スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mundial 2010:Las lágrimas del Chori 

Un susto con Llorent



Raul_Albiol_retirado_lesion.jpg

チリ戦の勝利から一夜明けた昨日。
レギュラー組はジムで、サブ組はグラウンドで練習していた時のこと。

アルビオルとジョレンテが接触し、右脚を痛めたアルビオルはそのまま練習を中断。
その様子からかなりひどい怪我かと心配されていましたが今のところ重症には至っていないという発表がありました。

MARCAの記事から。
「Potchefstroomの中央病院で今晩(土曜日の夜)行ったスキャンによれば、レアル・マドリーのセンターバックは重症ではない。とはいえ腓骨とその間の膜質の柔らかい部分への影響が心配される。」

腓骨自体の怪我ではなかったようですが、まだ回復の様子とさらなる検査の結果をまってみないと何ともいえないようです。



チョリの怪我の記事をいろいろ見ていたらEl Paisで素敵な記事を見つけました。
途中からですが簡単に訳しておきます。
チョリ、愛されているんですね。
マドリーはそんなに好きじゃないですが、イケルやセルっち、アルベロア、アロンソなどがいます。
シルバもここに来るのだったら送り出す方ももう少し気が楽だったのに。。。

アルビオルの涙はチームにダメージを与えた。
 このニュースはサブの選手達が練習していたグラウンドから、レギュラー組がいたジムに伝わった。
 そのとき自分自身が足首の怪我のために次のポルトガル戦への出場が危ぶまれているシャビ・アロンソまでもが心配していた。

 チョリほどこの”家族”-先週カシージャスはルイスが”グループ”と言ったものをこう表現した、から愛されている者は誰もいない。
 だからチョリとメディカルスタッフが病院から戻ってくるまで、代表の選手達の気持ちは不安でいっぱいだった。
 あたり前だ。チョリは他の誰でもないのだから。

 ”彼はピストルを持ったヤツより危険だよ” とグイサはアルビオルについて2年前にオーストリアで語っていた。ちょうどカシージャスがユーロに勝つためには選手達のグループの中にチョリを加えなければならない確信したときだ。
 
 なぜなら、多分。。。
 バレンシアが彼をヘタフェにレンタルしたとき、アルビオルはマドリッドまで来る道路での事故で瀕死の重症を負った。
 しかしアルビオルは常に冗談を言い、いたずらっ子のような笑顔を絶やさない。
 ”2回目の人生を生きていると思っているだ。だから生きているすべての時間を楽しまなくっちゃね” 

 カシージャスは彼の意見をマドリッドのスポーツ部門の責任者に明言していた。
 ”もしセンターバックが欲しいなら、探すのはやめてアルビオルと契約すべきだ。”
 そして昨年、コンフェデレーションカップの間にバレンシアとマドリッドは合意に達した。
 今シーズン、タイトルは何も獲れなかったが、アルビオルはビッグクラブでぷれーできるレベルを持っていることを十分に証明した。

 チョリはまだ南アフリカでその力を見せていない。なぜなら出番が来ないからだ。
 ピケには休みは与えられない。
 しかしチョリはカシージャスが家族と呼ぶそのグループの重要な一部として南アフリカでの生活を楽しんでいる。
 チョリにとってこの大会は昨日で終わったかもしれない。
 公式発表では骨の怪我は避けられた。しかし数時間の間に新たな検査を受けなければならない。
 
スポンサーサイト

Comments

チョリのニュースを知って、ドキッとしました。骨には異常が無いようですが、本当にこれでW杯にさよなら、とならないように祈っています!

El paisのこの記事、読みました。愛されてますよねー彼。でも分かる気がします。地味なんだけど家族に欠かせない存在、って感じです。

余談ですが、ウルグアイ、やりましたねぇ!実はこの時間、ナダルの試合を見てたので(こっちも肘や膝の痛みでトレーナーを呼んだり、2回戦に続き5セットになったりと大変な試合でした。)、合間に経過を追いつつって感じだったんですが、さっきやっとゆっくり見ることができました。スアレス、来てますねー。そしてフォルランの1点目のクロス、最高!韓国には気の毒ですが、すっかりウルグアイファンなってる私には嬉しい勝利でした。(40年ぶりって素晴らしいです!)フォルラン、スアソ、ゴディン(胃腸炎明け、大丈夫かなぁ!?)だけでなく、GKのムスレラ、キャプテンのルガーノ、フシレ等々後ろの方も含め、選手の名前と顔もすっかり覚えてしまいました(ディエゴって名前の選手がが少なくとも4人はいますね。)。次は全アフリカの期待を背負ったガーナですが、勝って欲しいです☆

すてきな記事ですね!
アルビオルがみんなに愛されてるのがよーく伝わってきます。
あのほんわかした笑顔は確かにみんなを癒してくれますもんね。
アルビオルが倒れて運ばれるまでの間、マルチェナとシルバが心配そうに付き添ってる姿を見てなんだかじーんときました。
代表みんなのためにもどうか軽いケガでありますように。

>Mikiさん

以前からイケルがチョリをすごく買ってくれているのは知っていましたが、まさかここまで愛情をもってみてくれているとは!
やっぱりイケルのような選手がいるところなら安心して移籍させられますね。シルバ。。。うう。。。

ウルグアイ、良いチームですね。
スアレスやフォルランに注目が集まりますが、他の選手達もなかなか良い選手が集まっています。
DFの集中した守りとピボーテが良いですね。この試合も後半の彼等の粘りのある守備は見応えありました。
余談ですが右サイドバックで激しく上がってくるマキシ・ペレイラ。ベンフィカの右サイドバックの選手です。キケがMFだった彼をサイドバックにコンバートしたんですよ!

>モコさん

そうそう、シルバ心配そうでしたね。
アルビオルはラルゲロに出ていましたがとても元気そうでした。
ちょっと安心しました。

みんなに愛されるチョリってバレンシアのときもそうでしたね。
アジャラさんやサンティ、ダビに囲まれて成長したんでした。
たとえ二児の父になって全然かわらないあの笑顔。見ているこちらが癒されますよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2154-b5104a1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。