スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liga BBVA La Jornada 9 : Athletic × Atlético【CRONICA】 

Athletic 1 - Atlético 0



829cf0f2e57d9388f3ca2800fa1133c2_extras_albumes_0.jpg

やはり相手がプリメーラのクラブともなると簡単には勝てませんね、
まぁ前節9人相手のチームにも引き分けだったチーム。
そう簡単に変わることはできないでしょう。
特にDF。あれはひどい。
立て直すにはかなりの時間がかかりそうです。
でも火曜日にはCLチェルシー戦、そして次の週末にはマドリーダービーがあります。
あ、チョリ、マドリーダービーでキケと対戦できないじゃない!(チョリは今日の試合で一発レッド。退場してしまいました)

もうCLのグループリーグ突破なんて出来そうにもないのだから、こちらはもう捨てて、とにかくチームの建て直しに時間をかけたいですが、この試合はビセンテカルデロンでの試合。
きっとウルトラがまた大騒ぎするのでしょうね。。。
いっそ若手主体で望んでみるとかしたらどうでしょうね。そっちの方がまともな試合ができるかも?


Forlan_Simao_Kun_Maxi_tienen.jpg
試合前の会見の様子です。ちょっとやせすぎかなぁ。。。

1257032058_extras_noticia_foton_5_0.jpg
小さいですが、ビルバオのカパロス監督と。


2時からのヘタフェ戦はネットの接続が悪くほとんど見ることができませんでした。
いつの間にやらソファーで爆睡。気がついたら5時半。
アトレティコ戦も難しいかと心配していたのですが、こちらは大丈夫でした。ほぼ完璧。
でも睡魔に勝てずところどころ記憶がありませんが。。。

前半のアトレティコはいつもどおりのアトレティコ。
この試合をみれば彼らに何が足りないかすぐにわかります。
「intensidad」です。

訳すのが難しい言葉だな、と以前から思っていました。
「強さ」「激しさ」そんな感じでしょうか。
(この前携帯サイトで一郎さんがこの言葉を取り上げていました。)


本当にひどかったです。
とにかく走らない。ボールを追わない。
ボールを持っている選手を2,3人で囲んでもボールを奪えない。
その逆で相手に簡単にボールを奪われる。
相手選手からプレッシャをうけているわけではないのにパスミスを繰り返す。
DFはクリアボールを相手選手の前に落とす。
たまにカウンターで攻めあがっても回りのサポートがなくて結局ダメ。

そんなことを繰り返しているアトレティコに怒り爆発!
これじゃレシノ監督も大変だっただろうと同情する反面、いったいキャンプから何をやってきたんだ?
とも思いました。

ビルバオの先制ゴールはそんなアトレティコの最大の弱点、セットプレーからのもの。
前半19分、コーナーキックから「フリーで駆け込んだハビ・マルティネス」にヘッドで決められました。

それでも目が覚めないアトレティコに半分あきれていました
特に元カピタンと現カピタン!
しっかりしてください!あなたたちにかかっているといっても過言ではないのですよ、今後のアトレティコは!

1257096003_g_0.jpg

あまりにひどかった前半に
「これはキケがどうやって選手たちを鼓舞するか見もの」
と楽しみにしていました。

すると本当に前半とは違ったアトレティコが見られたじゃないですか!
やればできる?

ただチャンスを作ってシュートを放ってもそれが枠に飛ばなければゴールになりません。
彼らのシュートがゴールマウスの枠にあたること3回。
それ以外にも惜しいシュートが数々ありました。
攻撃の形もサイドバックと両サイドの選手の絡み方がスムーズになって、フォルランやアグエロがくわわり、面白いものが見れました。

でも私は、このチームにはフラードが必要だと思います。
両サイドにマキシとシモンをおきたい気持ちはわかりますが、アグエロとフォルランを使うなら、サイドのどちらかを削るか、ボランチを変えるかして、フラードを入れて欲しいです。
61分にフラドがはいってからの方がチームは良かったように思いますから。
個人的にシモンは好きなので、マキシをはずして欲しいですけど、彼の決定力は捨てがたいですからねぇ。悩ましいところです。

後半のチームにはキケも手ごたえを感じたようで、試合後のコメントでこんなふうに言ってます。

「この試合は普通の状況なら、負けるべき試合ではない。
 我々は後半とてもよかった。
 選手たちが勝ちたいという気持ちを持ってそれを態度で示してくれた。 
 コントロールできない試合だったが、でもポジティブなものを感じ獲ることができた。
 こんな状況でも選手たちのグループはすばらしい。
 トンネルの最後が見えてきたよ」


たしかに後半はよかった。
でも結局負けてしまった。
前半のあのミスがなければ引き分けで終わったか、もしかしたら勝てたかもしれないのに。

今後もキケの厳しいトレーニングが続くと思います。
選手たちも自覚をもってチームをよくするようにキケとともに励んでもらいたいものです。




Athletic Club: Iraizoz; Iraola, Ustaritz, Amorebieta, Koikili; Susaeta (David López, min.72), Orbaiz (Íñigo Pérez, min.66), Javi Martínez, De Marcos; Toquero (Gabilondo, min.42) y Llorente.

Atlético de Madrid: Asenjo; Ujfalusi, Pablo, Juanito, Antonio López; Maxi (Jurado, min.61), Raúl García, Assunçao, Simao (Reyes, min.83); Agüero y Forlán.

Goles: 1-0, min.19: Javi Martínez.

Árbitro: Ramírez Domínguez (Colegio Andaluz). Mostró tarjeta amarilla al local Javi Martínez y a los visitantes Assunçao, Antonio López.

Incidencias: Cerca del lleno en San Mamés. Unos 39.000 espectadores. Noche agradable y terreno de juego algo irregular. Novena jornada de liga


 
スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、ヘタフェ戦の前半を見て、繋がらないネットに苦しみながらラジオとテキストでマルセイユの試合を追って、それに疲れたのかその後うっかり寝過ごして、この試合を見逃した根性無しの私でした。

サン・マメスで0-1の敗戦。頑張ったのかな、と思っていましたが、そんな展開だったんですね。キケも後半は良かったと言っているように光明が見えたのならいいのですが。

これからCLチェルシー戦、リーガR・マドリー戦と厳しい日程&戦いが続きますが、最初から駄目だと思っていたら結果も付いてこないので、しっかり戦って欲しいですよね。

>Mikiさん

あのヘタフェ戦のネット状態もひどかったですね。どうにかならないかなぁ。。。せっかくおきていたのにあれではねぇ。

アトレティコ戦の前半は見ていてアトレティコファンの怒りが理解できました。
全く選手から激しさが伝わってこないんです。スピードが全くないし。確かに今シーズン開幕前からいろいろごたごたがあって選手たちのモチベーションもあがらなかったのは理解できますが、だからってプロとしてやるべきことをやらずに人のせいにばかりしているのはあまりにファンに対して失礼です。

そんななかフォルランだけは違いましたね。
彼からは強い意志が感じられました。やっぱり彼は良い選手なのですね。

今シーズンのアトレティコは、いくらキケでも難しいだろうと思っていますが、彼がやると決めたのだから応援していこうと思います。
選手たちがもっとポジティブな気持ちをもってくれるとよいのですけどね。

あ、そういえば、この試合の少し後から始まったポルトガルリーグ首位決戦、ブラガ×ベンフィカはウーゴ・ビアナ大活躍でブラガが2-0で勝ちました!今絶好調のベンフィカ攻撃陣をシャットアウトしたブラガの守備陣はすごいですが、とにかくウーゴです!
先制ゴールはウーゴのFKが直接ゴールマウスにはいってのもの。すごいですよ~今はチームを牽引する大黒柱です!本当にがんばっています!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1813-0814d3b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。