スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

El Partido Amistoso de la Seleccion española:España × Argentina【CRONICA】 

España 2 - Argentina 1



1258229765_extras_albumes_0.jpg

試合、見ました。
スペインサッカー100周年記念の試合。
カピタン、イケルの代表100試合目になる試合。
しかも相手はアルゼンチン。リーガでおなじみの選手もたくさん!
やっぱり我慢できませんでした。

まぁ、昨日の試験があまりにひどい出来で、すでにあきらめの境地、というのもあるんですけどね。
しかも今日の会話の試験、私の試験は午後。
かなりモチベーションが低下状態。
でも最後までがんばってきます。何があるかわからないですものね。


でもみて正解の試合でした。
とても「親善試合」とは思えない激しい勝負で、本当に見ごたえありました。

1258230398_extras_albumes_0.jpg

試合開始から一気に眠気を覚ましてくれたスペインの怒涛の攻撃。
イニエスタ、カプデビラ、ビージャ、チャビ、それにシルバも加わって織り成すパスワーク。
アルゼンチンはファールじゃなければ止められませんでした。
特にイニエスタ。するするとあの屈強なアルゼンチン人選手の間を泳ぐようにドリブルしていってしまうのですからすばらしい。
先制点の場面もそうでしたが、前半30分ぐらいのシルバとイニエスタのワンツーもすごかった!

前半26分ぐらいに観客席から沸き起こったイニエスタコール。
もうマドリディスタだの、バレンシアニスタ、クレだのは超越した存在になってますね。
というか、今のスペイン代表全体がそうなんだと思います。
あのユーロの以来、観客席も一つになっていますからね。


前半は完璧にスペインペース。
アルゼンチンディフェンスを切り切り舞いさせ、ほとんどチャンスらしいチャンスは与えませんでした。
前半が終わって引き上げるときのアルゼンチン選手たちの顔つきがスペインのすごさを如実に現していたように思います。
あれだけやられると選手の疲労感は相当なものだと思います。

とはいってもあのディ・マリアに抜けられたシーンはヒヤッとしましたが。
ディ・マリア、懐かしかったです。
ちらちらベンフィカ情報はチェックしているとはいえ、プレーしているところを見るのは久しぶり。
切れ味にさらに磨きがかかってますね。(シュート精度はまだまだかな)
これはマドリーやらチェルシーやらがほっておかないかも。
ベンフィカにとっては手放したくない選手なんですけどねぇ。。。

スペインDFが前がかりになったときにサイドバックの裏を取られるというのは、以前からの問題。
アルゼンチンのような強豪相手では命取りになります。
気をつけないと。
でもスペインには最後の砦「聖イケル」がいるから大丈夫?


1258229406_extras_albumes_0.jpg
後半はスペインがちょっとペースを落としたのと、選手を入れ替えたのもあってアルゼンチンが盛り返しました。
でも本当にファールが多くてハラハラしました。
そこまでやらなくても、、、と思うようなプレーもあり、ある意味「さすがアルゼンチン」と思わせてくれました。

ビージャ、シルバ、イニエスタ。かなりやられてましたね。
彼らはファールじゃなければ止められないのかも知れませんけど。

ビージャは試合後
「アルゼンチンの選手たちが一人も退場にならなかったなんておかしいよ!」
と思わず言ってしまいました。
「ちょっと粗い試合だったよ。
 でも審判はそれらを許すか許さないかを決めなければいけないんだ。
 アルゼンチンが11人で試合を終えたのがおかしいよ。」
「もしこれが公式試合なら違ったと思うよ。
 あんなことは許されないだろうし、誰かは退場になっていただろう。
 でも彼らは目的を達成して、後半、僕らは止められてしまった。」

と振り返っています。
(でもだからといってあまりこっちがカッカしちゃいけないのよ、ビージャ君!)

 
 
そんな後半のスペインの楽しみは選手交代。
プジョールに代わってはいったアルビオルはファールを獲られてPKを献上してしまい残念でした。(でも前半のビージャへのファールや、イニエスタへのファールを獲らなかったのに!と審判に怒りを感じたのは私だけじゃないですよね)。

チャビに代わってはいったセスク、ビージャ&イニエスタと交代したマタ&ヘスス・ナバス。
それにシルバに代わったネグレド。
誰が入ってもチームとしてしっかり機能してしまう今のスペインのすごさを感じました。

マタ&ヘスス・ナバスはアップ中に示し合わせたわけじゃないと思いますが、早速二人でエリア内で息のあったプレーを見せてくれました。
さらにナバスはネグレドへのピンポイントのクロスもあり、楽しそうにプレーできて安心しました。
(彼が代表に合流以来、セルっちとネグレドが一時もナバスを一人にすることなく、一緒にいるそうです。なんかセルっちはそれを楽しんでいるような感じもあるんですけどね。)

93056661.jpg

試合の後半になって、こんなすばしこい選手たちが入っていてアルゼンチンDFは大変だったと思います。
PKを獲得したシーンもそんなところから。

そして落ち着いて決めたシャビアロンソ。
最後にイケルがレイナと交代した後、ゲームカピタンを勤めた彼。

100周年記念の試合に2ゴール。
カピタンまで勤め、結果的にですが、今日の試合、なんだかシャビ・アロンソが一番目立っていたのかも~?


おめでとう、イケル!

1258238343_0.jpg

Casillas, centenario con la Selección
代表100試合達成、といっても28歳の彼にとってはまだ通過点。
これからもこのチームをまとめて、更なる高みに引っ張っていってください。




España: Casillas (Reina, m.88); Sergio Ramos, Puyol (Raúl Albiol, m.46), Piqué, Capdevila; Busquets, Xabi Alonso, Xavi (Cesc, m.61), Iniesta (Navas, m.82), Silva (Negredo, m.65); y Villa (Mata, m.82).

Argentina: Sergio Romero; Coloccini, Demichelis, Heinze, Ansaldi; Maxi Rodríguez (Lavezzi, m.83), Mascherano, Gago (Cambiasso, m.74), Di María; Higuaín (Tevez, m.58) y Messi (Perotti, m.83).

Goles: 1-0, m.15: Xabi Alonso. 1-1, m.60: Messi de penalti. 2-1, m.85: Xabi Alonso de penalti.

Árbitro: Allan Kelly (IRL). Amonestó a Busquets (25) por España, y a Heinze (28), Coloccini (30), Ansaldi (41), Gago (61), Tévez (64) y Demichelis (81) por Argentina.

Incidencias: encuentro conmemorativo del centenario de la RFEF, celebrado en el estadio Vicente Calderón, lleno, con 54.000 espectadores en las gradas. Se guardo un minuto de silencio en memoria del portero alemán Robert Enke

ちょっと気になったこと



今回、アルゼンチン代表にはパブロ・アイマールが入っていました。
とっても楽しみにしていたのですが、試合には出場せず。

でも久しぶりのビセンテ・カルデロン。
シルバやビージャと再会したかな。
なんてことが気になってしまいました。


しかし、アルゼンチンの写真は監督さんばかりですね。
92957728.jpg
スポンサーサイト

Comments

今頃試験に向かっていらっしゃるでしょうか。
どうぞ、いい結果がでますように!

見ごたえのある試合でしたね。昨日早めに寝て備えたかいのある試合でした。
アイマールが出場しなかったのは残念でしたが、すっかり楽しみました。
ヘスース。出場しましたね!ネグレドでのクロスはどんぴしゃ!今後もがんばってほしいです。

Setsukoさん、本当に親善試合とは思えない見ごたえのある試合でしたよね。私も気楽に見始めたのですが、いつの間にか集中していてあっという間の90分でした。

ほんとイニエスタはイニエスタです!(言葉になってないですね(汗))
イニエスタコールが起こるのがわかるぐらいに素晴らしかったです。そしてシルバもよく動いてチャンスを作ってました。シャビ・アロンソの先制点も彼のシュートからですし。カプテビラは本当にもう最高!ユーロでは選ばれてませんでしたが、W杯ではベスト11とかに選ばれて欲しいものです!

マタとへスス・ナバスのコンビネーション、普段から一緒にやってるようなスムーズな感じでしたね。今のスペイン代表、本当に誰が入っても良いプレーができるような感じです。へスス、よく絡んでアピールしてました。普段はセルッチとネグレドのどちらかがいつも一緒みたいですが、部屋は皆と同じ1人部屋。もう本当に大丈夫そうですね。彼が入ったことでまたまたW杯に向けたメンバー争いが激しくなりそうです。

イケルの100試合、早かったですね。でも彼はそれに値するプレーを披露してくれています。これからも、まだまだ記録を伸ばしていってくれるでしょうね。

アルゼンチンでは、ディ・マリアが見せてましたね。あとマキシも。後半はさすがにアルゼンチンというプレーを見られてよかったのではないでしょうか。アイマールは残念でした。交代で出てくるんじゃないかと思っていたので。シルバやビージャとのピッチでの再会は、(当たればですが)W杯本大会までお預けですね。

すいません、またトピズレですが、Superにタトゥーの話と写真が載ってましたね。ダビってあのビセンさんとの2人のイニシャルのもの以外に、自分の名前の漢字のものも入れてたんですね。彼もビセンテも、パブロやアレッシィに比べればかわいいものなんでしょうが。

今日は本当に白熱した楽しい試合を見せてもらいました!大満足の一日です
選手達は親善試合なんてどこへ行ったか?激しいぶつかり合いで苛立ってましたね・・・
エインセはレアルを去る時に何か問題を残して行ったのか?って思うほどいきなりラモスとやりやってました。。。

スペイン代表って誰が出ても結果を出せて凄すぎますね
パブロやマタがイニエスタとかぶるのが残念で、一緒にプレーしているのを見てみたいと思ってます。

それにしてもイニとシルバは名コンビになってます!ビジャ、イニ、シルバ、チャビは絶対はずせない選手だと思いました

ヘスス・ナバスは何気に気になる存在だったのですが、代表に選ばれてうれしいです。そして彼をフォローしてくれる選手達にも感謝!!
彼自身も気持ち良くプレー出来たので本当に良かったと思います。



>あつみさん

> 今頃試験に向かっていらっしゃるでしょうか。
> どうぞ、いい結果がでますように!

ありがとうございます。
今日はなんとか乗り越えました。
まぁすべてがまんべんなく点がとれていないと合格しないので難しいとは思いますが、やることはやったと言う感じです。

> 見ごたえのある試合でしたね。昨日早めに寝て備えたかいのある試合でした。
> アイマールが出場しなかったのは残念でしたが、すっかり楽しみました。
> ヘスース。出場しましたね!ネグレドでのクロスはどんぴしゃ!今後もがんばってほしいです。

パブロ、残念でしたね。
私もみたかった。ついこの11月3日に30歳になったパブロ。
今シーズンはベンフィカで輝いていますね。

>Mikiさん

Re: タイトルなし
本当にすごくおもしろかったです。
後半、アルゼンチンはプライドをかけてつぶしに来ていましたよね。
あの前半の流れのままいったらスペインがあと3点ぐらいとれたと思ったのにさすがでした。
ただそこまでアルゼンチンが真剣にならないと今のスペインには親善試合といっても勝てない、相手にならないと言うことなのでしょうね。
スペインは真剣は真剣だったと思いますが、協会100周年ということもあってどこかお祭り気分がありました。それでも試合開始からあのプレー。
本当に今、彼等の試合を見ているのが楽しくて仕方がありません。

カプデビラさんは無理せず、でも機を見て上がるあの絶妙なバランスはさすがですよね。
セルっちとのバランスもしっかり見ているんですよね。
あそこが穴、とか言われますが、まだまだカプデビラは行けますよね!

ヘスス・ナバスは彼の能力の高さをしっかりアピールできましたね。マタとのコンビはいい感じでした。
セルっちとヘススの右サイドなんていうのも今後楽しめそうですね。

> アルゼンチンでは、ディ・マリアが見せてましたね。あとマキシも。後半はさすがにアルゼンチンというプレーを見られてよかったのではないでしょうか。アイマールは残念でした。交代で出てくるんじゃないかと思っていたので。シルバやビージャとのピッチでの再会は、(当たればですが)W杯本大会までお預けですね。

マクシは結構よかったでしょう?
国王杯の試合で4ゴール決めてかなり気をよくしていたのもあるでしょうね。後半、アルビオルからボールを奪ったあのプレーは先週のマドリーダービーでアトレティコのペレアがイグアインにやられたプレーのお返しでしたね。
アルビオル、ちょっと油断しちゃったかな。


> すいません、またトピズレですが、Superにタトゥーの話と写真が載ってましたね。ダビってあのビセンさんとの2人のイニシャルのもの以外に、自分の名前の漢字のものも入れてたんですね。彼もビセンテも、パブロやアレッシィに比べればかわいいものなんでしょうが。

あ、見ました。
若気の至りってことにしてあげましょうね。ビセンテも、ダビも。
やっぱりタトゥは入れない方がいいですよ。
パブロ、最近のバレンシアの若手にしては珍しいですね。あ、ダビ・ナバーロもすごいのいれてますよね。。。カンテラの子達にはシルバやガビラン、アルビオルをお手本にして欲しいなぁ。
やっぱり好きになれません。

>イニさん

> エインセはレアルを去る時に何か問題を残して行ったのか?って思うほどいきなりラモスとやりやってました。。。

いきなりセルっちがエインセにご挨拶したときは、本当になにかったのか?とおもいましたよね。

> それにしてもイニとシルバは名コンビになってます!ビジャ、イニ、シルバ、チャビは絶対はずせない選手だと思いました

シルバとイニエスタのコンビは完成されてますね。チャビもビージャもかかせませんが、セスク、マタやパブロ、ヘススがはいってメンバが変わってもうまくいっちゃうんですよね。あ、カソルラもいますよね。
デル・ボスケさん頭痛いですねぇ。。。

今のスペイン代表って、若い世代から培って来たものの集大成をみせているような気がします。多少年代が違ってもやってきたサッカーのスタイルが同じだから、フル代表でやることになってもすぐに順応できる。
彼等は若い世代での経験を確実にフル代表で活かしているのではないかな。
すごくうらやましい環境ですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1829-6afd1773

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。