スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットボリスタ#127 

070306-quique.jpg

昨日7月8日発売のフットボリスタ127号に久しぶりにキケが載っていました。

今回のフットボリスタは戦術に関する特集が組まれています。
キケが載っていたのは「戦術家には限界がある」というところ。
(ここにラニエリ、クーマン、そしてキケと元バレンシアの監督が3人も載っているのは偶然でしょうか)

記事を書いてくださっているのは一郎さん。
昨シーズン、ベンフィカで「失敗」したキケのその要因を分析なさっています。

そこには私も思っていたことがズバリ書いてありました。
そう、キケはプライドが高すぎるのです。
そして自分の戦術に自信がありすぎる。
だから失敗すると「なぜだ!」となって、考え込んでしまう。
それは一つの試合の間でもそうだし、長いシーズンの間でもそういうときがある。

彼のような戦い方は彼の戦術を遂行できる高い能力を持った選手たちがいるバレンシアのようなチームなら良いのです。
でもそうではない場合、選手の側にもキケの側にもフラストレーションがたまり、彼らの間はうまくいかなくなってしまう。

キケにとってはバレンシアで彼のたてた戦術どおりの戦いをして勝利を得たときの快感はたまらないものだったでしょうね。
それはとても理解できます。
彼はとても戦術的であり、一部ではその理論はベニテス以上という評価も得ているそうです。
私はそういう戦い方をする監督、チームが大好きです。(だからバレンシアファンなんだよ、きっと)

でも今私はキケにもっともっと純粋に選手たちとともに戦って勝利する喜びを感じて欲しい。
2部でも2部Bでもカンテラでもいいのです。
選手たちともっと体でサッカーを楽しんで、喜んで欲しいのです。
戦術なんて吹っ飛んでしまう厳しい戦いを彼に経験して欲しいのです。

もちろん私は「頭」の伴わない選手は大嫌いです。
きっとキケもそうなんだと思います。
でも戦術に縛られてしまっては元も子もない。

頭ではなく本能でキケにもっともっとサッカーを楽しんで欲しいのです。
なんだかうまく言えないのですけど。

recorte-81.jpg


昨シーズンはシーズンの途中にもかかわらず、あちこちの監督候補に名前があがっていたキケの名前がこのシーズンオフは全く出てきません。
まぁベンフィカで失敗した、とみなされているので仕方がないのかも知れませんが。
でもちょっと静かすぎるかな、とも思っています。
これは今シーズン、キケは監督をやるつもりがないのでは?と私は見ています。

今の自分の限界を知り、今シーズンは勉強するためのシーズンにするのでしょうか。
それとも一年離れていたご家族と過ごす時間を大事にするのでしょうか。
その理由はわかりませんが、きっと彼のことですから次への準備はしっかりすることでしょう。

私はキケがきっとまた現場に戻ってきてくれると信じて、その日を待ちます。
だってやっぱりあのときのバレンシアが私は大好きなんですよね。

このところバレンシアで嫌なことが続いたせいか、あのキケのバレンシアが見たくなるのです。
ダビがいて、モーロがいて、サンティがいて。アジャラがいて、アングロさんがいて。アルビオルがいて。。。
ああ懐かしい。

でも。。。
次にキケが現場に戻ってきてくれるときにはあのバレンシアのことはサッパリわすれて彼を迎えたい。
大好きだけど、あのバレンシアはもう戻ってきません。
次は新しいキケのチームを見せて欲しい。
今回の失敗から多くを学んだ「新しいキケ」が作る新しい彼のチームを見せて欲しいです。

quiqueizq5enero06_20090709222045.jpg

スポンサーサイト

Comments

戦術が上手くハマッた時には、監督にとってはこの上ない喜びなのでしょうが、裏目に出たりすると何がいけなかったのかとかいろいろ悩むものなのでしょうね。

監督って、一つのチームで上手くいかなくても必ずしも評価が下がったりオファーがなくなるものじゃないですよね。そう考えると、確かに今のキケの周辺は静かですね。今シーズンはご家族と一緒に過ごすシーズンになるのかもしれませんね。監督はしなくても、サッカーはかかさずチェックするでしょうが。

私もキケのバレンシアが大好きでした。いつか彼が戻ってきてくれる頃には、クラブのフロントも安定して、キケが思い切り力を発揮できるようになっていて欲しいものです。

>Mikiさん、

> 監督って、一つのチームで上手くいかなくても必ずしも評価が下がったりオファーがなくなるものじゃないですよね。そう考えると、確かに今のキケの周辺は静かですね。今シーズンはご家族と一緒に過ごすシーズンになるのかもしれませんね。監督はしなくても、サッカーはかかさずチェックするでしょうが。

そうなんですよね。
特にリーガの場合、2~3年で監督がかわりますからね。あそこでだめだったから、というような評価はあまりありませんね。でも多分キケには「守備的」というイメージがついてしまっているし、バレンシアの最後のイメージがあまりに悪すぎてますよね。
ASやMARCAのコメントを読んでいると彼をよく知らないのにあのイメージだけで判断しているファンが多いように思います。本当にバレンシアのファンは罪なことをしてくれました。

彼のことですからきっと勉強はしていくでしょうね。
メディアに登場、なんてこと、ないですかねぇ。。。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1507-be2d71a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。