スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liga BBVA La Jornada 4 : Getafe × Valencia 【CRONICA2】 

CRONICAというより愚痴かもしれません。
そんなものは読みたくない!と思う方は飛ばしてください。

試合のビデオはこちらから。
他の試合も見られます。
Resumen de la Jornada 4


両監督の言葉



91068220.jpg

スーツ姿はミチェルに軍配があがりそうです。
え?采配も?
そうかも。。。。しれない。


試合後の両監督の言葉がこの試合を良く表しています。

まずヘタフェのミチェル。
「選手達を褒めなくちゃいけない。彼等は私が要求した以上のことをやってくれたよ。
 我々素晴らしいチームに勝ったんだ。
 我々のレベル以上のチームからの勝利だ。
 でももうお祭りも終わりだ。土曜日のことを考えなければ」

ウナイは
「我々全員が勝利を必要としていることを強く自覚していた。
 前半は、理由はわからないが、強さがあまりなく、それであっという間に引き分けにされてしまった。
 強いチームと争うために必要な強さを持っていなかった。」

私が試合を見ていて感じたことそのままです、この二人の言葉。
強さ、というか気迫というか。
そんなものの差を感じた試合でした。

20090924elpepudep_1.jpg


特にガビランのモチベーションはすごかったです。
絶対負けない!って気持ちがプレーに出てました。
ミゲルはタジタジ。
ヘタフェ2点目はシューズが脱げながらもカスケロにパスを送ったガビランの頑張りから生まれたもの。

ガビランってあまり気持ちを表に出さないタイプだと思っていたのでびっくりしました。
彼もずいぶんと変わったのですね。


バレンシアで唯一、気迫を感じたのはシルバ。
彼は3-1になっても「どうにかしよう」とがんばっていましたね。
ちょっと粗いプレーも見られましたが。
でも彼は「強い気持ち」と持ち続けられる選手なのだなとあらためて思いました。
次は彼がブラサレットをつけるのか。


ちょっと、いや、かなり心配

1253743613353_fotosagencias_20090923_234522.jpg

バレンシアはこれで3試合連続で引き分けに持ち込まれたり、逆転されています。
ELリール戦、スポルティング・ヒホン戦、そしてヘタフェ戦。

ASのモラタさんのコラムでは「試合をプレゼントしている」なんて書かれていますが、なんだか本当にそんな感じです。
この試合も1点目はミゲルがシューズを替えるために、ピッチ外に出ていた時に、そこをガビランにつかれたところから。
2点目はCKキックから、3点目はFKから。
セットプレーからの失点が1年以上なかった、なんてことがあったチームとは思えません!
選手も監督もちがうのだからそんなこと言っても仕方ないのはわかっています。
でもファンはそれを覚えているんです。
そのチームのイメージがあるから、こんなに簡単に失点してしまうバレンシアをみると本当に心配になるのです。

これじゃ今シーズンもいくら点を獲っても勝ちきれないという試合が多くなりそうです。


1253738991082_fotosagencias_20090923_224822.jpg

モラタさんは
「自尊心はどこに行った?
 ビッグクラブのスピリットは?」
と書かれています。


最近私はやっぱりウナイはバレンシアの監督になるにはちょっと早かったかな、と思っています。

確かにゴールはたくさん決まるようになったけど、少しずつなにかを失っているような気がするのです。
今のバレンシアはリーガのなかの「その他大勢」の1チームになってしまっている。

「攻撃的になる=バレンシアらしさを失う」ということにはならないと思っています。
でも今のバレンシアには「バレンシアとしてプライド」が感じられない。
たとえ負けても感じられものが以前はあったのに。。。
何かチームの中に一本筋の通ったものが感じられないのです。
今の、いえ昨シーズンからのバレンシアを見ているとそんな風に感じます。


本当は試合のCRONICAとしてペドロ・レオンの活躍、セレスティーニの復活、マヌ、アドリアンのイキイキした動き、書きたいことはたくさんありました。
でも考えれば考えるほどバレンシアが心配なんです。

まだ開幕4試合目。
何をそんなに悲観的になっているのか?といわれそうですが、そうなってしまうほどこのヘタフェ戦は心配な試合でした。


それに。。。ダビが輝いていないことだけじゃなく、アレクシスも心配なんです。
だって全然成長していないから。
彼の能力の問題ではないと思います。

DF、守備的な選手は今のバレンシアにいてはダメかもしれませんねぇ。
アルビオルの移籍はバレンシアにとって痛いけど、アルビオル自身にとってはよかったかもしれません。




== Ficha Tecnica ==
Getafe: Ustari; Miguel Torres, "Cata" Díaz, Rafa, Mané; Casquero (Contra, min. 71), Celestini, Adrián; Pedro León (Pedro Ríos, min. 81), Gavilán (Albín, min. 88) y Manu.

Valencia: Moyá; Miguel (Bruno, min. 66), Maduro, Alexis, Mathieu; Banega, Marchena (Zigic, min.71); Joaquin (Pablo Hernández, min. 66), Silva, Mata; Villa.

Goles:
  0-1, min. 21: Villa remata a la red un centro de Joaquín.
  1-1, min 22: Manu del Moral, tras pase de Casquero.
  2-1, min 37: Manu del Moral remata de cabeza un córner.
  3-1, min. 68: Pedro León, de falta por la escuadra.

Árbitro:
  González Vázquez (Comité Gallego).
  Amonestó
   a Alexis, min. 40), a Maduro (min. 63), a Bruno (min. 84) y a Bánega (min. 90)
   a Celestini (min. 81) y Contra (min. 83)

Incidencias:
  Partido correspondiente a la cuarta jornada del campeonato nacional de Liga disputado en el Coliseum Alfonso Pérez ante cerca de 10.000 espectadores
スポンサーサイト

Comments

初コメントです。

はじめまして!
バレンシアを本格的に応援するようになって一年半くらいになりますが、いつも拝見させていただいています。

今回、Setsukoさんの
「アルビオルの移籍は、彼自身にとってはよかったのかもしれない」
という言葉に妙に納得してしまいました。

新シーズンが始まって4戦終えましたが、とにかく失点が多すぎる気がします。
もちろん、ウナイが監督になり、攻撃的なサッカーを目指す以上、失点を恐れないことも必要なのでしょうが・・・

ビージャ、シルバなど、攻撃陣はリーガでも屈指のレベルでしょう。しかし、いくら点が獲れるからといって失点が多いことから目を背けることはできないと思います。
CL出場を目指す以上、「堅守」もやはり必要になってくると思います。
失点するな、とは言いません。しかし、不要な失点を減らしたり、過去の失敗を少しずつ改善していくことはできるはずです。彼らはプロなのですから。

堅守速攻のかつてのバレンシアを思い出すと、やはり少し寂しいような気もしてしまいますね。
とはいえ、選手たちには頑張って目標を達成してもらいたいです!


えらそうに長々と失礼しました・・

ガビランの気迫、私も感じました。バレンシアとの試合ということで、特別なモチベーションがあったでしょうが、それ以上のものを感じました。バレンシアには(チーム全体として)欠けていましたね。

ファン暦の浅い私ですが、強固な守備をベースにして、サイドを使ったカウンター攻撃。そう1点を守れる力を持っていた頃のバレンシアのイメージを引きずっているので、少なくとも3点取らないと勝てないようなスタイルにはなかなか馴染めません。これだけ強力な前線のタレントがいるので攻撃重視になるのはわかりますし、地元ファンもそれを望んでいたのでしょうが(そしてウナイのスタイルでもありますし)、それでも守れないチームは結局厳しいんですよね。攻撃の部分は個人技やちょっとしたキッカケですぐ改善できるところもあるでしょうが、チーム全体としてのバランスや守備の面は時間もかかりますし、簡単ではないですよね。そもそも昨シーズンからずっと言われていることですし。

まだ序盤、まだ1敗目と言われそうですが、私も正直心配です。たくさん得点できた試合だけ勝てるようなチームであって欲しくないですし。ビージャだってピチチよりも、チームが良い状態で目標であるCL圏内をしっかり確保できる方が嬉しいと思います。選手達は決して気持ちのゆるんだ状態で試合に望んでいるわけではないはずですが、守備だけでなく、チームとしてやっぱり気迫が足りないとか気持ちの問題もあるのでしょうか!?

確かに今のこのバレンシアの状態では、ディフェンスの選手の成長は難しいのでしょうね。アレッシィも代表への道が遠ざかっていってるように感じます。まー今はチームのバランスがこんな状態ですから、代表選出どころではないかもしれませんが・・・。

私もネガティブ過ぎるコメントですいません。それでも応援してます。何だか似たもの同士的な雰囲気を感じるアトレティコとの週末の対戦で、どういった試合を見せてくれるかですね。得点は少なくても失点0に抑える試合が見たいです。せっかく素晴らしいGKがいるのですから。でもこの対戦ではありえないかな・・・。

やはりバレンシアはスペインのカテナチオでなきゃ・・・

試合を見てないので偉そうな事は言えませんが、速攻堅守!

スペインでこの言葉が一番似合うのはバレンシアでしょう。

なんかなぁ~って俺まで愚痴を・・・
失礼しました。

是が非でもこの試合を観戦したかったのですが、WOWOW様のいきな計らいで叶いませんでした(怒)。

>DF、守備的な選手は今のバレンシアにいてはダメかもしれませんねぇ。
アルビオルの移籍はバレンシアにとって痛いけど、アルビオル自身にとってはよかったかもしれません。

私もその様に思います。マドリーの試合は毎節欠かさず観ているのですが(二番目に好きなクラブです)、バレンシアに居た時とマドリーでのアルビオルは明らかに違う・成長している様に感じます。確かにアルビオルにとっては最善の移籍だったと言う事でしょうね。試合中の表情等は非常に生き生きとしています。まあ、結果も残し、素晴らしい選手・偉大な選手達に囲まれていたら自ずとそうなるのでしょうね!とにかくこれからのチョリには期待ですね!!!

私もSetsukoさんの意見に同感です。
ウナイは素晴らしい監督である事には間違い有りませんが、バレンシアの様なクラブで仕事をするには、まだまだ力量不足であると思います。
確かに、数年前のバレンシアは例え試合に負けても選手達は上を向いて、悲壮感は無かった事と思います。次節までの間に課題を修正して前節の過ちを犯さない、と言う様な事が傍から観ても感じられました。
交代枠やアレシーを横に持ってきたり、ELに対する戦い方や、監督の采配の意図が選手にも不安や疑いの目が有るように思います。勿論その様な事を口外する選手は居ませんが!?!?

とにかく、私もバレンシアが不安です。その中でダビ・ビセンテが気になります。唯一の救い・喜びは、今季移籍してきたモヤが試合に出ている事です!!!

やっぱウナイじゃ駄目だな、と思いました。

愚痴になるかもしれませんが、守備の面ではもちろん、攻撃も決してよくないですよね。開幕から4試合見て思ったのはビージャだけ別格だということ。彼はプレシーズン良くなかったですが、開幕からベストの状態にもていくのは流石。ゴラッソも決めてますし今シーズンは1試合1ゴールペースを期待してもいいくらいだと思います。ただマタ、パブロ、ホアキンはもっとやれると思いますし、シルバも個人的には全盛期のアイマールにはまだまだだと思います。それからジギッチ入れてもクロス上げないじゃ意味ないでしょ。ただミク、ミチェルも含めてまだまだ伸びしろはあるんで頑張って欲しいですね。

ディフェンスは言うまでもないでしょう。以前のバレンシアじゃないのは分かっていますが、中盤スカスカ。今の状態でマルチェナ>アルベルダなのは分かりますが、マルチェナだってカピタンのころのアルベルダとは比べ物にならないし、足元あるって言われてますけどそうでもないですよね。ポジショニングもアルベルダの方が上だし。それに彼らベテラン陣からモチベーションが感じられませんよね。サイドバックのポジショニングもひどいし。ほんとGKがかわいそうですよ。

長々と失礼しました。あと、バネガは大きな収穫です。ただウナイじゃ無理だと思ってます。
キケ・・・

>Cucoさん

ブログへのご訪問、コメント、ありがとうございます。

バレンシアのようにCL圏内を争うレベルのクラブで「攻撃的なサッカーを目指す=失点が多くなっても仕方ない」というのはありえないですよね。
おっしゃるように不要な失点があまりに多すぎます。本当に心配です。
バジャドリもヒホンもヘタフェも、相手がどんなチームでも決してひるまずに攻撃的に来るチーム。
彼ら相手に四苦八苦しているようでは、、、

でもまだ4節。少しずつでも改善していって欲しいです。

>Mikiさん

>それでも守れないチームは結局厳しいんですよね。攻撃の部分は個人技やちょっとしたキッカケですぐ改善できるところもあるでしょうが、チーム全体としてのバランスや守備の面は時間もかかりますし、簡単ではないですよね。そもそも昨シーズンからずっと言われていることですし。

やっぱり守りきるって事ができないときついですよね。
守備組織を作るのって簡単にはいかないかも知れません。でもまだ決断を下すには早いし、少しでも改善していって欲しいです。

そうですよね、ビージャだって自分のピチチより、チームが最後まで優勝争いしたり、CL圏内に入って終わるほうがチームへの貢献を感じられるでしょう。
彼はそういう選手ですものね。そんな選手がいるのになぁ。

アトレティコ戦は点の取り合いになるのでしょうか。一時期はゴールを決められてもそれ以上獲ればよい、という雰囲気だった地元マスコミも、さすがにこれでは、、、と思ってきているような感じですよね。
メスタージャのファンは今のチームをどう見ているんでしょうね。

>JoEさん

昔のバレンシアを知っているファンとしてはやっぱりイメージを引きずりますよね。
リーガの中で異色の存在だったからこそ、バルセロナやマドリーもバレンシアには一目置いていたように思うのですが。

>Raulさん

この試合はネットで見ましたが、途中途切れることもなくとてもきれいに見れました。
でも本当にWOWOWには怒!
次のアトレティコ戦も生放送しないとは!あきれてものがいえません。
いくら日本人選手がいたとしてもエスパニョール戦が最優先される今の放送形態はおかしいですよね。
リーガファンをバカにしています!
なんて、ここで愚痴っても仕方ないですね。ごめんなさい。

私もマドリー戦はチョコチョコ見ています。チョリ、いい表情してますよねぇ~。いい経験していますね。悔しいけどこれでぐっと成長することでしょう。
ぺぺが復帰したら二人で組むことになるのでしょうか。マドリーのDFの方がバレンシアより安定しているなんて。。。ちょっと悔しいなぁ。

> 交代枠やアレシーを横に持ってきたり、ELに対する戦い方や、監督の采配の意図が選手にも不安や疑いの目が有るように思います。勿論その様な事を口外する選手は居ませんが!?!?

そうですね。いくらなんでもELで10人交代はないですよね。
昨シーズンもそれをやって失敗しているのですけどね。(でもなんとかグループリーグは勝ち抜けましたけど)どうもウナイは成長が見られない。それが不安なんです。また昨シーズンと同じ結果になりそうで。

> とにかく、私もバレンシアが不安です。その中でダビ・ビセンテが気になります。唯一の救い・喜びは、今季移籍してきたモヤが試合に出ている事です!!!

私はダビはウナイでは輝きを取り戻すことは多分無理だと思っています。
私はダビがイキイキとプレーしているところがもっと見たい。だから移籍することも考えて欲しいと思っています。今のままで終わって欲しくないんです!
でも彼はバレンシアで引退することを選ぶかも知れませんね。

モジャが正GKとして使われていることは私もうれしいですよね。今のバレンシアではちょっとかわいそうかなという気もしますけど。もう少し守備面が改善しないと、ゴールを決められるシーンばかりになってしまいますもの。

>ダビドさん

> やっぱウナイじゃ駄目だな、と思いました。

多分、そう思った人が多いのでしょうね。地元紙でもかなり騒がれていますから。
この試合は攻撃面も良くなかったですね。バネガもそれまでの試合のように自由に動けなかったですし、マルチェナはヘタフェの選手たちの動きを止められず。
守備がゆるいというとDFやGKばかりに責任があるように思われますが、結局チーム全体なんですよね。今のサッカーでチームで連動した守備ができないチームは結局勝てません。今のバレンシアはそんな感じだと思っています。

そうそう、ジギッチいれてもクロスあげないのにはなぜ?って思いました。
もっとがんがん放りこんだっていいじゃん!って。
おっしゃるようにビージャはさすがですよね。私もプレシーズンは「やっぱり移籍騒動を引きずっているのかな」と心配でしたが、開幕してみればやっぱり彼はしっかりやってくれてますから。

> 長々と失礼しました。あと、バネガは大きな収穫です。ただウナイじゃ無理だと思ってます。
> キケ・・・

今のクラブの体制で彼にやらせてみたいですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1752-d506ea28

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。