スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liga BBVA La Jornada24 :Atlético de Madrid × Valencia【CRONICA】 

Atlético 4 - Valencia 1



97177397.jpg

2月28日、現地時間21時、日本時間3月1日朝5時からビセンテ・カルデロンで行われたアトレティコ×バレンシアの試合は4-1でアトレティコが勝ちました。

今日の試合は審判が主役。
詳しくはこちらの記事を。
アトレティコ、ホームでバレンシア撃破


試合を見ていて一番感じたのは「ピッチ内にいない人」の存在。
バレンシアは試合開始から中盤がバランスを崩し、アトレティコを抑えられなかった。
ああ、やっぱりダビの存在は大きいなぁと思ったのは私だけじゃないはず。
(たしかWOWOWの解説者?アナウンサー?も言っていたような)
相手の2歩先を読む彼のインテリジェンスがないとバレンシアの中盤はこんなにももろいんですね。

確かにDFに人がいなかったこと、マルチェナが退場してしまったこともあったとは思います。
でもバネガとフェルナンデスは全然いいところなし。
バネガは気合が空回りしているのか危険なタックルが多かったし、フェルナンデスは途中からどこかに消えてしまってました。
せめてフェルナンデスじゃなくバラハだったらもう少し違っていたかもしれません。
そういう意味ではウナイにも敗戦の責任あり、ですね。



そしてアトレティコ側では。もちろん「あの人」です。
後半ベンチでエミリオ・アルバレスGKコーチが携帯を片手に持っているシーンが何度かうつりました。
どこかで試合をみているキケから指令が飛んできていたのでしょうね。

私はテレビを見ながら
「どこにいるのかな。観客席にいるならテレビに映らないかな。」
なんて考えながら見ていました。
エミリオやエスクリバーをじっくり見るのもそれはそれで楽しかったですけど。

後からAS紙でキケがビセンテ・カルデロンのロッカールームでモニターを通して試合を見ていたとわかりました)

試合後、ラルゲロに出演したキケはとてもうれしそうでした。

この試合の勝利だけではなく、前節の1-0で負けたアルメリア戦を含めてもこのところのチームの流れはとてもポジティブなもの。
バルサに勝ち、トルコでのきつい試合に勝ってEL勝ちあがりを決め、そしてバレンシアにも勝った。
チームは少しずつ上向いてきている証拠だと思います。


1267277866_0.jpg

キケ記者会見より:
- ロッカールームから試合を見るのはどんな感じでしたか?
「とても苦しかった。しかし信頼していたからね。
 我々はとても堅実で堂々とした試合をした。
 すべてにおいて勝利に向かう気持ちが感じられた」

- イスタンブールでの勝利を経て、このバレンシア戦はチームが正常に機能し始めたように思いますが
「バレンシア戦は我々にとても必要だった正確さを保っていた。
 我々はチームのサッカー、気力、そして結果を取り戻しつつある。
 我々は良い流れになってきている」

- バレンシアとの試合のアトレティコは、最高アトレティコですか?
「とてもよいバージョンのチームで、良いプレーをして、ペナルティエリアからの距離も保つことが出来た。
 私はチームを祝福したい。なぜならこの2ヶ月で17試合も戦ったんだから」

- このチームのフィジカルの消耗に影響されましたか?
「フィジカルとメンタルは結びついている。
 試合の疲れは心理面によって軽くなる。
 さらにフラード、バレラ、アセンホ、ラウール・ガルシアなどの選手が回復してきた。更にサルビオも用意が出来ている。」

- レジェスは最高の状態ですか?
「ホセはものすごい勢いであふれ出ているね。
 止まらないよ。
 しかしクン、フォルラン、Simaoもとても良くやっているよ」




今節は24節。リーガは全部で38節。
あと14試合も残っています。
バレンシアは3位は安泰?と思っていましたがこの試合を見ているとやっぱりアウェで勝てなくなっている。
この流れを止めないとまた昨シーズンのようにずるずると行ってしまうかも。

アトレティコは少しでも順位を上げてせめてEL圏内にはいって欲しい。
まぁ彼らの場合、国王杯決勝進出を決めているのでELにはほぼ100%出場できると思うのですけどね。




4 - Atlético de Madrid: De Gea; Valera, Perea, Ujfalusi, Antonio López; Reyes, Tiago, Assuncao (Raúl García, m. 86), Simao (Salvio, m. 88); Forlán y ''Kun'' Agüero (Jurado, m. 79).

1 - Valencia: César; Miguel, Marchena, Dealbert, Alexis; Banega,Fernandes; Joaquín (Pablo Hernández, m. 57), Silva, Mata (Maduro, m. 33); y Villa (Domínguez, m. 70).

Goles: 0-1, m. 20: Silva, tras caracolear en el área. 1-1, m. 29:Forlán, de penalti. 2-1, m. 77: Agüero, de cabeza tras una falta de Simao. 3-1, m. 85: Forlán pica el balón por encima de la salida de César. 4-1, m. 92: Jurado, con un disparo colocado.

Árbitro: Pérez Burrull (C. Cántabro). Expulsó con roja directa a Marchena (m. 27) y Miguel (m. 82), ambos del Valencia. Amonestó al local Antonio López (m. 45) y Salvio (m. 90) y a los visitantes Alexis (m. 42), Banega (m. 54) y Fernandes (m. 84).

Incidencias: partido correspondiente a la vigésimo cuarta jornada de Liga en Primera División, disputado en el estadio Vicente Calderón ante unos 52.000 espectadores

ブラサレットは、シルバ!



マルチェナが退場、ビージャが交代。
いったい誰がカピタン?
もしかして、もしかして?セサル?
いやいや、シルバでした!

97178539.jpg


アルビオルの訪問

1267380159585_ENEB17~1

この夏、レアルに移籍したアルビオルがチームの宿泊先のホテルを訪問しました。
奥様とお子さんたちも一緒でした。
スポンサーサイト

Comments

アルビオル、会いにきてくれたんですね!相変わらず人の良さそうな彼の顔をレアルの試合で見ると、なんだかほっとします。

しかし、バレンシア、ひどかったですね。みんな疲れきっていて気の毒でした。アルベルダはいないし、マルチェナはすぐ退場してしまうし。見ていてつらかったです。

キケにはおめでとうと言いたいです。アトレティコ、だんだん落ち着いてきたかな?

Setsukoさん、ピッチにいない人の存在、私もすごく感じた試合でした。あーここにダビがいてくれたらって何度思ったことか。サンティもそんなこと言ってましたね。

バレンシアの選手達の重そうな様子を見て、そしてマルチェナがそうそうにイエローをもらって、何だか結果を暗示するようなスタートでした。イヤーな予感がしたんですが・・・。それと、私もバラハを使って欲しかったです。

代表選手は代表で、残りの選手は(練習のない日は)ご家族と過ごすなりゆっくり休んで気持ちをしっかり切り替えてもらうしかないです。そういえばセビージャ引き分けてるからまだ3ポイント差の3位ですね。

アトレティコ、良いじゃないですか。フォルラン、クン、レジェス、シマオはアトレティコの攻撃を牽引するカルテットとしてキレキレ。しかしアグエロも何もバレンシア戦で決めなくてもいいのにー。でもあのコンディションで決めるのはさすがです。

キケといえば、エミリオに86回も電話してたとは!(よく数えたましたね、しかし。着信記録からでしょうか??)でも1回5~10秒の短い指示だったそうですね。それはともかく、これだけ試合数こなしながら、調子を上げていけるとは、さすがです。

私も誰がブラサレットを付けたのかと思ってたら、シルバ。ちょっと感無量でした。

敗戦よりもっときついのが、退場者やイエロー5枚が出たこと。最後って、私てっきりサルビオにイエローが出たものと思ってましたが、セサルだったんですね。せっかくあれだけ頑張ってパラドン連発してくれてたのに・・・。D・ナバーロが多分間に合うだろうというのと、ミゲルのカードが上告で取り消しになる可能性もあるのが救いですが、次のラシン戦、DFだけでなく中盤も手薄になりますね。

先の話になりますが、マルチェナは2試合出られないらしいので、やっぱりダビには頑張ってバルサ戦に間に合わせてもらわねば。彼のことだからきっと大丈夫ですよね!?

>あつみさん

とってもさびしいし悔しいですが、レアルで成長していますよね。
CLで戦うことも出来て。
今、レアルの後ろの方はスペイン人が多くて私のひそかなお気に入りです。
セルっち、チョリ、アルベロア、イケル。良いですよね~

> しかし、バレンシア、ひどかったですね。みんな疲れきっていて気の毒でした。アルベルダはいないし、マルチェナはすぐ退場してしまうし。見ていてつらかったです。
>
> キケにはおめでとうと言いたいです。アトレティコ、だんだん落ち着いてきたかな?

ありがとうございます(キケに変わって私が御礼を。笑)
だいぶよくなってきました。
守備への意識がかなり改善されてますよね。
前の方の選手もしっかりプレッシャかけるようになったし。特にレジェスはすごいですよね。

バレンシアはたとえマルチェナの退場がなくてもかなりきつかったでしょうね。
そんな状態なのにカピタンが前半のうちに退場とは。。。
う~ん。。。

>Mikiさん

ダビ、きっと自分でも思っていたんじゃないですかね。あのドイツワールドカップのフランス戦のときのように。自分が出られない試合で、自分の存在を感じるなんて辛いでしょうね。
でもきっとますますがんばってくれると思います。バルサ戦には間に合うのではないかな。


> アトレティコ、良いじゃないですか。フォルラン、クン、レジェス、シマオはアトレティコの攻撃を牽引するカルテットとしてキレキレ。しかしアグエロも何もバレンシア戦で決めなくてもいいのにー。でもあのコンディションで決めるのはさすがです。

キケも言っているように疲労度はメンタルによって変わってくるんでしょうね。
バルサ戦とガラタサライ戦の勝利は確実に選手たちに自信をもたらしました。

> キケといえば、エミリオに86回も電話してたとは!(よく数えたましたね、しかし。着信記録からでしょうか??)でも1回5~10秒の短い指示だったそうですね。それはともかく、これだけ試合数こなしながら、調子を上げていけるとは、さすがです。

キケらしいですよねぇ。きっと細かいところまで連絡してきたんでしょうね。
アグエロはゴールを決める前に「交代」と指示を出していたそうですが、間に合わなくて良かったです(笑)。

私もてっきりサルビオのカードかと思っていたのですがセサルだったんですね。
これも取り消しを求めればよいのに。
でもちらっと見た感じサルビオの動きも良かったですよね。もう少し時間をあげたいなぁ。
セサルといえば。。。ラルゲロで怒りを爆発させてましたね。
もう早口でまくしたてて、審判への怒りを爆発させてました。グラウンドから出て行くときに審判にくってかかってましたからね。あの勢いでマイクの前に立ってしまったんでしょう。
でもセサルはすばらしかったですね。
バレンシアで一番良かったのは彼かな。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/1988-1a6288e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。