スペインへ行ってきます! 


IMG_3724_20130210144712.jpg
(大好きなバレンシアの街。ミゲレテの塔からみたレイナ広場)

CLの試合を見に、バレンシアに行きます。

バレンシアではPSGとの試合を見る予定。


私はだいたい5月のゴールデンウィークにバレンシアに行っていました。
その私がなぜこの時期に行くことにしたかというと。。。


今シーズン初め、ダビは怪我をしてしばらくお休みしました。
その後復帰しましたがペジェグリーノ監督の時はほとんど使ってもらえませんでした。
さらにチームは不調で、来シーズンのCLは無理?という状態が続きました。

チームを助けられない状態が続くならダビは引退してしまうかも?
引退はなくてもこのままでいくとCLでプレーするダビはもう見られない?
と思ったら、これは行かなくちゃ!と思ったのです。

でも2月に休みを取るというのはなかなか勇気のいること。
最近の私の仕事は管理系の仕事が多く月末月初はものすごく忙しい。
なので12月の組み合わせ抽選会をまって、もし20日過ぎに試合が行われるのならあきらめよう、
と思っていました。

それがなんと!バレンシアの試合は月中の12日。
さらに2月11日が祭日。

「神様が私にチャンスを与えてくれた~!」と
もうすぐに決断。
エアーのチケットをとってしまいました。


で、よく試合のスケジュールを見ると。。。
バレンシアの試合の翌日にはマドリッドでレアル×マンUがあるじゃないですか!
実は今のマンUを見たい!とマンチェスターツアーを考えていたぐらいだったので
このチャンスを逃せないと、こちらも見に行くことにしてしまいました。

バレンシア→マドリッド→バレンシアの移動と
ちょっと忙しいスケジュールになってしまいましたが、マドリッドも大好きな街なので両方を楽しんできたいと思っています。

パテルナには一回行く予定。
また面白いエピソードがあったらご報告します。


では、行ってきます~!

IMG_3603.jpg
(プラド前の様子。雨が降っていてしっとりしてました。)


こちらはパテルナ。
日本語で「ようこそ!」の文字。でもゲートが2つもあり、練習も非公開になってしまって「ようこそ」と歓迎されている気はしなくなりました。
IMG_3649_20130210144712.jpg

スポンサーサイト

【Selección Española】España × Uruguay 

España 3 - Uruguay 1



1360177267_extras_albumes_1.jpg


動画がなかなか見つからず。
ASのものが一番よかったのでリンクを張っておきます。
Mucho Pedro y poco Uruguay


30分ぐらい遅れましたが試合を見ました。
その時はすでに1-1になっていました。
期待通りの面白い試合になっている?とあわててPCで見始めると。。。
確かに、面白かった!
時間が時間だっただけに、途中で寝ちゃうかな、と思ったのに寝られませんでしたから!


_1RS0448_1.jpg


まずは先発にアスピリクエタが入っていたのにびっくり。
さらにシルバが出ていないことにびっくり。
シルバはどうもフィジカルの調子が今一つだったよう。どこか打撲があったとか、ちらっとラジオで言っていました。

_1RS0413_1.jpg


先発は
ビクトル・バルデス、ジョルディ・アルバ、プジョール、セルっち、アスピリクエタ、
武助、カソルラ、マタ、イニエスタ、セスク、ペドロ

なんと先発メンバー11人中7人がバルサ。
まぁ今のリーガだとそうなってしまいますかねぇ。

今回はカシージャス、チャビ、シャビ・アロンソが怪我で欠場だったため
カピタンはプジョール。
彼はこの試合がRojaで迎える100試合目。

最近怪我が多くもう代表は無理かな、と思った時期もありました。
でも、そこはプジョール。
不屈の魂で戻ってきてくれました。
ダビと同じ世代で、一緒に苦しい時期の代表で戦ってきたプジョール。
彼の100試合目はダビにとっても嬉しいことだったに違いないと思います。


代表のDFはずっと不安定、と言われていました。
しかしプジョールが中心になって変わった気がします。

ピケとセルっちで戦ったユーロ。
最初は不安でしたが、振り返ってみれば失点はほとんどありませんでした。
確実に世代交代はできているのだと思いました。

しかしプジョールがいると締るのです。ディフェンスだけでなくチーム全体が。
にらみを利かしているというか。。。
こういう人がいる、というのは大きい気がします。

次にこういう存在になり得るのは…やっぱりセルっちですかね。


後半、プジョールはピケと交代。カピタンはそのセルっちに引き継がれました。
熱いDF二人のカピタン。
イケルやチャビ、シャビ・アロンソとはちょっと違うカピタンでしたね。


_2RS9958_1.jpg



スペインはその他マタからビージャに交代。
できれば二人がそろってピッチに立っているところが見たかったですけどね、バレンシアファンとしては。


ペドロが2点目の勝ち越しゴールを決めた後、デル・ボスケは次々と選手を交代させました。
まずはイスコがイニエスタと交代。
次はカソルラに代わってマリオ・スアレスを投入。
二人にとっては代表デビュー戦となりました。

そしてジョルディをモンレアルに、ペドロをネグレドに交代。
残ったのはシルバ、アルベロア、レイナだけでした。


_1RS0535_1.jpg


今回代表デビューをした3人の選手たち。
アスピリクエタは及第点。
イスコは輝きを見せ、大いにアピールでき、マリオは今一つ、という感じでした

イスコ、のびのびプレーしていましたねぇ。


そういえば、、、RTVEにあった動画。
2007年、キケが解任された後のバレンシアを一時率いたオスカル・フェルナンデスという監督さんが
今カタールにいます。
彼のチームの練習を見に行った?様子にイスコもシルバ、ビージャとともに映っています。

この動画には今カタールにいるラウールが代表を訪ねた様子もちらっと映っています。
Puyol, a por los cien


_1RS0284_1.jpg



そうそう、試合です。
スペインは後半、ペドロが2ゴールを奪いスペインが3-1で快勝。
後半はあまりピンチもなかったですねぇ。

ちょっと寂しかったのはビージャ。
最初に彼に訪れたチャンス。
あのシュートは以前のビージャなら絶対ゴールマウスに入っていたと思います。
やっぱり試合に出られるチームに移籍した方がよいな、と感じました。

そのビージャをこの機会に自分のチームに勧誘したに違いない二人の動画です。
これもRTVE。
Telediario Villa podría recalar en el Arsenal


1360183078_extras_albumes_0.jpg

本当は自分でゴールを決めたかったろうなぁ、、ビージャ。



この試合のMVPはペドロ、かもしれません。
でもセスクもすごくよかった。
セスクは最近バルサでも完全にレギュラー。

彼は本当にうまい、ですねぇ。
というか、うまくなっていますね。
毎年違う面を見せてくれている。確実に成長して自分のプレーの幅を広げている。

良い選手になりました。
あのドイツで「すごい選手が出てきたな」と思ったあの彼が。。。

これからも彼の成長を見ていきたい、と思います。


1360177728_extras_albumes_0.jpg




España: Valdés; Azpilicueta, Sergio Ramos, Puyol (Piqué, m.46), Jordi Alba (Monreal, m. 78); Busquets, Cazorla (Mario Suárez, m.70), Iniesta (Isco, m. 60); Pedro (Negredo, m. 75), Cesc y Mata (Villa, m. 46).
Uruguay: Muslera; Pereira, Lugano, Godín, Martín Cáceres; González (Matías, m. 80), Diego Pérez (Arevalo Ríos, m. 65), Lodeiro (Gargano, m. 77), ''Cebolla'' Rodríguez ('Chory' Castro, m. 69); Cavani (Forlán, m. 70) y Luis Suárez.
Goles: 1-0, m. 16: Cesc. 1-1, m. 32: Cristian Rodríguez. 2-1, m. 51: Pedro. 3-1, m. 74: Pedro.
Árbitro: Fahad Jaber (Catar). Amonestó a Busquets (22), Jordi Alba (56) y Sergio Ramos (56) por España, y a Diego Pérez (56) por Uruguay.
Incidencias: Encuentro amistoso disputado en el Khalifa International Stadium de Doha, lleno, ante 40.000 espectadores. En el descanso la Federación de Catar homenajeó a Puyol por sus cien partidos.

【Quique Sanchez Flores】¿Felíz cumpleaños? 

キケ、お誕生日おめでとう。


1965年生まれのキケ。
2月5日で48歳になりました。

今はAl Ahliで監督をしています。
さすがに私もそこまで追いかけられず。
最近は時々ネットで検索するぐらいになってしまいました。


ただ、無性にキケのときのバレンシアの試合が見たくなる時があります。
そのひとつが2007年2月に行われたアトレティコ戦。
そしてそのシーズンのインテル戦。
次のシーズンのシャルケ戦。

モーロ、ビセンテ、ビージャ、シルバ、ホアキン、ミゲル、モレッティ、、、
それにアジャラさん、サンティ。

そして今もクラブに残っている唯一の選手、ダビ。



Al Ahliの監督でいることがキケにとって良いこととは私にはあまり思えません。
早くヨーロッパに帰ってきてほしい。
またスタジアムで、練習場でキケの姿をみたい。
彼のチームが、、、見たいです。

早く、一日も早く戻ってきてください!

【Selección Española】Llegará a Qatar esta tarde 

スペイン代表はもうカタールに向かってます。
機内の様子です。
España llegará esta tarde a Qatar

ラス・ロサスに集合じゃなくてバラハス空港で集合、そのまま移動、だったのかな。

スペイン時間で17時半つまり日本時間では25時半、あと2時間ちょっとでしょうか。

試合は水曜日の現地時間21時、スペイン時間19時キックオフ。
(日本時間では3時!)

選手たちは試合後すぐに帰途につき、木曜日の朝7時にはマドリッドのバラハス空港着予定です。


今回はカピタンのカシージャスに続き、シャビ・アロンソとチャビも怪我で招集見送り。
シャビ・アロンソの代わりにはアトレティコからマリオ・スアレスが招集されました。

キケがマジョルカから戻ってきたマリオのことを
「将来代表に入ることも可能な選手だ」
と言っていたのを思い出します。

マリオ、頑張れ!

【David Albelda】Rueda de prensa de David 31/1/2013 

no seguirá en Valencia la próxima temporada



david-1-2-2013b.jpg



1月31日に行われたダビの記者会見。

カピタンとしてバルセロナ戦に向けてどう考えているか、という内容だろうなと思っていたらこれが…
翌日の朝、内容をみてびっくりでした。

まずはASの記事で会見内容を。



バレンシアで15年目を迎えているカピタン、ダビ・アルベルダ。
彼は記者会見で
「95%の確率で僕は今シーズンが終わったらクラブを去る。
新たに、海外でのプレーを考えている。」

と語った。

これは彼のバレンシアでのサイクルの終わりを認めたことになる。
「その時がきて、具体的になったということ」
示した。

35歳の彼はたとえ懇願されたとしてもクラブに残る、というオプションは考えていないと話した。
「門は閉ざされてはいないが、もうそれは会長でも、SDのブラウリオ・バスケスでも
 どうにかなるものでもない」

「プレーができるかどうかが問題ではない。ここでは精神敵に疲弊するのだ。」と付け加えた。
彼はスペイン国内でプレーするのではなく、国外でプレーすることを考えている。

さらにアルベルダはこれは個人的な考えから来ているものだとコメントした。
「いつも僕は十分プレーできる良い状態の時に去るべきだと考えていた。
 今シーズンの最初のころは僕にとって難しい時だった。
 なぜならチームを助けることができなかったからね。」





バレンシアには今シーズン限り。来シーズンは外国のクラブでプレーをしたい。
これが彼の決意。

バレンシアで引退してほしい気もしますが、でも彼が選ぶ道であれば私は指示します。

外国、どこになるのでしょう。
35歳の彼をとってくれるクラブとなると限られるかもしれません。
カタールとかいくなら日本に来てくれませんかねぇ。

どこかJリーグのクラブでダビをとってくれるところはありませんか?
若い選手に真のプロ選手とは?を教えるにはもってこいの選手だと思うのですが。
いかがでしょうか?


resizer (1)

more...

【Selección Española】LIsta de convocados para el amistoso ante Uruguay 

2月6日19時からドーハで行われるウルグアイとの親善試合に向けたメンバーが発表されました。

今回はミチュが選ばれるかなぁと期待していたのですがやはりダメでした…

FWはソルダードも選ばれず。
でもマタ君は復帰。さらにイスコも呼ばれています。
その代りトーレスは落選…

しかしいきなりアスピリクエタとは…
確かにベニさんになってからチェルシーで使われていますがまだまだ代表レベルとは
おもえないのですが。


まぁ今回は予選でもないのでお試し、ということもあるのかもと思いますが
それなら、デ・ヘア呼んでよ!と思ってしまう私。



GK:ビクトル・バルデス、レイナ
DF:セルヒオ・ラモス、ピケ、プジョール、アスピリクエタ
   ジョルディ・アルバ、アルベロア、モンレアル
MF:イニエスタ、セスク、ブスケッツ、カソルラ、チャビ、イスコ
   シャビ・アロンソ
FW:ビージャ、シルバ、ネグレド、ペドロ、マタ




今回はRFEFの記事にこの親善試合の詳細な内容がかいていません。
招集日やホテル、飛行機など。
またわかり次第書き足します。

【Valencia】El ayudante de Pellegrino presenta su libro 

12月にバレンシアを解任されたペジェグリーノ監督の時、第2監督だったXavier Tamaritが
がこのほど本を出版しました。

昨日、その出版記念のプレゼンがバレンシアのLa Petxinaというショッピングモールで
行われました。

この出版記念の
ペジェグリーノさんはもちろん、バレンシアからはフェルナンド・ヒネル、
レバンテからはカランペラス、オチョトレナさん、
ペペ・クララムント、ハビエル・ロペス・バジェホ
など多くのスポーツ関係者が集まったそうです。


本の題名は「La periodización táctica」
暴露本とかじゃなく純粋にサッカーの本です。
ポルトガル人のビィトル・フラデによって考えられた練習方法について書いた本だそうです。
この方法はここ数年の間に何人かの監督たちによって成功を収めているようです。

びっくりしたことに、彼はスポーツ科学を大学で勉強し、バレンシアとポルトの大学から
その分野で博士号を取得しているのだそうです。


ペジェさんも理論的にしっかりした監督さんだと思いますが(どこか大学の先生のような知的な雰囲気ありますよね)スタッフもやはり似たような方なのですかね。