スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mundial 2010:Cómo llegaron a ser campeones de Europa 

一日お休み



1276799100822.jpg

試合のあったダーバンからその夜のうちにキャンプ地のPotchefstroomに戻ったスペイン代表。
試合翌日の木曜日はレギュラー組は一日お休み。
サファリツアーにでかけた選手もいたそうです。

しかし夜にはサブ組が練習を行いました。
その中には一人前日の試合に出場していたカピタン、カシージャスの姿もありました。
苦しい時こそカピタンとして踏ん張らないといけません。
頑張れ、イケル!

1276861907530_enviofotografos_20100617_211326.jpg

イニエスタはグループ練習はしませんでしたが大丈夫そうですね。

1276861907530_enviofotografos_20100617_211315.jpg

Mucho frío

スペインのキャンプ地Potchefstroomはとても寒くて、なんと-8度までさがったそうです。
試合の映像を見ているとあまり寒そうじゃなくて「冬なの?」と思っていましたが、場所によって随分と差があるんですね。
これからますます寒くなっていくはずですから最初から寒いところでキャンプをやっていた方がよいのかな。
まぁそれも決勝トーナメントに残らなければなんの意味もありませんけど。


ASの記事を見ていたらある調査では4人に一人のスペイン人がスペイン代表は次のホンジュラス戦も勝てないと思っているらしいです。
さらに81%の人たちは優勝は無理!と考えているそうです。
(優勝予想の一位は24%でアルゼンチン)

ついこの前まで圧倒的にスペインが優勝!って言っていたように思うのですけどねぇ。
まぁそんなものか、世間は。
でも自国の代表をもっと信じてあげてほしいですね。
私でも日本代表はカメルーンなら勝てるかも?って思っていたんですからね。


ところで、そのASにもう一つこんな記事が載っていました。
Debe volver el espíritu colectivo
「グループのスピリットを取り戻せ」という感じかな。

スイス戦の敗戦はデルボスケに変化の導入という結果をもたらすだろう。
そしてベテラン選手は他の選手達を力づけないといけない。
カシージャスとプジョールはロッカールームでの尊敬を得ている。
彼等は選手達にどのようにヨーロッパチャンピオンになったのかを見せなければならない。

彼等は個人的な輝きは忘れて、チームとしてプレーしていた。
ビージャの怪我も、大会の最初のころはトーレスがあまりゴールに近づけなかったこともあまり重要じゃなかった。
控え選手は最大限のことをした。まるでレギュラーであるように。
ワールドカップの初戦、一部の選手達はそれを忘れていた。

なぜなら誰も重要な変化をもたらさなかった。
これからの試合においてもほとんどのライバルよりもテクニックは優れているだろう。
彼等は今回のようにワールドカップチャンピオンになれる可能性の高い機会は二度と来ないと考えている。

休日は何も考えないためというより、あれこれ考えるためのものだった。
キャンプ地ではできることは少ない。ヨハネスブルグはとても遠い。大きな動物保護区もだ。
なので選手の多くはミニバケーションをあきらめ、スイス戦でおきたことを分析することに集中した。
そして結論は実に簡潔なものだった。

10回試合をしたとしても我々は9回は勝つだろう。
そして彼等は自覚した。
足りなかったのはライバルが築いた壁をたたき壊すための「グループとしてのスピリット」だと。

さぁその時がやってきた!


ユーロの時のチームは、というかあのときのアラゴネスお爺さまの采配は神懸かり的でした。
打つ手打つ手みんな当たってた。
あんなことはなかなかないと思うけど、今のスペインもサブ組のレベルもとても高い。
彼等をどのように活かすか。長いトーナメント、それもとても大事ですよね。

そしてチームとしてのスピリット。
ユーロ予選は本当に苦しかった。
それを乗り越えての掴んだ出場だったからこそ、彼等は無心で大会に入っていけたのかもしれません。
今回は優勝候補としての参加。
プレッシャーも大きかったでしょう。
でもピケも言っているように「これで僕らを優勝候補なんて考える人はいないだろう」なんですよね。
国民の期待もかなり減っちゃったようですが、それの方が楽。

さぁ、本当にここからだ。
二日たってようやっと本心からそう思えるようになりました。

次は是非セスクを使って欲しいなぁ。
彼が鍵、と私は思っているので。
スポンサーサイト

Comments

はじめまして

いつも拝見させていただいているのですが、同じ思いの人がいる!と思って嬉しくなって、初書き込みしました。

私もピケの発言は「その通り!」と思ってたので。
大体優勝候補って言われるところって勝てないから、優勝候補って言わないでほしいとずっと思ってたんです。

これで、肩の力が抜けたと思うし、勝ちたいという気持ちも強くなったと思います。これからが勝負ですよね。
EURO2008のイタリア戦とかを経て、精神的にも強くなったスペイン代表を信じたいと思います。

  • [2010/06/19 05:48]
  • URL |
  • はやっち
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

>はやっちさん

初コメント、ありがとうございます。
選手達もなれないプレッシャーから解放されたようですね。
練習も笑顔が多いみたいですし、期待できそうです。
唯一の心配はカピタンのNoviaについてやたら他国のメディアが騒ぐことかな。

>Setsukoさん

>唯一の心配はカピタンのNoviaについてやたら他国のメディアが騒ぐことかな。

私も、ちょっと気になってました。
そんなの関係ないのに。

メディアが変に騒いで、選手がサッカーに集中するのを妨げないでほしいです。

  • [2010/06/20 17:42]
  • URL |
  • はやっち
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

>はやっちさん

ヨーロッパチャンピオンのチームのカピタンで、彼女は才色兼備。
カシージャスに対するただのやきもちですね。
なんだかセコいなぁって思います。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2146-b9cbb375

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。