スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cañizares es el mejor portero de la historia:【EL MILLOR ONZE DE LA HISTÓRIA 】 

歴代最高GKはカニサレス



copa24dic2009.jpg
↑の写真何度みたことでしょうか。
01-02シーズン、バレンシアが久しぶりにリーガで優勝したとき、当時カピタンだったサンティがカップを高々と掲げたこの瞬間。
Valencianismo喜びの瞬間でした。


バレンシア歴代最高GKはカニサレス

やっぱりサンティでした。
バレンシアのクラブ史上最高のGKにはサンティーこと、サンティアゴ・カニサレスが選ばれました。

バレンシアが今、ファンの投票によって選んでいる「バレンシア史上のベスト11」。
ポジションごとに順番に携帯のSMSで投票がおこなわれています。

そしてまず最初に選ばれたのがゴールーキーパーのサンティでした。
Ignacio Eizaguirre、Andoni Zubizarreta、現在のGKコーチJosé Manuel Otxotorena、José Manuel Sempere、
Ángel Abelardo、Enrique Martín "Quique"、José Manuel Pesudo、José Luis Fernández Manzanedoなどを抑えての受賞です。


サンティは
「バレンシアのようなクラブの歴史になれたことをとても誇りに思う。
 そしてこの場を借りて皆さんにクリスマスの喜びと、新年のご挨拶を送りたい。」
と言っています。


もっと見たかった

73892043.jpg
こんな風にゴールマウスの前から大きな声をはりあげていましたよね。


07-08シーズン、彼の最後のシーズンはバレンシアにとって異常なシーズンでした。

そのシーズン終了後、バレンシアとの契約を解除し、そのまま現役引退となってしまったサンティ。
確かに最後の試合をメスタージャでむかえ、ファンの温かい拍手とともに彼はメスタージャを去りました。
でも、彼がバレンシアでやってきたこと、残してくれたものに比べてあまりにひどい、悲しい最後でした。

あのことさえなければサンティはあと2~3年、バレンシアのゴールマウスをまもり、そして彼に功績にふさわしい引退を迎えられたはずなのです。


でも今回のこの受賞で私は思ったのです。
もしかしたらこれはクラブとファンからのサンティへの思いの表れなのかなと。
「ごめんなさい、そしてありがとう」という彼への謝意と感謝。
なんて考えてしまいました。

71982798.jpg


ファンの投票で選ばれた「バレンシア史上最高のGK」という称号。
サンティにとっては何よりのクリスマスプレゼントになったのではないでしょうか。

本当にありがとうサンティ!

今はラジオとテレビで解説者として大活躍のサンティ。
これからは現役時代とは違う面で私たちを楽しませてください。




バレンシアのベスト11の投票はまだまだ続きます。
今は右サイドバックと左サイドバックの投票が行われています。
右サイドバックの候補にはキケの名前が!
そして左サイドバックの候補にはカルボーニが。
二人の名前を並べて書く、なんてこともあり?なんですね。

右サイドバックの候補:
Suñer, Tirapu, ‘Tatono’, Piquer, Sol, Carrete, Quique, Otero, Mendieta, Angloma, Curro Torres
左サイドバックの候補
Vidagany, Mestre, ‘ Antón’, Cerveró, Botubot, Revert, Giner, ‘Nando’, Leonardo, Fabio Aurelio, Carboni
(なんでモレッティがはいっていないのかしら!!!怒怒怒)

集めてみました。
サンティの思い出の写真です。

悔しかったCL決勝



2シーズン続けてCL決勝で敗れたバレンシア。

1043870.jpg

バイエルンにPK戦で負けたあと、サンティは泣き崩れてたちあがれなくなってしまいました。
サンティを力づけているのはカーンですね。

52712950.jpg


アルビオルに手をだすな!

CLインテル戦で。
イブラヒモビッチがアルビオルに体当たりしたことに怒り爆発だったサンティ。
すっ飛んできてこの剣幕でした。

73508690.jpg


そのアルビオルと。

56331293.jpg

ビージャとも一緒。

56833083.jpg


Animo Vicente!

これはビセンテがCLブレーメン戦で足首を怪我して、その後手術をすることになった時のもの。

52188476.jpg


モーロ、ラウールと

スペイン代表としても活躍したサンティ。
モーロとのこんなショットもありました。

50951038.jpg


そして。。。最愛のご家族と

これは03-04シーズン優勝のときの写真。
二人のお子さんを連れての登場でした。
50822213.jpg
スポンサーサイト

Comments

やっぱりサンティでしたね。ファンからのごめんなさいとありがとう、Setsukoさんのおっしゃるとおり、きっとそうなのでしょうね。

解説者としては既に活躍してますよね。彼は向いてますよね。これからも頑張って欲しいです!

>Mikiさん

私たちはバレンシアのGK=サンティですものね、彼意外に考えられませんでした。
でももっと前からバレンシアを応援している方たちもサンティの絶大な存在感、リーダーシップは認めていたのでしょうね。
日本でもアイマールとともにバレンシアの顔でした。
今後はメディアでの活躍を応援しましょう。
でもいつか現場に戻って欲しい気もします。

なんでかわかりませんが、この記事を読んでいたら涙が出てきました。
あれだけバレンシアに貢献してくれたサンティを、みんなが心から満足できる形で送ることのできなかった悲しさが思い出されます。

>あつみさん

サンティの最後、アングロさんの最後、とても切ないものでしたよね。
でもこのような形で彼に感謝を示せたことは良かったと思います。

Setsukoさん
あけましておめでとうございます。

すっかりとご無沙汰をしてしまっているので、覚えていらっしゃらないかもしれませんね。。。ソレールとクーマンによってもたらされたあの悪夢のような期間、その痛みや辛さを分かり合えたSetsukoさんの存在には本当に助けられたものです。ありがとうございました。
サンティがValenciaのクラブ史上最高のGKに選ばれたというニュースを見た時は本当に嬉しかったです。私にとってValenciaのGKはやっぱりサンティです。Valenciaの試合を見始めたのも、彼がいたからですしね。そのサンティの最後の試合をメスタージャで見られたのは、本当に大事な思い出です。最後の試合を終えてピッチを去る姿を見つめていたのは昨日の事のような、もっとずっとずっと昔の事のような。。。
サンティの引退は、私にとってはValenciaの一つの時代の終わりでした。以前とはどこか気持ちが違います。それでもやっぱり一番大事なクラブである事には変わりありません。今は色々とあって試合を見る機会があまりありませんが、ちょこちょこと情報はチェックしてます。なので相変わらず、Setsukoさんのブログにはお世話になっております。今年も色々な情報を教えてください。

>achakoさん!!!!!

お久しぶりです!
コメントがいただけてとてもうれしいです。

覚えていないなんて!もうサンティの記事を見るたび、いえ、サンティの声をcadenaserの放送で聞くたび、achakoさんのことを思い出していますよ~。私にとってはサンティ=achakoさんぐらい強く結びついているんですから!

私にとっても今のバレンシアはあのときのバレンシアとは別物です。「キケのバレンシア」が本当に大好きだったのだといまさらのように思います。今は「ダビがいるバレンシア」を応援している感じかな。ダビの笑顔だけを追いかけてます。

お仕事もお忙しいと思いますが、また遊びに来てくださいね。
お待ちしています!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1893-5cd044c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。