スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liga BBVA La Jornada25 : Valencia × Racing【CRONICA】 

Valencia 0 - Racing 0



1268086934180_EN70F1~1

モジャ、モジャ、モジャ!
昨日の試合はビージャじゃなくて「モジャ!」

ビージャも主役になれるチャンスはあったんですけどねぇ
彼らしくもなく前半2度あった決定的なチャンスをはずしてしまいました。

私は試合をちゃんと見ていない(眠くて記憶がところどころしかない)のですが、なぜかビージャがはずしたところは見てしまいました。

しかしバレンシアのチャンスはその前半のビージャのチャンスぐらいで後半はラシンに押されっぱなしだったようです。

セサル、ミゲル、ブルーノ、マテュ、ダビ、バネガ、ビセンテ。
これだけいなければ苦戦するのは当然。
さらに苦手ラシンとなれば引分けでよかったのかもしれません。

vcf-racing8marzo2010b.jpg


ずっとELではレギュラーだったのに、アウェのブルージュ戦でミスをしてしまい、先日のメスタージャの試合ではセサルに先発を譲ってしまったモジャ。
アトレティコ戦でもらったカードでセサルがラシン戦に出られないとなったとき、私も含めてモジャで大丈夫?という雰囲気がありました。
でもそんな心配は無用でしたね。

彼もアンダー世代の代表に選ばれて経験はあるといってもまだまだ若い。
失敗して、それを乗り越えて自信をつけて、ってことを繰り返して育っていくんでしょうね。
GKは本当に息が長いポジションです。
バレンシアをやめるまでずっとすばらしいパフォーマンスをみせてくれていたサンティや、今シーズンのセサルやパロップを見ているとつくづく思います。

選手が一つずつ試練を乗り越えてて育っていくのを見られるのはファンとしてうれしいことですよね。

1268086353500_END72D~1


そうそう、この試合ではカンテラのJoel君(スペイン語読みではホエルですね)がトップチームデビュを飾りました。
しかもいきなりフル出場!

まだ17歳の彼も引き分けたとはいえ、きっと大きな自信となったでしょうね。
この日のユニは宝物になるのかな。
これからも継続的に招集されるとよいなと思います。


バレンシア側の主役がモジャ、ホエルなら、ラシン側はカナレス。
モジャはAS紙の「El crack」、カナレスは「El dandy」に選ばれています。
ちなみに、El duroはチョリ、Vaya dia!はナバーロでした。

カナレスはすでの来シーズンのレアル・マドリー移籍が決まった19歳。
彼もビージャと同じく試合を決めるチャンスが何度かあったのにはずしてしまいました。

先週はASやらMARCAやらにレアル移籍についての彼のインタビュ記事が載っていて、どっちだったかにはレアルのエンブレムにキスしている写真まで出ていました。
ちょっとやりすぎじゃない?と思っていたら案の定、ラシンファンが激怒。
カナレス君、あわてて謝罪をしてしました。

そんな状態だったので是非自分のゴールでバレンシアに勝ちたい!と思っていたでしょう。
なんとなくかわいそうな気もしますが、バレンシアとしてもそう簡単に彼にきめられちゃこの先のためにもよくないですからね。
モジャにほんとうに感謝です!


しかし、そのカナレスを中心にしたラシンの攻めを必死で防いでいたダビ・ナバーロが試合終了間際に2枚目のイエローで退場。
ハンドだ、ということなのですが、ビデオでみてもあれはちょっとかわいそうかな。
次はバルサ戦。
クラブは協会にカード取り消しを求めるようです。
それにしても最近審判の誤審が目に付きますね。
審判の方々も大変だとは思いますがもう少しちゃんと見てくださいね~




Valencia: Moyà, Joel, David Navarro, Dealbert, Alexis, Maduro (Fernandes, 71), Baraja, Pablo (Joaquín, m.71), Silva (Domínguez, m.57), Mata y Villa.

Racing de Santander: Coltorti, Pinillos, Henrique, Oriol, Cristian, Diop (Lacen, m.83), Colsa, Arana (Toni Moral, m.67), Canales, Óscar Serrano (Munitis, m.46) y Tchité.

Árbitro: Turienzo Álvarez (colegio castellano-leonés). Amonestó por el Valencia a Maduro y Domínguez y por el Racing a Arana, Pinillos y Henrique. Expulsó por acumulación de amonestaciones a David Navarro (m.86).

Incidencias: partido disputado en el campo de Mestalla ante 35.000 espectadores. Terreno de juego en buenas condiciones. Se guardó un minuto de silencio por las víctimas de los terremotos de Chile y Turquía

スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、私も眠かったです。早く寝ようと思いつつどうしても気になってアカデミー賞を見てたもので。試合は何とか起きて見ることができましたが、すっかり寝不足です(笑)。

この試合のモジャはとても良かったと思います。おっしゃるとおり、これからまだ成長していくのだと思います。セサルの活躍をいい刺激として捉えてしっかり練習に取り組んでいってくれると良いですね。

ビージャ、今日は決められませんでしたがELやバルサ戦ではきっとマラビージャなゴールをまた見せてくれると信じてます!

Joel君、頑張ってましたね。何だか気になってずっと目で追ってました。最後の方にちょっと痙攣を起こしちゃいましたが(本人曰く疲れと緊張からだそうです。)、その後ピッチの戻って最後までプレーできて良かったです。2部Bから1部でいきなりフル出場ですから、精神的にも体力的にも大変だったと思います。おまけにカナレスかなり攻め込まれてましたから。(途中アレッシィとサイドを変わってたのはそのせいもあるのかな!?)とにかくお疲れ様でした。最近(季節柄もあって)赤や黄色やとカラフルなシューズが多いですが、彼のも鮮やかですね。

ホームだし、次はアウェーのバルサ戦なので勝ちたい試合ではありましたが、結構攻め込まれてましたし、とにかく負けなくて良かった!

余談ですが、スタンドで2列で座って見ている選手達がちょっと映ってました。前半で映った時にはダビが上のほうで、ビセンテは下の方と離れていたのに(あれ、珍しいなーと思いました)、後半映った時にはしっかり隣同士でした。ハーフタイム終わって一緒に戻ってきたんでしょうね。やっぱり、ダビとビセンテはいつも一緒だなーと微笑ましく思っちゃいました。

>Mikiさん

ホエルくんがピッチの外に出た、というのはお弁当を作りながらラジオで聞いてました。
でも怪我じゃなくてよかったですね。

> 余談ですが、スタンドで2列で座って見ている選手達がちょっと映ってました。前半で映った時にはダビが上のほうで、ビセンテは下の方と離れていたのに(あれ、珍しいなーと思いました)、後半映った時にはしっかり隣同士でした。ハーフタイム終わって一緒に戻ってきたんでしょうね。やっぱり、ダビとビセンテはいつも一緒だなーと微笑ましく思っちゃいました。

あ~見たかった~!
最近オフィシャルの写真にもふたり一緒のところがないですよね。
ビセンテ、大丈夫かなって心配だったので。
ほぼ兄、のダビのこと、きっとビセンテのことはいつも気にとめてくれているのでしょうね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2003-f9ecd288

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。