スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Liga BBVA La Jornada 34 : Valencia × Deportivo【CONVOCATORIA】 

国王杯のリベンジ?!



風邪をひいて熱があったため昨日はお休みして自宅でじっとしていたのですが、今日は仕事に行ってきました。
打ち合わせだけだったんですけどね。
でも頭がぼーっとしてしまって何か言われても「ちょっと待ってくださいね」といってしばらく考えないとダメという状態でした。
出発まであと一週間。しっかり治していかないと。


1272033421849_enviofotografos_20100423_155131.jpg



今日4月24日メスタージャで現地時間22時(日本時間5時)から行われるデポルティーボ戦。
デポルにはこのところ負けていない。。。とおもったら国王杯で負けたのはデポルでした!
なのでスーペルなどは「国王杯のリベンジ!」なんて意気込んでいます。

それにアウェで勝てないバレンシア。(次のエスパニョール戦は勝てる!と信じてますが)
ホーム、メスタージャでの試合は負けるわけに行かないのですよね。

バレンシアの招集メンバには久しぶりにミゲルの名前が!
私はブルーノよりミゲルの方が好きなので嬉しいです。
(まずはあのユニの着方をなんとかしてください)

Porteros: César y Moyà .
Defensas: Miguel, Alexis, Marchena y Jordi Alba .
Centrocampistas: Albelda, Baraja, Maduro, Fernandes, Ever, Vicente, Joaquín, Pablo y Mata .
Delanteros: Domínguez, Zigic, Silva y Villa .


デポルの方も来シーズンのヨーロッパ圏内を狙うにはもう負けられないところ。
一時はCL圏内も狙える!なんて言っていたのにこのところ全く勝てず。今は9位に沈んでしまってます。

今週、デポルには嬉しいニュースがありました。怪我で長期離脱中だったフェリペ・ルイスが練習を再開したんですよね。
そういえば確か彼にやられたんじゃなかったでしたっけ?国王杯の試合。
彼はインタビュで「怪我をして僕はたくさんの友人を得た。みんな僕をとても心配してくれたんだ」と言っています。
とても辛い怪我だったと思うけど、それでも彼はワールドカップ出場を信じてリハビリをしています。
たとえそれが相手チームの選手でも怪我を乗り越えようとしている選手は応援してあげたくなりますよね。

デポルの招集メンバにはミスタが入っています。
彼はアトレティコ時代には古巣バレンシア相手にゴールも決めています。
今回もきっと出番があれば狙ってくるでしょう。

Aranzubía, Manu, Antonio Tomás, Laure, Iván Pérez, Juan Rodríguez, Valerón, Manuel Pablo, Adrián, Lassad, Pablo Álvarez, Sergio, Adrián López 'Piscu', Riki, Ze Castro, Mista, Raúl y Rochela



1271876669322_enviofotografos_20100421_205045.jpg


今週はフィジカルコーチのパコがスペイン代表のシルバ、ビージャ、マタのトレーニングをワールドカップに合わせたものにするとかいう記事もありました。
彼等が最高の状態でワールドカップを迎えられるように調整していくと書いてありました。
これは代表のフィジカルコーチとパコが相談して決めたことのようです。
といっても、彼等を試合にださない、とかではもちろんありません。
バレンシアも3位を争っているのですから。

とにかく早く3位を確定して、彼等3人が楽な気持ちでプレーできるとよいのですよね。
それには今節と次節連勝が必須かな。


でもスペイン代表はトーレスの膝の手術や、イニエスタ、セスクの怪我など、主力選手たちにケガ人続出状態です。
これ以上ケガ人が出ないよう毎節祈るような気持ちで各地の結果を見ている私です。。。

今何が楽しいって代表の試合をみるのほど楽しいことはないのですから。
(もちろんそこにダビがいればもっとよいのですが)

私はトーレスにも間に合って欲しいです。
彼がいなくてもビージャのワントップで、なんていう意見もあります。
でもビージャとトーレス二人がいてこそのビージャ、トーレスのワントップなのではないでしょうか。
相手チームからしたら2トップでくるのか、どちらかのワントップでくるのかわからない。
二人が違う特性もっていて、さらにそれぞれがプレミア、リーガを代表するストライカー。
これほど怖いことはないでしょう。

それがビージャワントップ、とわかっていたら、相手の監督の悩みは一気に3分の一に減ります。
やっぱり絶対にいなくてはいけません!トーレス!

私は今のスペイン代表はそれぞれがライバルなのにひとたび一緒にピッチにたてばまるでずっと一緒にやって来たようにピッタリ息の合ったプレーが出来るところが素晴らしいと思っています。
多分それは実際に彼等が若い世代の代表のころから同じコンセプトのサッカーをやって来たからだと思います。
ユーロのチームは最高でした。
ただ一人足りない人はいたけれど。。。
あのチームから誰一人欠けて欲しくない。。。セナ以外は(ごめんなさい。これは私のわがままです)
と思っています。
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2071-b0c9be80

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。