スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビ、インタビュ:2009/12/23 SuperDeporte【PART1】 

だいぶ遅くなってしまいましたがダビのインタビュ記事を少しずつ訳そうと思います。

しかし日ごろサボっているつけは大きいですね。
一日の大半を外で過ごしているため、家の中の汚れに気がつかなかったのですが、あらためて見てみるとまぁ汚いこと!
休みに入ってから家の片づけやら掃除やらをして久しぶりに「主婦」をしました。
そしてどっと疲れてます。。。だらしないですねぇ。

傷跡も痛々しく



あの写真は載せません。後から差し替えられたもう一つの方を。
2009-12-24_IMG_2009-12-24_11-17-42_enviof~3


このインタビュが行われたのは2009年年内最後のデポルティーボ戦が行われた翌日。
その3日前に行われたELジェノア戦で頬に傷を負っていたうえに、前日ラコルーニャからバレンシアに戻ったのは明け方3時。
それにもかかわらずパテルナでのインタビュに応じたダビはやはり疲労感を隠せなかったようです。

スーペルのインタビュの書き出しはこんな感じです。
「パテルナに現れたとき、ボクサーのようだった。
 フードつきのジャケット、黒のショートブーツ、頬には戦いの跡をしめす血腫があった。
 彼の表情はリアソールでの戦いと、明け方3時の帰還による疲労を見せていた。
 ダビ・アルベルダは彼のバカンスの最初の日をスーペルのために当ててくれた。
 インタビュはパテルナのロッカールームの一つで行われた。
 はっきり言うとそれはカンテラの選手が普段使っているところだった。
 ”僕はここで過ごしたんだ。パテルナのすべての選手がそうだよ”と彼は思い出していた。
 そしてPobla Llarga出身の選手は、バレンシアの現在とリーガ、国王杯、ELと無傷の状態で迎える来年を分析をした。」



- 今シーズンのバランスをどう見ていますか?
「そうだね、やらなければならないこと、やるべきことのバランスはポジティブでなければならない。
 我々はほぼ新しいメンバーのDF陣でシーズンを開始した。ナバーロはレンタルか帰ってきた。
 ミゲルとアレクシスをのぞいたデアルベール、ブルーノ、マテューは新メンバーだ。
 DFはよくなっているよ。結果に現れているよね。
 僕らは国王杯、EL、それにリーガで生き残っている。」

- リーガではまだバルセロナとレアル・マドリーを考えられますか?それともデポルティーボでしょうか?
「我々は毎試合のことを考えるべきだ。短期間の目標を立てるべきだ。
 それが方法なんだよ。
 我々はよい傾向にある。でもバルセロナやレアル・マドリーの数字は記録的、というのも本当だ。
 我々の考えは毎試合毎試合を戦っていくことだ。」

- バレンシアはそのほかのチームを見るべきですか?
「バレンシアは出きる限りの最高のことをやっていると思う。とても良い状態だ。
 2週間前我々はレアル・マドリーと戦った。しかし試合の最後にセットプレーで負けてしまった。とても残念なことだ。
 一歩ずつ進んでいけば我々が到達するところがどこか見えてくるはずだよ。」

- "到達するところ"は持久力によりますか?
「まだ何ヶ月も戦いが残っているし、我々は3つの大会がある。
 それは我々の義務だ。しかしそれは大きな消耗を伴う。
 すべての選手が高いレベルを見せることが必要だ。君の言う"fondo de armario"が鍵になるだろうね。」

- ラコルーニャの試合では不在の選手を感じましたか?
「我々は少し迫力に欠けていた。とはいってもチームはとてもよくやったと思うよ。選手は皆献身的だったし。
 似たもの同士の戦いだったね。」


とりあえず今日はここまでにしておきます。 
 
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1897-2b42fb78

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。