Archives

 2011-03 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Pais シルバ、インタビュー 2011/3/28 

Trato de dar pausa al Manchester City



David_Silva_entrenamiento.jpg


3月28日のEl Paisにのったシルバのインタビュー記事です。


昨夏、ダビ・シルバは南アフリカにバレンシアの選手として到着した。
そしてそのすぐ後、マンチェスターシティと契約を交わした。
レギュラーとしてスタートしたワールドカップだったが、多くの時間をプレーすることができなかった。
しかし、彼は怒ってはいない。
Arguineguínという、カナリア諸島の小さな村で生まれ、今年25歳になったシルバは、スペイン代表に45試合招集され、並外れたキャリアを持っている。
バレンシアのカンテラで育ち、エイバルとセルタへのレンタルを経て、彼はスペイン代表の座を得たのだ。

- なぜバレンシアを出たのですか?
「クラブにとって必要だったからだ。
 僕はバレンシアでとても満足していたし、移籍したくなかった。
 でもクラブの状況からそうせざるを得なかった。
 重要な収入になったんだ。
 僕の人生はいつだって一歩一歩進んでいくんだ。
 今回も別の地へ行くときだったんだと思っている。」

- なぜマンチェスターシティだったのですが?
「彼らは僕にすごく興味を持ってくれていたんだ。
 僕は早く決めてしまいたかったし、あまりあれこれ考えたくなかったんだ。
 オファーの内容もとても興味深いものだったし、素晴らしいクラブだし、そんなに深く考える必要はなかった。
 みんなが納得したんだ。
 僕はすごく満足しているよ。」

- マンチェスターシティのオーナーMansour bin Zayedはどんな方ですか?
「わからない。あったことも話したこともないんだ。」

- マンチェスターでの生活を一言でいうとしたら?
「多くの試合、それにとても落ち着いているってことかな。
 マンチェスターでの僕の生活は本当に静かなものだよ。
 郊外に住んでいるからね。サッカー以外のわずかな時間も家にいるか、家の周りを散歩するぐらいかな。
 寒さだけは適応するのが難しいよ。
 天気や気温がバレンシアとは全然違うんだ!
 でもとにかくいい感じで過ごしているよ。」

- ワールドカップチャンピオンとして見られていると感じますか?スペイン人選手に対するリスペクトは今まで以上だとか。
「いいや。僕は一人の人間。それだけだよ。
 僕は誰のこともその人が持っているものなどより、その人となりで判断する。
 だから他の人も僕のことを一人の人間として扱ってくれているよ」

- イギリスでの生活であなたに一番インパクトを与えたのはどんなことですか?
「落ち着きかな。信じられないよ。それとサッカーに対するパッション。これは本当に素晴らしい。
 イギリス人はとても愉快な人たちだ。
 僕は最初、ラテン系の選手やスペイン語が話せるトゥーレとだけ話していたんだ。
 でも今は少し英語が話せるようになったからイギリス人選手ともうまくやっているよ。」

- ベニテスはロッカールームで英語を話すことを強要しました。マンチーニはどうですか?
「何もないよ。やりたいようにやっている。」

- どのようなプレーをめざしているのでしょうか?
「そうだね。僕たちは今移行途中だと思っている。
 少しずつだけどスタイルが変わってきている。
 新しい選手がたくさんいるから時間がかかるんだ。
 でもみな素質のある選手だし、レギュラーを争う力を持っている。
 そしてチームも競争力を持ちたいとかんがえている。
 僕たちにはボールタッチのうまい選手が多いから試合のたびに良くなっているよ。
 目標はタイトルを取れるチームになることだ。」

- 監督はあなたに何を求めていますか?
「以前からやっていたようにプレーすること。
 最初はすごく苦労したんだ。なぜならプレシーズンなしだったし、フィジカル的にもクタクタだったから。
 プレミアはとても多くを要求するところだ。僕はその時は適応できていなかった。
 僕は多くの自由を与えられているし、信用してもらっている。
 ディフェンス面においても頑張らなくちゃいけない。でもまぁそれはバレンシアの時にすでにやっていたから。
 マンチーニは僕をすごく信頼してくれているよ。」

- 誰か今までの監督のことを思い出しますか?
「いや、たくさんの監督の下でプレーしたし、みな良い監督だったよ。」

- 練習はスペインでやっていたのとは違うやり方ですか?
「いや、ほとんど同じだよ。」

- プレースタイルの違いは?
「より速さがある。様々なことを素早く判断しなければならないんだ。選択はあまりないからね。
 考えてる時間はない。だから試合中に落ち着ける時間があまりない。
 それは僕がチームに与えることができるものだと思っている。
 なぜなら試合中には落ち着きたい、ボールを保持したいって思う時間があるからね。」

- レギュラーとしてワールドカップに臨みましたが、サブメンバーになってしまいました。アルゼンチンとのフレンドリーマッチでもレギュラーではありませんでした。このことについてはどう考えていますか?
「僕は満足しているよ。
 いつ試合に出るかは質問しないし、いつ試合に出れないかも質問しない。
 僕は代表に呼ばれることに満足している。
 それは最高の喜びだからね。
 ご褒美みたいなものだよ。いつもプレーしたいと思っている。でも代表はとても競争が激しい。
 監督が他の選手を好むのも理解できるよ。
 僕は45試合代表に選ばれている。多くはレギュラーとしてプレーしている。
 本当に満足しているんだ。
 監督が招集してくれて以来ずっと重要な選手なのだと感じている。
 代表でのほかの選手の成功は自分のことのように感じているし、僕は多くのゴールも決めている。
 プレーする機会をあたえてもらっているときには、僕がチームに貢献できていると感じている。
 これからも続けていきたい。それができれば。。。」

- スペインは最近の試合で苦しんでいますがなぜだと思いますか?
「それは今に始まったことではないよ。
 僕はユーロ以来そうだと思っている。
 ライバルチームは守りを固めてくる。簡単にはいかないよ。」

- 明日のリトアニア戦のような試合ではモチベーションを上げるのに苦労しますか?
「いいや。代表に来るとものすごく刺激を受けるからね。」

- ”おまえはカナリアの人間じゃなくて、バスク出身だろ?”と言ったのは誰ですか?
「ルイス・アラゴネスだよ。
 彼は僕をとても勇敢で屈強だと感じてそう言ったんだ。」



たしかにシルバはそう簡単に倒れないし、屈強といえるのかも。
でもそれは以前本人も言っていたように2部のエイバルで鍛えられたのが大きかったようです。


かなり急いで訳したのでめちゃくちゃなところもありますが、言いたいことは分かったような。
でもね、シルバが「僕は満足している」と、"contento”という言葉を使うたび、なんだか切なさを感じるのです。

El Paisの写真からちょっと切り抜いて見ました。
かわいらしいシルバです。
Silva_20110330220946.jpg
 

スポンサーサイト

【Atlético de Madrid】アグエロのシューズについた値段は… 

2011/4/1
これが本当だよね。

$ 12025.00 

だいたい100万円ぐらい?

↓はいったいなんだったんだろうか。。。


Botines Del Kun Aguero A Beneficio De Japón

え?本当に?
この前は4000ドルだったのに今日見たら。。。
これって私の勘違いでしょうか。


$ 7890875.00


1ドル80円としても6億強!
え???????????????????

【Selección Española】Lituania × España【CRONICA】 

CLASIFICACIÓN EUROCOPA 2012
Lituania 1 - España 3



1301432117_extras_albumes_0.jpg

試合を見れなかった方!
tele5で見られます。

前半(Lituania-España (1ª parte))
後半(La Roja encarrila la clasificación)

試合は1-3でスペインの勝利。
私は↑の動画で前半だけ見たのですが、まったりしていていつのまにやら寝ていました。

後半はシルバも入って(なんでビージャと交代なのかわかりませんが)少し改善されたみたいです。
3点目のマタのゴールはシルバのアシストでしたし!

1301433340602.jpg


しかしまぁ、デル・ボスケさんはどうしてこうもシルバを使わないのでしょうか。
この試合は先週のチェコ戦からメンバーを5人変えてきたのですが、それでもシルバは先発できず。
ジョレンテ、イラオラ、ハビ丸のビルバオ勢3人とカソルラ、アルビオルが入り、セルっち、カプデビラ、ナバス、イニエスタ、ブスケッツががお休み。

しかも!後半途中でなんと、ビージャとの交代でシルバを入れるとは!
言葉がないです。。。

あ~あ、いつになったら私の好きなチャビ、イニエスタ、シルバ、ビージャがそろった試合が見られるのでしょうか。。。


と、いうことでこの試合についてはおしまい。
ピッチの状態が悪く、けがも心配されましたが、それもなかったのでデル・ボスケも一安心なのでしょうね。


本当にフラストレーションのたまる2試合でした。
なんて私の気持ちを察して?El Paisがシルバのインタビュー記事を載せてくれました。
そっちを訳します。
(別記事にしました)

  

 
Lituania: Karcemarskas; Stankevicius, Skerla, Zaliukas, Kijasnskas; Edgaras Cesnauskis, Semberas, Panka, Mikoliunas (Radavicius, m.70); Danilevicius (Galkevicius, m.85) y Sernas (Labukas, m.74).


España: Iker Casillas; Iraola, Piqué (Ramos, m.89), Albiol, Arbeloa; Xabi Alonso, Javi Martínez, Xavi, Cazorla (Mata, m.66), Villa (Silva, m.54) y Fernando Llorente.

ASのクラックはハビ丸。


Goles: 0-1, M.19: Xavi dispara desde fuera del área, roza el balón en Skerla y entra por encima de Karcemarskas. 1-1, M.57: Stankevicius, de un poderoso disparo lejano que entra por la derecha de Iker Casillas por bajo. 1-2, M.70: Centro de Mata desde la izquierda y marca en propia meta Kijanskas. 1-3, M.83: Mata resuelve con un remate por bajo una jugada de tiralíneas de España.


Árbitro: Laurent Duhamel (FRA).


Incidencias: Partido de la fase de clasificación para la Eurocopa 2012 disputado en el estadio Steponas Darius y Stasys Girenas de Kaunas ante unos 7.000 espectadores, medio centenar de ellos españoles. Terreno de juego en deficientes condiciones, con poco césped, mucha tierra y muy irregular. Noche bastante fría, alrededor de cero grados centígrados.

【Valencia】カタカナユニ、オークションへ! 

Donación a Cruz Roja



1300643465_extras_ladillos_1_1_20110327003610.jpg

こうなればよいな、と思っていたことが実現しました!
バレンシアでこんなことは珍しいこと。本当にうれしいです。

先週の日曜日、リーガ第29節セビージャ戦で選手が着用したカタカナユニが赤十字に寄贈されることになりました。
赤十字はこれをオークションにかけ、その売り上げを東日本大震災の被災者への義援金にするそうです。
CRUZ ROJA

クラブからの正式発表です。
Donación a Cruz Roja(赤十字への寄贈)

簡単に訳しておきます。

先週の日曜日3月20日のセビージャ戦、東日本大震災被災者への思いを込め、バレンシアCFの選手たちは日本語で名前の書かれたユニフォームを着用して試合に臨みました。
クラブはこの試合に招集されたすべての選手のユニフォームを、赤十字に寄贈することにいたします。

赤十字は義援金を集めることができる機関であり、今、壊滅的被害を受けた私たちの愛する日本、2004年のツアーで訪れたときには大きな愛情で我々を迎えてくれた彼らの苦しみを和らげることができるでしょう。

バレンシアCFはこの試合の後、日本から多くの感謝の言葉を受けとっております。

赤十字は現在、選手たちのユニフォームをインターネットを通じてオークションにかける準備をしています。
この方法により、日本を含め、すべてのどんなところに住むバレンシアCFのファンでもこのオークションに参加することができるでしょう。


つまり招集外だったダビのユニはないってことですね。。。残念!

スーペルによると、オークションに出されるのはすべての選手のユニではないようで、2枚は残すそうです。
1枚は現在「フェリペ皇太子美術館」で開催されているクラブの展示会のために、そしてもう一枚は日本のスペイン大使館に贈られるようです。

マタ、ソルダード、ジョナス、グアイタあたりは確実にオークションに出そうです。
うーん、残す2枚は誰だ?ってへんなところが気になるなぁ。

上の文章にもあるように日本からでも参加できますが、かなりの高額になるでしょうね。
ちなみにアグエロのシューズは私が見たときは4000ドル。今の円相場だと、32万ぐらいでしょうか。

私はできれば海外のバレンシアファンに落札してほしいと思っています。
バレンシアというクラブを通じて日本の被災者たちへの力になれれば、と思っている方々もいると思うので。
日本に住む私たちはまた違った形で被災者を支えることができますから。

【Valencia】ダビとビセンテ 


Tampoco estará en el Coliseum Alfonso Pérez.

昨日、ダビの怪我の状態がスーペルに載っておりました。
結果から言うと次節ヘタフェ戦もセビージャ戦に続いてダビは無理、ということです。

大腰筋(腰の筋肉)に依然として浮腫が見られるのだそうです。

代表戦のため試合のないこの2週間あまり、ダビはヘタフェ戦には戻りたいと休み返上でリハビリに励んでいるんですが。。。

本当に今シーズンは彼にとって苦難のシーズンになってしまいまいた(涙)



Vicente, ¿qué le pasa?

金曜日の早朝、ビセンテがディスコでけんかに巻き込まれたという記事がSuperにもMARCAにも載っています。

あまり詳細は分かっていないのですがLevante紙によると
「金曜日の早朝5時ごろ、ケンカに巻き込まれ、2名の負傷者が出て、彼らは病院での治療を必要とした」
「ビセンテが警察についたときは、誰かもう一人と一緒だった。」
「2名の負傷者は、ビセンテと一緒に写真を撮るとしたところ、襲われたと言っている」
らしいのですが。。。

もしこれが本当だとしたら大変なこと。
とにかくクラブからの正式発表を待つしかないですね。
あまり噂レベルのことは書きたくないですし。

うーん。
ビセンテどうしたのでしょうか。
何があったんだろうか。

【Selección Española】España × Republica Checa【CRONICA】 

CLASIFICACIÓN EUROCOPA 2012
España 2 - Republica Checa 1



1301095698014_reuters_20110325_235253.jpg



スペイン、ビジャの2ゴールでチェコに逆転勝利=ユーロ予選
スペインとオランダが全勝を維持



予想通り苦しんでの勝利でした。
このところ親善試合でも良い試合ができていないですからね。
さらにチェコの監督さんが試合前に
「ワールドカップでスイスがやったような戦いをすれば我々もスペインに勝てる」
なんて言っていたので本当に心配していたのです。

でも、まぁ勝ててよかった!

これで勝ち点12で、グループ首位!
2位のチェコには6差。
次のリトアニア戦に勝つとかなり本戦出場権獲得が近づくかな。


シルバ出せ~!!!

1301090564_extras_albumes_1.jpg

相変わらずシルバがいないのです。

今回はペドロが怪我で招集外。
なので右サイドで出番があるだろうと大きな期待をしていたのです。
だってワールドカップ以降シルバは短い出場時間にもかかわらず、ゴールを決めてきたんですから!
なのに先発メンバーにシルバがいないじゃないですか!!!
(ペドロの変わりはナバスでした)

デル・ボスケさんはシルバが嫌いなのか?
と思ってしまうほど使ってもらえない。。。


しかし!
前半に先制ゴールを簡単に決められた上、前半のチームはどうも停滞気味だたので、後半開始からスペインは積極的に動かざるを得なくなりました。

まずシャビ・アロンソに変わって出てきたのはトーレス!
何考えているのか。。。
次に出てきたのはカソルラ!
まぁカソルラなら許そう。。。

この後ビージャが2ールを決めて同点に追いつき、さらにイニエスタが獲得したPKをビージャが決めて2-1。
ついに逆転!!!

でも、こうなるとシルバは出ないのです。
代わりに出てきたのは、、、マルチェナさんでした。

あ~~~残念。
私はWOWOWの映像を見ながらスペインのラジオCOPEの放送を聞いていたのですが、
シルバを出すべき、と言っている方がいてうれしかった。
きっとそう思っている人、多いですよねぇ。

次こそ、デル・ボスケさん、頼みます!!!


Es el máximo goleador de la selección española

20110325dasdasftb_55.jpg
(しかし、紐だしは相変わらず)

Villa empata para España (1-1)
2-1, gol de Villa de penalti
Xavi y Villa, los dos protagonistas
MARCA:David Villa

ビージャ、おめでとう!
この試合の2ゴールでビージャは単独でスペイン代表史上のピチチになりました。

45ゴール目、同点ゴールを決めた後、ビージャはピッチを駆け抜けて、ペペ・レイナのもとへ!
ビージャは代表45ゴール目のゴールをペペにささげると以前から約束していたんですって!

試合後のインタビューでこのことを聞かれたビージャは
「僕のゴールは僕のキャリアの間に出会ったすべての仲間、すべてのコーチ、監督、スタッフ、それに友人にささげている。
 でも以前にラウールの記録を超えるゴールはペペにささげると約束していたんだ。」
とこたえています。
彼らしい答えだなぁ。

試合後のインタビューから:
- 代表のゴール記録を上回ったことおめでとうございます。ゴールを決める気満々だったのでは?
「ああ。特にこの試合は難しい試合だったからね。
 僕たちは試合前に考えていたようなスタートを切れなかった。
 チャンスはあったのに、運が悪かったり、相手のGKに止められてしまったりしていたからね。」

- さらに相手は最初のチャンスでゴールを決めてしまいました。
「彼らはゴールに近づいてもいなかったからね。
 彼らの国からゴールを決めたって感じだよ。
 このゴールでこの試合は僕らにとって難しいものになった。
 勝利することが予選突破にはとても重要だったから。」

- さらにあなたの仲間であるチャビが代表100試合目を迎えました
「100試合出場のお祝いを言いたい。
 さらに日々彼とプレーできることにも感謝している。
 彼は素晴らしい選手であり、素晴らしい友人でもある。
 彼と同じチーム、代表でプレーできることはとても光栄だ。」
 


スペイン代表の歴代ゴール数。
この試合、COPEで解説をしていたモーロは4位。彼もすごい選手だった。
ビージャの初ゴールはたしか、モーロのアシストだったはず。

Ranking de goleadores de la selección española:
Villa 46 goles 72 partidos
Raúl 44 goles 102 partidos
Hierro 29 goles 89 partidos
Morientes 27 goles 47 partidos
Torres 26 goles 83 partidos
Butragueño 26 goles 69 partidos
Di Stefano 23 goles 31 partidos
Julio Salinas 22 goles 56 partidos
Michel 21 goles 66 partidos
Zarra 20 goles 20 partidos






España: Iker Casillas; Arbeloa, Sergio Ramos, Piqué, Capdevila (Cazorla, m.58); Busquets, Xabi Alonso (Fernando Torres, m.46), Xavi, Iniesta, Navas (Marchena, m.85); y Villa.


República Checa: Cech; Pospech, Sivok, Hubnik, Kadlec; Rosicky, Hübschman, Pudil (Holusek, m.78), Plasil, Nan Rezer (Necid, m.84); y Milan Baros.


Goles: 0-1, m.29: Plasil. 1-1, m.69: Villa. 2-1, m.73: Villa de penalti.


Árbitro: Viktor Kassai (HUN). Amonestó a Xabi Alonso (39) y Arbeloa (84) por España, y a Pospech (46) y Rezer (60) por la República Checa.


Incidencias: cuarto encuentro del Grupo I de clasificación a la Eurocopa 2012, disputado en el estadio Nuevo Los Cármenes de Granada, lleno, con 16.200 espectadores en las gradas.

【Valencia】朝日新聞2011/3/22夕刊 

バレンシアが載ってます!




「カタカナは連帯の証し」という記事で、バレンシアのことが3月22日付の朝日新聞の夕刊8面に載っていました。

今日は残業で家に帰ってきたのが9時半過ぎ。
ビールを一杯飲みながらテレビのニュースをみていると、ダーリンが
「バレンシアのカタカナユニが夕刊に載っているよ」
と教えてくれました。

おもわず「え、ちゃんとバレンシアってチーム名載っている?」
と確かめると記事を全部読んでくれました。
ちゃんと「スペインリーグのバレンシア」と書いてありました!

うれしいですね~
なんだかこそばゆいっていうか変な気持ち。
なかなかまともに扱われることが少ないクラブなので。


small_cameraroll.jpg

「東日本大震災の被災者との連帯の気持ちを表すため」このカタカナの名前をユニにつけた、という内容の記事になっています。

明朝でも販売店に行けば買えるかもしれないそうですよ!

asahi.comの記事も!

【Valencia】Valencia × Sevilla【雑記】 

LIGA BBVA Jornada 29
Valencia 0 - Sevilla 1



1300652828_extras_noticia_foton_7_0.jpg

事前になにも告知しないところがバレンシアらしい?のかもしれません。
全く予想もしていなかったことですが、バレンシアの選手たちがカタカナで名前を記したユニフォームを着用してこの試合を戦いました。
彼らの気持ち、クラブの方々の気持ちうれしいですね。

どうせなら、、、このユニにそれぞれサインをして、ネットオークションとかしてその売り上げを義援金として寄付してくれるなんてことになるともっとうれしいかな。
そこまで望むのは難しいでしょうか。

1300643465_extras_ladillos_1_1.jpg

futbol_Sevilla_pudo_ocasiones_locales (1)


それぞれの選手たちのユニに記載された名前の一覧がオフィシャルからPDFファイルで出ています。
ちょっと実際にユニに書かれていたのとちがうのでは?というのもありますが。
ユニはこの試合にベンチ入りしなかった選手分もあるのかな。


César セサル
Moyà モヤ
Guaita グアイタ
Bruno ブルーノ
Miguel ミゲル
Navarro ナバロ
Maduro マドゥロ
Dealbert デアルベルト
R. Costa リカルド コスタ)
Mathieu マティュ
Alba アルバ
Stankevicius スタンケビシウス
Joaquín ホアキン
Pablo パブロ
Albelda アルベルダ
Tino Costa ティノ•コスタ
Topal トパル
Éver エベル
Vicente ビセンテ
Mata マタ
Domínguez ドミンゲス
Soldado ソルダド
Aduriz アドゥリス
Jonas ジョナス
Isco イスコ
Alcácer アルカセル


silencio-20-marzo-2011b.jpg


試合は負けてしまいましたが、力の限りを尽くした、という感じ。
前節のサラゴサ戦のようなことはありませんでした。
まぁ両チームとも中盤の抑えなんてものは省略。
完璧な打ち合い。
エリア内ハンドあり、PK?というようなプレーあり、見ごたえ十分
バレンシアもジョナス、ソルダードにチャンスが数えきれないぐらいあったのですが。。。
セビージャのGKバラスに見事に止められてしまいました。

しかし敵ながらバラスはあっぱれでした。
彼はアトレティコ戦でもパラドン連発だったんです。
これはパロップから正GKの座、奪ったといえるのかな。





Valencia: Guaita, Bruno, David Navarro (Banega, m.54), Dealbert, Mathieu (Jordi Alba, m.78), Topal, Tino Costa, Joaquín, Jonas (Aduriz, m.75), Mata y Soldado.


Sevilla: Javi Varas, Alexis, Fazio, Escudé, Dabo, Medel (Zokora, m.79), Javi Navas, Rakitic, Perotti (Capel, m.90+), Kanouté y Negredo (Renato, m.90+).


Gol: 0-1, m.69: Rakitic.


Árbitro: Velasco Carballo (colegio madrileño). Mostró tarjeta amarilla a los valencianistas Bruno y Joaquín y a sevillista Alexis


Incidencias: partido jugado en el campo de Mestalla ante 40.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones. Se guardó un minuto de silencio en memoria de las víctimas del terremoto y el posterior tsunami de Japón.

【Atlético de Madrid】 Atlético de Madrid × Real Madrid【Cronica】 

LIGA BBVA Jornada 29
Atlético de Madrid 1 - Real Madrid 2



20porat.jpg



やっぱり勝てませんでした。
もう一歩、だったと思うのですが。
またまたイケルにしっかり止められてしまいました。

これが実力なのかもしれませんが、一言だけ。
あの審判はひどすぎる。



試合後の各選手のインタビュから
ドミンゲス
「僕たちはこの敗戦で打ちのめされてはいない。でもいい気分はしないよ。
 僕たちは少なくとも引き分け、いやそれ以上に値する戦いをしたと思っている。
 たくさんのチャンスを作ったけど、彼らはより正確だった。。。」

マリオ・スアレス
「僕らにはチャンスがあった。
 ある局面では僕らが試合のイニシアティブを握っていた。
 良い試合をしたよ。僕らは。でも失敗し、彼らは失敗しなかったんだ。」
「イケルはまた世界最高の選手だってことを示したよ。
 彼の素晴らしいパラドンで難しくなってしまった。」
「チームは良い流れにいる。
 今は一試合一試合これを続けて、勝利しなければならない。」

アグエロ
「勝利を目指したけど、勝てなかった。
 レアル・マドリーはゴールへ蹴ったら絶対失敗しなかった。それは難しいことだ。
 僕らにはチャンスがあった。でもそれらを活かすことができなかった。」


この試合でもゴールを決めたアグエロはこの試合でイエローカードをもらい、累積5枚となってしまいました。
次のオサスナ戦には出られません。

キケ記者会見から

1300580309_0.jpg


- レアル・マドリー戦はどうでしたか?
「試合開始直後、我々には守備面での確実性が足りなかったのだろう。
 ゴールを決められてしまった。
 レアルマドリーにとってはそのあと難しい試合だった。
 しかし我々のゴールはあまりに遅すぎた。
 私は選手たちに不満を持ってはいない。なぜなら彼らは良い試合をしたからね。」

- モウリーニョはTexiseira(主審)が良かったことの一つと言っていました。主審の判定についてはどのような意見をもっていますか?
「ブレ―の展開に影響があったね。
 もっとも良いことは、彼が二度と我々の試合を裁かない事だろう。
 すでにアルメリア戦でエリア外のペナルティーをとったし、ビルバオ戦ではレッドカードを出された。
 レアル・マドリー戦が決定的要因ではない。
 今シーズンは少なくともカルデロンでの我々の試合に戻って来ない方が良いだろう。」

- チームはゴール近くで混乱しているように感じませんか?
「一度も。彼らは明解なプレーで終わっていた。
 我々は最後の数メートルで良い決断ができずに終わっていた。
 しかしこの試合で神経質になったから、というものではない。」

- なぜ、エリーアスを先発させたのですか?
「エリーアスはサイドの選手のオプションの一つだし、良いプレーをしていた。
 選手を変えれば、私に”なぜ帰るのか”と言う。
 それは結果からうけるものだろう。」

- クリスティアーノへのカンティコと、彼のリアクションについてはどう思いますか?
「クリスティアーノのリアクションはあまり関係ない。
 うーん、ファンは勝利を欲していた。いつの日か勝利できるだろう。
 我々はすべてを出した。でもレアル・マドリーを上回ることは難しかった。」

- チームのモラル面はいかがですか?
「我々は良くない状態にある。
 試合に負けたが、今のようにプレーすれば悪い状態に戻らない。
 我々はそれを目指し続けるとファンに言いたい。」


MARCAでのTeixeira Vitienes主審に対する評価は10段階評価の「3」

「4~5枚のイエローカードが出されてもおかしくないラスを退場にしなかった。
 彼は多くのカードを出さず、状況をコントロールできていなかった。」




試合前に日本の被災者と、アトレティコの伝説的プレーヤーエスクデロさんにささげられた黙とうの様子です。

HOMENAJE-Vicente-Calderon-Japon-EFE_CLAIMA20110319_0193_4.jpg

ピッチの真ん中に置いてあったのはこれ↓です。
fotonoticia_20110318135750_225.jpg





Atlético: De Gea; Ujfalusi, Domínguez, Godín, Filipe Luis; Reyes, Mario Suárez, Tiago (Juanfran, m. 84), Elías (Koke, m. 46); Forlán (Diego Costa, m. 78) y Kun Agüero.


Real Madrid: Casillas; Sergio Ramos, Pepe, Carvalho, Marcelo; Lass Diarra (Arbeloa, m. 82), Xabi Alonso, Khedira; Özil, Cristiano Ronaldo (Di María, m. 72) y Benzema (Adebayor, m. 70).


Goles: 0-1, m. 11: Benzema. 0-2, m. 33: Özil. 1-2, m. 84: Agüero.


Árbitro: Fernando Teixeira Vitienes (C. Cántabro). Amonestó a los locales Kun Agüero (m. 33) y Ujfalusi (m. 37) y a los visitantes Lass Diarra (m. 63) y Marcelo (m. 77).


Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo novena jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante 53.000 espectadores. Lleno. Antes del inicio del encuentro se guardó un minuto de silencio en memoria de las víctimas del terremoto de Japón y de Adrián Escudero, máximo goleador de la historia del club rojiblanco en Liga.

【Atlético de Madrid】El Atlético de Madrid y Kyocera se vuelcan con Japón 

España con Japón



japon_kyocera.jpg

アトレティコのオフィシャルページに載ったメッセージです。
これは日本へのメッセージ、というよりは、日本への義援金を募るためのメッセージかな。
彼らのページは日本語版がないので簡単に訳しておきます。


「3月11日の日本での大惨事の後、スペインサッカー界は地震の被災者のことを思い、彼らの復興を強く願っています。
 このことから、3月19日にビセンテ・カルデロンで行われるアトレティコ×レアル・マドリーの試合において、両チームの選手たちは日本への応援のプラカードを掲げ、一分間の黙とうをささげます。
 プラカードには「28077」という番号が書かれています。
 これは日本へ援助を考えた人たちがSMSを送るときに使うタグになっています。

 「スペインは日本とともに」のスローガンのもと、アトレティコマドリーのパートナーである京セラがイニシアティブをとって、集まった寄付をすべて地震の被災者と日本の復旧作業の援助のために赤十字を通して寄付いたします。
 3つの機関が日本のすべての国民との団結を表明し、そして多くのスペイン人やサッカーを愛する人たちにこの援助の主旨に賛同してほしいと願っています。今、この時日本の国民が最もそれを必要としているのです。

 日本に本社のある京セラの社員たちは個人での被災者への援助を決意しています。
それは日本国民とのまた違った団結です。
さらに次の土曜日の試合前にその社員たちが集まった観客に向けて、みなさんがこの活動にどのように参加したらよいかを説明します。

 また京セラグループは企業として日本赤十字へ一億円の義援金を寄付します。

 これらすべての援助の主旨はクン・アグエロの意志に賛同したものです。
彼はこのために多くのサッカーファンが協力してくれるようにビデオメッセージを撮ってくれました。
その中で彼は日本語で日本へのスペインの援助を訴えています。」


これがクンからのメッセージです。





さらに。。。!

1300483959_0.jpg

昨日私が朝見たとき、クンが↑のビデオメッセージを送ってくれてました。

今日はなんと!
「マドリッドダービーで履いたシューズを日本のためにオークションにかけて、その売り上げを寄付する」
と言ってくれてました。
このシューズは先日披露した新しいモデルです。
もちろん「Benji10(息子のベンハミンのこと)」の文字も入ってます!

クン、本当に、本当にありがとう!


私はこのところすっかり無気力状態で、何をやっても集中力にかけていました。
でも、無気力でいても、不安でいても前には進めません。
私には大きな力があるわけではありません。
だから私は私にできることを少しずつやっていきます。

【Valencia】David no estará ante el Sevilla 

1299786804878_enviofotografos_20110310_202829.jpg


ようやっと膝の怪我から復活したばかりだったのに。
再び怪我をしてしまいました。

どうも腰を痛めてしまったようなのです。
心配だなぁ。

彼の気力が萎えてしまうことは絶対ありえないと思うけど、でもこの時期にチームを助けられないのは彼にとってはつらいことだろうと思います。


1300222365614_solosuper_20110315_195826.jpg

1300115056166_enviofotografos_20110314_135011.jpg



今日はオフィシャルにこんな写真が。
ファジャス初体験組をマタとウナイさんがご案内?
ダビは何回目のファジャスだろう。
ファジャスは彼の一部みたいなものなのかな。

acto-18-marzo-2011g.jpg

【Atlético de Madrid】Atlético de Madrid × Real Madrid【Lista de Convocados】 

LIGA BBVA Jornada 29
Con toda la plantilla



今日、3月19日、今シーズン4度目のマドリッドダービーが行われます。
これまでの3試合はすべてレアル・マドリーが勝利。
いえ、今シーズンに限ったことではありません。
この11年間アトレティコはレアルに勝つことができていないのです。

今シーズンは大きな希望を持っていました。
でもやっぱり勝てない。

今度こそ、勝たないと!
と、いうことでキケはすべての選手を招集しています。
きっと試合直前にベンチ入り選手を発表することになるのでしょうね。
あの昨シーズンのヨーロッパリーグ決勝の時のように。

デ・ヘア、ジョエル、
ウィファルシ、バレラ、ペレア、ドミンゲス、ゴディン、アントニオ・ロペス、フェリペ・ルイス
レジェス、ファンフラン、チアゴ、アスンソン、マリオ・スアレス、ラウール・ガルシア、エリーアス、コケ
アグエロ、フォルラン、ジエゴ・コスタ



Podemos!

正確には「Estamos convencidos de que podemos ganar」でも「Podemos!」です。
これはキケが解説をした「Euro2008」の時のCuatro(テレビ局)のスローガン。
そしてその言葉通り、スペイン代表はユーロで優勝しました。
「我々にはできる!」「できないことはない!」

そう、レアルに勝てないことはない!

Quique_pensamos_derrota_momento.jpg


多分、このままでいくとキケは今シーズン限りでアトレティコの監督を辞めることになるでしょう。
つまりこの試合は彼にとって最後のマドリッドダービーになるかもしれないのです。

それをキケもわかっているのでしょう。
キケにしては珍しく週中の練習をほとんど非公開にしてレアルに勝つために備えてきました。
さらに一時間以上のビデオセッションではレアルのここ最近の試合を解説し、今シーズンのダービーでアトレティコの敗因となったミスの原因について分析したそうです。

準備万端。
とは、なかなか言えないかもしれませんが、やることはやってのダービーだと思います。

あとは選手たちのモチベーションを高め、彼自身が落ち着いて試合を迎えること、かな。


Derbi para 'olvidar' la tragedia

これはMundoDeportivoに載っていた記事です。
ある日本人アトレティコファンの話。その記事の冒頭にはこう書いてありました。

「先週から不安な日々を過ごした。
 彼の国が苦しんでいる大惨事に彼をは神経質になっていた。
 しかしその悲劇を少しでも忘れることのできる機会が訪れた。
 それはダービーでのアトレティコの勝利である。」


日本にはたくさんのレアル・マドリーのファンがいて、彼らももちろんマドリッドダービーでの勝利を願っていることでしょう。
でも、数は負けてもアトレティコのファンもたくさんいます。
そのファンは11年ダービーでの勝利を味わっていません。
今、この時、彼らに11年ぶりの勝利をささげてくれたら、きっよ大きな力になるに違いありません。

だから、がんばってほしいのです、アトレティコに!

Animo Atlétio!

【Selección Española】España × República Checa, Lituania × España【Convocatoria】 

Iraora初招集



1300446527_1.jpg

久しぶりのユーロ予選です!
3月25日金曜日はグラナダでチェコ戦、3月29日火曜日はKaunasでリトアニア戦です。

今回はプジョールが招集されていません。
その代りビルバオからイラオラが初招集!
おめでとう、イラオラ!
(どうもデル・ボスケさんはビルバオお好きな気がする)
まぁ、今シーズンの出来ではドミンゲスを!とは強く言えませんが。

ハビ丸、マタはA代表はU-23に招集されていたので久しぶりになりますね。


GK:カシージャス、レイナ、バルデス
DF:アルベロア、アルビオル、セルっち、ピケ、マルチェナ、カプデビラ、イラオラ
MF:シャビ・アロンソ、ブスケッツ、カソルラ、イニエスタ、チャビ、ハビ丸
FW:ビージャ、シルバ、ジョレンテ、トーレス、ナバス、マタ



U-21代表も

こちらは3月28日に行われるベラルーシとの親善試合に向けたメンバーです。

アトレティコからはデ・ヘア、ドミンゲス。
それにデポルティーボにレンタル中のルベン・ペレスも招集されています。
バレンシアからはアルバ!
彼はいつのまにやらカプデビラの後釜?なんて話も出ているくらいでDFとしても期待されています。
そのほかこの前バレンシア戦でゴールを決めたサラゴサのアンデル、ビルバオのムニアイン、サン・ホセ、
バルサのボージャン、マジョルカのヌスエ、セビージャのカペルなど、そのほとんどがトップチームで活躍している選手です。
これでU-21。。。すごいよなぁ。。。


ATHLETIC CLUB: Mikel San José Domínguez e Iker Muniain Goñi
SPORTING DE GIJÓN: Alberto Botia
CLUB ATLÉTICO DE MADRID SAD: David De Gea Quintana y Álvaro Domínguez Soto
FC BARCELONA: Bojan Krkic Pérez, Thiago Alcántara Do Nascimento, Ruben Miño Peralta, Martín Montoya I Torralbo y Andreu Fontás Prat
RC DEPORTIVO DE LA CORUÑA SAD: Adrián López Álvarez y Rubén Pérez del Mármol
RCD MALLORCA: Emilio N'Sue López
GETAFE CF SAD: Daniel Parejo Muñoz
UD LAS PALMAS SAD: Jonathan Viera Ramos
AC MILAN: Didac Vila Roselló
SEVILLA FC SAD: Diego Capel Trinidad
VALENCIA CF SAD: Jordi Alba Ramos
REAL ZARAGOZA SAD: Ander Herrera Agüera

【Atlético de Madrid】Kun Mensaje Japon 

クンがアトレティコのオフィシャルを通じてビデオメッセージを送ってくれています。

最初の方は日本語です!

サッカーのパワーを信じて 

日本代表の3月の試合がチャリティーマッチとして開催されることになりそうです。
東北地方太平洋沖地震、長野県北部地震の被災者の皆様、そして、サッカーファミリーの皆様へ

うれしいですね。
がんばる選手たちの姿は絶対パワーになると思います。
是非実現してほしいです。


また世界中のサッカー選手たち、サッカー界の方々が日本に向けたメッセージを送ってくれています。
サッカー界から続々と届く日本へのエール、「君はひとりぼっちじゃない」

昨日はセビージャ×バルサの試合前、両チームの選手たちが日本語で書かれたメッセージで励ましてくれました。両クラブが一緒に行ってくれたことに感謝の気持ちでいっぱいです。
是非被災者の方々に見せてあげたいです。

110045896.jpg


家長選手のメッセージ



海外で活躍する日本の選手たちからも届いています。

リーガではこの冬マジョルカに移籍した家長選手が初スタメンとなった昨日のレバンテ戦で
ユニフォームの下のTシャツに書いたメッセージを見せてくれました。

「困難に立ち向かう、日本にいる全ての皆さんを誇りに思う」

と、日本語とスペイン語で書いてありました。
(写真はこちらから)


内田選手のメッセージ

そしてもう一人。
ドイツのシャルケで活躍する内田選手も。
「少しでも多くの命が救われますように」

感動したのはそのメッセージを書いたTシャツを着た内田選手を、キャプテンのノイヤーがファンの前に導いてくれたこと。
そしてラウールが拍手とともに内田選手を抱きしめてくれたこと。
シャルケのファンがウッシーコールを送ってくれたこと。

Gelsenkirchenの皆様、本当にありがとう~!


詳細はこちらから。
内田選手と共に

【Atlético de Madrid】Almería × Atlético de Madrid 

Almería 2 - Atlético de Madrid 2



20110314dasdaiftb_40.jpg

サッカーのパワーをもらいたくて、この試合を見ました。

アトレティコは前節ビジャレアル戦とは打って変わった情けない姿でした(涙)。
でも日本に向けて真っ先にメッセージをくれたアグエロは素晴らしいゴールを2つ決めてくれました。
彼自身にそのつもりはなかったでしょうけれど、私には日本への応援ゴールのように感じました。

それにアルメリア。
彼らは降格圏内に沈むチーム。それでもアトレティコに対して果敢に挑んできました。
1-2とリードをされても、あきらめることなく攻めて、76分アトレティコDFの穴をついて同点ゴール。

そして今度は試合終了まで同点に追いつかれたアトレティコが勝利を目指してゴールを狙い続けました。
あわやハットトリック?というようなアグエロのプレーもありましたが、結局2-2の引き分け。

アトレティコにとっては勝たなきゃいけない試合でした。
だから少し残念ではありますが、それでも両チームが勝利を目指して戦った姿に励まされました。

やっぱりサッカー、スポーツの力ってすごいのではないかな。




UD Almería: Diego Alves; Michel, Carlos García (Acasiete, m. 78), Marcelo Silva, Luna; M''Bami, Bernardello; Feghouli (Ortiz Bernal, m. 66), Kalu Uche (Goitom, m. 61), Crusat, y Leo Ulloa.


Atlético de Madrid: De Gea, Ujfalusi, Godín, Perea, Filipe Luis; Reyes, Mario Suárez, Tiago Gomes, Elías (Koke, m. 61); Forlán y Agüero.


Goles: 0-1, m. 38: Agüero. 1-1, m. 49: Crusat. 1-2, m. 60: Agüero. 2-2, m. 76: Goitom.


Árbitro: Iglesias Villanueva (colegio gallego). Amonestó a los locales Carlos García y Bernardello y a los visitantes Elías, Mario Suárez y Filipe Luis.


Incidencias: Partido correspondiente a la vigésimo octava jornada, celebrado con 13.228 espectadores, en el Estadio de los Juegos Mediterráneos

地震 

Amigos,¿el terremoto os hizo mucho daño, no?
¿Estaís bien?

Mi familia, mis amigos y yo estamos bien.


なんとか昨日のうちに徒歩と再開した電車を乗り継いで家に到達しました。
家に帰ってテレビを見て、あまりの被害の大きさに絶句しました。
津波、火事、ビルの倒壊。。。

お亡くなりになった方の数もどんどん増えて、恐ろしくて疲れているはずなのに全く眠ることができませんでした。
今はただ亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。

まだまだ余震も続いていますし、原発など不安もあります。
皆様もどうかこれからもお気をつけてください。


つらい時だからこそ、サッカーのようなスポーツが希望を与えてくれる、ということもあります。
特に海外で活躍している日本の選手たち、頑張って!




Animo! Gavilán!!!!! 

Animo! Jaime!!!

Gavilan_rompe_cruzado_estara_baja (1)


ヘタフェのガビランが日曜日のヒホン戦で怪我をしてしまいました。

検査の結果左ひざ靭帯損傷で約6ヶ月アウト。。。
最悪の結果になってしまいました。
数日のうちにバルセロナのクガット医師による手術を受ける予定だそうです。


ガビランは06-07シーズンに右ひざを靭帯損傷をしています。
その時は7か月かかって戻ってきました。
2度目の試練。

ガビラン、頑張って!
日本からも応援しています。
きっとバレンシアファンも応援してくれているよ!

Amunt! Jaime!!!

【Valencia】Schalke × Valencia【Lista de Convocados】 

LIGA DE CAMPEONES
Si o Si



今週はCL週間。
バレンシアは3月9日水曜日にドイツの地でシャルケと戦います。

この試合に臨む招集メンバです。ウナイさん、全員でドイツに行くつもりかな。(ちょっとまだ早い気が。。。)
グアイタ、モジャ、セサル、
ブルーノ、リカルド・コスタ、ナバーロ、デアルベール、スタンケビシウス(登録メンバじゃないのに!)
アルバ、マテュー
アルベルダ、トパル、マドゥロ、ティノ・コスタ、バネガ、パブロ、ホアキン、マタ、ビセンテ
ジョナス、ソルダード、アドゥリス


アウェーゴールを奪われている以上、勝たないといけません!


ダビ、記者会見より

forofos_Schalke_podemos_serlo_Lyon (1)
(ちょっと大きいですが、素敵なので張りつけちゃいます)

昨日(日曜日)ダビが記者会見に登場しました。

このダビさん、とーってもステキ!
笑顔がたまりません!!!

昨日はちょっと年取ったかな~なんて言ってしまってごめんなさーーーい!

この記者会見は彼らしくちょっとした皮肉を交えたものでした。

ダビ・アルベルダはバレンシアがCLでベスト8に勝ち残れると信じている。
「もしわれわれが勝てると確信していなかったら、次に進むことは難しいだろう。
 僕はバレンシアはシャルケより優れていると信じている。
 われわれは最大限をつくさなければならない。
 我々が絶対ゴールを決めなければいけないことは明らかだ。」
と話した。

僕はチャンピオンズリーグはいい感じだよ。
シャルケ戦も勝ち上がれると思っている。
誰かシャルケのファンらしいが、それなら我々はリヨンのファンになるね。
まぁそんなものだろう」


レアルのフロレンティーノ・ペレス会長やらがラウールのいるシャルケに勝ち上がってほしいと言っていたことに対してダビらしい応戦をしています。

私はバレンシアにもレアルにも勝ち上がってほしいです。
やっぱりリーガのチームが勝つのはうれしいですから。


キケが率いていた07-08シーズンのCLでシャルケに0-1で勝利したことがあります。
あの時のビージャゴールは最高でした。
ミゲルからのロングパスをうまくトラップして流し込んだあのゴール。
私にとってバレンシアで決めたビージャの最高のゴールです。
インテル戦のFKよりうれしかったし、彼らしかったと思ってます。

今回あのスタジアムでビージャに変わるヒーローになるのは誰でしょう。
マタ?パブロ?ソルダード?

誰が決めてもビージャゴールに勝るものは私にはありませんけど。

【Atlético de Madrid】Atlético de Madrid × Villarreal【雑記】 

LIGA BBVA Jornada 27
Atlético 3 - Villarreal 1



1299363646609_fotosagencias_20110305_222405.jpg

ようやっとビセンテ・カルデロンで勝てました!
バレンシア、セビージャ、そしてビジャレアルと続いていたホームでの試合。(さらに次はマドリーダービー!)

バレンシア戦は良い試合をしながら1-2の負け。
セビージャ戦は2度リードされなかがら追いついて2-2の引き分け。
そしてこの試合は3-1。
試合内容も良かったし、レジェス、クン、フォルランそろい踏みで言うことなし!でした。


先制点のレジェスのゴラッソ、これは今シーズンのベストゴールにランクインしそうなすごいゴール!
クンのゴールを演出したフェリペも良かったなぁ~
フォルランのゴールはレジェスとのコンビが申し分なしだったし。

いやいや、うまくいくときはうまくいくものですねぇ。

しかしレジェス、すごいなぁ。
これで年明け5ゴール。
代表に選ばれてもおかしくない活躍、なんですけどねぇ。


1299363646609_fotosagencias_20110305_223356.jpg


クンとフォルランのそろい踏みは12月のELアリス戦以来。
前節1-1の引き分けで終わったヘタフェ戦の後、記者会見で
「このチームがヨーロッパの大会に行くにはフォルランとクンのゴールが必要なんだ!」
と言っていたキケ。
4位のビジャレアル相手に二人がそろってゴールを決めてくれたことに喜びを感じているでしょうね。

ゴールのたびに誰か選手を呼び寄せて細かい指示を与えていたキケ。
今日は守備もよかったですね。
(ドミンゲスはカードをもらい次節出場停止です。)

簡単ですが、キケの記者会見から。


- ビジャレアル戦の勝利で生き返りましたか?
「ファンは素晴らしかったし、選手たちは大変な努力をした。
 ビジャレアルに勝利することはとても難しい。この勝利は我々が求めていた分岐点だ。」

- バレンシア戦やセビージャ戦のように勝ち点を失うことになるのでは?と恐れませんでしたか?
「同じような気持ちでハーフタイムに突入した。
 しかし我々が良いプレーをしていたのも確かだった。
 これは勝利するために必要なことだった。」

- この試合でゴールを決めた3人をどう見ていますか?
「すべての選手のために彼らが良くなることを願っている。
 クンとフォルランがこのままゴールを決める良い流れに乗れるようにしなければ。」

- チームはチャンピオンズリーグを争うライバルに対して物凄いライバル心をもって試合に臨みましたか?
「ビジャレアルにはモチベーションをもっていた。
 サッカーにおいて心理状態は毎試合影響する。
 3、4試合前から良い感じを持っていた。そしてこのような試合を待っていた。
 我々から勝ち点を奪ったチームより劣っていたとは考えていなかった。
 サッカーは我々にとって無慈悲だった。」



1299363646609_fotosagencias_20110305_223617.jpg


この試合で私が一番良かったと思ったのはフェリペ。
フェリペの動きがなければクンのゴールは生まれていなかったと思うし、
あのクンのゴールがなければ、苦しい時間帯が続き、こんな結果にはならなかったかもしれないから。

アントニオ・ロペスも安定しているだけに相手によって使い分けるのが続いていくのかなぁ。

私は。。。フェリペが良いけど。



Atlético de Madrid: De Gea; Ujfalusi, Godín, Domínguez, Filipe Luis; Reyes, Tiago, Mario Suárez (Assuncao, m. 81), Elías (Koke, m. 69); Forlán y Kun Agüero (Juanfran, m. 88).


Villarreal: Diego López; Mario, Musacchio, Gonzalo, Capdevila; Cani (Marco Ruben, m.72), Bruno, Borja Valero, Cazorla; Nilmar y Rossi.


Goles: 1-0, m. 5: Reyes, con un disparo perfecto a la escuadra. 1-1, m. 34: Rossi, con un potente lanzamiento de falta. 2-1, m. 69: Agüero supera por encima la salida de Diego López tras una gran asistencia de Filipe Luis. 3-1, m. 71: Forlán culmina una pared con Reyes.


Árbitro: Iturralde González (C. Vasco). Amonestó a los locales Mario Suárez (m. 13), Domínguez (m. 33) y Reyes (m. 56) y a los visitantes Cani (m. 53) y Gonzalo (m. 61).


Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo séptima jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 30.000 espectadores

【Valencia】Mallorca × Valencia【雑記】 

LIGA BBVA Jornada 27
Mallorca 1 - Valencia 2



2011-03-06_IMG_2011-03-06_12-57-46_enf70b~1


しばらく更新できず申し訳ありませんでした。
私自身、試合は見ていたので、記事をアップする時間がないことにジレンマを感じてました。
少なくても3月いっぱい仕事とスペイン語の勉強でこんな日々が続きそうです。
うー、爆発しそうだ。。。


なんてイライラをかかえながら見た試合。
パブロの2ゴールはスカッとするきれいなゴールでした。


でもでも!
何がうれしいって戻ってきてくれたのですよ、ダビが!

やっぱりこの人がいると試合をみる私の気持ちが全然違います。
今回も招集メンバ入りしていたので、いつ出てくるかとそればかり気になってました。

試合終了間際(87分)だったので、わずかな時間でしたが、アグレッシブにボールを追うダビの姿を見ることができました。
ダビが入った時はもううれしくて、思わずウルウル。。。


この試合は慣らし?という感じでしょう。
できたら週中のシャルケ戦に出たい!と思っているのでしょうね、ダビは。

albelda-5-marzo-2011.jpg


試合は今日WOWOWで放送があるのであまり詳しく触れません。

マジョルカも決して悪くなかったので、やっぱり今シーズンのバレンシアにはなにかツキのようなものもあるように思えました。

Aki、こと家長もなかなか良かったです。
私が聞いていたCOPE(解説はバラハ)でも褒められていましたよ。


喪章のわけは

レナンのお母様がお亡くなりになったため、バレンシアの選手たちは喪章をつけてのプレーになりました。
レナンの年齢から考えてまだお若いのでは?と思います。
私からもお悔やみを。

Reciba mi más sincero pásame por la muerte de su madre.





Mallorca: Aouate; Cendrós, Nunes, Ramis, Kevin; Nsue, Martí (Tejera, min. 83), De Guzmán (Joao Víctor, min. 85), Pereira (Aki, min. 67); Castro y Webó.


Valencia: Guaita; Bruno, David Navarro, Ricardo Costa, Alba; Pablo, Banegas (Albelda, min. 87), Topal, Mata (Vicente, min. 81); Aduriz y Jonás (Joaquín, min. 70).


Goles: 1-0. min. 30: Ramis marca un penalti de Costa a Webó muy discutido en las filas valencianistas; 1-1, min. 32: Pablo fusila a Aouate tras una asistencia de cabeza de Aduriz; 1-2, min. 57: Pablo sorprende a Aouate con un remate ajustado al palo.


Árbitro: Undiano Mallenco (colegio navarro). Amonestó a Webó, Ramis.


Incidencias: partido correspondiente a la vigésima sexta jornada del campeonato de Liga disputado en el Iberostar Estadi ante 14.000 espectadores. Antes del partido se guardó un minuto de silencio en memoria del socio del Mallorca Bartomeu Frau. Los jugadores del Valencia lucieron brazalete negro por la muerte de la madre del portero Renan

おまけ

more...

【Atlético de Madrid】Getafe × Atlético de Madrid【Lista de Convocados】 

LIGA BBVA Jornada 26
Quique vuelve al Coliseum Alfonso Pérez



26節は週中の試合。
火、水、木に行われます。

簡単に対戦カードを簡単に。
火曜日:20時~エスパニョール×マジョルカ、
    22時~セビージャ×スポルティング
水曜日:20時~サラゴサ×ビルバオ、ヘタフェ×アトレティコ、ビジャレアル×エルクレス、
       オサスナ×デポルティーボ、R・ソシエダ×レバンテ
    22時~バレンシア×バルセロナ
木曜日;20時~アルメリア×ラシン
    22時~R・マドリー×マラガ

もちろん一番注目されるのは水曜日のバレンシア×バルセロナ。
ビージャが初めてメスタージャに戻ってきます。

しかし、こちらもなかなか面白いカードなのですよ。
プチマドリッドダービー。
ヘタフェ×アトレティコです。

e__archivo_photo_10_1_1_20110228_YAT04F1.jpg

キケがアルフォンソ・ペレスに戻る、という意味もありますし、guapo監督対決という話題もあります。
ミチェルもなかなかさわやかで素敵なのですよね~。
ちょっとおなかのあたりがキケさんよりも気になりますけど。
こんな色のセーターは日本人にはなかなか着れません。

Michel_reto_vital_superar_manana.jpg


今日はジャケット着用での会見だったのねぇ~ステキだわ。。。

rueda_de_prensa_de_quique_1_3_11.jpg



アトレティコはすでに招集メンバを発表しています。
このところ試合前日の宿泊をしなくなったのできっと今回も試合当日の水曜日に集合してヘタフェまで行くことになるのでしょうね。
(サラゴサへのAVEで当日移動だったそうです)

デ・ヘア、ジョエル
バレラ、アントニオ・ロペス、ゴディン、ドミンゲス、ペレア、
マリオ・スアレス、チアゴ、ラウール・ガルシア、アスンソン、エリーアス、レジェス、ファンフラン、コケ
フォルラン、アグエロ、ジエゴ・コスタ


メリダとフェリペ・ルイス、ウィファルシが招集外。
ウィファルシは右ひざの裏側が痛いらしいです。
しかし、、、フェリペは使ってほしいぞ、キケ!


レギュラーをつかんだ?

pro_photo1298985081.jpg

アトレティコの今週の話題はセビージャ戦でのフォルランの態度とコケ。
フォルランの方はキケとの関係がうまくいっていないとか、またまたメディアが書きたててます。
しかしよく飽きもせずに書きますね。
彼らの一挙手一投足をいろいろ分析して書いているって感じ。
まぁこちらはフォルランがゴールを決めれば収まる話でしょう。

Koke_forma_parte_once_ideal.jpg


で、コケです!
2試合連続で先発出場。チームは勝利と引き分け。
さらに彼自身ゴールも決めた。
試合後の記者会見でキケも彼をほめちぎった、となれば
「もうレギュラーを手に入れた?!」
となるのでしょう。

さらにフランスのレキップ紙も「今週のベストイレブン」にコケを選出。
いやぁ~一気にブレイクしちゃいそうな勢いです。
うれしいですけど、なんだかあまりに急で戸惑っちゃいますね。

でもでも、ヘタフェ戦ももし先発となったら、本物かなぁ~?


なぜか満面の笑みのドミンゲス。
あまりの笑みにこちらまで思わずにっこり。
やっぱり試合に出られたのがうれしかったのかな。
今度はゴールを決められないように頑張りましょう。

rueda_de_prensa_de_dominguez_28_2_11.jpg

【Valencia】Atletic de Bilbao × Valencia 

LIGA BBVA Jornada 25
Athletic 1 - Valencia 2



1298899664_0.jpg

試合は勝ちました。
見事な逆転勝ちでした。

私は後半途中からしか見られなかったので、ちょうど良いところを見て、気持ちよく出社しました。

しかし。。。前半にナバーロがやってくれてました。
ジョレンテと競り合った際に、激しいひじ打ちでジョレンテの頭に数針縫うけがをさせたのです。
それだけならまだしも、まるで自分も頭を打って怪我したように倒れこんだんです。
でも何度リプレーを見てもナバーロの頭には何もかすりもしていない。

試合後、ナバーロはインタビュに答えてこう話しました。
「僕は落ち着いている。
 ピッチの中では激しいプレーがあった。しかしそれはピッチの中だけ。
 ジョレンテに怪我をさせたかったわけじゃない。
 僕は厳しいタックル受けたあと、誰も非難したりしない」
「彼らは僕ら以上にイエローカードをもらっている(私は違うと思うけど)
 僕は僕の仲間の脚がどんな状態だか見てもらいたいよ」

ジョレンテとの争いの後、気を失ったことについては
「ジャンプした時、首の引きつりを感じた。
 それで僕はめまいが起こったんだ。
 メディコは僕を検査して、大丈夫だと言ったんだよ」

「僕はジョレンテとは何の問題もない。
 もし彼と一杯やれっていうのあら僕はいけるよ。
 彼はデカくて、止めるのが難しいんだ」


全く、言葉がない。

メディアが以前のことを蒸し返すのはどうかと思う。
でも蒸し返されても仕方がない行為だったし、発言だった。

マジョルカにレンタルされて、戻ってきて少しは成長したかと思ったのに。。。
本当に悔しいし、残念。

なんだかほんとに後味悪い試合になってしまいました。。。


ダビさん、彼を諭してやってくれ。
「バレンシアのブラサレットを付ける」意味について。





Athletic Club: Iraizoz; De Marcos, San José, Ekiza, Koikili; David López (Susaeta, min.72), Gurpegui, Javi Martínez, Muniain (Díaz de Cerio, min.83); Toquero (Gabilondo, min.75) y Llorente.


Valencia CF: Guaita; Bruno, Stankevicius, David Navarro, Mathieu (Jordi Alba, min.73); Topal, Banega (Tino Costa, min.77); Joaquín, Mata, Pablo Hernández (Jonas, min.63); y Soldado.


Goles: 1-0, min.14: Llorente. 1-1, min.71: Mata. 1-2, min.81: Jonás.


Árbitro: Muñiz Fernández (Comité Asturiano). Mostró tarjeta amarilla a los locales Muniain, Llorente y De Marcos, y a los visitantes Topal, Soldado, Bruno, Stankevicius y Tino Costa.


Incidencias: Unos 35.000 espectadores en San Mamés. Noche fría y lluviosa. Terreno de juego muy rápido por el agua caída, pero en buenas condiciones para jugar. Vigésima quinta jornada de Liga.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。