スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Europa League Group : Valencia × Génova【CONVOCATRIA】  

遅くなりました。一回書いた記事がオペミスですべて消えてしまいました。
泣きたい。。。

バラハ、間に合わず



10月1日現地時間21時5分試合開始のELグループリーグ第2節、バレンシア×ジェノアに望むメンバが発表されました。

Porteros: César y Moyà
Defensas: Bruno, Navarro, Dealbert, Maduro, Miguel y Mathieu
Centrocampistas: Albelda, Pablo, Joaquín, Ever, Míchel, Mata y Silva.
Delanteros: Miku, Zigic y Villa.



マルチェナがいません。
怪我でもないのにこの状況でカピタンを招集しないとは!
マルチェナはどう思うでしょう。
私なら。。。監督からの信頼を疑ってしまいそうです。

アレッシィもいません。彼はお休みでしょうか。
このところミスが目立つので気になります。
まぁ外から見てみると自分のチームの問題点がより鮮明にわかったりしますからね。
今日は観客席からバレンシアの問題点を観察してください。
あ!問題があるようでは困るのか。。。

1254309259030_ENB711~1.JPG

シルバ、、、その髭はいったいなぜ?

スーペルの予想だと、先発はこんな感じ。
GK:César
DF:Miguel, Dealbert, Navarro, Mathieu
MF:Joaquín, Albelda, Banega, Mata
FW:Silva, Zigic

MARCAでも「Cara a Cara」にサパテルとともに取り上げられています。
「エメリは彼にチャンスを与えるだろう。」
「ジェノア戦はリーダーになるだろう」
「デリケートな状況において、彼の経験を活かすだろう」

こんな時ばかり頼りにされても。。。なんて思ってしまいますが、
ダビとセサルが締めるしかありません!
ダビ、頼んだよ!

ジェノアの招集メンバは
Porteros: 32 Amelia, 1 Russo, 73 Scarpi.
Defensas: 26 Bocchetti, 16 Esposito, 41 Grea, 24 Moretti, 15 Sokratis, 40 Tomovic.
Centrocampistas: 5 Kharja, 20 Mesto, 77 Milanetto, 23 Modesto, 14 Sculli, 21 Zapater.
Delanteros: 9 Crespo, 11 El Shaarawy, 30 Figueroa, 33 Floccari, 8 Palacio, 10 Palladino.


もちろんモレッティもサパテルも入っています!

記者会見はモレッティ&サパテル

1254334132375_EN8C70~1

試合前日の記者会見はもちろんモレッティだろうと思っていましたが、サパテルも登場!
二人そろっての会見でした。
ということは、スペイン語だったのかな?

モレッティ
「夏にバレンシアを去ってからまだ少ししか時間がたっていない。
 だから多分、この試合は僕にとって特別な試合になるだろう」
「偶然にも僕が前にいたクラブとの試合になった。
 僕はファンが僕を普通に迎えてくれると思っている。
 なぜならここにいた5年間、とても幸運だったし、ファンとの関係もよかった。
 だからきっと僕の帰還はよいものになると思う」
「バレンシアの強さはわかっている。
 だからこの試合はジェノアにとってとても難しいものになるだろう。
 しかも彼等は素晴らしいホームで戦うのだから」


サパテル
「僕のチームメイトは僕にバレンシアについて何も質問する必要なんてないよ。
 だってみんなバレンシアがどんなチームで、どんな選手がいるか知っているからね。
 きっとバレンシアはリーガでも上の方に行くと思うよ」
「僕は今イタリアで幸せだけど、スペインですごすと充電出来るんだ。
 なぜなら家族が会いに来てくれるし、僕に会うのを楽しみにしていてくれる人が大勢いるからね。」

サパテルはビージャがサラゴサに居た頃からの友人です。そのビージャに対して
「彼にはいつも感謝している。僕がサラゴサでデビュしてからずっと僕の側に居てくれたから」
う~ん、ビージャらしい~
プリメーラにデビュしたての年下の選手への心遣いを忘れないなんて!


バレンシアはビージャ

1254312994366_ENVIOF3.jpg

こちらはもちろんビージャ。
そのサパテルに対しては、
「サパテルを迎えることに満足している。
 サラゴサでの厳しい数シーズンの後、彼は今とてもうまくいっている。
 彼とよく話すけど、彼は満足しているよ。
 でも明日はあまりうまくいかないといいけどね。
 でもその後は彼に幸運があればいいと思っている。彼はそれに値するから」

試合に対しては
「バレンシアとジェノアはCLに出ているチームに勝つことができるチームだ。
 しかし彼等は勝ち残り、僕らはできなかった。
 僕らはイタリアとスペインで抜きん出ている。
 この試合はほとんどCLの試合だよ」
「リール戦で引き分けた後だから、ホームで勝つことはとても重要だ。
 彼等は僕らの前にいるしね。勝って彼等の上にいかないと。」
「一歩ずつ進まなければならない。
 バレンシアはその歴史、その誇りにおいて戦うすべての大会で勝利を目指さなければならない。 今はジェノアに勝つ事、そしてグループリーグを突破することだ。
 その後見えてくるだろう」


この試合はモレッティが戻ってくると言う意味で特別な試合。
決して派手なプレーをするわけじゃなかったし、攻撃参加がうまい訳でもなかった。
でも今シーズン、彼がいてくれたら、と思うことが多いのは事実。
右のミゲル、左のモレッティ。
二人でバランスがとれていたのだな、と改めて感じています。

ブルーノとマテューがそんなコンビになるにはまだまだ時間がたっぷりかかりそうです。
 


スポンサーサイト

Comments

ビージャがコメントするけど、先発予想はジギッチやミクー・・・

この試合は誰がキャプテンマークつけるんだろうなぁ 

なんておもったりしてます

はじめて書かせて頂きます

いつも楽しく読ませてもらってます。
モレッティが早くもメスタージャで見れるなんて嬉しいですよね。
ただやっぱり彼にバレンシアでずっと居て欲しかったです。
人柄もプレイも素晴らしかったですから。
あとモレッティの攻撃参加は凄くうまかったですよ。
上がって来るタイミングはリーガでもトップクラスだったと私は思います。(リーガではやたら上がってくるサイドバックが評価されてしまいますが)
バレンシアの左サイドの攻撃の厚みは彼がいたからというのも大きかったと思います。

単独突破など派手さはありませんでしたが、タイミングの良さ、攻撃の絡みなど玄人好みの選手だと思いますよ。

  • [2009/10/02 10:03]
  • URL |
  • ペリペリコ
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

>C-mildさん

> ビージャがコメントするけど、先発予想はジギッチやミクー・・・

ほんとうですね。
でもホーム初戦だし、一応バレンシアの顔ですから仕方ないのかな。

> この試合は誰がキャプテンマークつけるんだろうなぁ 
> なんておもったりしてます

ダビ・ナバーロなんですよねぇ。。。マルチェナもビージャもいないと。
まだ彼にはそれだけの力量はないと思うのですけど。

>ペリペリコさん

> いつも楽しく読ませてもらってます。

ありがとうございます。

モレッティのこと、私もそう思います!
でもおっしゃるようにリーガではとにかくガンガン上がる選手の方が評価されがちかもしれません。まぁ闇雲に上がっていてもだめでしょうけれど。
私はやっぱりバランスなんだな、と思っています。左右のバランス、前とのバランス。
そういう感覚が彼にはあったんじゃないでしょうかね。

ジェノアでカピタンのブラサレットをつけてプレーしているモレッティ、とても頼もしく見えました。本当に良い選手を手放してしまいましたよね。。。まぁ彼にとってもそろそろイタリアへ戻りたいという時期だったのかも知れませんが。是非ジェノアでの活躍が認められて、代表入り出来るとよいですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1764-92c79fb4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。