スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デ・ラ・レッド 

再び入院



RubenDeLaRedRealMadridCF.jpeg

昨年の10月30日に国王杯の試合で意識を失って以来、ずっとサッカーからはなれているデ・ラ・レッド。
何度かもうすぐ練習開始という記事はでたものの、なかなかそれが実現しないので心配していました。
そして今日、とても心配な記事を見つけてしまいました。

ルベン デ ラ レッドは新たな心臓の問題でLa Moralejaクリニックに入院しているそうです。
ASの記事によると
デ・ラ・レッドは検査のために先週自分でこの病院に来院。
生検の間に問題が起き、彼はそのまま集中治療室に入院。
危機を乗り越えた後、今はこの病院の308号室で特別な管理下におかれています。


「妻と息子はサッカー以上のものだ。将来を危険にさらすような決断を僕は絶対しない。」
「6ヶ月の不確実な時間は僕にいろいろな事を与えてくれた。
 人生においては心よりも頭をより使わなければならない。
 今僕は"謙虚"とか"助け"とか"人間味"というような言葉を尊重するよ。
 なぜなら明日その人に何が起こるか知ることは誰にもできないのは確かだからね。」

雑誌Esquireにそう語ったそうです。
家族を尊重するのは確かだと思います。
でもやっぱりサッカーに戻りたい気持ちは強いはず。
だから今回のことは彼にとって本当にショックでしょう。

私は彼のヘタフェでのプレーが大好きでした。
マドリーに戻ってあまりプレー機会がなくて、それでも少ないチャンスを生かしてアピールをし続けていた彼を応援していました。
本当は戻って欲しくなかったという気持ちを持ち続けて。

彼が試合中に倒れてから彼の記事を見るたびに思ってしまうことがあるのです。
「あのままヘタフェにいたらこんなことにならなかったのでは?」と。
きっとヘタフェにいてもいつかは発症していたでしょう。
しかしそれがもっと先で、彼が選手としてもっともっと何かを成し遂げた後だったかもしれない、なんて考えてしまうのです。

彼はこの問題を乗り越えるためにまた検査を繰り返さなければならないのでしょうか。
ファンとしては彼が「サッカーをやめる」という決断をするならそれを受け入れます。
でもそれまではずっと帰りを待ち続けます。

77039251.jpg
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1414-fa5f271f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。