スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mundial 2010:Los octavos: España × Portugal 

España 1 - Portugal 0


1277842454367.jpg


Siempre MaraVILLA!!!!!


「再び、Villa Maravilla.
 再び、左サイドでプレーし、ゴールを目指した。
 そして行き詰まっていたチームを助けた。」


もちろん試合に勝ってベスト8に進めたことはとてもうれしい。
ビージャがイグアインと並んでピチチになったことも、これでワールドカップ7ゴール目だということ、ラウールへ後2ゴールと迫ったことも。

でもなぜか不満が残る。
それはもちろんシルバがいないから。

チームは少しずつ良くなっているように思います。
コンディションもだんだん上がって来ているのでしょうね。

でもユーロのとき、いえ直前の親善試合とも全然違います。
トーレスの不調、コンディションの悪さはこの試合ではっきりしました。

それでもトーレスを使い続けるだろう、、、というのが大方の予想。
なぜそこまで彼にこだわるのかなにか大きな理由があるのでしょうか。

おねがいですからシルバをもう一度使ってみて欲しい。
シルバとイニエスタがいる代表が大好きなのですよ、わたしは。
(試合中のツィッターをみているとどうも私だけではないようです)


少しは良くなった?

1277837652_extras_albumes_0.jpg


試合開始直後のスペインはチリ戦から改善されているように見えました。
トーレスも鋭いシュートを放っていた。
ビージャも何度もゴールに迫った。

でもだんだんとポルトガルがペースを掴み始め、決定的なチャンスはポルトガルの方が多い状況で前半終了。
やっぱりチャビのパートナー不足とビージャが左に張り付いてしまっていることの弊害が出ている。
トーレスは相変わらずスピードもなく、DFとの争いにも勝てない。

これは後半開始からシルバいれるしかないんじゃないの?!

と期待をこめた後半。
なんの交代もなくスタート。
これじゃポルトガルにやられてしまう。。。

流れを変えたのは

1277841371800.jpg

チームの行き詰まった雰囲気を変えたのはジョレンテ。
トーレスとジョレンテの交代でスペインは一気に流れを掴みました。

強靭な体を活かし、あのポルトガルのCBアウベスにも負けないジョレンテがなんとたくましく見えたことでしょう!
彼がそうしたプレーをしてくれることでイニエスタ、ビージャ、チャビが一気に動きやすくなって生まれたチャンス。

これぞスペイン!という崩しが出来ていました。
チャビのおしゃれなヒールパス!
ちゃんとビージャは感じてましたね。

一度はGKに止められたものの、その跳ね返りをしっかり決めたビージャ。

にっこにっこの彼を真っ先にむかえたのはレイナ。
待ってたよ、ビージャって感じで彼を抱きしめておりました。

控えの選手達までが大喜びのスペイン。
やっぱりこのチームの雰囲気の良さは変わっていないのですね。



aEspana-Portugal_imagenes.jpg

初カードは

今大会、グループリーグではカードを一枚ももらっていなかったスペイン。
この試合でも後半途中までとてもクリーンな試合運びでカードは出ず。

しかし意外な人が初カード受領者となってしまいました。
それはシャビ・アロンソ。
わたしはセルっちかプジョールあたりがもらいそうと思っていたのですが。
でも、まぁシャビ・アロンソはタックルがあまりうまくないので意外とも言えないのかな。
(それでもドイツのころから比べれば素晴らしくうまくなっているとは思いますけどね)


ビックリしたのはブスケッツ。
このポジションを見るときのわたしの基準は全盛期のダビ。
つまりかなり厳しいと思っています。

最初のスイス戦のブスケッツは。。。ダビ選んだ方が良かったんじゃないの?と思いました。
でもそのあとブスケッツ試合のたびにうまくなっていますね。
この試合でも不安なところはほとんどなかったです。
やっぱり大きな舞台は選手を成長させますね。

これはブスケッツのワンボランチでもいけるんじゃないでしょうか。
彼の前に「cuatro jugones」を並べるっていうの、試してもらいたいなぁ。


ベテランの踏ん張り

102529683.jpg

攻撃陣にばかり目が行きがちですが、この試合はスペインDFの素晴らしさもよくあらわれた試合だったと思います。
とくにプジョール!
もうわかっていることです、彼が体を張って守ってくれることは。
でも今回の大会の彼は気合いの入りかたが違います。
多分それはこの大会を最後に代表を引退するからでしょう。

でも、まだまだ彼が必要だとわたしは思います。
精神的な支柱として彼がいることはとても大きいですからね。

それとカプデビラさん。
試合終了間際にリカルド・コスタにはたかれたのは災難でした。
せっかくのguapoに傷はつきませんでしたでしょうか。
それだけが心配です。


6Espana-Portugal_imagenes.jpg
セルっちもおしいシュートありました。
早く彼にも決めさせてあげたいなぁ。


この試合、リーガでおなじみの選手がたくさん登場してとっても楽しめました。
負けてしまったシモン、チアゴ。
この後はしっかりお休みしてアトレティコのプレシーズンに備えてください。
あ、二人ともまだわからないんだったっけ。




ASの評価:上から良い評価になります。デルボスケは?
Prefect:ビージャ
Fenomenal:チャビ
Muy bien:ジョレンテ
Bien:プジョール
Regular:チアゴ
Mediocre:ぺぺ
Mal:ケイロス
Muy mal:クリスティアーノ

1277836900_extras_albumes_0.jpg


España: Casillas; Sergio Ramos, Puyol, Piqué, Capdevila; Busquets, Xabi Alonso (Marchena, m.93+), Xavi, Iniesta, Villa (Pedro, m.88); y Fernando Torres (Llorente, m.58).


Portugal: Eduardo; Ricardo Costa, Carvalho, Bruno Alves, Fabio Coentrao; Pepe (Pedro Mendes, m.72), Tiago, Raúl Meireles; Simao (Liedson, m.72), Cristiano Ronaldo y Hugo Almeida (Danny, m.58).


Goles: 1-0, m.63: Villa.


Árbitro: Héctor Baldassi (ARG). Expulsó por roja directa a Ricardo Costa en el minuto 89 por un codazo a Capdevila. Amonestó a Xabi Alonso (74) por España, y a Tiago (80) por Portugal.


Incidencias: encuentro de octavos de final del Mundial de Sudáfrica 2010, disputado en el Green Point Stadium de Ciudad del Cabo, ante la presencia de 62.955 espectadores.

この二人



ビージャ、チャビ、イケル。この3人がいる今が多分ワールドカップに一番近いと思う。
内容なんてどうでも良いから勝って欲しい、という気持ちと、やっぱりスペイン代表には彼等らしいサッカーをして勝って欲しいという気持ちが入り交じって複雑。

でもとにかく勝って欲しい。
ビージャにゴールを決め続けて欲しい。
もう彼を「応援しているチームの選手」として見られるのは代表だけだから。

102530605_20100630125744.jpg


おんぶされているのは、ハビ丸?

1277844651_extras_albumes_0.jpg
スポンサーサイト

Comments

Setsukoさん、やっぱりMaravillaがやってくれました!!最初はどうなるかと思ってましたが、イニエスタ、チャビとつながって一度はGKに防がれたものの落ち着いて決めたビージャは、さすが!(バルサトライアングルとか書かれていたのがちょっと悔しかったですが。。)このまま得点王へまっしぐら!で行って欲しい。

ジョレンテも良かったですねぇ。(コンディションを取り戻させたい)トーレスを使い続ける気持ちもわからないでもないですが、彼の起用も考えて欲しい。というか、それよりシルバですよ、シルバ!!勝ち進んで欲しいですが、このまま彼のいないロハの試合を見続けるのはあまりにも寂しいです!!

プジョールは気合が入ってましたねー。ほんと彼がW杯後に代表引退というのはもったいなすぎです。カプテビラも頑張ってました。それとセルッチ、いつもそうですが、特にこの試合では完全にラテラルじゃなくてextremoでしたね^^今までの試合でもそうですが、彼にとってはゴールが遠いです。早く決められるといいなぁ。

>Mikiさん

プジョール、まだ辞めないって言ってますね。たしか大会前のRTVEのインタビュで代表引退って言っていたんですけど。もしかしてまだまだピケやアルビオルには任せられない!っておもっちゃったのかしら。
でも頼もしいですよね。
バルサトライアングル。。。そうですね。仕方ないですがビージャが大きくなったのはバレンシアで、なんですけどね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://diarionaranja.blog90.fc2.com/tb.php/2155-aac4e17f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。