スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たとえダビはいなくても:リーガ第35節バレンシア×レアル・マドリー【CRONICA】 

雰囲気は最高


20090509_Partido_Policia2.jpg

さすがレアル・マドリー相手の試合は違います。
試合前のスタジアムの周りの雰囲気も今まで見たベティス戦やサラゴサ戦とは桁違いの興奮。
選手が到着するときのファンの盛り上がりもすごいものでした。
とくにライバル、マドリーの到着のときは例のカンティコを大合唱しながらそれでも彼らの写真を撮る、というバレンシアファンの矛盾した姿が。
昨シーズン、練習を見に行ったときにバレンシアの選手たちにも「金目当ての傭兵たち」とか言いながら「一緒に写真とって!」なんて平気で言える人たちですからね、彼ら。
私には理解不可能です。

20090509_Partido_Boda1.jpg
私はいつも試合2時間前には行ってスタジアムの周りをうろうろするのですが今回は人が一杯でなかなか自由には歩き回れませんでした。
しかしこんな場面に出くわすなんて!
試合前のスタジアムで結婚式が行われたようで(あの礼拝堂で行ったのかな)、スタジアムから花嫁花婿が登場。
スタジアムの周りに集まったファンたち、みんなに祝福されとても幸せそうでした。



試合前の練習はまずはレギュラー組が登場し、バックスタンドの方で練習を開始。
その後、控え組が手前の方でロンドを始めました。
控えといってもビセンテ、モレッティ、モーロがいますからね。

レアルが練習を始めると、あちこちで代表で一緒の選手や以前一緒だった選手達のハグが見られました。
この日招集メンバにはいったレナンはマルセロとハグ。
ビセンテとサルガドさんも言葉を交わしてハグしていましたね。
代表で一緒のこと、多かったですからね。
モーロは。。。挨拶しすぎでロンドにおくれて登場でした。

20090509_Partido_Entrenamiento1.jpg

練習が始まると招集から漏れているクーロやデル・オルノ、カルレトなどがベンチにやってきて練習を見ていました。
これはもしかしてダビも?とおもってずっと待っていましたがダビとアングロはあらわれませんでした。
パルコも人が多くてよくわからず。
私は諦めて、自分の席に戻りました。
そしていよいよ、試合開始!


誰のゴールなの~???
私の席は左の隅。つまり前半はバレンシアのゴールを見ることが出来ませんでした。
バレンシアがチャンスを迎えるたびに「誰?なに?」とまわりの人がみんな立ち上がるので私も立ったり座ったり忙しかった~
そして決まったマタのゴール。
実は私の席からは誰のゴールかもよくわからなかったのです。
ゴール後のメスタージャのアナウンス
「Gol! Gol! Gol de Mata!!!!!」
で初めてマタのゴールだと知りました。
mata10mayo2009aaa_convert_20090515161553.jpg

レアル相手に先制ゴールを奪ったことでファンの盛り上がりもヒートアップ。
ただ私の席のすぐ横がウルトラの席でここのファンがうるさくて!
しかも例の「Madridista hijo de ....」とかずっと歌っているのです。
もういい加減やめてほしいのですけど。あれを聞くと興ざめしてしまいます。

押し気味に試合を進めるバレンシア。
しかし時間が経つにつれ、レアル・マドリーの選手達の方が気になってしまうぐらい、彼等に覇気が全く見られませんでした。
やっぱり優勝という目標を失ってしまったのが大きいのか、それともクラシコでの大敗でバルサとの力の差を見せつけられたのが響いているのか。
いや、その両方ですね、きっと。

1241941617643.jpg

そんな彼等の心の隙をつくように意表をついて放ったシルバのシュート。
あそこでゴールを狙うシルバは素晴らしい!
でも。。。ああ、イケル。。。
このゴールでレアルの選手達は亡霊のようになってしまいました。
ラウール、ガゴは必死でなんとかしようとしていましたが、他の選手達は。。。


もっとゴールを!
20090509_Partido_Partido2.jpg

後半もバレンシアの攻勢は続きます。
後半は私の目の前でバレンシアの左サイドの攻撃が展開されていました。
何度かのチャンスのなかで一番よかったのはホアキンの切り返し。
あれはすごかった!

後半67分にバラハのゴールが決まり3-0。
あのボレーはきれいでしたね。何年ぶりでしょうねぇ、あんなバラハのゴールをみたの。
怪我ばっかりしていましたからね。
04-05シーズンからまともにプレーしたシーズンなんてあったかなぁ?

3-0になるとファンは昨シーズン、レアルに1-6で負けたお返しとばかりにさらにゴールを要求。
やっぱりファンも皆、ビージャにゴールを!と思っていたようでしたね。

1241941616818.jpg

私の席からはレアルのDFラインとその裏をつこうとするビージャの動きがよく見えました。
常にその一歩をDFに先んじようとする彼の動きを見ていると、それだけでもおもしろいですね。
カンナバーロがぴったりくっついていて自由にさせなかったのもさすがです。

でも見たかったなぁ、ビージャのゴール。
「Villa Villa Villa Villa MaraVIlla」と叫びたかった!

そして試合終了。


試合終了

20090509_Partido_Partido1.jpg

試合終了後、両チームの選手達は和やかに挨拶していました。

この試合後の雰囲気は爽やかでした。
ビージャが真っ先にカシージャスのところに行き、ラウールがセサルのところに行ってお互いの健闘を讃え合う。

このとき、カシージャスは思ったのかもしれませんね。
「ビージャ、シルバ、マタがレアルにいてくれたら」って。
代表で一緒にやっていて彼等の素晴らしさをよく知っているカシージャスはレアルにふさわしい選手は彼等のような選手達だ感じたのではないでしょうか。

この試合で何度も呆然と立ち尽くしていたカシージャス。
代表のカピタンである彼にクラブでももっと輝いてほしいと代表ファンでもある私は思ってしまいました。

この試合、確かにバレンシアはよかった。
ただレアルが悪すぎたのも事実。
昨シーズンはキケ解任直後の試合でバレンシアがまるで亡霊のようでした。
今シーズンはレアルが目標を失い、さまよっている状態でした。

バレンシアファンとしてレアルに勝ったのはもちろん嬉しいです。
でもやっぱり、強いレアルを倒してこそです。
来シーズンこそ、両チームがお互いモチベーションの高い状態でこのメスタージャでの試合を迎えられると良いなと思います。


また来たい

試合の詳細ってたぶんテレビで見た方がよくわかるのですよね。
でもやっぱりこの場にいてこの雰囲気を肌で感じることができたことはとても幸せなことです。

ドブレテの年にみた試合は優勝に王手をかけたベティス戦でした。
サラゴサで見た試合ではビージャがバレンシアの選手としてのリーガ初ゴールを決めてくれました。
昨年みたサラゴサ戦ではダビがメスタージャに戻ってきました。
そして今シーズンはCL圏内をかけ、レアルを粉砕しました。
どれも素晴らしい試合でした。

一度メスタージャの雰囲気を味わってしまったら、
ゴールの時の痺れるような感覚を経験してしまったら、
危険です。
「また行きたい」「また見たい」と毎シーズン思ってしまいます。
もう今から来シーズンのスケジュール発表が待ち遠しい私です。




== Ficha Tecnica ==
Valencia
sar, Miguel, Albiol, Maduro, Alexis, Marchena, Baraja, Joaquín (Pablo, m.63), Silva (Michel, m.56), Mata (Vicente, m.77) y Villa.

Real Madrid
Casillas, Sergio Ramos, Cannavaro, Metzelder, Heinze, Javi García (Van der Vaart, m.58), Gago, Robben, Raúl, Marcelo (Drenthe, m.83) e Higuaín.

Goles
 1-0, m.29: Mata.
 2-0, m.32: Silva.
 3-0, m.67: Baraja.

Árbitro
 Iturralde González (colegio vasco).
 Amonestó
  por el Valencia a Silva, Marchena y Alexis
  por el Real Madrid a Javi García, Marcelo y Gago.

Incidencias
 partido disputado en el campo de Mestalla ante 50.000 espectadores.
 Terreno de juego en buenas condiciones.
 Se mostró un gran mosaico con cartulinas naranjas, blancas y negras en el que se podía leer el texto "Che, we can" (Che, podemos).
スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、本当に素晴らしい雰囲気。でもそれをぶち壊すようなウルトラは、いい加減にして欲しいですね。

ビージャゴール、本当に見たかったです!ファンも、そしてチームメートも後は彼のゴールって思っているのが感じられましたが、残念でした。アトレティコ戦では彼のゴールが見られますように!

モーロ、後半の前にはラウールともしっかりハグしてたみたいですし、彼はレアルにまだ友人が多いですからねー。出られなかったのは残念ですが。

バレンシアが快勝したのは当然嬉しかったのですが、私もイケルがうなだれている姿が悲しかったです。そして頑張ってるけどどうにもならないもどかしさを感じているようなラウールの姿も。彼らが強くないとやっぱり盛り上がりませんし、個人的にも応援しているので。来シーズンは万全のレアルからしっかり勝利するバレンシアの姿を見たいですね。

>Mikiさん、

本当にイケルの姿は痛々しかったです。その前のクラシコで叩きのめされて、またでしたからね。
しかも相手は代表で一緒にプレーしている選手達。なぜ彼等がレアルにいないのか?って思ってしまったとしても仕方がなかったと思います。
そう、ラウールも献身的に頑張っていましたよね。彼等二人の姿は選手の鏡とも言うべきなのに今のレアルは。。。個人的にはガゴも頑張っていたなと思ってました。彼もアルゼンチンのビッグクラブであるボカから来た選手ですからビッグクラブの選手たるものを理解しているのかなと思いました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1424-b0b1b3cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。