スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mundial 2010 :(Amistoso) España × Arabia Saudí  

España 3 - Arabia Saudí 2



1275152424037.jpg
Resumen del partido España 3-2 Arabia Saudí
España 0-1 Arabia Saudí (Osama)
España 1-1 Arabia Saudí (Villa)
España 2-1 Arabia Saudí (Xabi Alonso)
España 2-2 Arabia Saudí (Al Numare)
España 3-2 Arabia Saudí (Llorente)


昨日5月29日、スペイン代表はキャンプ先のオーストリア、Tivoliでサウジアラビアと親善試合を行いました。
2008ユーロを制したスペイン代表にとってオーストリアはよい思い出がたくさんあります。
相手はスペインにとってはかなり格下だし、これは楽勝?とおもいきや。。。

期待は大きく裏切られました!
先制ゴールは決められるし、連携が今ひとつ。
でもまぁキャンプが始まってまだ間もないですし、今の時期で良かったかなと思います。
選手達にとっては自分たちの力を過信しすぎることへの警告になったでしょう。

2Espana_-_Arabia.jpg

スペインにとってよかったのはイニエスタの調子が完璧だということ。
それに新しい力も試すことができたこと。
かな。

後半はかなり眠かったので覚えていないところが多いのですが、前半のイニエスタは本当によかったです。
やっぱりイニエスタ&シルバがいる代表は一味もふた味も違います。
スペインが同点に追いついたビージャゴールはイニエスタのアシストから。
ビージャがDFを抜けて走り込んでくるエリア内のまさにその位置にピンポイントで送ったあのパス。
あれは芸術ですねぇ。
ビージャもヘディングでしっかり捉えてゴール隅に決めました。

「おお、追いついた!よかった」という思いととともに「来シーズンはバルサの試合であんなものをたくさん見せられちゃうわけか、、、」とちょっと感傷的にも。
いやもうどうせならシルバも連れてっちゃって前の方はバルサ、後ろはレアルでもいいじゃん、とか思ってしまったぐらいです。

ビージャはこのゴールでラウールの持つ代表記録まであと7ゴール。
できたらワールドカップ前の親善試合であと2、3ゴール決めて本戦でピチチ獲得とともに新記録達成!なんてことにならないでしょうか。
それはちょっと都合が良すぎるかな。

101266536.jpg
上の写真は先発メンバ。
ビージャがバルサに移籍した今、シルバ以外はレアルかバルサの選手なのです。
そのシルバがもしレアルに移籍してしまったらスペイン代表=レアル、バルサ混合チームってことになってしまうのですね。
一時はバレンシアの選手がたくさんいたスペイン代表もマタ、マルチェナだけになってしまうかも。
そしてマタもマルチェナもその近い将来が不透明とは。。。
悲しいし悔しい。

そのマルチェナですがこの試合では先発ではありませんでしたが後半途中61分からプジョールに変わって登場。
「代表のお守り選手」として世界記録達を達成しました。
なんと、彼が出場した50試合、代表は負け知らずなのです。

2002年の8月21日のハンガリー戦(1-1の引き分け)で代表デビュしたマルチェナ。
たしかにチームは昨年のコンフェデでアメリカに負けていますがその試合には彼は出ていないのですよね。
そんなこんな、運も味方して?マルチェナのこの記録になったわけです。
ユーロ2008ではレギュラーだったマルチェナも、ピケの台頭があり、さらに彼本人のクラブでの使われ方が中途半端だったりで今回のワールドカップではDFとピボーテの控えという位置。
とはいえ特にピボーテの控えとしては大事な選手なのかもと私は思っています。
セナがはずれた今回の代表。
もしかしたらマルチェナの出番が思わぬところでやってくるかも?と期待しています。

試合を決めたのは

4Espana_-_Arabia.jpg

後半、ビージャ→ジョレンテ、シルバ→ペドロ、イニエスタ→ナバス、チャビ→ハビマルティネス
と前の方のメンバーは総取り替え。
若い選手たちを試すことができました。

ナバスも良かったですねぇ。
彼のリズムは独特ですが、かといって彼だけが浮いているわけではないのですよね。
代表に違う味付けをしてくれる感じです。
彼の正確なクロスとジョレンテ、トーレスの高さが組み合わさるととてもおもしろそうです。

試合はほぼ引き分けで決まり?という91分。
ジョレンテが、シャビアロンソのCKを頭で決めて勝ち越し。
スペインは苦しみましたが勝ちました。

1275158073205.jpg

相手の2ゴール、最初の一点目はセットプレーからの失点。
イケル~どこにいるの?と思うような立ち位置でした。。。
まぁ聖イケルと言えどミスはしますからね。
(カシージャスはこの試合で103試合出場。ラウールを抜いて歴代2位の出場試合数になりました。
 一位はスビサレータさんの126試合)
デル・ボスケさん、まだまだ本大会前にチェックすること多そうですね。
でも次の試合で見るべき点が増えました。
韓国戦、今度はきっちり守ってくださいね。




España: Iker Casillas; Sergio Ramos (Capdevila, m. 61), Piqué, Puyol (Marchena, m. 61) , Arbeloa; Busquets, Xavi (Javi Martínez, m. 74), Xabi Alonso, Iniesta (Navas, m. 61) Silva (Pedro, m. 61); y Villa (Llorente, m. 71).
Arabia Saudí: Waleed; Shuhail, Osama, Kamil, Mishal (Khairat, m. 89); Kariri, Ateef (Abullatifa, m. 84), Abdoh (Asiri, m. 69), Al Numare (Jezawi, m. 82), Al Fraidi; y Hazazi (Al Sahlawi, m. 65).

Goles: 0-1, m. 16: Osama. 1-1, m. 31: Villa. 1-2, m. 59: Xabi Alonso. 2-2, m. 74: Al Sahlawi. 3-2, m.90: Llorente.

Árbitro: Thomas Einwaller (Aus). Mostró cartulina amarilla a Mishal (83').

Incidencias: Encuentro amistoso disputado en el nuevo estadio Tívoli ante la presencia de 7.500 espectadores.


スポンサーサイト

Comments

気楽な気分で観るつもりが、結構苦しい試合でしたね。
まぁスロースターターのスペインのことだから、これから調子上げてくれるんでしょうけど。

やっぱりイニエスタとシルバがいると見てて楽しいですよね~!
試合のリズムが違います!
残念ながら得点はできなかったけど、シルバからのパスにビジャが反応してってシーンも見れて嬉しかったぁ!
でも同時に、「もう代表でしかこんなシーンは見られないんだな」って感傷的な気持ちにさせられましたけど。
Setsukoさんのおっしゃる通り、もういっそのことシルバもバルサに引っ張ってもらった方がいいかも~。
人間関係複雑そうなレアルや他国に行ってしまうぐらいなら、その方がずっとずっとうれしいんだけどなぁ。
先発メンバーはシルバ以外全員バルサとレアルの選手だけだったんですねー。
国内2強の勢力図がそのまま代表にも反映...さみしい限りです。

昨日の試合でも気になったんですが、カシージャスって倒れるのが早すぎるような...。
それでセーブできればOKなんですが、昨日も危ういシーンがあったりして、
もうちょっとギリギリまで踏ん張ってくれーーって思ってしまいます。
そうは言っても信頼できるカピタンには違いないんですけどね。

マルチェナの不敗神話、そんなことがあったんですねー。
言われるまで気づきませんでしたが、これは伸ばしていってほしい記録ですね~。
苦しい試合には「神様!マルチェナ様!」ですね(^_^)

世の中が代表の話題に夢中になってる間に、バレンシアでは次から次へと選手達の移籍が決まっていって、来季はどんなチームになるんだろ???
スペイン人選手が減るのは私もヒジョーに寂しいです。
フローレス監督がアトレティコにビセンテを引っ張りたいって話も出てますね。
やっぱり今でもビセンテのこと気にかけてらっしゃるんですね。
でもビセンテまで出ていってしまったら、バレンシアは...考えただけで憂鬱です。

Setsukoさん、予想外に苦しんでの勝利となりました。仰るとおり、よい意味での教訓にもなったでしょうか。

イニエスタからビージャ、そしてビージャのシュートは良かったですね。来シーズンのバルサではこんな光景が出てくるんでしょうねー。イニエスタはもう以前のケガの影響も無い完璧な状態でしたね。そしてシルバはもう本当にそこっていうところに顔を出してボールを繋いだり出したりしてくれて、いつもの彼でした。来シーズン、本当にマドリーになっちゃうのでしょうか。

マルチェナ、いつの間にかそんな記録作ってたんですね。W杯でまた記録を伸ばせると良いですねー。

ジョレンテのゴールは、実はライブで見てません。私も特に後半眠くて眠くて、ビージャと交代してジョレンテが入ったのも、その後しばらくも覚えてるのですが、いつの間にか意識が飛んでいて、気づいたらCadenaSerの接続は切れているは、画面では次の放送予定の試合がやってました。引き分けかと思っていたらいつの間にか勝っていたんだなぁ、という感じでした。

でもそんな私のために(笑)、TVEが期待通り、またフルマッチ動画をアップしてくれてました!またゆっくり見たいです。

あとEl Paisに、ビージャ、シルバ、マルチェナのインタビュー動画がありました。(マタもあるはずみたいなのですが、なぜか開けませんでした。)

ビージャ:http://www.elpais.com/videos/deportes/Pelota/suelo/-/David/Villa/dificil/explicar/Espana/ha/ganado/Mundial/elpepudep/20100526elpepudep_27/Ves/

シルバ:http://www.elpais.com/videos/deportes/Pelota/suelo/-/David/Silva/primer/recuerdo/Luis/Enrique/ocasion/Salinas/final/elpepudep/20100526elpepudep_26/Ves/

マルチェナ:http://www.elpais.com/videos/deportes/Pelota/suelo/-/Carlos/Marchena/Brasil/va/estar/fuerte/elpepudep/20100526elpepudep_25/Ves/

>モコさん

イニエスタ&シルバがいると違いますよね。ナバスやマタも魅力的だし、本当に豪華なメンバーです。
いろいろ言われていますがサウジアラビアだってそんな簡単なチームじゃないと思います。
私がドイツワールドカップの時にみたサウジアラビア戦も1-0での辛勝でした。
苦しんでも勝てるということも評価したいですよね。

GKもよい選手が3人いるのでデル・ボスケさんもいろいろ言われてつらいでしょうね。
ただイケルへの信頼が揺るぐことはないでしょう。カピですしね。

バレンシアからスペイン人選手がいなくなり、代表選手も少なくなってしまうのは寂しいですね。獲得候補に挙がってくる選手はみんな外国の選手ばかり。
なんだかスケールの小さいインテルになるのは嫌ですね。
ここはアルバやパブロに頑張ってもらわないと!

>Mikiさん

フルマッチ、動画、ありがとうございます。朝以来チェックしていなかったので気がつきませんでした。
私も記憶が飛んでいるのでまたしっかり見直したいです。

マルチェナの記録はビックリですね。お守りって感じじゃないですよね。
ユーロの時こそプジョールとしっかり守れましたが、その前は不安でいっぱいでしたから。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2114-4eeb2e50

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。