スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liga BBVA La Jornada 5 : Valencia × Atlético de Madrid【CRONICA】 

Valencia 2 - Atlético de Madrid 2



1254007252195_ENC647~1


アディショナルタイムが4分。
こりゃあぶないなぁ~と思ったら。。。本当にやられました。
アディショナルタイムにマキシに決められ結局2-2の引き分け。
まるでヒホン戦のおさらいをしているようでした。

clasico27sep2009f.jpg


試合の内容は明日放送があるので詳しくかきません。

でも私は結果は妥当じゃないかと思います。
お互いゴールチャンスが山のようにあって、CKも数え切れないぐらい。
まったく中盤というものがない、スカスカな試合。
これをスペクタクルというのなら私はスペクタクルなんてものを期待しませんね。
本当にお互い似たもの同士。
すばらしい攻撃陣のタレントにひ弱なDF。
チームを引っ張るべきベテランがいなくて、アイデンティティなんてものは感じられない。
マルチェナもアントニオ・ロペスもなんだかカピタンとしての存在感がすごく薄い。
チームがふわふわしていて締める人がいない。
あ~あ。

1254007252195_ENC5CE~1

後半、残り10分ぐらいのときにバネガをマドゥロに代えた時、メスタージャがいっせいにブーイング。
「ウナイ、またかよ」というような表情のファンが画面に映ってました。
決してバネガを代えたこと、マドゥロがでてきたことが引き分けにつながったとは思わないのですけど、確かにファンの間にもヒホン戦のことが頭をよぎりましたね。


試合後はどんな雰囲気だったんでしょうね。
またメスタージャの雰囲気が悪くなってきているように思います。
でも今度は「守れないチーム」への憤りを感じている。

これで2勝1敗2引き分け。
しかもなんだかくらいトンネルの中に入ってしまったような気がします。
ミッドウィークのジェノア戦が怖い。。。


ビージャは6ゴール目!

d588216b89e8faf8a20b1ef0e6eeeb2a_extras_albumes_0.jpg

2点目のゴールはビージャ。
これで今シーズン6ゴール目。

今日のゴールはシルバのパスから。
オフサイドをとられないようにうまく飛び出したビージャらしいゴールでした。
その後もずいぶんとチャンスはあったのですが、ポストにあたったり、ロベルトにパラドンされたり。
今日は1ゴールだけで終わってしまいました。

今日の4ゴール、どれもとても美しいゴールでした。
パブロのゴールもゴール右の狭いところに技ありのゴールでしたし、
アトレティコの2ゴールもさすが!というゴールです。

試合後のウナイの記者会見

「今日のようなにプレーしていたら、これからの試合は引き分けるより勝利するだろう。
 ヘタフェでは我々は悪かった。
 でもスポルティング戦、アトレティコ戦は勝利に値する。
 しかし我々はメスタージャでの試合で4ポイントを落としてしまった。」
「バネガを代えたのは、そして選手の疲労もあってフレッシュな選手を入れることで、
 より後ろを堅くし、ディフェンスを強化するためだ」
「観客はあの交代のときと、最後のゴールのとき以外、チームと共にいた。
 最後、不満がのこったのは結果に失望したからだ。」
「今日の問題は3点目がとれなかったことだ。
 Porque asi jugamos en el alambre(なぜならそれは我々のプレーだから?)
 (彼のバレンシアの監督としての将来については)
 私は神経質にはなっていない。
 なぜなら今日、我々はネガティブなイメージよりポジティブなイメージを見せたからね」

意見は控えます。





== Ficha Tecnica ==
Valencia: Moyà, Bruno, Alexis, Dealbert, Mathieu, Marchena, Banega (Maduro, m.80), Pablo, Silva, Mata (Joaquín, m.83) y Villa.

Atlético de Madrid: Roberto, Valera (Juanito, m.41), Ujfalusi, Perea, Antonio López, Cléber Santana (Reyes, m.75), Assunçao, Jurado, Simao (Maxi, m.57), Agüero y Forlán.

Goles:
  0-1, m.7: Agüero.
  1-1, m.25: Pablo.
  2-1, m.27: Villa.
  2-2, m.92: Maxi.

Árbitro:
  Clos Gómez (colegio aragonés).
  Amonestó
    por el Valencia a Villa y Silva, y
    por el Atlético de Madrid, a Maxi.

Incidencias:
  partido disputado en el campo de Mestalla ante 45.000 espectadores.
  Terreno de juego en buenas condiciones.
  Ambos equipos saltaron al campo con una pancarta de apoyo a la candidatura de Madrid para la organización de los Juegos Olímpicos de 2016, que tendrá una subsede de vela en Valencia.
  Víctor Claver, jugador valenciano de la selección española de baloncesto campeona de Europa, hizo el saque de honor.





スポンサーサイト

Comments

明日早朝の放送を楽しみにしていましたが(激怒WOWOW)、観るのが心苦しいです。

Add Timeに失点ですか.....、は~。

相変わらずビリャ・攻撃陣はしっかりと得点を重ね、仕事をしていますね。問題は変らず守備ですね(守備だけではなく全体の問題です!!!)。前回・前々回の教訓を活かしているとは言えませんね!!!ウナイは頑固と言うより、周りが見えていない、視野の狭い人なのでしょうか?11人以外の選手以外はELやCopa要員でしかないのでしょうか?この起用法ですと選手の士気が下がるのは目に見えています。指揮官であるのなら、全ての選手に目を向けて行かなくてはなりません!!!

ベテラン選手を蔑ろにした付けを払う時がやって来た感があります。モーロしかりダビしかり。色々なバレンシアのカピタンを観ましたが、どうもしっくり来ません。統率力・威厳・クラブの伝統を踏まえてもダビが一番だったのではないでしょうか(異論が有る人は無視して下さい)。Setsukoさんがおっしゃいます様に私もマルチェナはカピタンには向かないと思います(異論が有る人は無視して下さい)。

それにしてもメスターリャの観客は自己中心的ですね(怒)。貴方達が求めたスペクタルなフットボールを実践し、守れないウナイにブーイング。あれ~、この状況はキケの幕末(?)に似ていますね。キケは結果を残し、守備を重視したフットボールを観客は罵声と白ハンカチで追い出した状況と(怒怒怒)。

やはりこれは長い暗闇の入り口なのでしょうか?!?!?

>Raulさん

生放送なしって、信じられないですよね。

攻撃陣も得点しているといっても今日はあのアトレティコのDFに体を張られ結局2点どまり。
3点目がとれなかったことも引き分けた一因だと思います。
今日はマタがあまりめだちませんでしたね。その分パブロがよかったでしょうか。
ディフェンスは。。。1試合平均2失点を覚悟のチームということですね。
ディフェンスもですけどやっぱりピボーテも含めて全く「守備」という感じがしないんですよね。
まぁ今日はお互いでしたけど。


> ベテラン選手を蔑ろにした付けを払う時がやって来た感があります。モーロしかりダビしかり。色々なバレンシアのカピタンを観ましたが、どうもしっくり来ません。統率力・威厳・クラブの伝統を踏まえてもダビが一番だったのではないでしょうか(異論が有る人は無視して下さい)。Setsukoさんがおっしゃいます様に私もマルチェナはカピタンには向かないと思います(異論が有る人は無視して下さい)。

マルチェナがカピタンに向くか向かないかは良くわかりませんが、今のチームでカピタンとしての存在感がなさ過ぎませんかね。ダビやサンティのあとだから余計そうおもってしまうのでしょうか。彼らと比べてしまうのはちょっとかわいそうかな。
試合の最後、苦しいときにチームを鼓舞するベテランが確かにいないんですよね。それをマルチェナがやるべきだと思うのですけど、今はそうなっていないというか、そう見えないんですよね。こういう時ってモジャよりセサルの方が良いかなぁとも思います。
ここはマルチェナ、ビージャのカピタネスに任せるのではなくダビやバラハ、それにセサルも加わってチームを締めて欲しいですね。

> それにしてもメスターリャの観客は自己中心的ですね(怒)。貴方達が求めたスペクタルなフットボールを実践し、守れないウナイにブーイング。あれ~、この状況はキケの幕末(?)に似ていますね。キケは結果を残し、守備を重視したフットボールを観客は罵声と白ハンカチで追い出した状況と(怒怒怒)。

まだあそこまではいってないと思います。
まぁスーペルのコメントなどは「出て行け!」というのが増えてますけど。
それでも「キケのときと同じことを繰り返してはいけない。我々は監督とチームを応援し続けないと」なんていうコメントもありますよ。
ウナイと選手の間がどうなっているかわかりませんが、クラブはしっかり監督をサポートしているようなのでウナイにしっかり立て直して欲しいですね。

お久しぶりです。最近は勝ちきれない試合が続きますね。守備陣がふんばりきれない感じ。


Setsukoさんがおっしゃっる「すばらしい攻撃陣のタレントにひ弱なDF。」

本当にその通りだと思います。




相手とのスペースを詰めきれないのもあるんでしょう。ここ数試合マークの甘さが失点に繋がってる感じです。ビホーテの二人もなんとも言えない位置取り・・・

後半疲れが見え始めた時にダビやバラハのようなプレーで周りを鼓舞できるような選手はやっぱり必要。

流れを変えるためにも勝って欲しいですね。

  • [2009/09/27 21:19]
  • URL |
  • ブーっ子
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

>ブーっ子さん

お久しぶりです!

>
> 相手とのスペースを詰めきれないのもあるんでしょう。ここ数試合マークの甘さが失点に繋がってる感じです。ビホーテの二人もなんとも言えない位置取り・・・
>

これはダビとかマルチェナとか人の問題ではないように思います。


> 後半疲れが見え始めた時にダビやバラハのようなプレーで周りを鼓舞できるような選手はやっぱり必要。

そうなんですよ。このアトレティコ戦でも選手たちが「ヒホン戦のようになるんじゃないか」と一瞬でもおもってしまったら負け。それをリーダになる選手が引き締める一言をかけるだけで違うんじゃないかとおもうのです。
ダビやバラハ、セサルに期待したいですね。

次のELジェノア戦は厳しい相手ですが是非勝って勢いを取り戻したいですね。

Setsukoさん、ほんとヒホン戦のおさらいのようでしたね。中盤スカスカ、まさに。少なくとも3点は取らないと勝てないチームになってますね、嫌ですね。点の取り合いがスペクタクルなゲームという見方もあるのでしょうが(こちらの方が多いのかな)、私にとっては失点多すぎという感じです。試合前にアトレティコの監督さんが似たようなチームの戦いと言ってましたが、結果もそんなふうになってしまいました。

そんな中で救いはビージャのゴール。やっぱり彼は別格ですね。ただ毎回こんな結果ではビージャもフラストレーションが溜まる一方でしょうね。

ベテランの力が必要。キャプテンシーの欠如、私も感じました。実はこの試合の前にマルセイユの試合を見ました。何だかこちらも最近失点が多くて、しかも今回の試合ではリーグで初の敗戦。この守備じゃ、次のマドリー戦、何点取られることかと心配になるできでした。そんな中で、モリエンテスが今シーズン公式戦で初先発、見方からの入れてください、というようなパスがあったとはいえ、初ゴールを決めました!フランスや地元紙では年齢のことも含め、かなり厳しい評価をされていたモーロですが、常に信頼してポジティブなコメントを残してくれ、フィジカルがまだまだな中、毎試合召集して、後半の10分ほどであっても毎試合プレー機会を与えてモチベーションアップに努めてくれたデシャンに感謝です!(決してウナイと比べるわけじゃないですけどね。本当に。)今シーズン、モーロがフィジカルを戻すのに非常に苦労しているのを見ながら、オフシーズンストップしていたこと以上に昨シーズン控えであまりプレーできなかったこと、メンタル的なものもあるのかなーと。

あとベテランといえば、アジャラさん。ヘタフェとの試合をざっと見ましたが(しかしヘタフェ、バレンシア船とはまるで別のチームのようで全く駄目でした)、ゴール前で頭から突っ込んでボールをクリアしたり、相手をにらみつけるようなあの闘志あふれるプレーに、今のバレンシアに欠けているものを見たような気がします。

ウナイのコメントを見ると、こういう事がわかってるのかなーと思ってしまいます。だからといって監督交代とか彼だけを非難する気はありませんが・・・。いろんな事から学んで気付いて欲しい、頑張って欲しいと思ってるんですけどね。せめて結果が出るだけでも雰囲気的にもよくなるのでしょうけど。昨シーズンのように、アウェィよりもホームでサポーターのブーイングを受ける方がプレッシャーになって悪循環を繰り返して、とならないようにクラブが、チームが、そしてメスタージャのファンも含めて、考えていってもらいたいと思います!!

こんばんは。
ただただ前がかりになっている今のサッカーにスペクタクルは感じません。攻撃もワンパターンですし。
エメリ監督が攻撃的サッカーを得意とするなら、それを実践するのがベストだと思います。
ただ守備的サッカーにカウンターという懐刀があるようにポゼッションでも最低限の守備を固めなければ勝てませんよね。

一流選手が揃っていても、おっしゃるようにアイデンティティを欠いた雑な戦術や選手起用、詰めの甘さが直らなければ一流の舞台で戦えないと思います。
勝利のメンタリティの欠如というのでしょうか。各国代表の面々を見ると、ポテンシャルはあるのに勿体ないなあと感じます。
カピタンについてのご意見にも同感です。

まあ、まだシーズン序盤ですし、早いうちに何とか嫌な流れを止めてほしいです。
エメリも反省し、改善してくれると信じて前向きに応援したいです。

>Mikiさん

モーロ、おめでとう!!!
マルセイユが負けたのは知っていました。(マドリーとの対戦を前にしているのでスペインメディアもつたえてましたから)でもモーロがゴールを決めたのは知りませんでした!
とにかく良かったですね。モーロのフィジカル状態がダビと同じ原因によるものとは思いませんが、多少2年間のフィジカルコーチの影響はあるかもしれません。若い選手はよいのですよね。ベテラン選手に対するケアをしっかりできるかどうか。選手を一日でも長くトップコンディションで使えるようにと考えたトレーニングができるかどうか、そういうこともフィジカルコーチとして一流か否かを決める要因なのではないでしょうか。
デシャンの配慮はうれしいですね。やっぱり選手として成功している監督はベテランの気持ちもよくわかるのではないでしょうか。
アジャラさん。。。WOWOWの放送で解説の方が「アジャラを連れてくることが特効薬」というような事をおっしゃってましたよね。なぜマルチェナじゃだめなんでしょうねぇ。マルチェナをCBに戻すと言うのも手だと思うのですが。DFリーダーにもなれない人がカピタンになれるわけないのですから。

ウナイは1-0、2-1での勝利より5-4で勝つことを望む人らしいです。これではバレンシアはアルメリアになってしまいますね。4点取られるチームなんて考えられません!
やっぱり彼はバレンシアのクラブとしてのフィロソフィーとはかけ離れているように思います。彼が考え方をもう少し柔軟にもってくれないと、バレンシアはヨーロッパの舞台で活躍するチームに戻ることは無理そうです(涙、涙、涙)

>いちさん

ウナイは1-0での勝利より5-4での勝利を望むとの記事がありました。ただいつも5点取れるわけではなく、1-0で逃げ切ることも出来なければ上位に行くことは難しいですよね。
おっしゃるように一流の舞台では戦えそうにありません。というか、ELがいいところ、というチームになってしまいそうです。

私は5-4で勝つことではなく5-0で勝つことを目指すのかと思っていました。5点取るには4点失点することも仕方ないと言うことはあり得ませんよね。
ウナイはとても頑固なようですが、今のままではダメだということはわかっていると思います。「しっかり守ることもできること」がバレンシアクラスのクラブになれば必要だと言うことを認識してくれると良いのですけどねぇ。

軽く流してください

はい、本当に守備意識を持ってほしいと思います。

…その上ですみません、些細なところで揚げ足とるようで申し訳ないのですが、5-4での勝利を目指すと言ったのは5-4か1-0かという極論での話であって、5-0を選択肢に入れたら流石のエメリ監督も5-0を目指すと答えるんじゃないでしょうか(^_^;)
元の記事を読んでないので理解が間違ってたらごめんなさい。

>いちさん

> …その上ですみません、些細なところで揚げ足とるようで申し訳ないのですが、5-4での勝利を目指すと言ったのは5-4か1-0かという極論での話であって、5-0を選択肢に入れたら流石のエメリ監督も5-0を目指すと答えるんじゃないでしょうか(^_^;)

そうですね、きっとそうであって欲しいと思います。
ただベニテスやキケなら5-4という選択肢自体が出てこなかったように思います。
つまり彼等にとってバレンシアが4点もとられるということはありえないことなんじゃないかなと。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1756-7e175a70

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。