スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Selección Española:Sub21】Lista de convocados para amistoso ante Bélgica  

2月第一週は代表の試合が行われます。

スペインA代表はウルグアイと試合をする予定ですが、
Sub21も2月5日にベルギーとの試合がお乞われることになっています。

その試合に向けたメンバーが発表されました。

しかしSub21のメンバーも変わりましたね…
ついこの前までSub19だったメンバーがたくさんいます。
コケやイグアインは今回お休み、かな。


アーセナル:イグナシ・ミケル
ビルバオ:ケパ、アウルテネチェ
Aマドリー:オリベル・トーレス、サウール・ニゲス
バルセロナ:セルジ・ゴメス・ソラ、ルイス・アルベルト・ロメロ、デウロフェウ、グリマルド
レバークーゼン:ダニエル・カルバハル
ヘタフェ:サラビア、パコ・アルカセル
リバプール:ヘスス・ホアキンフェルナンデス(スソのこと)
ラシン:ダニエル・ソトレス・カスタニェダ
ラージョ:ジョルディ・アマト
R・ソシエダ:ルベン・パルド
サンプドリア:ペドロ
バレンシア:ベルナト


試合は2月5日20時から。
Achter de Kazerneスタジアムで。



選手たちは2月4日10時にマドリッドのバラハス空港第4ターミナルに集合
11時55分にIB3202にてブリュッセルに向かいます。14時20分到着予定。

ホテルは
GOLDEN TULIP HOTEL BRUSSEL
Bessenveldstraat, 15
Teléfono: +32 2713 6666
Fax: +32 2721 4345
Diegen (Bruselas)

です。


選手たちは水曜日2月6日12時にIB3202でマドリッドに戻ってきます。

スポンサーサイト

【David Albelda】決心は変わらない 

ASにダビのインタビューが載っています。
写真はアルベルトさん。
さすが、ダビのことが大好きだっていうのが写真に出ています。
本当に素敵な写真です。


1358646707_494681_1358646774_noticia_grande_convert_20130121220408.jpg

インタビューから。


- どうやったら35歳でレベルの高いクラブでプレーできるんですか?
「自分の健康に気を配ることだよ。
 フィジカルを良い状態に保つよう努力すること、かな」

- それに気づいたのは?
「自分の職業はなにかってことを理解すること。
 時間はいつも流れている。
 若いころは食べ物にも休みの過ごし方にもさほど気を付けなかった。
 カニサレスが何か言っても笑っていたよ。
 でも時間がたつにつれてそれがわかった。
 常識を受けれなければならない。
 あまり乳製品をとらないこと、肉より魚をたべること、糖分を少なめに、ソースはかけない。
 オリーブとツナのパスタだけ、だよ」

- 監督になるのでしょうか?
「いや将来のことははっきりしていない。
 チームを率いることにあまり魅力を感じていない。
 スペインではとてもプレッシャーを感じるからね。
 ここではみんなが疲れる。監督、会長、ここではどうなるか…
 Patxi Izcoはオサスナのために相当な努力をしてきた。
 しかしあまり良いことはなかった。
 イングランドと比べてみると、我々がやってきたことを考えなければならない。」


- スポーツディレクターというのは?
「バレンシアのために働くことならすべて僕はやりたいと思うよ。
 でもこのクラブは大きなプレッシャーに抑え付けられている。
 変えていくべき点がたくさんあるよ。」

- いつ現役を続けるのか、やめるのかの決心をするのですか?
「決心はついている。
 僕の決心をしっているのはわずかな人だけだ。でももう決心している。
 僕は将来どうしたいかをはっきり決めている。」

- バルベルデがやってきてあなたの役割は変わりました。それでもかわりませんか?
「変わらない。
 もう数年考えていた。
 やめる時を知らなければならない。
 それは僕が一番に決めていることだ。
 もう影響されない。
 僕は今シーズンが始まったときから考えていた。」

^ それはあなたが引退する、というように聞こえます。クラブとは話をしましたか?
「続けるためにはまずオファーがないと。まだ何も僕らは話をしていない。
 クラブは何年も僕のポジションの選手と探している。
 僕は今は2番目の選手なんだ。
 僕は突き落とされたくない。
 Siempre hay una rendija que dejas abierta.」


クラブ次第なのでしょうか。
クラブがオファーを出してくれたら続ける?

でも私はこのインタビューからダビがもう引退する、と決めているように感じられました。


ただ私はまだあきらめません。
スコールズみたいな例もあるじゃないですか!
一回やめたけど、監督に乞われても出ってきたスコールズ!
ダビだって!

年齢的に無理、というわけではないので残りのシーズンでどれだけ彼ができるかで考えは変わりそうに思います。


ダビ、そんなに簡単にやめさせないですよ、私は。

more...

【Valencia】Parte médico de David Albelda 

セビージャ戦の前半、怪我で交代を余儀なくされたダビ。
なかなか検査結果が発表されず、やきもきしておりました。

ようやく本日、オフィシャルで発表されました。

どうも最悪の事態は避けられたようです。

「右足の双子筋に小さい浮腫がみられた。
 最小限の怪我であり、筋断絶ではなかた。
 週末に再度検査をおこない、正確な怪我の範囲を明確にする。その時に回復期間も明らかになる。」

いつ戻ってくるかは今週末にならないとわかりませんが、そんなに時間はかからないようですね。
よかった!

肉離れで全治6週間とかだったらどうしようかと思った…

【Valencia】Making of Asindown 2013 

ここ数年恒例のダウン症の子供たちとのカレンダー。

今年は表紙がダビ、なんですね。
2月に買って来よう。




2012年のメーキング

2011年のメーキング

2010年のメーキング(音なし)

2009年のメーキング

2007年のメーキング

新年を迎えて 

1344599283269_enviofoto_20130101011129.jpg


¡Feliz año nuevo!


あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


今シーズンは途中からほとんど記事をアップできていません。
仕事が忙しく、家に帰ってパソコンに向かって記事を書く気力が全くわきませんでした。
(仕事でも一日パソコンに向かっているので、もう画面を見たくない!というのが真実)
まぁそれとチームの調子が今一つだったこと、ダビの出番が少なかったことも原因かなと思います。


ペジェさんが解任されてしまったことはとても残念ですが、正直に言ってバルベルデに監督が代わってからはとても楽しく試合を見ています。

それはもちろんダビを使い続けてくれているから。
「アルベルダはチームにとってもっとも大切な選手の一人」と言ってくれたこともとてもうれしかった。

もしあのままペジェさんが監督だったら、今シーズンでダビは引退、ってことになっていたかもしれません。
今のダビを見ていると引退なんてとても考えられないですけどね。

ダビがピッチに入っているとチームが引き締まります。
大きな声で「ピッチ上の監督」として他の選手たちに指示をだしたりしています。
そういう姿を見ていると、来シーズンもまだまだカピタンとしてチームをまとめてくれなくちゃ!
と思います。

dorsales-9-8-2012_20130101012013.jpg



それはチームに彼の後を継ぐだけのキャプテンシーをもった選手がいない、という悲しい現実も意味しているのですけどね…


バレンシアは選手をそだてて売って、タダで来てくれる選手を集めて、、、というやり方でここ数シーズンチーム作りをしてきました。
しかしそのおかげでチームへの愛情、バレンシアのエンブレムを着けて戦う意味、を理解していな選手が多くなってしまった気がします。

ダビがペジェさんが解任された後の記者会見で言っていました。
「チームにもっとバレンシアーノがいてほしい。」
と。

バレンシアーノじゃなくてもいいです。
マタやアドゥリス、ホアキンのように他のクラブで育ってもバレンシアを大切に思ってくれた選手はたくさんいます。
来シーズンはそんな選手がチームに増えることを期待しています。
(ちょっと気が早いかな)



more...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。