スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Valencia】Levante × Valencia 

Levante 0 - Valencia 3



1327621791847_enviofotografos_20120126_235814.jpg

試合は3-0。
ファーストレグに続いてピアッティ大活躍でした。
それにベルナトも!
2点目のピアッティのゴールを産んだパスは素晴らしかった!

1327618408639_enviofotografos_20120126_233452.jpg


試合開始から実はレバンテのグラウンドのまだら模様に目を奪われてしまってました。
これって、、、荒れているってこと?
とじっくりみていたら、突然語り始めた安永さん。

「今日の試合はアルベルダが…」
と言い出したので何かとおもったら、
「時間をうまくつかってくるんじゃないかと…」
と、、、(これはほめてくれているのですけどね)

アナウンサーさんは
「昨シーズンは膝の怪我のため16試合の出場にとどまりましたが、
 今シーズンはウナイ・エメリ監督の信頼も厚く…
 チームの精神的支柱になっています。」
「07-08シーズンにはクーマン監督に戦力外にされましたが…
 クラブと一年の契約延長に合意したということです…」
なんて~
ずいぶんはしょっちゃいましたが、とにかくうれしかったですよ。
なかなか話題になる人ではないので。

1327621791847_enviofotografos_20120126_235528.jpg


でも、本当、ブラサレットを再びつけて、こうやってバレンシアダービーを戦っているのが夢のよう。

それをスーペルのカメラマンも意識しているのか、ダビの写真が多くてびっくり。
しかもレバンテのパジャルドーと争っているところが何枚も!
パジャルドーはバレンシアカンテラ出身で、ポジションもダビと同じ。
二人が争う姿はスーペルのカメラマンにとっては絶好の被写体だったのかもしれません。


1327618408639_enviofotografos_20120126_233704.jpg


WOWOWのアナウンサーさんもおっしゃっていましたが、ダビは一年契約延長でクラブと合意に達したようです。
ただまだ正式にクラブから発表されてはいません。
バルセロナとの試合がおわってから、ですかねぇ。
できたら決勝進出をきめて、発表したいだろうなぁ。




Levante: Mun醇B, Iv醇@n L醇ppez, Ballesteros, Cabral, Del Horno, 遵マscar Serrano, Pallard醇p, Iborra (Xavi Torres, m.70), Botelho (Hig醇pn, m.65), Rub醇Pn (Roger, m.70) y Rafa Jord醇@.


Valencia: Alves, Barrag醇@n, Ricardo Costa, V醇^ctor Ruiz (Feghouli, m.79), Jordi Alba (Bruno, m.70), Albelda, Tino Costa (Banega, m.65), Parejo, Piatti, Aduriz y Bernat.


Goles: 0-1, m.26: Aduriz. 0-2, m.30: Piatti. 0-3, m.85: Piatti.


遵殲bitro: Iglesias Villanueva (colegio gallego). Amonest醇p por el Levante Botelho, Xavi Torres, Iborra, Del Horno y Ballesteros. Expuls醇p a 遵マscar Serrano (m.72) por acumulaci醇pn de amonestaciones. Por el Valencia amonest醇p a Banega.


Incidencias: partido disputado en el estadio Ciutat de Val醇Qncia ante 12.100 espectadores. Terreno de juego en condiciones aceptables. Acudi醇p al encuentro el presidente de la Generalitat, Alberto Fabra.

more...

スポンサーサイト

【Valencia】Levante × Valencia【Lista de Convocados】 

Copa del Rey Cuarta
Espera el Barcelona



さぁバルサが待ってます!
出来たら、Goleadaで準決勝進出、スッキリ決めたい!

国王杯準々決勝のレバンテ戦、バレンシアダービーは
本日、21時半から、レバンテのホーム、el Ciutat de València で行われます。
その試合に向けた招集リストが発表になりました。

アウベス、グアイタ、ブルーノ、バラガン、ラミ、ビクトル・ルイス、リカルド・コスタ、ジョルディ
アルベルダ、ティノ・コスタ、バネガ、ベルナト、フェグリ、パレホ、ピアッティ、ジョナス、アドゥリス、ソルダード


ミゲル、間に合わなかったなぁ。残念。


しかしWOWOWが放送してくれるので本当に楽。
なんたって録画できますからね~
朝はなかなか忙しくてゆっくり見ていられませんから。
オサスナ戦の一発レッドで週末のリーガの試合に出られないダビは絶対先発するでしょう。
ファーストレグのようなダビらしいプレーが随所に見られる試合になるといいなぁ。

この記事、初めてipadで書いて見ました。
まだ慣れずちょっと時間がかかってしまった。。。

【Valencia】モーロ、監督になる 

2012-01-13_IMG_2012-01-13_11-45-55_solosu~1


盛夫さんから聞いてちょっと調べてみたら、モーロ、ウラカン・バレンシアというチーム(今は2部B)の子供チームCadete Aの監督になったそうです。

このウラカン・バレンシアって今、福岡大学の選手たちが練習参加しているところじゃない?



スーペルの記事を簡単に訳しておきます。

El Huracán Valencia ficha a Fernando Morientes


ウラカン・バレンシアはこの冬の移籍市場で2部Bのチームの中ではもっともメディア受けする契約をした。
それは、フェルナンド・モリエンテスだ。
モーロをウラカンにつれてきたのはホセ・マスカロス。
彼はフィジコでモーロとはメスタージャで選手として一緒だった。

モーロは監督としての第一歩をRojiblanco(アトレティコじゃないですよ、ウラカンのチームカラー)のクラブのCadete Aの監督としてスタートする。
このチームは"Liga Autonomica"(自治州のリーグ)で戦っている。

ということです。

モーロといえば、私がよく聞いているCOPEの"El partido de las 12"にコメンテーターとして良く出演しています。
試合の解説もしています。

監督のコースを受けていることはRFEFの記事などで知ってはいたのですが、もうCadeteとはいえ監督の第一歩をふみだしたのですね~
なんだか感慨深いなぁ。


記事はまだ続きもあるんですけど、ちょっと時間がない~!
明日訳せたら訳します。
ごめんなさい~!!!

お詫びとして動画を。(もう一度載せたけど)
こちらはRFEFで監督になるためのクラスに参加していた時のモーロのインタビュー

【Valencia】Osasuna × Valencia 

Liga BBVA. Jornada 1
Osasuna 1 - Valencia 1



1327240647855_enviofotografos20120122140145.jpg

あ~あ、やっちまいました、ダビさん。
久しぶりの一発レッド。
私が覚えている限りあの07-08シーズンのCLシャルケ戦でもらったレッドカード以来じゃないでしょうか。
あの時、ダビはレッドをもらってピッチから出ていくとき、ブラサレットを放り投げたんですよね。
拾ったのは…ビセンテでした。

あれ以来一発レッドはなかったとおもうなぁ。
今回も後味悪いです。

ダビがカードをもらったプレーで与えたFKからオサスナはゴールを決め、アディショナルタイムに追いつかれてしまったのですからね。


なんだかすべて吹っ飛んでしまった。
この試合は今シーズンから導入された12時スタートの試合時間。
食事の後片付けを終えてようやく後半からみたのに、最後の最後に…

ダビはあまり自分がもらったカードに対して審判には抗議しません。
このレッドもそうでした。
自分のプレーは自分がよくわかっているということかな。

1327240647855_enviofotografos20120122141417.jpg


このレッドカードでダビは次のラシン戦は出場できません。
今シーズンから一発レッドは国王杯で消化することはできなくなったのだそうです。
なので木曜日のレバンテ戦は出場可能です。
良かった…次はアウェーの試合になるし、4-1とかなり有利とはいえ、やっぱり心配のなので。


pamplona-22-1-2012m.jpg




1 - Osasuna: Andrés Fernández; Marc Bertrán, Sergio, Miguel Flaño, Satrústegui (Timor, m.87); Puñal, Nekounam (Lolo, m.79); Cejudo, Raúl García, Lamah (Nino, m.67); y Lekic.


1 - Valencia: Diego Alves; Barragán, Rami, Dealbert, Jordi Alba; Albelda, Banega (Aduriz, m.57), Tino Costa; Feghouli (Bruno, m.88), Jonas (Bernat, m.57) y Soldado.

パブロは左足太ももの軽い肉離れ。
ピアッティはレバンテ戦で膝を強打して、半月板と靭帯を痛めたため大事をとって今節はお休み。
ビクトル・ルイスは風邪で招集外でした。

Goles: 0-1, m.85: Soldado. 1-1, m.92: Lolo.


Árbitro: Fernando Teixeira Vitienes (Comité Cántabro). Expulsó con roja directa al jugador del Valencia Albelda (m.91). Amonestó a Marc Bertrán (m.18), Cejudo (m.30) y Nekounam (m.55), de Osasuna, y a Jordi Alba (m.55), Feghouli (m.58) y Barragán (m.83), del Valencia.


Incidencias: Partido de la primera jornada de Liga, aplazado en agosto por la huelga de futbolistas, disputado en el estadio Reyno de Navarra ante 17.359 espectadores.

more...

【Valencia】Valencia × Levante 

Copa del Rey. Cuartos de final.
Valencia 4 - Levante 1



1327012427246_efe_20120119_222728.jpg

久しぶりの快勝~!
まだファーストレグ終わっただけですけど、気分はもう準決勝進出。

「ウナイさんはレアル・マドリー戦よりバルサ戦の方が得意だから、準決勝はバルサ相手の方がいいかも?」
なんて考えてしまったりして…

それはいくらなんでも気が早すぎますね。


1327014771761_enviofotografos_20120119_233339.jpg


この試合は本当に気分が良かった!
ダビの良いプレーがたくさん見れて、朝から上機嫌。
WOWOWの放送でもほめてくれてましたねぇ~


でもASのEl Crackはパブロ!
「3つのゴールに絡み、ピアッティのゴールをアシスト。彼の怪我は残念だ。」

たしかに彼は今シーズンの試合では一番よかったかも。

それに前のリーガの試合、ソシエダ戦、彼はカピタンで出て負けてしまいましたから、この試合は期するところがところがあったのでしょうね。


残念なことにパブロは怪我で途中交代。
悔しいでしょうねぇ。怪我は左足太ももの軽い肉離れ。10日~15日のアウトだそうです。


それにピアッティも良かったかな。彼らしさがでていました。
特に先制点の起点となったカウンター。あれはよかったなぁ。

もちろん、パブロのアシストで決めた彼自身のゴールもよかったですけどね。

1327012427246_reuters_20120119_231316.jpg




試合後のダビのインタビューです。
最初の方はバラガンですけど。
やっぱり風邪がまだ治りきっていない?







Valencia: Diego Alves, Barragán, Rami, Víctor Ruiz, Jordi Alba, Albelda, Tino Costa, Pablo (Feghouli, m.68), Jonas (Aduriz, m.84), Piatti (Banage, m.74) y Soldado.

1327014771761_enviofotografos_20120119_232136.jpg


Levante: Keylor Navas (Munúa, m.46), Javi Venta, Ballesteros, Cabral, Juanfran, Iborra, Xavi Torres, Pallardó, Barkero (El Zhar, m.12), Roger (Rafa Jordá, m.72) y Koné.


Goles:1-0, m.24: Jonas. 2-0, m.31: Soldado. 2-1, m.37: Koné. 3-1,m.45+: Piatti. 4-1, m.90+: Tino Costa.


1327014771761_enviofotografos_20120119_233351.jpg

Árbitro: Paradas Romero (colegio andaluz). Amonestó por el Valencia a Soldado, Diego Alves, Tino Costa, Jonas y Feghouli y por el Levante a Xavi Torres, Iborra, Cabral, El Zhar, Juanfran y Roger.


Incidencias: partido disputado en el estadio de Mestalla ante 40.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones.

【Valencia】Valencia × Levante 【Lista de Convocados】 

COPA DEL REY Cuartos
David está listo para ser titular hoy



Derbi_llama_mecha_convert_20120119224123_20120119224313.jpg
今日は国王杯準々決勝。
レバンテとのバレンシアダービーです!
今朝のクラシコも面白かったけど、こっちも負けてません!
試合は21時30分、日本時間で明日早朝5時半からです。

場所はメスタージャ。
バレンシア必勝ですね。


今週、風邪をひいて練習をお休みしていたダビ。
「ダービーに出場するのは無理?」なんて記事がでていたので、心配していたのですが、昨日はグループ練習に無事参加。
招集メンバにも入っています!


アウベス、グアイタ
ブルーノ、バラガン、ラミ、ビクトル・ルイス、リカルド・コスタ、ジョルディ・アルバ
アルベルダ、トパル、バネガ、ティノ・コスタ、フェグリ、パブロ、ピアッティ
ジョナス、アドゥリス、ソルダード


さらにASは先発するのでは?と予想しています。
MARCAでは先発予想に入っていませんけど…
どうでしょうねぇ。今日の試合で決まるわけではないから出ないかなぁ。


La Foto oficial

VCF_SENYERA_2011-12-redes_convert_20120119230125.jpg

メスタージャで1月18日にメスタージャで今シーズンのオフィシャル用の写真をとりました。
オフィシャルにアップされていたのはあの「バレンシア州旗ユニ」の写真ですが、オフィシャルスーツの写真や、ファーストユニの写真も撮っています。

写真を撮った後は…おきまりのエスパニェータさんいじりまくり。
特に最近なかよしのジョルディ、バネガのいじりようは…
それにしっかりダビも加わっているところが、まぁらしいというか。

MARCAの動画



Banega renueva hasta 2015

クラブはすでに来シーズンを見据えた対応を始めました。
まずはバネガの契約延長。
2015年6月30日まで延長しました。

バネガの簡単な言葉がオフィシャルに載っています。
「バレンシアとの契約を延長できてとってもうれしいよ。
 僕はこのクラブにずっといたいとますます思うようになったよ。」

バレンシア、というよりスペインに慣れるのに時間がかかってしまいましたがいまやバレンシアにとって必要不可欠な選手。
できるだけ長くいてもらいたい、と思います。よね?ジョレンテ会長?!

【Valencia】Valencia × R・Sociedad 

Liga BBVA. Jornada 19.
Valencia 0 - Real Sociedad 1



1326586052292_enviofotografos_20120115_004028_20120117234047.jpg


ダメダメのバレンシアでした…

出場時間が少ない選手たちを使って、選手の底上げをしたかったウナイさんとしては、策が裏目に出てしまったというところでしょうか。
試合後
「新鮮さもなければ、輝きも、活力もない!」
「我々はひどい試合をしてしまった。最初の15分を除いて活気がなく、鈍重だった。」
とかなりのお怒り。

国王杯でセビージャに勝ってホッとしてしまった?
でもそうならないように、パレホやらアドゥリスやらパブロやらを先発させたのですよねぇ…
うーん…

私個人としてもとても残念でした。

1326586052292_enviofotografos_20120115_005031_20120117234047.jpg


El duroはジョルディ。
出場したとたんにイエローもらってましたしね…
Vaya Diaはパレホ。
交代する時には観客席からもブーイングも聞かれたとか…
どうもうまくいかないですねぇ。


逆にソシエダは国王杯で6-1の大敗。
それもファーストレグは2-0で勝っていて、さらにセカンドレグも最初に先制点を入れたのに
そこからマジョルカに6点獲られて国王杯敗退。
これはショックですよね。
でもこの試合のソシエダは別のチームのようにアグレッシブだったし、守備も良かった。
とても6-1で負けるようなチームには見えませんでした。
気持ちの問題?なのでしょうか。
こういう試合を見ると、サッカーってやっぱりメンタルのスポーツなのだな、とあらためて思います。


考えてみれば、年が明けてからバレンシアはあまり良い試合をしているとは言えません。
国王杯ファーストレグは1-0でセビージャに勝ったものの、バレンシア州ダービーは2点取られてようやっと追いついて2-2。
国王杯セカンドレグは2-1で敗戦。
そしてこの試合、メスタージャで0-1の負け。

1勝2敗1分け。
今週、ミッドウィークに行われるレバンテとの国王杯準々決勝、かなり心配です…


VALENCIA: Diego Alves; Bruno, Rami, Dealbert, Mathieu (Jordi Alba, min.53); Topal, Banega, Parejo (Jonas, min.64), Feghouli (Paco Alcacer, min.70), Pablo Hern醇@ndez, Aduriz.

ダビは招集外、ソルダードは累積でいなかったのでカピタンはパブロでした。
1326586052292_enviofotografos_20120115_004118_20120117234047.jpg


REAL SOCIEDAD: Bravo; Estrada, Demidov, Mikel Gonz醇@lez, Cadamuro; Elustondo, Aranburu (Mariga, min.80), Prieto, Griezmann (Carlos Mart醇^nez, min.92) y Agirretxe (Vela, min.68).


GOL: 0 - 1, min.55, Griezmann.


遵欒BITRO: Estrada Fern醇@ndez (Colegio catal醇@n). Amonest醇p con cartulina amarilla a Jordi Alba (min.54)


ESTADIO: Mestalla.

more...

【Valencia】Sevilla × Valencia 

Copa del Rey. Octavos. Vuelta.
Sevilla 2 - Valencia 1



Soldado_clava_estoque_corazon_Sevilla.jpg

無線Lanのルーターの調子が悪くネットにつながったりつながらなかったりでブログのアップもままならず、でした。
かなり長く使っていたのでこの際、ということでリプレースしました。
これでかっとびメガにしても大丈夫!

で、先週行われた国王杯から振り返りますと…(汗)


試合は負けたけどアウェーゴール差でベスト8進出決定です。
後半、ソルダードがゴールを決めたときは、これで大丈夫!
と安心したのですがラジオから
「Goooooooool de Sevilla! Gol de propio puerta de Victor Ruiz...」
の声…

もうとにかく早く終わってくれ~とそれだけを願っていました。
終わった時はもうクタクタ。
本当、勝ちぬけてくれてよかったです。
結局ソルダードが決めたゴールが大きかった、ということですね。
さすがです~

この試合、デル・ボスケ監督も見に来ていましたから、ハッスルしたんじゃないですかねぇ。
対戦相手のセビージャのネグレドは調子が今一つ。
とはいえ、どうもデル・ボスケさんはネグレドの方がお好みのようなので、目の前で調子の良さ、決定力の高さを見せられたのは大きかったでしょうね。

でもネグレドもソルダードもマドリー育ち。
こんなシーンも。
二人は試合後ユニ交換もしたそうですよ~

1326323487666_enviofotografos_20120111_231236.jpg


ところで、、、ダビはといえば。。。
この試合はフル出場。そしてしっかり21分にカードをもらってます。
試合を見ていなかったので確かではないですが、ASの記事を読むと
「試合開始から25分間、セビージャは堂々たる試合をした」
とあるので、ダビもイエロー覚悟のプレーがあったのではないでしょうか。
さらにASには
「バレンシアはアルベルダの経験に支えられ、セビージャの2回目の公的に対しバランスを保ち、そして強烈な一撃を与えた」
とも書いてありました。

そこまでは良かったのですよね…

1326323086084_reuters_20120111_232427.jpg


この試合、セビージャに移籍したばかりのレジェスも出場していました。
背番号21なんですねぇ。
すっかり情が移ってしまったレジェス。
どこに行っても頑張ってほしいです。

1326323086084_efe_20120111_224858.jpg




Sevilla FC: Javi Varas; Martín Cáceres, Spahic, Fazio, Fernando Navarro (Kanouté, m.71); Jesús Navas, Medel, Trochowski (Rakitic, m.63), Reyes; Manu del Moral (Perotti, m.64) y Negredo.


Valencia CF: Diego Alves; Miguel, Rami, Víctor Ruiz, Mathieu; Albelda, Banega (Pareja, m.76), Feghuoli (Pablo Hernández, m.82), Jonas (Tino Costa, m.69); Jordi Alba y Soldado.


Goles: 0-1, M.66: Soldado. 1-1, M.70: Rakitic. 2-1, M.92: Víctor Ruiz, en propia meta.


Árbitro: José Antonio Teixeira Vitienes (Comité Cántabro). Amonestó a los visitantes Miguel (m.13), Albelda (m.21), Ramis (m.37), Mathieu (m.54), Feghouli (m.82) y Alba (m.83) y a los locales Fernando Navarro (m.19), Cáceres (m.60) y Medel (m.82).


Incidencias: Partido disputado en el estadio Ramón Sánchez Pizjuán ante cerca de 25.000 espectadores. Asistieron al partido en el palco de autoridades el presidente de la Real Federación Española de Fútbol, Ángel María Villar, y el seleccionador nacional español, Vicente del Bosque.

more...

【Valencia】Valencia × R・Sociedad 

LIGA BBVA Jornada 19
Sorpresa!



本日1月14日、現地時間22時(日本時間日曜日6時)開催のソシエダ戦に向けた
招集メンバーが発表されました。

ウナイさん、思い切ったことしてます!

この試合はイエローカードの累積でソルダードがいません。
そのうえなんとダビもビクトル・ルイスもミゲルも招集していないのです。

じゃ誰が入っているかって?


グアイタ、ジエゴ・アウベス
ブルーノ、バラガン、ラミ、リカルド・コスタ、デアルベルト、マテュー、ジョルディ
トパル、ティノ・コスタ、バネガ・パレホ、パブロ、フェグリ、ピアッティ
ジョナス、アドゥリス、パコ・アルカセル!


そう、パコが招集されているのです!
さらに戦力外か?と言われているリカルド・コスタも入っています。

パコ、先発しないかなぁ~

【David Albelda】"Sí quiero" 

Un año más!



ということになりそうです!


1306950529334_enviofot_20070629_143343_12.jpg


スーペルの記事によると、ダビはクラブからの契約延長のオファーに対し、
「Si」と答え、あとはサインをするだけ、ということみたいです!
金銭面では今シーズンと同じ。つまり、以前の半分ってことですね。


ダビも今年の9月で35歳になります。
でも今シーズンは昨シーズンより状態もよさそう。
多分すごく努力しているのでしょう。
そう簡単にトパルさんにポジションを奪われるわけにはいきませんからね。

1306950529334_enviofoto_20071114_194618_9.jpg



ダビの契約についてはジョレンテ会長も
「水曜日のセビージャ戦のような試合をするための強さが彼にある間は、チームにいるべきだ」
「私はアルベルダの働きにとても満足しているよ。
 彼の契約延長はなされるべきことだし、良い結末になるべきだ」
と言ってくださったそうです。
さらに
「アルベルダはチームの特徴を決定づける選手であり、バレンシアにとってとても重要だ。
 すでにもうここで長くプレーしており、チームの大きな支えになる。」
とダビの存在の大きさ、意味を認めてくれています。

今のダビはとても幸せだと思います。
35歳になる今も彼はまだまだ選手としての野心を持ち続けている。
そしてクラブもファンも彼を必要としてくれている。

彼のファンとして、あの時を過ごしたことを思うと感無量。
ああ、やっぱり今年も会いにいきたいなぁ。。。


1318283941830_solosuper_20111010_220040.jpg

1318283941830_solosuper_20111010_221038.jpg

写真はスーペルのダビ特集から。
Albelda superará a Claramunt o Subirats
Albelda, hijo predilecto de La Pobla Llarga
Homenaje a Albelda en Xàtiva

【Valencia】Villarreal × Valencia 

LIGA BBVA Jornada 18
Villarreal 2 - Valencia 2



cronica-8-1-2011e_20120109155904.jpg

この写真、良いなぁ。
背中で語る男ってかっこいい!

と、いうことで今年初のリーガの試合は、アドゥリスの後半40分過ぎ、今シーズン2ゴール目でかろうじて2-2の引き分け、という内容。
0-2から良く引き分けまで持ち込んだ、ともいえますが、その2失点の内容があまりよくなかったですねぇ。
特に2点目。
セットプレーからゴンサロにヘディングで決められたゴールは明らかにトパルさんのミス。
前半終了間際にもトパルさんはセットプレーでサパタをフリーにしてしまう場面があり、WOWOWの解説でも宮澤ミシェルさんが「トパルのミスが目につく」と言ってました。
私が素人ということもあり、今までそんなに感じたことなかったのですが…


1326049282074_enviofotografos_20120108_190037.jpg


この試合はビジャレアルの選手たちの気持ちがものすごく伝わってきて感動さえしました。
カニ、マルコ・ルベン、セナあたりの気持ちのこもったプレーはファンに希望を与えたのではないかなぁ。
2-2の引き分けという結果でしたが、ビジャレアルはこの試合のような戦いをしていけばかならず今の位置から上に上がってくると思います。

新監督のモリーナ。元デポルの彼はガンから復活した不屈の魂を持った選手でした。
きっと彼なら強い気持ちをもってこの厳しい状況に立ち向かっていける、と期待しています。
(ガリード解任前の出た、ミチェルが次期監督に就任?のうわさに少しだけ心躍りましたが)

ASはEl Crackにセナを選出。
私は個人的にはカニがよかったですけど。

そしてなんと!El Dandyにミゲルが選ばれてます!
私はこのところのミゲルのパフォーマンスに「やっぱりバレンシアの右サイドバックはミゲルだよね」
と思っているのです。
しかしなぜかバレンシアのオフィシャルも、スーペルもあまりミゲルの写真を載せてくれないのですよね…
確かに問題はあるのでしょうけど、今の彼の活躍を見る限り、レギュラーで使わないわけにはいかないでしょう。


私の今日の一枚。
アドゥリスのゴールの後のうれしそうなジョルディ。
cronica-8-1-2011.jpg

試合前のセサルとパブロ。
セサル、来シーズンはどうなるのかな…
1326049282074_enviofotografos_20120108_171035.jpg




Villarreal: Diego López, Ángel, Gonzalo (Lejeune, m.77), Zapata, Joan Oriol; Senna, Bruno, Cani (Castellani, m.70), Borja Valero; Nilmar (Camuñas, m.86) y Marco Ruben.


Valencia: Diego Alves, Miguel, Rami, Víctor Ruiz, Alba; Topal, Banega (Tino Costa, m.72), Mathieu (Pablo, m.66), Feghouli (Aduriz, m.76); Jonas y Soldado.

ダビはイエローカードの累積で出場停止でした。

cronica-8-1-2011a.jpg


Goles: 1-0, m.14: Marco Ruben. 2-0, m.18: Gonzalo. 2-1, m.41: Feghouli. 2-2, m.87: Aduriz.


Árbitro: Fernández Borbalán. Amonestó por el Villarreal a Bruno, Cani, Zapata, Joan Oriol y Marco Ruben, y por el Valencia a Jonas, Banega, Miguel y Soldado.


Incidencias: partido correspondiente a la jornada 18 de la Liga BBVA disputado en El Madrigal ante 18.000 espectadores.

【Atlético de Madrid】Reyes se va su club de crazón 

1325866479_extras_albumes_0.jpg


アトレティコがヨーロッパリーグ初代チャンピオンになり、ヨーロッパスーパーカップでインテルに勝ってからたった1年半。

昨シーズン中にフラード、シモンがいなくなり、
この夏にはデ・ヘア、アグエロ、フォルラン、ウイファルシ、ラウール・ガルシアが去り、
そして今度はレジェスがいなくなりました。

寂しいです。

コケやプリードもこのままプレー時間が得られないのであれば、1月にレンタルを希望しているようです。

ドミンゲス、頑張れ!

【Valencia】Valencia × Sevilla 

Copa del Rey. Octavos.
Valencia 1 - Sevilla 0



1325804421146_enviofotografos_20120105_232351.jpg

1-0。
前半30分過ぎのジョナスのゴールでバレンシアが先勝しました。
バレンシアとしてはこのラウンドで負けるわけにはいかない、ということもあってファンも後押し。
メスタージャは平日にもかかわらず結構ファンが応援に来ていました。

両チームともほぼベストメンバーだったこともあって、試合は緊張感があり、良い試合だったようです。
私は前半はほとんど見れず。後半は仕事の用意をしながら見ていました。
なのであまりちゃんと見れてはいないのです。
ダビも出ていたし見たかったんですが。。。

1325804421146_enviofotografos_20120105_231427.jpg


私が見た後半はジョルディの動きがよく、チャンスを演出し、自らゴールも狙っていました。
あれが入っていれば!
2-0となればセカンドレグがぐっと楽になったのに!
相手のGKはパロップ。
さすがのパラドンでした。

試合後、ダビと談笑していたパロップ。
バレンシア語で話していたのかしら。

1325804421146_enviofotografos_20120105_232729.jpg


ASの記事を読むとこの試合には3つのカギになる箇所があったそう。
バネガのプレー、マテューとジョルディのコンビネーション、バレンシアのチームとしてのボール奪取。
セビージャはラキティッチのポジショニングがよくなく、「実際ジョナスのゴールは彼のエラーとバレンシアが激しくプレッシャーをかけたことから生まれた」と書いてあります。

AS選出のCrackはマテュー。私は欲目からかジョルディにかなと思ったんですけどね。
Dandyはパラドンでチームを救ったパロップ。
Vaya diaは記事でも批判されていたラキティッチ。
El duroはビクトル・ルイス。ネグレドへの不必要なタックルが危険と判断されたみたいです。


あと、スーペルに気になる写真が。
ダビがソルダードを励ましている?

1325804421146_enviofotografos_20120105_232547.jpg





Valencia: Diego Alves, Miguel, Rami, Víctor Ruiz, Mathieu (Piatti, m.76), Albelda, Banega, Pablo (Feghouli, m.79), Jonas (Parejo, m.89), Jordi Alba y Soldado.


Sevilla: Palop, Martín Cáceres, Spahic, Fazio, Fernando Navarro, Medel, Trochowski, Jesús Navas, Rakitic (Luna, m.63), Manu del Moral y Negredo (Luis Alberto, m.81).


Gol: 1-0, m.33: Jonas.


Árbitro: Turienzo Álvarez (colegio castellano-leonés). Amonestó por el Valencia a Víctor Ruiz, Feghouli, Albelda y Soldado y por el Sevilla a Spahic, Medel, Martín Cáceres, Jesús Navas, Luis Alberto y Trochowski.


Incidencias: partido de ida de los octavos de final de la Copa del Rey disputado en el campo de Mestalla ante 38.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones.

more...

【David Albelda】Parte2 : La entrevista a David en el SuperDeporte 1/1/2012  

ダビのインタビューの続きです。
国王杯やELのタイトルについてなど。
しかしインタビュアーさん、もう少し文章を整理して書いて欲しいなぁ。
できるだけダビが話したままで書いてくれるのはよいのですが訳すのが難しいのなんの!
最後の方かなりいいかげんになってしまってすみません。


- 今シーズン、ブラサレットを再びつけました。どう感じています?
「いつもと変わらないよ。なぜなら人としての在り様や立ち居振る舞いがしっかりしていれば、長くサッカーを続けていくのにカピタンでなくてもよいからね。」

- 次の試合は国王杯の試合です。バレンシアの最後のタイトルは喜べないものでしたし、あなたは受難の時をすごしていました。バレンシアにとって、このタイトルを争うことは義務でしょうか?
「タイトルについては話をするのは簡単だ。でも獲得するのは多くのことが伴わなければならない。
 まず、抽選だ。
 考えていた最悪の結果だ。とても難しいよ。
 最初のライバルがセビージャ。そのあとは理論的に考えてレバンテがくるだろう。そしてマドリ―かバルサだ。
 これは非常に消耗するよ。残念だが、僕らは最善を尽くし、できるだけ勝ち残りたい。
 しかし国王杯に勝つためにはバルサかレアルに勝たなければいけない。これは本当に大変だ。
 みんなタイトルを勝ち取りたいと思っているよ。でも一歩一歩行くしかない。バルサとレアルがいるとしても。」

- ヨーロッパリーグの方にはマンチェスター・ユナイテッドやシティがいますね。
「ヨーロッパの戦いにおいて僕らは問題がある。なぜなら時々相手チームを過小評価してしまう。
 チャンピオンズリーグでより勝ち上がらなければという話をしていたが、予算やそこにいるクラブの名前をみたら、バレンシアのヨーロッパにおける本当のレベルは今のものだろう。
 もちろん、僕らは決勝に到達できればと思っているよ!
 しかし基礎から始めるのはそう簡単ではない。すべての人が僕らが重要な役割を果たすことを期待している。
 しかし不運にも昨シーズンもそれができなかったし、今シーズンもできなかった。
 これから僕らはヨーロッパリーグを戦う。しかし、チャンピオンズを戦うのはシティやユナイテッドや、とても強くて金持ちのチームのグループとあたるよりも難しい。それは本当に際立って難しいんだよ。」

- メスタージャがすべての試合で満員にならないのは残念ですか?
「そうだね。でもクラブやチームへの不満によるものではないと思うよ。
 僕は危機的な状況にある経済のせいだとおもう。サッカーに人が集まらないだけじゃなく、もっと落ち込んでいるいることがあるよ。」

- 3位確定と考える人もいるようですが。どう思いますか?それは仕方がないこと?それとも現実なのでしょうか。
「今の時点で3位確定とは言えないよ。我々が戦うのを辞めてしまったら、どんなチームでも僕らに勝つことができるだろう。
 我々は後ろから忍び寄ってくるライバル達にオプションを与えるようなスタミナ切れを起こさないよう毎日100%でいなければならないよ。危険を冒すわけにはいかない。」

- ここ数年のリーガでは3位になることがあまり評価されていないように感じます。
「バレンシアは自分たちのレベルを保ち、向上しているよ。
 だから僕はもっともポジティブに評価している。でも誰もが思ったことを発言するからね。」

- 最近のバレンシアは成長していると考えていますか?
「ああ。そう感じているね。でも評価はシーズンの最後にどのポジションにいるかでなされるべきだ。
 今のところ我々には大きな問題はない。もちろんチャンピオンズリーグで決勝トーナメントに勝ち上がりたかった。
 しかしチェルシーは優勝候補だし、レバークーゼンは昨シーズン2位で、たくさんの代表選手がいるチームだ。
 残念だけどそれが現実だよ。」

- ウナイ監督についてはどう考えていますか?
「いつも通りだね。その仕事ぶり、献身ぶりに関しては今までのシーズン以上だよ。」

- ロッカールームと監督の関係はうまくいっていますか?
「問題はないと思う。結果が良いときはあまり心配ないものさ。ここでは状況が悪くなると疲れるけどね。
 でも今現在は問題ないよ。」

- ウナイはいままで重要なところで勝ち上がれていないというのを聞いてどう思いますか?
「重要な試合の話しをするのはその試合の相手が強く、我々が有利と言われていない場合や、その試合に勝てない時だ。
 我々は具体的な一試合などによるものではなく、シーズン終了時の総括的な目的によって気持ちをかり立てなければならない。」

- 今、建築が再開される新しいメスタージャをあらためて見ましたか?
「いいや、僕は今を生きている。我々のホームグラウンドがどこだかわかっている。
 バレンシアというクラブにとってよいのは、この建築再開がクラブを健全なものにし、成長するのを助けることだ。
 しかし建設途中で止まっているのをみたくないよね。」

- クラブはあなたの活躍に満足しているようです。続けたいですか?
「待たなければならないだろう。僕の状態はいいし、満足しているよ。昨シーズンより良い感じさえしている。
 結果については、チームとしての結果もよい。もう少しできたかなととも思うけどね。
 でも昨シーズンも言ったように、僕の歳から考えれば、良い状態である間は続けたいと思うのが当然だよ。」

- 決定するのに重要なことはなんでしょうか。
「良い働きができるかによるだろうね。もし良い成績があげられなければ25歳か40歳かに関係ない。
 なぜなら重要になることはほとんどないだろうから。
 もし今日契約延長しなければならなかったら? 良い働きをしているということだろう。
 僕はいい感じを持っているよ。でもまだ先は長い。今日はすごくよくても、明日はよくないかもしれない。」

【David Albelda】Parte 1:La entrevista a David en el SuperDeporte 1/1/2012  

El 2012 será mejor



20120101SuperDavid.jpg

スーペル、2012年1月1日の表紙はダビ!
そしてトップ記事はダビのインタビューでした。

お昼過ぎにPCを立ち上げてみてみたらいきなりダビ。
うーん、今年はいいことありそうな予感~!!!


ダビはいつも正面から立ち向かう。隠れることもない。
長い年月を経てそこにいて、彼はこう言う。
「25歳だろうと40才だろうとそんなものは関係ない」
なぜならその働きが大事であり、アルベルダの働きはクラブにとって有益である。
彼は34歳の今も体力がましていくほどの日々を送っている。
そしてクラブはそんな彼との契約延長を望んでいる。

ダビは、時をかけることを選んでいる。
しかし、彼は前のシーズンよりさらによい感覚をもってプレーを楽しんでいる。



2012-01-01_IMG_2012-01-01_18-11-47_solosu~2




- ラファナダルはこう言いました。「大切なのはあらゆることに夢を持ち続けること」だと。
 「彼はNo1になることを言っているけど、僕もそう思うよ。」

- あなたの夢はなんですか?
「チームに貢献し、普通の人間であると感じられ、気持ちよく過ごせて、自分が好ましいと思うことをすることかな。かなりよくばりかな(笑)」

- あなたは一年の終わりに何か願いをかける人ですか?
「いや、サッカーにおいては何かを勝ち取るためには、とにかくたくさん練習することさ。
 それは神のおぼしめしを期待するものじゃない。それだけだよ。
 良い練習ができなかったら、難しいのさ。
 僕は毎日強い気持ちを持って、準備をしている。そうすれば最後にはよいところに到達できるだろう。」

- 自分のDNI(政府発行の身分証明書)を見ましたか?(年齢を意識するかってこと?)
「いや、見ない。
 今のチームはこの10年ほどのチームと比べると、非常に若い選手たちが多い。
 僕は34歳で、年齢的には一番上だ。
 でも率直に言って、DNIは見ないよ。
 僕は普通の人間だと感じられているし、他の選手たちと完璧に同化しているからね。
 20歳であろうと30歳であろうと関係ないよ。」

- 数日の休みの後、選手たちは練習を再開しました。あなたは息子さんのダビとの時間を楽しめましたか?
「楽しいなんてもんじゃないよ。
 クリスマス休暇の最後は家族や親族のパーティがあって、僕は息子や妻や家族との時間を大いに楽しんだよ。」

- もうダビはボールを蹴るのですか?
「息子がボールをけるのが好きだって言えってことだろ?
 まだボールをシュートするには小さすぎるよ。
 まぁまだこの先、息子がサッカーを好きになる可能性は大いにあるけどね。」

- 昔のロック歌手(ドブレテの選手たちという意味かな)は不滅ですか?
「当然さ!まぁ遅かれ早かれいなくなるだろうけど。(笑)
 僕ぐらいの年齢になり、チームの選手たちのプロフィールをみたり、サッカーの変遷を感じたときに、
 自分に残された時間がわずかだと悟るのさ。
 それが一年か、二年か、三年かはわからない。
 なぜなら現在よりずっと大変だからね。でもいなくならないよ!すべてが新しくなっている。」

- 現在のレベルを保つため、何か変えたことはありますか?
「僕のやり方はずっと同じだよ。それは働き方も、人としてもね。
 僕は自分の体に注意を払っているよ。
 なぜなら最後の時までプロとして望ましいレベルでいたいからね。
 22歳か34歳かは関係ない。
 体に気を付けるか、さもなければプロとしてのレベルでなくなるかだ。そのようなことはいくらでもある。

- この数か月サッカーをする満足感を取り戻していますね。
「いや、普通はいつもプレーするのを楽しんでいるよ。それは小さいころからそうだ。
 しかし長いキャリアのなかでバレンシアのような大きなクラブにいれば、僕が過ごしたような悪い時期があるのは普通のことさ。
 でも平均してみればを大いに楽しんでいるよ。」

- あなたのご両親はアウェーの試合を見に行っていますね。
「父はいつでもたくさん見に来ているよ。
 チームと一緒ではないが、いつでも来れるんだ。
 サラゴサ、マドリッド、ビジャレアルには良く行くね。
 そういえばロンドンへは飛行機で来たよ。」

- ご両親はあなたの活躍に満足しているのではないですか?
「家族とサッカーの個人的な話はしないから。
 彼らともそれだけは話さない。
 多分満足していると思うよ。でもそれは今のことではなくて、サッカーを始めたころからだよ。」


1306950529334_externas_20090206_121734.jpg


- 前にあなたは若い選手の多いロッカールームについて話してくれました。バレンシアはここで成長していくような選手を持つべきチームでしょうか?
「そのような選手たちと言うのはいつだってチームをよくしていくものだ。
 バレンシアよりも劣ると言われているクラブからやってくる選手たちは、成長するために学び、向上していかなければならない。
 チームをよくすると同時に、彼らも選手として成長しなければならないのだ。
 今はたくさんの例がある、たとえばソルダードのケース。
 彼はいつだってゴールを決めてきた。でも今はバレンシアの選手として、ヨーロッパや世界を相手にしてゴールを決めている。彼は数年前よりずっと重要な選手になったんだ。」

- この若さは伝染するものですか?
「そうだ。やる気は伝わってくる。また仲間が常にトップ状態でいるのを見れば、それも伝染してくる。
 つまり我々はみんな若いってことになる」
 
- 今シーズン、ソルダードは一歩前に踏み出したと言えますか?
「どのようなクラブであれバレンシアより劣るクラブからやってきて、このクラブで最初から成果を上げることは難しい。
 みんな多少は苦しむものなんだ。
 ロベルトは昨シーズンの前半、苦しんでいたが、後半はゴールを決めていた。
 今はより苦しんでいる選手たちがいる。パレホ、ピアッティ…でも僕はみんな前進するだろうと考えているよ。
 たしかにやってきてすぐに成果を見せているケースもある。
 でもどんな選手にとっても最初の日から彼らの力を発揮することは難しいものなんだ。
 なぜなら以前は一週間に一試合プレーするだけだったけど、今は3試合プレーしなければいけないクラブにいる。
 同じようにプレーするのは難しいんだよ。」

- アルベルダは難しい時を過ごしている仲間のそばにいますか?
「いや、特には。選手は良いときや悪い時を過ごすことで成長するからね。
 選手はかなり考えているよ。それらの状況をよくしようとしている。
 なぜなら毎日のことだからね。
 話をする選手もいるよ。でも助言するかといえば、しないね。
 助言するにはもっとふさわしい人がいると思う。僕が助言するためにはもっと年齢を経ないとね。」
 
- バネガはいままでと違って見えますか?クラブは彼の契約延長を考えているようですが。
「エベルは変わっていない。サッカーにおいては誰も彼のレベルに疑いを持っていない。
 ただ単に個人的にいくつか問題はあって、そのために彼の実力が正当に評価されなかったということはある。。
 でもエベルは昨シーズンもそれ以前もサッカーにおいてはすばらしかったよ。
 彼は若い時をアルゼンチンですごした。我々は彼が素晴らしい才能をもち、彼は集中してプレーしているときは多くのものをチームにもたらす選手だということを理解した。」

- 彼は異なった選手なのですか?
「全員異なっているよ。彼はいくつかの特徴を持っている。
 同じポジションだけど、ティノは違った特徴があるし、パレホもまた違っている。
 監督が選択できるためのバラエティーに富んでいることが重要なんだ。
 僕はチームは、ポゼッションを高めるうえで重要であるエベルとカナレスという二人の選手の怪我も、毎年の選手の売却も乗り越えたと考えている。
 最後にはクラブは選手以上のものであり、するべきことは選手がどうであっても良い成績をあげることだ。
 そしてクラブは同じ理念のもと、成長を続けていくのだ。」
 
- バレンシアがエベルとの契約延長を考えていることを理解しているのですね?
「良い選手ががいれば、契約延長のオファーを出すのは当然だ」


1306950529334_externas_20090128_111804.jpg



- ミゲルとリカルド・コスタを許したことに対してはどう思っていますか?
「外から見たら話をすることも評価することも簡単だ。どのような毎日を過ごしているかなんて知らないからね。
 選手は問題がある時を過ごすことがある。
 でもその時に役に立つ選手に特権を与える方が、彼らをチームから何か月か隔離したり、罰しているよりも有益だろう。
 人々は真実を知らない。しかし実際、彼らは毎日一緒にすごさなければならない。
 それはミゲルやリカルドのケースにおいてでなく、どの選手たちのとっても苦しみになり、争うことができないのはとても難しいのだ。
 ついにはグループに悪い影響を与えることになれば、いかなる場合であれ、通常の平静を与えることが最善の方法だ。
 最後には規律のない行動をとり、数試合出場できないとか、罰金を払うとかの方法で報いを受けることになる。
 しかしできるだけ早く平穏に戻すことが最もよいのだ。」

- 経済的な制裁に賛成ですか?
「違う、違う。どの制裁を与えるべきか決めるのは難しい。
 なぜならそれぞれ意見を持つことができるし、ここではすべてがあまりに公になってしまうので難しい。
 するべきことをやっても決して正解にはならない。
 多分それが正しいと考える人もいれば、間違っていると考える人もいるだろうから。」

- しかし簡単に義務を果たせるものではあってはならないでしょう。それにそのあと監督が他の方法をとったのを知ったりしたら、それによってロッカールームの雰囲気が悪くなったり、悪い前例になったりしませんか?
「結局は、選手がやらなければならないことは、出番が来た時に良い働きができるように、仕事に集中できるようにできるだけの準備をしておくことだ。し
 しかし僕は誰一人監督や仲間の態度を評価しようなんて選手はいないと思うよ。
 そのためにもっと上の方の人たちがいるんだよ。」

- プレー時間が少ないためにチームから出ていきたいと考えている選手がいることは理解していますよね?
「いつでもあることだよ。選手を買ったり売ったり、契約を更新したり。
 ある選手は契約が終了したり、他の選手はあまり居心地がよくなかったり。常にあることだ。」
(へんなところに€マークが入ってしまって原文がよくわかりません。。。)

- スポーツディレクターの意図は1月は試合の負担がふえて厳しいものになるからもう少し待てということですが。それは彼のやり方ですか?
「このような決断を下す責任を持った人たちがいるのだ。
 僕は彼らはバレンシアにとって、チームにとって良いように考えるべきで、それぞれ個人にとって良いことを考えるべきではないと思う。」


今回も長いですねぇ。これでまだ半分ぐらいでしょうか。
ちょっと疲れてしまいました…

このあとはコパのことやヨーロッパリーグについて、ウナイさんについてなどまだまだ興味深い話が続きます。


間に入れた写真はスーペルにのったダビの昔の写真です。


こんな表情することもあるのですねぇ。

1306950529334_externas_20090706_092227.jpg

Felíz Año Nuevo! 

Les deseo un año repleto de paz, salud y felicidad.

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって今年が平和で、そして健康と幸福に満たされていますように。





私のブログを読んでくださってありがとうございます。
ここ1年半ほど、なかなか思うように記事をアップできていません。
でも今年も細々とでも続けていこうと思っています。

私がこのブログを始めたころに比べ、技術は格段に進歩し、バレンシアの試合もたとえWOWOWで放送がなくてもネットで生観戦できる時代になりました。
でも私には年齢的にもそれはかなり厳しい。
見たい、でも見れない、というジレンマに陥ったこともあります。
でも大好きなサッカーをずっと見続けて行かれるように無理をするのはやめようと思います。


そしてサッカーと仕事と家庭とそしてスペイン語の勉強とうまくバランスを取りながら
一年平和で健康に過ごしていきたいと思っています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。