FC2ブログ

(追記あり)Fiesta por Victoria, 100 Gole, agradecimiento:リーガ第38節バレンシア×ビルバオ【CRONICA】 

88073355_convert_20090531082631.jpg

2-0



なんとか来シーズンのEL出場権を確保しました。
試合を決めたのはビージャの2ゴール。
これでビージャはバレンシアの選手としてのゴール数を101にしました。


しかし3試合同時中継は疲れます。
勝っていること、ビージャがゴールをきめたことはわかったけど、試合の流れなどはつかむことは出来ないので、結局MARCAの文字実況を読むことになります。
耳はラジオの放送を聞きながら文字と画面と格闘するのは2時間しか寝ていない私にはきつかった。。。

1243724393633_fotospropias_20090530_220506_convert_20090531135655.jpg

(ビージャ、アルビオルもお子さんを連れて来ています。
 なぜかダビがいますね。まさかその子はダビの隠し子???
 きっとお兄様のお子さんとかなんだと思いますが)
 

先発は私の予想とは大違い。
やっぱりウナイにはビージャとモーロを使うというオプションは存在しませんでしたね。
           セサル

 ミゲル アルビオル アレクシス モレッティ

       エドゥ、   マルチェナ

     パブロ  ミチェル   ホアキン

           ビージャ


ピボーテはエドゥ、マルチェナ。やっぱりダビとマルチェナでは守備的過ぎると判断したんでしょうね。
ダビが出ないと私の気持ちはかなり萎えます。
応援する気力も半減しいます。
ああ、気持ちを引き締めて応援しないと!


ビージャゴール

1243722595_extras_albumes_0_convert_20090531080219.jpg

試合開始7分に決まったビージャのゴール。
これで99100ゴール目!
私が見に行ったレアル戦で決めるはずだったんですけどねぇ。。。
ずいぶんと時間がかかってしまいました。

このゴールはホアキンからのパスをビージャらしくポンと決めてました!
ビルバオがまだ試合に入りきれていない状態の中、バレンシアのカウンターが見事に決まりました。

ゴールを決めた後、「まだまだ~!」という感じのビージャ。
「今日のビルバオならもっとゴールを決められるぞ!」
と、私も期待しましたが。。。

これでビルバオは目が覚めたのでしょうか。
以降バレンシアはビージャ、パブロなどがチャンスを得ながらもなかなか2点目のゴールがきまりません。

結局バレンシアの2点目、ビージャの100101ゴール目が決まったのは試合終了間際。
今度はホアキンと交代ではいったビセンテ→パブロ→ビージャのゴールでした。
ビセンテが良かったなぁ~


1243722813_extras_albumes_0_convert_20090531080322.jpg


わずかな時間でしたがちゃんとモーロもクーロも出場しました。
モーロは82分ミチェルと、クーロは90分にマルチェナと変わりました。
マルチェナはカピタンのブラサレットをクーロに渡したそうです。(そのシーンは放送がなかった。。。)

試合終了後、ファンの温かい拍手に包まれるなか、たくさんの仲間と熱い抱擁をしているモーロとクーロ。モーロのお別れにシルバがいないのが寂しいなぁ。
でも二人のバレンシアの選手としての最後の試合を勝利で飾れてよかった。
本当にお疲れ様でした。
そしてありがとう。

1243724393633_fotospropias_20090530_234528.jpg
(ようやっとダビが映っている写真を見つけました。お別れしていないことはないと思ったのですが、姿がみえなかったので探してしまいました)

試合後ビージャがインタビュを受けていました。
「これがバレンシアのユニフォームを着てプレーする最後の試合?」
なんて質問に対してビージャは
「僕には契約が残っているし、最後の試合だなんて気持ちは全然ないよ!」
と応えてくれていたビージャ。

やっぱりずっといて欲しい。。。


最後に一言

バレンシアは木曜日か金曜日まで練習して今シーズンを締めくくります。

今シーズンのバレンシアはヨーロッパ圏内という目標は達成した、のでしょうか。
それともCL圏内という最低限の目標をのがした、のでしょうか。

今のバレンシアは正直に言ってCL出場にふさわしいクラブじゃないと思います。
チームだけじゃなく、クラブとしてもCLに出るのにはもっともっと変革が必要です。

最後の試合で勝ったものの、ほろ苦さが残るシーズンなのはいまだにクラブが改善しているとはいえないから。
経営面での安定は一朝一夕でできることではありません。それはわかります。
でもSDと会長の間に信頼関係がなくなって、来シーズンはSDが変わるとか言われているのには心底失望しました。

またしても同じことを繰り返そうとしているんですね、バレンシアは。
SDが変わるということはチームの補強面などに影響します。
シーズンオフを迎える今、もう来シーズンに向けての補強リストも出来上がり、一部交渉も進んでいる状態です。
そんなときにまだSDを変える?
こんなことをやっているからダメなんです。
セビージャやビジャレアルにさえ差をつけられているのはなぜか?
彼らが安定してCL圏内争いに参戦できるようにまで成長したのはなぜか?
いまだに理解できないのでしょうか。

いくら良い選手がたくさんいても、良い監督が一生懸命働いてくれても、クラブの安定がないとシーズンを通しての結果を出すことは難しい。
それはソレール時代に身にしみてわかったはずなのにまた今シーズンもそれを繰り返してしまった。
このクラブの体質が変わらない限りバレンシアの未来は決して明るくないのでないでしょうか。


ウナイ、選手たち、本当にお疲れ様でした。
7月、みんながリフレッシュした状態でキャンプに迎えることを願っています。




== Ficha Tecnica ==
Valencia
César, Miguel (Curro Torres, m.90+), Albiol, Alexis, Moretti, Marchena, Edu, Joaquín (Vicente, m.67), Míchel (Morientes, m.82), Pablo y Villa.

Athletic de Bilbao
Iraizoz, Iraola, Javi Martínez, Amorebieta, Balenziaga, Susaeta (Etxeberría, m.62), Gurpegui, Orbaiz (Muñoz, m.46), David López, Yeste (Vélez, m.46) y Llorente.

Goles
  1-0, m.7: Villa.
  2-0, m.89: Villa

Arbitro
  Velasco Carballo (colegio madrileño).
  Amonestó
    por el Valencia a Villa, Edu y Marchena y
    por el Athletic a Gurpegui, David López y Vélez.

 Expulsó
    por acumulación de amonestaciones a Balenziaga (m.77)

Incidencias
  partido disputado en el campo de Mestalla ante 25.000 Terreno de juego en buenas condiciones.



モーロ、クーロありがとう



despedida30mayo2009f_convert_20090531081407.jpg


ビージャとモーロ
いろいろ思い出しますね。二人の2トップは最高だったよ~
despedida30mayo2009a_convert_20090531081241.jpg

ミゲルとクーロ
despedida30mayo2009b_convert_20090531081315.jpg

クーロはお子さんと一緒に。うしろにダビがいます
1243724393633_fotospropias_20090530_220331.jpg


アングロさんの奥様?だと思います
アングロさんも来シーズンはよくわからないのだそうです。
アングロさんのバレンシアを思う気持ちはわかりますが、やっぱり試合に出ている彼が見たいです。信じられないようなゴールを決めちゃうあのアングロさんをまた見たい。
1243724393633_fotospropias_20090530_220744.jpg


スポンサーサイト



Comments

Setsukoさん、最後の試合はホームでしっかり勝利してくれましたね!私は今回の三元中継は結構楽しめました。普段ネット観戦には苦しめられてますが、止まることなく綺麗に見れましたし、得点や危ないシーンはまーわりと写してくれてたので。唯一残念だったのはクーロの交代シーンがなかったのとブラサレット姿がよくわからなかったところですが、細かいところはWOWOWの放送でしっかりチェックできるので楽しみにしてます。

ビージャのバレンシア100・101ゴール。さすがです。チャンスはかなりあったのでどうせならハットトリックが見たかったですが。ホアキン久々のキレぶり、ビセンテも2点目のきっかけになった攻撃、良かったです!

でもなんといっても私はモーロが気になって気になって。先発はないと思ってましたが出場できてよかった。試合前のベンチの彼に、コウモリのマスコットと笑顔でハグしているのを見たd家で、もう泣いちゃいました。あーマスコットまで挨拶に来てくれてるっと思って。交代で入る時も大きな拍手をもらってましたし、最後もチームメート、スタンドのファンとしっかりお別れが出来て、そういう意味ではよかったです!移籍するっていっても、ちゃんと挨拶できない選手が大半でしょうから。そしてもちろんクーロも!彼の場合11年もバレンシアだったのですから、いろんな思いがあったでしょうね。

Las Provinciasには、この先発フル出場したエドゥも最後みたいなことが出てましたし、アングロさん(結婚式以来ですが、美人の奥様ですね)もそうですし、他の選手達もどうなるか分からない状態です。私達ファンも今後一喜一憂(憂ばっかりじゃありませんように!)の状態が続きそうです。

Setsukoさんのおっしゃるとおり、クラブの安定って大事ですよね。もし奇跡的に放出候補って言われてる選手達を残せたとしても、入れ替わりが激しくてお金がなくて、一貫性がないような状態ではどうしようもないですからね。

最後に木曜か金曜まで練習って確かにありましたね。これってやっぱり全員参加なんですよね。実は以前にこんな試合が6/2に予定されてるって見たのですが、ということは(モーロは大丈夫として、他のバレンシアの選手は参加できないのかな。いやーすごい面子だし(無理でしょうが)どこかで見ることが出来たら良いなと前から思ってましたが。
http://www.superdeporte.es/secciones/noticia.jsp?pRef=2009051900_2_61952__Valencia-Villa-Silva-Joaquin-Baraja-jugaran-partido-solidario

http://www.diariodirecto.com/deportes/2009/05/19/schuster-entrena-equipo-fundacion-442-279781520366.html

>Mikiさん、

私、ビージャのビジャレアル戦のゴールをすっかり忘れていました。
そうですね、100,101ゴールです!

この試合はヘタフェのセレスティーニがかかわっている試合ですよね。
6月2日という日にちが微妙ですが(コンフェデにむけた代表発表が6月1日。多分数日のお休みがあっての招集だとおもいますが)みんな参加できるものならしたいとおもっているのではないでしょうか。バレンシアから参加予定のシルバ、バラハは無理でしょうけれど。
今、ヘタフェのミチェルの頭の中にはこの試合のことなどないでしょうね。とにかく今日の試合勝って残留を決めないと。どこかで放送があればネットで見られるかもしれませんね。

> でもなんといっても私はモーロが気になって気になって。先発はないと思ってましたが出場できてよかった。試合前のベンチの彼に、コウモリのマスコットと笑顔でハグしているのを見たd家で、もう泣いちゃいました。あーマスコットまで挨拶に来てくれてるっと思って。交代で入る時も大きな拍手をもらってましたし、最後もチームメート、スタンドのファンとしっかりお別れが出来て、そういう意味ではよかったです!移籍するっていっても、ちゃんと挨拶できない選手が大半でしょうから。そしてもちろんクーロも!彼の場合11年もバレンシアだったのですから、いろんな思いがあったでしょうね。

私、そこを見逃してしまいました。残念。
私は試合が終わってしばらくたって、いろいろな記事を見ていてどっと思いがこみ上げてきました。クーロのこともモーロのこともありますが、アングロさんやエドゥまでと思うと。。。
おっしゃるように移籍することが急に決まって挨拶さえ出来なかった選手はたくさんいます。
アイマール、アジャラ、ミスタ、ルフェテ。。。
ファンに挨拶をして、拍手で送ってもらえるのは本当に幸せなことですね。
モーロもクーロも良かったと思います。エドゥやモレッティ、ミゲルが去ることになってもこの試合の後の雰囲気は彼等の心に残るのではないでしょうか。
私も記事を読んでびっくりしましたが、エドゥも来シーズンはわからないのですね。
彼は試合後泣いてしまったとか。バレンシアでは怪我が多く、思ったような活躍ができなかった彼ですが、センスがよいことは確か。他のクラブに言ってもきっと活躍してくれるだろうと思います。(彼が膝を怪我した時のキケとのやり取りなどを思い出し、ジーンとしてしまいました。)


> Setsukoさんのおっしゃるとおり、クラブの安定って大事ですよね。もし奇跡的に放出候補って言われてる選手達を残せたとしても、入れ替わりが激しくてお金がなくて、一貫性がないような状態ではどうしようもないですからね。

とにかく現場がサッカーに集中できる環境を作ることです。
現場のがんばりでなんとかしてしまっていたものがもうそれだけではどうしようもなくなっています。クラブが一丸となって頑張る姿勢をみせてほしいのですよね。
クラブにかかわる全員が「バレンシアのために」一番よいことを考え、実行してほしいのです。

モーロにもクーロにも、そしてこれから去っていくことが明らかになる選手たちにも、心からありがとうと言いたいです。
ロンドンでの変心事件でバレンシアへの熱い思いを示してくれたアングロさんも、バレンシアを去ってしまうのでしょうか。そして、不動の地位を築いていたモレッティも?
変わっていくのは仕方のないことなのだとわかっていても、なんだか切ないです。
バレンシア、トップたちのごたごた、収まらないのでしょうかね。
現場の人たちが本当に集中できる環境を作ってほしいです。

>あつみさん、

まだ誰のこともクラブから発表があったわけではありません。
なので私もあまりマスコミの情報に振り回されないようにしようと思っています。
でもこういう記事をみると切ないですよね。チームが成長していくうえでは必要なことなのでしょうけど。

クラブのごたごたには怒りを感じます。
本当にクラブのことを考えてやっているのかがわかりませんから。
SDを選んだのも会長のはずなのに、たった一年で「信頼できない」なんて。
もうこうなったらやっぱりダビに将来会長として戻ってきてもらうのが一番かも、なんて思います。


Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1451-7632ce63