Archives

 2012-06 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española】Las noticias para la final 

明日の決勝に向けて、いくつかのニュースを拾ってみました。

bajón físico de Silva



1340998968542.jpg

RTVEはその記事の中でシルバのフィジカルへの不安からデル・ボスケ監督が決勝戦でシルバではなく、ペドロかナバスを先発させる可能性もある、と伝えています。


デル・ボスケ監督は今までの試合で見せたように、決勝のイタリア戦へ向けて2つことを解決しなければならない。
一つは9番の問題。
もう一つがシルバの代わりである。

ユーロを通じて決まったメンバーを組むことができていないスペイン代表。
10人のレギュラーとセスク、トーレス、ネグレド。相手のシステムと彼らの特徴によって使い分けている。

GKはカシージャス。ディフェンスはアルベロア、ピケ、セルヒオ・ラモス、ジョルディ・アルバ、彼らの成績は「優」。決められたゴールは1つ。まさにそれはイタリア戦だったが。これは今大会で最小の数字だ。
アルベロアはリベリ、クリスティアーノという世界最高レベルの選手を相手にさっそうと戦った。
CBの二人はその力を大いに示した。アルバはカプデビラの完璧な後継者になった。左サイドで疲れを知らない。

中盤にはブスケ。そしてフランス戦で2ゴールを決め、さらに成長し続けているシャビ・アロンソ。
信頼を保持し続けているチャビ。プレーのすべてに大きくかかわっているスペインの旗手である。

グループの締めくくりはイニエスタ。スペインの攻撃を左右する「魔法使い」。そしてシルバ。しかしユーロが進むにつれて体力が落ちるとともに輝きを失っている。これはデル・ボスケの心配の種の一つである。
ポルトガル戦、彼を60分で交代させた。イタリアの堅いDFをかく乱するために二人のフレッシュでスピードのある選手、ヘスス・ナバスかペドロを先発させることもできる。

9番の問題については、デル・ボスケは情報を待っている。イタリアが開幕戦の時のように5人のDFを置くかどうかがまだわからない。彼らのシステムのバリエーションはデル・ボスケにセスク先発という賭けをさせた。彼は有力な候補である。

セスクを使うか、はたまた生粋の9番、トレース、ネグレド、ジョレンテ、を使うか。デル・ボスケはまだ決断を下していない。選手たちも誰が選ばれるかわからない。
みんな推測している。しかし日曜日決勝の前までスペインを伝説に変える11人はわからない。


プジョールとビージャ、キエフへ!

ウクライナの首都、キエフでユーロ決勝を戦うスペインを応援に行くのはフェリペ皇太子やラホイ首相だけではありません。

怪我のためこの大会に出られなかったプジョールとビージャもキエフに向かいます。
そして観客席からチームを支えます。


Madres de los jugadores

カルメン、マリ、パキ、エバ。
4人の代表選手たちのお母様です。

カルメンはイケル、マリはイニエスタ、パキはセルっち、エバはシルバのお母様です。
この4人のお母様がホセ・ラモンのEl Largueroというラジオ番組の中でインタビューを受けています。

インタビューの様子(ASの動画)

イニエスタは今まで一回しかPKをけっていなくて、それは失敗だったから今回も蹴るとは思っていなかったとか。イニエスタが蹴る瞬間はイケルのママと一緒にトイレに居て見ていなかったのだそうです。

セルっちのママはセルっちがPKを蹴るとは思っていなくて、蹴るのを見ていられず、顔を伏せていたとか。
レイナの奥さんが「決まったわよ」と言ってくれたので顔を上げたのだそうです。パネンカなんて全然しらなかったそうです。
しかしセルっちママはいかにもスペインの中年女性って感じ。
娘曰く「このお母さんに育てられたら無敵だろうね」
確かにセルっちは無敵です。

イケルのママはトイレにいて15分ぐらい待って出てきて最後のところだけ見たそう。
イタリア戦の時は気を失ってしまったのですよね。

お父さんたちは仕事があったりして見に来られないことが多いですが、お母さんたちはしっかり見に来ているんですねぇ。
あ、そういえばマタのおじい様、また決勝に来るかしら。
「私は決勝にしかいかない。私がいった決勝で孫は一度も負けていない!」
と言っていましたからね。絶対にキエフに来ていただかないと!


8時間待った結果は…

古今東西、好きな人を思う気持ちはどこも同じ。
待つのですよ、女性は…パテルナでダビをまった時のこと、ビセンテ・カルデロンでキケを待った時のことを思い出しました。

チャビに花を渡そうと彼を待ち続けた彼女は…

Ocho horas de espera para regalar unas flores a Xavi... ¿con final feliz?

国王に報告


決勝戦で勝っても負けても。
選手たちは月曜日、キエフからマドリッドに戻った後、17時にまずは王宮にごあいさつに伺います。

そしてそのあとシベレス広場に行きます。
もし優勝すればもちろんバスに乗っての優勝パレードの最終地点として。
負けたら…まぁそれは考えないことにしましょうね。

パレードの開始は19時。モンクレアをスタートします。
そしてお祝いの式典は20時半開始。

レイナのあれ、みたいですよね。。。

スポンサーサイト

【Selección Española】Los videos de la selección 

Con Estopa



ユーロの応援ソングをスペインの人気グループEstopaと一緒に。
ビージャもたのしそう。





こちらはポルトガル戦の後の選手のツィートなどを伝えるもの。
Los jugadores espa�・oles expresan su alegr�・a en Twitter

Ramos, h�・roe ante Portugal

ジョルディのバルサ移籍を伝える動画。アドゥリスも出てきます。


最後に。
ポルトガル戦のTanda de penaltisを。



【Selección Española】Portugal × España 

EUROCOPA | SEMIFINAL
PORTUGAL 0 (2) - ESPAÑA 0 (4)


1340844634113_convert_20120628214407.jpg

Otra vez a la final


ASのアルバム
El Paisのアルバム
El mundoのアルバム
Superのアルバム
MARCAの写真集
Superの写真集

一度書いた記事がすっかり消え、気持ちがなえています…
だからIE嫌い…

2008年のユーロ、2010年のワールドカップ、そして今回のユーロ。
3大会連続の決勝進出です!

いやぁ少し前のスペインからは考えられないこの躍進。
今大会では苦労しているとはいえ、結果を出しているのはすごいです。

考えてみれば今や世界中の代表から目標にされている彼ら。
彼らを倒せ!と多くの国が彼らを目指しているのですからね。
デル・ボスケ監督の謎の采配はそういう彼らの裏をかくためのもの、なのかも?!


今回スペインはネグレドを入れた布陣で臨みました。
でもそれはあまりうまくいったとは言えず。
後半セスクを入れ、さらにナバス、ペドロを入れてようやく幅のある攻撃ができるようになりました。
後半の最後の方からポルトガルの疲労が見えてきたことも大きかったと思いますが。

スペインは延長戦で決めてしまいたかった。
イニエスタ、ペドロ、ナバスとチャンスはあったのに決めきれず。
思わず「ビージャがいれば…」とつぶやいてしまいました。


_2RS0551_1.jpg


PK戦になっても同じ。
ビージャがいなくて誰が最初に蹴るのよ!?
心配は的中。シャビ・アロンソが見事に止められてしまいましたからね…

しかしスペインには「何もなくなっても、そこにイケルがいる」と言われる聖・イケルがいるのでした。
さらに、、、もう5番目のキッカーのスペシャリストになったセスクも。

彼は本当は2番目の選手に指名されたのに
「¡Que no, que no, que tiro el quinto!」
(違う、違う!僕は5番目に蹴るよ!)
と自ら最後のキッカーを志願。

そして決めちゃうのですからすごい。
なんか予感があったらしいですけどね。

私は個人的にセスクのゴールが決まった後、みんなと喜ぶジョレンテを見てうれしくなりました。


1340838423_extras_albumes_0.jpg

髪を切ってかっこよくなったセルっち。
セルっちなんて呼んでは失礼かしら…

26歳でももう90試合代表歴。
すっかり風格出てきました。
あのPKのパネンカキックもその表れ?

いやいや守備も良かったです。
UEFAではMOMに。ASでもクラックに選ばれました。
すっかりCBがはまってますが…
CBは他にも候補がいるけど、やっぱり右サイドバックはセルっちが…としつこく思ってます、私は。
いつか戻ってきて、またヘススとのセビジスタコンビを見せてほしい!


さぁ、次は日曜日の決勝戦。
相手がドイツでもイタリアでも難しい試合になるのは目に見えてます。
スペインは皇太子とラホイ首相がキエフに行くそうです。
もちろんレティシア皇太子妃も一緒でしょうね。
またお二人のガッツポーズ、見れると良いな。




Portugal: Rui Patricio; Joao Pereira, Bruno Alves, Pepe, Fabio Coentrao; Meireles (Varela, m. 112), Miguel Veloso (Custodio, m. 105), Moutinho; Nani, Hugo Almeida (Nelson Oliveira, m. 76) y Cristiano Ronaldo.

España: Casillas; Arbeloa, Piqué, Sergio Ramos, Jordi Alba; Busquets, Xabi Alonso; Silva (Navas, m. 60), Xavi (Pedro, m. 87), Iniesta; y Negredo (Cesc, m. 54).

_2RS0197_1.jpg


Penaltis: 0-0: Xabi Alonso, para Rui Patricio. 0-0: Moutinho, para Casillas. 0-1: Iniesta, gol. 1-1: Pepe, gol. 1-2: Piqué, gol. 2-2: Nani, gol. 2-3: Sergio Ramos, gol. 2-3: Bruno Alves, al larguero. 2-4: Cesc, gol.

Árbitro: Cuneyt Cakir (Turquía). Amonestó a los españoles Sergio Ramos (m. 40), Sergio Busquets (m. 60), Arbeloa (m. 83) y Xabi Alonso (m. 112) y a los portugueses Pepe (m. 61), Joao Pereira (m. 64), Bruno Alves (m. 85) y Veloso (m. 90).

Incidencias: partido correspondiente a las semifinales de la Eurocopa 2012, disputado en el estadio Donbass Arena de Donetsk ante unos 48.000 espectadores, unos 1.500 españoles. En el palco no hubo ningún representante institucional español, en protesta por el caso de la exprimera ministra ucraniana, Yulia Timoshenko, al igual que en el partido de cuartos de final del pasado sábado contra Francia en el mismo estadio. El césped fue regado veinte minutos antes del comienzo del encuentro. Iker Casillas y Cristiano Ronaldo, capitanes de las selecciones de España y Portugal, respectivamente, leyeron un comunicado contra el racismo antes del inicio del encuentro. Los jugadores de la selección española lucieron brazaletes negros en memoria de Miki Roqué, futbolista bético fallecido a los 23 años.

おまけ

more...

【Selección Española】El recuerdo a un amigo 

beticismo_llora_muerte_Miki_Roque.jpg


昨日、ベティスのミキ・ロケ選手が23歳という若さで悪性骨腫瘍癌のためお亡くなりになりました。
この悲しいニュースはツィッターやfecebookを通じて瞬く間に広がりました。
スペイン代表の多くの選手もショックを受け、お悔やみの言葉とともに彼らの悲しい気持ちを伝えていました。
SoccerKINGの記事

今日、RFEFのページに特別なメッセージが掲載されました。

それはバルサのブスケのもの。
「セルヒオ・ブスケは昨日亡くなったベティスの選手、ミキ・ロケのご家族にお悔やみの気持ちを伝えた。
 ブスケは”忘れることのできない多くの時を彼と過ごしたんだ。”と語った」


 仲間の死という悲しい知らせを聞いて、ミキ・ロケの家族と友人にそばにいるという気持ちを心から伝えたい。
彼は立派な人間であり、そして素晴らしいスポーツ選手だった。みんなの模範だった。
しかしなにものにも代えがたい大切な仲間が逝ってしまった。決して忘れることのない多くの時を一緒に過ごした仲間が…
 ショックを受けていた。人生はあまりに不当だ。こんな時僕らにできるのはここでの勝利を彼に捧げるために精一杯戦うことだ。

 ミキ、安らかに。

Sergio Busquets


日本の1リーガファンからもお悔やみの言葉を。
Le doy mi más sentido pésame.
Quiero darle una abrazo fuerte a su familia.
Descanse en paz, Miki.

 

【Selección Española】España × Francia 

EUROCOPA | CUATROS DE FINAL
ESPAÑA 2 - FRANCIA 0



1340480706120_efe20120623212947.jpg
Superのアルバム
El Paisのアルバム


¡Gran centenario, Xabi!
フランス戦は代表100試合目のシャビの活躍で勝利!

やっと、フランスに勝てましたねぇ。
これでまた一つ、コンプレックスを克服です。

試合開始1時間前と15分前にたっぷり水がまかれ芝はボールがよく走り、スペインの選手たちは気持ちよさそうにボールを回していました。
それはフランスのブラン監督が「美しいサッカー」の信奉者であったことと、水を撒くことがスペインにとって有利になるだけでなくフランスにとっても良いことと考えてくれたから。

次の相手ポルトガルもボールを回したい、と考えるはず。
となると、また水を撒いてくれそうです。そうなれば…

次のポルトガル戦までスペインは中3日。相手のポルトガルは二日多い中5日。
ちょっと不公平という気もします。

しかしポルトガルはポスチガがチェコ戦で右脚太腿裏を負傷。この怪我で大会中の復帰は不可能。
メイレレスも試合の後、ミックスゾーンでは足を引きずっていたし、ペペとコエントランは昨日の練習を途中で切り上げています。
どうもポルトガルは疲労がかなりたまっているようです。

スペインもクロアチア戦の後半、かなり疲労を感じました。
でもフランス戦はそうでもなかったです。
クロアチア戦は0-0、フランス戦はたとえ1点でも勝っていたからですかね。


1340480706120_efe20120623212022.jpg

今日は選手のインタビューを中心にします。
シャビやイケルのインタビューはどこにでも出そうなのでそれ以外で。

まずはこの試合、守備でとても良い働きを見せてくれたセルっち。
セルっちはドイツワールドカップでフランスに負けたときにもプレーしていました。
「サッカーはいつでも雪辱を晴らす機会を与えてくれるものだ。
 今日はスペイン代表にとって素晴らしい日だった。
 我々は我々らしい試合で準々決勝を戦った。」
「(ポルトガル戦に向けて)自信を持ちすぎるべきではない。
 毎試合決勝戦のようなものだ。ポルトガルは真価を発揮して、準決勝に進出した。
 きっと素晴らしい試合になるだろう。」
「(ベンゼマに対して)彼は悲しんでいた。そりゃそうさ、敗退したらそれが普通だ。
 それがサッカーというものだ。」
1340484876_129658_1340485117_noticia_normal.jpg


フランス戦のCrackはもちろんシャビ・アロンソなのですが、私はジョルディの働きにも大満足。
最初のゴールはジョルディがサイドでがんばってクロスを上げたから、ですからね。
(もちろんイニエスタのパスも素晴らしかったし、あそこに飛び込んできたシャビ・アロンソも良かったですけど)

インタビューや記者会見ではまだまだ代表選手の落ち着きはありませんが(当然かな)、プレーではすっかり代表にフィットしました。
「ロッカールームは最高の雰囲気さ。僕のことも普通に扱ってくれてる。」
ディフェンスが心配、といわれていたスペインですがまだ今大会イタリアに決められた1点しかゴールを決められていないのです。
「それはディフェンスだけじゃなくみんなの手柄さ。
 ゴールを決められないためのみんなの仕事の結果だよ。」
「ポルトガルは難しい相手だ。準々決勝だし、きっと高いレベルの試合になるだろう。
 彼らはディフェンスも固いし、カウンターはすごく危険だ。」

ポルトガルの武器はカウンター。それはベント監督も認めているところ。
次の試合はDFの仕事が増えるかな…

下の写真でジョルディを思い切り抱え上げているのはネグレド、でした。
本当は自分が出てゴール決めたいだろな…
04_300x371.jpg

バレンシアファンとしてはフランスチームのDF、ラミさんを忘れるわけにはいきません。
(もちろんレベイエールもですけどね。彼はベニテスの時、2003年の冬の移籍マーケットでレンタルでやって来て黙々と仕事をして帰って行った選手です。)
 
「スペインは世界で一番素晴らしいチームだ。
 我々は今日やったこと以上のことはできない。
 守備面では我々は良かった。しかしスペインは我々を上回っていた。」
「スペインはポルトガルに勝つと思う。彼らは強いよ。とはいっても、試合では何が起こるかわからないけどね。」
「スペイン代表はたった3,4回のチャンスがあっただけだ。彼らがゴールを決めるのにそれ以上のチャンスは必要ないんだよ。
 我々に対してはそれほどポゼッションに勝っていたわけではない。
 でもスペインが彼らのプレーをしたら、彼らからボールを奪うのが難しいことはわかっていた。」

すでにバケーションのことを考えようとしているラミさん。
「敗退を忘れるのには時間がかかるだろうね」
しっかりリフレッシュしてバレンシアのプレシーズンに戻ってきてくださいね。

1340480706120_efe20120623213547.jpg

最後にこの勝利をロンドンで祝ったスペイン人のことを。

そう、ナダルです。
もうすくウィンブルドン、始まりますからね。

彼のチームのメンバーと試合を観戦したナダル。
この勝利が彼のモチベーションを高める要因になったでしょう。

ナダルとスペイン代表。両方そろって優勝!となると良いなぁ。。。



España: Casillas; Arbeloa, Ramos, Piqué, Jordi Alba; Xabi Alonso, Busquets; Silva (Pedro, m. 65), Xavi, Iniesta (Cazorla, m. 85); y Cesc (Torres, m. 67).

1340480706120_efe20120623211901.jpg

Francia: Lloris; Revelliere, Rami, Koscielny, Clichy; Cabaye, M’Vila (Giroud, m. 78), Malouda (Nasri, m. 64); Debouchy (Menez, m. 64), Benzema y Ribéry.

Goles: 1-0. M. 18. Xabi Alonso remata de cabeza un centro de Jordi Alba. 2-0. M. 89. Xabi Alonso, de penalti.

Árbitro: Nicola Rizzoli. Mostró la cartulina amarilla a Sergio Ramos, Cabaye, Menez.
Dombass Arena. 48.000 espectadores.

おまけ

more...

【Selección Española】Ya está en Donetsk 

ウクライナへ



いままではポーランドのグダニスクで試合をしていたスペイン代表。
準々決勝はウクライナのドネツクでの試合になります。

すでにチームは22日の午前中にドネツクに移動。
19時5分から試合の行われる「Donbass Arena」で練習を行います。

Punto Pelota con la selección - Videoclip Eurocopa 2012

Podría celebrar su centenario

_2RS9679_1.jpg

シャビ・アロンソは明日6月23日に行われるユーロの準々決勝フランス戦に出場すると100試合目の出場ということになります。

彼ももうそんなになるのですねぇ…

今の代表選手には「centenario」の選手が結構います。

ちなみに10位までの選手は
1 イケル・カシージャス  134試合
2 アンドニ・スビサレッタ 126試合
3 チャビ・エルナンデス  112試合
4 ラウール・ゴンザレス 102試合
5 シャビ・アロンソ 99試合
6 カルレス・プジョール 99試合
7 フェルナンド・トーレス  96試合
8 セルヒオ・ラモス 89試合
9 フェルナンド・イエロ 89試合
10ダビ・ビージャ 82試合

となっています。
この中で注目はセルっち。
彼はまだ26歳になったばかり。ポジション的に考えてもまだまだこの数字は伸びそうです。



おまけ

more...

【Selección Española】Próximo rival será Francia 

Tiene que vencer Francia



ベスト8が出そろいました。
今回はロシアが最終戦でまけた以外はあまり番狂わせはありませんでした。

オランダは…
B組は死のグループ。どこがでてきてもおかしくなかったですからね。
ポルトガルはデンマークに勝ったのが大きかったのではないでしょうか。
ポルトガルのベント監督、ほっとしていることでしょう。


昨日のD組最終戦。
グループリーグ敗退が決まっているスウェーデンとフランスの一戦は予想外の結果。
私は
「フランスは今のスペインなら勝てるとふんでわざと負けたのでは?」
なんて変に勘ぐってしまいました。
でもスウェーデンにも意地があったのですよね。
この組もほんの紙一重だった気がします。


で、結局準々決勝の組み合わせはこんな感じになりました。

G1:6月21日20時45分~(日本時間22日金曜日朝3時45分~) チェコ×ポルトガル
G2:6月22日20時45分~(日本時間23日土曜日朝3時45分~) ドイツ×ギリシャ
G3:6月23日20時45分~(日本時間24日日曜日朝3時45分~) スペイン×フランス
G4:6月24日20時45分~(日本時間25日月曜日朝3時45分~) イングランド×イタリア

準決勝まで2日のお休みを挟んで
6月27日20時45分~ (日本時間28日木曜日朝3時45分~) G1の勝者×G3の勝者
6月28日20時45分~ (日本時間29日金曜日朝3時45分~) G2の勝者×G4の勝者

2日お休みして決勝は
7月1日20時45分~ (日本時間7月2日月曜日朝3時45分~)


Podéis ganar a Francia

スペインは今までフランスと30回戦って13勝11敗6引き分け。
しかし公式戦、6回戦って一回引き分けただけであとは5敗。つまり勝ったことがないのです。

そういえば…ドイツワールドカップでもグループリーグを順調に勝ち上がったのに、決勝トーナメントの一回戦でフランスにあっさり負けました。
あの試合は…ジダンがいるのにダビが出ていなかった…というので良く覚えています。
(ジダンはダビが天敵)
そしてサイドバックの裏を取られてリベリにゴールを決められ、ジダンにとどめを刺されてしまった…
1-3の完敗でした。


前回はスペインは準々決勝でイタリアという壁を超えました。
長い間勝てなかった相手に、長い間トラウマになっていたPKでスペインは勝ちました。
そして一気にタイトルまでのぼりつめました。

今回は、フランスを超える。
そして本当にコンプレックスをなくし、ヨーロッパ王者になる!
と良い方に考えましょう。
しかし…もういないよね?ずっと勝っていなかった相手って。
(スペインが無敵艦隊なんて嘘、だったのね)

フランスとの対戦に向けて。

【David Albelda】Ya piensa en la temporada. 

¿Sigue siendo el caìtán?



2012-06-18_IMG_2012-06-18_17-54-35_ex9109~1


アメリカツアーから帰ってきて、すでにバカンスを楽しんでいるバレンシアの選手たちですが、
バレンシア出身のダビやグアイタは時々イベントに駆り出されています。


今回ダビは日曜日にAlboraiaで行われた「Danone Nations Cup」に出席しました。
ダビはこの大会のLevante地区の大会の後援者になっています。
「(この大会は)小さい子供たちがスポーツ的な教育を受けるのにとても良い機会だね。」
と考えているのだそうです。

この大会は世界的に行われている12歳の大会。(日本のオフィシャルページ
ambassadorには多くの有名選手の名前も見られます。

この大会の勝者はKelmeFC。
彼らは7月6,7,8日にマドリッドのラス・ロサスで行われる全国大会に出場します。
ダビは行きたいみたいですが
「行きたいんだけどね、プレシーズンが始まっているからなぁ。
 この大会は子供たちがサッカーを楽しみ、勝敗以上の何かを学ぶとても良い機会だからね」
と言ったそうですが、、、ダビ、プレシーズンは7月9日からって書いてあるよ。行ってあげてよ!

また父親としてこんなことも考えているそうです。
「アルベルダはDanone Cupのような大会を通じて学べること、スポーツマンシップ、フェアプレー、
 敗北を受け入れることなどはpequeño Davidに教えたい重要な価値あることだと認めた」


ペジェグリーノ新監督とは
「僕はペジェグリーノと仕事がしたい。まだ彼とは話をしていない。
 僕たちは同じチームの仲間だったが、監督と選手と言う関係になりたい」
のだそう。
ダビは今シーズンももちろんカピタン、なんですよねぇ。
ぺじぇさんの意向にもよるでしょうけど。
でも、ほかにいないか。

 

【Selección Española】Croacia × España 

EUROCOPA | GRUPO C
CROACIA 0 - ESPAÑA 1



1340054776_extras_albumes_0.jpg

RTVEのアルバム
El Paisのアルバム
El mundoのアルバム
RFEFのアルバム

試合の日のお散歩の様子。サインをもらったり。写真を一緒にとるならこのときがねらい目。
Último paseo de la selección española antes de Croacia
やっぱりみんな苦しんでいたのね。Sufrió más que nuncaは大げさだろう、と思うけど。
La afición sufrió viendo a España



「この試合は難しくなるな」と試合開始後すぐに感じましたが、まさか88分までゴールを奪えないとは!

クロアチアにボールを持たされ、中盤より後ろでボールを回しているだけのスペイン。
最後の砦はしっかりと守り跳ね返すクロアチア。

こうなるとシャビ・アロンソより「Tiqui Taca」のリズムでボールを運べるセスクかマタかカソルラを入れるべきなんじゃない?と思いましたが、しかし、デル・ボスケさんの考えることは異次元。

あれだけのメンバーをベンチに持っていて、11人を変えてこないのは、それだけ信頼しているから?
それとも残りのメンバーでは頼りにならない、と思っているから?

試合を見に来ていたスペイン人サポにも
「もっとローテーションすべきだよ。良い選手はたくさんいるんだから」
なんて言われてましたけどね。

引き分けでも2位で勝ち抜けできるからか、ハーフタイムでも動かないデル・ボスケ。
このままのちんたらした試合を続けていたらいつかクロアチアにゴールを決められる…
そんな恐怖がきっと多くのスペイン人とスペイン代表ファンに広がっていた後半10分過ぎ…

Mejor parada

1340050997427.jpg

誰がなんといっても、この試合の「jugador del partido」はイケル。
UEFA選出はイニエスタだけど、あそこでイケルが止めてくれなかったら…
ネグレド、ジョレンテ(いまさらの)総動員でも負けていたかもしれないのですよ。

ASにはイケルを称賛する言葉があふれています。
「San Iker de España」
「Iker de mi vida」
「Iker Casillas, héroe ante Croacia」
「Siempre Iker」

ワールドカップ決勝戦を思い出しました。

クロアチアのビリッチ監督も
「カシージャスは世界最高のGKの一人。
 チームのリーダーであり、素晴らしい仕事をしている。
 この試合だけじゃない。いつも相手FWにどのように対したらよいかを熟知している。」
「ラキティッチはチャンスを活かし完璧なヘディングをした。
 しかし相手がカシージャスだった。カシージャスと対戦するのはいつだって簡単なことじゃないんだ」

こういう難しい試合のときにしっかり守ってくれるGKがいることは本当に心強い。
DFがちょっとゆるいですしね…

特にスペインメディアで酷評されているのがアルベロア。
「守備的すぎる」
というのが大方の意見。

何をいまさら、なんですけど、私に言わせると。
もし右サイドをガンガン使いたいなら、急造SBのファンフランを使うか、セルっちを右に戻すかしかないでしょう。
この試合でも右の前ががら~んと空いているときがずいぶんあって、
「これはまたシルバをナバスに変えるな」(デル・ボスケはトーレスとナバスを交代)
と私は読んだのですが、COPEのおじさんたちの中には
「アルベロアを下げるべきだった」とか
「シャビ・アロンソとナバスを変えるべきだった」
という意見もあり。
確かにそうだったかも、と考えさせられました。

1340052739594.jpg

今回の代表で思うのは前のユーロやワールドカップより、困った時の解決策が少ないということ。
それはデル・ボスケが選手を使っていないということもあり、どうもチームが硬直しているような気がします。
もっと大胆なことしていかないと勝てないのでは?と心配です。

勝てたとしてもワールドカップのように1-0とかで勝ち上がっていくのかもしれませんね。
でも、今回はその一点を決めてくれていたビージャやプジョールがいないのですけど。。。

アラゴネスおじい様の大胆な采配が懐かしい。
チームを大きく動かすあのやり方は慎重な(鈍重?)なデル・ボスケには無理でしょうね。


あと一つ。
まったく可能性を感じないCKとFKをどうにかしてください。
CKはちっちゃいのが多いから仕方ないってこともあるかもしれませんが。
CKとFKのたびに
「ビージャが蹴ったら…」
「プジョールさんがいてくれたら…」
と嘆くのは嫌ですからね。
カソルラがいればカソルラにFK蹴らしたいなぁ。



Croacia: Pletikosa; Vida (Jelavic, min. 66) , Corluka, Schidenfeld, Strinic; Rakitic, Vukojevic (Eduardo, min. 80); Srna, Modric, Pranjic (Perisic, min. 66); Mandzukic.

España: Casillas; Arebeloa, Piqué, Sergio Ramos, Jordi Alba; Xavi Hernández (Negredo, min. 89), Busquets, Xabi Alonso; Silva (Cesc Fabregas, min. 71), Iniesta y Fernando Torres (Jesús Navas, min. 61).

1340046319023.jpg


Goles: 0-1, min. 87: Jesús Navas

Árbitro: Wolfgang Stark (ALE). Mostró cartulina amarilla a los jugadores de Croacia Corluka (min. 27), Srna (min. 44), (Strinic) min.53) y Rakitic (min. 90)

Incidencias: encuentro correspondiente a la tercera jornada de la Eurocopa del Grupo C, disputado en el estadio Arena Gdansk ante la presencia de 39.000 espectadores.


おまけ

more...

【Selección Española】España × Irlanda 

EUROCOPA | GRUPO C
España 4 - Irlanda 0



無題

La Roja llega satisfecha al Hotel
El Paisのアルバム
Telecincoの特集ページ

この日のGdansk(グダンスクでいいんですかね)は雨。
試合前に水を撒くもなにもなし。
ピッチはスペイン代表にとって最高の状態でした。

アイルランドの選手たち、天気を呪ったでしょうね。
「この世のものとは思えなかった」ほどのプレーを見せつけられてしまったのですから。


もう一つのスペイン代表の大きな問題。
それはシステム。

「Sin 9 o Con 9」

イタリア戦後スペインメディアを騒がせたのはこの話題。
明らかな9番タイプの選手を入れるべきか、それとも日本では0トップと言われる「Falso 9[偽りの9番)」で行くか。

そしてその次は、「9」はトーレスなのか、それとも練習で素晴らしいボレーを決めてアピールしたネグレドなのかということ。


ほぼ、大方の見方通り。
「9」をつかい、そしてそれはトーレスでした。

デル・ボスケらしい…


1339700846552.jpg

開始5分もたたないうちに先制ゴールを決めたトーレス君。
なんだかんだいってもこのゴールでこちらもホッとしたのも事実。
やっぱりいつまでもシステムのことをぐちゃぐちゃ言われるのはきっと選手たちもいやでしょうから。

4点目はトーレスに代わって入ったセスクが決め、これで二人は2ゴールずつ。
つまりスペインはどちらのシステムも使えるってことでしょう。


私はもうシステムのことはあまり心配していません。相手をみて、試合中にシステムを変えることができるってことは良いことですからね。

それよりも、ここまで出番のないジョレンテとネグレドの方が気になります。
マタやペドロ、ファンフランも出番なし。
次のクロアチア戦も勝たないといけない(一位抜けするためには必勝)なのでそれほど選手を変えるわけにはいかないかもしれませんが、できれば彼らにチャンスを与えてあげてほしいです。

1339702711326.jpg

この試合はDandyに選ばれたイニエスタ。
「彼からは常に最高のものを期待できる。
 昨夜も再びクラスの違いを見せつけた。」

そして今やイニエスタのなくてはならない相棒のシルバ。
大会選出の「jugador del partido」はトーレスでしたが、ASではCrackに選ばれました。

彼はトーレスの2ゴールをアシスト。(すべてイニエスタからのパスを受けたもの)
さらに自身もゴールを決めたんですからこれは当然かな。

私がちょっとびっくりしたのは彼が手首にキスをしたこと。

あれっていつからでしょうか。少なくてもバレンシア時代はやっていなかったこと。
さらに手首にはなんと彫り物らしきものが見えて。。。
これには本当にショック…


Silva-besa-muneca-izquierda-celebrar_TL5IMA20120614_0301_1.jpg
こちらに詳しいストーリーが出ています。
スペイン語ですがリンクを張っておきます。

¿Por qué se besa Silva la muñeca al marcar?

簡単に訳すと。
「シルバが15歳の時に癌で亡くなった3歳のいとこのCynthiaの名前が彫ってあり、
 それにキスをしている、ということです。
 スーツケースには写真を入れてあるし、シューズにも名前が縫いこまれている。」




España: Casillas; Arbeloa, Piqué, Sergio Ramos, Jordi Alba; Xavi Hernández, Busquets, Xabi Alonso (Javi Martínez, m. 65); Silva, Torres (Cesc, m. 75) e Iniesta (Cazorla, m. 80).

Irlanda: Given; O''Shea, St Ledger, Dunne, Ward; Duff (McClean, m. 76), Andrews, Whelan (Green, m. 84), McGeady; Cox (Walters, m. 46) y Robbie Keane.

Goles: 1-0, m. 4: Fernando Torres recoge un rechace en el área, se va por velocidad de dos defensas y marca con un disparo potente. 2-0, m. 49: Silva caracolea en el área ante dos rivales y bate a Given por bajo. 3-0, m. 70: Fernando Torres supera a Given en el uno contra uno tras un pase de Silva. 4-0, m. 82: Cesc culmina un saque de esquina en corto.

Árbitro: Pedro Proença (Portugal). Amonestó a los irlandeses Robbie Keane (m. 35), Whelan (m. 45) y St Ledger (m. 83) y a los españoles Xabi Alonso (m. 53) y Javi Martínez (m. 77).

Incidencias: partido correspondiente a la segunda jornada del grupo C de la Eurocopa 2012, disputado en el estadio Arena de la ciudad polaca de Gdansk ante unos 40.000 espectadores, cinco mil de ellos de la selección española.

【Selección Española】El Hotel en Gniewino 

昨日はアイルランド戦の記事を書きかけでソファーで爆睡。
3時半から起きていて、そのまま仕事にいったので体力の限界でした。

今日あらためてかきます。

が、その前に。

オフィシャルにアップされていたGniewinoの宿泊ホテルの様子。
シンプルでなかなか快適そうなホテルです。

ここがまた歴史を作る新たな基地になるのかも。

今回カプさんの部屋がないですが、誰の部屋に集まっているのかしら。。。


朝より記事が濃密なものになっていたので、書き足します。
ホテルの名前は「Mistral Hotel Sport」
名前からわかるようにスポーツをするための複合施設です。

まず、入り口を入ると大きく「Selección Española de Fútbol」と書かれたポスターが迎えてくれます。

一回には練習グラウンドが見渡せる大きな食堂があります。
ここで選手たちは食事をとります。
とてもきれいで、整っていて、快適だそうです。

食堂の隣にはプレスやロジスティック、オーディオビデオ部門のオフィスがあります。
また「Sala de jugadores」というテクニカルな話をするための部屋もあります。

選手たちの部屋は三階。
部屋のドアには選手たちの写真が貼ってあります。
↓のASの動画でわかります。

こちらはASの動画。スペイン語ですが解説がついてます。


部屋の並びは、イケルとチャビが隣。同じ側にはレイナ、ジョレンテ、トーレス、バルデス、イニエスタ、ペドロ、シャビ・アロンソ、セルっち、アルベロア、ピケ。
反対がはマタ、ハビ丸、カソルラ、ブスケ、シルバ、ネグレド、ナバス、アルビオル、ファンフラン、アルバ。

そして同じ階には選手たちがくつろぐための部屋が用意されています。
大きなサーキットが用意された部屋、ビリヤードがあったり、サッカーゲームがあったり、卓球台があったり、
選手たちが大好きなカードゲームをやる部屋ももちろんあります。
さらにプレーステーションが設えてある部屋まであったりして本当に至れり尽くせり。

今回は誰かの部屋じゃなく、ここに集まっているのですかね。


地下にはジム、フィジカルのケアをする部屋、スパがあります。

メディアの人たちは毎日選手たちが練習場に隣接しているロッカールームまで歩いていく5分間の間にインタビューなどを行う機会を得ることができます。

Unidos por un sueño

今回のスペイン代表のキャッチフレーズです。
ホテルのあちこちで見ることができるのだそうです。

とても静かで快適なこのホテルは戦いの準備には理想的。
万全の準備を行って、クロアチア戦もしっかり勝利して一位抜けをきめてください!

【Selección Española:Sub19】Lista de convocados 

Para la fase final del Campeonato de Europa



7月3日~7月15日までエストニアで行われるSub19のユーロに向けたメンバーが発表されました。

スペインはグループB。
開催国のエストニア、ポルトガル、ギリシャと一緒です。


バレンシアからはパコとベルナト、さらにサルバドール・ルイス・ロドリゲス君が選ばれております。
3人選ばれているのはほかにアトレティコとレアル・マドリー。
この世代はバルセロナに選手が偏っておらず、バルサからは二人だけです。

ここからさらにしぼられてしまうのですけどね。


ATHLETIC CLUB: Jonas Ramalho Chimeno y Kepa Arrizabalaga Revuelta
CLUB ATLETICO DE MADRID SAD: Saúl Ñiguez Esclapez, Javier Manquillo Gaitán y Oliver Torres Muñoz
FC BARCELONA: Gerard Deulofeu Lázaro y Alejandro Grimaldo García
REAL BETIS BPIE SAD: Jose Antonio Delgado Villar
RC CELTA DE VIGO SAD: Jonathan Castro Otto
RC DPTVO DE LA CORUÑA SAD: Pablo Insua Blanco
LEVANTE UD SAD: Iván López Mendoza
LIVERPOOL FC: Jesús Fernández Sáez
MÁLAGA CF SAD: Juan Miguel Jiménez López
MANCHESTER CITY FC: Denis Suárez Fernández
REAL MADRID CF: Jesé Rodríguez Ruiz, Derik Osede Prieto y Raúl de Tomás Gómez
SEVILLA FC SAD: José Gómez Campaña
VALENCIA CF SAD: Francisco Alcacer García, Juan Bernat Velasco y Salvador Ruiz Rodríguez
VILLARREAL CF SAD: Adrián Ortolá Vaño


RFEFのオフィシャルページにはまたまた詳しくいろいろ書いてあります。

選手たちは6月20日の10時半にマドリッドのバラハス空港ターミナル4に集合。
そのままバスでラス・ロサスに移動。

エストニアに行く前に18人の選手に絞られます。

6月30日にTallinに移動。
宿泊先は
El alojamiento está reservado en el
Gran Meriton Hotel
Paldiski mrt. 4
Tel: +372 6288 100
Tallin


試合のスケジュールです。ユーロが終わった余韻に浸りながら見るには良いかも。
(スペインが優勝するって勝手に決めてます)

7月3日
17:30~ ギリシャ×スペイン
17:30~ イングランド×クロアチア
18:45~ セルビア×フランス
20:45~ エストニア×ポルトガル

7月6日
16;30~ フランス×イギリス
17:00~ エストニア×ギリシャ
17:30~ セルビア×イングランド
20:00~ ポルトガル×スペイン

7月9日
20:00~ フランス×イングランド
20:00~ クロアチア×セルビア
17:00~ スペイン×エストニア
17:00~ ポルトガル×ギリシャ

7月12日
16:45~ 準決勝1
20:00~ 準決勝2

7月15日
21:30~ 決勝

【Selección Española】Entrevista a Silva 



代表のスポンサーであるアディダスが毎回一人ずつインタビューを行っている
「El Vestuario de la Roja」

4回目になる今回の選手はシルバ!


動画としてはあまり面白くないですが、是非ご覧ください。
質問は動画中に出てきます。
簡単にまとめてみました。


まずはイタリア戦のこと。
「イタリアはいつも難しいライバルで、この試合でも彼らは良い試合をした。
 スペインは乾いたピッチに苦しみ、プレーが制約されてしまった。言い訳にはならないけど」
「最初の試合としては良かったと思う。最初の試合は負けないことが大事なんだよ。」
 残りの2試合に勝つことを目指すよ。」

アイルランド戦に関しては
「ピッチが湿っていれば、ボールが走ってスペインらしいプレーができるだろう。」
「(ロビーキーンに言及して)彼はベテラン選手であり、常にゴールを狙っている。」
「彼らにはスピードを持った前線の選手がいる。我々は彼らに注意を払わなければ。」

falso 9でのプレーについて。
「僕はいつもワントップかツートップの後ろでプレーしてきた。
 僕はFWというよりミッドフィルダーだと思うよ。
 今は幸運にもゴールを多く決められているけど、いつも僕の仕事はゴールをアシストすることだよ。
 監督が僕をどこでプレーさせても、そこでできるだけのプレーをするだけだ」

という感じ。


過去3回は
一回目イケル&チャビ
二回目ネグレド
三回目ジョルディ・アルバ
です。

これは第一回が一番面白いかな。
お互いが質問し合っていて
「覚えている最初にみたユーロはどの試合?で、誰が勝った?」
「ユーロの歴代ピチチは誰?」
なんて聞いています。 

あと、ジョルディの声が、まだ少年なのに愕然。
ネグレドはとても穏やかです。

【Selección Española】Rafa, eres una leyenda, impresionante! 


1339417414_extras_albumes_0_convert_20120612224459.jpg

Enhorabuena,Rafa!


本当は昨日(6月11日)書きたかったのですが、睡魔に勝てずスペイン代表戦のCRONICAを書くので精一杯でした。
なので一日遅れてしまったけど、とにかく。。。

ナダル、全仏オープン7回目の優勝おめでとう!!!!!


昨日、6月11日月曜日、前日雨のために途中で順延していた、2012全仏オープン決勝でナダルが優勝しました。

本当に、本当に、素晴らしい全仏でした。

全豪で死闘の末負けたジョコビッチに勝っての7回目の優勝。
また格別なものでしょう。

心から優勝おめでとう!と言いたい。


スペイン代表選手たちも

全仏の決勝戦はまず日曜日に行われました。

ラファとジョコビッチの試合は必ず長くなるので、「これはイタリア戦に重なるな」と覚悟はしていたのです。
でもラファが好調だったし、もしかして試合前にぎりぎり終わってくれるかも、とちょっとだけ期待していたのですが。。。

今年のパリの天気はかなり不安定。
決勝戦も途中で降雨のため中断が一度入りました。
そしてセットカウント2-1でラファがリードし、第4セットのゲームカウント2-1ジョコビッチリードで降雨のため月曜に順延となってしまいました。


でもおかげで試合翌日で半日お休みだったスペイン選手たちは練習前に試合を見ることができたようです。

ナダルの優勝が決まった週刊からツィッターで届く祝福のメッセージ。
セルっち、マタ、セスク、イニエスタ、アルベロアなどなど。。。
ソルダードもデ・ヘアもメッセージを送っていました。


ラファはインタビューで「ポーランドに行くことは(スケジュール的に)不可能」と言っていましたが
でもサッカー大好き(マドリディスタです)、カピタンイケルとは仲良しのラファはスペイン代表の試合をどこかでみて応援してくれているはずです。
(多分ウィンブルドンの最中になるのでまたEl mundoのブログで様子を知らせてくれるのでは、と期待してます)


ラファに続け!

前回のユーロの時も、南アフリカの時もそう書いていた気がします。
今回もサッカースペイン代表がしっかりとラファの後についていかれる、と信じています。




ナダルの応援にきたスペインバスケットチームのガソル(NBAで活躍中)。ラファの応援に来ていました。
7回目の優勝の瞬間に立ち会えたことにとても感動していました。

スペインのスポーツ選手たちはお互いの試合に良く応援に来ますね。

1339419794_extras_albumes_0_convert_20120613010103.jpg

【Selección Española】España × Italia 【雑記】 

EUROCOPA GROUPO C
España 1 - Italia 1



_2RS6104_1.jpg


El Paisのアルバム
rtveのアルバム
ASのアルバム
MARCAのアルバム
ここで見られたら楽しそう。


試合開始前。
先発メンバーが発表されたのはどれぐらいだったでしょうか。
MARCAのページでそれをみたとき「うっそー!!!」と叫んだのはきっと世界中私だけではなかったはず。
まさかいきなり「Falso 9」でくるとは!

そのシステムが失敗だったのかそれなりの成果をだしたのか。
1-1で終わったイタリアとの試合。

グループリーグの初戦、しかも強豪イタリア相手、ということを考えればそれなりに満足できる結果だったともいえるのですが。。。
後半、何度か訪れた決定的瞬間。それを外してしまったトーレスにがっくり。。。

思い切りが悪く、精度もなく、パスも通らず…本当にがっくり、、、だったのです。

そして「明日の朝のラジオではどんなふうに言われてしまうのかな…」と心配にさえなったのですが。。。

意外にも「決められるゴールをきめられなかった」トーレスより、このシステムについての議論が白熱。
さらに「勝てたよな」とみなさん思いつつ「とても良い試合だった」と一定の満足を示していたこと。
まぁまだ初戦、ということもあるのかもしれませんけどね。

システムの議論では”やっぱり「9」を置くべき”という人。
”「9」がいないスペインが結構好き”という人。いろいろです。

さらに
「バルサシステムでやるにはシャビ・アロンソがいらないんじゃないか。ドブレ・ピボーテは必要ない?」という話題も。
(そうです。シャビ・アロンソの代わりにジョレンテを入れれば良かったのですよ!)

もちろんその意見に反論するひともいます。
その人たちの言い分はデル・ボスケになってからシャビ・アロンソはビージャに次ぐゴールゲッターだということ。そういえばPK決めてますよね。

_1RS6018.jpg


日本では多くのシルバファンが「またこの試合の戦犯をシルバ、ということにして第2戦目以降使わないのでは?」
と心配しているようですが、今、スペインメディアでは「イケル、シルバ、イニエスタ、チャビ」は絶対変えてはいけない、ということになっているのです。
だから心配ないのではないでしょうか。
El uno a uno de España
こちらのファンの評価もイニエスタに次いで2位。イケルと同じですから!



enfadados por el estado del césped

_1RS6125_1.jpg

イニエスタももピッチ状態にはかなり苦労したよう。
そういえばドリブルしていって変なバウンドになっていた時、ありました。

この試合の行われたスタジアム、ピッチの状態がひどかったようです。
私も見ていてスペインの選手たちのパスのスピードがやたらと遅かったり、ファーストタッチに失敗したりするのでおかしいなぁと思っていたのです。

試合後のインタビューでチャビは
「僕たちはずいぶん芝に苦労したよ。
 ピッチは乾燥していた。良いサッカーをするためには水を撒いて湿らさないといけない。
 でも今日はそれを拒否されてしまった。残念だよ。
 それは良いサッカーをしたくないという人には有利だろうね。
 僕らはボールをコントロールするのに本当に苦労したよ。
 本当に残念だ。」

前日練習で芝の状態が乾燥しすぎていることがわかったスペインは、試合前に水を撒くようUEFA側に要請しましたが却下されて今いました。
イタリアは、水を撒くことに反対していたようです。

試合後スペイン代表は正式にUEFAに抗議するようです。

「ファンはスペクタクルな試合を見に来るのだ。それならピッチは湿らさないと。
 もし水をまかないなら、良い試合は見れないよ。」

まぁ良い試合の定義が何か、ということはいろいろあります。私はこのイタリアとの試合は面白かったと思いましたから。
でもやっぱりボールが走る方が見ていて面白い。
今度の試合では是非、水を撒いてほしいものですね。
芝もそれの方がきっと喜びますよ。

乾燥しているとこんな状態になりやすいと思いますので。
1339410956_extras_mosaico_noticia_1_g_0.jpg


この試合では相手のブッフォンとともにパラドンが何回か見られたイケル。
さすがでしたね、二人とも。

_2RS5914_1.jpg





España: Casillas; Arbeloa, Sergio Ramos, Piqué, Jordi Alba; Busquets, Xabi Alonso, Xavi, Iniesta, Silva (Navas, m.65); y Cesc (Fernando Torres, m.74).

1339346291335.jpg


Italia: Italia juega con: Buffon; Giaccherini, Chiellini, De Rossi, Bonucci, Maggio; Marchisio, Thiago Motta (Nocerino, m.89), Pirlo; Cassano (Giovinco, m.65) y Balotelli (Di Natale, m.56).

Goles: 0-1, m.60: Di Natale. 1-1, m.64: Cesc.

Árbitro: Viktor Kassai (de Hungría). Amonestó a Jordi Alba (67) y Arbeloa (84) y Torres (84) por España; y a Balotelli (37), Bonucci (67), Chiellini (79) y Maggio (89) por Italia.

Incidencias: encuentro correspondiente a la primera jornada del Grupo C, disputado en el estadio Arena Gdansk, ante la presencia de 39.000 espectadores. Estuvieron en el palco de honor los Príncipes de España, el presidente del Gobierno Mariano Rajoy, el presidente de Uefa Michel Platini y el presidente de la Real Federación Española de Fútbol (RFEF) Ángel María Villar, entre otras personalidades.

スペインの皇太子ご夫妻がお見えになっていました。
この次は決勝?となるとよいのですが。
皇太子夫妻も大喜びでした。

_1RS3685_1.jpg

【Selección Española】España × Italia 

昨日の前日会見の動画がようやくアップされました。
動画が多くなるとページが重くなって開きにくくなるので、いくつかはリンクにします。
カシージャスの記者会見の様子
イニエスタ記者会見の様子
Silva: "Ojalá salga todo como la última Eurocopa"

Rescate a España



El Paísのアルバム
El día a día de La Roja

今日のEl País。
いきなり飛び込んできたタイトルは「Rescate a España」。
これってもしかして”スペインを助けて!”ってこと?
それくらいにスペインの経済状態はひっ迫していて本当はユーロどころじゃないのかもしれません。
しかし今日の試合には首相のマリアノ・ラホイさんもいらっしゃるそう。大丈夫なんですかね。。。
まぁ一時問題を忘れて楽しむってこともよいかも。

スペイン代表はそういう国の状況を理解しているのか、16か国中一番安い宿泊施設を選んでいます。
(一番高いのはポルトガルだそうですが、それってどう?)
まぁちゃんとグラウンドがあって、設備が整っていれば問題はないわけですからね。
こちらは試合のあるGdanskのスペイン代表の宿舎。4つ星、とはいえ質素な雰囲気です。
Faltan 24 horas para el inicio de España en la Euro

あ、試合にいらっしゃるのは首相だけではありません。皇太子とレティシア皇太子妃もいらっしゃいます。
お二人はスペイン代表にとってタリスマン的存在。前のユーロ、ワールドカップ決勝もお二人が臨席されていましたからね。
できれば毎試合来ていただきたいぐらいです。

でも一つ気になることが。。。
今日はテニスの全仏オープン決勝がある日。ナダルがジョコビッチと7回目の優勝をかけて戦うのです。
国王は体調があまりすぐれないのか、最近こういうイベントに起こしになることはほとんどなくなりました。
皇太子がこっちに来ちゃう、ということはレイナ王妃がローランギャロスに行かれるのかしら…

前日練習の様子

Foto3.jpg


ASの動画。スタジアムの様子がよくわかります。

そういえばASのカメラマンとしてバレンシア担当のアルベルトさんもユーロに行っているはず。
試合会場にいるのでしょうか。



昨日、試合の行われるスタジアムで練習をしたスペイン代表。
スペイン代表は2チームに分かれてミニゲームを行いました。
チームとしてはアルベロア、ピケ、アルビオル、ペドロ、シャビ・アロンソ、チャビ、イニエスタ、シルバ、トーレスとジョレンテ。
もう一方がファンフラン、セルっち、ジョルディ、ハビ丸、ブスケ、ナバス、マタ、セスク、カソルラ、ネグレド。

ワントップでいくのか、ツートップでいくのか、これだとちょっとわかりませんが、私はワントップかなぁと思ってます。

【Selección Española】Espera a Italia 

Ya están listos



Casillas: "Si la Eurocopa hubiese sido en 2011 habría sido problemática"

España ya espera a Italia en Gdansk

Sin confianzas ante Italia
この動画の最初の方でファンが盛り上がっている様子があります。
思い出します、ドイツワールドカップの時のこと。
本当に楽しかった!
ブラジルワールドカップは無理かもしれないけど、やっぱり次のフランスで行われるユーロは行きたいなぁとあらためて思いました。

Rueda de prensa en Gdansk

destacado_1.jpg

UEFAの公式記者会見だからでしょうか。動画がないのです…
つまらないですよねぇ。

Del Bosque: "Sólo los dogmáticos no tienen dudas"

イケル、イニエスタ、シルバの会見内容がRFEFのオフィシャルページにアップされていますが、やっぱりイケルがほとんど話していたようですねぇ。

シルバの会見内容から:(しかし本当に少ない…)

マンCの選手は同じクラブのイタリア人選手、バロテッリについての質問に答えた。
「僕はイタリア人選手みんなが良い試合をすることを目指してくると思っている。
 僕たちはバロテッリに対して注意を怠ってはいけない。彼はゴールを決められる素晴らしい選手だ。
 彼に対してだけじゃなくチームは注意しなくてはいけない。
 イタリアを倒すのは簡単じゃない。」

シルバは代表の合宿中、とても調子がよさそうだった。
「代表に来たときはいつもささやかな貢献をしたいと思っているんだ。
 できたら前回のユーロの時になると良いね。このユーロが新たなタイトル獲得の機会になると良いと思う。」

最後に(もう最後?)シルバは常にゆっくりとした調子で、残りの選手たちについて語った。
「チームは落ち着いているよ。やる気に満ちているし。
 一試合一試合やっていくだけだよ。それが最後にタイトルに結びつくんだ。
 少しずつ、落ち着いてやることだ」


この二人と一緒だったからねぇ。露出度少ないです。


写真も勝手にとっちゃいけないんですかね。
出ていたのがこの写真…
silva 2_1

【Selección Española】前日会見 

明日の6月10日に初戦をむかえるスペイン。

今日、試合会場のあるGdanskに移動します。
そして試合前日の会見を行い、スタジアムで練習をします。

前日会見はデル・ボスケ監督とカピタン、カシージャス。
それになんと! イニエスタ&シルバが登場します。

いまやスペイン代表のカギを握るプレーヤー、ってことですね。
すごいや、シルバ!

【Selección Española】Empieza la EUFO 

今日は6月8日。もうすぐユーロが開幕します。

でも、スペイン代表の試合は日曜日。
あまり無理をせずに試合に備えなければ、とは思いますがやっぱり開会式はみたいですよね。

6月8日、といえば、スペイン代表の本「ラ・ロハの秘密」の発売日。
私はAmazonで予約していたのですが、なんと今日届かず。
きっと明日には届くはず、と信じたい…


N008_012_1.jpg

プレシアードさんの悲報はスペイン代表にも大きな衝撃を与えました。
ツイッターで伝えられた、セルっち、ピケ、セスク、アルベロア、アルビオルなどの言葉がその衝撃の強さを表していました。

プレシアードの訃報にショックを受けるスペイン代表

昨日の午後の練習の前には黙とうがささげられました。

_2RS4884_1.jpg


この日の記者会見に登場した、マタ君も
「サッカー界そしてスポーツ界にとってマノロ・プレシアードはとても大切な人だった。
 僕はいつも親しく接してもらっていた。
 この地からご家族に心からの抱擁を送るとともに、彼の功績に感謝したい。」
と語っていました。

スペイン代表は、初戦のイタリア戦の前に黙とうをささげることと、喪章をつけてのプレーをUEFAに申請しました。
申請が通るとよいのですけど。

 
 
昨日の様子



_2RS4835_1.jpg


昨日、6月7日、代表は大忙しでした。
午前中には元審判のコッリーナさんが来て選手たちにレクチャー。
何をレクチャーしたのでしょうね。スペイン代表はファールは少なく、とてもクリーンなのですが。
コッリーナさん、オランダ代表にも行ったのでしょうかねぇ…

また公式のビデオ撮影があったり、UEFA-TVの取材があったりしました。



それに比べて今日、6月8日は至って平穏。
練習は午前中のみ。
18時からはポーランド×ギリシャの開幕試合をテレビ観戦するのだそうです。

そういえば、前のユーロ、南アフリカのワールドカップはカプデビラの部屋が選手たちの憩いの部屋になっていましたが、今回は誰の部屋なのでしょうねぇ。
カードの元締め、プジョールもいませんがこちらはどうもブスケが今回その役を引き受けているようです。

カプさん、ビージャと明るく笑いを振りまく選手がいませんが、その分、レイナやカソルラが頑張ってくれているみたいです。

本日の記者会見

今日はジョレンテ&ピケ。


今回はピケが…
ジョレンテがしゃべっている横でなにやってんだか。



España, ante la hora de la verdad en la Eurocopa tras su pleno en los amistosos


Reina el buen ambiente en 'La Roja'
Del Bosque oculta las cartas y ejercita la posesión del balón antes del partido ante Italia

Fallece Manolo Preciado, ex entrenador del Sporting de Gijon. 

6月7日の明け方、11-12シーズンの途中までヒホンの監督だったプレシアードさんが心筋梗塞でお亡くなりになりました。
彼は今日、6月8日にビジャレアルの新しい監督としてプレゼンを行うため、バレンシアに来ていらっしゃいました。

そのニュースを昨日のお昼休みに見たばかりだったのに…
あまりのことに言葉がありません。

今は心からお悔やみ申し上げます。

Le doy mi más sentido pésame. Descanse en paz.

【Selección Española:Sub19】Ya conoce a sus rivales 

EURO SUB-19
en Estonia




明日6月8日からウクライナ&ポーランドで開催されるユーロの決勝が行われるのが7月1日。
きっと7月1日、キエフのスタジアムにはスペイン代表がいる、と思います。
そして、きっと再び大きな優勝カップをスペインに持ち帰ってくれる、と信じています。

喜びに沸く、スペイン国内の興奮が冷めやらぬ、その二日後、7月3日から今度はSub19のユーロがエストニアで開幕します。
きっと、ひっそりと…

昨年はSub19もスペインはチャンピオンになっています。
この時はSub21とのダブルでした。
今回は、Absolutoの代表とダブル、となるとよいなぁ。


5月の終わりに行われた「Ronda Elite」、バレンシアからパコやベルナトが参加してました、ではイタリア、ベルギー、アルメニアにすべて2-1で勝利。
結構危ない試合もありましたが何とか一位通過。今回エストニアで開かれる本大会への出場を決めました。

本大会はグループは2つ。
グループAはスペイン、ポルトガル、ギリシャ、そして開催国のエストニア。
グループBはイングランド、セルビア、フランス、クロアチア。

この大会はSub19ユーロとともに、来年のSub20ワールドカップ出場権をかけた戦いでもあります。
各グループの上位3チームがトルコで行われる本戦出場権を得ることができるのです。

試合の予定など詳細がわかったらまた記事にします。
スペインは若い代表も面白いのですよ。

【Selección Española】Primer día en Polonia 6/6/2012 

Ya ha terminado su primer entrenamiento




昨日ポーランドに到着したスペインはすでに最初の練習を終えています。

El Paisがきれいな写真のアルバムをアップしてくれています。
なぜかきれいなお姉さんたちがたくさんいて、それを見てマタ君がニヤッとしているところがばっちりとられてしまっていたりして。
あらら~
Primer entrenamiento de la selección


昨日到着した時はキャンプ地の人たちの熱い歓迎を受けた選手たち。
「Qué vida españa」の演奏があったり、ダンスがあったり。
中でもこのあたりではよく作られる、大きなパンがジョレンテに渡されました。
「え、どうしたらいいの?」と思いながらニコニコしているジョレンテに思わずこっちも笑ってしまいました。



本日の記者会見


首を痛めた、と言われていたアルベロアですが、あまり問題はないようですね。

しかしこの動画、アルベロアが話すときのハビ丸。笑えます。

アルベロアは多分、英語での質問には英語で答え(リバプールにいましたからね)、スペイン語の質問にはスペイン語で答えていたのだと思うのです。
アルベロアが見事に使い分けるのをみたハビ丸。
見てみてください。



ハビ丸の記者会見から:

- FWのポジション争いについてどう思いますが?
「僕たちには9番を背負う能力を持った選手たちがいる。でもまた0トップでプレーするというオプションも持っている。
 たとえばシルバだ。彼は偽FWとしてプレーでき、ゴールも決められる。」

- プジョールとビージャの離脱は代表にとって大きいですか?
「彼らはとても重要で、ここ数年の代表のタイトル獲得には不可欠な選手たちだ。
 でも僕たちには幸いなことに、彼らと同じかそれ以上の事ができる選手たちがいるんだ。
 彼らの代わりをうまく務めることができると思うよ。」

- クラブでのシーズンを終えた後の感想は?どのように感じていますか?
「2つの決勝戦で負けた後はかなり苦しかったよ。でもサッカーはそういうものだ。
 今は違うタイトルを獲得できるチャンスに恵まれている。
 この経験はこれから新たな目標を獲得するために戦い続けるのにとても貴重なものとなる。
 タイトルを取るまであきらめずに練習することもね。」

- いくつかのポジションでプレーできる選手ですね。
「今シーズンまでは常にピボーテとしてプレーしてきたけど、ビエルサがやって来てDFもやるようになった。
 最初はちょっと苦しんだけど、試合のたびによくなっていたし、シーズンをとても良い形で終えることができた。
 ピボーテだろうとディフェンスだろうとプレーするためならどこでもやるよ。」



私は今回かなりハビ丸には期待しているのです。
私の選ぶスペイン先発メンバーは
GK:カシージャス
DF:セルっち、ハビ丸、ピケ、ジョルディ
MF:ぶすけ、チャビ、カソルラ、イニエスタ、シルバ
FW:ジョレンテ
なのです。

スペインでも日本でもプジョールの穴を埋めるのはセルっち、と言われていますが、今シーズンビルバオでCBとして活躍していたハビ丸を忘れていませんか!と言いたい。
私は右サイドバックのセルっちが好きなので、やっぱり右は彼にしたいのです。

でも…きっとデル・ボスケさんはセルっち&ピケ、にするんでしょうねぇ…
そしてワントップはトーレス、かな。

_2RS4374_1.jpg

そのほか、右手首を怪我したナバスも大きな影響はなし。
セスクもグループ練習に戻りました。一安心です。

【Selección Española】Ya está en Polonia. 

すでにポーランド入りしています。

6月6日の予定は

11,00 練習
12,30 記者会見
13,30 食事、お休み
19,00 練習
21,00 夕食
00,00 就寝

どこに行っても食事時間はスペイン時間ですな。


オフィシャルスーツでの写真
ちょっと地味じゃない?

_2RS4003_1.jpg

POLAND SOCCER UEFA EURO 2012(8699)_1

【Selección Española】Despide a la Selección 

_2RS3865_1.jpg
トレードマークの長髪をさっぱり切ったセルっち。
カッコいいですねぇ。


日曜日の試合の後、一日お休みだったスペイン代表。
今日、再びラス・ロサスに集まりました。

そのあと練習をした後、チームはポーランドへ旅立つ準備に入ります。

まずは、スポンサーの方々(adidas, MoviStar, Santa Mónica, Banesto, Tour España, Iberdrola, Pelayo, Cruzcampo, Cepsa, Marca, Brooksfield, Continental, PlayStation, Chevrolet y General Optica) が訪れて一緒に写真をとったり。(12:45~)
La RFEF despide a la Selección con el apoyo de los patrocinadores

食事をしたり。(13:30~)
オフィシャルスーツを着て集合写真を獲ったり。(14:30~)



そして14時45分、ラス・ロサスからバラハス空港へ向かい、16時発の飛行機でポーランドのGdanskに向かいます。
ポーランド到着は19時35分。
その後22時に食事。ポーランドの人はどう思っているのでしょうね。この時間に食事って。

ラス・ロサスでの最後の練習の様子。
すごい声援だ。。。



同じような動画がもう一つ。
こっちもすごい声が入ってます。
Selección apura sus útimas horas de preparación

スペインサッカー協会は怪我のためにユーロに行かれないビージャとプジョールに、ポーランドでの合宿に参加しないか?という申し出をしていたそうです。
以前、日韓ワールドカップの時、大会直前に怪我をしたカニサレスがチームに帯同して韓国までやって来たのと同じようなかんじかな。

でもビージャもプジョールも断ったそうです。
この間はバルセロナのメディコとともに怪我の回復につとめ、スペインからチームを応援するそうです。
ビージャはメディアプロの放送にゲストとして出演するようですし。

そういえば、2008年のユーロの時、本大会に行かれなかったダビがCadenaSerに出演していましたねぇ。優勝した後、一緒に歌を歌わされていました。「Yo soy español, español, español...」って。
今回はビージャが歌うかな?

そうだ、今回はビージャがゴールを決めたときにマノロが歌うアストゥリアの歌も聞けないのか。。。
カソルラのゴールでも歌って!Manolo!!!


【Valencia】Presentación de Mauricio Pellegrino 

presen-5-6-2012.jpg


新監督決定からすでにだいぶ経っているので、いまさらプレゼン?という気もするのですが、
それはそれ。ちゃんとけじめをつけないと。

昨日、すでにバレンシア入りしていたペジェさんが、今日6月5日最近オープンした「Sala Antonio Puchades」で
12-13シーズンの監督としてプレゼンテーションを行いました。

ペジェさんの記者会見から:

「とても幸せで、感動しています。
 新しい挑戦を始められることに満足していますし、私たちの手によってチームを強くすることができると、確信しています。」
「新しいチームを見るのを楽しみしていてほしい。私のスタッフには経験豊富なコーチがいる。
 彼は良い仕事をしてくれるだろう。」
「当面の目標は最大限の努力をすること。そして次にさらに努力を続けること。
 そして長期的にはその仕事を続けることだ。
 私は毎日の練習が子供のように楽しみで仕方がない。」
「常に応援してくれる観客席とペーニャ(ファン)からの支持があれば、選手たちが自分たちが主役だと感じ続ける事ができるに違いない。」
 

これから監督としての仕事は山積み。
誰を放出して、誰を獲るか、パコやベルナトはどこかにレンタルするのか、
限られた予算で最大の効果を得るためにはみんなで頭をひねらないといけません。

噂によればジョルディを出して、ディダクを獲るとか。
バレンシアで活躍→代表入り→お金のために移籍、というのはいつまで繰り返されるのでしょうねぇ…
とにかく、12-13シーズンもできればCL圏内入りできるよう、ペジェさん、頑張って!


ジョレンテ会長もご満悦。
PELLEGRINO5JUNIO.jpg

VCFplay

【Selección Española】España× China 

EUROCOPA | AMISTOSO
España 1 - China 0



1338760586_extras_albumes_0.jpg

El Paisのアルバム

試合の様子はこちらから:RTVEのビデオです。
España 1 - 0 China

RTVEのシルバインタビューの様子

ASの表紙にある言葉
「¡Iniesta de mi vida!」
はこの試合の対戦相手である中国の監督さん、カマーチョさんの言葉なのです。
カマーチョさんは南アフリカワールドカップの時「Cuatro」というスペインのテレビ局で試合の解説をしていました。

決勝戦でイニエスタが優勝をもたらすゴールを決めたとき彼が放送席で叫んだ言葉がこれだったんです。
もとスペイン代表の選手、そして監督だった彼にとってスペインにワールドカップ優勝をもたらしたイニエスタは「最高!」だったのですよね。

歴史的叫びをどうぞ。


だからきっとこの試合、イニエスタの素晴らしいプレーから生まれたシルバのゴールにも
「仕方ないよな」
って気持ちが少しあたかも。

それにしても”カマーチョの”中国は素晴らしかったです。
スペインが眠ったまま試合に入った?のかもしれませんが、前半決定的なチャンスを作ったのは中国の方。
イケルのスーパーセーブがなかったら確実に先制点は決めらえていたし、下手すればあと2点ぐらい獲られていてもおかしくなかった。



後半、イニエスタ、ナバス、トーレスを一気に投入したスペインは少しずつリズムが良くなっていきました。とくにシルバとイニエスタの二人のプレー!
もうずーーーっと私はこの二人がいる代表が大好き!と言い続けているので、改めていうこともないのですが、でもやっぱりこの二人がそろうとすごい。
さらに今の二人はシーズン中の好調を維持。このまま行けば二人の最高のコンビネーションをユーロで見ることができそうです。

この試合唯一のゴールもその二人のプレーから。
その前からゴールポストに嫌われたり、相手GKのパラドンに阻まれたりでなかなか二人ともシュートが決まらず。
でもイニエスタが流れるようなドリブルでエリア内に切り込んだ時、まわりの選手の動きが止まっているように思えました。その動きについていけたのはシルバだけ。
完璧な二人のコンビネーションでした。
本当に素晴らしかった。思わず拍手喝采。

天才二人が奏でる軽やかなメロディ、って感じですかねぇ。
しばらく言葉が出ないぐらいの感動でした。

簡単にシルバのインタビューから:

「イニエスタは信じられない選手だよ。僕にゴールをプレゼントしてくれた。本当に彼とプレーすると、すべてが簡単になるんだ。」
「前半チームは少しリズムが遅かった。さらに相手はすごく良かった。」
「後半は良くなったし、チャンスを多く作れた。」
「最後はチャンスを得ることができたし、幸運にもゴールを決めて勝つことがdケイタ。」
「グループリーグの最初の試合のイタリア戦は難しい試合になるだろうね。」
「100%の状態になっていることをだね。彼らはそうなっているはずだから。
 我々は3大会連続のタイトル獲得を強く臨んでいる。歴史を作りたいんだ。
 でもそれがとても難しいことだということもわかっているよ。なぜならどんなチームも難しい相手だからね。」


Save the Children

この試合でスペイン代表が着ていたユニは水色のユニ。
その色ばかりに視線が奪われていました。だってとてもきれいな色だったから。

しかし昨日の試合のユニはそれ以外にもいつもと違いがありました。
それは胸の★がなかったこと。
この★はワールドカップでの優勝回数を表しています。(まだたった一つなんですけどね。。。)

昨日はその星ではなくそこには「Save the Children」という文字がありました。
これは日本でも活動しているSave the Childre JAPANと同じ。

今回は一般の人たちに乳幼児死亡率を下げるための活動への参加を呼びかけました。
もし寄付をしたいひとは28099(電話の番号かな)に「AYUDA ESTRELLA(★)」という言葉を残します。
その一つ一つの「ESTRELLA」が下痢に苦しむ100人の子供たちのための経口補水液になるそうです。
また5つのESTRELLASは10人の子供たちのためのマラリア検査薬になるそうです。
 





España: Casillas (Valdés, m.46); Arbeloa, Albiol, Sergio Ramos (Piqué, m.56) Jordi Alba; Xavi (Navas, m.46), Busquets (Iniesta, m.46), Xabi Alonso; Silva, Negredo (Torres, m.46), Cazorla (Mata, m.68).
_2RS3404.jpg


China: Zeng Cheng; Zhang Linpeng, Feng Xiaoting, Zhao Peng, Sun Xiang; Zhao Xuri (Lv Peng, m.70), Quin Sheng (Liu Jianye, m.84); Hao Junmin (Wang Xiaolong, m.59), Zheng Zhi (Liu Jian, m.64), Yu Hai (Zheng Zheng, m.74); Gao Lin (Yu Dabao, m.87).

Gol: 1-0, M.85: Silva.

Árbitro: Bas Nijhuis (Holanda). Mostró tarjeta amarilla al español Torres (m.79) y a los chinos Zhao Xuri (m.59) y Lv Peng (m.75),

Incidencias: Partido amistoso de preparación de España para la Eurocopa, disputado en el Estadio de La Cartuja ante 45.000 espectadores. Terreno de juego en perfectas condiciones.

【Selección Española】Iker y Iniesta estan en el programa del Tel Cinco 

Tele5 5_1


ダビ・ビスバルも登場。

本日イケル、イニエスタ、デル・ボスケ監督が出演したTele Cincoの番組の様子。




【Selección Española】Villa y Puyol 

VILLA SALUDA_1


選手たちが再び、ラス・ロサスに集まってきました。

そして、ビージャとプジョールもラス・ロサスやって来ました。
ビージャは昨日
「僕は彼らを懐かしく思うだろうけど、彼らは僕がいなくてさびしいなんて思わないよ」
と言ってました。

私もそうなればよいと思います。
そう、誰かがビージャの代わりにゴールを決めてくれて、スペインが勝ってくれたらそれはそれでうれしい。

でも、やっぱりビージャがいないとさびしいなぁ。

ビージャはユーロのスペイン戦、TeleCincoで解説をするんですね。
どんな話をするか楽しみではありますが。




VILLAPUYOLSALUDAN_1.jpg


選手たち、たった一日でしたけどリフレッシュできたでしょうか。
シルバ君、サングラスが似合わないなぁ…

silva_1.jpg


解散した時のままやって来たとしか思えない…ネグレド
negredo_1.jpg

まだSub-21みたいな雰囲気の二人。
mata_1.jpg

alba_1_20120601230343.jpg


Dorsales oficiales de la Selección Española para la EURO 

背番号決定!



いろいろ噂はありましたが、ようやく正式決定。


ほぼ予定通り。
ビージャの「7」はペドロ。
ジョルディは18です。
カプさんがつけていた11は本来サイドバックの選手が付ける番号じゃなかったのでネグレドがつけてもなんの違和感もないですね。


 1カシージャス
 2アルビオル
 3ピケ
 4ハビ丸
 5ファンフラン
 6イニエスタ
 7ペドロ
 8チャビ
 9トーレス
10セスク
11ネグレド
12バルデス
13マタ
14シャビ・アロンソ
15セルッチ
16ブスケ
17アルベロア
18ジョルディ
19ジョレンテ
20カソルラ
21シルバ
22ナバス
23レイナ



6月1日の予定


5月31日は一日お休みだった選手たちが再び集まってきます。

11,30 集合
12,00 プレステのプロモーション?
12,30 Telecinco(スペインのテレビ局)の番組にカシージャス、イニエスタ、デル・ボスケ監督などが出演。
13,30 食事
17,45 公式写真撮影
18,00 練習Entrenamiento
19,30-19,40 スペインのラホイ首相の訪問をうけます。
20,15 フットボール・ドラフトの催し。
   デル・ボスケ、ブスケ、ハビ丸、マタが出席予定
21,00 夕食

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。