スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Atlético de Madrid】Atlético de Madrid × Sevilla【雑記】  

LIGA BBVA Jornada 25
Atlético 2 - Sevilla 2


koke_zona_mixta.jpg

試合の放送が今日、というか明日あるので書くのはやめようかと思ったのですが、あまりにうれしくておもわず書き始めたらえらく長くなってしまいました。。。すみません。

コケがプリメーラ初ゴールを決めました~!
おめでとう~コケ!!!

ゴールを決めた後のコケ、まぁ~うれしそうなこと!
胸のエンブレムにキスをして、喜びを表しました。


2試合続けて先発出場というだけでもすごい!と思っていたのにまさかゴールまで決めちゃうなんて!
ビセンテ・カルデロンのファンも大喜び。
ブファンダを掲げてイムノを歌ってました。
68分、コケがファンフランと変わるとき、彼をへの大きな拍手とともにコケを交代させるキケに対してブーイングさえ起こりました。
でも実はこの交代はコケが脚の痙攣のために自ら訴えたものだったんですけどね。

↓この顔見るとかなりつらそう。
1298750164_1.jpg

試合後のコケのインタビュから

「ゴールを決められたのは僕にとってもチームにとってもとても重要だった。
 なぜなら後半開始直後に試合を振り出し戻せたからね。
 勝ち点3を目指したけど、できなかった。
 ファンの拍手は信じられなくぐらいだった。説明なんてできないよ。
 僕らはたくさんのチャンスがあったお。前半も後半も。
 今はこれを続けていかないといけない。

 キケは僕におめでとうと言って、とても喜んでくれたよ。
 そしてこれを続けて行くようにと言った。
 僕はちょっと疲れていた。監督はそれに気づいて僕を交代させたんだ。
 
 僕は監督がいうところならどこのポジションでも喜んでプレーするよ。
 アトレティコの一員として、僕のこのチームでプレーできるならね。」
 

c617x266_053nac27fot1.jpg

この試合ではゴールはきまらなかったけど、とても動きがよかったフォルラン。
水曜日の練習で足首を捻挫して、最後まで出場が危ぶまれたのですが、そんなことはみじんも感じさせませんでした。
アトレティコの決めた2つのゴールは両方ともフォルランのパスからだったぐらいですから。
ファンも久しぶりにフォルランのプレーに対し、満足しているようで、大きな拍手をしていました。

なのに、キケは83分に彼をジエゴ・コスタと交代。
フォルランは怒りのあまり、キケと握手もせずにさっさとベンチに。

でも私も彼の怒りはわかります。
足首の調子はさほど悪そうには見えなかったし、とても気持ちよくプレーしていたので、彼自身も
「今日は俺のゴールで試合を決めてやるー!」
ぐらいのテンションだった時間帯だったのでは?と思うので。

しかし試合後の記者会見でキケはフォルランとはすでに話し合って事を公表。
すでにお互い分かり合ったそうです。
選手が怪我でもないのに交代させられて気持ちが良いわけないですからこれを引きずるとは思えないですけどね。


27porat.jpg


昨シーズンはシーズンの終盤まで3つの大会を戦って選手が疲弊しきっていてリーガではなかなか良い試合ができませんでした。
今シーズンもまた悪夢の1月~2月をすごし、順位を落として散々でした。

バレンシア戦でも良い試合をしながら終了間際のホアキンのゴールで1-2の負け。
前節サラゴサ戦はなんとか勝ったものの、この試合もまた内容がよかったのに2-2の引き分け。
ASなどは
「カルデロンでのアトレティコにとってこの引き分けは新たな躓きである。
 アトレティコはリーガでは良いプレーをしても勝てない。
 この試合ではキケがコケを交代させたことでキケにブーイングがおこった。
 さらにフォルランは交代させらた際に物凄い怒りを見せた。
 カルデロンのファンが再び彼に大きな拍手をおくった試合だったことが彼を一層怒らせた。」
と書いています。

でも私はそんなに悲観的じゃないんですよね。
勝てなかった時はメンタル面の弱さが思い切り出てしまっていて、どうやっても勝てそうにも思えなかった。
でも今はプレーも少しずつ良くなっているし、2回リードされても追いつくだけの気持ちの強さが出てますから。
次のヘタフェ戦、これが彼らの今後を大きく左右するかな、と思います。
まだまだこれから上位チームや直接ライバルとの試合が続くので、それほど大きな期待は持っていません。
でも何となく最後までわからないなぁという気持ちもあります。

この前のサラゴサ戦の後のインタビュでサラゴサの監督、アギーレさんが言っていました。
「リーガは最後の10試合で決まる」
ちなみにこれはSabio(物知り、学識のある)と言われているルイス・アラゴネス前スペイン代表監督の言葉なのだそうです。


Gol Presioso!
cronica_atletico_sevilla.jpg

ゴールそのものもとても美しかったですが、67分に1-2とされた後の同点ゴールということでとても価値のあるものだったレジェスのゴール。
これは彼が育ったセビージャに対して初めて決めたゴールだったのだそうです。

「僕はゴールを決められたことに対して自分のチームであるアトレティコのためにとても満足しているよ。
 でもセビージャでプレーしていたから、彼らへの敬意をしめして喜びはしなかった。」

ようやくこのところレジェスもゴールが決まるようになりました。
あとはフォルランとクンの完璧な復調を待つだけかな。



あと、この試合の影の功労者は主審のマテウ・ラオス(Mateu Lahoz)さん。ちなみにバレンシア州の方です。
ファールをあまり取らず、試合の流れを止めなかったことで多くのスペクタクルな場面が生まれたのだと思います。
MARCAの審判評価も90点ぐらいの高評価。
もしこの試合をXXさんやらYYさんが裁いていたら全く違う試合になったでしょう。
リーガの他の審判の方もマテウさんを是非見習ってほしいものです。


キケ、記者会見より
rueda_de_prensa_de_quique_atletico_sevilla.jpg

お、キケさんも主審をほめてますね。
ファンフランにはもっとチャンスをあげたいな、と思うのですが、なんせレジェスは右サイドの方が動きが良いので、どうしても左で使える選手、ってことになっちゃうのですよね。
でも今日のレジェスのゴールは左サイドから。
これはファンフランにもチャンスが生まれる可能性あり???


- 試合後の感想は?
「私はこのところの試合を思い出していた。どんなときにも大きな失敗が生まれることがある。
 ファンが我々を後押ししてくれた。」

- マテウ・ラオス(主審)については?
「とてもよい審判だ。彼がスペクタクルを生んだ。すばらしい」

- なぜコケを変えたのですか?
「彼は痙攣を起こしていて、交代を要求した。
 でも素晴らしい試合だった。」

- フォルランはピッチを去る時に起こっていてあなたと握手をしませんでしたが
「私に握手を求めなかったのは私も手を伸ばさなかったからだ。
 選手というのはそれぞれ間があるものだ。
 監督はそれを尊重するべきだ。
 ロッカールームで彼と話をして、すでに分かり合っている。
 ベンチにはチャンスを与えるべき選手がほかにもいる。
 我々にはクンとフォルランが彼らのゴール嗅覚を取り戻してくれることが必要だ。
 彼らがゴールを決められないのはチームにツキがないことにもよる。」

- ライバルチームはほぼすべてのチャンスでゴールを決めていますが。。。
「これは心配な状況だ。なぜなら我々がシュートを放たれるとほぼすべてがゴールになっている。
 我々はそれらにとても苦しんでいる。」

- 冬の移籍市場で獲得した選手たちはどうしたのですか?
「エリーアスは今週練習をしていない。ファンフランは今適応中だ。
 このエンブレムはとても重い。そして彼らにはより時間が必要だ」



チアゴ、インタビュ

チアゴは試合後のインタビュでカルデロンのファンに向けて
「ラウールガルシアに対して彼がボールを持つたびにブーイングするのはやめてほしい」
と訴えました。

素晴らしい!
彼をキャプテンにしたいぐらいだ。 



「私は私たちのチームのファンに訴えたい。
 彼らは今日、とてもスペクタクルだった。そしていつもチームとともにいる。
 しかし時々私にとっては、たぶんチーム全員にとってだと思うが、
 すべてをチームにささげ、誰にもまして戦っている一人の選手に対して彼がボールを持つたびにブーイングすることにとても不快感を覚える。
 もう少し我慢をしてほしいと思う。そして我々を支えてほしい。そうすればもっとチームは上位に行くことができると思う。」







2 - Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Domínguez, Godín, Antonio López; Reyes, Tiago, Raúl García, Koke (Juanfran, m. 68); Forlán (Diego Costa, m. 83) y Kun Agüero.


2 - Sevilla: Javi Varas; Dabo (Sergio Sánchez, m. 61), Fazio, Escudé, Fernando Navarro; Jesús Navas, Medel, Rakitic, Perotti (Capel, m. 83); Negredo y Luis Fabiano (Renato, m. 89).


Goles: 0-1, m. 41: Negredo culmina un toque atrás de Perotti. 1-1, m. 48: Koke cabecea de forma magnífica un centro de Forlán. 1-2, m. 67: Rakitic, con un disparo junto al poste tras un contragolpe. 2-2, m. 76: Reyes bate a Javi Varas tras un pase a la espalda de la defensa de Forlán.


Árbitro: Mateu Lahoz (C. Valenciano). Amonestó a los locales Kun Agüero (m. 45) y Ujfalusi (m. 53) y a los visitante Medel (m. 40) y Fernando Navarro (m. 60).


Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo quinta jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 48.000 espectadores.

スポンサーサイト

ダビ~!!! 

もうすぐ戻ってくる!



sesion-22-febrero-2011d.jpg

久しぶりにオフィシャルページで見つけたダビの写真。
「わぉ!」と思わず声を出してしまいました。

Las Provinciasの記事によるとダビの膝は順調に回復。
昨日からボールを使った練習を始めたそうです。
このまま順調にいけば来週にはグループ練習にも戻れそう!とのこと。
うれしい~!!!

ダビが試合に出なくなってもう2か月。
最後の試合は12月の国王杯ビジャレアル戦でした。
あれからチームは順調に勝ってはいたけれど、私はちっとも試合を見る気になれず。
せっかく夜中や早朝に起きて試合をみても、あとで考えるといったいどこをみていたんだか。。。なんてことが続いてました。
CLもラウールばかり見てしまうし。。。
でもダビがもどってきてくれたら大丈夫。
まぁこれまで見れなかった分、今度はダビばかり追いかけてしまいそうですが。


実は今日は仕事で良いことがなく、ちょっとイライラしていたのです。
だからこのニュースはすごくうれしい~

でもこのニュースは私にとってだけじゃなく、チームにとっても大きいなニュースですよね~
リーガ終盤の苦しい時期に彼がてくれたら心強いですから!

うーーー!
早くダビがみたいーーーーー!

prensa-noticias-201102-22-fotos-4325884-264xXx80.jpg

【Atlético de Madrid】Zaragoza × Atlético de Madrid【CRONICA】  

LIGA BBVA Jornada 24
Zaragoza 0 - Atlético 1












Más vídeos en Antena3




efe-atletico--644x362.jpg


勝ちました~!
0-1。
ハラハラドキドキ、時々イライラ。
一時も油断できない試合でした。

もしかしてキケの最後の試合になる?という思いからか、バレンシア戦のあとたった2時間しか寝ていないのに、
ピッと目が覚めたのですから、自分でもびっくりしました。

そしてMARCAで先発メンバーをチェックしてまたびっくり。
なんと!コケがメンバーに入っているではないですか!
メリダでもファンフランでもエリーアスでもなくコケだったんですよ~


私の記憶ではコケがトップチームで公式戦の先発メンバーに入ったのは初めてのはず。
しかもそれがチームが4連敗、ここで負けたら監督のくびが飛ぶ?なんて試合なのに、まぁコケの落ち着いていること!
彼自身にもゴールチャンスがあったり、彼を止めるために相手DFがカードをもらってしまうようなシーンもあったり。
良い試合ができたのではないかな。
83分にエリーアスと交代する時にはラ・ロマレダまでやって来たアトレティコファンから大きな拍手を受けていました。


キケも試合後の記者会見で
「コケのプレーはとても気に入った。素晴らしかったよ。
 ドミンゲスのプレーはいつもどおり確実だったし、信頼できた。
 コケを使って我々のプレーは良くなった。これは非常に大きなことだ。」
と言っています。

後半、レジェスとポジションを入れ替え、左にレジェス、右にコケになったのですが、私は前半の方が良かったように思います。

しかしなぜ二人のポジションを変えたかという理由が。。。
「レジェスを私の近くおいておきたかった。
 コケには右サイドでウィファルシを助けてほしかった。」
ってキケ!
それはもしかしてレジェスがまたイライラして一発レッドなどをもらわないように声をかけていなければならなかったから?ってこと?

まぁこの試合もレジェスとアグエロに対するサラゴサのプレーはかなり厳しいもので、私も少し心配だったのですけどね。
ファールを受けて苦しむレジェスがアップになるたびに「イライラするなー」「最後までいてよー」と思ってましたから。


Kun marcó y decidió

fotonoticia_20110220000057_500.jpg

cronica_atletico_zaragoza.jpg


前半はアトレティコが主導権を握っていました。
しかしなかなか先制ゴールは決まらず。
逆にカウンターからサラゴサのシナマにひやっとさせられるシーンもありました。

後半はサラゴサが反撃。
開始から積極的に中盤でボールを奪ってアトレティコのゴールに迫ってきました。
でも私は「こうなった方がアトレティコのカウンターが決まる確率が高くなるかも?」と思っていたんですよ!
それがまたピッタリ当たっちゃうのだからうれしいのなんの!

66分サラゴサのFKからのこぼれ球からフォルラン→アグエロと渡り、最後はアグエロの個人技。
ポンシオを振り切ってゴール!!!!!!!

クンの安定感があって切れ味鋭いドリブルにポンシオはついていくことができませんでした。
試合終了間際にはこの時の悔しい思いからかポンシオがアグエロを無理にファールで止め、アグエロは交代。
幸い外傷だけだったようなので次節セビージャ戦は大丈夫だと思いますが。。。

この後、試合終了間際に再びサラゴサにチャンスがありましたが、そこは必至の守りで防ぎなんとか勝利!

相手をノーゴールで抑えての勝利は、厳しかったけど喜びも大きい。
まだまだフォルランは心配だし、この11人が「キケの11人」になるとも思えませんが、まずは一息。
これで少しチームは落ち着きそうです。

キケ、記者会見

Quique_durante_partido_frente_Zaragoza.jpg

- 4試合連続の敗戦のあと、この勝利は苦しんだとはいえとても重要ですね。
「もちろんそうだ。我々はこの勝利を欲していた。
 前の試合はとても良い感じでプレーできていたのに勝てなかった。
 サラゴサ戦は良いプレーもできたし、結果も伴った。
 最後の4分を除けば、我々はほぼ試合をコントロールしていたといえる。
 この勝利は我々の本来の道に戻るための布石になるだろう。」

- コケとドミンゲスをどうおもいましたか?
「コケのプレーはとても気に入った。素晴らしかったよ。
 ドミンゲスのプレーはいつもどおり確実だったし、信頼できた。
 この勝利はファンによるファンのためのものだ。
 さらに彼らファンにとってよかったことはピッチ上にドミンゲス、コケ、デ・ヘア、アントニオ・ロペス
 などの選手がいたことだろう。」

- この11人はレギュラーになるのでしょうか?
「この11人はチーム内の疑念、混乱をなくすためのものだ。
 彼らは疑いやぐらつきがあるのではないということに気付かなければならない。
 コケを使って我々のプレーは良くなった。それは非常に大きなニュースだ。
 このクラブには若い選手がたくさんいて、レンタルに出している選手もいる。
 彼らの活躍はいつだって喜ばしいものだ。」

- なぜ後半、コケとレジェスのポジションを変えたのですか?
「はっきり言うと、レジェスを私のそばに置いておきたかったからだ。
 しかしコケにも右サイドでウィファルシを助けてほしかった。」

- サラゴサはどうでしたか?
「サラゴサには残留してほしい。
 彼らは我々と同じように見えたときもあった。
 心配されたこともあったが、しかし、彼らは偉大なライバルだ。
 この試合のような戦いを続けていけばきっともっと前進できるだろう。」  


rueda_de_prensa_de_quique_zaragoza.jpg

試合前にアギーレさんと。
アギーレさん、いまでもリーガの若手監督のなかで一番好きなのはキケ、と言ってくれるでしょうか。
あ、もうキケも若手でもなくなっているのかな。。。

私は選手の父親のような雰囲気のアギーレさんが結構好き。
ワールドカップでもメキシコ代表を応援していました。
サラゴサもすごく安定感が出てきたように思います。
絶対残留してください!



コケ、インタビュ

koke_atleti6.jpg

アトレティコのオフィシャルページからコケの試合後の様子です。

コケはまるで子供のように新しい靴で試合に臨んだ。
そしてこの日のユニフォームをトロフィーのように家に持って帰った。

 「とても大切な勝ち点3だよ。
  悪い流れだったから、この勝利はとても満足できるものだ。
  素晴らしい選手たちと一緒にピッチに立てるのはすごくうれしいよ。
  今は監督にずっと信頼してもらえるように一生懸命がんばるだけだよ。
  監督はとても喜んでくれたし、僕の働きに満足していると言ってくれた。
  先発でいく、と言われた時は少し緊張したんだ。
  でもできるだけチームが勝利できるようにチームを助けることをしようと試合に集中した。」

 「僕はmedio centroだけど、監督は僕を左サイドでプレーさせた。
  そしてピッチのなかで自由にやっていいって言ってくれたんだ。
  僕はとてもうれしかったよ。どのポジションでも関係ない。
  今は次のセビージャ戦のことを考えなくちゃいけない。
  多分すごく難しい試合になると思う。
  でもできるだけ順位を上げて、ヨーロッパの大会の出場権を得るために勝利を目指さなければならない。」 
   




R. Zaragoza: Leo Franco; Diogo, Jarosik, Contini, Obradovic; Ponzio; Braulio, Gabi, N''Daw (Jorge López, min.68), Boutahar (Uche, min.72); y Sinama-Pongolle (Bertolo, min.46).


At. de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Perea, Domínguez, Antonio López; Reyes, Tiago, Raúl García, Koke (Elías, min.83); "Kun" Agüero (Diego Costa, min.85) y Forlán (Assunçao, min.92).


Goles: 0-1. min.66. Agüero.


Árbitro: Delgado Ferreiro, del C. Vasco. Amonestó con tarjeta amarilla a los locales Diogo, Contini y Ponzio y a los visitante Tiago y Assunçao.


Incidencias: partido correspondiente a la jornada 24 de liga disputado en el estadio de La Romareda de Zaragoza ante unos 17.000 espectadores.

【Valencia】Valencia × Sporting【Lista de Convocados】 

LIGA BBVA Jornada 24
100 partidos para Unai y Preciado



もうすぐバレンシア戦、はじまっちゃいますね。
試合は2月19日現地時間18時(日本時間20日2時~)です。

この試合、ウナイさんにとってバレンシアでの100試合目!と思ったら、プレシアードさんにとってもヒホンでの100試合目だったんですね。
お二人ともおめでとうございます。

バレンシアはこのところ不思議と負けてません。
それほど内容が良いと思えない試合でも勝ってしまってます。
運も味方している感じ。

ビジャレアルの調子がすこーし落ちてきているようなので、この運の良さをしっかり持続して今節も勝ちたいところです。

招集メンバ

グアイタ、セサル
ミゲル、ブルーノ、リカルド・コスタ、スタンケビシウス、ダビ・ナバーロ、マテュー
トパル、ティノ・コスタ、バネガ、ホアキン、パブロ、マタ
ジョナス、アドゥリス、チョリ、ソルダード


マドゥロ、アルバはサスペンションです。
あれ~ビセンテは?!


やっぱりダビがいないとさびしいなぁ。
怪我の具合はどうなんだろうか。。。


【Atlético de Madrid】Zaragoza × Atlético de Madrid【Lista de Convocados】 

LIGA BBVA Jornada 24
Necesita ganar!


19porat.jpg


今節はアウェー、ラ・ロマレダでのサラゴサ戦です。
試合は現地時間2月19日土曜日22時(日本時間20日早朝6時)からです。

厳しい状況です、アトレティコ。
4連敗でずるずると順位を下げ、いまや11位。
順位表の下半分になってしまいました。

前節のバレンシア戦は試合内容は悪くありませんでした。
あの試合のような戦い方ができれば、今節は勝てるのでは?と思いますが。。。
そうはいかないのがアトレティコ。
良かったと思うと信じられないぐらい低調な試合をしてしまいます。
だから決して楽観はできません。

デ・ヘア、ジョエル
バレラ、アントニオ・ロペス、フェリペ・ルイス、ウィファルシ、ドミンゲス、ペレア
チアゴ、ラウール・ガルシア、エリーアス、メリダ、アスンソン、レジェス、ファンフラン、コケ
フォルラン、アグエロ、ジエゴ・コスタ


ゴディン、マリオ・スアレスはサスペンションでいません。

週中の練習から想像するに先発メンバーは
ウィファルシ、ペレア、ドミンゲス、アントニオ・ロペス
チアゴ、ラウール・ガルシア
レジェス、メリダ、
フォルラン、アグエロ
になりそうです。

心配なのはレジェス。
今絶好調です。彼がいないとアトレティコの攻撃は全く機能しません。
でもそのレジェス、サラゴサ戦ではこのところ2試合続けてレッドカードもらって退場しているのです。
両方とも激しくマークされ、イライラしてひじを出してしまったりしてもらったカード。
ちょっと厳しいかなとおもわれるものでした。

でもイライラしてしまう彼に問題があるのも確かなのです。
この試合もきっとサラゴサは彼を徹底的にマークしてくると思います。
それでもこの試合は落ち着いて、イライラせず最後までプレーしてほしい。
そして勝利にしっかり貢献してほしいです。


Muchos conocidos
1298033962_extras_portadilla_1.jpg

サラゴサには知り合いがいっぱいいます。
監督のアギーレさんは08-09シーズンの途中までアトレティコの監督だった方。
アギーレさんが監督を解任された時のアトレティコも今と似た状態だったそうです。
絶不調の一月で順位をどんどん落とし、2月に解任されたのです。

きっと痛いほど今のキケの気持ちがわかるでしょうねぇ。

アギーレさん以外にもレオ・フランコ、ブラウリオやガビ、シナマなど以前アトレティコにいた選手たちがいます。

さらに、キケが引退した時のチームはサラゴサなのです。

そんなゆかりの深いチームとの対戦。
絶対勝って「次」につなげてほしい。。。


1298038677_0.jpg


Pulido amplía su contrato hasta 2014

カンテラーノのDF,プリードが2014年まで契約を延長しました。
彼は1991年8月8日生まれ。現在19歳。
スペインU-19の中心選手。
U-17ワールドカップでは優勝しています。

ドミンゲスに次ぐ期待のDF。
早くトップチームに定着できるように頑張れ~!

【Selección Española】Las chicas de la Roja 

みなさんお美しい?

意外に彼女が判明していない選手も多いのね。。。
ということでちょっと古いものですが、スペイン代表の選手たちの奥様、彼女の特集記事です。


ピケは最近、シャキーラとおつきあいしているとか。
プジョールの彼女も今はお若いモデルさんですよね。
と、多少の変動はあるものの、ほとんど変わっていないかな。

マタ、シルバは彼女がいないみたい。
ちょっと心配だなぁ。


Las chicas de la Roja

...Y mas chicas de la Roja

今年もスペインへ? 

スペインに行きたーい!



IMG_2957.jpg


ここ3年ほど毎年ゴールデンウィークにスペインに行っています。
きっかけはあの「ダビ、サンティ、アングロが戦力外通告された」悪夢のシーズン
なのですが、これがすっかり恒例になってしまいました。

今のところ「ダビが引退するまでは毎年行く」ということになっています。

昨年はワールドカップ開催年ということもあって、日程が詰まっていて、5月の第1週は週の間に試合がありました。
直前にバレンシアの試合が火曜日開催とわかったため、急きょアトレティコ戦を観戦することに変更。
かなり大変な思いをしましたが、おかげでメスタージャとビセンテ・カルデロンで両チームの試合を堪能できました。
しかも両チームとも3-1での勝利!


しかし今年はスケジュールが微妙。
4月30日、1日はバレンシア、アトレティコともにアウェーゲーム。
しかもバレンシアはパンプローナでオサスナ戦、アトレティコはリアソールでデポル戦とホームからはかなり離れた地での試合なのです。
さらに週の間にはCLの準決勝があるため、リーガの試合はなし。
次の週末、5月の7,8日はそれぞれがホームの試合になりますが、日曜開催だったら、それを見ての帰国は火曜日になってしまいます。
それはちょっと。。。

せっかくスペインまで行くのだからできるだけ多くの試合が見たい!!!
いや、バレンシアとアトレティコの試合が見たい!!!

IMG_3181.jpg



しかしこの日程でかつ詳細日時が開催2週間前にならないとわからないのでは同一週末に2試合を見るスケジュールを立てるのは今の時点では到底無理。
考えれば考えるほど悩ましく、いまだ一切の計画を立てられないのです。

今年は友人がマドリッドに留学しているので、マドリッド中心でと考えてはいるのですが、やっぱりダビには会いたいし、パテルナのあの雰囲気を味わいたい。
でも同じ空港から入出国する方が安い。となるとバレンシアでは練習だけしか見られないか?
いややっぱりバレンシアに入って、AVEでマドリッドに行って。。。
ああ、結局堂々巡り。
と、また決められないのです。

いっそのこと今回は地方巡りということでマドリッドに入ってリアソール→パンプローナ→バレンシア→マドリッド
なんてコースもいいかもしれない。。。と、開き直ってみたりもしますが、これはこれでかなり疲れそう。


せめて試合の詳細日時がもう少し早くわかってくれると計画も立てやすいのですけどねぇ。
リーガの関係者の方々、もし他国、それもアジアなど遠方の国からの観客を少しでも増やしたいのなら、
スケジュールのフィックスを早めにすることが一番大切ですよーーーーー


IMG_2985.jpg

【Valencia】Valencia × Schalke04 【雑記】 

LIGA DE CAMPEONES
Valencia1 - Schalke 1



1297846960_0.jpg



さすが24試合で24ゴール決めているだけのことはある!
と、変なところで感心してしまいました。
このゴールはラウールにとってヨーロッパの大会での70ゴール目。
歴代一位となりました。

ラウール、やっぱりメスタージャ、いえバレンシアに強いですねぇ。。。
うまくやられちゃいました。
ダビ・ナバーロ、なんであんな軽い守備?
もっと体張って防いでほしかったなぁ。

でもラウールだから許せてしまいます。私は。
アシストはフラードだったし。

ラウールの影に隠れてあまり話題にはならなかったけど、フラードにとってもこの試合は「スペイン帰還」。
がんばっている姿をスペインのファンに見せることができてよかった!
私はやっぱり「戻ってきておくれよ~」ってつぶやいてしまいましたけど。

1297803300_extras_albumes_0.jpg

フラード、ダサダサの髪型、全然変わってません。
ラウールはレアル・マドリーにいたときよりさらに色気が増したような気がするのに。。。
いや、敵ながらラウールは本当にかっこよかった。
笑顔も、相手を睨むような表情も。
見ているだけでドキドキしちゃいますね。


1297801862_extras_albumes_0.jpg


ソルダードの先制ゴールもとても美しいゴールでした。
日本代表の内田君、あっさりマテューさんに抜かれて簡単にクロスを上げさせちゃいました。
あれじゃぁダメだよ。

ASではラウールが「El Crack」、ソルダードが「El dandy」に選ばれています。

ソルダードの試合後のインタビュから。
- 1-1の引き分けにがっかりしましたか?
「チームはチャンピオンズリーグにふさわしいレベルを満たしていた。
 でも相手にゴールを決められたのは残念だった。
 彼らがとても危険だということはわかっていた。
 ほんの少しのチャンスを生かしてくることもね。
 彼の攻撃陣のレベルはとても高い。
 ラウールはいつも試合を難しいものにする。
 僕たちはドイツでプレーする準備に入る。我々には我々の武器がある。」

もうCLで6ゴール決めていますね?
「出来れば7ゴール目を次のラウンドで決められるといいね。
 ドイツではメスタージャと同じようにプレーしなければならない。
 そしてゴールを決めなければね」


アウェゴールを決められたのは痛いけど、まだどちらに転ぶかわかりません。

できたらセカンドレグ、ダビが出られるとよいなぁ。
そしてラウールとピッチ上で再会してほしい。
元レアルとバレンシアのカピタン。ずっとスペイン代表でも一緒にやって来た二人を是非見たい。
もし実現したらジーンとしちゃいそうだ。

でもちょっと難しかなぁ、、、

そういえば、ハーフタイムの特集でビセンテが取り上げられていました。
「今はスーパーサブ的な。。。」
あああああ。。。




Valencia: Guaita, Miguel, Ricardo Costa, Navarro, Mathieu (Alba, m.78); Topal, Tino Costa, Ever Banega (Vicente, m.67), ''Chori'' Domínguez (Joaquín, m.67); Soldado y Aduriz.


Schalke 04: Neuer, Uchida, Howedes, Metzelder, Schmitz; Kluge, Matip, Jurado (Edu, m.83), Farfán (Draxler, m.78); Raúl y Huntelaar (Hao, m.90).


Goles: 1-0, m.17 Soldado. 1-1, m.63 Raúl.


Árbitro: Aleksei Nikolaev (RUS). Amonestó por el Valencia a Ricardo Costa, y por el Schalke a Matip y Jurado. Expulsó a Schmitz, por doble amonestación, en el tiempo de prolongación.


Incidencias: partido correspondiente al partido de ida de los octavos de final de la Liga de Campeones, disputado en el estadio de Mestalla ante 46.000 espectadores.

 

more...

【Valencia】Valencia × Schalke04 【Lista de Conocados】 

Regreso de Raúl a España



schalkeuno14febrero.jpg

今日はCL。
決勝トーナメント一回戦です。

相手はシャルケ。
ということで、もしかしたら日本のニュースでも取り上げられるかな?
日本代表の内田君がいますからね。

でも私にとっては内田君よりラウール&フラードなのです。

ラウールには痛いところでゴールを決められました。
キケさんの時、0-1で負けたのはラウールのゴールでした。
ベルナベウで1-2で勝った時も、1点取られたゴールはラウールでした。

だからラウール自身も
「El Valencia se me da bastante bien」(バレンシアは結構得意だよ)
なんていうのでしょうね。

1297707204707_enviofotografos_20091213_003849.jpg


しかしラウールの絶対的な存在感。。。
バレンシア側の前日会見はソルダード。。。やっぱりちょっと位負けしちゃってる感じです。
本当はそっちがラウールなら、こっちはダビ、と行きたいところだったのですがねぇ。。。
うーん、ソルダード、試合で頑張ればよいのだよ!

で、スーペルまでラウール特集しています。
もちろん、良いイメージの写真はあまりないのですけどね。
Raúl, un enemigo venido a menos

バレンシアはセサルとマタが復帰。
でもグアイタで良いと私は思いますが。
セサル、グアイタ
ブルーノ、ミゲル、リカルド・コスタ、デアルベール、ナバーロ、マテュ、アルバ
マドゥロ、トパル、バネガ、ティノ・コスタ、ホアキン、パブロ、マタ、ビセンテ、チョリ
ジョナス、アドゥリス、ソルダード



スーペルの写真集

スーペルはもう一つ写真をを用意しました。
久しぶりの決勝トーナメントなので、過去の決勝トーナメントの試合の写真を集めてみました。

Grandes noches de Champions del Valencia

サンティやアングロさんの姿も。
アイマールやカリュなどの懐かしい顔も。
そしてデビュ間もないビセンテも。

あのインテル戦の写真もあります。
キケの写真さえあるのに、なぜかビージャの写真がなく、シルバがいっぱいです。
スーペル、偏りすぎだよ!

しかし懐かしいですねぇ。

1297719021724_enviofoto_20070221_231522_5.jpg


1297719021724_enviofot_20070301_030116_11.jpg

1297719021724_reuters_20070306_232837_1.jpg

【Atlético de Madrid】Atlético de Madrid × Valencia【雑記】  

LIGA BBVA Jornada 23
Atlético 1 - Valencia 2



rueda_de_prensa_de_quique_12_2_11.jpg


No mereció perder el Atlético ayer. Pudo perfectamente ganar. Y el empate también le habría hecho méritos. Pero perdió.
「昨日のアトレティコは負けに値しなかった。
 完璧に勝利できた。
 引き分けでも彼らの真価を示すことができた。
 しかし、負けてしまった」


という文章で始まるASのCRONICA。
私もこの試合のアトレティコは負けるに値しない試合をしたと思います。
それでも、負けることがあるのがサッカー。
仕方がないのですよね。
でもそれがこの試合になるとは。。。やっぱりアトレティコは運のないチームなのでしょうか。。。

フォルランのPK失敗。
あれで選手たちは一瞬気落ちしてしまいました。
でもそれからも攻め続け、勝ち越しゴールを目指しました。
勝ちを急ぐあまり前がかりになったところにカウンターを食らってしまい失点。
悔しいけど、選手たちを責めることはこの試合はできません。
良く頑張りました。。。
だからこそ本当に悔しかった。。。


これでキケの解任は時間の問題なのかもしれませんが、今のところクラブに明確な動きはなさそうです。
というのも簡単に解任できない事情があるから。

それはファンの怒りがクラブのオーナーであるGil一族とセレソ会長に向いているからです。
いつもアトレティコのファンはチームが調子が悪くなるとこの役員たちに怒りを表します。
そうすると役員たちは監督を変えてとりあえずファンの怒りを鎮めるようとするのです。
ただ今回はファンはキケを辞めさせることに対して反対しています。
この試合でもキケや選手たちに対する怒りはなく、ホアキンの2点目のゴールが決まったあと叫ばれたのは
「ヒル!出ていけ!」「セレソ!出ていけ!」
というものでした。

ここでもしキケを解任するとファンの怒りが一気に爆発し、ちょっと大げさですがエジプトのようになりかねないのです。

「"Atletico por el cambio"がイニシアティブをとっている今現在行われている支持は偶然ではない。
 それはこの試合の前に10000人を超える署名を集め、さらに増え続けている。(私も署名しました)
 


キケ記者会見から

1297449474_0.jpg
試合前にウナイさんのところにいって歩み寄っていったキケ。
二人の抱擁、熱かったですねぇ。びっくりしちゃいました。
(とても小さいですがその時の写真です)
1297539341_extras_noticia_foton_6_0.jpg



試合後、セレソ会長とヒルCEOがロッカールームを訪れ、選手たちとキケを激励したそうです。

キケの試合後の記者会見から:
- 試合の結果は正当なものだと思いますか?
「ピッチで起こったことは結果と全く相対しないものだ。
 我々は良かった。しかしすべてが我々に不利に働いてしまった。
 個人的にはこのような状況にもかかわらず、日々強くなっていると感じている。」

- あなたへの支持を示すカンティコをどう感じますか?
「何度も繰り返し言っているようにファンは本当に素晴らしい。
 並外れた信頼を示してくれている。
 私はクラブのオーナーと、会長から認めてもらっている。
 我々にできることは6月にはできるだけ良いところまで行くことだ。
 私は選手に喜びを与えたい。かれらの精神的な状態が心配だ。
 それが私を無力にするよ。しかし我々は戦い続けなければ。」

- あなたの地位が心配ですか?
「オーナーと会長と話し合ったばかりだ。
 クラブを再構成するのではなく、団結しなければならない。
 解任そすれば、監督は楽になる。でも私はそれを望んでいない。
 私が望んでいるのは泥にまみれ、最後まで戦うことだ。
 チームが再びもっと高いポジションに戻るために。」

- ロッカールームの雰囲気はどうですか?
「かなり気落ちしている。なぜなら彼らは素晴らしい試合をしたのに負けてしまったのだから。
 私の目標はサラゴサで試合を楽しみ、勝利することだ。」



Animo! Sergio!!! 
1297555614_0.jpg

先制ゴールがきめたレジェスが、ゴール後ベンチに飛んで行ってとってきたのがこのシャツ。
そこにはアセンホへの応援メッセージが書いてありました。
これってセビージャのパロップの呼びかけですべてのプリメーラのチームに贈られたシャツなのだそうです。

アセンホが怪我したのは先週のセビージャ戦。
つまりパロップの目の前でアセンホは再び膝に重傷を負ってしまったのです。
それもあってパロップがアディダスに頼んでこのシャツを作ってもらい、各チームに贈りました。

バルセロナではビクトール・バルデスが着てくれた、と書いてあります。

バレンシアは?誰か着ていたのかな。




Atlético de Madrid: De Gea; Valera, Perea, Godín, Antonio López; Reyes, Tiago, Raúl García (Mario Suárez, m. 82), Fran Mérida (Juanfran, m. 62); Forlán y Kun Agüero.


Valencia: Guaita; Bruno (Miguel, m. 75), Stankevicius, Maduro (David Navarro, m. 79), Ricardo Costa, Jordi Alba; Joaquín, Topal, Tino Costa, Pablo Hernández; y Soldado (Aduriz, m. 64).


Goles: 1-0, m. 3: Reyes, en una jugada individual. 1-1, m. 41: Joaquín remata un centro raso de Jordi Alba. 1-2, m. 86: Joaquín, con un disparo ajustado al poste desde fuera del área.


Árbitro: Fernández Borbalán (C. Andaluz). Expulsó con roja directa a Godín, del Atlético de Madrid (m. 89). Amonestó al local Forlán (m. 44) y a los visitantes Tino Costa (m. 34), Maduro (m. 57), Jordi Alba (m. 58) y Topal (m. 78).


Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo tercera jornada de Liga, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 40.000 espectadores. Antes del inicio del encuentro, se guardó un minuto de silencio en memoria de Diego Lozano, ex futbolista del Atlético de Madrid en los años 40 y 50 y que se proclamó campeón de Liga con el equipo rojiblanco en las temporadas 1949-50 y 1950-51

【Atlético de Madrid】Atlético de Madrid × Valencia【Lista de Convocados】  

LIGA BBVA Jornada 23
Atletico : Perea, Mario Suárez y Raúl García regresan



Quique_Forlan_marca_aficion_estara.jpg

今節はバレンシア戦。
試合はビセンテ・カルデロンで今日2月12日18時から行われます。

なんと今節最初の試合です。
私はてっきり22時開催だと思っていたら18時開催。
バレンシアのCLの試合のこともあって土曜開催なのでしょうけど、時間が早すぎますよね。


1月は最低だったアトレティコ。
キケ解任、なんて話も出てスーペルは大騒ぎ。(ちょっと品がないなぁとあきれましたけど)

2月は少しはましになると良いのですが。
バレンシアは安定してますからね、この試合も厳しいかな。
この試合に負けるとキケは解任、と言われていますがファンはあまりそれを望んではいません。
ファンの怒りの矛先はやっぱりフラード、シモンを簡単に放出してしまったSDや役員たちに向いています。
ASはSDの解任もあり、と伝えていますが、まぁどうなることやら。

El Atlético hace piña

招集メンバです。
前節バルセロナ戦にサスペンションで出られなかったペレアさん、ラウール・ガルシアが戻ってきます。
怪我で離脱していたマリオ・スアレスも久しぶりの招集入り。
ということで、中盤ではエリアスが招集外となりました。
まだまだチームにフィットしているとは言い難かったので仕方ないかな。

デ・ヘアはU-21代表の合宿で太腿に違和感を感じましたが大きな問題はなく、この試合も出場できそうです。
ウィファルシはイエロー5枚のサスペンション。
彼とフェリペ(前節バルサ戦の怪我で招集外)がいないのは痛いですが、ここは木曜日に「僕たちはキケとともにいる」と言ってくれたバレラに期待しましょう。

デ・ヘア、ジョエル
バレラ、アントニオ・ロペス、ゴディン、ドミンゲス、ペレア
マリオ・スアレス、チアゴ、ラウール・ガルシア、フラン・メリダ、アスンソン、レジェス、ファンフラン、コケ
フォルラン、アグエロ、ジエゴ・コスタ


このところドミンゲスを使っていないのが気になります。
確かにゴディン&ドミンゲスだと失点多いのですが、でも今後はこの二人が中心になっていくと思うのですよね。
ここは辛抱して使ってみてほしいなぁ。

Animo Asenjo!!!

マラガにレンタル移籍して、早速レギュラーとして試合に出ていたアセンホ。
前節のセビージャ戦でまた膝を怪我してしまいました。
すでに手術を終えていますが、全治8か月と言われています。

昨シーズンの最後にも膝を怪我して、ようやく復帰したばかりだった彼にとって本当につらい時間が続きます。
「僕は大丈夫。とても元気だよ。
 僕は21歳でまだ若い。早くチームに戻れるように戦い続けていくよ。
 回復は早いと思っている。来シーズン、僕は戻るよ!」 

がんばれ、アセンホ!!!


Valencia : Vicente entra en la lista

ビセンテが招集メンバに入ってます!
(前節はチェックできてないのですが、戻っていたのかな)
キケと久々の再会ですね。

こちらはマタは無理をさせず。
バネガがサスペンションでいません。
さらにマテュが”インフルエンザ”にかかってしまったようですね。
たしかマドゥロが週中のオランダ代表戦に風邪で出場できなかったはず。
もしかしてはやり始めてる?
CLも近いしみなさん、気を付けて!

rueda_de_prensa_de_emery.jpg


アトレティコのオフィシャルページは対戦相手の招集メンバや監督の前日会見も載せてくれます。
しかも写真入り!
なかなか紳士的。

グアイタ、サウール
ミゲル、ブルーノ、ナバーロ、スタンケビシウス、リカルド・コスタ、デアルベール、アルバ
マドゥロ、トパル、ティノ・コスタ、パブロ、ホアキン、ビセンテ
Jonas、チョリ、アドゥリス、ソルダード


冬に獲得したJonasを招集してます。
どんな選手なのかしら。見てみたい気もします。

Albelda da sus primeras carreras

ダビがようやっとパテルナで走り始めたようです。
なかなかニュースが伝わってこなかったので心配していましたが、逆に悪いニュースもないということは順調なんだろうと解釈していました。
本当に良かった。

あ、あと。
国王杯の決勝がメスタージャになりそう。
メスタージャでクラシコかぁ。。。
見てみたい気もする。

【Selección Española】Española × Colombia【CRONICA】 



RTVE:España acabó con la resistencia de Colombia
RTVE:Silva salva el honor de la campeona

Amistoso
ESPAÑA 1 - COLOMBIA 0



1297291929843.jpg

pro_photo1297290609.jpg


かろうじての勝利に出てくるのは愚痴ばかり。

「だからシルバをもっと前から使えばよかったのよー」
「あ~あ、ビージャ、イニエスタとシルバが一緒にプレーするのみたいなぁ~」
「シルバ、ワールドカップから何ゴール決めているよ?」


せめてトーレスやカソルラが出てきたときに一緒に出してほしかったなぁ~

それにしてもデルボスケさんはシルバがあまり好みではないのでしょうか?

できたら次は先発で、ビージャやイニエスタ、チャビと一緒に使ってみてくださいな。
そしたらもっともっとイキイキしたシルバ君が見られますよ。

そういえばイニエスタ&シルバが繰り広げる楽しいサッカーをしばらく見てません。
本当にこころから見たいです、あの二人がいるスペイン代表が。
そこにビージャも加わったら本当に楽しいのになぁ。

シルバインタビューから(かなり意訳ですが)


- ゴール、おめでとう!あなたのゴールが難しい試合を決めましたね
「うーん、そうだね、満足しているよ。
 とても幸運なゴールだった。
 ヘススがサイドでとても良い動きをして、僕はDFの前に出られた。
 難しい相手に対して試合を決めるゴールであったことが重要だ」

- メキシコ戦でもベンチスタートでしたが、ゴールを決めましたね。
「ゴールマウスに向かった時にツキがあるみたいだね。
 この良い流れが続くことを願うよ」

- デルボスケはポルトガル戦とは違っていたと言っていましたが
「2つの試合は大きな違いがあった。
 ポルトガルは僕らにもっとプレッシャーをかけてきたし、僕らより先にゴールを決めていた。
 そのあと、僕らは追い付くのにとても苦しんだ。
 コロンビア戦はよくなったと思う。
 何より勝利することは重要だ。
 彼らの戦い方はまるで何かの大会の試合のようだったね。」

- この後のユーロ予選のチェコ戦、リトアニア戦に向けて良い勝利になりました
「そうだね。これからは予選に向けて準備をしていかなければならない。
 ユーロ出場を決めるためにトップコンディションに持っていかないとね」




1297284982864.jpg


コロンビア戦のスペイン代表のサッカーは全く楽しくなくて、逆に苦しそうでした。
チャンスがほとんど作れないだけではなく逆にコロンビアにカウンターを食らう始末。
あのドイツワールドカップのころのスペイン代表を見ているようでした。

しかしなんだか不安が。。。
ワールドカップ以降のスペイン代表を見ていると、、、
親善試合では全くいいところなし。
今までは相手がポルトガルやアルゼンチンだったので仕方ないと思えましたが
ホーム、サンチャゴ・ベルナベウでのコロンビア戦で1-0とは。。。
ちょっと。。。


Con una ovación

1297318656_0.jpg

後半、イニエスタがナバスと交代するとき、サンチャゴ・ベルナベルには大きな拍手が起きました。
さらに「イニエースタ!イニエースタ!」のコール。

レアル・マドリーのホーム、サンチャゴ・ベルナベウで起きたバルサの選手イニエスタを称えるイニエスタコール。

今やイニエスタはレアルだ、バルサだというクラブレベルを超えた「スペイン国民のヒーロー」になのだ、とわかってはいてもこのコールには感動しました。


たまにはこんな顔することもあるのね。
1297326764_0.jpg

ちょっとユニがごちゃごちゃしてみますねぇ―。





España: Casillas; Sergio Ramos, Albiol, Piqué, Capdevila (Arbeloa, m.56); Busquets, Xabi Alonso (Silva, m.76), Xavi (Cazorla, m.56), Iniesta (Jesús Navas, m.68), Villa (Fernando Torres, m.56); y Pedro (Llorente, m.81).


Colombia: David Ospina; Zúñiga, Yepes, Perea, Armero; Anchico (Sánchez, m.46), Guarin, Abel Aguilar, Adrián Ramos (Cuadradro, 58): Giovanni Moreno (Rodallega, m.62) y Dayro Moreno.


Goles: 1-0, m.86: Silva.


Árbitro: Richard Trutz (SLO). Amonestó a Piqué (6) por España, y a Abel Aguilar (35), Dayro Moreno (53), Yepes (63), Armero (67) y Rodallega (89) por Colombia.


Incidencias: encuentro amistoso disputado en el estadio Santiago Bernabéu, ante la presencia de 70.000 espectadores, en beneficio de la Asociación de Futbolistas Españoles (AFE), que destinará los fondos a dotar de desfibriladores a los campos de Segunda división B

【Selección Española】España × Colombia 

Amistoso con Colombia



Ayer_Laureus_hoy_Madrid_lunes.jpg

皆様、ご心配をおかけしました。
ようやく復活しました。
熱は昨日には下がっていましたが医者から
「薬を飲みきること」
「平熱に戻って2日は外に出てはダメ!」ときつく言われていたので
本日までお仕事はお休み。

で、いろいろ見てみたら。。。すっかり忘れていた代表戦が明日あるのですね~。
といっても親善試合なのでさほど盛り上がってはいませんが。

(試合は2月9日現地時間21時30分~サンチャゴ・ベルナベウで)

一応招集メンバを書いておきます。

PORTEROS: Iker Casillas, José Manuel Reina, Víctor Valdés
DEFENSAS: Álvaro Arbeloa, Raúl Albiol, Sergio Ramos, Gerard Piqué, Carlos Marchena, Joan Capdevila
CENTROCAMPISTAS: Xabi Alonso, Sergio Busquets, Santiago Cazorla, Andrés Iniesta, Xavi Hernández, Cesc Fábregas
DELANTEROS: Pedro Rodríguez, David Villa, David Silva, FernandoLlorente, Fernando Torres, Jesús Navas


ラス・ロサスへ集まってきた選手たちの様子です。
La Roja se concentra en Las Rozas

残念ながらセスクは胃腸炎のため欠席です。
日曜の夜からかなり苦しんでいるようです。
早く治るとよいですが。

そのほかハビ丸はU-21の方へ。
こちらもプレーオフを控えて真剣モードの親善試合です。



Villa recibe la Bota de Plata y el Balón de Bronce

1297107715_extras_noticia_foton_7_0.jpg

月曜日にはラス・ロサスに集まって来たメンバ。
この日はみんな集まったところでビージャの2つの表彰が行われました。
ひとつはワールドカップの”el Balon de Bronce"。フォルラン、スナイデルに次ぐ第3位。
もう一つはワールドカップのピチチ。
でもアシストの数がミューラーに及ばず"la Bota de Plata(銀)"になってしまったんですね。

受賞の様子です。にこにこのカソルラ。嬉しそう。
Villa se calza la Bota de Plata y recoge el Balón de Bronce del Mundial


ビージャのインタビュから。

「来てくれてありがとう。特に南アフリカで一緒に素晴らしい時を過ごしたメンバーに感謝するよ。
 僕はとても満足している。個人としてのタイトルではなく、スペイン代表として勝ち取ったことに。
 ワールドカップはみんなにとって最高だった。
 この賞をみんなにささげる。
 小さく分けてそれぞれをみんなに渡したいぐらいだよ。」


このコロンビア戦でゴールを決めるとビージャは「45」ゴールとなりラウールを抜きます。

大きくなったものだなぁ。。。
土曜日彼がリーガの試合で訪れるヒホンのファンもきっとそう思っているでしょうね。
 

Estoy con gripe 

先週の金曜日からインフルエンザでダウンしてます。
身体中が痛いし、熱はなかなか下がらないし、ほんとうに苦しいです。

アトレティコ、やっぱり勝てなかったのね。。。ああ。。。

【Atlético de Madrid】¡Quique, vaya regalo! 

aa.jpg


次の土曜日は2月5日。
キケの46回目のお誕生日です。

そしてその日アトレティコはバルセロナと対戦します。
El MundoDeportivoの見出しに思い出させられたわけではなく、かなり前から私は意識しておりました。

よりによってお誕生日にSuperなバルセロナとの対戦だなんて全く。。。
なんて運の悪い!

しかもこのところのアトレティコはヒホン、ビルバオに連敗。
1月はたった一勝しかできなかったんです。

勝利でお誕生日を祝う、、、なんて絶対できそうにもない、とほぼあきらめていますが。。。



とはいえキケは比較的バルセロナに強い。

キケはカンプ・ノウではまだ勝利したことはないとはいえ、バレンシア時代からバルセロナには3勝3敗2引き分けなのです。
3勝はすべてホームでの勝利とはいえ、これは結構いい数字ですよねぇ。

さらに、アトレティコは唯一、グアルディオラのバルセロナに2度勝っているチームなのです。



今シーズンのアトレティコには期待しては裏切られ続けていますが、ここまで来ると、キケとアトレティコのバルセロナとの相性の良さにちょっと期待してみたい気もします。

まさかまさかの展開で、選手たちからキケに勝利をプレゼント、となるとよいなぁ~


Koke、契約延長



1296660034_1.jpg

昨日2月2日、前日のクンに続き、アトレティコのカンテラーノ、コケが2016年まで契約を延長しました。
コケはマリオ・スアレスやチアゴの怪我があったとはいえ、このところずっとトップチームに招集されています。
まだまだ出場機会は少ないですが、少しずつキケの信頼を勝ち得ています。

コケは09-10シーズン、カンプ・ノウでのバルセロナ戦でトップチームにデビューしたそうです。

今尾の土曜日も出番があるとよいなぁ。

契約延長に際してのコケの言葉です。

「僕にとって、アトレティコのユニフォームを着れることはとても誇らしいことなんだ。
 今回契約延長できて本当に満足しているよ。
 僕は今、自分の夢を実現させている。
 今はとにかく一生懸命練習してクラブが僕に示してくれた信頼にこたえる事だけを考えている。」

「サッカー選手であることは小さいころからの夢だった。
 アトレティコのようなビッグクラブでそれがかなって本当にうれしい。
 僕は本当に幸運だと感じているし、このチャンスを最大限生かさなくてはと思っている。
 クンやフォルラン、レジェスとロッカールームをともにすることはすごいことだ。
 彼らからは常に人として、そして選手として学んでいる。」

「監督が僕らを信頼してくれているのは確かなことだ。
 それは常にとても大切なことだ。
 もしチャンスをもらえたら、僕らは監督にトップチームを助けるためにここにいることを頌栄しなければならない。
 そして彼が僕らに示してくれている信頼にこたえなければならないんだ。
 僕らにチャンスを与えてくれるキケのような監督に感謝しなければいけない。」

「アトレティコは世界中でももっともすばらしいカンテラを持っているクラブの一つだ。
 ここ数年、デ・ヘアやドミンゲスのようなトップチームのベースになる選手をたくさん出している。
 彼らはカンテラの選手たちのお手本だ。
 僕たちは希望を持って練習を続ければトップチームに到達することができるってことを知った。
 これは僕らみんなの夢だ。」


 
次はデ・ヘアとプリードの契約延長、となるとよいなぁ。

【Valencia】ミゲルに懲役? 

月曜開催だったラシン戦は体調が悪くみれませんでした。
あまり良い内容ではなかったようですが、それ以上になんですか?あのカードの数!
どうも今節はバレンシアも審判に泣かされたようですね。。。
スペインの審判さん、自分が主役になろうなんてもう考えないでください。

次節バレンシアはダビ・ナバーロ、リカルド・コスタの二人を欠いてしまいそうです。
ダビ・ナバーロは2試合のサスペンション。。。

しかし今日はこの話題にびっくり!

ミゲルに懲役5年の可能性?!


ミゲルは2009年12月26日にリスボンのナイトクラブで起こった事件に巻き込まれました。
たしかナイトクラブでけんかになり彼の友人が発砲した、という事件だったように思います。
しかし今ごろ懲役なんてことになるのでしょうか。

ジョウレンテ会長はミゲルをサッカー選手としては評価しているし、満足しているようですが。。。
たとえ懲役ということにならなくても今シーズン終了後動きがあるような気がします。

でも、今サイドバックっていないんですよねぇ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。