スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Partido Amistoso:Manchestar United × Valencia 

Manchester United 2 - Valencia 0



old5agost2009c.jpg

また、前後半で全く違うメンバーで戦いました。
残ったのはGKのセサルだけ。
これが面白いことにつながるのですが。。。

試合はネットで見ることが出来ました。
とても鮮明で見やすかったです。
放送が英語であまり面白くなかったこともありますがとにかく眠くて。。
うとうとしてしまってところどころ記憶が飛んでいます。

あ、英語だとビセンテは「ビチェンテ」になっちゃうのかしら。。。

Capitan Villa

1249509015849_END6F3~1

前半のカピタンはビージャ。
選手たちの先頭にたってペナントをもって入場してきたビージャ。
親善試合なのにとっても神妙な顔つきです。

プレーはまだ彼らしいキレがあまり感じられませんでした。
まぁまだ時間はたっぷりありますからね。
ただ来週は代表の親善試合に招集されていなくなってしまうと思いますが。
(今日メンバ発表です)

前半はダビ、バラハも動きがよくてミチェル、ホアキン、マタもめまぐるしく動き、可能性を感じさせました。

もうひとつ鋭さがたりませんでしたけど。
それはやっぱりビージャがまだ100%ではないことと、シルバがいないことだったでしょうか。

それに比べてマンUはオーウェンがするするっとDFの裏をとってゴールを脅かしてました。
決定的シーンはマンUの方が多かったかも。
怖さを感じましたね。


old5agost2009h.jpg

ダビは前半でおしまい。
ダビは特にすごかったわけでもなんでもないですが、しっかり自分の仕事はしていました。
それに相変わらずバラハとのコンビは安定してます。

あと左サイドバックのMathieuが良かったかな。


モジャがフィールドプレーヤー?
1249509015849_EN7EB9~1

後半、MathieuにかわってはいったCarletoでしたが、あっという間10分で怪我をして退場することになってしまいました。
その代わりにはいったのがモジャ!
他に選手がいなかったんです!
どこにいたのだか良くわからなかったですが、記事によるとcentrocampista(中盤)だったそうです。


カルレトのときもでしたが、とにかく左サイドが良くなかったです、後半は。
うーん、左サイド、デル・オルノが手術後のリハビリでまだいつ復帰してくるのかよくわかりません。
やっぱりちょっと不安ですねぇ。


•Ficha técnica
- Manchester United 2:
Foster; Delaet, Ferdinand, Evans, Evra; Carrick, Fletcher, Tosic, Valencia; Rooney y Owen. Jugaron también, enla segunda mitad, Kuszczak, Anderson, Gibson, Bervatov, Macheda, Nani, Cleverley y O’shea.

- Valencia CF 0:
- Primera parte: César; Bruno, David Navarro, Dealbert, Mathieu; Mata, Albelda, Baraja, Joaquín; Michel y Villa.
- Segunda parte: Cesar, Miguel, Maduro, Alexis, Carleto; Vicente, Banega, Marchena, Pablo; Silva y Miku.


Goles
1-0, Rooney, min. 51. 2-0, Cleverley, min. 72.


Incidencias:
Partido de presentación del equipo local ante su afición. Lleno, 76000 espectadores, en Old Trafford.
スポンサーサイト

Comments

前半はアルベルダを中心にマンUの中盤にプレスをして相手に自由にさせなかったんですがね・・
後半は流石マンUってとこでしたね
それにしてもオールド・トラフォードの雰囲気は最高でしたね
メスタージャでもこれぐらいの雰囲気を毎試合作れるといいですね

本当にオールドトラフォードの雰囲気は素晴らしかったです。
メスタージャもチーム状態が良い時はすばらしいのですけどねぇ。。。
土曜日のプレゼンはどんな感じになるか楽しみです。

> 前半はアルベルダを中心にマンUの中盤にプレスをして相手に自由にさせなかったんですがね・・
彼らしい仕事ぶりでしたね。
やっぱり今シーズンはかなり気合い入っているように思います。
代表に。。。と思ったんですけどねぇ。

Setsukoさん、私もネット観戦してました。数回画面が黒く消えたり、時々止まったりでしたが、映像はきれいに見えました。

スペイン代表選手にはこれが今シーズン初戦、コンディションとか試合勘を含めこれからでしょうね。プレミアは8月2週目の開幕なので、マンUのほうはそういう意味でもかなり完成されてるようなイメージでした。バレンシアにとってはとてもいい経験となる試合だったと思います。

前半ミチェルのシュートがポストをたたいた瞬間、バレンシアオフィシャルだったらUuuuuuuuuuyyyだっただろうなと思いました。惜しかったー。チャンスはマンUの方が多かったですが、バレンシアもよく攻めて、何とか守ってました。マテュー、良かったですね。何かと不安な左のextremoですから、彼がこの調子でいてくれると少し安心です。息子さんも一緒に始めるスペイン語のレッスンも頑張れ!個人的にミクーに決めさせてあげたかったです。FWなので早く得点を決めたいでしょうね。

後半、カルレト痛そう+悔しそうなケガの後、10人でやるのかと思ったら、びっくりのモジャ登場でした。私もどこにいるのかよく分からなかったのですがピボーテの位置に入ってたんですね。マルチェナがCBに下がって、アレッシィが左やってたようですね。マンUのバレンシア(まぎらわしい)が好調だったこともあるのでしょうが、左は心配ですね。カルレトはレンタルで(ポルトガルあたりへ)出すのではと言われてますが、デル・オルノはいつ頃復帰できるのでしょう!?。マテューがスタメンとして、控えが必要になったらアレッシィを左にするのでしょうか。まさかもーダビの左は無いですよね。シルバは良かったですね。皆それを感じていたようで、自然とボールもシルバに集めていたようでしたし。ファーガソン監督がさらにシルバ獲得に熱心になるというシナリオがちょっと怖いですが・・・。

英語の放送、私も"ビチェンテ"が耳に残りました。ちょっとイタリアっぽいような気がします。

>Mikiさん

マテューは良かったともいます。
かなり攻撃的だったので左右のバランスが難しいかなと思いますが、そこはピボーテの二人がベテランだったことが良かったのかも。
ミクも惜しかったですね。彼ももう少し経験を積ませたいところかな。

左サイドバック、マテューがいない時はやっぱりアレッシィになるのではないでしょうか。
カルレトはスペイン国内でのレンタルも難しそうみたいですね。
まぁ見ていてもちょっと不安要素が多いかなと思います。
なにかあればアレッシィを使いつつ、デル・オルノの復帰を待つことになるんでしょうかね。
とにかくマテューが怪我なく、カードの累積もなければ何の問題もないのですが。
ちょっと虫が良すぎますかね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1545-766ae491

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。