Archives

 2011-07 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española:Sub-19】España × República de Irlanda  

España 5 - República de Irlanda 0



Sub-19_saco_rodillo_dio_opcion.jpg
A la final!

Sub19も決勝進出です!
7月29日に行われたSub19ユーロの準決勝、アイルランド戦でスペイン代表は5-0の大勝。
明日8月1日にチェコと決勝戦を戦うことになりました。

グループリーグ最終戦、トルコとの試合で3-0の負け。
ちょっと不安もよぎりましたが、そんなものを軽くふっとばすGoleadaでした。

本当は見たかったのですが試合が平日の2時45分からではちょっと無理。
ということで、cuatroのビデオでgoleadaを堪能しました。


まずは前半デウロフェウのゴールで先制。
Deulofeu adelanta a la rojita
彼のゴールも素晴らしかったですが、その前のサラビアのパスが素晴らしかった!


そして2点目はそのサラビア!
これもゴラッソでした。
Sarabia hace el 2-0
Vamos_salir_morder_hacer_juego.jpg


3点目はマラガのファンミ。
マラガ、今良い選手を買いまくっていますが、カンテラにもこんな良い選手がいるではないですか。
Juanmi pone rumbo a la final con el tercero


4点目は試合前日のCOPEのインタビューで「優勝の方が大事。もちろん大会ピチチがとれたらうれしけど」と言っていたモラタ!
試合中に頭にけがをして包帯をしてのプレーを続けていた彼はゴール後のパフォーマンスでなんだか痛そうな表情をしていて心配になってしまいましたが。
Morata remata a Irlanda. 4-0

5点目もモラタ。
これは相手DFの腕に当たって得たPK。
でも腕に当たったと言っていますがよく見ると背中だったようにも見えるんですよね。
スペインにとってはラッキーな判定でした。
モラタ、しっかり決めてこれで5ゴール目。大会ピチチです。
Morata hace el quinto en el descuento

1311978008_extras_mosaico_noticia_1_g_0.jpg


しかしどの世代もスペイン代表は皆、仲がよいですね。
モラタの試合後のインタビューから。
「僕はこのチームでこの仲間たちとプレーできることをとても誇りに思っている。
 とても楽しいよ。
 僕らはすごく良いグループだ。
 だからこのタイトルが手の届かないものだとは思わないよ。」
「ヘラルド、ファンミ、サラビア… ここにいる選手たちはみんなすごいよ。
 ファンミはもうプリメーラでプレしているし、パブロは今シーズンそうなるだろうし。
 デウロフェウは面白い奴だよ。
 みんな決勝でプレーできることにとても満足しているし、喜んでいる」
「(決勝の相手である)チェコがどれだけゴールを決めているかはしらない。
 でも僕はこの大会からチャンピオンになって去りたい。
 それにもしピチチになれたら、それはもっと嬉しい。
 決勝でもゴールを決められたら、それはサラビア、ファンミ、デウロフェウ達ミッドフィルダーが僕にたくさんパスをくれたということだろうね。」


モラタもレアルで出番がきっとある!と思います。
ASの投票だとファンはモウリーニョのいうもう一人のFWにアデバヨールよりモラタの方を選んでいますからね。


Sub21にくらべてもまだまだ細くて、少年の面影が残る彼ら。
決勝戦は8月1日月曜日19時から。(日本時間は火曜2時から)
決勝戦の後も彼らの飛び切りの笑顔がみれますように!


試合の様子の写真です。
RFEFの写真集
UEFAの写真集



España: Edgar Badia; Daniel Carvajal (Albert Blázquez, m.82), Sergi Gómez, Ignasi Miquel, Jon Aurtenetxe; Rubén Pardo, Álex, Pablo Sarabia (Juan Muñiz, m.66), Juanmi; Álvaro Morata y Gerard Deulofeu (Paco Alcácer, m.80). Entrenador: Ginéz Meléndez.


R. Irlanda: Aaron McCarey; Derrick Williams, John Egan, Anthony O''Connor, Joseph Shaughnessy; Jeffrey Hendrick, Samir Carruthers (Eoin Wearen, m.62), Sean Murray (Kevin Knight, m.71); Anthony Forde, John O''Sullivan y Conor Murphy (Connor Smith, m.46). Entrenador: Paul Doolin.


Goles: 1-0, m.27: Deulofeu; 2-0, m.40: Sarabia; 3-0, m.46: Juanmi, 4-0, m.79: Morata; 5-0, m.91: Morata (P).


Árbitro: Clément Turpin (FRA). Amonestó a Hendrick, Murray, McCarey por la República de Irlanda, y a Carvajal por España.


Incidencias: partido de semifinales del Europeo sub''19 de Rumanía disputado en el estadio Concordia de Chiajna.

スポンサーサイト

【Selección Española】Sorteo de la fase de clasificación 

Mundial 2014
フランスと同組



昨日7月30日、2014ブラジルワールドカップに向けたヨーロッパ予選グループ分けが決まりました。

ヨーロッパからは13ヵ国がワールドカップに出場できます。

抽選が行われる前、ポッド分けでスペインはポッド1でした。
この中から各組には各ポッド1つずつ割り振られます。
最終的には6各国の組が8組、5か国の組が1組出来ます。
各組一位は自動的に出場が決定。
残りの4つの枠は…各組2位でのプレーオフになります。


ポッド1(シード国):スペイン、オランダ、ドイツ、イングランド、ポルトガル、イタリア、クロアチア、ノルウェー、ギリシャ

ポッド2:フランス、モンテネグロ、ロシア、スウェーデン、デンマーク、スロベニア、トルコ、セルビア、スロバキア

ポッド3:スイス、イスラエル、アイルランド、ベルギー、チェコ、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベラルーシ、ウクライナ、ハンガリー

ポッド4:ブルガリア、ルーマニア、グルジア、リトアニア、アルバニア、スコットランド、北アイルランド、オーストリア、ポーランド

ポッド5:アルメニア、フィンランド、エストニア、キプロス、ラトビア、モルドバ、マケドニア共和国、アゼルバイジャン、フェロー諸島

ポッド6:ウェールズ、リヒテンシュタイン、アイスランド、カザフスタン、ルクセンブルク、マルタ、アンドラ、サンマリノ



フランスがポッド2に入っていることが問題だったのですが、結局その問題のフランスがスペインと同じ組になってしまいまいました。
抽選結果です。
スペインはIグループ。
なんかスペインってうしろの方のグループになることが多い気がする。

フランスもいやですが、最近とても力をつけてきたベラルーシも侮れません。
5か国とはいえ、グループIは結構キツイ組ですね。

でも、大丈夫だ!
Sub21,Sub19などを見ていると、スペインの今の強さは一時的なものではないと思えますから。



<グループA>
クロアチア、セルビア、ベルギー、スコットランド、マケドニア、ウェールズ

<グループB>
イタリア、デンマーク、チェコ、ブルガリア、アルメニア、マルタ

<グループC>
ドイツ、スウェーデン、アイルランド、オーストリア、フェロー諸島、カザフスタン

<グループD>
オランダ、トルコ、ハンガリー、ルーマニア、エストニア、アンドラ

<グループE>
ノルウェー、スロベニア、スイス、アルバニア、キプロス、アイスランド

<グループF>
ポルトガル、ロシア、イスラエル、北アイルランド、アゼルバイジャン、ルクセンブルク

<グループG>
ギリシャ、スロバキア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、リトアニア、ラトビア、リヒテンシュタイン

<グループH>
イングランド、モンテネグロ、ウクライナ、ポーランド、モルドバ、サンマリノ

<グループI>
スペイン、フランス、ベラルーシ、グルジア、フィンランド





日本は

日本のいるアジアはこんなグループわけになっています。


3次予選
<グループA>
中国、ヨルダン、イラク、シンガポール

<グループB>
韓国、クウェート、UAE、レバノン

<グループC>
日本、ウズベキスタン、シリア、北朝鮮

<グループD>
オーストラリア、サウジアラビア、オマーン、タイ

<グループE>
イラン、カタール、バーレーン、インドネシア



そのほかはこちらをご覧ください。
サッカー:2014年ワールドカップ・大陸予選抽選会

【Valencia】 Rapid de Viena × Valencia 

Amistoso
Rapid de Viena 4 - Valencia 1



viena-26-julio-2011b.jpg

新加入3人、何やってんだろう。

こんなことでも考えないとハイライト映像なんてみれません!

そう、こちらも忘れるべき親善試合でした。
しかもオウンゴールじゃなく、きれいにゴール決められてますからね…
さらにソルダード、一発レッドで退場だし…
ありえないでしょ、親善試合で!と思いますが、ソルダードですから、やってしまったんですよね。ひじ打ちを。

カピタンになるかも、なんて言われているんだから、そんな行為は二度としないでほしいです!

しかしDFの間、うまく抜けられてます。
これだけきれいにやられると腹も立たないというか…
DF、やっぱり不安ありなんですかねぇ。
といってもよいCB、SBなんてそう簡単に見つからないですからねぇ。



この試合はハイライト映像で、試合前ダビが相手のチームのカピタン、審判団と握手するあのシーンだけってことにしておいたほうがよさそう。

viena-26-julio-2011d.jpg

一応ハイライト映像






Rapid de Viena: Novota; Katzer, Sonnleitner, Patocka, Schrammel; Trimmel, Hofmann, Kulovits, Prokopic; Salihi y Alar. También jugaron Gartler y Nuhiu.


Valencia: Diego Alves; Portu, Rami, Ricardo Costa, Jordi Alba; Parejo, Albelda; Feghouli, Piatti, Mata; y Aduriz. También jugaron: Miguel, Dealbert, Pardo, Mathieu; Topal, Maduro; Pablo, Jonas, Bernat; y Soldado.


Goles: 1-0, m.23: Alar. 2-0, m.42: Schrammel. 3-0, m.74: Rene Gartler. 4-0, m.82: Rene Gatler. 4-1, m.90: Pablo Hernández.


Árbitro: Harald Ruiss (Austria). Mostró tarjeta amarilla a los locales Kulovits, Katzer y Schrammel y a los valencianistas Portu, Mata, Parejo, Pablo, Miguel y Mathieu. Expulsó, con tarjeta roja directa, a Soldado (m.61).


Incidencias: tercer partido de la pretemporada del valencia disputado en el estadio Gerhard Hanappi-Stadium.


おまけ

more...

【Selección Española:Sub-19】Turquía × España 

Europeo Sub-19
Turquía 3 - España 0



2連勝で準決勝進出が決まっていたスペイン。
トルコにガツンとやられてしまいました。
とはいえ、トルコの3点中2点はオウンゴールなんですけど。

私は試合を見ていなかったので良くわからないのですが、サラビア曰く、
「僕らには気持ちの強さが足りなかった」
のだそうです。

まぁちょっと油断、というか慢心があったのかもしれません。


この試合、実はちょっと楽しみにしていたのです。
それはバレンシアのパコとアトレティコのボルハが先発するらしい、と前日の記事に書いてあったから。

試合のスコアシートをみると確かにボルハとパコは出ていますが、パコは前半で交代しています。
どうも試合中に怪我をしたようです。
メディコの発表だと左足の4番目の指(薬指?)の打撲だけで、大したことはなさそう。
今のところ準決勝には問題なく出場できるだろうということです。


前半、オウンゴールで先制されてしまったスペインは、後半、サラビアとデウロフェウを投入しましたが、効果はあまりなかったようですね。
51分、56分(これもオウンゴール)と追加点をとられ、いいところなしでした。

これは忘れるべき試合、というものなのでしょう。


それでもスペインは前の2試合で4点ずつ獲っていることが大きく、グループトップで通貨。
7月29日アイルランドと準決勝を戦います。




Turquía: Kahveci; Basibuyuk, Seker, Ozmen, Corekci; Sahiner (Ciftci, m.78), Iravul (Tastan, m.72), Gulle, Ali Dere; Demir (Oztuvan, m.83) y Bekdemir.


España: Ortolá; Gómez, Ignasi Miquel, Ramalho, Blázquez; Alex (Rubén Pardo, m.71), Campaña; Borja, Juanmi (Sarabia, m.46), Muñiz; y Alcácer (Deulofeu, m.46).


Goles: 1-0, m.31: Ramalho, en propia meta. 2-0, m.51: Corekci. 3-0, m.56: Sergi Gómez, en propia meta.


Árbitro: Tamas Bognar (HUN). Mostró tarjeta amarilla a Seker, Bekdemir y Sarabia.


Incidencias: partido de la última jornada de la primera fase, grupo B, del Europeo sub''19 de Rumanía disputado en el estadio Concordia de Chiajna ante unos 800 espectadores.

【Valencia】Rueda de Prensa de David Albelda 

Eres capitán



albelda-25-julio-2011.jpg

7月25日の記者会見はダビでした。
会見の内容は大きく2つ。
一つはネット上にでたバネガの写真について。
兄弟と一緒に写っているバネガはこともあろうにレアル・マドリーのユニを着ていたのです。

もう一つはダビ自身のこと。
今シーズン、カピタンを務めるのかどうか。

彼らしい歯切れのよい会見内容でした。

Las Provinciasの記事から訳してみます。

Las Provinciasの記事の題は
Albelda ya ejerce de capitán para arropar a Banega
「アルベルダはカピタンとしてバネガを守った」


最近のバネガの残念な行いといえば、彼の兄弟のエミリアーノのFacebookにレアル・マドリーのユニフォームを着たバネガの写真がアップされたことだ。

昨日、選手たちはこの話題に触れないようにしていた。
アルベルダは、カピタネスの一人として、バネガの行いとマドリーのユニフォームについて、些細なこととみなした。
”誰でも自分の行いに責任を持たなければならない。
 バネガは説明をするべきだ。
 まぁ冗談でやったのだと僕は思うが。
 でも不快に思う人がいることは理解できる。”
”多分理由があるはずだ。彼が来る前にそれらのことをとやかく言うべきではない。”

”ここではバネガに求めることは彼の最高のパフォーマンスを出すことだろう。
 彼のような選手を見つけることはとても難しい。”

”(アルベルダはソーシャルネットワークはやっていない)
 僕は何もやっていない。だからどんなことにもならない。
 写真をアップしたりすればそれは公になるということだ。
 たとえ個人のものであっても、多くの人々が見ているからね。


20110725dasdasftb_29.jpg
 

第2の話題、カピタンについて。

アルベルダはカピタン復帰について考える時間を持った。
それは彼が契約を延長した日からだった。

”これはとても単純な問題だ。
 監督が決断するだろう。
 チームには若い選手や新しい選手がとてもたくさんいて、チームを作っている途中だ。
 僕は理解できるよ。監督が僕にカピタネスに入ってほしいと考えるのがね。”

”強い基礎を築くためには若い選手がとても重要だ。
 多分、最高のものを出すために必要な経験を持った選手は来ないだろうが、学びたいという強い気持ちをもった選手は来るだろう。
 そういう特徴をもった選手は常にバレンシアに良いものをもたらす。
 タイトルを獲得した時もそうだった。


ASには
僕はカピタンになるのに何の問題もない。
とはいっても、ブラサレットをつけてもつけなくても僕がチームにもたらすものは変わらないけど。

と書いてありました。

チーム最年長として、経験のある選手として、彼はカピタンを引き受けてくれますね、きっと。



と、いうことで、昨日のぼろ負けの試合でもダビはしっかりカピタンでした。
試合のハイライト映像の最初の方でダビがカピタンとして、審判団や相手チームのカピタンと握手しているところをみて、しみじみ思いました。

カピタン、ダビが帰ってきた!
La verdad de David como capitan ya ha vuelto! 

SK Rapid Wien - FC Valencia - 26.07.2011 - Testspiel - 4:1

【Seleccón Españala:Sub-20】Perú × España 

Amistoso
Perú 0 - España 0



20110726dasdaiftb_20.jpg

Sub-20ワールドカップ直前のペルーとの親善試合。
なんと5万にもの観客が集まったそうです。
なぜなら、試合の行われたEstacio Nacionalのこけら落としだったから。
もちろんスペインの若い代表への期待もあったとは思いますけど。

出来立てのスタジアムでの試合、ということでどうも芝の状態もあまりよくなったようですね。
そんなこともあってかスペインは試合を支配するものの、ゴールを決めることができず0-0の引き分けで終わってしまいました。

私が注目している二人の選手、イスコとコケ。
イスコはフル出場、コケは後半からの出場でした。

イスコには先制するチャンスはがあったようなのでけど、決めきれず。
結局0-0。

ちょっと心配ですが、そういえばフル代表もユーロの直前などあまり良い内容とはいえない試合をしていましたからね。
本番になって徐々に調子を上げていってくれたらそれが一番だと思います。

いろいろプレッシャーもかかる彼らが試合を楽しみながらワールドカップをたたければよいなと思います。

Peru-empato-sin-goles-ante-una-Espana-que-domino-pero-no-definio.jpg


spainsub20amistso.jpg




Perú: Carlos Cáceda; Cristian Dávila, Néstor Duarte, Werner Schuller, Luis Trujillo (m.46, Mauricio López); Angel Romero, Mario Velarde (m.46, Joyce Conde), Paolo Hurtado, Jorge Bazán, Cristian Cueva (m.70, William Mimbela); Christofer Soto (m.82, Christian La Torre) Entrenador: Javier Chirinos.


España: Aitor Fernández (m.46, Alex Sánchez), Jorge Pulido, Marc Bartra, Hugo Mallo, Antonio Luna, Francisco Alarcón, Ezequiel Calvente (m.62, Jose Luis García), Oriol Romeu (m.62, Cristian Tello), Daniel Pacheco (m.46, Jorge Resurreción), Sergi Roberto (m.62, Francisco Femenia), Rodrigo Romero (m. 46, Alvaro Vásquez). Entrenador: Julen Lopetegui.


Arbitraje: Encuentro dirigido por colegiado Víctor Hugo Castillo, quien amonestó a Oriol Romeu, Hugo Mallo y Francisco Alarcón por parte de España y Angel Ojeda por Perú.


Incidencias: Partido amistoso entre las selecciones sub''20 de Perú y España con motivo de la inauguración de la remodelación del Estadio Nacional de Perú, en Lima, ante unos 30.000 espectadores. Antes del encuentro se homenajeó a la selección absoluta de Perú, que llegó directamente del aeropuerto procedentes de Buenos Aires, donde el sábado lograron el tercer puesto de la Copa América. El presidente de Perú, Alan García, dio el saque de honor.





【Selección Española:Sub-19】Serbia × España 

Europeo Sub-19
Serbia 0 - España 4



1311455764058.jpg

ベルギー戦のGoleadaは彼らの実力に間違いありませんでした。
昨日のセルビア戦でも見事、4ゴールをあげ、0-4の完勝でした。

Gol Morata España 1 - Serbia 0 (sub19)
Gol de Morata España 3 - Serbia 0 (sub19)
Gol de Morata España 4 - Serbia 0 (sub19)

ゴールそのものはカウンターからのゴールでしたけど、試合を支配していたことは間違いありません。
でもどれも美しいゴールでした。

…そうです、実はこの試合もバレンシア戦に続いてみてしまったのです…

ところどころ記憶のないところもありますが、なぜかゴールの時はちゃんと見ていたんですよね…
これもゴール嗅覚かも?


Hat-Tric de Morata!

serbia-espana-morata-delofleu--644x362.jpg

Sub-21ではアドリアンがハットトリックを決めチームに勢いを与えました。
今回はレアル・マドリーのモラタ!
もうトップチームデビューもしている選手なので実力があるのはもちろん知っていましたが、素晴らしいゴールの連続でびっくりしてしまいました。

さらに2点目のファンミのゴール、3点目、4点目のモラタのゴール(モラタの2ゴール目)はサラビアのアシスト。
サラビアもレアルカンテラの選手でした
今シーズン、彼はヘタフェに移籍。(もちろん買戻しオプション付き)
もしかしてレアルの関係者、この試合をみてちょっと考えてしまっているのでは?

しかしレアル・マドリーもカンテラに良い選手いますねぇ。
お願いですから彼らを大切に育ててください。そしてできたらもっと彼らにチャンスを!


試合の最後の方ではアトレティコのボルハも出場。
チャンスはあったのにゴールを決めることができませんでした。
次こそ是非、ゴール決めてね!


ベルギー戦、セルビア戦と中一日しかなく少々お疲れの選手たち。
24日はプールでのリハビリセッションでした。
少しは疲れが取れたかな。

これで2連勝のスペインはすでに準決勝進出を決定。
次のトルコ戦ではグループリーグ一位抜けを狙います。




Serbia: Peric, Petkovic, Cosic, Vitas, Kuzmanovic, Rogac (Trujic, m.46), Brasanac (Mrkela, m.46), Causic, Jojic, Lukic y Pesic (Despotovic, m.56).


España: Badía, Carvajal, Gómez, Miquel, Aurtenetxe, Rubén Pardo, Deulofeu (Borja, m.72), Juanmi (Alex, m.58), Sarabia, Campaña y Morata (Muñiz, m.81).


Goles: 0-1, m.13: Morata. 0-2, m.15: Juanmi. 0-3, m.22: Morata. 0-4, m.75: Morata


Árbitro: Pawel Gil (POL). Mostró tarjeta amarilla a los serbios Kuzmanovic y Jojic, y a los españoles Aurtenetxe y Morata.


Incidencias: partido de la segunda jornada del grupo B del Europeo sub''19 de Rumanía disputado en el estadio Concordia de Chiajna ante un millar de espectadores.

【Valencia:Amistoso】Leicester × Valencia 

Amistoso
Leicester 0 - Valencia 1



Jonas_alegra_Parejo.jpg

雨の中行われた試合はバレンシアがジョナスのゴールで1-0の勝利。
プレシーズン2連勝を飾りました。

私はとにかく眠くて。ダビの姿だけは見たかったので前半はなんとか起きていましたが後半は…
なのであまり試合の内容をよく覚えていないのですが…

前半はダビがカピタンで、
グアイタ、ブルーノ、パルド、リカルド・コスタ、マテュー、ベルナト、マドゥロ、フェグリ、ジョナス、アドゥリス。

後半はカピタンがソルダードで、
アウベス、ミゲル、ラミ、デアルベルト、アルバ、トパル、ポルトゥ、パレホ、パブロ、ソルダード、ピアッティ。

後半は新加入の4選手がそろって出場。
ASにはその4人についての評価が載っていました。
(記事ではアウベスとパレホの評価が逆になってますが)

ラミ
 ディフェンスを率い、セットプレーの際には絶えず注意をしていた。
 昨日はヘディングも見せた。

ピアッティ
 動きに粘り強さがなかった。右サイド、左サイド、さらにセンターでプレーした。
 昨日はせいぜい相手チームの安定を失わせただけだった。

パレホ
 彼のデビューはすべての視線を独り占めした。彼を起用することでエメリは初めて4-3-3を試した。
 彼の戦術の中でカギになるものだ。 
 さらにパレホはすべてのFKとCKをけった。 

アウベス
 彼もグアイタも2試合ともゴールを決められることはなかった。
 再び、やることはほとんどなかった。
 とはいえもう少しで相手チームの隙を突くゴールキックがあった。



阿部選手と握手!

1311448898149_enviofotografos_20110723_210525.jpg

実はジェフにいた時、結構お気に入りだった阿部選手。(今は長谷部の方が好きだけど)
彼とダビが握手する瞬間が来るなんて!信じられない!!!




Leicester City: Schmeichel; Peltier, Bamba, Mills, Konchesky; Abe, Wellens, King; Gallagher, Vassell, Schlupp.


Valencia: Guaita; Bruno, Pardo, Ricardo Costa, Mathieu; Bernat, Maduro, Albelda, Feghouli; Jonas y Aduriz. También jugaron: Diego Alves; Miguel, Rami, Dealbert, Alba; Topal, Portu, Dani Parejo; Pablo, Soldado y Piatti.


Gol: 0-1, m.21: Jonas.


Árbitro: Gerhard Meschnark (Austria).


Incidencias: segundo partido de pretemporada del Valencia, disputado ante cerca de mil espectadores en el estadio Jacques Lemans de la localidad austríaca de Sankt Veit an der Glan, correspondiente a la Copa Kärnten y que también han disputado el Bursapor turco y el PSV Eindhoven holandés.



おまけ

more...

Qué guay!!!!!!!!!!!!!!!!!! 

1311322355006_solosuper_20110721_132838.jpg

なんて素敵な笑顔!

最近写真が少ないなぁと思っていたら、いきなりこの写真。
スーペル、ありがとう~!!!


カピタンに戻る、その役目を引き受ける、もう彼はその準備ができていると思います。
昨年まではやっぱりちゃんとしたカピタンがいるチームの中で、一歩ひいていたところがあったけど、
今シーズンはもうしっかりと自分の役目だと認識している、それが表情に出ている気がします。


私にとってはまだ続いていたあの07-08シーズンの悪夢をようやっと覚ましてくれた、そんなダビの笑顔でした。
このブラサレットを付けているダビの姿とともに。

なんだか本当に今シーズンがとても楽しみです。
あ~今日の試合、見たい!

1311103803246_enviofotografos_20110719_210204_20110723194056.jpg



【Selección Española:Sub-19】España × Bélgica 

Europeo Sub-19
España 4 - Bélgica 1



1311284406778_convert_20110723214339.jpg

若い彼らの飛び切りの笑顔もかわいいですねぇ。。。

結局最後まで見てしまったこの試合。
4-1とスコアを見ると楽勝、のようですが…

前半、ベルギーのGKが退場になるプレーで得たPKをサラビアが決め1-0リード。
前半のうちに相手が一人減ったことでこれは楽勝?と思ったのですが、以降ボールは支配するものの、なかなか追加点が奪えず。
前半は1-0で終了。

早く追加点がほしいなぁと思った後半開始直後、ベルギーのカピタン、Cuvelierに決められ追いつかれてしまいました。
ベルギーは唯一のチャンスを決めた、というぐらい、ほとんどチャンスはなかったのですが、それをきっちり決めてくるのはさすがです。

先制して、なかなか点が取れず追いつかれ。。。という展開にSub-21の初戦、イングランド戦のいやな思い出がよみがえってきましたが、その不安をバレンシアのパコが振り払ってくれました!

パコは先発出場ではなく、後半同点に追いつかれてからファンミに変わって入りました。
正直ファンミが前半良い動きを見せていたので「大丈夫かな」という不安もありました。

しかし!
これもデウロフェウに変わって入ったムニィスの右サイドからのクロスをきれいに頭で合わせてゴール!!!
いやぁ、美しいヘディングでした。

これ以上追加点が入らないと、焦り始めちゃうかなという微妙な時間でのゴール。
良くやった、パコ!という感じでしたね。

しかし、この後も攻めはするものの追加点は奪えず。
2-1できまり?と思った91分にパコのゴールを演出したムニィスが素晴らしいゴラッソを決め3-1。
さらに93分にはこれまたムニィスのパスをモラタが決めて4-1。

と、Goleadaといっても10人で長い時間戦い続けたベルギーの疲れも手伝って、だったので、まだまだこの代表の本当の力は分からないなと思います。

ただ監督の采配はズバリ!でしたね。
選手交代はぴたりあたってましたから。
これってすごく大事な気がします。
この前のユーロのアラゴネスといい、Sub-21のミージャといい、選手起用ズバリって時はタイトル獲ってますからね。
これは期待できるかも?

1311343823_extras_mosaico_noticia_1_g_0_convert_20110723214233.jpg



【Valencia】Tras victoria al PSV 

Rafting



1311187019302_solosuper_20110720_200857.jpg


プレシーズン最初のPSVとの親善試合の次の日、選手たちはラフティングを楽しみました。
20kmも下ったそうです。
気持ちのよい自然の中、楽しむことができたでしょうかね。

ダビはいるかな…と思って写真を見ていたのですが、全然姿がなく、
「久しぶりにブラサレットを付けたといっても、もう主役じゃないしね…」
なんて少しひねくれてみてしまっていたのですが、全く勘違いでした。

ダビとマテュー、トパルさんの3人は参加しなかったのだそうです。
大したことはなさそうですが試合後それぞれ違和感が残っていたからだそうです。

まぁ大事をとるに越したことはないですからね。
写真ぐらい、あきらめます。。。

Mata llega a Klagenfurt

20711mata.jpg

最初の言葉が「夕食は何時から?」だったって?!
マタ君、おなかすいていたのでしょうか。

Sub-21ユーロチャンピオンのマタがキャンプに合流しました。

Sub-21での素晴らしい活躍でプレミアのクラブなどからの注目度がさらにアップしてしまいましたが、少なくても今シーズンは残ってくれそうです。

これでまだ合流していないのはバネガだけになりました。
はたして彼はオーストリアに来るのでしょうか。。。



Adios y Gracias

マタと入れ替わるようにしてキャンプを去ったのがナチョ・ゴンサレス。

クラブはナチョとの契約を解除しました。
そしてナチョは移籍金なしでスタンダール・リエージュへ。

新しいクラブでの活躍を願っています!


18日にはドミンゲスのリーベルへのレンタルも発表されていました。
彼の場合は1年間の期限付き。
アルゼンチンリーグの仕組みは良くわかっていませんが、一年でリーベルをプリメーラに復帰させて、バレンシアに戻ってきてください!



【Selección Española:Sub-19】España × Bélgica  

Europeo Sub-19
Suspendido!



gran_tormenta_suspende_Espana-Belgica_vale.jpg


残念!
せっかく試合開始12分にモラタのゴールで1点リードしたのに、激しい雷雨のため試合は中断。
天候は少し回復したものの、審判団の判断で今日7月21日18時から再試合となりました。
しかも最初からやり直しなのだそうです。
そう、モラタのゴールは幻のゴールになってしまったのです。。。

スペインとしては試合が中断された18分から再開してほしいところでしょうけれど。


スペインの先発は
Badía;
Blázquez, Sergi Gómez, Miquel, Aurtenetxe;
Álex, Pardo, Deulofeu, Juanmi, Sarabia y Morata.
でした。

途中で終わってしまって選手たちはどんな感じなんでしょうね。
Sub-20のワールドカップもあるので、そちらに選手がとられてしまったりして、予選の時とはメンバーが違ったりしていますが、是非かれらもフル代表、Sub-21に続いて優勝してもらいたいな、と思います。

Sub-19_espera_unirse_fiesta_futbol.jpg

【Atlético de Madrid】Keko ficha por el Catania 

ケコがカターニャへ行くことが決まりました。

ケコはアトレティコでは出場機会に恵まれず、バジャドリやジローナ、カルタヘナなどにレンタルに出されていました。
しかしそれらのチームでもなかなかチャンスをつかむことができなくて、結局今シーズン前、アトレティコは彼との契約を解除していました。

昨年のSub-19ユーロではキャプテンを務め準優勝、Sub-17ではチャンピオンにもなったケコ。

昨夏Sub-19から帰ってきたときは一緒に戻ってきたコケ、プリードよりもファンからは期待されていました。
しかし、キケはコケとプリードを残し、ケコをレンタルしました。
私は「きっと経験を積ませるためだろう」と思っていたのですが。。。

彼に何があったのかわかりません。
でもとにかくイタリアで活躍できることを願っています!

Animo Keko!!!


【Valencia:Amistoso】Valencia × PSV 

Amistoro
Valencia 2 - PSV 0



1311103803246_enviofotografos_20110719_210424.jpg

プレシーズンの初戦、気持ちよく2-0で勝利しました。

ゴールはピアッティとアドゥリス。

ピアッティのゴールは彼らしくうまくDFの裏に抜け出して決めたもの。
アドゥリスはもちろん?ヘディング。
彼のヘディングは高さがあって美しいです。

私はこの試合、とても楽しみにしていたのです。
でも体調が悪くて見られませんでした。
なぜそんなに楽しみにしていたかというと。。。今シーズン、誰がブラサレットをつけるのかがだいたいわかるから。
地元紙やら、地元の記者さん、サンティはアルベルダ、マタを押してました。
今、マタはまだバケーション中。
ということは?

1311103803246_enviofotografos_20110719_210649.jpg


そう、期待通りダビがブラサレットを付けたのです!
うー見たかった!

でも今シーズンはたくさん見れますね、きっと。

それにしても似合います。
やっぱり漂う雰囲気が全く違う、と思うのは私だけでしょうか。

1311103803246_enviofotografos_20110719_210204_20110720094817.jpg

1311103803246_enviofotografos_20110719_210944_20110720094746.jpg


スーペルの写真、ちょっと色が。。。
これ多分濃いオレンジなんですよね。
それが赤に見えてしまいます。
いまだに胸にはなんのロゴも入っていませんが、スポンサー早く見つけてほしいものです。
デザイン的には何も入っていない方が好きですが、財政的にはきついですからね。


前後半で全く違うメンバーで戦ったバレンシア。
前半は
アウベス、ブルーノ、ラミ、パルド、アルバ、トパル、マドゥロ、パブロ、ジョナス、ベルナト、ソルダード

で、ソルダードがカピタン。

後半は
グアイタ、ミゲル、デアルベルト、リカルド・コスタ、マテュー、アルベルダ、ポルツ、フェグリ、ナチョ・ゴンザレス、ピアッティ、アドゥリス

カピタンはダビ。
このピアッティ&アドゥリスの凸凹コンビも面白そう。



Nuevos jugadores

ピアッティ以外にもパレホを除くアウベス、ラミの新加入の選手たちが活躍しました。


1311100973448_enviofotografos_20110719_195122.jpg

ラミさんの走る姿はまるでラグビー選手のようだ。。。
これであたられたら相手選手、たまらないな。
頼もしい。

1311100973448_enviofotografos_20110719_194855_20110720094641.jpg

前半はアウベス、後半はグアイタでした。
なにより相手を0点に抑えられて良かった。




Valencia: Diego Alves, Bruno, Rami, Pardo, Jordi Alba, Topal, Maduro, Pablo, Jonas, Bernat y Soldado. También jugaron: Guaita, Miguel, Dealbert, Ricardo Costa, Mathieu, Albelda, Portu, Feghouli, Nacho González, Piatti y Aduriz.

PSV Eindhoven: Isaksson, Manolev, Marcelo, Strootman, Toivonen, Engelaar, Wijnaldum, Lens, Mertens, Tamata y Labyad. También jugaron: Pieters, Bakkal, Ojo, Zeefuik, Naja e Ibrahim

Goles: 1-0, m.68: Piatti. 2-0, m.78: Aduriz.

Árbitro: Manfred Krassnittzer (Austria). Mostró tarjeta amarilla a los valencianistas Soldado y Aduriz y a Toivonen, Stutman y Manolev del PSV Eindhoven.

Incidencias: primer partido amistoso de pretemporada del Valencia disputado en el estadio Lavantal Arena de la ciudad austríaca de Wolfsberg y correspondiente a la Copa Kärnten, en la que también participan el Bursaspor turco y el Leicester inglés.

【Selección Española:Sub-20】Montoya se lesionó 

Qué pena!



この前にムニエサに続き、日曜日の練習でモントーヤが怪我。
Sub-20ワールドカップへ参加できなくなってしまいました。

モントーヤはSub-21ユーロでも活躍。
ほぼ全試合出ていたのではないかな。

やはりSub-21とSub-20のかけもちで無理してしまったのでしょうか。

怪我の様子は詳しくわからないのですが、あまり大したことがないとよいのですが。


モントーヤの代わりに招集されたのはセルタのウーゴ・マージョ・ノベヒル。
彼は昨シーズンSub-19ユーロで準優勝した時のメンバーで、このワールドカップ予選でも招集されていました。

すでに月曜日にはグループに合流。火曜日には一緒にコロンビアに向かって出発します。

ムニエサの代わりに招集されたカルレス・プラナスも無事FIFAに交代が認められ、彼もいっしょにコロンビアに行きます。

【Atlético de Madrid】Carta de despedida desde De Gea 

デ・ヘアからのお別れメッセージ



b8fc3fd49e0bc11ae69e7e5a012da32b_extras_albumes_0_20110718214559.jpg

アトレティコからマンUに旅立ったデ・ヘアがアトレティコのオフィシャルに感動的なメッセージを残しました。
それを読んでデ・ヘアのアトレティコを愛する気持ちを強く感じるとともに、
タイトルをとって彼が旅立つことができて本当に良かったと思いました。

意訳ですが簡単に。


新しいクラブと契約を結んで一週間以上がたった。
考えてみたら、昨日は僕が4歳の時、初めてCasarrubuelosでアトレティの練習に参加した日だった。
マンUに移籍するために乗った飛行機でそれを思い出して懐かしくなった。
旅の間、僕からこの思いが離れることはなかった。
あのころ、他の子供たちと同じように、僕は毎日、両親とともに
いつの日かカルデロンのゴールを守る唯一の選手になるんだ、という希望をもって過ごしていた。

一年半前、2つのタイトルとともに僕の夢はかなった。
あの感動は絶対忘れない。
顔にRojiblancoのペイントを施したファンたちのことを僕は絶対忘れない。
それにバルセロナで、カンティコを歌って僕らを後押ししてくれた彼らの涙も決して忘れることができない。


あれから16年たった今日、あの時と同じ希望と、僕たちだけが分かり合える特別なものへの永遠の感謝を心に持って新しい挑戦を始める。
この感謝の気持ちは僕の胸にエスクードとして刻み込まれている。


飛行機の窓から僕の家が遠ざかるのを見ている。
僕にチャンスをくれた新しいクラブに感謝し、必ずきっと、そこで自分を完成させる。
遠くから、といっても大した距離じゃないけど、アトレティ達が、カルデロンで名前を叫んだ僕のことを誇りに思ってくれるように。

地上何千メートルで、僕を一人前の選手にしてくれたすべての仲間、監督、クラブで働く人たちのことを今までになく思い出している。

タイトルを獲った時には微笑みと涙が混ざり合う。
それが今、僕によみがえってきている。
涙は捨て去るもの、微笑みは新たな挑戦への希望だ。
必ずいつか僕はここに帰ってくる。

みなさん、本当にありがとう。



Estoy seguro de que seras titular del nuevo equipo.
También espero que te elijan para la selección.
Animo David!
Muchícimas gracias!

【Valencia】Ya está en Klagenfurt 

Desplazamiento



1310932723193_solosuper_20110717_211539.jpg

キャンプ地、Klagenfurtへの移動の様子です。
早速新しいオフィシャルウェアを着てますねー
ポロシャツは実は意外に似合う、似合わないがはっきり出る、と私は思っています。

袖からでる腕はもちろん浅黒く、鍛えてなくちゃいけない。
胸筋の存在を感じさせないといけない。
首の太さとか肩幅とか、
ま、結局スポーツ選手ならほぼ間違いなく似合うってことですけど。

できればダビを正面から見たかったなぁ~。

部屋割りは…

今年は予想がつきませんでした。
どうもまずは同国同志ということになっているようですね。

…ダビはアドゥリスと一緒でした。
なんか大人の雰囲気?

トパルさんとマテューはお部屋でどんな話をするのでしょうか。。。


グアイタ & マドゥロ
ブルーノ & ソルダード
アルベルダ & アドゥリス
リカルド・コスタ & ミゲル(ポルトガル組)
デアルベルト & アルバ
パブロ & ナチョ・ゴンザレス
トパル & マテュー
ラミ & フェグリ(フランス組)
ディエゴ・アウベス & ジョナス(ブラジル組)
ピアッティ & ティノ・コスタ(アルゼンチン組)
ポルツ & サルバ・ルイス
ベルナト & パルド
アドリアン & パレホ


一日の過ごし方

Klagenfurtでの選手たちの一日です。


8.15:起床
8.30:朝食
9.30:練習
12.30-13.25:記者会見
13.30:食事
15.00:お休み
17.15:集合
17.30:おやつ
18.30:練習
21.30:夕食
24.00:就寝


more...

Enhorabuena NADESHIKO!!!! 


01_convert_20110718073354.jpg

1310945336_extras_mosaico_noticia_1_g_0_convert_20110718165932.jpg

Número 1 del Mundo!!!


JAPÓN, CAMPEÓN DEL MUNDIAL FEMENINO
FIFAのアルバム

最高~!!!
なでしこがワールドカップで優勝!
すごい!すごい!すごい!すごい!すごい!!!!!!!

日本の女性として、日本人として本当に誇りに思います。

世界No1.
彼女たちを誇りに思います。

ありがとう~なでしこ!



alg_world-cup_japan.jpg


澤さん、3冠達成。
ゴールデンシュー(ピチチ)、大会MVP、それに優勝。
素晴らしい~

japan-620.jpg

741573-8787917-317-238.jpg


1310939078_0.jpg

【Selección Española:Sub-19】los dorsales para el Europeo Sub-19  

背番号決定



まだSub-19ユーロの背番号って発表になっていなかったんですね。。。

日本では放送はありません。
でも、ネットなどで見る機会があるかもしれないので一応情報だけでも載せておきます。


Porteros
1 Edgar Badía
13 Adrián Ortolà

Defensas
2 Daniel Carvajal
3 Sergi Gómez
4 Ignasi Miquel
5 Jon Aurtenetxe
12 Albert Blázquez
14 Jonas Ramalho

Centrocampistas
6 Rubén Pardo
8 Alex Fernández
15 Juanmi Jiménez
16 José Campaña
18 Juan Muñiz

Delanteros
7 Álvaro Morata
9 Borja González
10 Pablo Sarabia
11 Paco Alcácer
17 Gerard Deulofeu


え、アトレティコのボルハ、9番もらったの。。。
バレンシアのパコは11かぁ。
モラタは7、ヘタフェに移籍したサラビアは10かぁ。
みんな良い番号だなぁ。

【Selección Española:Sub-20】Comienza la preparación para el Mundial 

La concentración de la Ciudad del Fútbol



16日からラス・ロサスでSub-20のワールドカップに向けた合宿が始まりました。

しかし早速バルセロナのムニエサが右脚の怪我のため合宿を離脱。
約一か月の怪我ということで、ワールドカップへも不参加が決まってしまいました。

その代りに同じバルセロナのカルレス・プラナスを招集。
すでにラス・ロサスでほかのメンバーに合流しています。

しかしまだプラナスがワールドカップに行かれるかどうかはわかりません。
スペインサッカー協会はFIFAに変更届を出しましたが、それが受理させて初めて彼の参加がOKとなるのだそうです。

代表はラス・ロサスで19日まで練習し、その後コロンビアに出発。
コロンビアではグループリーグが行われるマニサレスに宿泊します。
ここは海抜2000メートルの街。
早めに入るのはこの環境に慣れるためなのだそうです。
さらに24日にはペルーとの親善試合も予定されています。

しっかり準備して、是非Sub-20にもタイトルをとってもらいたい!


その前に、、、Sub-19ユーロが20日に開幕します。
こっちもしっかり追わないと!

【Valencia】Los jugadores para la próximo stage 

26jugadores



sesion-16-julio-2011c.jpg

7月17日にオーストリアのKlagenfurtでのキャンプ参加するメンバーが発表されました。


Porteros:
Guaita, Diego Alves y Adrián.

Defensas:
Miguel, Bruno, Dealbert, R.Costa, Rami, Pardo, Jordi Alba, Mathieu y Salva Ruiz.

Centrocampistas:
Maduro, Tino Costa, Albelda, Nacho González, Topal, Feghouli, Juan Bernat, Pablo, Portu y Parejo.

Delanteros:
Piatti, Jonas, Aduriz y Soldado


Sub-21ユーロに出たマタは26日から参加。
パレホは16日にチームに合流。
他の選手たちと一緒にキャンプに出発します。


キャンプが始まってすぐ、火曜日にはPSVとの試合もあります。
親善試合でも試合がある、となるとワクワク感がぐっと増してきます。
今シーズンのユニを着て、選手たちがボールを追う。。。
たまりませんねぇ~

【Valencia】Presentación del traje oficial 

Ganso



ganso-14-julio-20112.jpg

木曜日に今シーズンのオフィシャルスーツのプレゼンテーションが行われました。
今回登場したのはラミ、ブルーノ、ティノ。

ずいぶんとカジュアルなイメージですね。

でも海のあるバレンシアには似合っているかも。

最近、移動もスーツではないことがおおいので、このポロシャツなんてちょうどよいのかもしれません。


今シーズンはスペインの国内ブランドGansoのものになります。
Gansoは靴が有名で、日本でもネットなどで買うことができます。
上の写真ではティノさんがはいているタイプ。


しかし。。。ブルーノ、、、似合わないなぁ。
というかスーツのつくりが細身すぎるのでは?
今後は選手一人ひとり採寸して作ってくれるのでしょうけれど。。。

でもどうも国内ブランドというのが気になります。
以前一度スペインのブランドにしたときは選手たちからの評判がとても悪かったんですよねぇ。


ganso-14-julio-2011f.jpg

【Selección Española】Las novias de La Roja 

何気なく見ていたcuatroのページ。
こんなものが載っていました。

代表選手たちのnovia。

ちゃんと解説付きってところがさすがcuatro。


Las novias de La Roja


気になった選手をピックアップ。

まずはヘスス・ナバス。
なんと、この写真、結婚式に出席したセルっちがツイッターで流したものなんですって!
彼女、アレハンドラさんはナバスが一番つらい時にずっと支えてくれた方。
ナバスがワールドカップに出場できたのも彼女のおかげなのかな。


navas.jpg


モノクロ写真はカプデビラさん。
奥様のマリア・ドゥランさんはRojaの奥様のなかでもあまり表に出てくる方ではありません。
結婚式の写真も貴重なものらしいです。

Capdevilla.jpg

こちらはビージャ。
奥様のパトリシアさんは元サッカー選手なのですよね。
ビージャと同じアストゥリア出身の彼女。クアトロの記事によると
「su noviazgo de casi toda la vida」
なのですね。

つまり、彼女一筋で結婚まで突っ走っちゃったってことですね~
ビージャらしい!
Villa.jpg


私がいつも素敵なParejaだなぁと思う二人。
シャビアロンソとナゴレ・アランブルさん。
すごく知的な感じの女性です。
さすがシャビ、女性の好みもほかの選手とはちょっと違う。

この二人も同じバスク出身なんですよね。

Xabi.jpg



最後はジョレンテ。
って、一人なんですよ~
南アフリカには彼女を連れて行っていたらしいのですが、写真がない!
まだ若いですからね、今はフリーかも?!

Llorente.jpg


そのほか、イニエスタ、アルベロア、レイナ、アルビオル、ペドロ、トーレスなどなどの選手の写真もあります。

トーレス、良いパパって感じで微笑ましいですよ~

Las novias de La Roja

【Valencia】Entrenamiento en La Malvarrosa 

A la playa!



entrene14julio.jpg

Entrenamiento matinal lúdico del equipo en La Malvarrosa

予定ではパテルナで行うはずだった今日の練習。
急遽?バレンシアのビーチで行われました。


バスでビーチに移動した後、まずはランニング。

1310642519409_solosuper_20110714_123816.jpg


そのあとはビーチバレーやパドルなどで楽しんだ後、

1310642519409_solosuper_20110714_124511.jpg


今度はカヌーに乗るために移動。

1310643408055_solosuper_20110714_124947.jpg

ちょっとお休みして、

1310643408055_solosuper_20110714_125044.jpg

海に繰り出しました!

1310643408055_solosuper_20110714_130555.jpg

みんな子どもみたいにはしゃいでます。
かわいいですねぇ~。


うーん、気持ちよさそう~!
早く私も海に行きたい!!!

でも海に遊びにいってこんな人たちに会えたら最高ですねぇ~
バレンシアの人たちがうらやましいなぁ。


おまけ

more...

【Selección Española:Sub-19】Ultima Lista de convocados 

最終リスト



Sub-19はここ数日ラス・ロサスで16日にルーマニアで開幕するSub-19のユーロに向けて練習をしています。

今は22人の選手たちがいますがルーマニアに行かれるのは18人。
そのメンバが発表になりました。


Arsenal: Ignasi Mikel
Atlético: Borja González
Athletic Club: Jon Artunetxe y Jonas Ramalho
Barcelona: Sergi Gómez y Gerard Deulofeu
Espanyol: Edgar Badía y Albert Blázquez.
Real Madrid: Carvajal, Alex y Morata.
Getafe: Pablo Sarabia
Málaga: Juanmi.
Sporting de Gijón: Juan Muñiz.
Real Sociedad: Rubén Pardo.
Sevilla: José Gómez.
Valencia: Paco.
Villarreal: Adrián Ortola



行かれなかったのはマジョルカのYeray Gómez、エスパニョールのビクトル・アルバレス、アラベスのアレハンドロ・バジェホ、バルセロナのRafinhaの4人。

残念だけど仕方がありません。
それぞれのクラブに戻ってしっかりプレシーズンを過ごしてください。
きっよまだまだ次の機会がありますから!


バレンシアのパコもアトレティコのボルハも残ることができました。
良かったね!

【Valencia】一郎さんのメルマガ 

Se siente gran cariño de los aficionados japoneses



今週の小澤一郎さんのメルマガ「メルマガでしか書けないサッカーの話」にビセンテが登場しています。

インタビューしているのは昨年日本にもやってきたASのカメラマン、アルベルトさん。
アルベルトさんはビセンテの信奉者ともいえるほどビセンテが大好きな方。
インタビューにはアルベルトさんのビセンテを思う気持ちも出ていて、一郎さんのメルマガならではの内容になっています。

是非、皆様も楽しんでください!

メルマガの購入はこちらから→小澤一郎の「メルマガでしか書けないサッカーの話」


Los representantes pueden influir en los clubs

今週はそのほか、代理人についてのコラム「リーガの移籍マーケットを動かす代理人たち」もあります。


最近のレアル・マドリー、ポルトガル人とトルコ人(トルコ系も含め)だらけ。
こりゃなんかあるだろう?!って思っていたら。

レアル・マドリーでは最近、ポルトガル人の代理人、ホルヘ・メンデスとドイツ在住のイラン人代理人ラザ・ファゼリの力がぐっと増しているのだそうです。
ホルヘ・メンデスはモウリーニョという稀代の名監督を掌中に収めることで、一気に幅を利かせてきた、ということなのですかね。

以前はバレンシアにもずいぶん多かったガルシア・キロンが代理人をつとめる選手たち。
今はほとんどいなくなりました。
昨シーズンのマルチェナ、バラハ、アレクシスの移籍、さらには今シーズンのモジャのレンタルで今はもう一人もいないのではないかな。
ジョレンテ会長とは合わないのかもしれません。


ガルシア・キロンはアトレティコにも強い、と思ったら過去にフロント入りのオファーを受けたこともあるのだそうです。
多分、09-10シーズンの途中でキケがアトレティコに来たのも、今シーズン、マンサーノが再びアトレティコに舞い戻って来たのもキロンの力だろうとは思っていました。
今回、ファンはカパロスを望んでいたし、第一期マンサーノ時代は決して成功したとは言えない成績だったから。
でもセレッソ会長は昨シーズンの途中、ラジオの番組で
「マンサーノを解任したのは間違いだった」
とは言っていましたけど。

ガルシア・キロンはマンサーノをアトレティコに送り込む事には成功。
でもキケをセビージャの監督にすることには失敗してしまいましたね。

やっぱりあそこの会長とSDは簡単にはいきません。。。
キケがセビージャに到着するにはまだまだ時間がかかりそう。。。

Una disputa en el programa de radio

そしてもう一つのコラムは「スペインのラジオ番組に見る健全なやり取り」。

こちらも私にはとても興味深い内容でした。
コラムのなかで取り上げられているのは私がよくPodcastで聞いている「El partido de las doce」の中での一コマ。

アトレティコの番記者で熱烈なアトレティであるアントニオと、アトレティコのセレッソ会長のやり取りです。

こんな熱いやり取りはしょっちゅう。
相手が誰であってもひるまず、聴視者が聞きたい、知りたいと思っていることをインタビューしてくれます。

これはこの番組だけのことじゃありません。
CadenaSerのラルゲロも同じです。

私は100%彼らの話が分かるわけではないので、本当の面白さの半分以下しか味わっていないのだと思います。
それでも面白い。


実は今、私がスペイン語を続けている理由の一つがこのラジオのインタビューなのです。

何とか記事になっているものは理解できるようになったので、今度は耳で聞いて理解したい!のです。
何をしゃべっているのか直接わかりたい!
つまりこれらの番組は私のよい教材、でもあるのです。

しかし。。。彼ら、興奮すると話すのが早くなるのですよね。
スペイン人に「もう少しゆっくり」なんて言っても無理ですよねぇ。。。

【Valencia】El plan confirmado de la pretemporada. 

Muchos partidos!



なんだか試合だらけ。
こんなにやって大丈夫?ってぐらいあります。



DIA      HORA    RIVAL           ESTADIO/LUGAR


2011/07/19  18:00~  PSVアイントホーフェン   LAVANTAL ARENA/WOLFSBERG (AUSTRIA)
2011/07/23  18:30~  レスターシティ       JACQUES LEMANS/ST.VEIT AN DER GLAN (AUSTRIA)
2011/07/26  TBC   FERENCVÁROS T.C    ALBERT FLORIAN/BUDAPEST (HUNGRÍA)
2011/07/30  19:45~  スポルティング・リスボン ALVALADE XXI/LISBOA(PORTUGAL)
2011/08/02  19:15~  ハンブルグSV       IMTECH ARENA/HAMBURGO(ALEMANIA)
2011/08/06  17:30~  リバプール         ANFIELD ROAD/LIVERPOOL(GB)
2011/08/12  22:00~  ローマ           MESTALLA/VALENCIA
2011/08/14  19;00~  アルメリア         JJOO MEDITERRANEO/ALMERIA

【Valencia】La operación salida 

Aarón Ñiguez no sigue en el Valencia



昨日のデル・オルノに続き、アーロンがバレンシアとの契約を解除しました。
ウナイさんには全く評価されませんでしたね…
キケの時はCLにも出たのに。
怪我もあったけど、とても残念です。

彼はアルメリアともう合意しているんですね。
良かった。

Ximo Navarroはオスカル・フェルナンデスさんが監督になったギリシャのクラブへの移籍が決まっていて、そのためにバレンシアとの契約を解除するようです。


昨シーズンはデポルにレンタルされていたミチェルもエルクレスに再びレンタルされました。


もう少しカンテラーノに機会が与えられると良いのですけどねぇ。

【Selección Española】Un año como campeones 

あれから一年



20100711dasdasftb_99_20110712002911.jpg

2011年7月11日、スペインが初めてワールドカップで優勝してから一年がたちました。

MARCAもASもスーペルも、記念のページなどを作ったりして盛り上がってます。
まぁ他に移籍の話ぐらいしか話題がないってこともあるのかもしれませんが。


私が気に入ったのはASの写真集ビデオ

ビデオはこの大会で決めたすべてのゴールが入ってます。
そしてバックに流れるのは。。。

ああ、やっぱりいいなぁ。

MARCAのビデオも感動的!





Puedes descargar el AS de ese día


ASは今日の新聞に一年前の新聞をタダでつけて売りだしました。
さらにPagina webからはなんと、その新聞がダウンロードできるのです!

ダウンロードはこちらから→Descárgate en PDF el periódico completo del día que ganamos el Mundial 2010


私もさっそくダウンロードし、すでにevernoteに入れました。
これでiphoneでしばらく楽しめます。

来週にはSub-19のユーロが始まります。
またまた代表を応援する楽しみをたっぷり味わえるかな?



¿Cómo viviste la final del Mundial de Sudáfrica?

2011_7_11_koke_pulido (1)


そして今月末から始まるSub-20ワールドカップ。
そこに招集されているアトレティコの二人がオフィシャルページで2010年7月11日をどう過ごしていた?というインタビューに答えていました。


彼らはワールドカップの時、Sub-19ユーロの合宿中だったんですね。

ワールドカップ決勝の時はどこにいた?
プリード:「僕とコケはSub-19ユーロの合宿中だった。
      食事をしながら一緒にテレビを見ていたよ。」
  コケ:「食事ができないくらい試合に集中しちゃって、神経質になっていた。
      代表の合宿があんなに神経質になったことは今までないよ。
      ゴールが決まって、やっと安心できた。」

Sub-20のワールドカップにむけての抱負を!
プリード:「ものすごく期待しているよ。
      このチームはすごくいいチームで、Sub-17では優勝しているし、Sub-19では準優勝しているんだ。
      さらに今回はSub-17の時にはいなかったコケのような良い選手も加わっている。
      とにかくよい大会にしたいよ。」

  コケ:「個人的にはできるだけ多くの試合に出ること。
      チームとしてはもちろん優勝カップを持ち帰る事だよ。
      すごくわくわくするね。
      難しいことはわかっている。でも不可能じゃないよね。」

more...

【Valencia】Las despedidas 

Navarro se despide desde la página web



rrpp-10-marzo-2011.jpg


土曜日に開かれるはずだったダビ・ナバーロのお別れ記者会見は彼の個人的な都合により中止になりました。
しかしオフィシャルページを通じて彼がファンとクラブに感謝の気持ちを表しています。


簡単にお別れの言葉を訳しておきます。

「長い間、僕はバレンシアの選手になるという、自分の夢にかなえてきた。
 そしてキャプテンとしてここを去ることで有終の美を飾ることができた。
 
 しかし僕はキャリアにおいて新しい挑戦を始める。
 バレンシアに別れを告げることは僕にとって本当に難しいことだ。
 僕の人生はずっとこのクラブとともにあった。
 ファンとして、カンテラの選手として、そしてトップチームの選手として。。。
 バレンシアーノである僕にとって、このクラブは僕の人生そのものだ。
 常に僕に信頼を示してくれたこのクラブに感謝したい。
 僕はここで信じられない時をすごし、忘れることのできない成功を収める幸運を得た。
 バレンシアニスタとしての素晴らしいキャリアと、特にファン、玖波鵜の人々から常に感じられた
 僕への愛情を感じている。
 僕は常に彼らの近くにいたいと思っていた。
 特に僕の難しい時にバレンシアニスモの支えを常に感じていた。
 
 今もそしてこれからもずっと僕の心にはバレンシアがある。
 バレンシアは僕の家、いつかここに戻ってきたい。」


Muchas Gracias, Navarro!


Asier deja el Valencia

アシエル・デル・オルノが残りの契約を解除することでクラブと合意に達しました。

チェルシーからやって来たのは06-07。
しかしその年にドイツで行われたワールドカップに彼が行かれなかった理由であった、アキレス腱の怪我が完治していなかった彼は結局そのシーズンも後半戦まで出場できず。

そしてどの監督からも信頼を得ることができなくて、怪我とレンタルを繰り返してバレンシアではほとんど満足な試合をすることができずに去ることになりました。

彼はビセンテやビージャと同じ年。1981年生まれの30歳。
ディフェンスならまだあと数年プレーすることは十分可能。

どうか、あのビルバオで見せていた生き生きした姿を彼が取り戻せすことができますように!



Isco se va al Málaga



オフィシャルにでましたね。
もうこれで決まりってことかな。

イスコがマラガに移籍しました。
600万ユーロ。

マラガは彼の故郷で、ご家族が今も住んでいらっしゃるのだそうです。
そこに戻る、ということなんでしょう。


彼の今後がどうなるかはまだわからない。
これからの彼次第。
バレンシアに残っていた方がよかった、などということにならないように
マラガで大きく羽ばたいてくださいな。

それが唯一バレンシアにできる恩返し、とおもって。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。