スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Europa League : Garatasalay × Atl醇Ptico de Madrid【CRONICA】  

Galatasaray 1 - Atlético de Madrid 2




試合の様子はこちらから




1267133212_0.jpg

アトレティコ、何とか勝ちました。
とにかくゴールを決めて勝つことが必要だったので逆にいろいろ考えなかったのがよかったのかも。


アトレティコは1月からずっと週2試合ペースが続いているので、選手たちもかなり疲れているのです。
あの層の薄い選手でキケもいろいろと工夫を凝らしながらやっています。

この試合ではアグエロが先発、フォルランはベンチでスタート。
代わりにフラードが入りました。
DFはドミンゲスが怪我なのでCBはウィファルシ&ペレア。右サイドバックはバレラでした。
もちろん右にレジェス、左にSimonに変わりはありません。


試合は

試合は日本時間で3時からだったのでネット観戦しませんでした。
後からCRONICAを見ると前半は慎重な入り方をしたようです。
前半で一番の出来事はアグエロの怪我。
前半途中に相手DFのServetに顔を蹴られてしまいました。
この怪我でアグエロは大事をとってフォルランと交代。
幸い怪我は腫れがひどかったもののたいしたことはなく、日曜日の試合は大丈夫そうです。


後半はまず63分にアトレティコがSimonのゴラッソで先制。
アントニオロペスのスローインをフラードが頭で落とし、それをうまく拾ったSimonがきれいに決めました。

しかしその3分後、ファーストレグにもゴールを決められたケイタに今度は頭で決められました。
このシーンを見るとまだまだアトレティコのDFゆるいですねぇ。
もちろんマークが甘かったのもありますが、簡単に左サイドの選手に正確なクロスを上げられてしまってます。
今日は右サイドがウィファルシではなかったこともあったとは思いますが。

その後、アトレティコはレジェスへのPKが見逃され、ガラタサライはアトレティコDF,ペレアのエリア内のハンドが見逃され、両チームともPKをもらうことが出来ず。
このまま引分け、延長かという雰囲気になっていたところ。。。

ホームの雰囲気もあったのでしょうか。
この審判の判定にテンションがあがってしまったのはガラタサライCaner Erkin。
ベレアへの悪質なファールで2枚続けてイエローをもらい鯛場になってしまいました。

その退場が81分。
そしてそして。。。
決勝ゴールは今やアトレティコのホットライン?となりつつあるレジェス→フォルラン!
このレジェスのパスがすばらしい!
彼も本当に代表に入っても良いぐらいのレベルを取り戻していますね。


実は私はこのゴールからチェックしていました。
突然4時45分ぐらい?にピッと目が覚めてしまい、携帯でスコアを確認すると1-1。
5時5分からバレンシア戦もあることだし、とがんばって起きてMARCAでチェックしたところ。。。
アトレティコに2点目が入ったじゃないですか!

時間を確認するとなんと89分!
本当ににぎりぎりの決勝ゴールでしたね。汗


次は3月11日と18日。
相手はスポルティング・リスボン。
ファーストレグがカルデロン、セカンドレグはリスボンです。

そういえば、、、レジェスはベンフィカにいたときスポルティングとのダービーでゴールを決めました。
ゴラッソでした。
またあんなゴール、決めてくれるといいな!



余談ですが

試合前日、キケがラルゲロに出演しました。
そのとき、この冬にアルゼンチンから来たサルビオについて話をしていました。
キケ曰く
「なんとなくバレンシアに来たばかりのビセンテに似ている」
のだそう。
これは。。。キケ好みってことかな。
もう少しチャンスをあげられると良いのですが、きっとプレッシャがかからないように大事に育てていくのでしょう。


1267130525086.jpg




Galatasaray: Leo Franco; Ugur Uçar, Neill, Servet Çetin, Hakan Balta; Mehmet Topal; Keita, Mustafa Sarp (Giovani Dos Santos m. 91), Elano (Ayhan Akman, m. 49), Caner Erkin; Arda Turan.

At. Madrid: Asenjo; Juan Valera, Luis Perea, Ujfalusi, Antonio López; Paulo Assunçao; Reyes (Eduardo Salvio, m. 91), Raúl García, Simao; Jurado (Camacho, m.94); Agüero (Forlán m. 42).

Goles: 0-1: m. 63, Simao. 1-1: m. 66, Keita. 1-2: m. 89, Forlán.

Árbitro: Gianluca Rocchi (ITA) amonestó con cartulina amarilla a Mehmet Topal (m.58), Arda Turan (m.60) y Ugur Uçar (m.68) del Galatasaray. Expulsó a Caner Erkin del Galatasary por doble amonestación (m.80 y 81).

Incidencias: Partido correspondiente al encuentro de vuelta de la eliminatoria de dieciseisavos de final de la Liga Europa de la UEFA disputado en el estadio Ali Sami Yen de Estambul ante unos 22.000 espectadores
スポンサーサイト

Comments

アトレティコ、後半最後での劇的な勝利ですね。もしあのフォルランのゴールがなかったら、バレンシアのように延長までいってたでしょうから。

この時間、実はマルセイユの試合をずっと見てたのですが、この試合も気になってたまにテキストでチェックしてました。アグエロ、ハーフタイムを待たずに交代になってたので、絶対ケガだろうと思って気になってました。大丈夫なようで安心しました。(バレンシア的には、彼がいない方が楽でしょうが。)

El CrackのフォルランもEl Dandyのレジェスも、そしてシマオ・サブローさん(そう聞こえますよねー(笑))も良い感じで活躍してくれていて、頼もしいですね。あっシマオさんはスポルティングに在籍していたらしいですね。必要とされなくなって移籍した、とか言ってましたが、revanchaのチャンス?

UEFA.comにSimaoとフォルランのQ&Aインタビューの動画がありました。映画で自分を演じて欲しい俳優は?という質問に、二人とも照れ笑いしながら、Simaoは「メル・ギブソン」、フォルランは「ブラッド・ピット」と答えてました。好きな俳優を言ってるだけでしょ!(笑)とか思っちゃいました。

>Mikiさん

マルセイユも勝ってよかったです!
アイマールのいるベンフィカや、ラファのリバプールも勝ちましたが、ラニエリのローマは残念でした。
ただリーガのチームという目でみると2チームしか勝ち残れずちょっと残念かな。
是非CLの方では3チームとも勝ち残ってほしいですね。

アグエロはちょっと口の中を切ったようですがそれほどたいしたことなかったようでよかったです。
アグエロがいても大丈夫でしょう、バレンシアは。

お互い守備に不安があるのでもしかしたら打ち合いになるかもしれませんね。
たぶんバレンシアはバレラが守る右サイドの方を責めてくると思うのでキケがそこをどうするかが気になります。

シマオさんはベンフィカにもいたんですよ~
どうもポルトガルはライバルチームにいた選手でも結構平気ですね。
ベンフィカにいたときにバレンシアへの移籍の話もでましたよね~

> UEFA.comにSimaoとフォルランのQ&Aインタビューの動画がありました。映画で自分を演じて欲しい俳優は?という質問に、二人とも照れ笑いしながら、Simaoは「メル・ギブソン」、フォルランは「ブラッド・ピット」と答えてました。好きな俳優を言ってるだけでしょ!(笑)とか思っちゃいました。

あらら、そんなインタビュがあったのですね。
私、フォルランの声がどうしてもイメージ合わなくて。
すごく南米を感じさせる抑揚のある話し方は大好きなのですが、声がどうも。。。
勝手にイメージ膨らましているこっちが悪いのですけれど(笑)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1983-66a1425e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。