試合、代表は負け知らずなのです。

2002年の8月21日のハンガリー戦(1-1の引き分け)で代表デビュしたマルチェナ。
たしかにチームは昨年のコンフェデでアメリカに負けていますがその試合には彼は出ていないのですよね。
そんなこんな、運も味方して?マルチェナのこの記録になったわけです。
ユーロ2008ではレギュラーだったマルチェナも、ピケの台頭があり、さらに彼本人のクラブでの使われ方が中途半端だったりで今回のワールドカップではDFとピボーテの控えという位置。
とはいえ特にピボーテの控えとしては大事な選手なのかもと私は思っています。
セナがはずれた今回の代表。
もしかしたらマルチェナの出番が思わぬところでやってくるかも?と期待しています。

試合を決めたのは

4Espana_-_Arabia.jpg

後半、ビージャ→ジョレンテ、シルバ→ペドロ、イニエスタ→ナバス、チャビ→ハビマルティネス
と前の方のメンバーは総取り替え。
若い選手たちを試すことができました。

ナバスも良かったですねぇ。
彼のリズムは独特ですが、かといって彼だけが浮いているわけではないのですよね。
代表に違う味付けをしてくれる感じです。
彼の正確なクロスとジョレンテ、トーレスの高さが組み合わさるととてもおもしろそうです。

試合はほぼ引き分けで決まり?という91分。
ジョレンテが、シャビアロンソのCKを頭で決めて勝ち越し。
スペインは苦しみましたが勝ちました。

1275158073205.jpg

相手の2ゴール、最初の一点目はセットプレーからの失点。
イケル~どこにいるの?と思うような立ち位置でした。。。
まぁ聖イケルと言えどミスはしますからね。
(カシージャスはこの試合で103試合出場。ラウールを抜いて歴代2位の出場試合数になりました。
 一位はスビサレータさんの126試合)
デル・ボスケさん、まだまだ本大会前にチェックすること多そうですね。
でも次の試合で見るべき点が増えました。
韓国戦、今度はきっちり守ってくださいね。




España: Iker Casillas; Sergio Ramos (Capdevila, m. 61), Piqué, Puyol (Marchena, m. 61) , Arbeloa; Busquets, Xavi (Javi Martínez, m. 74), Xabi Alonso, Iniesta (Navas, m. 61) Silva (Pedro, m. 61); y Villa (Llorente, m. 71).
Arabia Saudí: Waleed; Shuhail, Osama, Kamil, Mishal (Khairat, m. 89); Kariri, Ateef (Abullatifa, m. 84), Abdoh (Asiri, m. 69), Al Numare (Jezawi, m. 82), Al Fraidi; y Hazazi (Al Sahlawi, m. 65).

Goles: 0-1, m. 16: Osama. 1-1, m. 31: Villa. 1-2, m. 59: Xabi Alonso. 2-2, m. 74: Al Sahlawi. 3-2, m.90: Llorente.

Árbitro: Thomas Einwaller (Aus). Mostró cartulina amarilla a Mishal (83').

Incidencias: Encuentro amistoso disputado en el nuevo estadio Tívoli ante la presencia de 7.500 espectadores.


El 11 ideal del Mundial para nosotras. 

ワールドカップまで残すところあと2週間。
またまたこういう話題が出てきました。

「私たち?」のための11人。
まぁつまり女性のための魅力的な選手達、って事なのですけどね。
やっぱり日本の女性とは視点がちがう気がしますね。


いろいろ上がってます。
バラック、クリスティアーノ、カンナバーロ。
お決まりのパターンか?と思いきや、、、この人!
最近娘と私の大のお気に入り!
来年はこの人に会いにいきたい!とまで14歳の中学生に言わせる彼の名は。。。

フォルラン!
1274981580833_forlan.jpg

アトレティコをEL優勝に導いてくれた選手ですからね。納得です。
それに彼はインタビュとか聞いている読んでいると頭が良い!
すごく冷静だし、自分がチームにおいて何をすべきかを良く理解していますよね。
やっぱり賢さを感じされる選手に私は弱いです。


1274981580833_iker.jpg

そして次は色気とはほど遠い彼。驚きのカピタン、イケル!
彼の場合、とにかくいいヤツってイメージ。
男の人からも支持されそうです。


こちらはかわいらしい二人?
母性本能をくすぐられるのでしょうか。
クンもかわいいですよ。でもそれならシルバかなぁ~

私にとってはトーレスも「かわいい」なのですけど。
彼ももうパパなんですよね。

1274981580833_kun1.jpg

1274981580833_torres.jpg

最後のほうにはピケとかカカとかファンデルファールトとかいますけど、やっぱり違うよなぁ~という感想が残るのです。

わたしなら。。。スペインからはシャビ・アロンソ、カプデビラ、セルヒオ・ラモスですなぁ。

キケ、契約延長記者会見 

Un año más!!!



1274883762750.jpg
(別記事にしました)

先ほど、Largueroにキケが電話で出演していました。
今日は出るだろうと思っていたので待っていたのです!
日曜日にはバレンシアにもどって4人のお子さんとすごした、なんて話していました。
(あ、今モリエンテスにガラタサライがオファーをだしたらしいという話をしていますね)

rueda_de_prensa_renovacion_quique.jpg

昨日行われた記者会見では昨年の10月に監督に就任したときの笑顔とは違ってとても落ち着いていたキケ。
「(タイトルをとって)シーズンを始められるのはとても快適だ。
 今のクラブの雰囲気をとても気に入っている。特にアトレティコで働く人たちにふさわしい雰囲気があるのだ。
 今我々はファンと強く結びついている。そしてそれはチームが生み出す大きな夢のためには完璧な武器なのだ。」
「(契約延長は)この素晴らしい数ヶ月間を完成させるために待っていたことだった」
「私は厳しい時にも信頼してくれたアトレティコに感謝している。
 今はファンの声援、信頼に感謝すべきときだ。彼等はチームをシーズンを通して応援してくれた。
 彼等は私に感謝してくれていた。何度も言っているがこのようにたくさんの感謝の言葉をもらったことはない。
 今は私が彼等に感謝する時だ」
 

(もう少しちゃんと訳したいのですが時間が。。。う。。。)

このRTVEのビデオ、好きなので張り付けちゃいます
Quique renueva por un año


記者会見の様子です。


Mundial 2010:オフィシャル写真撮影 

今度は大丈夫



1274872162_extras_noticia_foton_7_0.jpg

オフィシャルの写真を撮影がありました。
真ん中にいるのはデル・ボスケ監督その上下にチャビとイケル。
しっかりと一本筋が通っていると言う感じです。

今回はシルバも大丈夫みたい。
もしかしてよーーーっくみるとパンツの紐がでていたりするかもしれませんけどね(笑)

デル・ボスケ監督は次のサウジアラビアとの親善試合ではワントップで行くようです。
もちろんビージャ、なのでしょうがジョレンテも試したいみたいですね。

トーレス君の怪我の具合ではジョレンテ、ペドロの出番がぐっと増えそうですから。


本日の記者会見は
トーレス、セスク、シルバの3人。
Torres llegará al cien por cien

セスクといえば。。。
アーセナルがセスクを欲しがるバルサに「移籍金は100億以上」というようなことを言っています。(実際には50億ちょっとみたいですが)

ならば、、、シルバを欲しがるレアルに対してバレンシアも30億とか35億とかじゃなくもっと強気に出ても良いんじゃないですかね。
だってシルバはLa Rojaでレギュラーなんですから!

_2RS2418_1.jpg

簡単ですがスーペルの記事からシルバの記者会見の内容を。
「僕は落ちつている。代表に集中しているよ。
 だってワールドカップというすごく重要な大会が待っているんだからね。
 まぁ、先のことを考えていないというより、代表のことしか考えていないって感じかな。」
「雰囲気はすごくいいよ。代表の中だけじゃなくて国中の人が僕らを応援してくれているのが感じられる。
 ファンはいつも僕らが100%の状態であるようにしてくれてる。
 この雰囲気がずっと続くようにしたいってことも僕らにモチベーションを与えてくれるよ。」 

 

メスタージャより:2010/5/27 

Zigic se va al Birmingham City



ジギッチのバーミンガムへの移籍がオフィシャルで発表されました。
地元メディアによると移籍金は約700millonesユーロ(日本円で約8億円)。4年契約。
明日メディカルチェックを受けるそうです。

ジギッチっていつでも笑顔だった、という印象があるのですよね。
新しいクラブでもあの笑顔できっとたくさんのファンの心をつかむでしょう。

ジギッチ、ワールドカップは応援するからね!
頑張って!!!

本当にありがとう。
もうリーガであえないのかと思うととっても寂しいなぁ。


ダビのインタビュ 

1274800112811_enviofotografos_20100525_153506.jpg

スーペルにダビのインタビュが載っています。
さらっとした読んでいないのですが、だんだん少なくなる「ドブレテの時のバレンシアの選手」の一人として切なさを感じるはなしも。
バラハがいなくなったので残るはダビ、マルチェナ、ビセンテ、、、ぐらいになってしまったのですよね。

ダビは来シーズン(10-11シーズン)で契約が終了します。
しかも移籍してくるTopalは彼と同じポジション。
一応一年の延長オプションはついているのですけど、良いシーズンをおくらなければ契約延長を勝ち取ることは出来ないでしょう。

実は私はあまり心配していません。
ダビも言っていますが、彼はこういう状況を跳ね返して来た選手。
もしTopalに負けた、と彼自身が感じることがあれば潔くバレンシアを去るだろうとおもっているので。

今年の9月で33歳になるダビ。
まだまだ若いものには負けていられない、きっと彼ならそう思って奮起するでしょう。
そしてベストシーズンか?ってぐらいな活躍をしてくれるのではないかな。

キケ、契約延長決定! 

Renueva por una temporada



renovacion_quique.jpg

Quique Sánchez Flores renueva por una temporada con el Atlético de Madrid


ようやっとオフィシャルから発表されました。
キケがアトレティコとの契約を一年(たった!)延長しました。
もちろんエスクリバー、エミリオも一緒。フィジカルコーチのJordi Garciía, Miguel Peiróも。
フィジカルコーチの二人はアトレティコから一緒にチームを組んでいる方ですね。

今日26日13時から記者会見があるようです。

ここ数日の様子から延長は間違いないだろうと思っていたのですが、本格的なバカンスに入る前に決まってよかった!
でもこれからが彼の仕事かな。
来シーズンのプランを立てなきゃ行けませんからね。




Fran Mérida, 4 temporadas

アーセナルのフラン・メリダがアトレティコに来ることが決まりました。
元バルセロナのカンテラーノですよね。

彼のことは結構若い世代の代表戦で見ていますがなかなか良い選手。
アトレティコにはいないタイプかな。
いやぁ楽しみです。

アトレティコのスペイン化、進んでますねぇ~!

Mundial 2010:背番号決定 

ペドロが2?



今大会の各選手背番号が決定。
イメージと違う番号かな?と思うのはペドロ。なぜ2番なんだろうか。。。

これが今回の背番号
1 CASILLAS
2 PEDRO
3 PIQUE
4 MARCHENA
5 PUYOL
6 INIESTA
7 VILLA
8 XAVI
9 TORRES
10 CESC
11 CAPDEVILA
12 VALDES
13 MATA
14 ALONSO
15 SERGIO RAMOS
16 BUSQUETS
17 ARBELOA
18 ALBIOL
19 LLORENTE
20 JAVI MARTINEZ
21 SILVA
22 NAVAS
23 REINA



本日の記者会見

Puyol asegura que entre Reina y Valdés hay muy buena relación.
本日の記者会見はペドロ、ハビ・マルティネス、プジョール。
プジョール、若手二人の保護者?ですかね。
でもペドロってすごく落ち着いた雰囲気だな。

今日の記者会見では初招集の二人に「招集されることをどうやって知ったの?」という質問が。
ハビ・マルティネスはチームのメンバでエチェベリアのサヨナラパーティーをしていた時にテレビを見て知ったそうです。
みんな大喜びで中には泣いていた人もいたとか。
ペドロはテネリフェにいて家族とテレビを見ていたそうです。

ペドロが背番号2になった経緯は、、、ハビとペドロにはもう選択の余地がなかったというのが本当のところの様です。
まぁ背番号は関係ないですよね。

このビデオ、最後のアルビオルの笑顔がとってもかわいい!
ワールドカップで優勝するのは?という質問にみんな「España」とこたえています!
La 'Roja' apuesta por la 'Roja'

短いけどビージャのインタビュも。
Torres trabajo en su recuperación

ビルバオの二人。
Pareja de leones en La Roja

(写真追加)Mundial 2010:スペイン代表合宿入り! 

Con el Príncipe



いよいよワールドカップにむけた代表合宿がスタートしました。
La roja se concentra en Las Rozas
La selección española comienza su concentración en Las Rozas

集合はスペインにしては珍しい?午前中の集合。
バルセロナ組は飛行機がおくれて11時到着。
一番乗りはカピタン、カシージャス。監督とともに9時半前に到着していたそうです。
El capitán, el más madrugador en las Rozas

そして今日は特別なお客様が!
このところお会いすることが多い(アトレティコの2つの決勝戦にいらっしゃっていましたので)フェリペ皇太子が合宿スタート日にラス・ロサスの代表施設を訪れ、チームを鼓舞しました。

そのときにとった記念写真?なのですが。。。
シルバが。。。ああ。。。

1274695420_extras_noticia_foton_7_0.jpg

一番端で一人だけ前を開けたまま。ネクタイ緩めちゃっているし。
どうしたんだろう。
おくれて急いで来たのかなぁ。
う=ん。


この後のスケジュール

今後のスペイン代表の予定です。

5月28日までラス・ロサスで練習し、この日にインスブルックへ移動。
5月29日サウジアラビアと親善試合。(El estadio Tivoliで現地時間18時、日本時間30日1時から(
6月3日までインスブルックで練習
6月3日韓国と親善試合。(日本時間25時~)←フジテレビワンツーネクストで放送あり。
この後マドリッドにもどり6月6日まで練習。
6月7日ムルシアでポーランドと親善試合。(現地時間22時、日本時間8日午前5時~)


そろそろ私のブログもスペイン代表応援モードに突入しなくちゃ!


ユニじゃなくても

素敵ですねぇ~みんな。
赤いネクタイはパワーを表現し、力あるものというイメージにつながります。
彼等は今回ヨーロッパチャンピオンとしてワールドカップに行くわけですものね。

カピタン!自分だけじゃなくてシルバにも気を使ってやって!
1274715591091_efe_20100524_161646.jpg

是非ピチチを狙って!
ビージャ。。。やっぱりネクタイが。。。
1274715591091_efe_20100524_151129.jpg

しかしプリンチペ、背がお高い!
イニエスタ、見上げてますよ~
1274715591091_efe_20100524_150723.jpg

トーレス君、さすが!
ワールドカップにあわせてイメージチェンジ。しかも違ってかっこ良く決めてます。。。
1274715591091_efe_20100524_161203.jpg

なにかカピタンに頼み事?
1274715591091_efe_20100524_160814.jpg


ミュジーアムオープン

1274715591091_efe_20100524_162637_20100525081541.jpg

この日は代表のミュージアムがオープン。
その記念式典にプリンチペが出席。
そして代表の歴史的選手、ラウール、カシージャス、それにスビサレータが表彰されました。



いつもTVEで代表戦を解説なさっているスビサレータさん。
歴代トップの出場記録を持っている方ですね。
1274715591091_efe_20100524_155125_20100525081541.jpg

ラウールも出席。
1274715591091_efe_20100524_161218_20100525081540.jpg


イケル貫禄ついて来たなぁ。
1274715591091_efe_20100524_155147_20100525081540.jpg

En un discreto segundo plano 

国王杯はとれなかったけど



99259191.jpg


EL決勝戦終了後、キケの態度を讃える記事があちこちに出ました。
その一つ、El Pais5月14日付けのJosé Marcosさんの記事を訳しておきます。
この方、アトレティコ担当なのでしょう。
Mikiさんが紹介してくださったエミリオ(GKコーチ)の記事も彼が書いてます。

今回の私が訳す記事の題名は
「El técnico conciliador」
conciliadorというのは和解者、和解させる、などの意味があります。


キケ フローレスは期限付きでアトレティコにやって来た。
彼はスペインでのキャリアを再開させる機会と考えていたが、それは早すぎる判断に思われた。
クラブは彼をアベル解任後の2010年の6月30日までの監督としてしか認めていなかったし、ラウドルップ、スパレッティ、さらにパンティッチに断られた後にキケを選んだにすぎなかったからだ。
たとえCL出場権を獲得するか、国王杯で良い成績を収めたとしても彼には次のシーズンへの保証はなかった。
しかしキケは怖じ気づくことはなかった。
「そろそろ次のことを話すべき時だね。でも私の将来は重要じゃない。クラブのことを優先すべきだ」
とキケは説明した。彼はたった100万ユーロ(一億円強)の年俸しか得ていない。



ポルトガルでの挑戦は成功したとは言えませんでした。
私は一日も早く彼が新たなクラブを率いるところを見たかったけれど、アトレティコの監督候補に名前が挙がったとき、正直「アトレティコはやめておいた方がよいのでは?」と思っていました。
借金も多いし、ファンはとても厳しい。
これじゃうまくいかなかったらバレンシアで起こったことの繰り返しになってしまいかねません。
でも彼は引き受けちゃいました。あっさりと。たった1億円で!

1256561403952_EFE_20~3.JPG

しかしアトレティコの監督に就任したときのキケ!
本当にうれしそうでした。
声が全然でなくてインタビュにこたえるのも辛そうだったけどその表情はとても明るかった。
彼は監督と言う仕事は本当に好きなのだなとあらためて感じました。



ELの成功はキケを大きく変えることはなかった。
ハンブルグからの帰りの飛行機の中、彼は夏に行われるモンテカルロでのSupercopa de Europa への大きな期待を現した。しかし彼がそこにいるかどうかは確かではない。
「また違った意味での決勝戦だね。私がその時どこにいるかはわからないが、でもモンテカルロのカジノの近くにはお勧めの日本料理のお店があるよ。」
とうれしそうに、しかし控えめにそう言った。

それは彼がアトレティコにやって来たときに不安定なチームを埋め合わせるためのこれ以上の補強を要求しないと言った時のようだった。
「チームがうまくいかないからといって良い選手達ではないということではない。十分だ。
 これ以上の補強は必要ない。」
彼の発言の意味はカンテラにあった。José Amorrortuによって作られたそのチームからすでに最初の実りを得た。
「デ・ヘアとドミンゲスは私たちの信頼を勝ち取るに十分だった。さらにジョエル、ルベン・ペレス。。。もいる」


1273610730_0_20100523123031.jpg



若い選手を使うのが大好きなキケですが、その使い方は意外に慎重です。
素質は認めていてもいきなりフル出場なんてことは滅多にありません。
今回のデ・ヘア、ドミンゲスは例外。
それだけチーム状況が切羽詰まっていたということもあるのかもしれません。
しかしデ・ヘアは各カテゴリでスペイン代表に選ばれていたぐらいなのでいずれは出てくるだろうと思っていました。
でもドミンゲスは本当にサプライズでした。
彼、レアル・マドリーのカンテラを14歳の時クビになっているんです。
さらに彼はマドリッドの大学に通う学生でもあります。
レアルのグラネロもそうですが、スペインの選手ってサッカーがうまいだけじゃなくしっかりしていますね。

それにしてもレアル・カンテラって良い選手たくさんいすぎる?

さらに記事は続きます。
カルデロンからネプチューン広場へのパレード。
彼の脚本は彼自身を舞台に登場させることはなかった。混乱ばかりだったファンと、クラブの幹部が主役だった。
「多くの人が私にありがとうと言ってくれるが、私にはよくわからないよ。
 なぜなら私は何もしていない。成し遂げたのは選手達なんだからね。
 私の方がファンに感謝したいんだ」
と言葉少なに語った。
その反対にスポーツディレクターであるJesús García Pitarchは最初から最後まで大はしゃぎだった。
キケは、瀕死だったチームを甦らせ、たった7ヶ月でチャンピオンへと導いた監督は常に一歩さがった位置に身を置いて主役になることを避けていた。彼の右腕であるフラン・エスクリバーや他のスタッフと同じように。
迷信深い彼はトロフィーに触ろうとさえしなかった。この機会を活かして仰々しいことを言うこともしなかった。

キケは
「私の状況はいずれ解決するだろう。今はそのときではない。
 シーズンが終わり、様々な煩わしいから遠ざかったときになるだろう」
と強調した。

「私は声を失い、新型インフルエンザにかかり、肝臓と肺を痛めている。私は疲れている。
 El Atlético es una maravilla.(アトレティコは本当に素晴らしい)」


Gallardon_saluda_Quique_Flores.jpg

今シーズンのはじめのアトレティコで私が覚えていることといえば。。。
開幕直後、夏の移籍市場が締まるギリギリになってハイティンガをエバートンに売却。
これが選手達とクラブ幹部の間に深い溝を作ってしまったらしい。
とか、
開幕から不調だったチームに対してファンが不満を募らせ、ホームビセンテ・カルデロンでも選手達に激しいブーイングが浴びせられている。
などクラブ、ファン、選手の3者の関係がとてもぎくしゃくしているというものでした。

それが。。。
EL優勝後の表彰式でまるでこの試合のMVPの選手のように真っ先に優勝プレートをもらうセレソ会長。
国王杯で試合中ずっとアトレティコのカンティコを歌い続けて選手を鼓舞するファン達。
最悪だったクラブの雰囲気がすっかり変わっていました。

本当に良かったです!
アトレティコのためにもキケのためにも。
来シーズンはまだどうなるかわからないけど、できたらキケにスペインで監督を続けて欲しいです。

セビージャ?なんて話もあったりして。
キケはどうするのかな。

99157655.jpg

赤い魂 

EL ALMA DE LA ROJA



スペインサッカー協会100周年を記念して制作されたドキュメンタリーである「EL ALMA DE LA ROJA」邦題「赤い魂」がWOWOWで放送されます。

放送日時は
6月11日深夜1時~
6月18日午前11時~
です。

詳細はこちらから「赤い魂」スペインサッカー栄光の100年

ワールドカップ開幕前夜、こんな番組をみたらスペイン代表優勝以外考えられなくなりそうですね。
まぁ見なくても私は同じかな。

私のまわりでは「でもやっぱりスペインは勝てないと思う」と言われています。
ユーロに優勝した、といっても一般の日本人にとってはワールドカップで勝たないと強いとは認めてもらえないみたいです。
あのユーロのスペイン代表は次元が違っていたと思うのですけど。

でも一発勝負のトーナメントでは何が起こるかわかりません。
慎重にそして大胆に。自分たちを過信せず、持てる力を発揮すればきっと勝てる、そう思います。


once inicial

MARCAで行われているHaz tu once inicial con los 23 elegidos por Del Bosque
「あなたが選ぶスペイン代表レギュラーは?」の投票。
なんだかあらためてやるのも、っていう結果です。

GKはもちろんカピタン、イケル・カシージャス。
ただ2番手につけているのはレイナではなくてバルデスなんですね。

DFはピケ、セルっち、プジョールが20%以上の指示を集めています。
左サイドバックはカプデビラ。頼りになるベテランです!
でも、、、アルビオルが7.3%ってちょっと低すぎない?
あ、マルチェナに至っては1.1%か。。。

MF。だいたい想像できますね。
チャビ、イニエスタ、シルバ、シャビ・アロンソです。
でもきっとシャビ・アロンソではなくブスケツでしょうね。
セナがいない今、彼しかいないでしょう。

ここでもマタが0.8%。ハビ・マルティネスより低いって。。。
バレンシアファン、しっかり投票しようよ!

FWはダントツこの二人。
ビージャとトーレス。

イケルは80%を超えるダントツの指示を集めています。
それに続くのがチャビ、ではなくビージャ。なんと50%近い人が彼を選んでます。
やっぱりすごいよ、ビージャは。

メスタージャより:2010/5/22 

Padelで気分転換



リーグ戦も終わり、後少しでバカンス入りする選手達。
今回はパテルナを離れてパデルで気分転換をしました。
私はパデルといえば思い出すのはキケなのですが、ウナイさんも普段から楽しんでいるみたいですね。


ダビはもちろんビセンテと。
しかしビセンテその格好は。。。ビーチにいるんじゃないんだから。

1274437812597_EN7A52~1


君たちに作戦会議はいらない。
冗談言って相手を笑わせれば勝てるからね!

1274437812597_EN7F54~1


Bienvenidos!

先週、バレンシアは二人の選手を獲得を発表しました。

Ricardo Costa
ポルトガル人のリカルドコスタは1981年5月16日生まれ29歳のDFの選手です。
もともとポルトの選手だったんですね。
2007年にドイツのWolfsburgに移籍。
今シーズンの後半はフランスのLilleにレンタルされていました。
ワールドカップのポルトガル代表にも選ばれてい選手です。


Sofiane Feghouli
こちらはフランスのグルノーブルから獲得しました。4年契約のようですね。
アルジェリアの血が流れていること、ポジションやプレーぶりなどから"new Zidane"と呼ばれていたこともあったようですが。
1989年12月26日生まれの20歳のMF。U-21フランス代表の選手です。



二人ともまだプレゼンはしていません。
二人とも来シーズンから「新生バレンシア」のために頑張ってください。
多分かなり厳しいシーズンになると思うので。

バレンシアはフランスに新しいコネクションを見つけた?
彼等の代理人は誰?
なんてことが気になってしまいます。

Galeria de David Villa 

ビージャの記事をどのカテゴリに入れるか迷ってしまった。うー


各紙、ビージャの写真集アップしてくれてます。
ものすごい量あるので週末にゆっくりごらんくださいませ。

SuperDeporte Villa pasa a la historia como un ´7´ de leyenda

Las Provincias David Villa, una leyenda en el Valencia y en la Selección
        とにかく写真がきれい。
 
Levante-emv David Villa, un grande en la historia del Valencia
       めちゃくちゃたくさんある。私もまだ全部みきれません。

MundoDeportivo LAS MEJORES FOTOS DE VILLA
         迎える側からの視点で選んでるってことかな。


         

Copa del Rey Final Atlético × Sevilla 

Atlético 0 - Sevilla 2



99994809.jpg


負けてしまいました。
試合開始早々に決められたカペルのゴラッソで目がさめたアトレティコは試合を始終支配。
チャンスも多く作っていたのにそのたびに立ちはだかるパロップの壁。

結局試合終了間際にナバスにも決められ0-2で試合終了。
ドブレテの夢は消えました。

放心状態の選手達をキケとエスクリバは一人一人抱きしめていました。
ドミンゲスやチアゴ、アグエロは泣いていました。
Quique_Flores_Aguero.jpg



つい一週間前ELで優勝したばかりのかれらはなんとなく勝てるような気で試合に入ってしまいました。
夢は夢。
やっぱりセビージャの守りは堅かった。
試合終了が近付くにつれ、あせるアトレティコの選手達。
そんな選手達を約50000人のアトレティが後押し。
ずっとアトレティコのイムノを歌い続けていました。

試合終了後、アグエロは「ファンにお詫びを言いたい」と言っていました。
キケも「ファンは最後までチームをサポートしてくれた」
と感謝していました。
この試合のアトレティコファンは本当に素晴らしかった。

試合終了後、セビージャの選手達がピッチで喜びを表現しているとき、ラジオから遠く聞こえて来たのはアトレティコのイムノ。
ずっと歌い続けるファンに感動してしまいました。

アトレティコは特別なクラブ。。。キケは常々そう言っていましたが、なんとなくそれがわかった瞬間でした。


19日までの限定期間のつもりがすっかりアトレティコが心の中に入り込んでいる。
やっぱりキケのチームが私は好きだし。
困ったなぁ。




Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Perea, Domínguez, Antonio López; Reyes, Assunçao (Raúl García, m.61), Tiago Mendes, Simao Sabrosa (Jurado, m.61); Agüero y Forlán.


Sevilla: Palop; Konko, Squilaci, Escudé, Luna; Navas, Renato (Lolo, m.90+3), Zokora, Capel (Peroti, m.88); Negredo (Romaric, m.68) y Kanouté.

Goles: 0-1, m.5: Capel. 0-2, m.92: Navas.

Árbitro: Mejuto González (Comité Asturiano). Mostró cartulina amarilla a Renato (m.6), Luna (m.35), Squilaci (m.62), Ujfalusi (m.70), Kanouté (m.84) y a Palop (m.86)

Incidencias: Asistieron al encuentro unos 93.000 espectadores en la final de la Copa del Rey disputada en el Camp Nou. El Príncipe Don Felipe presidió el palco de honor, en lugar del Rey Don Juan Carlos, quien prosigue su recuperación tras la intervención quirúrgica a la que fue sometido hace unos días. Mayoritaria presencia de seguidores del Atlético de Madrid, unos 50.000, en las gradas del estadio. 35.000 aficionados del Sevilla acompañaron a su equipo.

more...

今シーズン、を選ぼう 

今、RTVEで「今シーズンの最高と最低を選ぶ」という投票をやっています。

選手のところにはビージャ、監督のところにはキケの名前もあります。
そしてそして、今シーズン最高のゴールのところにダビがオサスナ戦で決めたゴールが入っているのです!

興味のある方は是非投票してみてくださいね!

Elige qué ha sido lo mejor y lo peor de la Liga

Mundial 2010:スペイン代表発表 

このメンバーで優勝を狙います!



先ほど日本時間の22時頃、代表監督のデル・ボスケ監督が発表したメンバーのリストです。
発表の様子

Porteros: Iker Casillas (Real Madrid), José Manuel Reina (Liverpool), Víctor Valdés (Barcelona).

Defensas: Joan Capdevila (Villarreal), Carles Puyol (Barcelona), Gerard Piqué (Barcelona), Raúl Albiol (Real Madrid), Sergio Ramos (Real Madrid), Álvaro Arbeloa (Real Madrid), Carlos Marchena (Valencia).

Centrocampistas: Xabi Alonso (Real Madrid), Sergio Busquets (Barcelona), Xavi Hernández (Barcelona), Andrés Iniesta (Barcelona), Cesc Fábregas (Arsenal), Javi Martínez (Athletic).

Delanteros: Jesús Navas (Sevilla), David Silva (Valencia), Juan Manuel Mata (Valencia), Fernando Torres (Liverpool), David Villa (Barcelona), Pedro Rodríguez (Barcelona), Fernando Llorente (Athletic).



ビージャがバルセロナの選手、となっていますね。仕方ないけどやっぱり切ない。
南アフリカに向かう頃にはシルバもレアル・マドリーの選手、ってことになっちゃうのかなぁ。

バレンシアは代表選手が減っちゃいますね。
というかスペイン人選手が減っているからなぁ。


やっぱりデ・ヘアは入ってません。
アトレティコ、ELチャンピオンなのにスペイン代表0ですね。
次のユーロのときはデ・ヘア、ドミンゲスが入れるとよいなぁ。


グイサ、ネグレドじゃなくジョレンテ、ペドロ、セナじゃなくハビ・マルティネス。
将来を考えたというのなら本当はデ・ヘア入れてもよいと思うのだけど。

(写真集リンク追加)Despedida de David Villa en Canal 9  

David Villa, una Leyenda




Las Provinciasに素敵な写真集がありました。
David Villa, una leyenda en el Valencia y en la Selección


オフィシャルにアップされていたものです。

Muchísimas gracias Guaje! 

ビージャ、ありがとう



villa1oct2006a.jpg



オレンジ色の文字でビージャの記事を書くのももう最後。
ついにビージャのバルセロナへの移籍がきまりました。

バレンシアのファンとしてとてもとても悲しい。
でも彼の移籍がクラブにとっても必要だったなら私は昨夏のようなことだけは避けて欲しかったので早く決まったことはむしろ良かったと思っています。
しかもビージャはスペインのクラブを希望していたし、小さい頃からマドリーよりバルサが好きだったわけですから。

これで心置きなくワールドカップを迎えることが出来るでしょう。
ビージャにとっては良かったのではないでしょうか。

彼のバルセロナでの成功を私は心から願っています。
彼はそれを受けるにふさわしい選手です。
バレンシアでは勝ち取れなかったものを是非その手でつかみ取って欲しいです。

img_967148_13555135_0_20100519235710.jpg
(バレンシア移籍のときのビージャ)


思い返してみれば、ビージャが移籍して来た年にこのブログはスタートしました。
サラゴサで活躍していた彼のバレンシア移籍が決定した時は本当にうれしかった。
スピードのある彼はバレンシアのスタイルにピッタリだと思っていましたから。

あれから丸5年。
ついに彼はバレンシアを旅立ってしまいます。
サラゴサで芽をだし、バレンシアで開花した大きな花をバルセロナは摘み取っていきます。
4年契約。
彼は32歳になります。
彼の心のクラブはスポルティング・ヒホンかもしれない。
でも、もしできるならもう一度バレンシアに、メスタージャに、いえパテルナに戻って来て欲しい。

今年のパテルナでのビージャには笑顔がなかった。
いつかまたあの太陽のもとで彼の笑顔が見たいです。

img_838794_13736645_2_20100519235710.jpg
(古巣サラゴサ相手にバレンシアの選手としてリーガ初ゴールを決めた翌日の現地の新聞。これを目の前で見てました)
IMG_3079.jpg
(シェレス戦で途中交代の準備をするビージャ。これがメスタージャのファンとのお別れになりました)


私がみたシェレス戦は彼のバレンシアでの最後の試合になりました。
何度も書いていますが、私はビージャのバレンシアの選手としてのリーガデビュの試合も見ています。
つまりラッキーなことにビージャの最初と最後を見届けたことになりました。
その間に彼はたくさんの夢と希望を私に与えてくれました。
本当に心から感謝したいです。

しかし。。。大好きだったキケのバレンシアから一人、また一人とバレンシアを離れていってしまう。
寂しいなぁ。

Guaje, muchísimas gracias por lo que has hecho para nosotros.
Deseo que tengas enorme éxito con el Barcelona.
Además esperamos que regrese a tú segunda casa, el Mestalla.
ビージャからファンへのメッセージはこちらから

2007-03-13_POR_2007-03-06_00_48_43_1_ejemplar4631_20100519235709.jpg


vcf-sevilla15ab2007.jpg

73852242.jpg

2007-02-28_POR_2007-02-21_00_24_38_1_ejemplar4618.jpg

IMG_3227_20100520000129.jpg

73842833_20100519235709.jpg

villa26ab2007d.jpg

やってしまいました。。。 

なにもワールドカップを目の前にしてやらなくてもいいじゃないのさ。
このところすっかりguapoで、落ち着いていたので安心していたのですよ。

きっとバレンシア、暑かったんですね。
だから思わず
「髪、切りにでもいこうかなぁ~。代表合宿はじまるとまた忙しくなるしなぁ」
と思っちゃったんでしょう。

しかし。。。それはないよねぇ、シルバ君


1BCV.jpeg

Liga BBVA Última Jornada : Valencia × Tenerife  

Valencia 1 - Tenerife 0


1BD2.jpeg
Gracias Baraja!


こちらもどうぞ!



バラハ最後のメスタージャ?
いやいや、まだまだ彼はプリメーラで出来るはず。
ライバルチームの選手としてメスタージャに登場するかも。
たとえそうなったとしても彼が戻って来たなら大きな拍手で迎えてあげたい。

実は試合開始から怒りまくってました。
もしかしたら来シーズンはバレンシアにいないかも?と言われているビージャもシルバもベンチにさえはいってない!
これじゃファンにお別れの挨拶代わりのゴールが決められないじゃないですか。

それにバラハの最後の試合なのに、ドブレピボーテを組んだダビの姿もなし。
ウナイの考えていることが全く理解できませんでした。
きっと私などでは量ることのことのできないような深い考えがあったのでしょうけれど。


1274038315770_efe_20100516_211503.jpg


バレンシアの実力が上なのは明らか。
ゴールチャンスも何度となくありました。
でもスコアは0-0。

テネリフェの残留への強い意地を感じていた最後の瞬間。
彼等の夢を打ち砕いたのは誰あろうアレクシス。
今年はすっかり好青年のアレッシィが来シーズンにつながるスカッとしたゴールを決めてくれました。

テネリフェの選手達からしたら「マラガ出身のアレクシスがオレたちを突き落とした」と思ったかも。
マラガは奇跡的に残留を決め、会長が涙を流していたそうです。

メスタージャで残留に貢献したアレッシィに御礼の電話でも来たかな?


来シーズンこそ!

この試合キレキレだったビセンテ。
来シーズンはもっとたくさんそんなビセンテが見られますように!

1274038315770_reuters_20100516_202945.jpg




Valencia: Moyà, Miguel, Maduro, Alexis, Jordi Alba (Mathieu, m.70), Pablo, Manuel Fernandes (Marchena, m.76), Baraja (Banega m.88), Vicente, Domínguez y Zigic.

Tenerife: Aragoneses, Luna, Culebras, Sicilia, Héctor, Ricardo (Dinei, m.75), Román, Mikel Alonso, Juanlu (Omar, m.60), Nino y Alfaro (Ángel, m.86).Ç

Gol: 1-0,m.90: Alexis.

Árbitro: Velasco Carballo (Colegio madrileño). Amonestó por el Valencia a Zigic y por el Tenerife a Juanlu.

Incidencias: partido disputado en el campo de Mestalla ante 50.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones. El jugador local Rubén Baraja, que se despedía del equipo, recibió la insignia de oro y brillantes del club.

今年のパテルナは。。。;2010/5/4 

寒かった!



IMG_2955.jpg

青く澄み切った空。
キラキラ光る太陽。

これだけみたら絶対「暑い!」となるはずのバレンシアが今年は寒かった!
スペイン全土をみれば5月というのに雪が降っていたところもありました。
そんな歴史的寒波の影響で、晴れているにもかかわらず強い風で本当に寒かったのです。
コートを着ていても震えていたほど!

それでも選手達が出てくれば、素敵な笑顔に心はホカホカ。
やっぱりパテルナはいいなぁ~!


今年のパテルナ訪問には3つ目的がありました。
もちろん一番大きな目的はダビへプレゼントを渡すことです。
二つ目は会えた選手すべてに今年のユニにサインしてもらうこと。
そして3つ目。これがとてもスペシャルだったのですが。
Valenciacf_jpにいつも素敵な写真を送ってくださっているASのカメラマン、アルベルトさんに会うこと。

私としては3つ目の目的にもとてもワクワクしていました。
いったいどんな方なんだろう?!

シェレス相手でも
IMG_2957.jpg

シーズンも残り4試合となってほぼ3位が確定。
さらに今節の相手は最下位シェレス。
にもかかわらず、ウナイさんは週2ペースで非公開練習を続けていました。

私がパテルナに行った5月4日は試合当日。
その日もしっかり非公開。
パテルナの美しい緑の芝生の上でボールを追いかける彼等の姿は見ることができませんでした。
ウナイさん、そろそろファンサービスしてもよいのでは?


まずは

私がパテルナについたのが11時過ぎ。
私の他には3、4人のファンしかいませんでした。
その中には香港からやって来たという若い女性ファンも。
いやぁバレンシアも国際的になったもんだ。って自分も遠いアジアの片隅からやって来ているんですけどね。


試合前の練習ということもあって1時間ほどたつとシェレス戦に招集されていないメンバーがぽつぽつと出てきました。

IMG_2963_2.jpg
チョリ、マテュにまじり、アレッシィも!
あ~あ、ことしはピッチで君にあえないわけね。。。残念!
しかし、今年のアレッシィはとてもにこやか。
ファンとの写真にもにっこり笑って応じてくれました。
もちろん私も一緒に写真撮りましたよ~!



この日は最初待っているファンがとても少なくてよかったのです。
これならダビとゆっくり話が出来るなぁなんて思っていたら。。。

いきなり大きな観光バスにのった一軍が到着。
だいたい15、6歳ぐらいの若い子達が20人ほどなだれ込んできました。
先生らしい人もいたので遠足?課外授業?なんだったのでしょうか。
彼等は選手を見つけるとものすごい勢いで飛んでいき、写真をとったりサインをもらったり。
先生もそれを止めるなんてことはしません。
むしろ「じゃ、みんな一緒に写真をお願いしよう」なんて感じ。
ホアキンとは全員一緒に写真を撮っていました。

いや、この勢いに負けちゃいられない!



IMG_2973_2.jpg
いつも爽やかなマタ君。彼も若いファンには大人気!
そのファンにちゃんとこたえて(もちろんあのいつものにっこり笑顔で)ました。
車で去る彼に「Chao!!!」と手を振るとまたまたにっこり笑顔で手を振り返してくれました。



二人一緒に登場

IMG_2980_2.jpg  IMG_2981_2.jpg

あれ、ビージャと思ったらなんとホアキンもいて若い子たちはパニック。
自然と二手に別れていました。
私はまずはビージャ。
そしてホアキン。

ホアキンは笑顔なのですが、ビージャはこの日も最終日の7日にあった時も笑顔はなし。
そう言えば昨年も笑顔はなかったなぁ。


続けてパブロが登場。
若い子たちがパブロに一気に群がっていると。。。

ダビ登場!

IMG_2984_2.jpg

ラッキーでした!
若い子達にとってはパブロの方が魅力的なのでしょう。
しかもダビはまっすぐ自分の車のところに行ってしまったので一瞬誰だか他の人にはわからず。

でも私にはもちろんすぐにわかりました!
なので、車のところにいるダビに向かって
「ダビ!」
と大きな声で呼びかけてしまいました。
いやぁ日本でそんなこと出来るか?といわれるぐらい大胆な行動。
でもその甲斐があって私の声に振り向いたダビはゆっくりとにっこり笑いながら私の方に向かってまっすぐ歩いて来てくれました。
(今回はダビといい、キケといい私のところに来てくれるという何とも信じられないような状況が起こりました。
 本当にラッキーでした。)


まずは「Hola, David!」とご挨拶。
そして今年のユニにサインをもらいました。
続いて写真を撮ってもらっていると、、、もうあの若い子達がなだれ込んで来たのです!
もう少しパブロのところにいてよ!!!

横から邪魔が入ってしまいましたがすぐにもう一度ダビに話しかけました。
「ダビ、これ、赤ちゃんにプレゼントなの」
「こっちはあなたに。」
と言ってプレゼントを渡すととてもうれしそうにあの明るい声で
「Muchas Gracias!」
と言ってくれました。
しかし詳しい説明をしたいのにまたまたファンが。。。

IMG_2985.jpg


と、そのとき私の目に入ったのはValenciacf_JPの写真で見たアルベルトさんらしき人!
間違っていたらごめんなさい!って気持ちでこちらから近付いていくと、、、
その方も私の方に近付いて来てくださってお互い同時に
「Hola! Eres Albelto?」
「Hola! Eres amiga de Ichiro?」
ということで無事アルベルトさんに会えました!

アルベルトさんが
「選手と一緒に写真とりたかったら言ってね、撮ってあげるから」
と言ってくださったのに甘えて
「う?じゃ、今ダビが出てくるところなんだけど、お願いできる?」
と頼んでしまいました。

ちょうど車で出て来たダビを捕まえて、写真を撮ってくれるよう頼んでくださいました。
ダビは最初「さっき撮ったよ」なんて冗談ぽく言っていましたがちゃんと一緒に撮ってくれました。
もう大興奮!
2回も一緒に写真が撮れるなんて!!!
本当にGracias!です。

しかしバカですねぇ、、、私。このときちゃんとプレゼントの説明をしたかったのです。
なのに興奮して写真をとれただけで安心しちゃったのです。
ちゃんとダビの車の助手席に私の渡したプレゼントがおいてあったのに!
後から考えると本当に情けない。


しかし私だいぶ興奮していたのでしょうね。
私の様子を見てアルベルトさんは「アルベルダが一番好きなの?」と私に聞いてきました。
「もちろん!」とこたえると、「いいね~!」とにっこり。
アルベルトさんにとってもダビは特別な選手なのだそうです。

その後私はビセンテ&シルバを待つこと30分ほど。
結局シルバは車を外に回して練習終了後早々に帰っていたことが判明。
ビセンテは決してファンの要求に応えることなくさっさと帰っていってしまいました。
残念。。。

IMG_2998.jpg
この日の朝、ちょっとしたアクシデントがあり(女性に車をぶつけてしまったらしい。でもたいしたことはなかったみたいです)報道陣に囲まれていたミゲル。
私はてっきり移籍騒動かとおもったのですが。。。


帰りはアルベルトさんに車でノルテ駅まで送っていただきました。
車中、いろいろ話をしているうちにあっという間に駅についてしまいました。
本当に助かりました!
バスで帰っていたら友人との待ち合わせに遅刻しているところでした。
アルベルトさん、Muchisimas gracias!!!

その後香港のファンともNorte駅でお別れして私は一路本屋へ。
アルベルトさんが買ったというキケの本を買いに行ったのですがありませんでした。
この時の私はまだ楽観的で「マドリッドなら売っているに違いない」と思っていたのですが。。。結局キケの本はどこにもなく手に入れることは出来ませんでした。
悔しいなぁ。


とはいえ、試合当日の午前中からいろいろなことがありました。
ダビにはちゃんと説明できなかったけど、でも笑顔で受け取ってくれて本当うれしかった。
ちびダビちゃんも気に入ってくれていると良いのだけど。。。


私はこの後、私のスペイン語を添削してくれているバレンシアーナのSorayaと初の対面をしました。
とても真面目な彼女は日本が大好き。
1月には日本に遊びに来たほど。
今は日本のドラマにはまっているそう。私より良く知っていました。
そうそう、やまPが好きってところは私と趣味が同じでした。
二人ですっかりそんな話で盛り上がり時間がたつのを忘れていましたが、そろそろお腹を満たしてメスタージャに向かわないといけない時間です!

続きはまた!



おまけ

more...

Liga BBVA Última Jornada : Valencia × Tenerife 【CONVOCATRIA】 

Último Adiós



1273829582924_ENBB88~1

この試合がPipoこと、バラハのバレンシアでの最後の試合になります。
たぶん腕にはブラサレットをつけてピッチに立つことになるのでしょうね。

日韓ワールドカップの後、バレンシアを見始めたとき、バラハは絶対的な力を持ってバレンシアを動かしていました。
翌年ドブレテを成し遂げたチームは非常にバランスのとれた良いチームでした。
でもやっぱり中心にはバラハ、そいてダビがいました。

「ドブレピボーテ」といえばバラハとダビでした。

その二人のうちの一人、バラハが今シーズン限りでバレンシアを去ります。
ここ数年怪我を繰り返し満足なシーズンを送ったことがありませんでした。
ソレール時代は会長側擁護の態度をとったことから、チーム内で難しい立場になってしまったこともありました。
でもやっぱりバラハはバラハ。
クラブに栄光をもたらした素晴らしい選手なのですよね。

今日はきっとダビとのドブレピボーテを久しぶりにたっぷりと見ることが出来そうです。
ウナイさんもそれぐらいの配慮はしてくれますよね?
(昨日も練習は非公開。。。ちょっと真面目すぎない?)


時代の流れ、とはいえ本当に寂しい。
それになんだか次は。。。と考えてしまいます。
いや、まだまだ!と信じてますが。


招集メンバ

Porteros: César y Moyà.
Defensas: Miguel, Marchena, D. Navarro, Maduro, Alexis, J. Alba, Mathieu.
Centrocampistas: Albelda, Baraja, Éver, Fernandes, Joaquin, Pablo, Vicente, Mata.
Delanteros: Domínguez, Silva, Zigic, Villa.


ビージャ、シルバも移籍の噂は絶えず。
彼等二人にとってもÚltimoになってしまうのかしら。。。ううう。。。



more...

メスタージャより:2010/5/13 

ウナイと合意



クラブがウナイ・エメリとの契約延長の合意に達したことがオフィシャルページで発表されています。
5月13日木曜日20時よりパテルナでジョレンテ会長とウナイの記者会見が行われます。
何年間の契約延長かは書いていませんが、多分一年。
目標達成の場合はさらに一年の延長となるのではないでしょうか。

来シーズンの目標はなにがしかのタイトルと言うことになるのかもしれません。
(キケの時と非常に似ています。すごくプレッシャかかるだろうな、ウナイ。。。)


Topalの獲得を発表

昨日5月12日、バレンシアはガラタサライのMehmet Topalと合意に至りったことを発表しています。

彼は1986年3月3日うまれ24歳のトルコ人選手。
ポジションはダビのところ。つまり守備的な中盤の選手ってことです。
バレンシアは長いことダビの後釜を探していましたがなかなか見つけられず。
どんな選手なのでしょうか。

しかしだんだんバレンシアがスペイン人のチームじゃなくなっていきますね。
ちょっと寂しい気がするなぁ。

Atlético Campeón!!!!!! 







フィエスタの様子はこちらから
RTVE1 El día que Madrid fue colchonera
RTVE2 La caravana de celebración pasó por la Almudena, el ayuntamiento y la Comunidad.

Atlético 2 - Fulham 1



1273700927_extras_albumes_0.jpg


¡Campeones!


すごい!すごい!すごい!
勝ちましたよ、アトレティコが。


もう心配で見ていられなかった。
でもしっかりフォルランが決めてくれた。
アグエロもチャンスをつくったし、デ・ヘアもドミンゲスもペレアも体を張って守った。
みんなよくがんばりました!

b8fc3fd49e0bc11ae69e7e5a012da32b_extras_albumes_0.jpg


48年ぶりにヨーロッパタイトルはあまりに感動的!

選手達おめでとう!
キケ、エスクリバ、エミリオ、おめでとう!
アトレティコファンの皆様、本当におめでとう!

さぁ次は来週の水曜日、国王杯だ!
あ、土曜日のヘタフェ戦?
フィエスタです。
きっとヘタフェの選手達、スタッフ、それにファンがキケを祝福してくれていますから!
一緒にELに行けたら最高ですしね。


選手達は今晩はハンブルグでお祝い。
明日、マドリッドに戻ります。
お祝いは17時からビセンテ・カルデロンで。
そのあとパレードを行います。
まずは市庁舎をへ。優勝の報告をします。
そして。。。
Neptunoへ!


チームはすでのマドリッドに戻って来ています。
Los héroes de Hamburgo llegan a Madrid

MARCA Final Europa League
AS Europa League. Final. Atlético - Fulham
SUPERDEPORTE GALERIA El Atlético gana la Euroliga
El Mundo El Atlético, campeón de la Europa League
MUNDODEPORTIVO El Atlético - Fulham, En Imágenes

写真が一番きれい
El Pais La final de la Liga Europa, en imágenes

more...

Desde hoy hasta 19 de mayo, soy Atléti. 

EL決勝戦が行われる今日から19日まで、私はアトレティコを応援します。

頑張れ、アトレティコ!



rueda_de_prensa_de_antonio_lopez.jpg

5月6日。
私がビセンテ・カルデロンの41番出口でキケの出待ちをしているころ、当のキケとカピタンであるアントニオ・ロペスは今日行われるEL決勝戦へむけて記者会見をしていました。

そこでアントニオ・ロペスは記者団に対し、キケの存在の重要性を強調しました。 
「僕たちはシーズン開幕当初、思ってもいなかったひどい状態だった。
 でも我々はあれから成長している。
 そして今、チームはとてもコンパクトになり、チームが考えていることが出来るようになった。
 これは70~80%キケとコーチ陣のおかげだよ」


キケも隣で聞いていて嬉しかったでしょう。
私もとても嬉しい。

私はキケを信じていたけど、まさか2つの決勝戦に残れるなんて思ってもいませんでした。
本当に努力したんでしょうね。
彼もコーチ陣もそして選手達も。

今日の試合、アトレティコ選手達、そしてファンたちににご褒美とおもって楽しんでもらいたい。
ここまで来れたことが奇跡なんですから。

もちろん、タイトルをとれたら最高ですけどね。
フルハム、強そうです。
強豪をたくさん倒して来ていて勢いもありそうです。

アトレティコのDF、絶えられるかなぁ。。。
デ・ヘア、ドミンゲス頑張れ~!!!

なんだかこっちの方がドキドキしてきました。



1273610730_0.jpg

more...

メスタージャより:2010/5/12 

パテルナでの出来事



 5月12日火曜日午前中、パテルナである出来事がありました。

練習が終わった後、あるファンのグループが選手達と写真を撮ろうとクラブの建物のホール内に侵入。
ここはもちろん関係者以外は立ち入り禁止になっているところです。

パテルナの警備責任者はシルバのパパ。
シルバパパはそのファンたちを外に出そうとしたのですが。。。
詳しいことはわかりませんがそのファンが出て行くことを拒否したためケンカになってしまいました。
Las Provinciasではファンがシルバパパに手をだし、シルバパパもファンを平手打ちしてしまったと書いてありました。

結局その後、両者は和解をし、そのファンは鼻の怪我(多分鼻血だとおもいますが)をクラブのメディコに見てもらったそうです。

しかしそのファンはメディアに対し訴えをおこすために弁護士と話をしたいと言っていたそうです。

このとき多くのメディアがいてその事件を目撃しているようですからへんなことにはならないと思います。
私が思うに、あのシルバパパが思わず手を出してしまったほどなら相当ひどかったのではないでしょうか。
見ていないので想像ですけど。



「Capitán Albelda」

私が見たシェレス戦がバレンシアの選手として158試合目の勝利だったダビ。
現SDのゴメスさんに継いで2位になりました。(ゴメスさんは178試合)

そのダビの本が近々出版されます。
本と言ってもComic。つまり漫画、挿絵入りのものです。

題名はそのものズバリ「Capitán Albelda」
ダビが電車に乗って故郷のPobla Llargaからバレンシアの練習場にやって来ていた頃から、今までの彼の人生を振り返ったものだそうです。
その挿絵を書いたのはLas Provinciasで記事を書いていらっしゃるLuis Furió.
あの記者会見でダビを泣かせる質問をした、バレンシア愛一杯の記者の方。
ダビとはきっと友人でもあるのでしょう。
うーん、見てみたい。

熱いマドリッド 

5月6日、マドリッド。晴れ。



IMG_0004_20100511083306.jpg

旅行記って行程に沿って書くべき、なのかも知れません。
でも私は今回やっぱりこの出来事から書きたいのです。
5月6日のマドリッドであった素敵なことから。

それはたくさんの偶然、いや必然?から生まれました。
週中に開催される試合。バレンシアの試合が珍しく火曜開催でアトレティコ試合が水曜開催だったこと。
金曜日の午後便の飛行機がとれず、土曜日早朝の便になってしまったこと。
それが私にマドリッドまでの旅を決意させました。
「日程が私を後押ししてくれている、これは見に行かなきゃきっと後悔するに違いない!」

5月5日のバジャドリとの試合は3-1でアトレティコ勝利。
この試合はとっても感動的な試合でした。そのことはまたあとで書くとして。。。

試合の次の日の朝。
またまた偶然が。
探せど探せどオフィシャルページにアトレティコの練習の日程が載っていません。
もしかしたら新聞にスケジュールが載っているかも?とキオスクでASとMARCAを買いました。
5ユーロ札で買おうとしていたので(新聞は一つ1ユーロです)ついでにMundo Deportivoを買いました。
普段結構アトレティコの情報を載せてくれているので。

しかし。。。
MARCAとASはめくれどめくれどクリスティアーノとレアル・マドリーの記事ばかり。
Mundo Deportivoはバルサの記事ばかり。
もうほとんど諦めてました。

それが。。。Mundo Deportivoの片隅に載っていました!
「今日の練習はビセンテ・カルデロンで12時から」と!!!
おお!これは行かなくては!


Puerta cerrada?

IMG_3181.jpg


地下鉄に乗りいそいそ向かったカルデロン。
12時少し回ってしまい開いている入り口に行くと。。。

なんとプレス以外は見学不可!
ええええええ、、、それでも出待ちはしたいと入り口にいたおじさんに聞いてみました。
   私「選手達は練習が終わったらここから帰るの?」
おじさん「いや違う。41番出口だよ」
   私「じゃあ、監督、キケは?」
おじさん「同じだ」
   私「41番ね?」
おじさん「そう、だいたい2時頃かな。」
   私「ありがとう!!!」
おじさん「2時だよ、2時。41番だよ!」


おじさんに念を押されたので「41番、2時」としっかり頭にインプット。
しかしこのときまだ12時15分ぐらい。
ビセンテ・カルデロンのまわりをゆっくり一周して41番出口についたのが12時半。
まだまだ2時まで長い!

人間顔じゃない!

IMG_3182.jpg
(41番出口。観客席の下が駐車場になっています)

別に先ほどのおじさんたちを疑ったわけではないのですが、41番出口(駐車場の出口になっています)からはクラブ関係者?とは思えない人も出てきます。
なのでそこにいた係のちょっと強面のお兄さんにあらためて聞いてみました。
「選手はここから帰るの?」
「うーん、何人かは。でも違う出口から帰る選手もいるよ」
「え?キケは?監督はどう?」
「わからないなぁ。バスでどっかに行っちゃう時もあるし、その時によりけりだよ」


おい!本当かい、それは!
迷いました!
でももう仕方ない。あちこち動いてよいことはない。
あのおじさんたちの言葉を信じ41番出口で待つ、と腹を決めました。

2時に近かったでしょうか。
もうそろそろ?と思っている私の耳に、駐車場のお兄さんが他の係の人と連絡を取り合っているトランシーバーのようなものからこんな声が聞こえてきました。
41番出口でEl Corte Inglesの袋を持った女の人が監督を待っている。


確かに私、持ってました、El Corte Inglesの袋。
え?お兄さん連絡してくれたの?
強面の、人を睨みつけるような目でみているあの人が?
まさかねぇ。。。???


出待ちファンもほとんどおらず

IMG_3185.jpg
(家族の車で帰っていったフラード。気さくなお兄ちゃんって感じ。
 バレンシアとはちがってアトレティコ選手を待っていたのは私とあと地元の学生3人のみ。
 彼等は控えキーパーのJoelが出てくると彼と話をしてさっさと帰っていきました。ただの友達?)


もう不安と期待で張り裂けそうな私の胸。
エスクリバとエミリオはさっさと帰っていってしまったし、フォルランもシモンもフラードもサルビオも帰っていきました。
キケはまだいるのかしら?それとももう他の出口から帰ってしまったのかしら。。。


そのとき突然一人のスペイン人のおばさまがやって来て、駐車場から出て来た人に
「キケはまだいる?」
と聞いていたのです。

おお、神様!
私はそのおばさまに話しかけてみました。
「キケはまだいるんですか?」
「はっきりはわからないって。多分いるだろうって」
「私はキケに会うために日本から来たんです。」
「え?日本から?それはすごいわ。
 もし今日会えなかったら明日Majadahonda(アトレティコの練習場があるところ)にいらっしゃい。
 そしたら絶対あえるから」
「でも、私今日帰らなくてはならないんです。(バレンシアに、とは言いませんでした)」
「あら、それは大変!」


その後、このおばさまはクラブのバスに乗ろうとしていたちょっと偉そうな感じの人を捕まえてキケのことを聞いてくれました。
私のことも説明してくれました。
その方も私を励ましてくれました。「多分まだいるよ、記者がいっぱいいたから。大丈夫会えるよ」と。


さらに待つこと20分ほど。
キケはまだ来ません。
おばさまは私にこうまで言ってくれました。
「私があしたMajadahonda(アトレティコの練習場)に行くから、そこでキケの写真を撮って、それにサインをもらってあげるわ。
 そしてあなたに送ってあげる。だからアドレスを教えて」

一応名前とメールアドレス、住所を書いた紙をおばさまに渡しましたが、私は覚悟を決めました。
「キケがいないとわかるまでは帰らない。電車を遅らせても残ろう」と。


それからさらに10分ほど。
この時の一分の過ぎるのの長いこと!
娘を産んだとき以来の長さでした。

3時15分?20分?ぐらいだったでしょうか。
あの出来事が起こったんです!!!!!!!!!

携帯電話を片手にゆっくりと歩いてくる男の人がキケとわかった時の感動!
車で出て来たのではないのです。
私の方にまっすぐ歩いて来てくれているのです。
もう本当に映画のようなシチュエーションでした。

IMG_3189.jpg

私が前日にオフィシャルショップで買ったキケのCartaにサインを頼んでいるとき、おばさまは私のことをキケにも説明してくださいました。
そして先ほど渡した私の名前を書いた紙をキケに見せながら、
「サインに彼女の名前を入れてあげて!」
とまで言ってくれました。
(つまり私は全くキケと話が出来ず。。。まぁ親切心からなのですからね。)
キケは「明日Majadahondaにくれば?」と言ってくれたのですが、すぐさまおばさまが
「彼女は今日帰ってしまうんですって、本当に良かったわ!」

あの、私が話したいんですけど。。。

IMG_0002.jpg


二人の話の隙をつき、日本から持参したキケの記事が載っているフットボリスタを見せて、
「ここにあなたの記事が載っているの。ここにサインしてくれる?」
というとにっこり笑って記事に被らないように控えめにサインをしてくれました。
サインをしてもらっている間、キケの横顔を見ながら「あらおヒゲには白髪はないわね」なんて事を思っていた私。
そして正面から見た時の彼のグレーの瞳。引き込まれちゃうかと思うほどきれいでした。

もちろん一緒に写真もとっていただきました。
この写真は私の宝物!
(おばさま、とても写真撮るのがお上手です!)

心を込めて
「Muchísimas gracias, Adios!」
とキケにお別れを言うと、彼はまた駐車場の中に消えていきました。
ああ、なんという幸せ!!!
4年越しの思い、ここに完結!です。'

これがキケにサインをしてもらったフットボリスタです。

IMG_0003.jpg


IMG_3188.jpg


キケは本当にイメージ通りでした。
スタイルバツグン。低くて響く声。そしてディオールのファーレンハイトの香り 。
香りを感じる。。。それは近くに行かなければ絶対にあり得ないことなのですよね。


帰り道、私のために出て来てくれたキケにもちろん感謝の気持ちで一杯でしたが、それ以上に多分私のことを連絡してくれたのだろう駐車場のお兄さんや、最初に私に「41番、2時」と念を押したおじさん、それにキケの知り合いらしかったおばさま、途中私を励ましてくれたアトレティコクラブの関係者っぽい方。
彼等へもキケへの感謝に負けないぐらい感謝しています。


この日のマドリッドは晴天。
12時~3時過ぎはとても暑かった。
そしてマドリッドの人の人情も厚かった。
私はそのすべてに「熱く」なっていました。

¡¡¡Muchisimas Gracias, los Atletis!!!

05/10のツイートまとめ 

Setsuko6

ブログアップしました。ちょっとだけ今回撮った写真をアップしました。
05-10 01:15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。