スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビ、インタビュ:2009/9/27 Las Provincias(Luis Furió) 

おめでとう、ダビ!!!



熱出して、試合に招集もされていないダビにいったい何を祝福しているのかって?

ダビがパパになるんです!
今日のLas Provinciasのダビのインタビュ記事に載っていました。
来年の一月か二月に、はじめてのお子さんが生まれるのだそうです。
ビセンテ、アングロさん、それにアルビオルにまで先を越されましたけど、ダビもようやくパパです。

このインタビュはLuisさんが行ったもの。
Luisさんはダビをずっと見てきた方だから、きっと自分のことのようにうれしいのでしょうね。
この記事にはダビの写真ではなく、Luisさんの息子さん(画家です)が書いたダビの笑顔が一緒に掲載されているぐらいですから!

Me siento muy de pueblo y lo digo con orgullo

インタビュではほとんどバレンシアのことやサッカーのことに触れていません。
Luisさんはどんなお気持ちでこのインタビュをなさったんでしょうか。
今のバレンシアをどう見ていらっしゃるのか、そっちも気になってしまいました。


インタビュを簡単に訳しておきます。


- 私がLa Pobla Llargaで数時間過ごすとしたら、アルベルダはどんなガイドをしてくれる?

「La Pobla(ダビの生まれ育ったふるさとです。そして今でも住んでいます)はとても小さい村なんだ。
 たった4600人ほどの人口しかない。
 農地に囲まれた典型的なバレンシア地方の村だよ」

- アラブ時代の集落が残っている?

「ああ、そうだよ。あそこの週間は日曜日には家族や友達と牧場や、農場にいって、バレンシア地方のパエリアを作るんだ」

- 村で食べるとしたら何を勧めてくれる?

「僕は良くRobin Hoodに行く。 多分かなり高いけどおいしいボカディージョを頼めるよ。」

- La Pobla とバレンシアの間を行き来して暮らしているの?

「Si. 僕は100%村の人間だ。今もそこで生活しているし、家も持っている。
 それに僕の母はそのそばの小さな村の出身なんだ。 San Juan de 遵ッnovaって言うんだけど、たった500人しか住んでいないんだよ!」

- 誇りをもっているんだね

「僕は田舎の人間だと思っているし、そう誇りをもって言っている。
 そこの生活が大好きなんだ。
 街よりも静かだ。それに人々は飾り気がないし、さっぱりしているし、とても気さくだ。」

- 子供のころからサッカー選手になりたかった?

「Si. 父は僕たち自転車選手にしようとしたんだけど、兄と僕はずっとボールを離さなかった」


- 一月にはパパになるんだね。今年の4月とか5月とかってそんなに時間があったっけ?

(笑)僕たちは結婚して2年になるからね。家族が欲しいって思っていたんだ。
 La idea era que se quedara despu醇Ps del verano, para que no se le hiciera tan pesado.
 (ここがちょっと良くわかりません)
 一月の終わりか二月のはじめに生まれるだろう。」
 (時間はありましたよねぇ~ダビ。怪我して試合に出れなかったもの!!!私がバレンシアに行った5月の頭は!)

- ダビになるのかな?

「ああ、男の子だ。ダビという名前になるだろう。」
 (ちっちゃいダビ君になるのねぇ~ そういえばキケのところも長男はキケ君だったなぁ)
- 父親になることはすばらしいことだね。

「子供を持つということは大きな責任を伴うことだけど、それとともに大きな喜びもあるだろうね」

- 2年前君がチームから戦力外に去れていたいたときに送っていた生活と対照的だね

「まったくだ!でもあれは個人的な虐待だったんだ。バレンシアというクラブからのものではなかったからね」

- 人生で最悪のときだった?

「一生ずっとだ! あのようなことは2度とないだろう」

- あの時泣いたのが最後?

「いや。最後に泣いたのは、父親になると知らされたときだ」

- Juan Solerは君のFacebookに友人として現れた?

「答える必要のない質問もある」
 (やっぱりダビはFacebookをやっているのだろうか。。。)
- ビリヤードをやる?

「Si」

- Soler、Koeman、 Wollsteinとの試合だった?

「(質問をさえぎって)そりゃ負けるよ! 3対1じゃね。」

- 君の奥さんのVicenはジャーナリストだ。 インタビュをする前になにか君に助言をする?

「いや、でもそれを読んだあとから意[見をいうね。」

- 新型インフルエンザが怖い?

「妊娠している女性に対して色々言われているから心配している」
(ダビ、我が家にはすでに上陸したよ。。。たいしたことはなかったけど、確かに妊娠している女性には危険です)

- テレビは良く見る?

「昼間に少し、あと夜も少しみるかな」

- どの番組がすき?

「決まっていないよ。Fisica o quimicaのようなシリーズかな」

- リモコンを占有する?

「Si. サッカーをやっていれば。妻は僕にそれを見せてくれないから」

- テレビショッピングでなにか買ったことはある?

「一度もないよ」

- でもJess Extenderは知っているだろ?

「(笑)ああ、広告は見たことがある」
 (Jess Extenderはテレビショッピングで扱っている商品のようです。YouTubeで調べてみてください)

- 君の弱点はなに?

「副鼻腔炎(蓄膿症?)ですごく苦しんでいる」

- 毎日使うシャンプーは特に決まったものがある?

「Si. Deliplusって言うのを使っている。Mercadonaで買ったんだ」

- コロンは?

「カルバン・クラインのEscapeが好きだね」
(若いころ私はずっとカルバン・クラインを愛用していたのだけど。。。Escapeじゃなかった。。)
- 誰のためにCristal Roederer Jeroboamのボトルの栓を抜く?

「誰のためにも抜かない。 それは行きすぎ、浪費だよ。 もっとお得でおいしいシャンパンがあるさ」


私はコロンが大好き。
男の人でも絶対つけていて欲しいと思う方なんです。
Luisさん、ありがとう!
早速カルバン・クラインのエスケープをチェックしに行こう!


この後ちょっとバレンシアのことが出てきます。
二人の信頼関係が感じられるやり取りです。

ダビが初めてLuisさんにインタビュされてからどれくらいたつのでしょう。
長い間に何度もおこなったろうインタビュ、記者会見のことが二人お頭をよぎっていたのではないかな。
なんだかとってもしんみりしてしまいます。

 
どんなチームのロッカールームでも消火器をおいたほうが良い


意味は。。。まぁそういうことです。
消火器、メスタージャにあったかなぁ。


- 驚いているんじゃない?ここまでサッカーについての質問をしていないだよ

「いいや。もうそれについてはコメントしたからね」

- バレンシアのロッカールームにはもう消火器は置いてある?

「どんなチームのロッカールームでも消火器をおいたほうが良いね」

- 皮肉をこめていっている?それとも確信をもって?パテルナにはガソリンの匂いがするよね。

「いいや。今起こっていることはどのようにあるかラジオやテレビのたくさんの時間や新聞のページどのようにして埋めなければいけないということ。簡単じゃない」

- リーガはバルサとレアルが独占するのだろうか

「まぁ投資額からみてそれが普通だろう」

- それは期待はずれかな

「でもそれが現実だろう。バレンシアは6億ユーロの借金があり、マドリーは補強に3億ユーロを使うことができるということだ」

- 国中で400万人の失業者がいるというときにその投資額は不快に思う?

「お金を生み出すクラブ、企業と借金をするクラブ、企業の違いを知るべきだ」


パパになるダビが今シーズンにかける意気込みは本当はすごいものがあるはず。
それをもっとうまく使って欲しいです、ウナイに。

ダビの心意気、ダビのキャプテンシー、ダビのプライド。
チームがよくなるためにもっともっと利用できるものは使って欲しい。
彼のチーム、クラブを思う気持ちはウナイの想像を遥に超えているでしょう。
その彼の思いをチームをまとめ、前に進むために使ってください。
ダビはそんな役割を喜んで引き受けるでしょう。

2年前、あんな思いをしてもクラブに残った彼なのですからね。


ダビの涙



albelda201207_ES_20090927214956.jpg

そして笑顔

80832743_20090927214955.jpg

やっぱりダビの笑顔は最高ですね。
二度と彼の表情が曇ることがないようにと願っていたのですけど。
スポンサーサイト

Comments

いやはや、これは大変めでたいですね、ダビも父親になるのですね!!!
関係ないのですが、奥さんのVicenさんと言う名前は珍しいですね、私は始めて聞きました。男で言うVicenteなのでしょうが、珍しい名前ですね。

もう結婚して2年になるのですか、その当時バレンシアに居て、ダビが結婚式を挙げた教会の近くの学校にいたのですが、全く知りませんで、黙々と学校で勉強しておりました(笑)。後日発売のAmuntでダビの結婚を知りました。

>Raulさん

Vicenさんという名前は私も聞いたことがありませんでした。Vicenteの女性名?
でもとても美しい方ですよ。

> もう結婚して2年になるのですか、その当時バレンシアに居て、ダビが結婚式を挙げた教会の近くの学校にいたのですが、全く知りませんで、黙々と学校で勉強しておりました(笑)。後日発売のAmuntでダビの結婚を知りました。

まぁ~!!!うらやましい。私も是非、バレンシアでスペイン語を学んでみたいと思っているんですが、いつになることやら。。。それにこんなおばさんを受けて入れくれるかどうか。。。

もし私がそのときバレンシアにいたら。。。きっと早朝からカテドラルの前で彼らの到着をいまかいまかと待っていたことでしょう。
一週間違いぐらいでアングロさんもカテドラルで結婚式を挙げたんですよ!
そのときの様子はこちらからごらんになってみてください。
アングロさんの結婚式の様子
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/blog-date-200706.html
ダビの結婚式の様子
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/blog-entry-1759.html

Setsukoさん、最近あまりLas ProvinciasでのダビのインタビューはやっぱりLuisさんじゃなくっちゃ。一番自然なダビの声を伝えてくださることができる方ですし。このダビの絵、良い表情を捉えてますね。息子さんの展覧会にもダビは奥様と見に行ってましたよね。家族ぐるみの友人ですね。

ダビもついにパパですか!おめでとう!!パドリーのはビセンテでしょうか(笑)。最近のバレンシアの選手のお子さんでは珍しい男の子。きっとパパとママに似たハンサム君になるのでしょうね。男の子の名前ってやっぱりパパと一緒のケースが多いですね。モーロのところもフェルナンド君ですし。

Setsukoさん、ご家族がインフルにかかられたんですか?大変でしたでしょう。大丈夫でしたか?サッカー選手でも、チームによっては全員に予防注射を考えているところもあるみたいですね。

サッカー以外のこともたっぷり、ダビの素顔が垣間見えるインタビューでしたね。さすがLuisさん。こんな素晴らしいベテラン選手がいるのだから、もっと上手く使えばいいのに、ウナイは本当にもったいないことをしているなと思います!ここまでクラブを、チームを愛してくれている選手はめったにいませんよ!

両雄の結婚式の情報有難う御座います。懐かしい通りです。
本当に当時の彼等の笑顔は素敵ですね。これから5ヵ月後に起こる事が信じられないほど素敵ですよね!!!

あっ!そうでしたね、アングロさんもダビと同じ教会で結婚式を挙げたんでしたね、しかも一週間違いで!!!本当に私は運が悪いですね、御二方の結婚式を見る事も出来ず、今思えば本当に残念です(泣)。

子供を活力にして、ダビの第二次全盛期を期待したいですね。
やはり、ダビに対する批評を仰られる方々もダビに期待しているからこその言動だと思います。特別マルチェナが良い訳では無いとの事ですし、ただダビの出来がイマイチ良くないだけで、両者の全盛期を比べたら、ダビの方が遥かに良いとの事ですので、ダビが復調すればエメリも考え直すと思います。ただ今の現状はマルチェナ+バネガが第一選択だそうで。これからもダビを応援して行きましょう!!!子供って良いですよね~、男の子って事はVicenさんに似るのでしょうか?

>私も是非、バレンシアでスペイン語を学んでみたいと思っているんですが、いつになることやら。。。それにこんなおばさんを受けて入れくれるかどうか。。。

そんな事ないですよ!学ぶ事に年齢は関係有りませんよ、私は素晴らしい事だと思いますよ。ましてやバレンシアでの勉強となれば自ずと力が湧き出てくると思いますよ!!!
私が学んだ学校は日本では知られていませんが(検索でも出てこないと思います)、Directoraには大親友の日本人の方がいますのでとても親日的で、魅力溢れる講師陣がおられますよ。場所もノルド駅を出て右手の闘牛所の横にありますから立地条件も良いと思います、尚且つ授業料も他校に比べても安いです!!!!!
私はその場に居た訳ではないのですが、以前バレンシアに所属していたポルトガル人のカネイラ(?)の奥さんが学校でスペイン語を勉強していて、その計らいでバレンシアの選手達と食事をしたそうですよ、本当に羨ましいです!!!!!!
http://www.hispania-valencia.com/

>Mikiさん

Luisさんがこのインタビュを今の時期に行ったのはなぜだろうと考えていました。いつものインタビュとは雰囲気がちがいますよね。ダビはこんなヤツということをファンにもっと知って欲しいという気持ちからでしょうか。。。

> ダビもついにパパですか!おめでとう!!パドリーのはビセンテでしょうか(笑)。最近のバレンシアの選手のお子さんでは珍しい男の子。きっとパパとママに似たハンサム君になるのでしょうね。男の子の名前ってやっぱりパパと一緒のケースが多いですね。モーロのところもフェルナンド君ですし。

そうなんですよね、男の子は最近珍しいですよね。アングロさん、モレッティは男の子でしたけど、あとはみんな女の子ですものね。モーロのところは3人女の子でしょう?
ダビににてもすごくハンサムだとおもいますけど、やっぱり男の子はママに似るのかしら。
そう言えばシルバのところは長男のシルバじゃなく次男のナンド君がパパの名前を継いでいるんですよね。シルバの「David」はおじいちゃんの名前かしら、なんて考えてしまいました。

ウナイが彼のモチベーションをうまく利用してくれれば良いと思うのですけどね。でもベテラン選手をうまく使えない上に守備的な選手もあまり重要視していないようなので、難しいかもしれませんね。

> Setsukoさん、ご家族がインフルにかかられたんですか?大変でしたでしょう。大丈夫でしたか?サッカー選手でも、チームによっては全員に予防注射を考えているところもあるみたいですね。

はは、そうなんですよ。一番感染しやすい年頃が一人いますから。学園祭でうつされたみたいです。本人が高熱が出て苦しかったのは2日ぐらい。あとは薬をのんで休んでいればよいので楽なんですが、こちらは感染しないようにマスクやら手洗いやらうがいやら大変でした。

>Raulさん

写真だけですが、ダビ、アングロさんの結婚式はとてもステキでした。カテドラルでの結婚式は厳かな雰囲気でよいですね。

子供が親に与えてくれるモチベーションはすごいものです。おっしゃるようにダビが再び全盛期を迎えてくれると良いですよね!それ以前にウナイが考えを変えてくれないとダメかもしれませんけど。

バレンシアの学校のご紹介ありがとうございます。今もいちおう勉強はしているんですが、やはりバレンシアで、となるとそれこそモチベーションが違いますよね(笑)。是非いつか行ってみたいです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1757-32c2c47d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。