スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【David Albelda】Rueda de prensa de David Albelda 2012/3/26 

¿Qué te parece esa situación del equipo?



video-26-3-2012.jpg


ヘタフェ戦の敗戦の後、「今のチームの状態をダビはどう考えているのかな」と考えた私。
それに答えて?というわけではないですが、ダビが記者会見に登場してくれました。
以前から、そう、私がこのブログを始めた当初から彼はカピタンとして、またベテラン選手としてチームが苦しいときに彼の意見をはっきりと話してくれていました。
今回は、どうでしょうか。


「今シーズンは最初から勝ち点差があるシーズンを過ごしてきた。
 今は下に強いチームいて、我々はかなり苦労している。
 以前も今も簡単でも難しくもない。
 シーズン中最後までCL圏内にいなければならないというのは、いつだって難しいことだ。」

「明らかに今の我々の結果はよくない。
 しかし状況は君たちが考えているほど危機的なものだとは思っていない。」

「他のシーズンでの経験から、3つのコンペティションで戦うのは非常に消耗するんだ。
 すべてのチームで、遅かれ早かれそれが現れてくる。
 それはバルセロナやレアル・マドリーであってもだ。
 まぁ彼らは良い試合をしなくても勝ち点を得られるけどね。
 すべてのチームが試合が飽和状態のシーズン中にはこのような落ち込みを経験するものだ」 


video-26-3-2012a.jpg


サラゴサ戦の後のメスタージャで、またヘタフェ戦のあとのアルフォンソ・ペレスで見られた白ハンカチ。
ついには「Unai vete ya!」まで聞かれたとか…
そんな状況については


「彼らにそうしろっていえば、彼らはそうするさ。
 サラゴサに負けた後、ファンはショックを受けていた。
 試合が終わった後に、彼らはチームを非難しただけだった。」

「我々の仕事は毎日5万人のファンの前で働いているようなもの。
 メスタージャでプレーすることはプレッシャーにはなっていない。
 もし結果が良くなかったらそれはメスタージャのせいではなく、我々が良いプレーができなかったからだ。」


最後にEL、AZ戦にむけて。

「今は毎試合、その試合に向き合わなくてはならない。
 もっとも近い試合はAZ戦だ。
 ヨーロッパリーグでは我々はうまくいっている。
 タイトルを取るためチャンスはある。」

 
sesion-26-3-2012.jpg

スポンサーサイト

【Valencia】Getafe × Valencia 

小さい文字
Getafe 3 - Valencia 1



1332631925499_enviofotografos_20120325_001736.jpg

また負けましたね。
先制して、逆転されるパターン。
これはゴールが決まらずに勝てない、というのより性質が悪いかもしれませんよ。
試合中に映ったウナイさんの苦しそうな表情からもそれが読み取れます。

監督は辛い。本当に辛い。
勝てば選手のおかげ、負ければ監督のせいなのですからね。

特にここで監督を続けるのは本当に大変。
私はウナイさんのために、今シーズンでバレンシアを去るべきと思います。
彼にはもっと新しい挑戦をたくさんしてもらって、もう一ランク上の監督になってほしい。
サイクルの終わりとは、ウナイさんの側からのものでしょうね。

miku2.jpg

ガビラン、アレッシィ、ミク、モジャ。
ソルダード、パレホ、パブロ。

両チームに属したことのある選手がいっぱいいる試合。
楽しませていただきました。

特にヘタの選手たち! 
ダビが試合に出ていない、とわかったとたんにヘタ応援に回ってしまいました。
ごめんなさい。だってガビランにアレッシィ、それにモジャがいるんですから!
この3人とは過去一緒に写真をとっていますからね。思い入れあるのです。

ガビラン、素晴らしかった!
ヘタの3点はどれもガビランのアシストだったんですから!
同点に追いつくリオスのゴールは左サイドからのクロス。
逆転のミクのゴールは強く打ちつけたガビランのシュートが高く跳ね上がったところをミクがヘッドで決めたもの。
ダメ押しの3点目は彼のFKをブルーノがオウンゴール。
このFKも絶妙で本当いいボールでしたねぇ~
さすがです。

後半彼がカスケロと交代する時のアルフォンソ・ペレス。
温かい拍手に包まれてガビランも満足そうでした。
大きな怪我の後だけに余計うれしかったかな。

ASでもEl Dandyに選ばれています!
「3つのゴールに絡み、ロングシュートもあと一歩で決まりそうだった」
ですって!
(ちなみにCrackは負けたバレンシアのジョナス。確かに良かったんだけど…)


セビージャから今シーズン終了までの期限付き移籍で古巣に戻ったアレッシィもがんばってました!
がんばりすぎてオウンゴールになりそうなシーンもなんどかあり、ハラハラしましたが。
でもコンスタントに試合に出場できるのは彼にとってとても重要でしょう。
今は試合に出るのが楽しいでしょうね。
来シーズンも残れるようにアピールしないとね。


ヘタ、これで勝ち点39。暫定9位。EL圏内、ひそかに狙ってます。
まぁいつも「ユーロヘタ」なんて言い始めた途端に不調に陥ったりするので、あまり騒がないことが一番かもしれませんけどね。

53720-944-550_convert_20120325145018.jpg



Getafe: Moyá; Varela, "Cata" Díaz, Alexis, Mané; Lacen, Míchel; Pedro Ríos (Sarabia, min. 85), Diego Castro, Gavilán (Casquero, min. 68); Miku (Güiza, min. 77).


Valencia: Guaita; Bruno (Mathieu, min. 68), Rami, Víctor Ruiz, Jordi Alba; Feghouli, Parejo, Topal, Jonas (Aduriz, min. 76); Piatti (Pablo Hernández, min. 60) y Soldado.

バレンシア招集メンバ
アウベス、グアイタ、ブルーノ、ビクトル・ルイス、ラミ、リカルド・コスタ、ジョルディ、マテュー
アルベルダ、ティノ・コスタ、トパル、パレホ、フェグリ、パブロ、ピアッティ、ジョナス、アドゥリス、ソルダード

Goles: 0-1, min. 4: Soldado; 1-1, min. 12: Pedro Ríos. 2-1, min. 24: Miku; 3-1, min. 30: Bruno, en propia meta.


Árbitro: Estrada Fernández (Comité Catalán). Mostró cartulina amarilla a Bruno (min. 26) y a Soldado (min.45), Piatti (min. 50) por parte visitante y a Miku (min. 72) y a Míchel (min. 80) por parte local.


Incidencias: Partido correspondiente a la trigésima jornada de Liga de Primera División disputado en el Coliseum Alfonso Pérez de Getafe ante cerca de 8.000 espectadores.

1332590221087_solosuper_20120323_204433.jpg

【Valencia】Valencia × Zaragoza 

LIGA BBVA Jornada 29
Valencia 1 - Zaragoza 2



1332367135056_enviofotografos_20120321_211406.jpg

試合は録画で見ました。
結果を知っていたので期待しないで見ていたのですがそれにしてもどうしちゃったんでしょうか、バレンシア。
前節のビルバオ戦、相手が疲弊しきっていたとはいえ0-3で勝ったわけです。
そういう試合をばねにして、ホームで勝って…と良い流れにつなげなければならなかったはずなのに。
いやはや。
来シーズンはポチェッティーノ?
そんなこと言っている場合じゃなくなってきましたよ。

1332367135056_enviofotografos_20120321_222631.jpg


前半早い時間での先制ゴール。
相手選手の退場。
相手はダントツの最下位チーム。

となればもう勝利を確信するのは当然、だったわけですが。。。

不可解な判定と、選手たちの気持ちの焦り、メスタージャの異様な雰囲気。
なにがなんだかわからないうちにPKを取られ、同点に追いつかれ。
ダビをフェグリに変えた途端に逆転ゴールを食らってしまいました。

サラゴサが良かったわけじゃないと思います。
前半はバレンシアが試合を決めるチャンスはいくらでもあった。
それを決めきれなかったのが敗因だと私は思います。


確かに審判はひどかったですね。
主審を務めたデルセロ・グランデは今シーズンプリメーラデビューした審判。
マドリッド州の所属です。
まだまだこれからの方でしょうから、この試合のビデオをもう一度よく見てしっかり反省していただきたい。
よろしくお願いしますよ。
バレンシアにとって永遠の的、みたいな審判にはならないでくださいね。



交代する時のダビ。
ちょっと不満だったのかなぁ。

1332367135056_enviofotografos_20120321_222230.jpg

1332367135056_enviofotografos_20120321_222942.jpg



Valencia: Guaita, Barragán, Rami, Dealbert, Mathieu (Jordi Alba, m.62); Albelda (Feghouli, m.70), Parejo, Pablo (Piatti, m.82), Jonas; Aduriz y Soldado.

バレンシア招集メンバ
アウベス、グアイタ、バラガン、ブルーノ、ビクトル・ルイス、デアルベルト、ラミ、マテュー、ジョルディ
アルベルダ、トパル、パレホ、パブロ、フェグリ、ピアッティ、ジョナス、ソルダード、アドゥリス


Zaragoza: Roberto, Álvarez, Paredes, Lánzaro, Abraham (Luis García, m.75); Pinter, Dujmovic, Apoño, Juan Carlos (Zuculini, m.50); Lafita y Aranda (Obradovic, m.64).


Goles: 1-0, m.9: Pablo. 1-1, m.23: Apoño, de penalti. 1-2, m.77: Apoño.


Árbitro: Delcerro Grande (C. Madrileño). Amonestó por el Valencia a Dealbert y Soldado, y por el Zaragoza a Lánzaro, Roberto, Zuculini y Dujmovic. Expulsó a los zaragozistas Álvarez con roja directa (m.21) y Zuculini, por doble amonestación, en el m.88.


Incidencias: partido correspondiente a la 29 jornada de Liga disputado en el Camp de Mestalla ante espectadores.

【Valencia】Athletic Club × Valencia  

LIGA BBVA Jornada 28
Athletic Club 0 - Valencia 3



1332099780241_enviofotografos20120318200045.jpg

お久しぶりでございます。
病気だったとか、旅行に行っていたとか、そういうわけではありません。

ただビルバオ戦でがっくりきてしまってしばらくなにも書く気になれなかったというのが正直なところなのです。
あれは、、、ひどかった。

両キャプテンの活躍を期待していたのに、ダビは出ていないし、イラオラは彼のキャリア初の退場になってしまうし。
まったく…
本当がっくりでした。

さらにさらに、、、サンホセ。
オリンピック代表にも選ばれているのですけどねぇ、彼も。

彼の凡ミスからもらったバレンシアの先制ゴール。
さらに後半、彼のハンドで得たPKでの3点目。
これでソルダードのハットトリック達成…
悪夢の一日だったでしょうね、サンホセ。

1332099780241_enviofotografos20120318201644.jpg

バレンシアファンから見ればあの試合は「会心の勝利」だったのでしょう。
でもこの試合の前の木曜日に行われたELビルバオ×マンUの試合を見ていた私には、ビルバオの選手にはこの試合でいつものパフォーマンスを見せる体力は残っていないな、と感じました。

バレンシアも確かに同じ日程でオランダでのPSV戦を戦いました。
でも、ファーストレグ、アウェーゴールを取られたとはいえ4-2で勝っていたし、どうやっても負ける気はしなかったでしょう。
ほぼ予定通り1-1の引き分けで勝ち抜けを決めたバレンシアはアウェーでの試合だったとはいえ、ビルバオのマンU戦に比べたら消耗度はかなり低かったと想像できます。

ビルバオの課題はここなのでしょうね。
あのマンU戦でのサッカーをどのコンペティションでも実践するには、そういう選手を育ててある程度の選手層を整えないといけないわけですから。
でもそれができたらすごい!

スペイン人にしては大柄で強靭な体力を持っているとされるバスクの人々。
だからもしかしてビルバオだからできるかも、と今は期待しています。

1332099780241_enviofotografos20120318202033.jpg

19歳スペイン代表、ムニアイン。なにより家で友達とプレステやっているのが楽しいそうで。はー



Athletic Club: Iraizoz; Iraola, Javi Martínez, San José, Aurtenetxe; Iturraspe, Herrera (Ekiza, min.71), De Marcos; Muniain, Susaeta e Íñigo Pérez (Ibai Gómez, min.46).


Valencia: Guaita; Barragán (Bruno, min.71), Rami, Dealbert, Jordi Alba; Topal, Parejo: Pablo Hernández (Jonas, min.59), Feghouli, Mathieu (Piatti, min.75); y Soldado.


Goles: 0-1, min.41: Soldado. 0-2, min.57: Soldado. 0-3, min.85: Soldado, de penalti.


Árbitro: José Antonio Teixiera Vitienes (Comité cántabro). Expulsó a Iraola, en el minuto 67, por doble amonestación, y a un miembro del banquillo del Valencia, en el 82. Además, mostró tarjeta amarilla a los locales Iturraspe, De Marcos y San José, y a los visitantes Barragán, Jordi Alba, Rami, Parejo y Solado.


Incidencias: Partido correspondiente a la vigésimo octava jornada de Primera División, presenciado en un San Mamés cerca del lleno, unos 40.000 espectadores. El Athletic vendió todas las localidades disponibles. Tarde fría y terreno de juego en buenas condiciones.

【Valencia】Athletic Club × Valencia 

LIGA BBVA Jornada 28
San Mamés



bilbo-17-3-2012f.jpg
アドゥリスはビルバオ出身ですからね。ファンも多いのでしょう。


今節はビルバオ戦。
試合は3月18日現地時間18時、日本時間は20日日曜日夜中の2時からです。
夜中の2時…みたら明日に響くことはわかっています。でも、見たい!絶対生で見たい!

だって今のビルバオ、楽しくて仕方がないんですから!
ELでマンUを破った彼らは本当に素晴らしかった!

ジョレンテ、ムニアイン、デ・マルコス。もちろんゴールを決めた彼らだけではなく、アンデル、スサエタ、イトゥラスペ、アモレビエタ…みんなが良く走り、よく守り、よく攻めました。
そんな彼らのなかで最も驚いたのがイラオラ。
どちらかというと小さくて細い彼が試合終了間際まで長い距離を走って攻撃参加する姿。
えらくかっこよく見えました。
彼はビルバオのカピタン。

今日のビルバオ×バレンシアではダビとイラオラの両カピタンを見るのが楽しみです。

bilbo-17-3-2012j.jpg
ウナイさんもバスク出身です。

バレンシアの招集メンバーです。

アウベス、グアイタ
ブルーノ、バラガン、ラミ、デアルベルト、ビクトル・ルイス、マテュー、ジョルディ
アルベルダ、マドゥロ、トパル、パレホ、パブロ、フェグリ、ピアッティ、ベルナト
ジョナス、アドゥリス、ソルダード


今招集できるベストメンバーですかね。


こちらはビルバオ。
ELの試合で怪我をしたジョレンテは招集されていません。トケーロも怪我なのですね。
ELマンU戦のセカンドレグで決めたジョレンテのゴール。
鳥肌ものでした。
ジョレンテがいないのはバレンシアファンにとっては朗報なのですが、でもさびしいなぁ。
今もっとも乗っているスペイン人FWとバレンシアDFの戦いを見たかったかも。
けちょんけちょんにやられるかもしれませんけど。。。


イライソス、アウルテネチェ、サン・ホセ、ダビ・ルイス、イトゥラスペ、デ・マルコス、ガビロンド、
コイキリ、ラウール、スサエタ、イラオラ、イニャゴ・ペレス、ムニアイン、アンデル・エレーラ、エキサ、
ハビ丸、イバイ、ラマーリョ



バレンシアの宿泊先はここ!
bilbo-17-3-2012k.jpg

Sorteo de UEFA Europa League 

3 españoles



無題

今朝、ベスト8に勝ち残ったばかり、なのにもう次の抽選です。
一応勝ち残った8つのクラブをおさらい。

リーガのバレンシア、アトレティコ、ビルバオ。
ブンデスリーガのシャルケ、ハノーバー。
オランダのAZ。
ポルトガルのスポルティング。
それに、ウクライナのメタリスト。

避けたかったのは同じスペイン勢同士の対決と、長旅になるメタリスト。
で、結果はどうかというと。。。

準々決勝
 アトレティコ × ハノーバー
     AZ × バレンシア
スポルティング × メタリスト
   シャルケ × ビルバオ

ファーストレグ3月29日、セカンドレグ4月5日


準決勝
 (アトレティコ×ハノーバー)の勝者 × (AZ×バレンシア)の勝者
(スポルティング×メタリスト)の勝者 × (シャルケ×ビルバオ)の勝者

ファーストレグ4月18日、セカンドレグ4月26日



準々決勝の相手は、またオランダ勢。
そして次はアトレティコ。2シーズン前、ELの準々決勝で負けましたよねぇ…
その時のリベンジ?
私としては昨シーズンのCL決勝トーナメントで負けたシャルケに借りを返したかったところなのですが。
まぁ今のバレンシアでは意気込みだけはあっても、空回りしてしまいそうですけどね…


決勝は5月9日。ルーマニアのブカレストで行われます。


CLの方は

見事に各国に散らばったCLのベスト8。
スペイン:バルサ、マドリー
イングランド:チェルシー
イタリア:ミラン
ドイツ:バイエルン
フランス:マルセイユ
ポルトガル:ベンフィカ
キプロス:アポエル

どこがアポエルを引くのか?という点に注目してみていましたがまさかねぇ、、、マドリーとは!
そしてまたまたバルサとミランとは!
一体UEFAは何を考えているのでしょうねぇ。

一番楽しみなのはベンフィカ×チェルシーかな。


組み合わせです。

準々決勝:
マルセイユ × バイエルン
 アポエル × R・マドリー
ベンフィカ × チェルシー
  ミラン × バルサ

ファーストレグ:3月27,28日、セカンドレグ:4月3,4日


準決勝;
マルセイユ×バイエルンの勝者 × アポエル×R・マドリーの勝者
ベンフィカ×チェルシーの勝者 × ミラン×バルサの勝者

ファーストレグ:4月17,18日、セカンドレグ:4月24,25日 


【David Albelda】Apadrina a la AVAPACE 

emotivos momentos





AVAPACECINCO13MARZO.jpg

3月13日、ダビは「AVAPACE(la Asociaciòn Valenciana de Ayuda a la Paràlisis Cerebral) バレンシア脳性麻痺患者支援協会」を訪れました。
この協会はすでに40年にわたり、脳性麻痺患者とその家族の生活の改善を進め、個人的な成長を支えています。

今回ダビがこの協会の新しい後援者となったのを機会に、バレンシアのマーケティングディレクター、ダミア・ビダガニィとともにセンターを訪問しました。

AVAPACEDOCE13MARZO.jpg

ここでダビはとても感動的な時を過ごしたみたいです。
ここで過ごしている人たちの活動を一緒に楽しんだり、子供たちの作った小さいfalla(火祭りのお人形)をみたり、皆さんとたくさんの写真を撮ったり。

オフィシャルアップされていたビデオを見ているだけで私にもその感動が伝わってきました。


AVAPACENUEVE13MARZO.jpg

まず彼を迎えたのは子供たちが作ったかわいらしい壁画。
ここには”DAVID, BENVINGUT A TA CASA"と書かれています。
多分バレンシア語で”あなたの家にようこそ(つまり、お帰りダビ)!”ってことではないかな。

ここには小さな子供たちもたくさんいるみたいで、ダビはその子たちとも写真をとったりしていました。

AVAPACETRES13MARZO.jpg


バレンシアはクラブとしてこの機関を支援することにしたようで、来週、今度は彼らがパテルナを訪れるそうです。
毎年ダウン症の子供たちとのコラボレーションで作られるカレンダーもとってもよいことだと思いますが、今回のこの支援もとてもステキ。

この前の日本へのメッセージといい、この活動といい、バレンシアなかなかやるじゃないですか。
うれしい、ですね。

AVAPACESEIS13MARZO.jpg

【Valencia】PSV × Valencia【Lista de Convocados】 

EUROPA LEAGUE
Entra Alcacer!



週2試合がまだ続きます。
3月15日木曜日に19時からPhilips Stadion de Eindhovenで行われるヨーロッパリーグ、PSV戦に向けた招集メンバが発表されました。

ソルダードが累積と出場停止。
ということでパコが招集されています。


アウベス、グアイタ、エクトル
バラガン、ブルーノ、デアルベルト、ラミ、マテュー、ジョルディ・アルバ
アルベルダ、ティノ・コスタ、トパル、パレホ、マドゥロ、フェグリ、パブロ、ピアッティ、ベルナト
ジョナス、アルカセル、アドゥリス


パコ以外にもGKのエクトルが招集されています。
Bチームのクリスティアンが怪我なんですよね。

ファーストレグ、メスタージャで2点取られたため、4点取っていますがちょっと不安。
できればこの試合でも先取点をとって、心理的に有利に立ちたい。


日曜日のリーガの試合、前半2点を取りながら、後半2点を取られ2-2の引き分けでした。
試合後、メスタージャは例のごとく、ブーイングと白ハンカチ(実は紙だったりしますが)。
確かに今のチームは情けない。
でもこんな時にホームのファンにまでブーイングされると選手たちは悪い方へ悪い方へと考えが言ってしまう。

あの時と同じです。
決して負けているわけじゃないのに、内容が悪いってファンにそっぽを向かれたあの時と。
もう少し辛抱強くなれないものでしょうか。
こんな時だからこそチームを支えて、選手たちを鼓舞して、メスタージャを最高の雰囲気にして相手チームを威圧して、一緒に戦って勝利しよう、と思ってもらえないものでしょうか。

PSVもチーム状態が悪く、監督が交代。
元バルサのコクが監督になりました。
お互い調子の悪い同志。

PSVに監督を変えた効果がでるのか、バレンシアがアウェーで変なプレッシャーを感じないで戦えるのか。
今回はどんなにゴールをきめても安心せずに最後まで見届けますよ!

【Valencia】El homenaje a Japón 

Le agradezco mucho al Valencia CF



Mensaje_20120311215336.jpg

あの大震災から一年たちました。
今日はテレビや新聞もこの一年にあったこと、今の被災地の状況を伝える記事や番組が多く、あらためていろいろ考えさせられました。

スペインのメディアでも同じ。El PaisやEl mundoなどの一般紙には日本のことを伝える記事や動画が載っていました。
FUKUSHIMA UN AÑO DESPUÉS
Un año del terremoto y el 'tsunami'

そして、先ほどバレンシアのオフィシャルページをみたら、こんな記事がのっていました。

Video de homenaje a Japón



これはバレンシアから日本へのメッセージです。
話しているのはピアッティ、バラガン、ジョルディ。

ピアッティから。
「日本の悲劇から1年、僕らからの応援の気持ちを送ります。
 きっとよくなっていくと信じています。」

バラガンから。
「スペインから日本の方々へ応援の気持ちと支援を送ります。」

ジョルディから。
「君たちを心から応援するよ」

って感じでしょうか。
彼らの気持ちがうれしいです。
バレンシアのファンとして誇りに思います。
ありがとう、バレンシア!


【Valencia】Valencia × Mallorca【Lista de Convocados】 

LIGA BBVA Jornada 27
Se caen Victor y Pablo



1331123411538_entrene7marzo7_20120311205704.jpg


今節はメスタージャでのマジョルカ戦。
本日3月11日現地時間16時、日本時間24時からの開始です。


1月からずっと週に2試合こなす状態が続いているバレンシア。
大きな怪我ではないですが、怪我人が出てきてしまいました。

ビクトル・ルイスとパブロが怪我のために招集メンバから外れています。
彼は約3㎜の右脚太腿の筋断絶で、約10日間の離脱となります。
つまりヨーロッパリーグのPSV戦と次節リーガのビルバオ戦は出場できません。

パブロは左足の太腿付け根の拘縮がみられたため招集されませんでした。

木曜日の試合で怪我をしたリカルド・コスタももちろん招集外。
こちらは7㎜の筋断絶で約3週間ほどの離脱になります。

しかし一方うれしい話題も。
マドゥロが久しぶりに戻ってきました。
心配したラミさんも招集されています(痛みを抑えてなのかしらちょっと心配)。


1330972026258_solosuper20120305133434.jpg



招集メンバです。

グアイタ、アウベス
バラガン、デアルベルト、マドゥロ、ラミ、ブルーノ、マテュー
ジョルディ、アルベルダ、ティノ・コスタ、トパル、パレホ、フェグリ
ピアッティ、ベルナト、ジョナス、アドゥリス、ソルダード


ダビ、今節イエローカードをもらってしまうと次節のビルバオ戦に出られません。
とっても楽しみにしているカードなのでダビには絶対いてほしい。
だから、カードもらっちゃだめよ!

1330972026258_solosuper20120305133506.jpg



今節もWOWOWの放送はあります。
でも生放送ではありません。
今シーズンは日曜日の試合開始時間が今までとちょっと違うからかわかりませんが、
放送はあるけど生じゃない、ということが結構あります。
できたらファンは生でみたいですよね…
特に今節のように24時からの試合は特に。
WOWOWさん、レアルやバルサ以外の試合も是非生放送してください!

more...

【Valencia】Valencia × PSV 

EUROPA LEAGUE
Valencia 4 - PSV 2



1331245929557_enviofotografos_20120308_223047.jpg

スペイン語の進級テストの結果がでました。
水曜日にはネットで確認できていたのですが、今日正式に進級できることがわかりました。
ちゃんと成績表、渡されるのですよ。しかも先生のコメントつき。
で、文法とか作文とか会話とかで点数が出てくるのです。宿題なんて項目もあるのです。
おかげさまで宿題の点数は20点中18点。
がんばったかいがあったというものです。

1331245929557_enviofotografos_20120308_223606.jpg

で、心置きなく見たPSV戦。
あっという間に2点を取ったことで気が緩み、うとうとしてしまってところどころ記憶が飛んでます。
さらにこの日はマンU×ビルバオが同じ時間にあってそっちも気になって…
テレビでバレンシア戦をみて、さらにPCでビルバオ戦をチェック。ラジオもつけて…という状態でした。
ラジオはもちろん2元中継。ビルバオ戦が主でしたけど。

バレンシア、試合開始直後からプレスがかかっていていい感じでスタートできました。
さらに相手の左サイドバックが17歳と若い選手で、バレンシアの右サイドで面白いようにチャンスが作れてました。
ビクトル・ルイスの頭で決めた先制ゴールも良かったですが、やっぱり2点目のソルダードのゴール!
右サイドのバラガンが深くサイドをえぐってだしたグラウンダーのクロスを点で合わせたFWらしいゴールでした。

バレンシアはその後もソルダードのPK、後半にはピアッティのうまい飛び出しできまたゴールと順調に得点をかさねたので、これですっかり安心。
パブロやパレホもよさそうだし、今日はこのまま勝てる!と勝負のついていなかったビルバオ戦にチャンネルを変えてしまったのが悪かった?

ビルバオは後半、デ・マルコス、ムニアインのゴールが決まってオールドトラフォードに集まった8千人のビルバオファンが歓喜する中、2-3で試合終了。
しかしバレンシア戦の方は…
PKをとられ、さらに試合終了間際に2点目を決められ、4点取って2点とられての大味な試合。
何とも後味悪い…

セカンドレグ、勝てばよいのです、勝てば。
でも、、、アウェーで2-0で負けたら勝ち抜けできないのですよ。

1331246389045_enviofotografos_20120308_231048.jpg

さらにバレンシアはこの日久しぶりに先発したリカルド・コスタが前半に負傷退場。
運がわるいというか、ツキがないいうか…
せっかくの出番だったのに…残念。

ラミさんも股関節に疲労がたまって痛みがあるようで、今後のDFが心配です。


1331246389045_enviofotografos_20120308_230132.jpg

ASの選ぶEl crackはピアッティ。El dandyはパレホでした。
パレホはMARCAでも褒められていましたね。
バレンシアに来て一番良い試合だったって。
バネガの怪我で回ってきたチャンス。しっかりつかまないと!
もうすぐカナレス君が戻ってきますよ…




Valencia: Alves; Barragán, Ricardo Costa (Rami, m. 24), Víctor Ruiz, Mathieu, Pablo, Albelda, Parejo, Piatti, Jonas (Bernat, m. 70) y Soldado (Aduriz, m. 75).


PSV: Isaksson; Manolev, Marcelo, Derijck, Willems (Pieters, m. 35), Hutchinson, Strootman, Labyad, Toivonen, Mertens (Wijnaldum, m. 75) y Matavz (Lens, m. 67).


Goles: 1-0, m. 11: Víctor Ruiz. 2-0, m. 12: Soldado. 3-0, m. 43: Soldado, de penalti. 4-0, m. 57: Piatti. 4-1, m. 83: Toivonen, de penalti. 4-2, m. 90: Wijnaldum.


Árbitro: Manuel Gräfe (Alemania). Mostró tarjeta amarilla a los locales Rami, Barragán y Soldado, y a los visitantes Mertens y Pieters.


Incidencias: Partido de ida de los octavos de final de la Liga Europa disputado en el estadio de Mestalla ante cerca de 30.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones.

more...

【David Albelda】En la Universitat de Val醇Qncia 

Charlar con los asistentes



uni-6-3-2012b.jpg

3月6日、ダビがバレンシア大学で第3回「バレンシアCFの歴史」講座の終了式に登場。
参加した生徒たちからたくさんの質問を受けました。

多分いろいろな質問があったのだと思いますが、記事になっているのは大きく2つ。
過去の話と今の話。
つまり、あの時を振り返ったものと、今のチーム状況。

やっぱり、あの時のこと、聞いてみたいのでしょうね。


Como falla

uni-6-3-2012d.jpg


彼は戦力外とされた時の事を思い出し、あの時のクラブはallasの人形のようだったと語った。

アルベルダあこのような比喩を使って、カニサレス、アングロ、それに彼がクーマンによって戦力外にされたのは、あのころクラブが主催した絶え間ない催しものに彼らが行かなかったからだと説明した。

”あのころのクラブの運営はFallasの人形のようだったよ。
 しょっちゅう誕生日だ、祝賀会だなんだかんだと言って僕らは招待された。
 でも僕ら3人は興味がなかったし、そういうつけが回ってくるような物にかかわらないかったんだ。”

その頃についての生徒たちの質問は執拗だった。
アルベルダは”無力とあきらめ”を感じたと語った。
しかし、今は最終的な結論に満足していると言い足した。
”なぜなら難しい状況を変えることができたから。でももうほとんど忘れているよ”

また彼はバレンシアの歴史において、彼が過ごした他の時代について語った。
”あのころ我々はとても謙虚なクラブだった。
 CLの決勝に進出したのは一つの成功だ。
 我々はクラブとして決勝戦を戦い、タイトルを勝ち取る寸前までに成長した。
 今再び我々は、バレンシアを最高の高みへと到達させる第一段階にいるんだ。”

しかしアルベルダは今現在バルセロナとレアルと戦うことは難しい強調した。
”彼らはとんでもない予算を持っている。テレビの放映権料が3番になったとしても我々には難しいだろう。
 彼らのレベルに到達するのはとても大変なことだ。しかしあきらめてはいけない。”

アルベルダはチームメイトと親友になったことはないと話した。
”といっても、良い関係だよ。
 僕はここの出身だし、家族がいて、人生を通じての友達もいる。”

また引退後に監督をやるのか?と聞かれて
”選手がまだ現役でいるときにはあまり将来のことは考えない。
 まぁそう長く現役でできる時間が残っているとは思っていないけどね。”
”今はあまり監督をしたいとは思っていない。長くやっていると、監督がたたかれているのをみてしまうんだ。
 監督は選手よりもまともに批判にさらされる。


(最後の文章がよくわからない…悔しい)


Uno de los aspirantes

1330972026258_solosuper20120305133722.jpg

今度は木曜日にメスタージャで行われるヨーロッパリーグ、PSV戦の話。
こちらは簡単に。

”UEFAの大会において、われわれはタイトルの候補者と考えるべきだ。
 しかし本命ではない。なぜならマンUもマンCもいる。
 彼らがいる中で、自分たちを本命と考えるは軽率だ。”
”PSVに勝てたとしたら、そのあとマンU、マンCの2チームと抽選で当たらないことが大事だ。
 抽選結果は時としてとても大切だ。”

”PSVはオランダリーグで1位のチームだ。この前の試合でトゥエンテ相手に2-6で負けてくるしんだとはいえ、難しいライバルだ。”

”彼らは常にCLに出場しているチーム。だからエラーが命取りになるだろう。”


1331123411538_entrene7marzo7.jpg


バレンシア語なのでよくわかりませんが。

【Valencia】Granada × バレンシア【Lista de Convocados】 

LIGA BBVA Jornada 26
Mala racha para Soldado



1330807655604_granada-3-3-2012aa.jpg

今節はアウェー、Estadio Los Cármenesでのグラナダ戦になります。
試合は本日3月4日18時から。日本時間では一番つらい日曜2時から。
その前のバスクダービーは何とか見たいけど、2時からの試合は辛すぎます。

5年ぶりの代表招集でしっかり結果をだしたソルダード。
しかしバレンシアではすっかりゴールにご無沙汰状態。
1月22日のオサスナ戦以来ゴールがないのです。
今のところ427分、ゴールなし。
彼は昨シーズン、485分間ゴールがきまらないということがありました。
これも21節~29節だったそうなので、この時期バレンシアの調子が落ちる、ということなのでしょうか。
まぁ今年は彼も風邪をひいたりして今一つ体調が悪かったこともあるのでしょうけれど。

相手は16位のグラナダ。ここで悪い流れを止めてほしいものです。


1330807655604_granada-3-3-2012i.jpg

招集メンバです。
ジエゴ・アウベス、グアイタ
ブルーノ、バラガン、ビクトル・ルイス、デアルベルト、ラミ、マテュー、ジョルディ
アルベルダ、トパル、ティノ・コスタ、フェグリ、パブロ、パレホ、ピアッティ
ジョナス、アドゥリス、ソルダード


バネガがいない分、パレホが頑張らないと。
チームには縦の動きが足りない気がします。
ダビは今節カードをもらうと今シーズン10枚目。
ということで次節出場停止になります。
カードをもらうのは仕方がないところもあります。
でもバルサ戦、セビージャ戦とあまりに早い時間でもらいすぎ。
まわりとのバランスもあるのでしょうか。
もしかしてバネガがいないことがこんなところにも影響しているのかな。
むむ。。。

1330807655604_granada-3-3-2012l.jpg



more...

【Valencia】Valencia × Sevilla 

LIGA BBVA Jornada 25
Valencia 1 - Sevilla 2



1330285904646_enviofotografos20120226201113_20120304150636.jpg


昨日ようやくスペイン語の進級テストが終わりました。
結果が出るのは週末。
絶対無理、なのですけどね。
というより実際、まだ上級に上がるレベルにはないと思うし。
とはいえ同じ教科書で中上級をもう一度やるというのも。
まぁ先生が変わるとまた違ったりするのでしょうけれど。
そうしようかなぁ。

1330285904646_enviofotografos20120226200555_20120304150736.jpg


で、前節のセビージャ戦です。
見直すほどの試合じゃないとは思いましたが、もう忘れかけていたので後半だけもう一度見ました。
なんかもう改めてアップすることもないかと思うほどだらだらした試合でした。


しかし締らないですねぇ、今のバレンシア。
2012年になってたった1勝。勝ち点をいくつ失っているんでしょうか。
気が付けば3位と4位の差はかなり詰まってきているのです。
まぁ4位以降もつぶし合いをしている状態ですが。
この波に飲み込まれてしまうのか、それとも3位をキープし続けられるのか。
次節からのグラナダ戦、マジョルカ戦の2試合をどう戦うかが結構大きいかなぁ。
そこで下位相手に取りこぼすようなことがあると。。。
まぁ悪い方に考えるのはやめましょう。

1330285904646_enviofotografos20120226201022.jpg


セビージャ、監督が変わって良い効果が出てきているようです。
前監督のマルセリーノさんとは全くタイプが違うと思われるミチェル。
私は姿だけなら絶対ミチェルの方が好きですが、ミチェルの監督としての力はちょっとよくわかりません。
ヘタフェでもそれほど良かったわけではないし。

正直チャンピオンズ圏内は難しい気がします。
決して望んでいるわけではないですが。。。
あ、でもCL圏内確保=ミチェル残留=キケ招聘なしですからね。
今回もセビージャは本当はキケを招へいしたかったようなのです。
でも、彼は今アル・アハリの監督をやっているので連れては来れなかったのです。
キケも来シーズンはヨーロッパに戻る、と断言していますし、以前からいつかはセビージャで監督をやりたいといっていたことから考えると、来シーズンセビージャからオファーがあれば受けることは確実。

セビージャとミチェルには申し訳ないけど、今シーズンはEL圏内ぐらいの順位で終わってもらうのが私の勝手な希望です。ごめんなさい~!

1330285904646_enviofotografos20120226200347.jpg


試合が終わってがっくり肩を落として引き上げるダビの姿が印象的でした。
ダビはまた試合開始直後にカードもらってましたねぇ。
これでたしか9枚目。
次節でもらっちゃって、マジョルカ戦はお休み、かな。
(こういうことはやってはいけない、のですよね。)
でもその次のカテドラルでのビルバオ戦にはいてほしいですからねぇ。


1330110920519_enviofotografos20120224154758.jpg



Valencia: Guaita, Bruno (Barragán, m.71), Rami, Víctor Ruiz, Mathieu (Pablo, m.75), Albelda, Tino Costa, Feghouli, Jonas (Aduriz, m.61), Jordi Alba y Soldado.


Sevilla: Palop, Coke, Escudé, Spahic, Fernando Navarro, Jesús Navas, Medel, Rakitic (Trochowski, m.88), Reyes (Manu, m.59), Kanouté y Negredo (Baba, m.73).


Goles: 1-0, m.25: Tino Costa. 1-1, m.36: Medel. 1-2, m.70: Navas.


Árbitro: Fernando Teixeira Vitienes (Colegio cántabro). Amonestó por el Valencia a Albelda, Bruno y Aduriz y por el Sevilla a Fernando Navarro y Medel.


Incidencias: partido disputado en el campo de Mestalla ante 45.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones. Los jugadores del Valencia saltaron al terreno de juego con una camiseta en la que se leía "Mucha fuerza, Éver" en muestra de apoyo a Éver Banega, que se rompió la tibia y el peroné la semana pasada.

【Selección Española】España × Venezuela 【Los protagonistas】 

Las palabras de cracks



Roberto_Soldado_20120301224703.jpg

Soldado: "Me quedo con el penalti fallado"

ハットトリックを決めたボールをずっと手にしてバレンシアまで戻ったソルダード。
AVEの駅でも注目の的でした。
なんで大事なボールを手に持って帰るの?落としたらどうするの?なんて心配になりましたが、たぶん荷物に収まらなかったのでしょうね。

昨日のCOPEのインタビューで「この素晴らしい思い出に何を持って帰るの?」と聞かれて
「ユニフォーム、パンツ、ボール…」
とすべてを持って帰りたそうに話していましたから。

入らないのならへんな袋に入れていくより手に持っていくっていうのがスペイン人らしいところ?


試合後の彼の言葉は日本のメディアでもたくさん取り上げられています。
「こんな風に代表に戻れるなんて夢みたいだよ。
 でも後半は相手が一人少なくなってオープンな戦いになった。
 あのペナルティーは決めなければいけなかったね。」


1330558449_extras_albumes_0_20120301224703.jpg

シルバ、最近よくインタビューに応じます。
今回も試合後COPEのインタビューに登場。
かなり話もうまくなった?

「素晴らしい試合だったね。
 僕たちは今まですこしうまくいかないところもあったけど、それは普通のことだよ。
 ユーロが近づいてきて、良いプレーができたよ。」
「みんな良い状態だ。このレベルを続けられたら満足だね。
 僕たちは4年間追い風にのっている。ここにやってくるとすべてがうまくいくんだ。これを活かさないとね。」
「(3点目のソルダードのゴールは)美しいゴールだったね。
 サンティが少し間をおいて、ソルダードが決めた。僕たちはああいうゴールをたくさん決めることができるんだよ」
 
この日の水色のユニフォームについては
「きれいだよね。僕らに幸運をもたらしたね。これは重要だよ!」
「(マンCで)プレミアのタイトルを争っている。ファンはすごく期待しているんだ。僕らがタイトルを獲得できるか楽しみだよ。」

1330556048956_reuters_20120229_223800_20120301224703.jpg

美しい写真!
ジョレンテ、カッコいい…声もイイ。

普段はビルバオでチームメイトのアモレビエタと激しく争っていたジョレンテ。
「チャンスはあったんだけど。ゴールにつながらなくて残念だ。」
「僕ららしい試合だった。
 今の代表は信じられないほど素晴らしいよ。」
「チームはボールをよく動かして、良い試合をしたね。
 前半はちょっと苦しんだけど、後半に出た選手たちがしっかり試合を決めた。」
「ソルダードはエリア内の"Killer"だ。彼にとって素晴らしい日だったね。
 彼を祝福しなくちゃ。
 僕らは応援しに来てくれるファンに楽しんでもらいたいと思っているんだ。」


1330555485_extras_albumes_1_20120301224703.jpg

最後はこの試合が代表デビュー試合となったムニアイン。
  
「(デルボスケ監督は)チャビのパスを中盤で受けて、いつもやっているようにプレーしなさいって言ったよ。
 このチャンスを活かそうとプレーしたよ。」
「フル代表でのデビューはサッカー選手にとって最高の出来事の一つ。
 今日僕はそれを成し遂げた。」

インタビューの最後にソルダードに「僕のすね当てとそのボールを交換しない?」なんて言ってましたっけ。
まったく…

でも記者会見でも真面目な受け答えしかなくて、「らしくないな」と思っていたのでこの発言を聞いて少し安心。
やっぱり試合に出たことで普段の彼にもどれたのかな。



Los videos


こちらは試合の様子。解説なし、音楽つきです。
España 5-0 Venezuela

こちらはRTVEのニュースの一部かな。
Soldado pide paso en la sobresaliente 'manita' de España a Venezuela (5-0)


1330558856_extras_albumes_0_20120301224703.jpg

【Selección Española】España × Venezuela 

AMISTOSO
España 5 - Venezuela 0



silva1330371698994_efe20120227200427.jpg

シルバのゴラッソ、ソルダードのハットトリック、ムニアインの代表デビューと最高の親善試合でした。
こんなに気持ちのよい代表戦は久しぶりかな。



取り急ぎゴールシーンだけ。

Iniesta abre el marcador (1-0)

Silva firma el segundo con un golazo (2-0)

1330545221_0.jpg


Soldado consigue el tercero (3-0)

Soldado aprovecha su oportunidad (4-0)

Soldado sentencia con el quinto (5-0)

1330545221_extras_portadilla_2.jpg



España: Casillas; Arbeloa, Sergio Ramos (Puyol, m. 61), Piqué, Jordi Alba; Busquets, Xabi Alonso (Xavi, m. 61); Iniesta (Cazorla, m. 46), Cesc (Muniain, m. 75), Silva (Navas, m. 61); y Llorente (Soldado, m. 46).


Venezuela: Dani Hernández, Roberto Rosales, Amorebieta, Vizcarrondo, Quijada (Rolf Feltsher, m. 72); Julio Álvarez (Alex González, m. 61), Tomás Rincon, Mea Vitali (Flores, m. 81), Arango (Greco, m. 88); Miku (Túñez, m. 66) y Rondón (Frank Feltsher, m. 78).


Goles: 1-0, m. 37: Iniesta. 2-0, m. 40: Silva. 3-0, m. 49: Soldado. 4-0, m.5 4: Soldado. 5-0, m. 85: Soldado.


Árbitro: Andris Treimanis (LET). Amonestó a Cesc (69) por España. Expulsó por roja directa a Amorebieta (65) por derribar a Soldado dentro del área siendo último hombre.


Incidencias: encuentro amistoso disputado en el estadio La Rosaleda de Málaga ante la presencia de 25.000 espectadores.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。