スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mundial 2010:Grupo H : Chile × España  

Chile 1 - España 2



1277496310892_reuters_20100625_211131.jpg

España esta en octavos.
Próximo partido es el duelo ibérico.



ビージャがまた決めてくれました!
しかもある意味彼らしいゴール。
常にどこからでもゴールをねらっているのですよ、ビージャは!

これで今大会3ゴール目。
そしてドイツワールドカップと合わせて6ゴール目。
これはスペイン代表の新記録。
代表の歴史に名を残すことになりました。

そしていよいよラウールの持つ44ゴールという代表記録にあと4ゴールと迫りました。
もし決勝までいけば。。。この大会中に並ぶなんてこともあるかも?

チリペース


1277491419703.jpg



試合開始直後からチリの激しいプレッシャにいつものようにパスをつなぐことができませんでした。
あんなスペイン代表は、、、うーんいつ以来?

ボールを奪ってもすぐに奪い返される、セカンドボールはことごとく拾われる。。。
きっと選手達にも焦りが出はじめた頃だったんじゃないかなという時に決めてくれるんですよね、ビージャは!

イニエスタもうまくいっていなかったときに決まったビージャのゴールが大きかったって言ってます。
イニエスタ:「ビジャのゴールが大きかった」


ビージャのゴールの後、少しボールがまわるようになったかな、と思ってみていましたが、トーレス君が相変わらずミス連発。
やっぱり怪我の影響ですかねぇ。
キレが全く感じられないんですよね。
試合に出ることで少しずつでも試合感を取り戻して、決勝トーナメントではきっと本来の爆発的なスピードを見せてくれると信じましょう。

イニエスタの2点目はそのトーレス君が相手に倒されている間に決まってしまいました。
ビージャからのマイナスのクロスをど真ん中から決めたイニエスタ。
ニコニコとってもうれしそうでした。
この人の復活も決勝トーナメントにむけて心強いです。

そのトーレスを倒したプレーでチリの選手が2枚目のイエローをもらい退場。
これは後半スペインがゴールラッシュ?と期待したんですが。。。

さすがビエルサ

1277493520893.jpg

しかし後半開始早々私の楽観的な考えは間違っていたことに気がつきました。
相手はビエルサ監督です。
そう簡単に試合を諦めるわけがなかったんですよね。
10人になっても決して攻めの姿勢を崩さなかったんですから。

これにはスペイン代表の選手もビックリ?
あたふたしている間にチリのMillarにゴールを決められてしまいました。

この後デル・ボスケ監督は3点目を奪うことより引きわけにもちこまれることをおそれてかボールを保持することにこだわっていたような。
トーレスにかわってセスクが入ってリズムがよくなったスペイン。
何度かゴールチャンスはあったものの時間とともに無理に3点目を狙わなくなりました。

チリの方もスイスがホンジュラスと0-0の引き分けでしたし、10人で戦っていた疲れも出て最後の方はあまりガツガツ来ることもなく、穏やかに試合終了となりました。


1277498118077.jpg
(ああ、イケルまでぺろって出ている。。。)

仕方がないのはわかるけど

振り返ってみると、ユーロ2008、ドイツワールドカップとグループリーグは簡単に勝ち抜けました。
2連勝して迎えた3試合目は控え組がアピールする場だったんですよね。
だからこの試合のようなぐだぐだな終わりにはならなかったんです。
気持ちはわかります。
少しでも省エネモードに入って、体力を温存させたいというのは。
なぜならこれからスペイン代表は日程がキツくなっていくのですから。

でもなんだかねぇ。。。見ている方としてはもうちょっとなんとかしてよ!って思ってしまいますよ。


バレンシアファンの怒り

最後、後半ロスタイムに時間を使うための選手交代としてシルバが出てきそうになりました。
結局誰もボールをピッチの外に出すことをしなかったため、シルバは出番なし。
いや出なくてよかったのかも。
あんな形で出て来なくてよいです。

ドイツワールドカップのときのアイマールを思い出してしまいました。
屈辱的だった。。。

しかしデル・ボスケ。
ついこの前まで素晴らしいプレーを披露していた布陣を壊してまで追い求めているものはなんだ?
シルバ、イニエスタ、チャビ、ビージャが奏でだす素晴らしいシンフォニーを彼は理解できないのかな。
それともそれほどシルバは移籍騒動の影響を受けてしまっているということなのか。

とっても心配です。
時間稼ぎに使われそうになった、という屈辱。
そのケアはカピタン、マルチェナとベテラン、カプデビラに任せます。
あ~あ、ダビがいればなぁ。


1277496074641.jpg

怪我をして途中交代したシャビ・アロンソ。
右足首の1~2レベルのねん挫だそうです。
ポルトガル戦は微妙。

なのでシャビアロンソのところにセスクをいれて、本調子じゃないトーレスに変えてシルバをいれてください。
え?ブスケッツ一人じゃ守備に不安がある?
。。。それならマルチェナ、なんていかがでしょうか?




hile: Bravo; Medel, Ponce, Jara, Vidal; Isla, Estrada, Beausejour; Alexis Sánchez (Orellana, m. 65), Valdivia (Paredes, m. 46) y Mark González (Millar, m. 46).

España: Iker Casillas; Sergio Ramos, Piqué, Puyol, Capdevila; Busquets, Xabi Alonso (Javi Martínez, m. 73); Iniesta, Xavi, Villa; y Torres (Cesc, m. 55).

Goles: 0-1, m. 24: Villa. 0-2, m. 37: Iniesta. 1-2, m. 47: Millar.

Árbitro: Marco Rodríguez (México). Expulsó a Estrada en el minuto 37 por doble amarilla. Amonestó a Medel (m. 15) y Ponce (m. 19).

Incidencias: Partido disputado en el estadio Loftus Versfeld de Pretoria ante 41.958 espectadores.
スポンサーサイト

Comments

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ほんとにね、あの時切なかったです。。。
なんでシルバがあんな使われ方しないといけないのか?
なんか勝ったのは嬉しいですが、
なにかしっくりしません。

シティに移籍と出てますが、やっぱりほんとうなんですかねぇ???
シルバが心配です。

あっ今日ようやく PAULINA のGRAN CITY POP のCDが届きました。
やっぱりこの人の歌いいですね♪

なんかチリ戦にはがっかりしました。これが私の愛しているスペイン代表の試合?シルバの交代もなんだか見ていて切なくて。。。

なんか、EURO2008がピークだったのかな?とか考えさせられました。

久しぶりにコメントさせてもらいました。
私はバルサファンですが、シルバのことは私も腹立っています・・・。
何がいけなくて、シルバがスタメン外されているんでしょうか?
メンタルの影響?それとも軽い怪我をかかえているのか?
本当に理解ができなくてデルボスケに説明を求めたいくらいです。
スイス戦はシルバだけが悪かったわけではないし、どうかんがえても納得いきません。ホンジュラス戦はてっきりイニと共にお休みさせているのかと思っていました・・・。
本当に納得いってないです

いやいやみなさん
シルバ愛は理解できますがなら誰ならばその「屈辱」的な扱いを理解できるのでしょうか?
勝つために時間を稼ぎ逃げる戦術もかなり大切ですのでそれが屈辱と考えるのも俺には到底理解できませんけどね
絶対的スタメン選手、重要な選手にはやらせるなと?
むしろ少しでも試合勘的な事を考えるならアリかと
万が一にでも選手がそれで腐るならば選手もW杯という夢の舞台に来るなと思いますけどね そこは知りませんけど

後半40分過ぎに出る選手に大変失礼である事を理解するべきです
それがシルバならだめというのはエゴでしかありません
エゴはファンなので結構ですがそれが屈辱的とは理解できません、俺は

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>tartarugaさん

なんで?どうして?と思いましたよね。
それならもう少し前に入れてくれよっておもいました。
あえて時間稼ぎする意味もないようなプレーが続いていましたし。

シティ移籍はほぼ確実のようですが、私はクラブからの正式な発表がない限りは記事にはしません。
どの情報が正確なのかわからないので。

でも他のオファーはなかったんですかねぇ。
それとも金額で選んだんでしょうか。

>あつみさん

今会はなんか一つ歯車がかみ合ってませんよね。
あれがピークとは思いたくないですが、監督が変わればやりたいサッカーも変わるのでしょう。
変えないからあの人なのかと思ったんですけどねぇ。

>イニさん

コメントありがとうございます。
私もスイス戦はそんなに悪くなかったと思っています。
今となっては負けたけど内容的には一番良かったとさえ思います。

> 本当に理解ができなくてデルボスケに説明を求めたいくらいです。

そうなんですよね。
きっとなにか深い意図があるのだと信じたいです。
アラゴネスがドイツの時にやったことのように。
じゃなきゃやっぱりファンとして不憫です。

>ミゲさん

申し訳ありませんが、屈辱的と言ったのは私であり、コメントを下さっている方々ではありません。

あの試合、あの時間帯のあのプレーをみていて時間稼ぎが必要だとは私には思えませんでした。
チリにももう攻める姿勢は見えなかった。
引き分けOK、両チームで勝ち抜けようという雰囲気に思えました。

そこであえてシルバを出す意味があったのでしょうか?
重要な選手にやらせるなとか言っているわけではないのです。


屈辱的といいましたが、それはシルバが感じていることでは絶対ないと私は思っています。
彼もショックだったとは思います。
でもあの子はそこでこれもチームのため、と考えられる子です。
それはもうずっと彼を見て来ているファンならわかります。

なんとか決勝トーナメントには進めましたが、私達が見たいスペイン代表の状態からはまだまだ程遠いですね。
単純に見てて楽しくない!
たぶん戦っている選手達が一番楽しくないんでしょうけど。

そんな中でひとり気を吐いてるのはビジャ。
もちろんみんながんばってるのは分かるのですが、苦しい時にゴールしてみんなを引っ張ってくれるビジャはやっぱり頼もしい!!
なんだかんだ言っても1試合1得点は素晴らしいです。
あっ、もちろんイニエスタも出れば印象的なプレーを見せてくれてますね。

勝利はもちろん大切ですが、やっぱりチャビ・イニ・シルバの見ててわくわくするようなパス回しからビジャがゴールするあのスペインを見たいです。
1戦目このいつものスペインで負けたから、同じ布陣で戦うことにビビっちゃってるんでしょうか、監督は。
あの試合、特別シルバが悪かった訳でもないと思うんですけど。
昨日のラスト数分の起用(予定)も「?」でしたよね。
それとも移籍問題でそんなに精神的にダメージ受けてるのか...こんな時期に心配です。
(そりゃダメージ受けますよね。
国内希望、CL希望してたのにどちらにも該当しないマンCだなんて。
(すみません、個人的に好きになれないクラブなんです。)
あんなにバレンシアに貢献してきたのに、本人の意向が全然反映されず、クラブにとっておいしい取引を優先されてしまったような。
先にクラブ間合意されてシルバも「うん」と言わざるを得ない状況だったとしたら、本当にかわいそうです。)

でもでも今はW杯に集中ですね!
ここからはスロースターターのスペインも調子上げてもらわないと!
シルバとビジャの「あうん」の呼吸のプレーが見たいなぁ。
アルビオルと無敗の神様マルチェナはどこで登場するんでしょうね。
(今回カプデビラ兄さんは、カソルラが一緒じゃないのでちょっと寂しそうに見えます。)

>モコさん

移籍の詳細はわかりませんが(まだ正式発表もないですしね)、シルバが満足しているとは思えないですね。
ただスペイン人の友人は「あそこにいけば今までよりたくさんの年俸ももらえるんだから」という見方をしていました。
でもお金じゃ買えないものがあるんですよね、たくさん。
バレンシアで得ていたものを彼があのクラブで得られるとは思えませんが、とにかく本当に決まりなら、マンCのファンにはシルバを歓迎して欲しいです。

カプデビラさんはビジャレアルから一人になっちゃいましたからね。
でもシルバの側にいることが結構多いように思うんです。
彼はとてもオープンな性格だし、自分自身も移籍をしてきた選手ですから気を配ってくれるのではないでしょうか。

Setsukoさん、勝って1位抜けできたのは良かったです。ビージャの抜け目のないゴールはさすが!イニエスタ、復活ゴール、良かった。

でもねえー。やっぱりファンとしてはいろいろと不満が残りますよねぇ。ブラジルを避けられたとはいえ、ポルトガルも強敵。まあいつものGLではいいけどその後すぐこけてしまうスペインと逆に、これからピークに持っていくっていうのであれば良いのですが・・・。

シルバ、試練の時ですね。ファンの贔屓目かもしれませんが、スイス戦の彼はそんなに悪かったですかねぇ。チーム全体が。。って気がしてたんですけど。というよりシステムの問題かな。デル・ボスケさんがその辺りも全て計算済であることを願ってます。

話変わって、Setsukoさんのことですからもうご存知かと思いますが、この前発売のWSKに「ロハの秘密」の本の抜粋がちょっと載ってました。カプテビラの部屋がたまり場になったいきさつとかが出ててとーっても面白かったです!!!日本でも8月下旬に発売されるようなので、絶対購入して楽しもうと思っています^^

>Mikiさん

ロハの秘密の載っているWSKは立ち読みしました。ダビの名前もでていましたね。勝手に「ダビってものすごくカード強そうだな」と想像していました。
8月に発売になる本には彼のことももっとたくさん出ているかな。。。
カソルラは代表の末っ子みたいで愛されていたし今回はシーズン中の怪我で招集されなかったけど、是非また代表に戻って来て欲しいですね。
カプデビラさんやっぱり頼れるベテランです。今回のキャンプにはたぶんスィートルームはないですよね。
どこがたまり場になっているのかなぁ。

次はポルトガル。この試合が鍵になるかなと思います。
できたらシャビ・アロンソには無理して欲しくない(いろいろな意味で)のですけどね。
セスク、シルバを使ってせめて守ることを考えて欲しいですね。
もちろんトーレス復活が今後の戦いには必須と考えるデル・ボスケさんの思いもわからないではないのですが、ビージャワントップでイニエスタ、シルバ、チャビ、セスクがどこからでも飛び出してゴールを狙うあのスタイルに戻してもらいたいです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2153-a505ae76

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。